« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月

2016年5月20日 (金)

先週の結果と今週の近況

先週は土曜の新潟7レース500万下 ダート1200にベルディーヴァ、同じく土曜新潟の9レース500万下 芝1800にコメットシーカーが出走しました。

結果は、コメットシーカーが惜しくも3着でしたが、ベルディーヴァは見どころなく11着に敗れました。

コメットシーカーは一瞬勝てるか!と思ったんですがクビ、アタマ差の3着(;´д`)….

どこをどうちゅうわけではないですが、何かがうまく転がれば勝てたかもしれないレースでしたね。


一方のベルディーヴァは、さすがにマイナス16キロはねぇ。これで結果云々いうのはちょっとかわいそう。

今回464キロで、去年勝った時の馬体重が466キロだったといっても、3月末には490キロ超えてたくらいだから、狙って絞り込んだんではなくて、前走程度の480ぐらいで出すつもりが輸送でがた減りしてしまったとみるべきが妥当な線なんでしょうね。
ありがたくも1番人気に支持されていたのにこうも惨敗するとは申し訳ない限りです。


どちらも大けがしてる子なので、休み休みの使い方になるのが歯がゆいところですが、元気で走ってくれてるのはうれしいことですね。

レース後コメント

□ベルディーヴァ□

5/14  高野厩舎

14日の新潟競馬ではまずまずのスタートから道中は中団を追走するが、直線に入ってからも見せ場を作ることができず11着。

「前回乗せていただいた時と比べてもなかなか行き脚がつかず、道中は追走するだけで精一杯でした。この距離が忙しいということではなく、今日は馬が終始ピリピリしていてゲートの中でもどこか焦ってしまっているような感じだったで、もしかしたら輸送の影響もあったのかもしれません。申し訳ありませんでした」(鮫島駿騎手)スタートから追走に余裕がなく、最後まで良いところがありませんでした。ジョッキーは馬がピリピリしていたとコメントしているように、今日は輸送が堪えてしまった可能性もありますし、まずはレース後の様子をしっかりと確認してから検討していきます。



□コメットシーカー□

5/14  西村厩舎

14日の新潟競馬ではまずまずのスタートから道中は中団待機。直線はいい伸び脚を見せるも上位馬の勢いが勝り3着。

「あまりポジションが後ろになりすぎないように気を付けていたのですが、道中は馬の後ろで我慢させていい感じで運ぶことができていました。しっかりと脚が溜まって直線でも弾けてくれそうな手応えでしたし、余裕を持って追い出したほどだったんです。最後まで伸びてくれてはいるのですが…。このクラスにいるような馬ではありませんし、ちゃんと勝たせないといけなかったのに申し訳ありませんでした。今日のように道中ゆったりと進められるような形はこの馬に合っていますし、今後も展開ひとつだと思います」(鮫島駿騎手)

「道中はしっかり折り合って脚も溜まっているように見えましたし、スムーズな競馬ができました。ジョッキーも追い出しをギリギリまで待って、気を抜かせないように体を併せて上手く乗ってくれたと思います。負けたのは残念ですが、レースぶりは良くなっていますし、次こそは、という気持ちです。ただ、脚元のことなどもありますから、短期でリフレッシュさせることも考えていきます」(西村師)

道中はしっかりと脚を溜め、最後の直線も勝利を意識したほどでした。残念ながら交わされてしまいましたが、自分の形で競馬ができればこのクラスを卒業できる日も近いのではないでしょうか。次走こそは決めてほしいものです。この後はトレセンに戻って脚元などを確認してから検討していきます


次に今週の近況です。


今週は特に出走馬はいません。

そんな中でも目立った話題はというと、やはりアヴニールに復帰の予定が出たということです。
とりあえずの目標は、6月4日の東京競馬(稲村ヶ崎特別 芝2000)のようです。
昨年の共同通信杯でともに走ったライバルたちが第一線でどえらい活躍してる中、こちらはタマタマをとられるという結末なのですが、なんとか輝きを取り戻してほしいところです。

今週はこんなもんす
ではまた(^_^)/~

◆コメットシーカー◆
5/18  西村厩舎

18日は軽めの調整を行いました。

「先週は惜しい競馬でした。負けてしまったのは残念ですが、追い出してからしっかりと脚を使えた内容はとても良かったですし、次につながるレースはできたと思います。レース後は今のところ大きな問題はありませんが、今回は中1週で2度新潟への輸送もさせましたし、脚元のケアも兼ねていったん放牧に出させていただこうと思います。放牧先で反動が出なければ長い休養にはしないつもりでいます」(西村師)

近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。



◆ステファノス◆
5/19  藤原英厩舎

18日は軽めの調整を行いました。19日は栗東CWコースで追い切りました。

「今朝はCWコースで併せて追い切りました。相手に合わせてサッと乗ってきてもらったのですが、道中で大きく追走して直線はしっかりとしたいい動きを見せてくれていました。全体が83秒2、終いが12秒3という時計だったのですが、手綱は終始引っ張り切りでほぼ馬なりでしたし、ここにきて状態は上向いてきていると感じさせてくれますね。先週末にも坂路でサラッと時計を出しており、ここまでは順調に調整が進められていますよ」(田代助手)

6月4日の阪神競馬(鳴尾記念・芝2000m)に戸崎騎手で出走を予定しています。



◆グレナディアーズ◆
5/17  NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「阪神開催で使っていくことも視野に入れて、15-15程度のところも取り入れ始めました。しっかりリフレッシュさせたことで、ペースを上げても気負ったところはなく、スムーズに走れています。おそらく2~3週の内には帰厩ということになると思いますので、そのつもりで態勢を整えていきます」(NFしがらき担当者)



◆アヴニールマルシェ◆
5/19  藤沢和厩舎

18日は軽めの調整を行いました。19日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒5-54秒3-40秒4-12秒8)。

「今のところ東京の開催替わりの復帰を目指していますので、そこへ向けてじわじわと乗り進めているところです。先週に引き続き今週も木曜日に追い切ることにして、朝一番にウッドチップコースに入りました。3頭で入って最終的に2頭で体を並べるような追い切りにしたのですが、先導した形でも気分よく走れていましたし、悪くない動きを見せてくれたと思いますよ。まだしっかりとし切れていない印象はありますから、そのあたりを乗り込んでいって少しでも良いものにしていきたいですね」(津曲助手)

状態次第で変更になる可能性はありますが、今のところ6月4日の東京競馬(稲村ヶ崎特別・芝2000m)に出走を予定しています。



◆ベルディーヴァ◆
5/19  高野厩舎

18日、19日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は、スタートで出遅れてしまい道中は馬込みで揉まれて実力をまったく発揮することなく終わってしまいました。新潟へ向かう馬運車の中からとにかくイレ込みがキツくて発汗も激しく、パドックで周回する頃には空気が抜けてしまったようにおとなしくなってしまっていました。いつも馬房の中でゴソゴソしてカイバ桶を破壊したり、顔を覗かせてはこちらを威嚇したりと、普段からとにかく元気のいい馬なのですが、長距離輸送の今回は逆にそれがアダとなってしまったようです。人気に応えられえず本当に申し訳ありません。レース後は肉体面の疲れは感じられず、減っていた体も元に戻っています。今度は輸送の短い阪神開催で使っていきたいと考えているのですが、優先出走権を逃してしまいましたし、短期でも放牧に出してリフレッシュさせようと思います」(高野師)

近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。



◆レプランシュ◆
5/17  NF空港

ウォーキングマシンでの調整を行っています。

「少しずつ体は戻ってきており、現在の馬体重は440キロです。もうしばらくの期間は軽めのメニューに留めることで、馬体の回復を最優先に考えて取り組んでいければと思います。今後も復帰へ向けて焦らず取り組んでいきます」(空港担当者)



◆グルーヴィタイム◆
5/17  NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。

「この中間からは周回コースでのキャンター調教を開始していますが、引き続き、馬は元気で体調面などは特に問題ありません。厩舎サイドからは近々の移動を目標にしていると聞いていますので、こちらでも運動量を増やすなどしてしっかりと態勢を整えていきたいと思います」(NFしがらき担当者)



◆ストライクイーグル◆
5/19  高野厩舎

18日は栗東坂路で追い切りました(55秒1-39秒9-25秒7-13秒0)。
19日は軽めの調整を行いました。

「先週の木曜日に無事帰厩しています。休養前と比べてガラッと大きく変わったようなところはありませんが、前走後の疲れもすっかり取れて元気いっぱい。いい状態で戻ってきてくれています。今週は水曜日に坂路で併せて追い切りました。大柄なので動きは軽いというよりは”渋い”という感じなのですが、それがこの馬の動き。ビッシリと追って内容は悪くありませんでしたし、ここまでは順調に調整が進められていますよ。早ければ来週の競馬から使っていくつもりです」(高野師)

今のところ28日の京都競馬(3歳500万下・ダ1800m)に出走を予定しています。

2016年5月13日 (金)

今週の近況

マイルカップも終わりダービーの足音が近づいている中、早くも2017年のクラシックを目指してPOG本が出そろってきました。
僕もいわゆる青本っちゅうのを買ってきたんですが、ぱらっとページをめくって一発目に出てきた馬が・・・

トゥザクラウン・・・

そう、去年の募集でバツ1権利を持ちながら見事落選したトゥザヴィクトリーの子です。

アンカツさんも岡田牧雄さんも絶賛です・・・

くそー(p´□`q)゜o。。

逃した魚は大きいかも。。。

ちなみにうちのサンラファエルは・・・まったく取り上げられていませんでした

_| ̄|○

ああ、バツ2もちの今年、エピやリオンディーズやトゥザ兄弟のように、僕でもこれわ走るわ!ってわかる級の募集馬がいてくれることを祈るばかりです。

さて、今週ですが、コメットシーカーとベルディーヴァが中京で出走します。
べルなんて高野師もいきなりから好勝負と鼻息も荒いです。

2頭とも頑張ってほしいですねえ(^u^)

◆コメットシーカー◆
5/11  西村厩舎
11日は栗東坂路で追い切りました(56秒8-38秒7-25秒1-12秒7)。

「今朝は坂路で追い切りました。中1週の間隔になるので今日は終い重点にサッと。反応も良かったですし、最後までしっかりと動くことができていました。休み明けを一度使って上積みを感じることができますし、いい状態で臨むことができそうです。前走は行く馬がおらずこちらが逃げる展開となりましたが、できればもう少し脚を溜めていきたいところ。特別戦であそこまで踏ん張ることができたのですから、減量ジョッキーの恩恵もある平場戦ならばさらに前進を期待したいですね」(西村師)14日の新潟競馬(4歳上500万下・芝1800m)に鮫島駿騎手で出走を予定しています。
5/12  西村厩舎
14日の新潟競馬(4歳上500万下・芝1800m)に鮫島駿騎手で出走いたします。


◆ステファノス◆
5/12  藤原英厩舎
11日、12日は軽めの調整を行いました。

「だいぶ疲れも取れてきたようで、状態は少しずつ良くなってきていますね。まだ軽めのメニューではあるものの、もうすでに乗り出しを開始しているところです。しっかりと馬の様子を見ながらにはなりますが、この後もスムーズに進めていくことができそうですし、そろそろ15-15くらいを取り入れて少しずつピッチを上げていきたいと思います」(田代助手)

6月4日の阪神競馬(鳴尾記念・芝2000m)を目標にしています。


◆グレナディアーズ◆
5/10  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「坂路入りしてからもテンションが上がるようなことはありませんし、この中間もハロン16~7秒のペースでしっかりと乗り込むことができています。疲れた様子もなく、馬にとってもいいリフレッシュ期間になっているようですね。様子を見ながら少しずつ負荷を強めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


◆アヴニールマルシェ◆
5/12  藤沢和厩舎
11日は軽めの調整を行いました。
12日は美浦南Wコースで追い切りました(53秒1-38秒5-12秒5)。

「放牧先での話を聞いているとガラッと変わったという感じではなさそうだったのですが、時間をかけて乗り込んできましたし、夏競馬を目指して入れてみようという話になり、先週末の検疫を取って入厩させていただきました。久々になりますから、トレセンで少し時間をかけて調整を進めていきたいと考えています。今週は水曜日に馬が多かったこともありますし、落ち着いた中で走らせたかったことから木曜日に追い切りをかけました。併せた相手を前に見ながら追走して、直線で軽く仕掛けると反応を見せていましたよ。気分よく走れていましたし、感じはまずまずです。去勢をしたからと言って大きく様子が変わったということは今のところないのですが、少しずつでもいい頃の雰囲気に戻していけるように進めていきます」(津曲助手)


◆ベルディーヴァ◆
5/11  高野厩舎
11日は栗東坂路で追い切りました(54秒9-40秒1-25秒7-12秒5)。

「今朝は坂路で終い重点に追い切りました。先週、4ハロンで53秒台としっかり時計を出しましたし、今週は新潟までの輸送も考慮してラストの反応を見る感じの内容でしたが、先週よりもピリッと動けていたと思います。今回は少し間が空きましたが、速い調教をこなしてきて毛ヅヤもだいぶ良くなってきましたし、いきなりから勝負になると思っています」(高野師)


14日の新潟競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1200m)に鮫島駿騎手で出走を予定しています。
5/12  高野厩舎
14日の新潟競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1200m)に鮫島駿騎手で出走いたします。


◆レプランシュ◆
5/11  NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。

「この中間も体の回復を最優先に考えて無理のないよう進めています。しばらくは軽めの運動に終始することで心身のリセットを図りたいと思いますし、じっくり対応することでいい状態に戻して、再び競馬へ向かえるようにできればと考えています」(空港担当者)


◆グルーヴィタイム◆
5/10  NFしがらき
軽めの調整を行っています。

「先週の火曜日にこちらへ到着しており、軽く動かして馬体に異常がないことを確認してから、今はトレッドミルを中心とした調整を行っています。少し間隔を空けるための放牧だと聞いていますが、こちらではまずしっかりと体を解すような運動から始めていきたいと思います。体調面などは特に問題ありませんよ」(NFしがらき担当者)


◆ストライクイーグル◆
5/10  NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「ここまで普通キャンターくらいのペースで乗り込んできましたが、動きを見ても状態は少しずつ上がってきているなと感じさせてくれますし、この中間はハロン15秒近いところも取り入れて調整を行っています。大型馬なのでまだ良化の余地はありそうですが、こちらに到着してきた時と比べて硬さも解消されてきていますし、これからさらにピッチを上げていきたいですね」(NFしがらき担当者)
5/12  高野厩舎
12日に栗東トレセンへ帰厩しました。


◆サンラファエル◆
5/13  NF空港
馬体重:490kg 
現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16秒のキャンターで1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。以前ほど前のめりの走りではなくなってきており、最近は少し起きたバランスでゆったり走れるようになってきています。理想を言えばもう少し馬体にメリハリがほしいところではありますが、この馬なりに着実な成長を遂げていると言っていいでしょう。

2016年5月 3日 (火)

ひさしぶりの更新

いやあヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
超サボってしまいました。

なかなか仕事が忙しくて競馬どころじゃなかったんですよ。

さぼってる間の出走結果

ストライクイーグル 3/27 中京9R 芝2200m 大寒桜賞 10着
グレナディアーズ 4/10 阪神12R ダ1800m 梅田S 7着
コメットシーカー 4/30 新潟12R 芝1800m 二王子特別 5着
グルーヴィタイム 4/30 京都12R 芝1400m 3歳未勝利 6着
ε-( ̄ヘ ̄)┌ …


さらにテンションが上がらんのは、春の活躍を期待していたレプランシュは、毎日杯直前で疝痛をおこし、それっきり・・・

そして今週、きさらぎ賞時に比べ、30キロも体重が落ち、ついに北海道に放牧に出されました。

本当だったら今週末のマイルカップ、テンションマックスで迎えるはずだったんだけどなア。

結果からいって、軽い疝痛だと思っていたのが、こんなひどい状態になるとは想像していなかったので、命あるだけよかったんじゃないか?とさえ思える今日この頃です。

そして追い打ちをかけるように、今週の新潟大賞典に出走予定だったステファノスまで熱発のために回避となりました。
こちらは、鳴尾→宝塚にプラン変更というのがすぐ発表されましたが、レプだって毎日杯回避の瞬間はマイルカップ直行と発表されていたし、今後を慎重に見守りたいところです。

ただ、ステの場合は1週前でいまいち調子上がってこないみたいだったし、ジョッキーも吉田豊なので1回ぽっきりの代打騎乗だろうし、ちょっと想定内の回避のような気がするので
、その点が心配も和らぐところです。



そして、去年のマイルカップ以来真面目に走ることをやめてしまったアヴニールはとりあえずクラス編成以降にしか出てこないみたい。


まあ、こんな感じですわ(^_^)/~

« 2016年3月 | トップページ | 2016年6月 »