« サンラファエル骨折 | トップページ | 先週の結果 »

2016年6月23日 (木)

先週の結果と今週の近況

先週の結果と今週の近況です

まずは結果から

先週の日曜阪神12レースにストライクイーグルが出走しましたが結果は9着
まあ、相変わらず、テンに遅れをとり道中手ごたえ悪く、最後の直線だけ走るという内容。。
まあ、稀にみるおバカな馬ですが、そこが結構おもしろいのだぁ(^○^)
と、割り切ることにしました。
いつか本気を出し、万馬券炸裂!!なんて日が来るのか来ないのか。

レース中に左トモを落鉄していたようですが、大きな傷みはなかったようで一安心です。

先週の結果

□ストライクイーグル□
6/19  高野厩舎

19日の阪神競馬ではまずまずのスタートから出ムチを入れていくも行き脚はつかずに後方待機。直線は伸びてはいるがなかなか前との差を詰めることができず9着。

「調教に乗せていただいた時の動きも良かったですし、今日は前回ほどは仕掛けていかなくてもいいだろうと思っていたのですが、いざスタートしてからは‘あれっ?’という感じでなかなか進んでくれませんでした。勝負どころで少し外へと弾かれてしまう不利はあったものの、もっとやれていい馬ですし、こんなはずではないと思うんですけどね…。この結果だけにチークの効果は何とも言えませんが、時計の速い馬場も影響したのかもしれません。いい結果にならず申し訳ありませんでした」(岡田騎手)

「時計が掛かった方がいいタイプの馬ではありますが、それほどスピード負けすることもなく走ることができていたと思います。ただ、促してもあの位置までしか行けないのであれば、スタート後は無理には出さず馬任せで運ぶなど今後は色々と対策を考えていかないといけません。なかなか結果に結び付かずに申し訳ありませんが、能力は秘めている馬だと思いますから何とか巻き返していきたいですね。どうやらレース中に左トモを落鉄していたようで、もしかするとその影響も多少あったのかもしれませんし、優先権を逃してしまったこともありますから、脚元のケアも兼ねて一度リフレッシュ放牧に出させていただきたいと思います」(高野師)スタートからずっと追いっぱなしでしたし、今日は雨で時計の速くなった馬場の影響もあったのでしょう。直線はそれなりに脚を使ってくれているように能力は感じさせてくれる馬ですから、何とかキッカケを掴んでもらいたいものです。この後はいったん放牧に出してリフレッシュを図る予定です。

◆◆◆

続いて今週の出走馬の話!!

今週は日曜阪神10レース 花のみちSにグレナディアーズが出走、そして続くG1宝塚記念にステファノスが出走します(^○^)

地元関西でのG1出走は、亡きフレールの菊花賞(オルフェ三冠の菊ね)以来です。
遠征が無いぶん入れ込み具合はましですが、やっぱりこの1,2週間は宝塚のことばっかり考えていました。
特集新聞買ったり、週刊師を買ったり。ひっそりと、しかし着々と気持ちを作っているのですよ(笑)

そしていよいよ今日枠順も発表されました。

ステちゃんは4枠8番!!
よっしゃ絶好枠や!!

と思ったら、なんと両隣がラブリーデイとドゥラメンテというものすごい馬の間にすっぽりと入ってしまいました。

ゲート内で格負けせずに無事スタートしてほしいですね。
とはいえ去年の秋天でも、今回と同じ枠番とっていれば多分勝ってたと思うので、期待度大幅アップです。
あの時は、他の馬に負ける気はしなかったけど、正直まともならラブリーデイには敵わないだろうと思ってました。それが枠順だのコース取りだのステ側にいろんな不利が重なって、結果あの着差でしたから。

そして前走の鳴尾記念、さくっと勝って打倒ドゥラメンテ!!と行きたかったんですが、2着に負けてしまいました。
どんな条件であろうが負けてほしくはなかったんだけどね。ステが最強だと信じ込む為に(笑)

いうてもドゥラメンテは強いですよ。。普通に走ったら勝てる気がしない。
特に皐月賞がものすごい強さだっただけに、似たような性格をもつ阪神内回りでどんなパフォーマンスを見せるのか正直怖いです。
希望はいくら休み明けとはいえ、中山記念の走りに皐月賞で見た強烈さが全くなかったという点。

ま、久々で2着に負けるステ、もっと久々で一応勝ち切るドゥラ。。。うーん。。希望となるのか。。。

ならば、さらに穴さがし。
それは、ドバイ遠征明け初戦という点。名門堀厩舎とはいうても3カ月の間に2回ピークを作れるのかという話ですわ。同じことは、QE2に持って行ったラブリーデイにも、春天で究極に仕上がっているなと思ったキタサンブラックにも言えます。

ならばちょっと頓挫あったとはいえ、この春の目標をここ一本のみに絞ってきたステに何とか勝機があるような気がするのはオレちゃんだけでしょうか!

いうても答えは日曜日に出ます。それまではいろんな夢を見ながら楽しみたいと思います。

あっと、
ステの前にグレナも走りますよ。
鞍上ルメールだし、もちろん勝ちを信じています。
前回のルメールは桜花賞の負けを引きずったようなやる気なし騎乗だったしね。
ただ、もし今回も同じように負けたら、距離短縮してくれ
そして連戦してくれ
てか、いっそ転厩でもいいよ。インペリからずっともやもやしっぱなし。なんかもういいわ


今週の出走馬
◆ステファノス◆
6/22  藤原英厩舎

22日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝は戸崎騎手に乗ってもらいCWコースで併せて追い切りました。先週末にも坂路である程度負荷をかけていますし、今日はサラッと。素軽くていい動きを見せてくれ、跨ったジョッキーも好感触のようでした。レコード決着となった前走後も疲れなどは見られず、馬には落ち着きがありますし、休み明けを一度使ってガラッと変わってきてくれていますよ。もともと奥手のタイプかなと思っていた馬ではありますが、特にお尻のあたりがパンとしてきて心身共に充実している状態で競馬に向かうことができそうです。雨で馬場状態が悪くなったとしても、これまで問題なくこなしてくれていますし、心配することはないでしょう。相手は強くなりますが、こちらだって力のある馬。ここで何とか大きなタイトルを取らせてあげたいですね」(藤野助手)

「今朝追い切りに乗せていただきました。鳴尾記念の1週前追い切りの時は仕掛けてからの反応がイマイチだったのですが、今日はこちらの指示どおりにスッと反応してくれていい動きを見せてくれました。最後まで集中して走ることができていましたし、前走時よりも状態は良くなっていると思います」(戸崎騎手)

26日の阪神競馬(宝塚記念・芝2200m)に戸崎騎手で出走を予定しています。


6/23  藤原英厩舎
26日の阪神競馬(宝塚記念・芝2200m)に戸崎騎手で出走いたします。



◆グレナディアーズ◆
6/23  音無厩舎

22日は栗東坂路で追い切りました(53秒2-38秒7-25秒1-12秒5)。
23日は軽めの調整を行いました。

「昨日、坂路で併せて追い切っています。馬場状態は少し重たくなっていたのですが、それを苦にするようなこともなく、相変わらずいい動きを見せてくれていました。今日は舌を縛ってみたのですが、調教内容はいつもどおりといった感じで正直そこまで劇的な効果は見込めなかったものの、実戦に行って何かひとつでも変化があればということで競馬でも縛って臨む予定です。年齢と共に最近はズブさも出てきたのか、常に全力で走っていた馬が調教でも折り合うようになっていますし、あとは展開次第でしょう。近走は枠順や馬場状態に泣かされていますから、そのあたりが何とか噛み合ってくれればと思います」(橋本助手)

26日の阪神競馬(花のみちS・ダ1800m)にルメール騎手で出走いたします。


そのたのお馬たちの近況
◆コメットシーカー◆
6/22  西村厩舎

22日は栗東坂路で追い切りました(53秒9-37秒8-24秒9-12秒7)。

「今朝は坂路で追い切りました。ビシッと追って全体が53秒台、終いも12秒台でまとめていい動きを見せてくれていました。実際に私が跨っていたのですが、非常に雰囲気も良くて馬の状態はいい感じで上向いてきてくれていますよ。脚元には常に注意を払ってケアを行っていますし、強めに動かしてもいい意味で変わりなく落ち着いた状態を保つことができています。今のところは中京開幕週にマイル戦を目標にしていくつもりですが、念の為に翌日の2000mの番組にも特別登録だけはさせていただくかもしれません」(西村師)

7月2日の中京競馬(御在所特別・芝1600m)に鮫島駿騎手で出走を予定しています。



◆アヴニールマルシェ◆
6/21  NF天栄

トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でキャンター調整を取り入れています。

「この中間から少しずつ乗るようにしています。ただし、まだ強いものではなく軽めに動かすような内容です。というのも、体が寂しく映りますし、背腰の状態もまだしっくりきていないんです。可能ならば新潟戦を考えていきたいと思っていますが、現時点ではここあたりと断言はできませんから、あくまでも今後の馬の具合と乗り込み状況を見ながら決めていきたいですね」(天栄担当者)



◆ベルディーヴァ◆
6/21  NFしがらき

軽めの調整を行っています。

「曳き運動程度で様子を見ていましたが、特に症状が悪化するようなこともありませんでしたし、この中間からはトレッドミルに入れて常歩のペースで動かしています。脚元の状態は大きく変わったようなことはありませんが、ここで焦ってしまってはいけませんから、引き続き無理をさせずに少しずつ進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)



◆レプランシュ◆
6/23  NF空港

トレッドミルとウォーキングマシンでの調整を併用しながら進めています。

「徐々にペースアップを図っており、この中間からトレッドミルでハロン22秒ペースを開始しています。このまま下地を固めていくことで徐々に騎乗運動の再開を視野に入れていければと思います」(空港担当者)



◆ストライクイーグル◆
6/22  西村厩舎

22日は栗東坂路で追い切りました(56秒1-40秒1-26秒1-12秒9)。

「先週の除外は残念でしたが、その後も大きな問題はなく順調に調整できています。ほぼ体はできていますし、今朝は単走で終いだけサラッと伸ばすような感じだったのですが、軽い脚取りでよく動けていましたよ。馬はだいぶしっかりとしてきているなと思わせてくれますね。除外の影響も感じられずテンションが上がってくるようなこともありません。中京開幕週に芝1400mの番組があるので、今のところはそこを目標に調整を進めていく予定です」(西村師)

7月3日の中京競馬(3歳未勝利・芝1400m)に松若騎手で出走を予定しています。



◆ストライクイーグル◆
6/23  NFしがらき

22日NFしがらきへ放牧に出ました。

「先週の競馬は、スタートから押してもなかなか進んで行かずに追走だけで苦労する形となりました。道中で同じような位置にいた勝ち馬のような競馬ができればいいのでしょうが、厳しい展開の中で最後はそれなりに脚は使ってくれていましたし、決して悲観するような内容ではなかったのではないでしょうか。まだ全力で走っているという感じでもありませんし、何とか巻き返せるようにしていきたいと思います。レース後は、落鉄した左トモ脚を含めて馬体には大きな傷みは見られませんでしたが、優先権を逃してしまったこともありますので、お伝えしたとおり一度放牧に出させていただきました」(高野師)

« サンラファエル骨折 | トップページ | 先週の結果 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サンラファエル骨折 | トップページ | 先週の結果 »