一口馬主

2017年1月21日 (土)

今週の近況 1/21

先週は久々に雪の週末となりました。
とはいえ、家の近くはこれっぽっちも降ってないんですけどね。全国的な話です。

おかげで競馬も中止になり心置きなく雪の京都に遊びに行くことができました。
念願の雪化粧の金閣寺。そして源光庵。どちらもきれいでしたよ。
しかし道中、人生での一番の吹雪に会いました。雪国の人から見たら屁みたいな雪でしょうが、僕の人生では間違いなく一番でしたよ。
そんなのも含めて楽しい週末でした。

また、タテジマファミリーは幸い出走予定馬がいなかったので、雪の影響は全くなかったです。

てなわけで近況ですが、良くも悪くも特に代わり映えしないとだけお伝えしときます。

◆コメットシーカー◆
1/18  西村厩舎

18日は栗東坂路で追い切りました(54秒2-38秒2-25秒3-13秒0)。
「週末は降雪の影響が心配だったのですが、幸い坂路が閉鎖になることはなく休まず乗ることができましたし、脚元も引き続き安定しています。今朝は坂路で併せて追い切りましたが、最後までしっかりと強めの負荷をかけて動きもしっかりしていましたし、これで来週はサッと流す程度で十分でしょう。年齢的に状態の波もなく安定していますが、来週までしっかりと調整していい状態で送り出せるようにしていきます」(西村師)

28日の中京競馬(4歳上500万下・若手騎手限定・芝2000m)に鮫島駿騎手で出走を予定しています



◆ステファノス◆
1/18  NFしがらき

軽めの調整を行っています。
「この中間も角馬場でのフラットワークを中心とした調整を行っています。まだ軽めのメニューではあるものの、素軽い脚捌きで順調にこなしてくれていますね。引き続き、体調面も安定していて馬は元気に過ごしていますし、春にまたいい状態で競馬へと向かえるようしっかりとリフレッシュさせていきたいですね」(NFしがらき担当者)



◆グレナディアーズ◆
1/18  NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「ここまで坂路でも安定した動きを見せてくれていましたし、この中間からはハロン15秒近いところも交えて調教を行っています。ペースアップにもすんなりと対応してくれており、この後もスムーズに進めていけるでしょう。番組と仕上がり具合を見ながら音無調教師と移動の話をしていきたいですね」(NFしがらき担当者)



◆アヴニールマルシェ◆
1/18  藤沢和厩舎

18日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒4-54秒6-40秒6-13秒5)。
「先週はじっくりと馴染ませるように動かしていたのですが、調子は良さそうでしたね。当初抱いていたイメージでは3週目くらいの競馬で、ゆったり上げていこうと思ったのですが、今日動かしてみた感じでそこにするか前倒しするか考えてみようということになりました。今朝五十嵐さんに乗ってもらって追い切ったところ、時計自体は派手ではないですけれど、動きは悪くなく、これならば最短で来週も考えられるかもという話になってきました。ただ、今日が実質1本目の時計なので、この後の様子を見て最終的に来週にするかどうするか判断していくことになると思います」(千島助手)

早ければ29日の東京競馬(4歳上1000万下・芝1800m)に出走を予定しています。



◆ベルディーヴァ◆

1/18  NFしがらき
周回コースと坂路ではハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。
「乗り出してからも反動などは見られず、この中間もトレッドミルを併用しながら角馬場と周回コースでフラットワークを、そして坂路ではハロン18秒程度のキャンターを開始しています。今のところは順調ですが、脚元のこともありますし、引き続き疲れなどが出ないようケアもしっかりと行って慎重に進めていければと思います」(NFしがらき担当者)



◆レプランシュ◆
1/18  NFしがらき

軽めの調整を行っています。
「この中間もウォーキングマシンを中心とした調整を行っています。調整メニュー自体はほとんど同じなのですが、動かしながらも左トモの状態が悪化したりするようなことはありませんし、体調面も含めていい意味で変わりない状態ですね。今後もしっかりとケアを行いながら進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)



◆ストライクイーグル◆
1/18  NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「こちらに到着後は馬体に異常がないことを確認してから、軽く乗り出しています。今のところは大きな反動も見せていませんが、気持ちの面でしっかりとリフレッシュさせてあげたいですね」(NFしがらき担当者)



◆サンラファエル◆
1/17  NF天栄

トレッドミル調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「膝に負担がかかりやすそうな馬ではあるものの、今のところは不安が顕著に出ることもなく調整を進められています。調教は速いところも行っているのですが、動きだけを見るとまだ頼りないですね。追っ付けながら登坂しているという状況ですから、もう少し体力をつけて気持ちも前向きなものにしていけるようしっかりトレーニングしていきたいです」(天栄担当者)

2017年1月 8日 (日)

イーグル優勝

2017年の競馬が本格的に始まりました。
てなわけで、昨日の京都7レース、ダート1900mにストライクイーグルが出走しました。
もちろんタテジマファミリー2017の初戦です。

結果は。。。見事、優勝ヽ(´▽`)/です。

もちろん淀に応援にいってきました。

パドックでまずびっくりしたのは、その単勝オッズ!
新聞の印から人気にはなると思っていましたが、まさか1.4倍とは。。。
負けても知りませんよ。とこっちが緊張してしまうほどの人気っぷりです。

それに、パドック周回を見ていても、そこまでよくは見えない。
前に見たとき(2走前)より、馬体にゆるみというか、すこし余裕がある感じで。
そりゃそうでしょ。2週前に疝痛で取り消したばかりだもんね。
それでもげっそりしてるよりはよほどましだとおもいました。その後元気にご飯食べてるてことだもんね。ちょっとほっとしました。
でも、正直、イーグルに続く人気の9番や10番くんのほうが、よほどよく見えました。
1.4倍(途中1.5倍にもなったけど)、決して万全ではない、それに最内枠。。ほんと知りませんよという気持ちでした。


レースは、なんと、好スタートを切るイーグルくん。何気に好スタートをきれたことに感動(笑)
しかし、その後徐々にポジションが悪くなり、結局中段後方からの競馬となりました。
この時点で、感動から少々の怒りに。だって、今の淀で直線後方一気なんてきくわけない。ましてや、最内枠だから。。

しかーし、今日の岡田イーグルコンビはちょっと違いました。まさにこの2戦の敗戦を反省したような戦法にでました。
途中、隊列が縦長になってくれたのもよかったですね。いつの間にやら外に出し、残り800標識の手前から一気に進出開始。直線入り口ではすでに先頭に並びかける勢い。
直線に入り、いつの間にやら10番くんに追いつかれ、いったん交わされそうになるも、もうひと頑張りをみせ、最後は3馬身突き放し余裕のゴールでした。

正直、並びかけられて、一瞬接触しそうになった時、やばいって思ったんですよ。でも大丈夫でしたね。

あのイーグルが、こんなに強い競馬ができるようになるなんて感動です。
内容もどんどん安定感が増してきている。
勝ち時計も1.59.1 良馬場の時計としては、上のクラスでも十分やれる優秀な時計なんじゃないかなと思います。
このあとは放牧のようですが、しっかり疲れをとってほしいですね。

しかし強くなりました。
ダメな頃、考えてたイーグルが走らない理由。
走る気がない。他馬をいやがる。。それに2度の疝痛。
なにが嫌なのかわからないけど、さっぱりhしらなかった。それでも直線では素質の片りんだけは見せていた。

馬って、こうも突然変わるもんなんだろうか。
きっかけは、転厩?ブリンカー?

しかし。突然変わったものはまた突然もとに戻ることはないのだろうか?
疝痛のこともあるし、心配はつきないぜ。。。

とにもかくにも、タテジマファミリー2017は、イーグルの快勝ではじまるという絶好のスタートが切れました。岡田騎手とのコンビももうしばらく続きそうですね。

\(^o^)/


1/7  杉山厩舎
7日の京都競馬では五分のスタートから中団を追走。向こう正面から徐々に進出し、直線に入って前を射程圏に入れると、外からの追撃も楽に振り切って優勝。

「ありがとうございました。もっと早く勝たなくてはならない馬ですし、ここまでお待たせしてしまって申し訳ありません。今日は1コーナーでちょっとフワッとするところがあったのですが、気合いをつけたらすぐに反応してくれましたし、前の馬が仕掛けた時もスッとついていけました。このあたりが成長の証ですね。直線もしっかり伸びてくれて、今日は力どおりと言っていいと思います」(岡田騎手)

「ありがとうございました。惜しい競馬が続いていましたから、プレッシャーで私もお腹が痛くなりそうでした(笑)。とにかくうれしいというよりもホッとした気持ちです。持ち時計を考えればここでは力が上ですし、自分の競馬ができればと思っていましたが、ジョッキーも自信を持って乗ってくれましたね。ただ、行きっぷり自体は前走の方が良かったように思いますし、在厩期間が長くなった影響は多少あったかもしれません。きっちり結果を出してくれましたので、この後はリフレッシュさせる予定です」(杉山師)

近走の内容からここは断然の人気を背負っての出走になりましたが、しっかりと期待に応えてくれました。自分で動いて後続を封じる強い競馬でしたし、上のクラスに上がってからも楽しみです。中間は疝痛による取り消しもありましたから、この後は放牧に出してしっかりとリフレッシュさせる予定です。

2017年1月 3日 (火)

タテジマファミリー2016の蹄跡

新年あけましておめでとうございます。
馬たちともども、本年もよろしくおねがいいたします。

てなわけで、今回はタテジマファミリーの2016年を振り返りたいと思います。

今年も勝ち星はあまり伸びず、グレナとイーグルの計2勝にとどまってしまいました。

エース、ステも塚5着、秋天3着、香港C3着とコンスタントに大きいところで好走し、実力のあるとことを見せつけてくれましたが、いかんせん勝ち星なし。。。賞金加算がG3の2着が1回だけでは今年の秋以降の出走がなかなか厳しいような気も。。。
何とか勝ち星を。。。そして悲願のG1制覇を期待したいところです。

2016年はクラシック出走もかないませんでした。レプがきさらぎ賞2着したときには勝ちはなくとも出走はかなうと思ったんだけど。結局その後体調を崩してしまいました。
アヴニールもベルも年間3戦では。。。何も語ることはない。特にベルは、この半年、軽めの調整しかしていないし、筋肉も落ちただろうし、もう復活は無理かもしれないですよね。なんとか繁殖に上がれないかな。

グレナは。。まあ、あんなもんでしょ。使った月が2,4,6,7,8,11月、唯一連戦してた8月に勝利をおさめてくれたけど、あとがこうも休み休みでは。。体質か脚にどこか弱いところがあるのかな。。でなければ。。わからない。。オープン馬になってしまったので、同じコースの同じ距離ばかり狙っても出走すらかなわないよ。。

予想外に1年とおしてコンスタントに頑張ってくれたのは、なんとイーグル君。
あのおバカ丸出しの馬が、転厩し、ブリンカーを装着した瞬間、えらい真面目に走るようになりました。しかし最終週にまさかの取り消し。いやはや、たのしませてくれますわ。
それと、常識にかかるようになってきたなら、厳しいようですが、そろそろ鞍上の乗り替わりを期待したいところ。乗り替わりには賛否あるでしょうけど、前走のあの少頭数であの騎乗ではいまいち信用できない。取りこぼしたひとつを取り戻すのに何か月もかかることもあるわけですし。イーグルは上のクラスでもやっていけると思うのでまずは勝ち星を。

コメット君も1年通して頑張っているんだけど。。頑張っているんだけどね。。。結果が。。。
こっちは黙って応援するだけです。
グルーヴィは残念ながら未勝利のまま引退となってしまいました。最後は格上挑戦までしてくれたんですが、やはり無理でしたね。

唯一の2歳馬だったサンラファエルは骨折。。かろうじて北海道は脱出し、一旦入厩したものの両ひざが云々ということでいきなり放牧。。正直もはや黄色信号点滅です。


そんな中、ヒルダズパッションの15とカニョットの15の2頭がファミリーの仲間入り。特にヒルダズパッションは過去最高額の一口30万円なので期待も半端ないっす。久々のクラシック出走、あわよくば制覇なんて夢を見ている今日この頃です。


そうそう、去年に引き続き、秋天遠征、そして北海道に牧場見学もいきましたよ。
楽しかったなあ。

ざっとこんな感じの1年でした。


2017年にはさらなる飛躍を期待したいところです。


◆コメットシーカー◆    
出走日          場所    レース名        コース  着      騎手
2016/01/16      中京    4歳上500万下    芝2000  04着    鮫島駿
2016/02/13      小倉    脊振山特別      芝1800  13着    鮫島駿
2016/04/30      新潟    二王子特別      芝1800  05着    津村
2016/05/14      新潟    4歳上500万下    芝1800  03着    鮫島駿
2016/07/02      中京    御在所特別      芝1600  07着    鮫島駿
2016/08/07      新潟    月岡温泉特別    芝1800  03着    石橋
2016/08/21      新潟    3歳上500万下    芝1800  05着    戸崎
2016/10/22      新潟    3歳上500万下    芝1800  06着    鮫島駿
2016/12/04      中京    栄特別          芝2000  10着    ムーア
    
◆ステファノス◆    
出走日          場所    レース名        コース  着      騎手
2016/06/04      阪神    鳴尾記念-GⅢ   芝2000  02着    戸崎
2016/06/26      阪神    宝塚記念-GⅠ   芝2200  05着    戸崎
2016/10/09      東京    毎日王冠-GⅡ   芝1800  05着    川田
2016/10/30      東京    天皇賞・秋-GⅠ 芝2000  03着    川田
2016/12/11      沙田    香港C-GⅠ     芝2000  03着    スミヨン
    
◆グレナディアーズ◆    
出走日          場所    レース名        コース  着      騎手
2016/02/14      小倉    門司S          ダ1700  07着    北村友
2016/04/10      阪神    梅田S          ダ1800  07着    ルメール
2016/06/26      阪神    花のみちS      ダ1800  13着    ルメール
2016/07/30      小倉    KBC杯        ダ1700  06着    北村友
2016/08/27      小倉    釜山S          ダ1700  01着    北村友
2016/11/20      福島    福島民友C      ダ1700  12着    北村友
    
◆アヴニールマルシェ◆    
出走日          場所    レース名        コース  着      騎手
2016/06/04      東京    稲村ヶ崎特別    芝2000  04着    ルメール
2016/10/30      東京 三峰山特別      ダ1600  06着    ルメール
2016/11/26      京都 3歳上1000万下   芝1600  03着    ルメール
    
◆ベルディーヴァ◆    
出走日          場所    レース名        コース  着      騎手
2016/01/16      京都    4歳上500万下    ダ1400  02着    ルメール
2016/01/30      中京    4歳上500万下    ダ1400  05着    鮫島駿
2016/05/14      新潟    4歳上500万下    ダ1200  11着    鮫島駿
    
◆レプランシュ◆   
出走日          場所    レース名        コース  着      騎手
2016/02/07      京都    きさらぎ賞-GⅢ 芝1800  02着    内田
2016/10/30      京都    カシオペアS    芝1800  10着    松山
2016/12/17      阪神    リゲルS        芝1600  13着    川田
    
◆ストライクイーグル◆ 
出走日          場所    レース名        コース  着      騎手
2016/01/10      京都    3歳未勝利       ダ1400  08着    フォーリー
2016/02/20      京都    3歳未勝利       ダ1800  01着    フォーリー
2016/03/27      中京    大寒桜賞        芝2200  10着    バルジュー
2016/05/28      京都    3歳500万下      ダ1800  05着    岡田
2016/06/19      阪神    3歳上500万下    ダ1800  09着    岡田
2016/08/06      小倉    指宿特別        ダ1700  除外    岡田
2016/09/18      阪神    3歳上500万下    ダ1800  06着    岡田
2016/11/05      京都    3歳上500万下    ダ1900  02着    岡田
    
◆グルーヴィタイム◆    
出走日          場所    レース名        コース  着      騎手
2016/01/23      京都    3歳未勝利       芝1600  10着    フォーリー
2016/03/12      阪神    3歳未勝利       芝1400  12着    小崎
2016/04/30      京都    3歳未勝利       芝1400  06着    松若
2016/07/09      中京    3歳未勝利       芝1600  06着    松若
2016/08/21      小倉    3歳未勝利       芝1800  02着    松若
2016/09/04      小倉    3歳未勝利       芝1800  07着    松若
2016/10/08      京都    3歳上500万下    芝2000  16着    中谷

2016年12月22日 (木)

今週の近況とか12月22日

いよいよ今年も残り少なくなってきましたね。中央競馬も最終開催ですよ。有馬ですよ。
なんかそわそわしてきますね。

とりあえず、先週の結果から。
先週行われたリゲルSに出走したレプランシュですが、結果は13着に惨敗でした。
まあ、敗因はいろいろあるでしょうが、まず一つは出来がね。
前走、きさらぎ賞以来の競馬でマイナス体重だったのに、さらにマイナスできましたもんね。
いろんな意味でシクラメン賞や、きさらぎ賞当時の出来にはまだまだですよね。
特に精神面で、完璧な周回と思えたシクラメン賞のパドックに比べたら、明らか気持ちができていない。なにが違うかというと、はっきり違うのは厩務員さんの引き綱をもつ位置です。それに多頭数で内々の競馬なんて初めての経験でしたし。

なにより馬場もまったく合わなかったです。
とにかく、スピードやキレより、馬力のある系が来るというか、ディープ産にはつらい馬場ですよね。内が残る気もするし。ようはディープよりはダイワメジャー的な(笑)
日曜になって、大外なら追い込みが切れる感じもしましたが、いずれにしろ、直線内目で後方なら、もうどうしようもないです。ほんと、この秋からなんか馬場が違いますよね。東京も。。京都も。。気のせいかな。

だから、レプの今回の大崩れも仕方なしですね。

まあ、高い授業料を払ったおかげで朝日杯をゲットしたタテジマでした。


で、タテジマファミリー2016を締めくくるのはストライクイーグルです。
新聞みたらついにグリグリ扱いですよ。あのイーグルがね(u_u。)

馬券的にはおいしくない、しかもあのイーグル。。。。信頼できるのか。。。。
おバカなだけにブリンカーがこうも見事に効くとはなんですが、さすがにそろそろ慣れというのも考えられるわけで。。。

正直、それに前走は少頭数だったので2着に来れましたが、今回、頭数増えて同じ騎乗をされたらこれ。。。。

とにかく、ことし最後、勝っても負けても悔いのない競馬をお願いしますよ。



◆レプランシュ◆

12/17  高野厩舎

17日の阪神競馬ではまずまずのスタートから出たなりで中団後方を進む。行く気はあるように見えたが、直線を向いてからは反応なく13着。

「返し馬から外、外に張る感じで走っていて、ゲート内もかなりうるさく、ちょっとテンションの高さが悪い方に出ている感じでした。スタートしてからも右のハミばかり取るので、ハミを抜いてゆったり走らせようとしたのですが、追い出すとやはり右ばかり噛んでしまうんです。どうも苦しがっている感じもしますし、力を引き出せませんでした。申し訳ありません」(川田騎手)

「一度使って、馬体はだいぶ良くなってきたと感じていたのですが、精神面の余裕がなかったようで、いい競馬にならず申し訳ありませんでした。ただ、前向きに走る気がないわけではなく、前半は自分から進もうとしていましたし、まだ全体的に良化途上なのだろうと思います。駐立がもうひとつでしたから、このあたりは改めて練習も必要でしょう。今後については、まず馬体をチェックしてから考えていきます」(高野師)

久々を一度使って変わり身を期待したのですが、ややテンションも高く、いい結果にはなりませんでした。じっくり立て直してきた後ですし、力があるのは間違いありませんから、焦って結果を求めずじっくり良化を待った方がいいかもしれません。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。



◇ストライクイーグル◇
12/21  杉山厩舎

21日は栗東坂路で追い切りました(58秒0-42秒4-28秒3-14秒0)。

「今朝は坂路で追い切りました。金曜日の競馬なので、先週ビシッと負荷をかけておいて、今朝は馬なり程度というのは予定通りです。明日は角馬場でハッキングをしていい状態で出走できるように整えます。馬の動き、前向きさ、体調なども転厩以来一番いいのではないかと思える状態です。あとはロスのない競馬で自分の走りができればいいレースができると思います」(杉山師)

23日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ2000m)に岡田騎手で出走いたします。



◇コメットシーカー◇
12/20  NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「厩舎サイドとは、年明けに帰厩させる予定で進めようと話をしており、この中間から周回コースと坂路での普通キャンターを開始しました。脚元も安定していますし、順調に調整できています。特に気になるところはありませんし、緩めないようにしっかりと乗り込んでいきます。馬体重は500キロです」(NFしがらき担当者)



◇ステファノス◇
12/20  NFしがらき

20日にNFしがらきへ移動しました。

「三木ホースランドパークでの入国検疫を終え、本日こちらに移動してきました。着地検疫は3週間になりますが、まずは体調などよくチェックしてから乗り出す予定です」(NFしがらき担当者)



◇グレナディアーズ◇
12/20  NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。

「この中間も周回コース中心の調整を行っており、ゆったりとしたキャンターで体を解すように動かしています。まだ年明けのどの番組を目標にするかは聞いていませんが、引き続き順調に調整が続けられていますし、今のところはスムーズにペースを上げていけそうな雰囲気ですね。疲れも感じられず体調面の問題もありません。馬体重は535キロです」(NFしがらき担当者)



◇アヴニールマルシェ◇
12/20  NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒キャンター調整を取り入れています。「じっくりと体を動かしつつ前走後の疲れを癒すようにして、なおかつバランスを見ながら次走へ向けた調整も行うようにしています。いくらかいいかなと思う状況でもあるので、徐々にピッチを上げていければ理想的ですね。年明けすぐの競馬という感じではなく、2月の東京開催中くらいに競馬を考えられればいいかなという状況ですし、慌てずに乗り込んでいって厩舎へバトンタッチできればと思っています」(天栄担当者)



◇ベルディーヴァ◇
12/20  NFしがらき

軽めの調整を行っています。「お伝えしたとおり歩様が乱れたのですが、幸いすぐに戻りました。先週一杯ウォーキングマシンで様子を見て、週明けからトレッドミルで動かしています。もうしばらくは慎重に様子を見つつ、騎乗調教で状態の確認もしていきたいと思います。馬体重は498キロです」(NFしがらき担当者)



◇レプランシュ◇
12/21  高野厩舎

21日はゲート練習中心の調教を行いました。

「おそらくそれだけが原因というわけではないのかもしれませんが、精神面の余裕がなかったことで、それが連動してゲート内での駐立の悪さにつながってしまったのでしょうか。先週はいい結果を出せずに申し訳ありませんでした。レース後は大きな疲れがないことを確認し、今朝は駐立の悪さを改善させるためにゲート縛りを行っています。これである程度納得してくれるとは思うのですが、念のためもう少しゲートの確認を行い、その後で放牧に出してしっかりとリフレッシュさせてあげるつもりです」(高野師)



◇サンラファエル◇
12/20  NF天栄

トレッドミル調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「膝を中心に、脚元の変化を慎重に見ながら調整を行っています。坂路を主体にして乗るようにしているのですが、動き自体は問題ないですね。今後も様子を見ながらの調整にはなるものの、上手く進めていきたいです。どうしても負担を考えるとダートメインになると思いますが、まずは条件云々の前にいい状態に持っていけるように集中して取り組んでいきます」(天栄担当者)



◇カニョットの15◇
12/22  NF早来
馬体重:452kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター1800m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。周囲が気になるのか物見をして集中しきれない面こそありますが、鞍上の指示にはきちんと従っているので、引き続きコンタクトを大事にしながら集中力を高めていきたいと思います。バランスよく心身の基礎を築きつつ成長を促していきます。



◇ヒルダズパッション◇
12/22  NF早来
馬体重:484kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでキャンター1800m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。坂路でハロン18秒台のキャンターを課しても最後までしっかり走り切ることができていますが、まだ勢いに任せて一気に駆け上がっているという印象を受けます。それができる体力が備わっているということではあるものの、今はフォームをしっかり整えていくことが重要となりますので、ここは焦らずじっくり教えていければと考えています。

2016年12月16日 (金)

今週の近況

急に寒くなりました。本格的に冬って感じです。
まあ、それでも北海道に比べりゃましですけどね(笑)

さて今年の競馬も、今週と来週を残すのみ。
わがタテジマファミリーは幸いなことに今週も、そして来週も出走予定です。

まずは、明日の阪神11レース リゲルステークスにレプランシュが出走します。

春以来となった前走は、ちょうどステの天皇賞観戦で府中にいっていたので、明日応援に行けば、きさらぎ賞以来の再会となります。

前走のパドックを府中から帰ってからビデオで見ましたが、あまりよろしくありませんでしたね。まあ、それだけきさらぎ賞とその前走となるシクラメン賞がすばらしかったということなんですが。
今回どれほど戻っているか、また、成長しているか注目してみてきます。

出走馬には、重賞連対馬やG1好走馬もいるし、初のマイル戦も気になるところですが、頑張ってほしいところです。

あっ!レプも重賞連対馬だったぜ(笑)


あと、ベルディーヴァがちょっとけがしたようで。。。
もし繁殖にあがれるならば、ほんと引退を希望したいところです。


◆レプランシュ◆

12/14  高野厩舎
14日は栗東坂路で追い切りました(56秒7-40秒1-25秒9-12秒7)。

「今朝は坂路で併せて追い切りました。馬場の影響もあって予定していたよりも全体の時計は遅くなってしまったのですが、手応えには余裕がありましたし、坂路でそんなにビュッと終いに伸びるような馬ではありませんからね。しっかりと負荷はかけられたと思いますし、いい追い切りができたのではないでしょうか。今週は2つ特別登録をさせていただきましたが、阪神の方だと川田騎手が乗れるということなので、今のところはリゲルSに向かうつもりです。乗り込みも十分ですし、変わり身を見せてほしいところですね」(高野師)

17日の阪神競馬(リゲルS・芝1600m)に川田騎手で出走いたします。



◆コメットシーカー◆
12/13  NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。

「こちらに到着後は馬体に問題ないことをチェックして、週明けからは周回コースで軽く乗り出しています。間隔を空けるための放牧でもありますし、こちらでは緩めないように気をつけつつしっかりと動かしていきます。脚元も安定していますし、背腰の疲れも感じずいい雰囲気ですよ」(NFしがらき担当者)



◆ステファノス◆
12/15  三木HP

14日に三木ホースランドパークへ到着しました。

「昨年に続いて3回目の香港遠征となりましたが、現地の調整も順調で本当にいい状態で競馬に向かうことができたと思います。ジョッキーもうまく乗ってくれてもうちょっとのところまで来ているんですけどね。結果は残念でしたが、また巻き返せるようにしていきたいと思います。なお、入国検疫を行う三木ホースランドパークへ昨日無事に到着しています。入国検疫が明ける週明けにNFしがらきへと移動し、その後は3週間の着地検疫に入る予定ですので、まずはしっかりとリフレッシュしてほしいですね」(藤原助手)



◆グレナディアーズ◆
12/13  NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。

「引き続き、この中間も周回コースでゆったりとしたキャンター調整を行っています。じっくりと体を解すことで脚捌きには柔らか味が出てきましたし、ここまでは順調と言っていいですね。緩めずに動かしつつしっかりとリフレッシュさせていきたいと思います」(NFしがらき担当者)



◆アヴニールマルシェ◆
12/13  NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒キャンター調整を取り入れています。

「体調自体はまずまずかなと思えるものの、今回は硬さが全身に見られ、それがまだ残っていますね。それなりに走ったという証でもあるのでしょう。傾向としては悪くないと思いますので、しっかりと調整をして次走へ向かっていけるようにしたいです。次走については今すぐという感じではないので、状態の上がり具合を見ながら相談させていただければと思っています」(天栄担当者)



◆ベルディーヴァ◆
12/13  NFしがらき

軽めの調整を行っています。

「ここまで周回コースを中心にじっくりと調整を続けていたのですが、先週末、左トモの歩様が少し乱れてしまいました。今のところは骨などに異常は見られませんが、ここで無理をさせるわけにはいきません。日が経つにつれて歩様は良化しているので、おそらく馬房の扉を強く蹴ったかなにかで傷んだのだとは思いますが、しばらくは慎重に状態を見ていきます」(NFしがらき担当者)



◆ストライクイーグル◆
12/14  杉山厩舎

14日は栗東CWコースで追い切りました。

「この中間も特に疲れた様子を見せることもありませんし、予定どおり来週の競馬に向かうつもりで今朝CWコースで併せ馬を行いました。パートナーを内に見て終いやや強め程度の内容だったのですが、最後は遅れを取ってしまったものの相手はもともと調教で動くタイプの馬ですし、上がりを11秒台でまとめられては仕方ありません。ハミの取り方も上手になってきていますし、今は抑えるのに苦労するほど行きっぷりが良化。動きは前回よりも間違いなく良くなってきていますよ。今週しっかりと負荷をかけたので、週末、そして来週とやりすぎないように注意しながら進めていきたいと思います」(杉山師)

23日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ2000m)に岡田騎手で出走を予定しています。



◆サンラファエル◆
12/13  NF天栄

トレッドミル調整を行い、日によっては坂路でハロン15~16秒のキャンター調整を取り入れています。

「先週の時点ではごく軽めの乗り運動で様子を探っていましたが体調自体は悪くなさそうですので、徐々に乗り進め出しました。ただ、膝の状態を見ているとちょっと怖いですかね…。両膝、特に右膝に負担がかかりやすいかなと思えますのでしっかりケアを施し、そして動かしていくのも坂路をメインにして考えていきたいと思っています」(天栄担当者)

2016年12月 9日 (金)

今週の近況とか

今日は現役馬たちの近況です。
先週は土曜阪神にストタイクイーグルが、日曜の中京にコメットが出走しました。
イーグルは惜しくも2着。最後の脚色がまったく違っただけに直線での進路を探して追えなかったロスが悔やまれます。
岡田騎手。。。前走は10頭だてだったけど。。フルゲートとかになったら。。。僕的には2回連続で勝ちを逃してる気分なんだけど。。この首差を取り戻すのに何か月もかかることがあるんだけどなぁ。。。。このままで大丈夫かいな。。。

コメット君は10着。。。内で窮屈な競馬になりました。てかムーアまでもかい。

ああ、勝利が遠い。。。

さて今週は香港国際競争。メインの香港カップにステが挑戦します。
調教を見ましたが、鞭を入れてかなり追っていますね。
考えられるのは
①最後にマジ追えるほど絶好調
②追わなきゃならないほど太りすぎ
③もうやけくそ
見た感じ①に見えますよね。
いろんな意味で余裕がなければ直前に鞭入れて一杯に追わないもんね。

枠は7番に入りました。
去年11番枠からスタートし、1コーナーで外に張り出されどんどんポジションを悪くして競馬になりませんでしたね。しかもエイシンヒカリが逃げ切れる展開。。後ろからじゃ用事なしです。

シャティンの2000はどうも内枠有利だし、今年はまたエイシンヒカリがおあつらえ向きの1番だし、8にはモーリスがいるし。
なんとかモーリスを外に張り出し、内の好位で脚をため、直線でヒカリをぶち抜き。。。
スミヨン様。なんとかしてください。お願いします。。。

◇ステファノス◇
12/8  香港・シャティン競馬場

7日は軽めの調整を行いました。
8日はシャティン競馬場芝コースで追い切りました。

「先週、現地に到着してからも特にこれといった不安もなく順調に調整が進められていると聞いています。香港はこれでもう3度目となるわけですから、馬も環境の変化に戸惑うようなこともないでしょう。あとは体調をしっかりと整えて、何とかいい競馬を見せてもらいたいですね」(田中助手)

「1日の夜、無事香港に到着しています。輸送慣れしている馬ですが、体調面も大きな問題はなくまずは無事第一関門をクリアしてくれました。翌日はハッキングを行い、その後もオールウェザーコースで調整を続けてきました。追い切りは本日芝コースで実施していますが、ここまではすこぶる順調に来ています」(NF獣医師)

11日のシャティン競馬(香港C・芝2000m)にスミヨン騎手で出走いたします。


◇コメットシーカー◇
12/7  NFしがらき

7日にNFしがらきへ放牧に出ました。

「先週の競馬は中間の調整過程も順調でしたし、馬の状態も良く期待していたんですけどね…。内で進路が詰まってしまうという不完全燃焼な結果に終わってしまいました。レース後は脚元を含めて馬体には大きな傷みはありませんでしたが、優先権を逃してしまったこともありますし、いったんリフレッシュ放牧に出させていただきました。放牧先での状態を見ながら年明けの番組を検討していくことになります」(山田真助手)



◇グレナディアーズ◇
12/7  NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。

「ここまで軽く動かしながら馬体のチェックを行ってきましたが、特に異常は認められませんでしたので、この中間から乗り出しています。まずは周回コースで体を解すような運動から始めてリフレッシュを図っていきたいと思います。体調面は引き続き問題ありませんよ」(NFしがらき担当者)



◇アヴニールマルシェ◇
12/6  NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でキャンター調整を取り入れています。

「レース直後はさすがにちょっと疲れていたということを厩舎の方から聞いていたのですが、こちらに帰ってきてからの様子は聞いていたほどではありませんでした。ただ、ここ数戦後の状態と比べると確かに疲れは強く思えましたね。ここ最近の中ではレース内容が良かったので、それなりに走ったということなのでしょう。ただ、しばらく乗らずに楽をさせなければいけないというほどではなかったので、今は軽めから乗り出しているところです。ハッキリとした予定が決められているわけではありませんし、まずは馬体の回復具合を見ながら少しずつ乗っていこうと思っています」(天栄担当者)



◇ベルディーヴァ◇
12/7  NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。

「乗り出した後は入念に馬体のチェックも行いましたが、今のところは特に大きな反動も見られず、脚元は特に変わりありません。この中間も周回コースでじっくりと軽めのキャンター調整を行っています。体調面も良好ですし、引き続き様子を見ながら焦らず進めていきたいですね」(NFしがらき担当者)



◇レプランシュ◇
12/8  高野厩舎

7日は栗東坂路で追い切りました(54秒2-39秒6-25秒8-13秒0)。
8日は軽めの調整を行いました。

「水曜日に坂路で併せて追い切っています。ビッシリと追っている相手に対して、こちらは終いを強めに仕掛ける程度だったのですが、反応も良く最後はきっちりと先着を果たしてくれました。引き続き、カイバ食いの問題もありませんし、この中間も至って順調。馬が変わってきていますし、一度競馬を使ったことによる上積みは相当見込んでいいはずなので、何とか前進を図りたいと思っていたのですが、残念ながら除外となってしまいました。来週の阪神と中山にそれぞれ芝の番組があるので、今のところはそのどちらかに使うつもりで調整を進めていきます」(高野師)

10日の阪神競馬(チャレンジC・芝1800m)は非抽選除外となりました。この後は17日の阪神競馬(リゲルS・芝1600m)もしくは18日の中山競馬(ディセンバーS・芝2000m)を目標にしていきます。



◇ストライクイーグル◇
12/8  杉山厩舎

7日、8日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は、直線で前が壁になって動けないシーンもあって、ちょっともったいない内容ではありましたが、中団で楽に追走できるレースが続けてできたことは大きいですね。優先出走権を確保した後ですが、しっかりと走りきっている分、反動も出てくると思うので、きちんと状態をチェックして続戦するかどうか見極めたいと思います。今のところは目立った疲れは見せていませんので、問題なければ最終週の2000m戦に向かうつもりです」(杉山師)

23日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ2000m)を目標にしています。



◇サンラファエル◇
12/6  NF天栄

軽めの調整を行っています。

「先週末にこちらへ放牧に出てきました。入厩前は北海道から美浦へのワンクッションでこちらに寄っただけでこの馬の状況を細かくは把握できていませんでしたので、今回改めて探るように接しています。武井調教師からも話を聞いていて脚元に関してはより慎重に確認をしていますが、確かに膝には負担がかかりやすいのかなと思えます。形からもちょっと疲れやすそうに見えますからしっかりケアをしていく必要がありますが、今のところ歩様に問題は見られません。週明けはミニトラックで軽く乗りましたので、この後も様子を見て大丈夫そうならば徐々にコース入りしていこうと考えています」(天栄担当者)



◇カニョットの15◇
11/30  NF早来
馬体重:448kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター1800m、週2回は屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本の調整を行っています。素直な性格ではありますが、時折ピリッとしてテンションが上がってしまう面が見られますので、そうした面には注意しながら接しています。調教では父譲りの柔らか味のあるフットワークを繰り出すなど、見どころのある動きを披露しています。今後は如何にメリハリをつけながら負荷を課していくかしっかり見定めながら進めていきたいと思います。



◇ヒルダズパッションの15◇
11/30  NF早来
馬体重:476kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでキャンター1800m、週2回は屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本の調整を行っています。トモに甘さを感じさせるなど、まだまだ鍛え上げていく必要はありますが、現状においてもディープ産駒らしい素軽い走りを見せています。力を付けて全身をしっかり使えるようになってくれば理想的なキャンターを手中に収めることができるでしょうし、その実現に向けてじっくり乗り込んでいきます。



2016年12月 7日 (水)

北海道ツアー②

社台スタリオン見学のあとはいよいよノーザンファーム早来見学。

でも、約束の時間まで小一時間あったので、とりあえず車で時間をつぶせるところを探したんですが。。。無い。。。なにも。。。

10分くらいであきらめ、牧場の駐車場で約束時間まで待つことに。
不審者と思われたのか、気を使っていただいたのか、スタッフさんから声をかけていだき、早めの見学となりました。

見学馬は出資馬であるヒルダズパッションとカニョット。
あと検討馬としてガヴィオラを見学してきました。

まずは、ヒルダ。

近況の写真では、募集時が筋肉質、2回目がほっそりした印象だったので、どちらがほんとのヒルダかなと思っていたのですが、筋肉質のほうが正解の印象です。
ちょうど直前に近況更新があったので、特に目新しい情報はないですが、前向きに調教をこなしていて現在至って順調。脚元にも不安はないとのこと。トモが甘いのも、今後成長し力がつけば解消されるようです。
前回、アヴニールを見学させてもらったとき、背中がいいよとかほめてくれたので、そうしたのを期待してたんですが、特になかったのが残念。。
ただ見た目やっぱり迫力がある馬体をしているので、このまま順調に成長してほしいところです。


14809410417372

Dsc_14812

 

1480941055947

続いて、出資検討馬ということでガヴィオラを見せていただきました。
コメットの全弟ですが、同じ時期のコメットはもっと胴が詰まって脚の長さが目立つ印象だったと思うのですが、それに比べると胴が伸びてバランスの良い印象でした。
直前に見たヒルダとはまた違う軽いタイプのディープ産駒。牝馬はこういうタイプもバンバン走ってるので何が正解かわからないけど、すでに35万いってるし、関東馬だし、日曜にコメットが負けて馬券も負けたし、僕的にはあきらめかな。
順調に残口も減っていて、残り60数口だそうです。おはやめに。
(写真撮る間もなく真剣に見てたんで写真は無いよ)

最後にカニョット
こちらは、牝馬らしい薄い馬体をイメージしていたんですが、自分の思ってた以上に成長して大きくなっている印象でした。
ただ、歩かせてみると、笑ってしまうくらい、まさにハーツ!これをリスクと思うならもう無理ですね。逆に可愛らしいくらいですよ。
ヒルダが左目が三白眼だっただけに、よけい目がくりくりしてかわいい印象をうけました。


Dsc_14882

14809410727262




正直、牧場見学なんて、まだ2回目出し、何を見たり何を聞いたりして良いのかさっぱり分からない。とりあえず元気そうな姿を見て、ナデナデして、写真撮って……それで終いですわ(笑)
てなわけで、コメット弟も含めて、みんなどうか無事にすくすく育っておくれ。

その3へ続く



2016年11月18日 (金)

今週の近況

ここのところの冷え込みにやられたのか風邪をひいてしまいました。。。
あまりの寒気に、インフルかなろ思い病院にいったついでに検査してもらいましたが、一応普通の風邪ということで。。。一安心です。

てなわけで今週の近況をさらっと。

今週はグレナが日曜福島の福島民友Cで走ります。鞍上は、もちろん北村さんでございますよ。でも先週から福島で張り付いてわりと勝っているのでちょっといいかな。普段よりは頼りになりそう。

で、ステは、正式に香港カップ挑戦が発表されました。しかも鞍上は

なんと

世界のクリストフ・スミヨン(((o(*゚▽゚*)o)))ですよ。

まさに、これ以上ない味方が突然登場してくてました。

しかもネット情報ではスミヨン側からオファーがあったそうですよ!

これでだめなら来年は心置きなくマイル路線の行ってくれ!!

ただムーアモーリスもカップ挑戦が発表されたのがなんとも残念な限りです。
ちなみにタケヒカリもカップね。

あと、アヴニール、次走は来週の土曜の淀となりそう!想定外だ!違う予定を入れてしまったぜ!!!(゚ロ゚屮)屮

◇コメットシーカー◇
11/17  西村厩舎

16日、17日は軽めの調整を行いました。

「火曜日に無事帰厩しています。前走後は中京開催を目標に放牧に出していましたが、疲れも感じられずフレッシュな状態で戻ってきてくれています。さっそく昨日から乗り出しており、今日も坂路で普通キャンターをサッと乗りました。今のところは開幕週に使っていくつもりで、週末から時計になるところを取り入れる予定です」(西村師)

12月4日の中京競馬(栄特別・芝2000m)を目標にしています。

◇ステファノス◇
11/16  藤原英厩舎

16日は軽めの調整を行いました。

「先日、予備登録をさせていただいた香港カップですが、このたび招待状が届きました。前走後はいったん放牧に出していましたが心配するような疲れはなく、いい状態で香港に向かえると判断し、火曜日にレースに向けて帰厩させました。今朝は角馬場でフラットワークを行っており、これから少しずつピッチを上げていきます。なお、今回の鞍上はスミヨン騎手を予定しています」(藤原英師)

12月11日のシャティン競馬(香港C・芝2000m)にスミヨン騎手で出走を予定しています。

◇グレナディアーズ◇
11/17  音無厩舎

16日は栗東坂路で追い切りました(52秒2-38秒4-25秒4-13秒1)。
17日は軽めの調整を行いました。

「先週ビッシリやっているので、今週は相手に合わせる感じで強め程度です。動きはしっかりしていましたし、変わらず気配はいいですよ。普段からうるさいぐらいの活気がありますが、前走の前のように馬っ気を見せることはないですし、うまく前向きさにつながっているように思います」(橋本助手)

「水曜日の追い切りはリアファルと併せて強め程度です。休み明けですが、乗った感触は前走と同じくらいの出来ですし、このひと追いでしっかり態勢は整ったと思います。前走、今回と3歳時のように普段からかなりチャカチャカしているのですが、もともと活気のあるタイプなのでこれがいい方向に出ているのかもしれません。ただ、レース前に燃え尽きてしまっては仕方ないので、当日の返し馬などは慎重にしたいですね」(北村友騎手)

20日の福島競馬(福島民友C・ダ1700m)に北村友騎手で出走いたします。

◇アヴニールマルシェ◇
11/16  藤沢和厩舎

16日は美浦南Wコースで追い切りました(41秒6-13秒7)。

「一度使った後でもありますから、この中間は状態を維持しつつ次の競馬へ向かえる態勢を整えていくようなイメージで調整をしています。ハードな調教を何本も行うわけではないのですが、今朝は2歳馬に胸を課すようなイメージでウッドチップコースの3コーナーから入ってじわっと走らせました。大きめを乗って適度な負荷をかけたつもりで、その時の動き、上がりの様子などもまずまずかなと思えましたので順調と言えるでしょう。いちおう来週の京都に組まれている芝のマイル戦を念頭に置いています。前走ダートを使った後なので再びダートと考えるために特別登録を行うかもしれませんが、現状の1000万下クラスだと芝のほうが使いやすい傾向にあります。また、来週の京都のレースであれば引き続きルメールが乗れるという返事ももらっていますので、登録の有無を抜きにして京都を第一に考えていくつもりでいます」(津曲助手)

場合によっては27日の東京競馬(シャングリラ賞・ダ1600m)に特別登録を行う可能性もありますが、今のところ26日の京都競馬(3歳上1000万下・芝1600m)にルメール騎手で出走を予定しています。

◇ベルディーヴァ◇
11/15  NFしがらき

軽めの調整を行っています。

「この中間もトレッドミルを中心とした調整を行っており、さらにペースを上げて動かしています。引き続き脚元に反動が見られるようなこともなく、ここまでは順調に進めることができていますね。もう少し慎重に様子を見ていく必要はありますが、この分ならばそろそろ騎乗調教を考えていっても良さそうです」(NFしがらき担当者)

◇レプランシュ◇
11/16  高野厩舎

16日は栗東坂路で追い切りました(57秒6-41秒6-26秒3-12秒8)。

「今朝は坂路で併せて追い切りました。レースからそれほど時間が経っていませんし、終いを伸ばす程度の内容ですが、やはり久々を一度使って体の使い方、身のこなしがグッと良くなっていますね。まだどこを使うかなどは検討している段階ですが、上積みは感じる状況ですし、馬の状態と番組を見ながらじっくりと考えていきます」(高野師)

◇ストライクイーグル◇
11/15  NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。

「先週の水曜日にこちらへ到着しており、馬体に異常がないことを確認してから乗り出しています。厩舎サイドからは阪神開催を目標に、早ければ今週中にも移動させる予定だと聞いていますので、リフレッシュさせながら緩めずに乗り進めているところです。短期間でもいい休養になっていると思いますから、万全の状態で送り出せるようにしていきたいですね」(NFしがらき担当者)

◇サンラファエル◇
11/17  NF空港

周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを2本登坂しています。

「今のところ、早ければ来週中にも本州へ移動させる予定で進めています。体調をしっかり整えてスムーズに送り出せればと考えています。馬体重は508キロです」(空港担当者)

2016年11月10日 (木)

先週の結果とか

季節は秋を一気に通り越してすっかり冬な気配。。。体調管理をしなければですね。

さて、先週の土曜京都8レース、転厩緒戦となったストライクイーグルでしたが、結果は惜しくも2着でした!!

今回は現地観戦。イーグルとは5月以来約半年ぶりの再開でした。
これまでイーグルはパドックでも入れ込むような感じと記憶していたのですが、この半年で気性的に成長しているのか、それとも深めのブリンカー着用の効果なのか、それはわからないけど、今回はそうしたそぶりは全くなく、落ち着いた周回をしていました。

馬体もマイナス10キロでしたが、細い感じは全くなく、これまでコロンとした印象だったのは、体型というよりやはり太目だったのですかね。(笑)

パドックだけ見ると変わる要素満載なのですが、そんなこと関係なく気性かはたまたオツムなのか。。とにかくレースでさっぱり走らないタイプなので、やはり過剰な期待は出来ず。
てなわけで馬券もちょっと弱気に馬連ワイドと単複を少々。。結果からいうと強気にいけば10万勝ちだったのになぁ(笑)


レースはいつものごとく出遅れからの後方追走。毎度のパターンでは、その後だいたい向こう正あたりからおしておして。。。となるはずなんですが、今回は思いの外みんなについていけていました。

こちらとしては勝ったレースのイメージで、まくってまくって4角好位から押し切るのがベストのイメージ。しかし、今回はコーナーで全く上がってこない。。。正直ダメだ。。遅すぎる。。と思いました。

しかーし、直線に向いたら、火のついたような追い込みが炸裂。ごぼう抜きで2着を確保。まだまだ脚余し感があっただけに悔しいところでした。

でも、これまでも、まともに走りさえすれば十分勝てるとおもっていたので、イーグル自身が自分で力を証明してくれてとってもうれしかったです。馬券もね(笑)

今回、イメージとは違ったレースをしてくれたイーグル。次、まともに走るのかどうかは走ってみなければわからない。でもなんだか期待できそうな気がします

あとステの次走ですが、香港カップにほぼ決定見たいです。

うーん。。そうですか。。。モーリスがカップに来ないことを祈るばかりです。

◆ストライクイーグル◆
11/5  杉山厩舎

5日の京都競馬ではまずまずのスタートから積極的に馬群に取りつく。向こう正面では馬なりでジワッとポジションを上げ、3コーナー過ぎから押して行くと、直線は馬場の外目をしっかり伸びて2着。

「今日は深めのブリンカーを試したのですが、その効果もあったようで、道中は自分からハミを取って進んでくれました。3コーナーでペースが上がった時に少し置かれたことだけ悔やまれますが、直線は最後までしっかり脚を使っていました。今日のようなレース運びがコンスタントにできるようになれば、積極的にポジションを取りに行っても終いまで脚を使えるでしょうし、このクラスはすぐに卒業できると思います」(岡田騎手)

「転厩初戦でしたが、これまで乗っていた岡田ジョッキーと話をしながら調整してきたこともあり、まずはいい内容の競馬ができてホッとしました。馬体は思ったよりも減っていたのですが、結果的に絞れたと見ていいと思いますし、深いブリンカーは効果があったようです。今日の経験を次に活かせるように、さらにしっかり調整していきます」(杉山師)

転厩初戦でしたが、この馬のことをよく知る岡田騎手が調教にも乗っていましたし、いい形でレースに臨めたようです。最後勝ち馬を捉えるには至りませんでしたが、道中はこれまでにないほどいい行きっぷりでしたし、それでも終いの脚が鈍ることはなく、収穫のあるレースでした。今日のような競馬を安定してできるようになれば先々も楽しみです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。



11/9  NFしがらき

9日にNFしがらきへ放牧に出ました。

「先週の競馬は勝てなかったのは悔しいですし残念でしたが、転厩初戦で手探りの中、見通しが立ったことはホッとしました。2着ですからこのまま続けて使っていくつもりではあるのですが、今回1900mで競馬がしやすかったことを考えると、京都の1800mよりは阪神の2000mを目標にした方がいいと思われます。また、休み明け2週間とフレッシュな状態で使ったことがプラスに出た部分もあるので、10日程度リフレッシュさせて、阪神開催を目指すことにしました」(杉山師)



◆コメットシーカー◆
11/8  NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「この中間も順調に乗り込んでいます。放牧を挟みつつもコンスタントに使ってきていますし、年齢的にも状態に関して大きな波はなく、引き続き体調面も不安はありません。あと1、2週での帰厩になりそうですから、ここからはジワッとペースを上げた調教も取り入れていきたいと思います」(NFしがらき担当者)



◆ステファノス◆
11/8  NFしがらき

軽めの調整を行っています。

「先週の木曜日にこちらへ到着しています。天皇賞で激しい競馬をした後ですが、今のところは大きな疲れも見られず、先週末から角馬場での騎乗調教を開始しました。そう遠くなく移動させると聞いていますので、リフレッシュさせながら緩めずに動かしていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

11/10  NFしがらき

12月11日(日)に香港のシャティン競馬場で行われるロンジン香港国際競走(香港C・芝2000m)に選出されました。今後は馬の状態を確認してから、同レースへの出走を受諾する予定です。



◆グレナディアーズ◆
11/10  音無厩舎

9日は軽めの調整を行いました。
10日は栗東坂路で追い切りました(52秒5-37秒8-24秒6-12秒5)。

「今朝は坂路で併せてしっかりと時計を出しました。相手を追走する形からラストしにしっかり追って、非常にいい伸びでした。ブリンカーを着用しましたが、騎乗した北村友一もやはりブリンカーがあった方が集中力があって落ち着いていると話していましたよ。放牧明けですがしっかり乗り込んできて動きもピリッとしてきましたし、うるさいぐらい活気があるのも却っていい傾向ではないかと思っています」(音無師)

20日の福島競馬(福島民友C・ダ1700m)に北村友騎手で出走を予定しています。



◆アヴニールマルシェ◆
11/9  藤沢和厩舎

9日は軽めの調整を行いました。

「先週いっぱいの様子は良い意味で変わりなさそうでした。そのため、このまま在厩で調整をしていき次走へ向かっていければと考えています。先生は“先週のマイル戦に連闘しても良かったな”と言っていたほどでしたから、今週の想定を見て急遽参戦するという話も全くないとは言い切れませんが、今のところはじっくりと立ち上げていって再来週あたりの競馬を考えていければと思っているところです」(津曲助手)



◆ベルディーヴァ◆
11/8  NFしがらき

軽めの調整を行なっています。

「この中間もトレッドミルを中心とした調整を行なっており、先週と同じくキャンターペースで動かしています。負荷を高めても反動などは見られず、今のところは問題なく調整が続けられていますね。脚元のケアも行いながら、頃合いを見てさらにペースを上げていく予定です」(NFしがらき担当者)



◆レプランシュ◆
11/10  高野厩舎

9日は栗東坂路で追い切りました(59秒9-42秒8-27秒4-13秒5)。
10日は軽めの調整を行いました。

「この中間も反動などは見られず、水曜日には坂路で15-15くらいのところを乗っています。調教後でも疲れた様子など感じさせませんし、一度使ったことで具合が良くなっていることは確かなのですが、長い休み明けの後でもありますから、今後のプランについてはもう少し慎重に様子を見た上で判断させていただきたいと思います」(高野師)



◆サンラファエル◆
11/9  NF空港

周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを2本登坂しています。「この中間はハロン15秒ペースを取り入れて乗り込んでいます。厩舎サイドと徐々に話を詰めていきたいところですが、可能であれば11月中の移動を考えられればと思います」(空港担当者)

2016年11月 3日 (木)

天皇賞の結果など

先週行われた天皇賞。去年に引き続き、府中に応援にいってきました。

当日はステの走る天皇賞のほかにも京都メイン、カシオペアSでレプランシュ、東京12Rでアヴニールが走るのでなかなかにハードスケジュール。もしステが勝ったらアヴニールごめんとかおもってたけど、現実は甘くなかった。

以前は遠征記とか書いてたけど、府中の遠征もだんだん手慣れたもんになってきてあんぱまりハプニングはなくなるし、だいたい同じ行動パターンだし、遠征記として書くほどのこともないので書きません。
まあ、唯一のハプニングといったら、行きの新大阪の駅のトイレの洗面台でふと鏡をみあげたら隣の兄ちゃんの顔面が傷だらけの血まみれだったから超びびったくらいのもんで。
後から思えば目の色もおかしかったような。。。
まあ、季節がら、ハロウィーンか事件か、まじお化けかどれかですな。

てなわけで、いきなり天皇賞の話へとびますが、正直ステでかなわないと思っていた馬はいなくて、展開次第で勝てると思っていました。
去年ももう少し内枠で、直線進入時に1馬身前にいられれば勝ってましたから。
しかし、運がないというか、2年連続同じ馬番に。。。痛恨ですわ。
唯一の希望はヒカリが1番、去年逃げたクラレントが2番に入ったので、何とかガリガリ競ってくれないかなと。

パドックはね。もう100点満点!1頭だけ常にパドックの一番外側の緑のところを歩いていました。昔ならもう一枚気合いがのるとこでしょうが、そこは古馬の風格に変わったことにしておこう。さすが藤原厩舎です。

ほかの馬もそりゃ天皇賞だからよかったんだけど、モーリスはやっぱり見た目が違ったね。
なんというか、外国馬みたいな感じ。ちょっとやばいとおもいました。

レースはご存知のとおり。ステは3着でした。
あの枠だったから、一か八かの後方待機の大外一気作戦は正解だったのでしょうが、あのスローペースは大誤算でしたね。ステは上がり最速だったんだけど3着が精いっぱい。
結果論ですが、1、2、3着は1コーナーの入りの位置取り、つまり枠順がそのまま着順となってしまったように思いました。
去年は叫びすぎで喉から血がでましたが、今年は、あかん!こりゃ届かん!と早めにわかった分、叫びがたりなかったなあ。興奮度合いも。

勝ち馬モーリス、2着馬リアルスティールはバリバリのG1馬ですから、ステもこのあたりと互角に渡り合えることを証明してくれたから、まあ満足感はあります。3着て立派なもんです。悔しいけどね。
あと、やっぱりステって。、どうも坂が好きじゃない気がするのは気のせいか。

ちなみにステはこの後は香港を視野に入れるみたいです。
大阪杯もG1になることだし、あえて行かなくてもとはおもいますが。。。、またモーリスもいるし。。。


で、ほんとなら去年みたいに天皇賞の余韻に浸りたいとこですが、気持ちをさっと切り替えてアヴニールを見に行きました。

馬体は、元の迫力を取り戻したんじゃないかと思い、単勝追加購入したんだけどなあ。

余力十分に直線を向くも追われてまったく。。。でした。

初ダートが嫌なら、道中もっと行きっぷりが悪いだろうし。。。なんなんだろう。

京都で走ったレプは、ぼろ負け。。。。家に帰ってビデオ見ましたが、パドックが勝った500万やきさらぎ賞の時と比べて全然。。。一番違うのが、周回時の厩務員さんの持つ手綱の位置。あのころは、こういう自然体な周回があるんやって関心したもんです。
まあ、復帰戦ですからね。のんびり行きましょう。

さて、今週はストライクイーグルが走ります。転厩初戦だし注目の一戦ですね。




◇ステファノス◇
10/30  藤原英厩舎

30日の東京競馬では道中は後方2、3番手を追走。直線ではしっかりと脚を伸ばすも3着まで。

「予定どおりの競馬をして、最後まで本当によく頑張ってくれているんですけどね。去年2着に来ているとはいえ、その時よりもメンバーはさらに強化されていましたし、上位2頭は海外でG1を勝っている馬。今日のところは相手が悪かったということでしょう。そんな中でも最後までしっかりと伸びてくれて現状での力は出し切ってくれたのではないかと思います」(川田騎手)

「道中は後方から進めて終いを活かすような形で進めようとジョッキーとも話をして、そのとおりに乗ってくれました。1、2着馬は強かったものの、枠順やペースを考えるとこの馬も最後まで本当によく頑張ってくれていますし、力は発揮できたんじゃないかなと思います。この後は去年同様に香港も視野に入れていくつもりですが、まずはレース後の状態などをしっかりと確認しながら検討していきます」(藤原英師)

休み明けを叩いて上積みが見込める今回でしたが、パドックも堂々と周回していて状態の良さがうかがえました。上位2頭には及ばなかったものの、相手や展開を考慮しても中身の濃いレースができたと思います。G1でもあと一歩のところまで来ているのですから次こそは念願のタイトル奪取を期待したいものです。この後は馬体を確認してから今後のプランを検討していきます。


11/2  藤原英厩舎

2日は軽めの調整を行いました。

「休み明けとなった前回は窮屈なシーンがありましたが、今回は終始スムーズな展開から最後までいい伸び脚を見せてくれました。上位の2頭は海外でG1勝ちを収めている実績の持ち主ですし、それらを相手に本当によく頑張ってくれたのではないでしょうか。レース後は大きな疲れなどは見せておらず、今のところは体調面の心配もありません。この後は香港も視野に入れていくことになりますが、あくまで馬の状態次第。いったん放牧に出すかどうかなども含め、馬の様子を見た上で今後のプランを検討していくことになります」(藤原助手)


11/3  NFしがらき

3日にNFしがらきへ放牧に出ました。

「ここまで様子を見てきても大きな反動は見せていませんが、休み明けからトップレベルの戦いをしてきたので、短期でもリフレッシュさせた方がいいと判断して今日NFしがらきへ放牧に出しました。香港を目標にして1、2週のうちには帰厩させる予定です」(田代助手)




◇アヴニールマルシェ◇
10/30  藤沢和厩舎

30日の東京競馬ではまずまずのスタートから前目を追走する。直線では先頭争いに加わったが、最後は離されてしまい6着。「あと一歩踏ん張れれば良かったのですが、申し訳ありませんでした。ただし、勝てなかったのは残念ですが、ダートの走り自体は悪い感じではありませんでしたね。次もダートなら慣れも見込めるだろうし、更なる前進も可能と見ています」(ルメール騎手)

「最後に甘くはなったものの、初めてのダート戦でも無難にこなして形を作ってくれたのは悪くないでしょう。今日は久しぶりの競馬で体は増えていましたが、以前と比べて体調が良さそうなこともあるので、その分もあるでしょう。できれば続けて使いたいけど条件によっては節の関係もあるだろうし、まずはレース後の状態を見てからどうするか考えていきます」(藤沢和師)

直線最後は余裕がなくなったものの、初めてのダート戦でも極端に戸惑うようなことはなく、掲示板争いに加わってくれました。この後はレース後の状態を第一に、どのあたりを目標にするか決めていきます。



11/2  藤沢和厩舎

2日は軽めの調整を行いました。

「先週のレースは、着順こそあと少しでしたけれど、内容としては休み前よりも良くなっていたのかなと感じました。耳の絞り方、気持ちの持続のさせ方などもいくらかいいものになっていたように思えましたし、少しずつではありますけれど復調できそうな一面が見えてきたように感じています。レース後ですが、今のところガクッと来ている様子はありません。ただ、ダートだと目標を定めにくいこともありますよね…。先生は芝、ダート問わず、適度に使いながらさらに復調させていけるようにしたいということも言っていましたから、もうしばらく馬の状態の変化、そして出馬状況等を見ながらどうしていくか判断していきたいと考えています」(大江原助手)




◇レプランシュ◇

10/30  高野厩舎

30日の京都競馬ではゆっくり目のスタートから後方を追走。直線は外目に出してジリジリ伸びたが10着。

「久々でゲート内でちょっとチャカチャカしていましたが、我慢できる程度でしたし、展開も向くだろうというポジションで進められました。ただ、外に張り気味だったなど動き切れないところはあったので、このあたりは使って変わってくるのではないかと思います」(松山騎手)

「今日は久々の競馬でゲートもそわそわしていましたが、出たなりで後方を追走するのはいつものレース運びですし、気になりませんでした。ただ、逆手前でコーナーに入ってしまい、そこで外に張り気味になっていたので、このあたりは実戦勘が戻っていなかったのかもしれません。外に張った分もあって反応しきれませんでしたが、休み明けということを考慮すればまずまず動けていましたし、次は変わってくると思います」(高野師)

終いを活かす競馬をしましたが、今日は外に張り気味だったこともあって直線動き切れなかったようです。とはいえ、約9ヶ月ぶりの実戦ですし、ここを使っての上積みは大きいはずです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


11/2  高野厩舎

2日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬はジョッキーも能力を信用して外へと誘導してくれたのですが、最後はもうひとつ脚を使うことができませんでした。当日はパドックから馬体の張りも良化途上かなという感じがしましたし、本当にいい時はあそこからしっかりと伸びてくれますから、まだ中身が伴っていなかったということなのでしょう。ただ、今回は休み明けでもありましたし、ここを叩いて状態は上向いてきてくれるはずです。今日までは軽い運動で様子を見ていますが、今のところは疲れもなさそうでカイバもよく食べてくれています。今後については、まず明日から跨ってみてその様子を見ながら判断していく予定です」(高野師)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー