« 2017年3月 | トップページ

2017年4月

2017年4月 3日 (月)

大阪杯結果

昨日行われた大阪杯

われらがステファノスは昨年の年度代表馬キタサンブラックに追いすがるも3/4馬身届かず2着となりました。

キタサン相手に2着なら大健闘ですよね。

もちろん現地で観戦していました。
パドックでみたステの印象ですが、無駄なく仕上がっているのだろうけど、二人引きの胴長・巨漢のキタサンの前を歩いていたので、どうしてもこじんまりと見えました。しかし、前肢の出や踏込など歩様が抜群に良く見えました。一番よかったんじゃないかなと思えるくらい。

でも、僕的に一番よく見えたのはマカヒキ。少なくともステよりもかなり強そうでした。で、あの結果なんだから・・僕の相馬眼がないことも悪いですが、競馬予想TVで、マカヒキは遠征後フットワークが狂った的なことを言ってましたが、もしかしてそういうことなのかもね。

レースは久しぶりの内枠を生かし、キタサンの直後、好位のインにつけるという理想的な位置。
調教からそういうのを狙っているとは思いましたが、最近テンにおかれるステなので、正直どうかなという不安はありましたが、かなり押して押してだけど何とかいい位置につけられましたね。押して出したというのもあり、前半少しだけど行きたがっていたように見えました。1000通過が離して逃げてるマルターズが59.6秒だから、実質はスローだしそういうのも仕方なしだけど、キタサンはぴたり折り合っていたからね。

4角回って直線に入った時には夢をみましたね。ただ、やっぱり坂でちょっと突き放されてしまった。最後3/4馬身まで詰め寄っただけに・・大昔の阪神なら差せたんだろうな(笑)

しかし、キタサンはやっぱり強いですわ。鞍上も含めて。パトロールみたら一週目の直線なんて、あんなん審議やでヘ(゚∀゚ヘ)最後の直線もステちゃんえらい外まで行かされるし。
それはさておき、道中のいろんなちょっとずつの差が最終3/4馬身差。休み明けで決して完調じゃないだろうし、こういうところがG1・4勝馬とG1・2着3回馬の違いなんだろうな。
つよいです。

レースが終わって、正直悔しさってまったくありませんでした。よく頑張った感のほうがでかかったです。それだけ、キタサンが強いって思ってるんですよね。有馬でダイヤモンドに負けたけどJC明けの出がらし&2キロ差であの僅差ですもん。
マカヒキに勝てたっていうのも大きいし、なぜか毎回人気でステより上に行くサトノクラウンとアンビシャスにまた勝てたし、ヤマカツにもリベンジできたし。ほんと頑張りましたよ。

この後はどこに向かうのかな。個人的には、激走のあとだから、ちょっと香港はかわいそうな感じがしますが。。。メンバー次第で安田もありかな。ハイペースでなければ勝てる気がする。。。秋に向けて充電もありかも。。。まあ、藤原師の判断ならどこでも正解でしょう。

ステの年齢からも、ステと歩むG1ロードも残りカウントダウンに入ってるだろうから、無事で元気で、そして悲願のタイトルを!です。


4/2  藤原英厩舎
2日の阪神競馬ではスタート後に促して道中は好位を追走する。いい手応えで直線へ向いてあとは1頭交わすだけだったが、相手もしぶとく2着。

「あの位置で運ぶことは厩舎サイドとよく話をして決めました。馬場入りから少し気を入れるようにしていい雰囲気で返し馬を終えましたし、思惑どおりスタートからすんなりいいポジションを取れました。道中はスムーズに追走していて、あとは直線でキタサンブラックを交わすだけ。併せると相手もしぶといので、いったん外目に離れてから一気に差し切ろうと思ったのですが、なかなか差が詰まらなくて…。勝ち馬は思った以上に強かったです。ただ、望んだとおりの競馬はできましたし、馬もよく頑張ってくれました」(川田騎手)

「あの位置から進めるのは作戦どおりでしたし、レース運びも完璧。最後も交わせると思ったのですが、さすが年度代表馬ですね。今日は相手が強く結果は伴いませんでしたが、ジョッキーは100点満点の騎乗をしてくれましたし、本当によく頑張ってくれました。ここを勝つためにしっかりと馬を造った後ですし、この後については状態を見ながら決めさせてください」(藤原英師)

陣営とジョッキーが作戦を練り、道中はこれ以上ないくらいにスムーズにレースを進めることができていたと思います。直線に入った時も一瞬は交わせるかという勢いでしたが、昨年の年度代表馬がそれを簡単には許しませんでした。敗れてしまったことは非常に悔しいですが、力のあるところはお見せできたと思いますし、なんとかタイトルを獲れるよう改めて今後の活躍に期待したいものです。この後についてはまず馬体をよく確認してから検討していきます。




2017年4月 1日 (土)

明日は大阪杯

明日は今年からG1に格上げされた大阪杯。
タテジマファミリーからもステファノスが挑戦します。

最大のライバルはやはりキタサンですね。やはり強い。ただ相手はここメイチではないとみた!知らんけど。
もちろんダービー馬マカヒキも強いけど、ダービーの頃の出来じゃないとみた!知らんけど。
サトノクラウンは本領発揮は重馬場と海外とみた!知らんけど。

ほかにもヤマカツ、アンビシャス、ミッキーなどなどいますが……

我らがステちゃん、現在単勝23倍の8番人気……マルターズより下とは舐められたもんだ……
ここまでのステの実績、天皇賞2着と3着、QEⅡ2着、香港C3着やで。ほかにも掲示板なら皐月賞も宝塚も5着やで!そんなステちゃんより上に7頭もいるってか!マルターズも!

確かに前走は結構(´・ω・`)ガッカリ…したのはたしかです。せっかく中京まで遠征したのに……
ただ中間の馬体を見たら、前走よりアバラも浮き上がってめいっぱい仕上げた感があります。。つかれて痩せたのかもしれませんが、やはり究極の仕上がりだと信じたい。

戦法はやはり、せっかく4番枠を取れたんだから、宝塚記念のような位置が理想ですね。宝塚は残り200で止まってしまったけど今回はその200がないから。ただジョッキーが川田……最後方から行って脚余す予感がするのはオレちゃんだけか……
頼みますよ。
悲願のGⅠ制覇。お願いします。
なにとぞ
(*vд人)オネガイシマス

3/30 藤原英厩舎
29日は軽めの調整を行いました。30日は栗東CWコースで追い切りました。
「今朝はCWコースで追い切りました。鮫島良太を乗せて終いまで軽い脚取りでいい動きを見せてくれました。一度使って良くなるタイプの馬ですし、何よりも馬の雰囲気が非常にいいですからね。これは競馬に使うにあたって一番大きなことでもありますから、状態面に不安のない今回はぜひともいい競馬を見せてもらいたいと思います」(藤原英師)
「今朝の追い切りに乗せていただきました。最後に軽く脚を伸ばすような感じで乗ったのですが、道中はハミをしっかりと取ってうまく脚も溜まっていましたし、仕掛けてからの反応も非常に良かったですね。状態は本当に良さそうでしたし、巻き返してくれると思います」(鮫島良騎手)
4月2日の阪神競馬(大阪杯・芝2000m)に川田騎手で出走いたします

« 2017年3月 | トップページ