« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月22日 (木)

今週の近況とか12月22日

いよいよ今年も残り少なくなってきましたね。中央競馬も最終開催ですよ。有馬ですよ。
なんかそわそわしてきますね。

とりあえず、先週の結果から。
先週行われたリゲルSに出走したレプランシュですが、結果は13着に惨敗でした。
まあ、敗因はいろいろあるでしょうが、まず一つは出来がね。
前走、きさらぎ賞以来の競馬でマイナス体重だったのに、さらにマイナスできましたもんね。
いろんな意味でシクラメン賞や、きさらぎ賞当時の出来にはまだまだですよね。
特に精神面で、完璧な周回と思えたシクラメン賞のパドックに比べたら、明らか気持ちができていない。なにが違うかというと、はっきり違うのは厩務員さんの引き綱をもつ位置です。それに多頭数で内々の競馬なんて初めての経験でしたし。

なにより馬場もまったく合わなかったです。
とにかく、スピードやキレより、馬力のある系が来るというか、ディープ産にはつらい馬場ですよね。内が残る気もするし。ようはディープよりはダイワメジャー的な(笑)
日曜になって、大外なら追い込みが切れる感じもしましたが、いずれにしろ、直線内目で後方なら、もうどうしようもないです。ほんと、この秋からなんか馬場が違いますよね。東京も。。京都も。。気のせいかな。

だから、レプの今回の大崩れも仕方なしですね。

まあ、高い授業料を払ったおかげで朝日杯をゲットしたタテジマでした。


で、タテジマファミリー2016を締めくくるのはストライクイーグルです。
新聞みたらついにグリグリ扱いですよ。あのイーグルがね(u_u。)

馬券的にはおいしくない、しかもあのイーグル。。。。信頼できるのか。。。。
おバカなだけにブリンカーがこうも見事に効くとはなんですが、さすがにそろそろ慣れというのも考えられるわけで。。。

正直、それに前走は少頭数だったので2着に来れましたが、今回、頭数増えて同じ騎乗をされたらこれ。。。。

とにかく、ことし最後、勝っても負けても悔いのない競馬をお願いしますよ。



◆レプランシュ◆

12/17  高野厩舎

17日の阪神競馬ではまずまずのスタートから出たなりで中団後方を進む。行く気はあるように見えたが、直線を向いてからは反応なく13着。

「返し馬から外、外に張る感じで走っていて、ゲート内もかなりうるさく、ちょっとテンションの高さが悪い方に出ている感じでした。スタートしてからも右のハミばかり取るので、ハミを抜いてゆったり走らせようとしたのですが、追い出すとやはり右ばかり噛んでしまうんです。どうも苦しがっている感じもしますし、力を引き出せませんでした。申し訳ありません」(川田騎手)

「一度使って、馬体はだいぶ良くなってきたと感じていたのですが、精神面の余裕がなかったようで、いい競馬にならず申し訳ありませんでした。ただ、前向きに走る気がないわけではなく、前半は自分から進もうとしていましたし、まだ全体的に良化途上なのだろうと思います。駐立がもうひとつでしたから、このあたりは改めて練習も必要でしょう。今後については、まず馬体をチェックしてから考えていきます」(高野師)

久々を一度使って変わり身を期待したのですが、ややテンションも高く、いい結果にはなりませんでした。じっくり立て直してきた後ですし、力があるのは間違いありませんから、焦って結果を求めずじっくり良化を待った方がいいかもしれません。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。



◇ストライクイーグル◇
12/21  杉山厩舎

21日は栗東坂路で追い切りました(58秒0-42秒4-28秒3-14秒0)。

「今朝は坂路で追い切りました。金曜日の競馬なので、先週ビシッと負荷をかけておいて、今朝は馬なり程度というのは予定通りです。明日は角馬場でハッキングをしていい状態で出走できるように整えます。馬の動き、前向きさ、体調なども転厩以来一番いいのではないかと思える状態です。あとはロスのない競馬で自分の走りができればいいレースができると思います」(杉山師)

23日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ2000m)に岡田騎手で出走いたします。



◇コメットシーカー◇
12/20  NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「厩舎サイドとは、年明けに帰厩させる予定で進めようと話をしており、この中間から周回コースと坂路での普通キャンターを開始しました。脚元も安定していますし、順調に調整できています。特に気になるところはありませんし、緩めないようにしっかりと乗り込んでいきます。馬体重は500キロです」(NFしがらき担当者)



◇ステファノス◇
12/20  NFしがらき

20日にNFしがらきへ移動しました。

「三木ホースランドパークでの入国検疫を終え、本日こちらに移動してきました。着地検疫は3週間になりますが、まずは体調などよくチェックしてから乗り出す予定です」(NFしがらき担当者)



◇グレナディアーズ◇
12/20  NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。

「この中間も周回コース中心の調整を行っており、ゆったりとしたキャンターで体を解すように動かしています。まだ年明けのどの番組を目標にするかは聞いていませんが、引き続き順調に調整が続けられていますし、今のところはスムーズにペースを上げていけそうな雰囲気ですね。疲れも感じられず体調面の問題もありません。馬体重は535キロです」(NFしがらき担当者)



◇アヴニールマルシェ◇
12/20  NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒キャンター調整を取り入れています。「じっくりと体を動かしつつ前走後の疲れを癒すようにして、なおかつバランスを見ながら次走へ向けた調整も行うようにしています。いくらかいいかなと思う状況でもあるので、徐々にピッチを上げていければ理想的ですね。年明けすぐの競馬という感じではなく、2月の東京開催中くらいに競馬を考えられればいいかなという状況ですし、慌てずに乗り込んでいって厩舎へバトンタッチできればと思っています」(天栄担当者)



◇ベルディーヴァ◇
12/20  NFしがらき

軽めの調整を行っています。「お伝えしたとおり歩様が乱れたのですが、幸いすぐに戻りました。先週一杯ウォーキングマシンで様子を見て、週明けからトレッドミルで動かしています。もうしばらくは慎重に様子を見つつ、騎乗調教で状態の確認もしていきたいと思います。馬体重は498キロです」(NFしがらき担当者)



◇レプランシュ◇
12/21  高野厩舎

21日はゲート練習中心の調教を行いました。

「おそらくそれだけが原因というわけではないのかもしれませんが、精神面の余裕がなかったことで、それが連動してゲート内での駐立の悪さにつながってしまったのでしょうか。先週はいい結果を出せずに申し訳ありませんでした。レース後は大きな疲れがないことを確認し、今朝は駐立の悪さを改善させるためにゲート縛りを行っています。これである程度納得してくれるとは思うのですが、念のためもう少しゲートの確認を行い、その後で放牧に出してしっかりとリフレッシュさせてあげるつもりです」(高野師)



◇サンラファエル◇
12/20  NF天栄

トレッドミル調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「膝を中心に、脚元の変化を慎重に見ながら調整を行っています。坂路を主体にして乗るようにしているのですが、動き自体は問題ないですね。今後も様子を見ながらの調整にはなるものの、上手く進めていきたいです。どうしても負担を考えるとダートメインになると思いますが、まずは条件云々の前にいい状態に持っていけるように集中して取り組んでいきます」(天栄担当者)



◇カニョットの15◇
12/22  NF早来
馬体重:452kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター1800m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。周囲が気になるのか物見をして集中しきれない面こそありますが、鞍上の指示にはきちんと従っているので、引き続きコンタクトを大事にしながら集中力を高めていきたいと思います。バランスよく心身の基礎を築きつつ成長を促していきます。



◇ヒルダズパッション◇
12/22  NF早来
馬体重:484kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでキャンター1800m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調整を行っています。坂路でハロン18秒台のキャンターを課しても最後までしっかり走り切ることができていますが、まだ勢いに任せて一気に駆け上がっているという印象を受けます。それができる体力が備わっているということではあるものの、今はフォームをしっかり整えていくことが重要となりますので、ここは焦らずじっくり教えていければと考えています。

2016年12月16日 (金)

今週の近況

急に寒くなりました。本格的に冬って感じです。
まあ、それでも北海道に比べりゃましですけどね(笑)

さて今年の競馬も、今週と来週を残すのみ。
わがタテジマファミリーは幸いなことに今週も、そして来週も出走予定です。

まずは、明日の阪神11レース リゲルステークスにレプランシュが出走します。

春以来となった前走は、ちょうどステの天皇賞観戦で府中にいっていたので、明日応援に行けば、きさらぎ賞以来の再会となります。

前走のパドックを府中から帰ってからビデオで見ましたが、あまりよろしくありませんでしたね。まあ、それだけきさらぎ賞とその前走となるシクラメン賞がすばらしかったということなんですが。
今回どれほど戻っているか、また、成長しているか注目してみてきます。

出走馬には、重賞連対馬やG1好走馬もいるし、初のマイル戦も気になるところですが、頑張ってほしいところです。

あっ!レプも重賞連対馬だったぜ(笑)


あと、ベルディーヴァがちょっとけがしたようで。。。
もし繁殖にあがれるならば、ほんと引退を希望したいところです。


◆レプランシュ◆

12/14  高野厩舎
14日は栗東坂路で追い切りました(56秒7-40秒1-25秒9-12秒7)。

「今朝は坂路で併せて追い切りました。馬場の影響もあって予定していたよりも全体の時計は遅くなってしまったのですが、手応えには余裕がありましたし、坂路でそんなにビュッと終いに伸びるような馬ではありませんからね。しっかりと負荷はかけられたと思いますし、いい追い切りができたのではないでしょうか。今週は2つ特別登録をさせていただきましたが、阪神の方だと川田騎手が乗れるということなので、今のところはリゲルSに向かうつもりです。乗り込みも十分ですし、変わり身を見せてほしいところですね」(高野師)

17日の阪神競馬(リゲルS・芝1600m)に川田騎手で出走いたします。



◆コメットシーカー◆
12/13  NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。

「こちらに到着後は馬体に問題ないことをチェックして、週明けからは周回コースで軽く乗り出しています。間隔を空けるための放牧でもありますし、こちらでは緩めないように気をつけつつしっかりと動かしていきます。脚元も安定していますし、背腰の疲れも感じずいい雰囲気ですよ」(NFしがらき担当者)



◆ステファノス◆
12/15  三木HP

14日に三木ホースランドパークへ到着しました。

「昨年に続いて3回目の香港遠征となりましたが、現地の調整も順調で本当にいい状態で競馬に向かうことができたと思います。ジョッキーもうまく乗ってくれてもうちょっとのところまで来ているんですけどね。結果は残念でしたが、また巻き返せるようにしていきたいと思います。なお、入国検疫を行う三木ホースランドパークへ昨日無事に到着しています。入国検疫が明ける週明けにNFしがらきへと移動し、その後は3週間の着地検疫に入る予定ですので、まずはしっかりとリフレッシュしてほしいですね」(藤原助手)



◆グレナディアーズ◆
12/13  NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。

「引き続き、この中間も周回コースでゆったりとしたキャンター調整を行っています。じっくりと体を解すことで脚捌きには柔らか味が出てきましたし、ここまでは順調と言っていいですね。緩めずに動かしつつしっかりとリフレッシュさせていきたいと思います」(NFしがらき担当者)



◆アヴニールマルシェ◆
12/13  NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒キャンター調整を取り入れています。

「体調自体はまずまずかなと思えるものの、今回は硬さが全身に見られ、それがまだ残っていますね。それなりに走ったという証でもあるのでしょう。傾向としては悪くないと思いますので、しっかりと調整をして次走へ向かっていけるようにしたいです。次走については今すぐという感じではないので、状態の上がり具合を見ながら相談させていただければと思っています」(天栄担当者)



◆ベルディーヴァ◆
12/13  NFしがらき

軽めの調整を行っています。

「ここまで周回コースを中心にじっくりと調整を続けていたのですが、先週末、左トモの歩様が少し乱れてしまいました。今のところは骨などに異常は見られませんが、ここで無理をさせるわけにはいきません。日が経つにつれて歩様は良化しているので、おそらく馬房の扉を強く蹴ったかなにかで傷んだのだとは思いますが、しばらくは慎重に状態を見ていきます」(NFしがらき担当者)



◆ストライクイーグル◆
12/14  杉山厩舎

14日は栗東CWコースで追い切りました。

「この中間も特に疲れた様子を見せることもありませんし、予定どおり来週の競馬に向かうつもりで今朝CWコースで併せ馬を行いました。パートナーを内に見て終いやや強め程度の内容だったのですが、最後は遅れを取ってしまったものの相手はもともと調教で動くタイプの馬ですし、上がりを11秒台でまとめられては仕方ありません。ハミの取り方も上手になってきていますし、今は抑えるのに苦労するほど行きっぷりが良化。動きは前回よりも間違いなく良くなってきていますよ。今週しっかりと負荷をかけたので、週末、そして来週とやりすぎないように注意しながら進めていきたいと思います」(杉山師)

23日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ2000m)に岡田騎手で出走を予定しています。



◆サンラファエル◆
12/13  NF天栄

トレッドミル調整を行い、日によっては坂路でハロン15~16秒のキャンター調整を取り入れています。

「先週の時点ではごく軽めの乗り運動で様子を探っていましたが体調自体は悪くなさそうですので、徐々に乗り進め出しました。ただ、膝の状態を見ているとちょっと怖いですかね…。両膝、特に右膝に負担がかかりやすいかなと思えますのでしっかりケアを施し、そして動かしていくのも坂路をメインにして考えていきたいと思っています」(天栄担当者)

2016年12月11日 (日)

香港カップ結果

本日行われた香港カップ。
われらがステファノスは3着でした。

戦前、モーリス対ヒカリみたいな感じで宣伝されて、なんとか一矢報いてほしいと、その力はあると、ぶっちゃけヒカリには勝てると思ってたんだけど、
香港ヴァーズを見て、サトノクラウンがハイランドリールをゴール前見事差し切るレースを見たとき、日本馬が優勝し、馬券も的中してうれしい気持ちの半面、ステにはつらい馬場になっとるな。。と思いました。クラウンの京都記念圧勝や天皇賞のパフォーマンスをみてたらそう感じるでしょ。この馬の得意の舞台が何なのか。
逆にJCでこの2頭が後続をちぎってワンツーフィニッシュって想像します?
そういうことです。

続く、香港スプリントも香港マイルも結局は香港勢>日本勢でしたし。

だから、沈むシーンも想像しながら鼻息荒くなることもなく、もちろん期待も捨てずにどきどきしてスタートをまっていました。

レースはスタートから押して好位を取りに行き、1、2コーナーは外の5,6番手、向こう正面でさらにポジションを上げ3番手でレースを運んでいました。ちょっと終始外回っていたのは気にはなりましたが、控えればどんどんポジションが悪くなるという前年の例があるし、仕方無しです。

好位のまま直線を向いて、この位置なら当然ヒカリはかわせる!あとはモーリスを閉じ込めるだけ!
ちょっと横綱相撲的な競馬だけれど、この時点で負けて悔いなしって思いました。
余すとこなし。さすがスミヨン見事な騎乗です。

しかし直線にはいると、いまいち伸びない。。。

その横を怪物があっさり通過。。。うーん、モーリスが強すぎました。。。

天皇賞で見たけど、馬体がほんと外国馬みたいだもんね。パワーの塊みたいな。
天皇賞で勝ったモーリスだけど、単に強いのもあるけど、今年の府中の馬場が、天皇賞の勝ち時計が59秒台になるほど重かったのもあったと思っています。。それでもステのほうが上がりも早いし、枠順も悪かったし。。当時は、そこまで差は感じなかったんだけど。今回すごい差を見せつけられましたね。
今年のチャンピオンズマイルのパフォーマンスを見ても、日本で走るより強い感じがしてたし。だから今回さらにパフォーマンスを上げてきたのも順当だと思います。。。
だからね。モーリスって外国馬なんですよ(笑)。加えるならサトノクラウンも外国馬ですわ。こちらはマジで。

ただ、負け惜しみだけど、今回出遅れも結果オーライにもなってる気もちょっとします。内で貯めるだけ貯めれましたから。もし五分に出て、ステの外やステの前を回るような展開になっていたら、直線どこまで炸裂したか。まあそれでも勝ったやろうけどね(笑)

モーリスの話はこれくらいにしてステに戻ると、
直線、伸び悩むステをみて正直もうだめだと思ったのよ。
宝塚記念とダブりました。あのレースも直線に入った瞬間は勝つと思ったんだけど、伸びなかったもんね。あの時に、こういう重い馬場や急坂は苦手なんだって思ったっけ。いや、実は鳴尾記念あたりからそう感じてて、宝塚で確信したというのが正確かな?

しかし今回伸びないなりに頑張る頑張る。一度は交わされたラブリーデイにもう一度くらいつき、ゴール前ではきっちり差し替えして3着確保。

モーリスも、2着の香港馬も、ラブリーもみんな内を回ってたのに対し、ステは外々を回っていたので、3着でも十分立派な成績だと思いますよ。しかも、香港馬にあっさり差されたのは、やはりステ向きじゃないそういう馬場ってことでしょ。そんな中で頑張ったんだもん。立派ですよ。

スミヨンの全力を引き出す騎乗も加えて、ステの頑張りに負けてもなんだかすがすがしいくらいの気分でした。

こんな感じで、ステの今年の挑戦は終わりました。
さすがにダメージあるだろうから、来年はどこを目指してどこから復帰するのか全く分からないけど、頑張るステに何とか勲章を授かりたいところです。

関係者の皆様、そしてステ。どうもお疲れさまでした。


12/11  香港・シャティン競馬場

11日のシャティン競馬ではまずまずのスタートから好位を追走。逃げるエイシンヒカリを見ながら直線を向かえるが、ジリジリ押し上げるものの前を捉えるまではできず3着。

「いいポジションで運べましたし、勝利を掴みたかったのですが残念です。申し訳ありませんでした。前日の調教に騎乗して絶好の状態にあると感じていましたが、直線はこちらの想像以上に切れる脚を使うことはできませんでした。それでも、このメンバーを相手によく走ってくれたと思います」(スミヨン騎手)

「スミヨンは実戦では初めての騎乗になりますが、よく乗ってくれたと思います。今までの中で一番状態も良く、これまで2回の遠征経験を糧に何とか逆転を図れないかと考えていましたが、勝ったモーリスは強かったです。ステファノス自身は本当に頑張ってくれたと思いますが、会員様の期待に応えきれず残念です。申し訳ありませんでした」(藤原英師)

過去2度の香港遠征を糧にして勝利を目指しましたが、残念ながら上位2頭には及びませんでした。しかし、モーリス、そして香港でも屈指の存在と見ていたシークレットウェポンを相手に頑張りは見せてくれました。世界の強豪相手に力は示していますし、何とか来年は待望のG1制覇に期待したいと思います。今後は帰国後の状態を見た上で検討していきます。

2016年12月 9日 (金)

今週の近況とか

今日は現役馬たちの近況です。
先週は土曜阪神にストタイクイーグルが、日曜の中京にコメットが出走しました。
イーグルは惜しくも2着。最後の脚色がまったく違っただけに直線での進路を探して追えなかったロスが悔やまれます。
岡田騎手。。。前走は10頭だてだったけど。。フルゲートとかになったら。。。僕的には2回連続で勝ちを逃してる気分なんだけど。。この首差を取り戻すのに何か月もかかることがあるんだけどなぁ。。。。このままで大丈夫かいな。。。

コメット君は10着。。。内で窮屈な競馬になりました。てかムーアまでもかい。

ああ、勝利が遠い。。。

さて今週は香港国際競争。メインの香港カップにステが挑戦します。
調教を見ましたが、鞭を入れてかなり追っていますね。
考えられるのは
①最後にマジ追えるほど絶好調
②追わなきゃならないほど太りすぎ
③もうやけくそ
見た感じ①に見えますよね。
いろんな意味で余裕がなければ直前に鞭入れて一杯に追わないもんね。

枠は7番に入りました。
去年11番枠からスタートし、1コーナーで外に張り出されどんどんポジションを悪くして競馬になりませんでしたね。しかもエイシンヒカリが逃げ切れる展開。。後ろからじゃ用事なしです。

シャティンの2000はどうも内枠有利だし、今年はまたエイシンヒカリがおあつらえ向きの1番だし、8にはモーリスがいるし。
なんとかモーリスを外に張り出し、内の好位で脚をため、直線でヒカリをぶち抜き。。。
スミヨン様。なんとかしてください。お願いします。。。

◇ステファノス◇
12/8  香港・シャティン競馬場

7日は軽めの調整を行いました。
8日はシャティン競馬場芝コースで追い切りました。

「先週、現地に到着してからも特にこれといった不安もなく順調に調整が進められていると聞いています。香港はこれでもう3度目となるわけですから、馬も環境の変化に戸惑うようなこともないでしょう。あとは体調をしっかりと整えて、何とかいい競馬を見せてもらいたいですね」(田中助手)

「1日の夜、無事香港に到着しています。輸送慣れしている馬ですが、体調面も大きな問題はなくまずは無事第一関門をクリアしてくれました。翌日はハッキングを行い、その後もオールウェザーコースで調整を続けてきました。追い切りは本日芝コースで実施していますが、ここまではすこぶる順調に来ています」(NF獣医師)

11日のシャティン競馬(香港C・芝2000m)にスミヨン騎手で出走いたします。


◇コメットシーカー◇
12/7  NFしがらき

7日にNFしがらきへ放牧に出ました。

「先週の競馬は中間の調整過程も順調でしたし、馬の状態も良く期待していたんですけどね…。内で進路が詰まってしまうという不完全燃焼な結果に終わってしまいました。レース後は脚元を含めて馬体には大きな傷みはありませんでしたが、優先権を逃してしまったこともありますし、いったんリフレッシュ放牧に出させていただきました。放牧先での状態を見ながら年明けの番組を検討していくことになります」(山田真助手)



◇グレナディアーズ◇
12/7  NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。

「ここまで軽く動かしながら馬体のチェックを行ってきましたが、特に異常は認められませんでしたので、この中間から乗り出しています。まずは周回コースで体を解すような運動から始めてリフレッシュを図っていきたいと思います。体調面は引き続き問題ありませんよ」(NFしがらき担当者)



◇アヴニールマルシェ◇
12/6  NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でキャンター調整を取り入れています。

「レース直後はさすがにちょっと疲れていたということを厩舎の方から聞いていたのですが、こちらに帰ってきてからの様子は聞いていたほどではありませんでした。ただ、ここ数戦後の状態と比べると確かに疲れは強く思えましたね。ここ最近の中ではレース内容が良かったので、それなりに走ったということなのでしょう。ただ、しばらく乗らずに楽をさせなければいけないというほどではなかったので、今は軽めから乗り出しているところです。ハッキリとした予定が決められているわけではありませんし、まずは馬体の回復具合を見ながら少しずつ乗っていこうと思っています」(天栄担当者)



◇ベルディーヴァ◇
12/7  NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。

「乗り出した後は入念に馬体のチェックも行いましたが、今のところは特に大きな反動も見られず、脚元は特に変わりありません。この中間も周回コースでじっくりと軽めのキャンター調整を行っています。体調面も良好ですし、引き続き様子を見ながら焦らず進めていきたいですね」(NFしがらき担当者)



◇レプランシュ◇
12/8  高野厩舎

7日は栗東坂路で追い切りました(54秒2-39秒6-25秒8-13秒0)。
8日は軽めの調整を行いました。

「水曜日に坂路で併せて追い切っています。ビッシリと追っている相手に対して、こちらは終いを強めに仕掛ける程度だったのですが、反応も良く最後はきっちりと先着を果たしてくれました。引き続き、カイバ食いの問題もありませんし、この中間も至って順調。馬が変わってきていますし、一度競馬を使ったことによる上積みは相当見込んでいいはずなので、何とか前進を図りたいと思っていたのですが、残念ながら除外となってしまいました。来週の阪神と中山にそれぞれ芝の番組があるので、今のところはそのどちらかに使うつもりで調整を進めていきます」(高野師)

10日の阪神競馬(チャレンジC・芝1800m)は非抽選除外となりました。この後は17日の阪神競馬(リゲルS・芝1600m)もしくは18日の中山競馬(ディセンバーS・芝2000m)を目標にしていきます。



◇ストライクイーグル◇
12/8  杉山厩舎

7日、8日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は、直線で前が壁になって動けないシーンもあって、ちょっともったいない内容ではありましたが、中団で楽に追走できるレースが続けてできたことは大きいですね。優先出走権を確保した後ですが、しっかりと走りきっている分、反動も出てくると思うので、きちんと状態をチェックして続戦するかどうか見極めたいと思います。今のところは目立った疲れは見せていませんので、問題なければ最終週の2000m戦に向かうつもりです」(杉山師)

23日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ2000m)を目標にしています。



◇サンラファエル◇
12/6  NF天栄

軽めの調整を行っています。

「先週末にこちらへ放牧に出てきました。入厩前は北海道から美浦へのワンクッションでこちらに寄っただけでこの馬の状況を細かくは把握できていませんでしたので、今回改めて探るように接しています。武井調教師からも話を聞いていて脚元に関してはより慎重に確認をしていますが、確かに膝には負担がかかりやすいのかなと思えます。形からもちょっと疲れやすそうに見えますからしっかりケアをしていく必要がありますが、今のところ歩様に問題は見られません。週明けはミニトラックで軽く乗りましたので、この後も様子を見て大丈夫そうならば徐々にコース入りしていこうと考えています」(天栄担当者)



◇カニョットの15◇
11/30  NF早来
馬体重:448kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン22秒のキャンター1800m、週2回は屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本の調整を行っています。素直な性格ではありますが、時折ピリッとしてテンションが上がってしまう面が見られますので、そうした面には注意しながら接しています。調教では父譲りの柔らか味のあるフットワークを繰り出すなど、見どころのある動きを披露しています。今後は如何にメリハリをつけながら負荷を課していくかしっかり見定めながら進めていきたいと思います。



◇ヒルダズパッションの15◇
11/30  NF早来
馬体重:476kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでキャンター1800m、週2回は屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本の調整を行っています。トモに甘さを感じさせるなど、まだまだ鍛え上げていく必要はありますが、現状においてもディープ産駒らしい素軽い走りを見せています。力を付けて全身をしっかり使えるようになってくれば理想的なキャンターを手中に収めることができるでしょうし、その実現に向けてじっくり乗り込んでいきます。



2016年12月 8日 (木)

北海道ツアー③

札幌の夜は活一鮮という回転すしを食べに行きました。

回転すしと言いながら、お寿司はなんも回ってません。
すべて注文してから握ってくれます。

実はもともと、ウニは苦手だったんだけど、はじめてウニがおいしいって思いました。
一人,2~3,000円でかなり満足感があります。おいしかった。

お寿司を食べた後、すすきのをウロチョロ。凍った路面に何回も滑りましたよ。特に横断歩道はこわい(笑)

大通公園でちょうどイルミネーションもやってました。せっかくなのでテレビ塔にのぼり、上からイルミネーションを見物。夜景なんて何年ぶりだ。ちなみに今回のメンバーは、おっさん3人とガキ一匹ね。
Dsc_15272_2


小腹がすくまで一通りウロチョロし、本日2杯目のラーメンへ
いったのはすみれという有名店。札幌といえば味噌ラーメンということで定番の味噌ラーメンをチョイス。
これがまた、マジうまかったっす。さすが!ただ、ちょっと高かったけどね。

Dsc_15322


2日目は、きれいに晴れ渡ったので思い付きで急きょ大倉山ジャンプ場に行きました。
空は快晴だし、雪もきれいに残っててなかなかの良い眺めでした。
Dsc_1546

この後、札幌競馬場に立ち寄り、馬券を購入し、ノーザンホースパークへ。
お目当てはもちろんトライアンフとアダムスとの再会でした。

ドキドキしながら厩舎についたんだけど、トライアンフはあいにく向こう向きにお休み中。。。
ならばアダムスは?と思ったらなんとびっくりお隣の馬房にいました。いるにはいたんだけど。。。こちらも向こう向きにお休み中。。。まったく同じ状態。。。
厩舎の外に回り込もうとしても、そこは立ち入り禁止。。。動かない2頭のケツを交互に眺めること10分。。。あきらめて帰ろうとしたその時、厩舎に1頭の馬がスタッフのお姉さんにひかれて帰ってきました。そしてトライアンフの向かいの馬房に。。。。
名前を見ると。。。なんとウインドインハーヘア!!!ちょっと感動。。。
おまけに、触ってみますか?といってもらえたので、なでくり回してきました。いや、もちろん、おねえさんじゃなくウインドインハーヘアをですよ(/ー\*)。。。ラッキー

で、ウインドインハーヘアの世話を終えて帰ろうとしたお姉さんに、一か八か、向かいのトライアンフとアダムスが元出資馬だったんですが、こちらもお願いできませんか?と頼んでみたら。まだ馬が若いので触れないけど写真だけならならということでオッケーしてもらいました。なんとラッキー!!

まずはトライアンフの馬房が開き、呼ばれてゆっくりこちらを向いたトライアンフ。。。おお!懐かしの流星が。。。
はずしていた頭絡をつけて、入り口付近までだしてもらいました。

Dsc_15782

手を伸ばせばすぐの距離にトライアンフ。でもそこは我慢。
写真を数枚撮らせてもらって、トライアンフは無事解放。

続いて、アダムス
Dsc_15832
ほんとに感動のひと時でした。

まさにいろんな偶然が重なり、2頭とこういう感じで再会できるなんて、運命を感じますね。
もう数分何かがずれていれば、後ろ姿だけ眺めて帰るとこだったんだもんね。

ちなみに目覚めたトライアンフは、馬房中を回り始めました。この癖はなおってなかったね。
檻に手をあてると、何々?なんかくれんの?って感じで立ち止まってフンフンとにおいをかぎに来ます。かわいいなぁ。時折見せるこのとぼけた顔がまたかわいい。

Dsc_15912

この時すでにアダムスはすでにあっさり後ろ向きに。

ひとしきりくるくる回っていたトライアンフも餌が無いのが分かったのか、眠くなったのかこちらも後ろ向きに。ただ今回は二頭とも顔を出してたので。。。
 
Dsc_15982

表に回ると2仲良く並んでののんびりツーショット。
起こしてごめんよ。
じゃーね。また会いにくるよ。

こうして一泊二日の弾丸ツアーは無事終了。

ちなみに、空港の待ち時間に一杯、大阪に着いて晩ごはんにあえて一杯、ラーメンをたべたとさ。
おしまい

2016年12月 7日 (水)

北海道ツアー②

社台スタリオン見学のあとはいよいよノーザンファーム早来見学。

でも、約束の時間まで小一時間あったので、とりあえず車で時間をつぶせるところを探したんですが。。。無い。。。なにも。。。

10分くらいであきらめ、牧場の駐車場で約束時間まで待つことに。
不審者と思われたのか、気を使っていただいたのか、スタッフさんから声をかけていだき、早めの見学となりました。

見学馬は出資馬であるヒルダズパッションとカニョット。
あと検討馬としてガヴィオラを見学してきました。

まずは、ヒルダ。

近況の写真では、募集時が筋肉質、2回目がほっそりした印象だったので、どちらがほんとのヒルダかなと思っていたのですが、筋肉質のほうが正解の印象です。
ちょうど直前に近況更新があったので、特に目新しい情報はないですが、前向きに調教をこなしていて現在至って順調。脚元にも不安はないとのこと。トモが甘いのも、今後成長し力がつけば解消されるようです。
前回、アヴニールを見学させてもらったとき、背中がいいよとかほめてくれたので、そうしたのを期待してたんですが、特になかったのが残念。。
ただ見た目やっぱり迫力がある馬体をしているので、このまま順調に成長してほしいところです。


14809410417372

Dsc_14812

 

1480941055947

続いて、出資検討馬ということでガヴィオラを見せていただきました。
コメットの全弟ですが、同じ時期のコメットはもっと胴が詰まって脚の長さが目立つ印象だったと思うのですが、それに比べると胴が伸びてバランスの良い印象でした。
直前に見たヒルダとはまた違う軽いタイプのディープ産駒。牝馬はこういうタイプもバンバン走ってるので何が正解かわからないけど、すでに35万いってるし、関東馬だし、日曜にコメットが負けて馬券も負けたし、僕的にはあきらめかな。
順調に残口も減っていて、残り60数口だそうです。おはやめに。
(写真撮る間もなく真剣に見てたんで写真は無いよ)

最後にカニョット
こちらは、牝馬らしい薄い馬体をイメージしていたんですが、自分の思ってた以上に成長して大きくなっている印象でした。
ただ、歩かせてみると、笑ってしまうくらい、まさにハーツ!これをリスクと思うならもう無理ですね。逆に可愛らしいくらいですよ。
ヒルダが左目が三白眼だっただけに、よけい目がくりくりしてかわいい印象をうけました。


Dsc_14882

14809410727262




正直、牧場見学なんて、まだ2回目出し、何を見たり何を聞いたりして良いのかさっぱり分からない。とりあえず元気そうな姿を見て、ナデナデして、写真撮って……それで終いですわ(笑)
てなわけで、コメット弟も含めて、みんなどうか無事にすくすく育っておくれ。

その3へ続く



2016年12月 6日 (火)

北海道ツアー①

12月の2日、3日と北海道に行ってきました。
目的はもちろん牧場見学です。

1日目、北海道に爆弾低気圧接近ということで、天気が心配されましたが空港周辺や早来周辺は特に雪がなく良かったです。
ただ、着陸前の数分間ジェットコースターばりに揺れたのにはちょっと気分が悪くなりました。

10時ごろに千歳に到着しましたが、社台スタリオンステーションの予約が14時、そのあとノーザンファーム早来の予定だったので、とりあえず空港で腹ごしらえすることに。

チョイスはえびそば一幻
有名店ですが、時間が時間なので待ち時間なく入れました。
味は、『そのまま えびしお』をえらびました。

Dsc_14672

行列の絶えない店だけあってめちゃくちゃうまかったです。オレちゃんランキング1位かもでした。

腹ごしらえを済ませ、いよいよ社台SSへ。早めに行って放牧地を見ることにしたんですが。。。

寒い。。。とにかく寒い。。。いや。。。もはや痛い。。。大阪生まれ大阪育ちには強烈すぎる冷たさです。

しかも、到着時刻がすでに午後1時をまわっていたので、馬たちは帰る時間が近いことをわかっているのか、放牧地の入り口付近に張り付き、今か今かとお迎えを待っている状態で。。。こちらに近づく気配ゼロ。ただワークフォースだけがしっかり営業しておりました。

てなわけで、こちらも早々に車に撤収し時間まで待機することにしました。

で、いよいよスタリオン見学。

見学させていただいた馬は、

ヴィクトワールピサ
エイシンフラッシュ
エピファネイア
オルフェーヴル
カジノドライヴ
キズナ
キングカメハメハ
キンシャサノキセキ
ゴールドアリュール
ジャスタウエイ
スピルバーグ
スマートファルコン
ダイワメジャー
ダノンシャンティ
タートルボウル
ディープインパクト
ディープブリランテ
ドゥラメンテ
ドリームジャーニー
ノヴェリスト
ハーツクライ
ハービンジャー
フェノーメノ
リーチザクラウン
ルーラーシップ
ロードクエスト
ワークフォース
(50音順)
あとまんまる猫ちゃん

記憶をふりしぼって列記しましたがなんか抜けてるかも。。はたまた、覚え違いでシランのも交じってるかも(笑)
(当初見たリストに入ってたベルシャザールはちょうど前日に新天地に移動したという話題にでただけで、見てませんでした。m(_ _)m)


何頭かプチ情報を紹介すると

エピファネイア
サンデー系牝馬でサンデーの3×4などのクロスができるのでとっても人気の種牡馬。
父クリスエスと同じ馬房にいたよ。

エイシンフラッシュ
相変わらずのグッドルッキングホース。

ディープインパクト
一心不乱にえさを食べていました。おかげで窓を開いて格子越しじゃなく直接見ることができました。

オルフェーヴル
ひたすら怖い。。らしい。。。。確かに前を通るたびににらみつけてきました。
同じ三冠馬でもディープには専属警備員さんがいるけど、オルフェにはそんなもん必要ないらしい。まさに暴君

ドゥラメンテ
ちょうど馬房に帰ってきたところに遭遇。目の前を通過。途中、ほかの馬にメンチをきり倒し、馬房に入るなりひと暴れ。。。こいつもあぶねー

キングカメハメハ
ひところのピンチは脱出。種付け頭数も増えました。

キズナ
生まれ故郷日高地方で大人気。かなりの競争率らしい。僕も産駒ほしいなぁ。

ロードカナロア
おっとり系代表。お世話するのに馬房の扉解放しても大丈夫。

ルーラーシップ
2016年度種付けナンバー1!
こちらもおっとり系代表。人をまったく気にしません。撫でられてもへっちゃらなんです。(今回は撫でていませんよ)

リーチザクラウン
うんちのあとなぜか柵をけるらしい。壊し屋キックの鬼です。

とりあえずはこれくらいで。


いやあ、とにかく、ものすごいメンバーですよ。やはり。。。日本一、いや世界一の場所ですよね。まさに出資者特権ならではですた!

その②へ続く


写真館

通りすがりのスピルバーグ。
Dsc_14772





綺麗に洗ってもらってるエピ
Dsc_14782




ご機嫌ぽかったハーツクライ
1480940815700




息子です。(世界のジャスタウエイ)
1480940845824


なにみとんじゃゴルアァ(ドゥラメンテ)
1480940989337




こんにちわ。僕カナロア。。
1481028668408


キックの鬼(リーチザクラウン)
1480940884384


馬房での見学だったので、寝てる子や食事に夢中の子が多くいい写真はこれくらいしか。


« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »