« 先週の結果と今週の近況 | トップページ | 先週と今週の結果 »

2016年6月30日 (木)

先週の結果

先週の日曜、宝塚記念が行われました。
われらがステちゃんが出走ということで、もちろん現地観戦。
競馬場までの道中、いつもの競馬ブックを買おうと思ったら、なんと、スポーツ紙2誌の一面にステの名前がでかでかと載っているではありませんか!
仕方がないので買いましたとも(笑)

で、本来ならばここでパドックの感想やらなんやらを書くところですが、実は遠くからなんとか見えるところでいるはめに。

というのも、宝塚記念の前のレースで愛馬グレナが出走したので、馬場で見てたんですよ。
ぼろ負けして、無事に帰ってくるまでの一部始終を。。そしたらそういうはめになってしまいました。

なので、馬体とかは、まったくわからなかったけど、唯一わかったのはステが途中でパドック周回から消えたこと。

考えられるのは
①馬装の乱れ
②落鉄
③故障

ちょっと焦りました。

で、しばらくして周回に戻ってきたのですが、騎乗命令がかかっても戸崎が乗る気配がない


おそらく落鉄だろうと思いましたが、本場馬に入場してくるまではかなりドキドキしていました。
もし、このまま取り消したら自分もそのまま帰ろうと思っていました( ̄▽ ̄)

で、レースですが、これもちゃんと見えてないのですよ。Σ(;・∀・)

というのも先ほどのパドックの一件で最後の最後までパドックにいたんですよね。

で、いざ、本場馬に出ようとすると

出れない。。。\(;゚∇゚)/

まるで隙間がない。。

違う出口にいっても。。。やはり外に出れない。。。ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

たぶん、そこの壁さえ突破できれば本場馬には隙間はあるとはわかっているんだけど、壁の突破口がない。
しかしまあ、今回の宝塚記念は本当に人が多かったです。
宝塚記念は何回も見ましたが、たぶん一番多かったんじゃないかな?
とにかく馬場に出れないなんて初めての経験でしたよ。

そんなこんなで、意を決して、一番4コーナー側までいって、本場馬に出ることにしました。

で、ようやく馬場に出ることができ、まだ落ち着かないうちに即ファンファーレって感じでして。

目の前をワアッと馬たちが通り過ぎていたので、1,2コーナーの途中までステがどのあたりを走っているのかさえわかりませんでした。(笑)

レースはサブちゃんブラックが1000通貨59秒ちょいという速いペースで引っ張る展開。
ステはというと、中段気持ち後ろからの競馬という絶好の位置でレースを進めていました。

そして4コーナー。先にガックンガックンと不思議な挙動でまくっていくマリアライトを横目に見ながら、馬なりで上がっていくステ!
この瞬間マジ勝ったかもと思いました。

外をマリアライトにふさがれ、内に進路を取り、前を行くラブリーデイをかわしにかかったステでしたが、残り100あたりでピタッととまってしまいました。
まさにここが勝負の分かれ道だったきがします。

というのも、次の写真を見比べてください

Dsc_0525_8336

Dsc_0526_8337

なぜか横向きになってしまいましたが、馬場開放で撮ってきた直線の芝の様子です。

上段はステが通ったあたり、下段は、ラブリーデイよりも外、マリアライトやドゥラメンテが通ったあたりの芝です。

上段は、半分くらい土が見えているのに対して、下段は青々しています。正直歩いていても、においそのものからして内と外で違いました。

これが、どれだけ影響するものなのかは、僕にはわかりません。
もし、影響するなら、サブちゃんブラックはもっと外に出していたかもとも思います。

結果論だけど、これだけのメンバーをもってしても上がりが37秒近くかかってしまう消耗戦のようなレースの中で、勝ち馬と2着馬は芝のきれいな外を通ったというのもまた事実なわけで。

結果はどうなるかわからないけど、可能性としてあの時外にだせていたらなあと思う今日この頃です。

とはいえ、別に上位馬にケチをつけるつもりはないですよ。

逃げて粘ったサブちゃんも強いし、直線どんづまりになりながらも最後さすがの末脚をみせたドゥラメンテも強いし、何より、早めに仕掛けて最後まで根を上げず、ドゥラをしのぎ切ったマリアライトはマジすごいと思います。

ステだってこのメンバーで5着ですから本当に立派なもんですよ。
最後の止まり方からしても馬場、距離、コースどれもあっていないと思うんですよね。
目指すは秋天!すべての条件が好転する(枠だけはわからないけど)中で今回より着順を下げる理由がない。
いざ秋の府中でリベンジだ!そのあとは、もちろんマイルG1も解禁だ!


あと、レース後にドゥラメンテが故障発生、引退となりました。
まあ、命にかかわるケガじゃなかったのが幸いですね。。
現役のドゥラメンテを見るのは最初で最後となってしまいましたが、最後に見れてよかったです。あのやけっぱちのような独特のパドックの周回も見れましたしね。

まあ、こんな感じの宝塚記念でした。

ん(・_・)エッ....?グレナの話題?

じゃあ一言


ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ


以上

あ、そうそう
10レースの前に、遠くに装鞍所の見える場所にいたんですが、引き運動をしているゼッケンもなんもつけていない素っ裸のグレナを見て、あっ!あれたぶんグレナだ!ってわかってしまった。何となくの勘やけどね。

ではではコメントです
(○゜ε゜○)ノ~~ではでは


◇ステファノス◇

6/26  藤原英厩舎
26日の阪神競馬では五分のスタートから中団を追走。いい手応えで直線を向いたが、最後の伸びを欠いて5着。

「うまく流れに乗って、いいポジションにハマったなと思ったんです。直線もうまく前が開いて、しっかり脚を使ってくれたのですが、残り200mで手応えが抜けてしまいました。重い馬場で前半スタミナを使ってしまった分だろうと思います。それでもこのメンバーでここまで来るのですから馬は力をつけていますし、これからも楽しみです」(戸崎騎手)

「ほぼ完璧なレース運びでしたが、最後の最後に脚が上がってしまいました。あのあたりが馬場のせいなのかもしれません。とはいえ強い競馬はしてくれましたし、力をつけていると感じる内容。このあとは放牧に出しますが、秋が楽しみです」(藤原英師)

あとひと伸びあれば、という内容でしたが、そこまでのレースぶりは見事でしたし、まだまだ力をつけてきていると思わせてくれました。このあとはひと息入れて、秋に悲願のG1制覇を目指します。


◇グレナディアーズ◇

6/26  音無厩舎
26日の阪神競馬ではまずまずのスタートから中団を追走。4コーナーで外から寄られて狭くなったこともあり、最後は脚を使えず13着。

「ペースが思ったより速くて追走に手間取ってしまいました。それでも3コーナーから動いていっていい感じだったのですが、4コーナーで外からのプレッシャーがきつく、スムーズに追うことができませんでした。もう少しフリーに動ければ最後も脚を使えたと思います。申し訳ありません」(ルメール騎手)

「勝負どころから外の馬に被されてやや走る気をなくしてしまった感じがありました。終始外を回らされたのも苦しかったように思います。どうもこの馬らしい走りができていませんし、続けて使うか、短期で出して小倉に備えるか、馬の状態をよくチェックして考えます」(音無師)

脚抜きのいい馬場でペースが流れていたこともあるのか、今日は脚を溜めるところがなく、直線の伸びを欠いてしまいました。外からのプレッシャーで狭くなるところもありましたし、気持ちの面でも厳しかったのかもしれません。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

« 先週の結果と今週の近況 | トップページ | 先週と今週の結果 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 先週の結果と今週の近況 | トップページ | 先週と今週の結果 »