« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月29日 (金)

先週の結果と今週の出走

ここにきて朝晩肌寒くなってきましたね。近くの公園では彼岸花もきれいに咲いて秋を感じます。

てなわけで、まずは先週の結果から

先週行われたオールカマーに出走してステですが、結果は惜しくも2着でした。
4角回ったときはスローで逃げていたマイネルにやられたかと思いましたが、2頭の脚色をみて、こりゃ届くわ。。久々の勝利だな。。と思ったのもつかの間、内からルージュバックにやられてしまいました。
勝ったルージュバックはギリギリ通れた内からきれいに伸びたわけだし見事な勝利でした。結果から言えばスタートでせっかく絶好位をとれたのに、道中少し包まれて自然とポジションが少し下がってしまったのが痛かった。そういう差が最後勝ち負けにかかわってくるのだから仕方がないですね。
ただ、以前から思っているんだけど、やはり坂で伸びの勢いがそがれたと思うのは僕だけかな?

賞金も稼げたし、本番を先に見据えた前哨戦としては十分な結果じゃないでしょうか。
安田記念も結果から言うと道中徐々にポジションを上げてしまった分、最後の脚が止まってしまったけど着順ほど負けてないからまだまだ衰えはきていないはず。

去年も一昨年も安田記念も枠順に恵まれなかったステ。
相手は強いが今年こそいい枠引いて得意の府中で決めてくれ!


で、今週はベルディーヴァとサンラファエルが出走します。
ベルは日曜中山10R勝浦特別に善臣騎手で出走、サンラファエルは日曜中山3Rスーパー未勝利にモッセ騎手とコンビで出走です。

ベルは昇級戦だからとりあえず試金石ですね。相手関係がどうとか、初コースがどうとかいうよりも、まずはこのクラスで能力が足りるかどうかが試されます。調教もすごい時計で走ってるし調子はいい感じ。ハンデ52キロを生かして頑張ってほしいですね。

で、問題のサンラファエル。泣いても笑っても一発勝負のスーパー未勝利。
文字通りの勝てば天国負ければ地獄。何とか生き残れ!


◆ステファノス◆

9/24  藤原英厩舎

24日の中山競馬ではまずまずのスタートから道中5、6番手を追走する。直線では外からしっかりと脚を使っているが、内を抜けた勝ち馬には先着を許し2着。

「スタートはまずまず出てくれましたし、道中は前を見られる悪くない位置で運べていたと思います。しっかりと自分のリズムで走っていて、直線でも脚を使ってくれましたが、勝ち馬の勢いが上回ってしまいました。上手くいかず申し訳ありません」(戸崎騎手)

「道中のリズムは悪くなかったですし、直線でもそれなりに脚を使ってくれているから、勝てずに申し訳ないです。休み明けとは言え頑張っているだけに悔しさもありますが、次はさらにいい結果を出せるように手を尽くしていきたいです」(藤原英師)

道中は好位でしっかりとリズムを整え、直線では外から伸びているだけに悔しい限りですが、秋初戦を考えれば十分に見せ場を作ってくれました。この後はレース後の状態をしっかりと見極め、問題がなければ次走へ向けての調整を開始していきます。



◆ベルディーヴァ◆

9/27  斉藤崇厩舎

27日は栗東坂路で追い切りました(53秒6-38秒7-24秒9-12秒1)。

「登録させていただいた勝浦特別ですが、ハンデ52キロということで確保していた福永騎手が乗れません。とはいえ、定量の芦屋川特別は55キロでの出走となりますから、昇級初戦でなおさら軽ハンデの中山に向かいたいところです。急遽52キロで乗れるジョッキーを探したところ、柴田善臣さんが乗ってくれるとのことなので、依頼をして中山に出走させることにしました。今朝は坂路で単走の追い切りを行いましたが、体重の軽い藤懸ジョッキーが乗ったとはいえラスト1ハロンは12秒1の好反応。いい雰囲気ですね。このクラスでどんな競馬ができるか楽しみにしています」(斉藤崇師)

10月1日の中山競馬(勝浦特別・芝1200m)に柴田善騎手で出走します。



◆サンラファエル◆

9/27  武井厩舎

27日は美浦坂路で追い切りました(54秒1-39秒4-26秒0-13秒0)。

「先週末は大きめをじっくり乗り、プール調教を交えるなど、順調に調教をこなしてきました。器用なタイプではないので少しでも上手に走れるようにすることをテーマに掲げたうえで、今朝は坂路で追い切りました。手前を替えることはできましたが、こちらの思惑よりいくらか早いタイミングで替えていましたね。ただ、全体的な脚取りはしっかりとしたもので動きは良かったと思います。前走で走らなかった理由は色々と考えることができますが、小回りで急かされる形になったことに馬が対応しきれなかったことが大きいのではないかと思っています。それなので、福島より広く、そしてゆったりと立ち回ることができる中山コースのほうが走りやすいはずなので巻き返しは可能と見ています。右手前を出したがるところがあるので右回りで如何に消耗を少なくし、うまく立ち回ることができるかがポイントになってくると思いますが、能力は上位のはずなので、何とかこの最後のチャンスをモノにしてほしいですね。当初は浜中に依頼をかけていたのですが、怪我の具合でどこまで体が動くか心配な部分があるのは否めませんでした。それで状況を見ながら代案を考えていたのですが、この日スプリンターズSに参戦するモッセジョッキーにお願いをすることにしました。人から聞いた話ではありますが、ルメールさんからお墨付きをもらっているジョッキーということですし、何より経験豊富です。好リードを期待して、レースへ送り出したいと思います」(武井師)

10月1日の中山競馬(3歳未勝利・ダ1800m)にモッセ騎手で出走をします。

2017年9月15日 (金)

抽選結果

大抽選会の結果

最優先のココ〇
一般のアビラ✕、カニョット✕
でした。

1匹じゃ寂しいけど、とりあえず最優先のココとれたので、まぁ、良しとするか。
ヽ(´▽`)/

最優先が当たったので、1.5次も無しだし、なんか2次まで余らんかなぁ


2017年9月13日 (水)

大抽選会突入

今日、キャロの1次募集の応募状況が発表されまひた。

ココ

バツなし最優先で抽選

アビラ、カニョット

一般で抽選

つまーり


応募したウマ、みんな抽選です!


くじ運はあんまりよく無いのよね。
ぅ─σ(・´ω・`*)─ん…


最優先のココが抽選にかかってるので、1.5次に向けて、とりあえず残口馬のチェックだけしとくとしますか。気持ち切れると見る気が無くなるもんな。

2017年9月11日 (月)

昨日の阪神8レースにストライクイーグルが出走しました。

馬体重+18キロにもかかわらず、単勝2.1倍の1番人気を背負っての出走となりました。でも馬体重発表されるまでは1倍台半ばの圧倒的人気を背負ってましたから、一気に人気が落ちたとも言えるんですけどね。

なので、当然太め感はありますが、親ばか的な視点で見ると、馬体が黒光りしている関係もあって、このメンバーでは抜けている感が半端ない。もっと上のクラスに入っても引けはとらないようにみえました。
それでもガツンと単勝勝負にいけないところが、自由気ままに走るイーグル君のイーグル君たるゆえんであります。
てゆうか、この汗のかく夏場に18キロ太って出てくるとは、レース前に疝痛をおこしたりする虚弱さをもってるかと思えば、こういう図太そうなところもあるんんですよね。。イーグルは。以前、馬が近い淀のパドックでまじまじとイーグルを見て、こいつもしやアホなんじゃないかって本気で思ったことあるし(笑)そんなこんなも含めてこんなイーグルが大好きです。

そして、戦前のコメントどおり、今回はブリンカー無しでの出走となりました。一応メンコはかぶっているんだけど、耳が出ているタイプのやつなので、ほぼ何もアイテム無しと同じ状態です。
個人的には、ブリンカーの効果ってやっぱり徐々に薄れてきそうなので、ここらで一発外すという選択は賛成でしたが、当然心配も当然ありました。でも今回はちょうど外枠を引けたので、もまれずに済むのでブリンカーはずし初戦にはよかったです。

レースはというと、4角では楽に勝てると思ったんだけど、結局、道中を2.3番手で競馬していた先行馬達を差しきれずに僅差の3着に負けてしまいました。
イーグル自体の上がり3ハロンは35.7の最速上がり。ほかのダートのレースで短距離を含めてもかなり速い上がりなので、おそらくペースに泣いたということですね。
てなわけで、外枠でもまれなかったというのもあると思いますが、ブリンカーを外してもちゃんと競馬が出来ました。スローペースというのもあって、わりといい位置で競馬することもできたし、そのあたりは収穫が大きかったと思います。
でも、この乗り難しそうな馬を、ブリンカー無しでまじめに走らすとはさすがはミルコですね。今後も続けて乗ってほしいな。

いや。。。ほんとに真面目に走ったのか?これまでの前科から、もしかしてもう一段ギアがあったんじゃないか?今回ブリンカーしてないし・・
なんて想像をさせてくれるところがこれまたイーグルの魅力ですね。

まあ、今回は走りましたが、ブリンカーなしで内に包まれてどういう競馬ができるのか、という心配は残っているけど、権利もとったし、大幅馬体重増の休み明けを叩いた次走が楽しみだ!

って思ったら、なんと短期放牧だって、。。。まじかよ。。。(´・ω・`)ショボーン



9/10  杉山厩舎
10日の阪神競馬ではスタートを決めて中団から進める。勝負どころから早めに押し上げを図るも反応は鈍く、直線もジリジリとした脚で3着まで。

「前回は自分から進んでいこうとしないところがあったのですが、今日は非常に気持ちが前向きで、道中は集中して走ることができていました。最後に伸び切れなかったのは久々の影響が大きかったのでしょうし、次は変わってきますよ」(M.デムーロ騎手)

「馬体重は大きく増えていましたが、調教の動き自体は良かったですし、これから秋に戦っていくことを考えても体つきは決して悪くなかったと思います。最後に伸び切れなかったのはプラス体重というよりも間隔が空いていたことが大きかったと思いますし、少頭数でペースが落ち着いた影響もあったのでしょう。今日は自信を持って送り出しただけに申し訳ありませんが、ブリンカーを外してもちゃんと集中して走れていたのは収穫でしたから、次こそはなんとしても決めたいと思います。腹痛になるなどナイーブな面がある馬なので、この後は短期のリフレッシュ放牧を挟んだ上で次走へと向かう予定です」(杉山師)

牧場で夏場をうまく過ごせましたし、いい状態で秋の初戦を迎えることができました。最後は久々の分だけ伸びを欠いた印象でしたが、ブリンカーを外してもすんなり行き脚がついて集中して走れており、収穫もあったレースだったと思います。この後は短期放牧に出してから次走へと向かう予定です。

2017年9月 7日 (木)

1次募集

昨晩というか今朝早く、キャロの一次募集の申し込み完了しました。
申し込んだのは
最優先 ココシュニックの2016
一般  アビラの2016、カニョットの2016
の3頭です。

今年の馬選びの課題は
①今年は×がないこと。②レイデオロにダービーを勝たれたので、キャロ初のダービー馬がほしいというこだわりがなくなったこと。③降級制度がなくなったこと。でした。

まあ、②番なんてただの個人の思い入れだけだったんだけど、③番は意外と考えさせられるところが大きくて。

クラシックに乗るには仕上がり早で、2歳のうちからトントンと勝って行けるほうが断然有利で、しかも番組的にマイラーよりのほうが賞金を稼ぎやすくて。
でも、3歳春→夏を超えて秋→そして古馬とそのまま成長を続けられたらいいんだけど、だいたいの場合。。そのまま古馬オープンに入れられ頭打ちとなりがちで。。。それでも収得賞金が半額となって降級すればまたいい勝負ができたものを。降級がなくなるということは、もはや引退以外道がなくなってしまう。
例えばうちの馬だとアヴニールは新馬と重賞2着が2回、レプランシュも新馬、500万と重賞2着が1回。今はそれぞれ900万クラスにいるけど、降級がなくなればどちらも準オープンクラスで戦い続けなくちゃならない。しかも条件に比べ鞍が少ない。
目的レースを決めず、有力馬との兼ね合いと馬房の空き状況で入厩や放牧を繰り返す厩舎では放置でストレスがかかることでしょう。

では、どの馬が良いのか?残念ながらそれがわからない。
なので、肩ひじはらずにのんびり構えようかと思ったわけです。もちろんクラシック戦線で一喜一憂もいいですが、ステなんかはバリバリの成功例だけど、イーグルくんもそうだったように、落ちこぼれから1戦1戦馬の成長を感じられるのも楽しいもんです。

さて、そういう前置きで挑んだ今回の募集、候補に関係なく、すごいなと思ったのはザリオ。このお母さんは怪物ですよね。1億4000万(一口35万)の募集もすごいけど、セールにでたらまずもっと高額がつくと思います。
いざ走らせてみてどれくらい走るのかはわからないけど、現状見た目はG1馬の兄弟に引けをとらないですよね。予算があって一撃必殺ならこれが正解なんでしょうね。

で、僕のほうはDVDを擦り切れるくらい見た結果
最初の候補は、
チェリーコレクト、ココシュニック、ジュモー、アビラ、ヴィートマルシェ、ブライダルソング、ハルーワソング、スサーナトウショウ、ダブルゴールドあたりでした。これまでの出資馬の弟や妹もかなり入れてます。
これに関東馬からアディクティドをピックアップ。

これまでディープの初年度産駒だったフレールジャック以来、とりあえずディープ牡馬を取りに行く。×制度導入以来は×なし状態の時はあえて×を取りに行くという作戦をとっていました。でも今年の課題の通り、ここにきてこの流れを崩しました。あっカメ産駒のトゥザクラウンは取りにに行って落ちたね。それは置いといて、今年は×なしだけど無条件にまず×を取りに行くんじゃなくてぎりぎりまでちゃんと馬を取りに行くという作戦にしました。

で、1回目の中間発表で大抽選会になりそうなチェリー、ジュモー、マルシェ、ブライダル、ハルーワをあきらめ、代わりにアブソルートリーを候補にするも2回目の中間発表でこれまた人気に名前を連ねてきたので断念。×なしですから無謀な勝負はしませんよ。ちなみに、この中で一番欲しかったのはジュモーです。

残り2日にして候補は
最優先候補 ココシュニック、一般候補 アビラ、アディクティドにして最終中間発表を様子見体制にはいりました。スサーナは厩舎が高野和尚なんですが、ココも和尚なのでダブル和尚はどうかなと思ってやめました。
これまでも、ベル、イーグル、レプも和尚だし。和尚に対する耐性は備わっている。ただベルもイーグルも和尚の手を離れてから勝ったとかはここだけの話だ。

で最終中間発表が終わり、ココが×なし最優先でも勝負になりそうなので予定通り最優先。
悩んだのは、一般をどちらか1頭にするか両方にするかでかなり迷いました。
2頭に行くと予算オーバーなんでね。

アディクティドは毛色と歩様が好みで、しかも誕生日が2月29日というレアもの
関西だったらあきらめなかったんだけど、やはり関東なんであきらめました。
やっぱり関西のほうが応援にいけますし、その分思い入れも増しますからね。
サンラファエルやカラドゥラは関東馬だけど一回も姿を見ずに引退なんてことも。。。
んw(゚o゚)wカラドゥラ??そういやカニョットの大抽選会にちょっと参加しとこっと

てな感じで最終候補が決まり応募に至りました。

ココシュニックに決めた理由は、まだちょっと小さいけど5月生まれなので、これからどんどん成長するだろうし、バネありそうな歩様だし、なによりステちゃんの妹ですからね。兄と同じように1歩1歩成長してくれたらと成長力に期待。去年の全妹は母と同じ芦毛だったけど今年は鹿毛と毛色もステに似ているので。
これまで第一線で戦い続けてくれたステももう6歳秋だから、この先の現役生活はそう長くないだろうし、もしこの子がとれれば、OUR BLOODならぬMY BLOODがちょうど引き継がれることになると思ったのが一番の理由です。なんとか取りたいな。

アビラは、正直がに股ですよね。普通ならパスですよね。
でも馬体は悪くない気がするし、歩かせたら少し硬いんだけど、頭の低さといい、がに股っぷりといい、前になんかで見たジャスタウエイを思い出したんですよね。詳しい人から見れば全然ちがうよってなもんでしょうけど、僕的にはひらめいたんです。
でも、まあ関東アディクティドと最後まで何時間も悩む感じのもんですわ(笑)アディクティドには母馬優先の可能性もありますたからその分の魅力も加えてのも高評価でしたけどね。


カニョットは。。。。。勢いです。(笑)


まあこんな感じで今年は課題通りの馬選びができたと思います。
もしも、最後の中間発表でココが×なしじゃ門前払いっぽかったら、違う馬を最優先にするのじゃなくて、やっぱり×取りに行ったかな?まあ、どっちみちココにいったんだろうな(笑)

運命の当落発表は9月15日 縁があれば当たるでしょう。


     

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »