« イーグル優勝 | トップページ | 久しぶり更新 »

2017年1月21日 (土)

今週の近況 1/21

先週は久々に雪の週末となりました。
とはいえ、家の近くはこれっぽっちも降ってないんですけどね。全国的な話です。

おかげで競馬も中止になり心置きなく雪の京都に遊びに行くことができました。
念願の雪化粧の金閣寺。そして源光庵。どちらもきれいでしたよ。
しかし道中、人生での一番の吹雪に会いました。雪国の人から見たら屁みたいな雪でしょうが、僕の人生では間違いなく一番でしたよ。
そんなのも含めて楽しい週末でした。

また、タテジマファミリーは幸い出走予定馬がいなかったので、雪の影響は全くなかったです。

てなわけで近況ですが、良くも悪くも特に代わり映えしないとだけお伝えしときます。

◆コメットシーカー◆
1/18  西村厩舎

18日は栗東坂路で追い切りました(54秒2-38秒2-25秒3-13秒0)。
「週末は降雪の影響が心配だったのですが、幸い坂路が閉鎖になることはなく休まず乗ることができましたし、脚元も引き続き安定しています。今朝は坂路で併せて追い切りましたが、最後までしっかりと強めの負荷をかけて動きもしっかりしていましたし、これで来週はサッと流す程度で十分でしょう。年齢的に状態の波もなく安定していますが、来週までしっかりと調整していい状態で送り出せるようにしていきます」(西村師)

28日の中京競馬(4歳上500万下・若手騎手限定・芝2000m)に鮫島駿騎手で出走を予定しています



◆ステファノス◆
1/18  NFしがらき

軽めの調整を行っています。
「この中間も角馬場でのフラットワークを中心とした調整を行っています。まだ軽めのメニューではあるものの、素軽い脚捌きで順調にこなしてくれていますね。引き続き、体調面も安定していて馬は元気に過ごしていますし、春にまたいい状態で競馬へと向かえるようしっかりとリフレッシュさせていきたいですね」(NFしがらき担当者)



◆グレナディアーズ◆
1/18  NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「ここまで坂路でも安定した動きを見せてくれていましたし、この中間からはハロン15秒近いところも交えて調教を行っています。ペースアップにもすんなりと対応してくれており、この後もスムーズに進めていけるでしょう。番組と仕上がり具合を見ながら音無調教師と移動の話をしていきたいですね」(NFしがらき担当者)



◆アヴニールマルシェ◆
1/18  藤沢和厩舎

18日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒4-54秒6-40秒6-13秒5)。
「先週はじっくりと馴染ませるように動かしていたのですが、調子は良さそうでしたね。当初抱いていたイメージでは3週目くらいの競馬で、ゆったり上げていこうと思ったのですが、今日動かしてみた感じでそこにするか前倒しするか考えてみようということになりました。今朝五十嵐さんに乗ってもらって追い切ったところ、時計自体は派手ではないですけれど、動きは悪くなく、これならば最短で来週も考えられるかもという話になってきました。ただ、今日が実質1本目の時計なので、この後の様子を見て最終的に来週にするかどうするか判断していくことになると思います」(千島助手)

早ければ29日の東京競馬(4歳上1000万下・芝1800m)に出走を予定しています。



◆ベルディーヴァ◆

1/18  NFしがらき
周回コースと坂路ではハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。
「乗り出してからも反動などは見られず、この中間もトレッドミルを併用しながら角馬場と周回コースでフラットワークを、そして坂路ではハロン18秒程度のキャンターを開始しています。今のところは順調ですが、脚元のこともありますし、引き続き疲れなどが出ないようケアもしっかりと行って慎重に進めていければと思います」(NFしがらき担当者)



◆レプランシュ◆
1/18  NFしがらき

軽めの調整を行っています。
「この中間もウォーキングマシンを中心とした調整を行っています。調整メニュー自体はほとんど同じなのですが、動かしながらも左トモの状態が悪化したりするようなことはありませんし、体調面も含めていい意味で変わりない状態ですね。今後もしっかりとケアを行いながら進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)



◆ストライクイーグル◆
1/18  NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「こちらに到着後は馬体に異常がないことを確認してから、軽く乗り出しています。今のところは大きな反動も見せていませんが、気持ちの面でしっかりとリフレッシュさせてあげたいですね」(NFしがらき担当者)



◆サンラファエル◆
1/17  NF天栄

トレッドミル調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「膝に負担がかかりやすそうな馬ではあるものの、今のところは不安が顕著に出ることもなく調整を進められています。調教は速いところも行っているのですが、動きだけを見るとまだ頼りないですね。追っ付けながら登坂しているという状況ですから、もう少し体力をつけて気持ちも前向きなものにしていけるようしっかりトレーニングしていきたいです」(天栄担当者)

« イーグル優勝 | トップページ | 久しぶり更新 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イーグル優勝 | トップページ | 久しぶり更新 »