« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月23日 (土)

今週の出走結果と近況

なんか40年ぶりの大寒波がくるそうですね。
というわけで、今週の出走馬グルーヴィの応援に覚悟を決めて淀に出向いたんですが・・・
まあ普通の寒さ・・いや、かえって温いくらいの気温でした。
どうやら大寒波は今夜からなのか、はたまたくるくる詐欺なのかヽ(´▽`)/

てなわけで、グルーヴィの結果ですが、10着に敗れてしまいました。

まあ、パドックから少しテンションが高めでしたし、スタート後、他馬と接触してカッとなったようで1000通過59秒という流れを、終始折り合いを欠いたまま外外回り徐々に進出するというなんとも厳しすぎる展開。。。4角で手ごたえがあやしくなったとき、
こりゃどこさもないわ。。はい終了ε-( ̄ヘ ̄)┌ …
って思ったんだけど、直線向いてもかなりねばっていました。
着順よりはいい競馬だったと思います。
小さいながらもまとまった馬体をしてるグルーヴィ。いつかは先頭でゴールを駆け抜けてくれるでしょう。


毎年注目の若駒も見てきましたが、あの極端なペース展開では、なんとも。。
とりあえず究極の上がり勝負になってディープ産駒が勝ったという結果でした。。

ま、こんな感じです。

ほかのファミリーたちはというと、先週2着だったベルが、来週の中京で出走予定です。
あと、きさらぎ賞を目指すレプランシュも帰厩しました。
そのほかは、よくもわるくも大きな事件はないですよ。

ではまた(@^^)/~~~


◆グルーヴィタイム◆
1/20  西村厩舎
20日は栗東坂路で追い切りました(54秒2-39秒4-25秒5-12秒7)。

「今朝はレースでも騎乗予定のフォーリー騎手に跨ってもらって坂路で追い切りました。先週に坂路で行った併せ馬では終いの動きが案外だったので少し心配していたのですが、今朝はラストまでしっかりと動くことができていましたから、この分ならば大きな問題はないでしょう。ジョッキーにも感触を掴んでもらえたと思いますし、今週の競馬に向けての態勢は整いました。気性面でも相変わらず幼いところがあってまだこれから良くなってくるタイプの馬だと思いますが、デビュー戦でも見どころはありましたし、休み明けの今回は1ハロン延長もプラスに出るはず。いい競馬を期待したいですね」(西村師)

23日の京都競馬(3歳未勝利・芝1600m)にフォーリー騎手で出走を予定しています。

1/23  西村厩舎
23日の京都競馬では五分のスタートから好位を追走。やや行きたがる素振りを見せつつ3番手で直線を向くが、最後は余力なく10着。

「スタートしてしばらくしてからぶつけられてしまって、いっぺんにカーッと行きたがってしまいました。調教にも乗せてもらっていて、その感じからは折り合いは問題ないと思ったのですが、今日は他馬の影響もあって残念でした。もう少し溜められればまた違ったと思います。申し訳ありません」(フォーリー騎手)

「道中ぶつけられてスイッチが入ってしまい、やや折り合いを欠いてしまいました。普段それほど行きたがるようなことはなかっただけに、あれがなければと悔やまれる結果でした。もう少し脚を溜めて行ければまた違ったはずです。この後ですが、レース中ぶつけられていますし、まず馬体にダメージがないかをよくチェックしてから考えます。状態次第ですが、場合によっては条件を替えることなども視野に入れていきます」(西村師)

道中ぶつけられた上に外からのプレッシャーもきつく、かなりかかってしまったようです。スムーズならもっと脚は溜められたはずですし、今日は度外視したいところです。この後はまずトレセンでの状態をよくチェックしてから検討して行きます。


◆コメットシーカー◆
1/20  NFしがらき
20日にNFしがらきへ放牧に出ました。

「先週の競馬は、最後までしっかりと伸びてくれていましたし、休み明け2戦目で変わり身を見せてくれました。レース後は脚元を含めて大きなダメージはありませんでした。そのため、このまま中1週で中京を使うことも考えたのですが、押せ押せで使って反動が出ては元も子もありませんし、少し間を空けた方がいいだろうと判断しました。精神面のリフレッシュも兼ねていったん放牧に出して牧場サイドでもチェックとケアをしてもらい、特に問題がなければ優先権を行使できる期間中の出走を目指して短期で戻す予定です」(西村師)


◆ステファノス◆
1/19  NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間もトレッドミルでの調整を続けています。体調も変わりなく推移していますが、まだ負荷を強めていく段階ではありませんし、もうしばらくは今の調整でリフレッシュさせていきたいと思っています」(NFしがらき担当者)


◆グレナディアーズ◆
1/21  音無厩舎
20日に栗東トレセンへ帰厩しました。21日は軽めの調整を行いました。

「小倉開催の開幕週にダート1700mの番組がありますから、そこを目標に水曜日帰厩しました。今朝は坂路を軽く上がりましたが、いつもどおりテンションは高いものの、放牧前よりも乗りやすくなっているような感じはしました。このまま、変にイレ込んだりせずスムーズに調整できるように心がけていきます」(小林助手)2月14日の小倉競馬(門司S・ダ1700m)を目標にしています。


◆アヴニールマルシェ◆
1/20  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンターの調整を行っています。

「1週間前はいくらか患部の状態が不安定だったので無理せず楽をさせたこともありましたが、その後は落ち着きました。様子を見て行って大丈夫そうなので、この中間から乗り出していますよ。まだごく軽めの騎乗運動ですし、雪の影響で馬場コンディションも不安定ですから、焦らずじっくりと動かしていくつもりです」(天栄担当者)


◆ベルディーヴァ◆
1/21  高野厩舎
20日、21日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は勝ち馬にうまく逃げられてしまいましたが、こちらは久々でしたし、このクラスにメドの立つ内容だったと思います。レース後は水曜日から軽く乗っていますが、疲れた様子は見せていませんでしたし、これなら間隔を空けずに使って行けそうです。来週の中京に牝馬限定のダート1400mという番組があるので、減量の恩恵がある鮫島克駿騎手を手配してそこに向かう予定です」(高野師)

30日の中京競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)に鮫島駿騎手で出走を予定しています。


◆レプランシュ◆
1/21  高野厩舎
20日は栗東坂路で追い切りました(54秒7-39秒0-25秒1-12秒3)。

21日は軽めの調整を行いました。

「きさらぎ賞を目標に、先週帰厩させました。今週は水曜日に時計を出しています。同じ3歳オープンのロスカボスと併せる予定だったのですが、たまたま他厩舎の馬が間に入るような形になって、その馬との併せ馬になってしまいました。それでも変にリズムが崩れるようなことはありませんでしたし、初時計としては反応も良かったですね。雪は降っていましたが、まだ馬場が悪化する前の時間帯だったので、負担もかからず上々の立ち上がりと言えるでしょう。この感じなら順調に仕上げて行けそうです」(高野師)

2月7日の京都競馬(きさらぎ賞・芝1800m)に内田騎手で出走を予定しています。


◆ストライクイーグル◆
1/21  高野厩舎
20日に栗東トレセンへ帰厩しました。
21日は軽めの調整を行いました。

「NFしがらきでもレースの反動はなく順調に乗れていたとのことで、予定どおり短期で戻させていただきました。前走は初ダートでキックバックを気にしている感じでしたが、終いの脚だけなら距離は延ばしても良さそう。ただ、血統や体つきなんかは1400mぐらいが合うように感じるので、どの番組にするかはもう少し考えさせてください」(高野師)

2016年1月15日 (金)

今週の近況

ほかのお馬たちの近況です

きさらぎ賞にむけてレプランシュが昨日帰厩しました。
なんとかクラシックの舞台に駒をすすめてほしいところですね。
◆ステファノス◆

1/12  NFしがらき
軽めの調整を行っています。

「年末から年始とマシン運動で楽をさせていたおかげで、状態は少しずつ上向いてきており、先週からはトレッドミルに入れて軽く動かしています。移動してきた当初に比べると疲れもだいぶ取れてきたようですが、もうしばらくの間はリフレッシュ重視で進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


◆グレナディアーズ◆
1/12  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「こちらへ到着してからはうまくリフレッシュできているようで体調の問題はありません。年末から坂路入りを開始して、年明けからは終い15秒近いところも交えて乗り込んでいます。小倉開催へ向けてそう遠くない段階で移動ということになりそうですし、しっかりと負荷をかけて態勢を整えていきたいですね」(NFしがらき担当者)

◆レプランシュ◆
1/12  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「年末から週2回のペースでハロン15秒近いところを取り入れており、この中間も順調に乗り込みが行われています。すっかりとリフレッシュもできたようで体調も良さそうですし、力強い動きを見せてくれていますよ。目標であるきさらぎ賞に向けてもうそろそろ帰厩ということになるでしょうから、しっかりと態勢を整えていきたいですね」(NFしがらき担当者)


◆グルーヴィタイム◆
1/14  西村厩舎
13日は軽めの調整を行いました。
14日は栗東坂路で追い切りました(55秒1-40秒3-26秒7-13秒9)。

「先週は木曜日に坂路で追い切り、併せて全体が55秒、終い13秒3でした。時計的には強調できるものではありませんが、動き自体は帰厩してから少しずつ良くなってきていたんです。ただ、今朝行った坂路での併せ馬では思っていたほど動くことができずに終いも13秒9。相手にも先着を許してしまいました。もっと走れていいと思うのですが、この感じだとまだ良化の余地はありそうです。早ければ今週の競馬も視野に入れていましたが、目標を来週に切り替えてしっかりと調整していきたいと思います」(西村師)

23日の京都競馬(3歳未勝利・芝1600m)に出走を予定しています。


◆ストライクイーグル◆
1/12  NFしがらき
10日にNFしがらきへ放牧に出ました。現在は軽めの調整を行っています。

「先週の競馬の後、馬体チェックを経てこちらに移動しています。初めてのダートに少し戸惑ったところはあったようですが、初戦に比べるとずいぶん進歩しましたし、高野師からは出走状況を見ながら短期で戻すことも考えると聞いていますので、こちらもそのつもりで調整していきます。現在はウォーキングマシンで動かしつつ状態を確認していますが、今のところ大きな問題はありません」(NFしがらき担当者)


◆ポトリザリスの14◆
1/15  NF空港
馬体重:474kg 
年末年始も問題なく過ごしており、この中間も順調に乗り込んでいます。現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン18秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。まだ精神的な幼さが残りますので、様子を見ながら負荷をかけています。今後も全体的な成長を促しながら数々の活躍馬を送り出した母から受け継いだ素晴らしい資質に磨きをかけていこうと思います。

先週の結果と今週の出走馬

先週の日曜日の京都競馬に出走したストライクイーグル。
結果は8着でした。

でも、パドック見たら明らかに太いし、レースも道中まったく競馬にならずで連続タイムオーバーも覚悟したくらいなのに、直線でオレちゃんが完全に諦めて目を離したすきに、いつの間にやら追いこんで8着でゴールイン。

!!(゚ロ゚屮)屮えっ!いつの間にそこまで!

ってマジびっくりしましたよ。恐らく直線だけの脚ならメンバー最速だったんだろうな。。見逃したけど。。(笑)

精神的な問題はありまくりだけど、今後いい感じに絞れて、レースに慣れてまともに走ることが出来れば勝ちが見えてきたと思いました。



で、今週の出走ですが

今週は明日の中京9レース(芝2000)でコメットシーカーが、京都6レース(牝ダ1400)でベルディーヴァが出走します。

コメットくんは、前走みましたが、走りがびっくりするくらい硬かったので、まずはその辺りがどれくらい解消されているかだと思います。あとは息がもってくれれば。

ベルは久々となりますが、休養前の一戦も昇級戦にしてはそんなに負けていないし、急きょ続戦した感のある前走とは違い、今回は調教時計もかなりいいので休養明け初戦から、好勝負を期待しています。しかもルメールだしね!

二頭とも頑張れっ!!(v^ー゜)!!


◆ストライクイーグル◆
1/10  高野厩舎
10日の京都競馬ではまずまずのスタートも出脚がつかず後方から進める。終始追っつけつつの追走も、直線外目に持ち出すとジリジリ伸びて8着。

「初めてのダートに馬が戸惑っていましたし、まだまだ気性面で子供っぽいところがあって道中はなかなか進んでいってくれませんでした。ただ、直線に入ってからはいい脚を使って追い込んできているようにまったく悲観するような内容ではありません。慣れてきてもっと追走に余裕ができれば十分にチャンスはあると思います」(フォーリー騎手)

「スタートの芝部分で行き脚がつかなかったことはありますが、それよりもダートに入ってキックバックを気にしたことの影響が大きく、なかなか進んでいかなかったようです。直線外に出してからはよく伸びてくれましたし、使いつつダートに慣れてくれればもっとやれそうです。今日の内容なら距離を延ばしても良さそうですが、いずれにせよ一度放牧に出して出走状況を見て戻す時期を考えようと思います」(高野師)

前半は追走に手一杯に見えましたが、直線砂を被らない位置に持ち出してからはいい伸びを見せてくれましたし、初戦に比べると大きな前進があったと言えるでしょう。ダートにも慣れが見込める次はさらに良くなってくれそうですが、改めて適性距離なども検討したいところですし、優先出走権を確保できなかったことも鑑みて一度放牧に出す予定です。



◆コメットシーカー◆
1/14  西村厩舎
13日は栗東坂路で追い切りました(55秒8-40秒3-25秒9-12秒7)。14日は軽めの調整を行いました。

「昨日、坂路で追い切っています。ある程度の負荷をかけながらも、あまり攻めすぎないように追い切ったのですが、相変わらず動きは素晴らしいですね。月曜日にも坂路で1本サッと時計を出しているのですが、引き続き脚元も落ち着いた状態を保っていますよ。先週は京都開催を目標にしているとお伝えしましたが、以前東京、中京と左回りで好成績を残していることもありますし、今回は減量の鮫島克駿騎手を確保できたこともあって、左回りの中京へと向かわせていただきたいと思います。前回は休み明けいうことでかなり引っ掛かっていましたから、1ハロンでも距離短縮はプラスに出るはず。一度使って息遣いも良くなってくるでしょうし、あとは道中でうまく流れに乗って前進を期待したいところです」(西村師)

16日の中京競馬(4歳上500万下・芝2000m)に鮫島駿騎手で出走いたします。


◆ベルディーヴァ◆
1/13  高野厩舎
13日は栗東坂路で追い切りました(53秒5-38秒9-25秒0-11秒9)。

「今週は3日間開催後で火曜日が全休日でしたが、競馬は土曜日ですし、レースまで日にちを空けるためにも追い切りは今朝坂路で行いました。先週水曜にも坂路で一杯に追い切っていますし、今朝は決して無理をしない程度に上がり重点の内容。仕掛けてからの反応、動き共に抜群に良かったと思いますし、昨年と比べても馬は明らかに変わってきているのがわかります。休み明けの一戦となりますが、状態面の不安はありません。いきなりから好勝負を期待できると思います」(高野師)

16日の京都競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)にルメール騎手で出走を予定しています。
1/14  高野厩舎
16日の京都競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)にルメール騎手で出走いたします。

アヴニール近況

ここのところ精彩を欠いていたアヴニールですが、ついにタマタマを取られてしまいました。
(;ω;)

クラシック候補と言われ前途洋々だったデビューから左回りワンターンのみを休み休みで使われること1年・・・
すっかり、走る気をなくしてしまったアヴニールに出された結論は去勢でした。

去勢は気のきつすぎる馬や荒すぎる馬に行うイメージだけど、こういうやる気のないパターンにも効果があるのかどうかよくわかりませんが、良血だけに血を残すことがもうないというのがさみしすぎるところです。

強いアヴニールはもう見れないのかもしれない。。
去勢したということは長く現役を使うという見込みだと思うんだけど、この厩舎で、これまでどおり休み休みでたまに出走で、果たしてオレちゃんの忍耐はもつのだろうか。。。。
という心配がそこはかとなく湧いてくる今日この頃です。
しかも今週のコメントからは、なんか術後の経過が順調じゃなさそうだし。。。。休養が長引きそうな気配も。。。。

つくづく不憫なアヴニールでした。


12/30  NF天栄
30日に去勢手術を行いました。

「走りきれない状況を踏まえながら、これまで調整の仕方やレースの距離、馬具なども考えつつ厩舎とも相談しながら何とか復調させていけるように取り組んできていました。しかし、思うようなパフォーマンスを発揮できない状況が続いています。正直、この間こちらから送り出した時の状態はいつになく良く、これで走ってくれなければ困ると思うくらいのレベルでした。しかし、ここ2戦ともに良さを発揮できず、自ら走りきろうとしていないところが見受けられます。血統も血統ですから思うところもあったのですが、現状から何とか脱却しなければ、この先が厳しくなります。人とのコンタクトをより良いものにしていくためにも精神面の改善を少しでも図りたいですし、体つきの良化にも役立つはずですから、厩舎とも相談した結果、去勢手術を検討し、本日オペを行い、無事に終了しています。しばらくは安静にして患部が安定してくるのを待った上でこのあとの調整にあたっていきます」(天栄担当者)

血統が血統ですし、苦渋の決断でもありましたが、現状のままですと進退問題にもなりかねないと言っても過言ではありません。必ず効果が表れるとも言い切れるものではありませんし、効果があったとしてもそれが出てくるには時間がかかると思われます。それでも現状から脱却して、また強いアヴニールマルシェの走りを見たいという思いから今回オペを行うことにいたしました。ご理解いただければ幸いです。今後につきましてはまず状態の安定とレース後のケアを行った上で調整を進めていき、復帰そして復活へと向かっていきます。


1/13  NF天栄
軽めの調整を行っています。

「年末に去勢手術を行い、その後はゆったりとさせていました。この中間よりトレッドミルでキャンター調教を取り入れているのですが、今日は患部の状態がやや不安定でした。あまり負担はかけたくないので、この後の様子次第では調整メニューを緩めて様子を見ることも考えています。この休養期間と今回の去勢を何とか復活の足掛かりにしたいのですが、馬に合わせて進めて行くためにも少しお時間をかけさせていただくかもしれません」
(天栄担当者)

2016年1月 9日 (土)

今週の出走馬

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
今年もファミリーともどもよろしくおねがいいたします。
ヨロ(´°ω°)スク!

てなわけで、明日は2016年のトップバッターとしてストライクイーグルが出走します。

前走はタイムオーバーをくらってしまいましたが、ダート替わりと、距離短縮で何とか変わり身を見せて欲しいところです。
(〟-_・)ン?変わり身が期待できるのか?ですと?
前走、生で馬を見ましたが、期待はできそうな気はするんですけどねぇ。馬体的には……•́ω•̀)?
とにかく頑張るしかないですね
(`・ω・´)キリッ


1/6 高野厩舎
6日は栗東坂路で追い切りました(55秒9-39秒9-25秒4-12秒3 )。

「今朝は川須騎手に手伝ってもらって坂路で追い切りました。前半はゆったりと入って終いを伸ばすような感じで乗ってもらったのですが、いい反応を見せてくれ てしっかりと走ることができていましたよ。 前回は残念な結果に終わってしまいましたが、 追い切りを重ねるごとに動きは良くなってきていますし、これが実戦に結びついてほしいところ。予定は延びましたが、今週の追い切りでさらに動けるようになっていると思うので、距離短縮とダート替わりでガラリ一変を期待したいですね 」(高野師)


10日の京都競馬(3歳未勝利・ダ1400m)にフォーリー騎手で出走を予定しています。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »