« 先週は2頭とも優勝ヽ(´▽`)ノ | トップページ | シャフトデビュー勝ち »

2017年12月 1日 (金)

シャフトいよいよデビュー

今日から12月。今年も残すところあとひと月を残すのみ。早いもんですね。
たてじまファミリーも先週、今週、そして来週と暮れの出走ラッシュが始まりました。
しかーし、先週のレプランシュ…9着…今週のグレナティアーズ…13着という結果…これはいかん流れです。そんな悪い流れを断ち切るべく、明日の阪神新馬戦でいよいよヴェルテアシャフトがデビューします。
ネットで検索したら、池江厩舎の真打だの、超大物だのという嬉しい言葉が目に飛び込んできます。
まぁひと口さんじうまんえんもしましたから、そりゃ期待も高まりますよ。果たしていかなる結果がでることやら。
暮れの阪神芝2000の新馬戦、過去にはアグネスタキオンやアダムスピークも勝ち上がったレース。週は違うけどあのディープもそうです。出世レースとして期待が高そうなのが集まりそうなもの。なのに、このレース、いわゆる社台ノーザン系の馬がいない。たまたまなのか、わざとぶつけなかったと見るべきか
そんな1つ1つがさらに期待を大きくしてくれます。

ただ、調教まえにひんひん鳴いていたというくらなので、そのあたり性格的にどうかな?という不安もあります。精神的に幼くて走らん馬もいっぱいみてきましたから。
新馬戦だけに何が起こるか未知の世界。とにもかくにも怪我なく無事に…です。


■ヴェルテアシャフト■
11/29  池江厩舎

29日は栗東CWコースで追い切りました。
「今朝はジョッキーを乗せてCWコースで併せて追い切りました。一杯の手応えだった相手に対して、楽に抜け出して先着。ただ、1頭になってから物見をするなど子供っぽいところはありますし、跨がる前にはヒンヒン鳴いて、ミルコには『牝馬なの?』と言われてしまいました(笑)。ジョッキーは『我慢を覚えればもっともっと良くなる』と言っていましたが、それだけスパッと楽に抜けてしまったということでもありますし、非常にいい動きは見せていたので楽しみです」(川合助手)

12月2日の阪神競馬(2歳新馬・芝2000m)にM.デムーロ騎手で出走を予定しています。


■レプランシュ■

11/26  高野厩舎

26日の東京競馬ではまずまずのスタートからジワッと動いて中団をキープ。直線は外に持ち出して伸びようとするが9着まで。

「前半にいかにリラックスして運べるかどうかがポイントのひとつでしたが、今日の馬場傾向から前から離されると楽ではないので、適度にポジションを取りにいって真ん中くらいにはつけられました。道中の折り合いはついていて、勝負どころの手応えからももっと反応してくれていいはずなのに、追い出してからも走りが変わりませんでした。う~ん、具合は良さそうに感じただけに、もっとやれていいはずなのですが…。申し訳ありませんでした」(戸崎騎手)

「押してポジションを取りに行くような運び方は良くないのですが、内枠ですからうまく中団でロスなく運んでほしいとはお願いしていました。直線で外に出すのに多少手間取りましたが、道中はうまく進められていましたし、追い出してからもう少し脚を使って欲しかったというのが本音です。このあたりが久々の分なのかなとも思いますが、この後のプランについてはまずは状態をチェックしてから考えたいと思います」(高野師)

休み明けでも仕上がりは良く、体調面の不安もなくレースに臨めたのですが、追ってから案外伸び切れなかったのは実戦から離れていた分なのでしょうか。成長分もあるとはいえ馬体も増えていましたし、一度使って変わってきてくれるはずです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

11/29  高野厩舎

29日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は確かに直線で少しスムーズさを欠くところはありましたが、それでも馬の状態を考えると正直物足りない結果になってしまいました。久々の影響も多少はあったのかもしれませんが、自信を持って送り出しただけに結果を出せず申し訳ありませんでした。レース後はまだ曳き運動で様子を見ているところですが、カイバもよく食べていて馬体重も484キロとボリュームのある体つきをしており、特にダメージも感じさせません。明日か明後日から乗り出してみて、そこで問題なさそうならばこのまま続戦することも考えています」(高野師)



■グレナティアーズ■

11/29  船橋・出川厩舎

29日の大井競馬ではまずまずのスタートから後方を追走。ペースが落ち着くと見るや向こう正面から仕掛けていくが、勝負どころで不利があり、ブレーキをかけるとその後は伸びを見せることができず13着。

「向こう正面から上がっていきましたがペースも遅く、無理をしてのものではありませんでしたし、手応えを残して勝負どころを迎えました。ただ、いざここからという時に内にいたクラトリガーがラチにぶつかった反動で一気に外へ寄って来たため、ブレーキをかけざるを得ませんでした。あのまま行けていたらどうだったんだろうと考えると悔しいですし、残念です。申し訳ありませんでした」(今野騎手)

「これまでのレース内容を鑑みて、この馬はとにかくスムーズな競馬をさせなければ話になりませんので、その点を改めて気を付けるよう今野には話した上でレースへ送り出しました。また、簡単に止まる馬ではないでしょうから、行く気を見せるようであれば気持ちに任せて行かせていいと伝えており、作戦通りの内容で勝負へ行ってくれました。それだけに勝負どころでの不利は本当に痛かったです。良い馬場でレースができた時に限って、今日のような不利を被ることが多いだけについていないです。スムーズであれば見せ場のあるレースができたでしょうから、次で結果も付いてこさせられればと思います」(出川師)

近走はなかなか馬場状態に恵まれないことが多く、力を出し切れないレースが続いていました。それだけに条件が揃った今回は何としても結果がほしいところでしたが、勝負どころでの不利は本当に痛かったと言わざるを得ません。作戦通りのレースができただけに最後までその行く末を見ることができなかったのは非常に残念でなりません。今後についてはレース後の状態をよく見た上で検討していきます。

« 先週は2頭とも優勝ヽ(´▽`)ノ | トップページ | シャフトデビュー勝ち »

コメント

まさか逃げるとは!!
楽勝でしたね(*´∀`)♪
次戦が楽しみになりましたね!

あら、ちばっちさん。
こんなマイナーなブログにいらっしゃいませ。

よく、見つけましたね(笑)

応援ありがとうございました
とりあえず、1歩前進ですね

観戦記はビデオを見てから書こうと思ってます

ではでは(ヾ(´・ω・`)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1090989/72351044

この記事へのトラックバック一覧です: シャフトいよいよデビュー:

« 先週は2頭とも優勝ヽ(´▽`)ノ | トップページ | シャフトデビュー勝ち »