« 北海道ツアー③ | トップページ | 香港カップ結果 »

2016年12月 9日 (金)

今週の近況とか

今日は現役馬たちの近況です。
先週は土曜阪神にストタイクイーグルが、日曜の中京にコメットが出走しました。
イーグルは惜しくも2着。最後の脚色がまったく違っただけに直線での進路を探して追えなかったロスが悔やまれます。
岡田騎手。。。前走は10頭だてだったけど。。フルゲートとかになったら。。。僕的には2回連続で勝ちを逃してる気分なんだけど。。この首差を取り戻すのに何か月もかかることがあるんだけどなぁ。。。。このままで大丈夫かいな。。。

コメット君は10着。。。内で窮屈な競馬になりました。てかムーアまでもかい。

ああ、勝利が遠い。。。

さて今週は香港国際競争。メインの香港カップにステが挑戦します。
調教を見ましたが、鞭を入れてかなり追っていますね。
考えられるのは
①最後にマジ追えるほど絶好調
②追わなきゃならないほど太りすぎ
③もうやけくそ
見た感じ①に見えますよね。
いろんな意味で余裕がなければ直前に鞭入れて一杯に追わないもんね。

枠は7番に入りました。
去年11番枠からスタートし、1コーナーで外に張り出されどんどんポジションを悪くして競馬になりませんでしたね。しかもエイシンヒカリが逃げ切れる展開。。後ろからじゃ用事なしです。

シャティンの2000はどうも内枠有利だし、今年はまたエイシンヒカリがおあつらえ向きの1番だし、8にはモーリスがいるし。
なんとかモーリスを外に張り出し、内の好位で脚をため、直線でヒカリをぶち抜き。。。
スミヨン様。なんとかしてください。お願いします。。。

◇ステファノス◇
12/8  香港・シャティン競馬場

7日は軽めの調整を行いました。
8日はシャティン競馬場芝コースで追い切りました。

「先週、現地に到着してからも特にこれといった不安もなく順調に調整が進められていると聞いています。香港はこれでもう3度目となるわけですから、馬も環境の変化に戸惑うようなこともないでしょう。あとは体調をしっかりと整えて、何とかいい競馬を見せてもらいたいですね」(田中助手)

「1日の夜、無事香港に到着しています。輸送慣れしている馬ですが、体調面も大きな問題はなくまずは無事第一関門をクリアしてくれました。翌日はハッキングを行い、その後もオールウェザーコースで調整を続けてきました。追い切りは本日芝コースで実施していますが、ここまではすこぶる順調に来ています」(NF獣医師)

11日のシャティン競馬(香港C・芝2000m)にスミヨン騎手で出走いたします。


◇コメットシーカー◇
12/7  NFしがらき

7日にNFしがらきへ放牧に出ました。

「先週の競馬は中間の調整過程も順調でしたし、馬の状態も良く期待していたんですけどね…。内で進路が詰まってしまうという不完全燃焼な結果に終わってしまいました。レース後は脚元を含めて馬体には大きな傷みはありませんでしたが、優先権を逃してしまったこともありますし、いったんリフレッシュ放牧に出させていただきました。放牧先での状態を見ながら年明けの番組を検討していくことになります」(山田真助手)



◇グレナディアーズ◇
12/7  NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。

「ここまで軽く動かしながら馬体のチェックを行ってきましたが、特に異常は認められませんでしたので、この中間から乗り出しています。まずは周回コースで体を解すような運動から始めてリフレッシュを図っていきたいと思います。体調面は引き続き問題ありませんよ」(NFしがらき担当者)



◇アヴニールマルシェ◇
12/6  NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でキャンター調整を取り入れています。

「レース直後はさすがにちょっと疲れていたということを厩舎の方から聞いていたのですが、こちらに帰ってきてからの様子は聞いていたほどではありませんでした。ただ、ここ数戦後の状態と比べると確かに疲れは強く思えましたね。ここ最近の中ではレース内容が良かったので、それなりに走ったということなのでしょう。ただ、しばらく乗らずに楽をさせなければいけないというほどではなかったので、今は軽めから乗り出しているところです。ハッキリとした予定が決められているわけではありませんし、まずは馬体の回復具合を見ながら少しずつ乗っていこうと思っています」(天栄担当者)



◇ベルディーヴァ◇
12/7  NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。

「乗り出した後は入念に馬体のチェックも行いましたが、今のところは特に大きな反動も見られず、脚元は特に変わりありません。この中間も周回コースでじっくりと軽めのキャンター調整を行っています。体調面も良好ですし、引き続き様子を見ながら焦らず進めていきたいですね」(NFしがらき担当者)



◇レプランシュ◇
12/8  高野厩舎

7日は栗東坂路で追い切りました(54秒2-39秒6-25秒8-13秒0)。
8日は軽めの調整を行いました。

「水曜日に坂路で併せて追い切っています。ビッシリと追っている相手に対して、こちらは終いを強めに仕掛ける程度だったのですが、反応も良く最後はきっちりと先着を果たしてくれました。引き続き、カイバ食いの問題もありませんし、この中間も至って順調。馬が変わってきていますし、一度競馬を使ったことによる上積みは相当見込んでいいはずなので、何とか前進を図りたいと思っていたのですが、残念ながら除外となってしまいました。来週の阪神と中山にそれぞれ芝の番組があるので、今のところはそのどちらかに使うつもりで調整を進めていきます」(高野師)

10日の阪神競馬(チャレンジC・芝1800m)は非抽選除外となりました。この後は17日の阪神競馬(リゲルS・芝1600m)もしくは18日の中山競馬(ディセンバーS・芝2000m)を目標にしていきます。



◇ストライクイーグル◇
12/8  杉山厩舎

7日、8日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は、直線で前が壁になって動けないシーンもあって、ちょっともったいない内容ではありましたが、中団で楽に追走できるレースが続けてできたことは大きいですね。優先出走権を確保した後ですが、しっかりと走りきっている分、反動も出てくると思うので、きちんと状態をチェックして続戦するかどうか見極めたいと思います。今のところは目立った疲れは見せていませんので、問題なければ最終週の2000m戦に向かうつもりです」(杉山師)

23日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ2000m)を目標にしています。



◇サンラファエル◇
12/6  NF天栄

軽めの調整を行っています。

「先週末にこちらへ放牧に出てきました。入厩前は北海道から美浦へのワンクッションでこちらに寄っただけでこの馬の状況を細かくは把握できていませんでしたので、今回改めて探るように接しています。武井調教師からも話を聞いていて脚元に関してはより慎重に確認をしていますが、確かに膝には負担がかかりやすいのかなと思えます。形からもちょっと疲れやすそうに見えますからしっかりケアをしていく必要がありますが、今のところ歩様に問題は見られません。週明けはミニトラックで軽く乗りましたので、この後も様子を見て大丈夫そうならば徐々にコース入りしていこうと考えています」(天栄担当者)



◇カニョットの15◇
11/30  NF早来
馬体重:448kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター1800m、週2回は屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本の調整を行っています。素直な性格ではありますが、時折ピリッとしてテンションが上がってしまう面が見られますので、そうした面には注意しながら接しています。調教では父譲りの柔らか味のあるフットワークを繰り出すなど、見どころのある動きを披露しています。今後は如何にメリハリをつけながら負荷を課していくかしっかり見定めながら進めていきたいと思います。



◇ヒルダズパッションの15◇
11/30  NF早来
馬体重:476kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでキャンター1800m、週2回は屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本の調整を行っています。トモに甘さを感じさせるなど、まだまだ鍛え上げていく必要はありますが、現状においてもディープ産駒らしい素軽い走りを見せています。力を付けて全身をしっかり使えるようになってくれば理想的なキャンターを手中に収めることができるでしょうし、その実現に向けてじっくり乗り込んでいきます。



« 北海道ツアー③ | トップページ | 香港カップ結果 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道ツアー③ | トップページ | 香港カップ結果 »