« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月29日 (火)

タテジマファミリー2015の蹄跡

タテジマファミリー2015の蹄跡

今年も涙あり笑いありの競馬を見せてくれたファミリーたち。
まずはクラシック戦線。クラシックを期待していたアヴニールはクラシックは出れなかった(出なかった?)ものの、NHKマイルカップに出走。4着とがんばってくれました。しかし、その後少々袋小路に迷い込むという状況になってしまいました。来年はどうなるんでしょう?

兄グレナもなんだか放置状態になってしまっているし・・マーチの血を引くこの兄弟には何とか頑張ってほしいところなんですが・・・

一方、古馬戦線では、ステファノスがまさに最前戦でがんばってくれました。
夢のG1制覇とはなりませんでしたが、春の香港の国際競争QEⅡ、そして天皇賞秋というバリバリのG1でともに2着とがんばってくれました。ヽ(´▽`)/
ステの応援に秋の府中に初めて遠征しましたよ。これまでの遠征は春ばかりだったからね。

2歳馬ではレプランシュが新馬、500万と勝利。現在3戦2勝ですが、勝った2戦がお父さんを彷彿とさせる異常な上がりを繰り出してくれています。来年のクラシック戦線、キャロっ子リオンディーズは馬鹿強いですが、なんとかひと泡吹かせてほしいところですね。

ほかの馬たちでは、ベルディーヴァが大けがを乗り越え復活の勝利。コメットシーカーは復帰戦を飾ることはできませんでしたが、長期休養から戻ってきましたよ。

1歳馬は、30万のトゥザに突撃するも叶わず、1.5次で関東のポトリザリスにいきました。
なかなか出資の難しいクラブになってしまいましたよ。まあ来年は×2権利でなんかいい出会いがあればいいなと思います。

楽しいことばかりでなく、悲しいこともありました。インペリの死です。久々の勝利をおさめ、これからまた頑張れると思った矢先の突然の旅立ちでした。

ほかに引退した馬たちは
スタートレイル
グラツィオーソ
ジャイアントリープ
アダムスピーク
です。

スタートレイルは現在怪我治療中みたいですが、高知で頑張っています。
グラツィオーソも佐賀で頑張っているみたい。
アダムスはノーザンホースパークにいます。先輩トライアンフには会ったかな?
また会いに行かねばですね。

まあこんな感じの1年でした。
もちろんタテジマ年度代表馬はステファノス。ベストレースは秋天です。

来年は今年以上のドラマチックな競馬を楽しみにしています。
ヽ(´▽`)/

2015全成績
中央36戦4勝 2着3回 3着2回 4着2回 5着3回 着外22回
地方 7戦2勝 2着0回 3着1回 4着2回 5着1回 着外 0回 競争除外1回
コメットシーカー 
出走日         場所  レース名         距離    着順   騎手
2015/12/27 阪神 7R 3歳上500万下      芝2200     17着   川原
 
ステファノス 
出走日         場所  レース名          距離    着順   騎手
2015/12/13 沙田 8R 香港C-GⅠ          芝2000     10着   戸崎
2015/11/01 東京 11R 天皇賞・秋-GⅠ   芝2000      2着   戸崎
2015/10/11 東京 11R 毎日王冠-GⅡ     芝1800      7着   戸崎
2015/04/26 沙田 8R Q・EⅡ-GⅠ          芝2000      2着   福永
2015/03/01 中山 11R 中山記念-GⅡ     芝1800      3着   シュタルケ
 
グレナディアーズ 
出走日         場所  レース名          距離    着順   騎手
2015/12/12 中山 10R 北総S           ダ1800      6着   戸崎
2015/08/29 小倉 11R 釜山S           ダ1700      8着   北村友
2015/08/02 小倉 10R 響灘特別       ダ1700      1着   北村友
2015/05/17 東京 12R BSイレブン賞      ダ1600      5着   戸崎
2015/03/01 阪神 10R 伊丹S           ダ1800      9着   北村友
2015/02/15 小倉 11R 門司S           ダ1700      2着   北村友
 
アヴニールマルシェ 
出走日         場所  レース名           距離      着順   騎手
2015/12/19 阪神 11R リゲルS         芝1600     13着   M.デムーロ
2015/11/28 東京 11R キャピタルS         芝1600    13着   北村宏
2015/09/06 新潟 11R 新潟記念-GⅢ     芝2000    15着   北村宏
2015/05/10 東京 11R NHKマイルC‐GⅠ    芝1600      4着   北村宏
2015/02/15 東京 11R 共同通信杯-GⅢ  芝1800      5着   北村宏
 
ベルディーヴァ 
出走日         場所  レース名          距離    着順   騎手
2015/10/10 京都 7R 3歳上500万下       ダ1400      6着   福永
2015/09/12 阪神 3R 3歳未勝利       ダ1400      1着   福永
2015/08/16 小倉 2R 3歳未勝利       ダ1700    10着   松若
2015/07/12 中京 6R 3歳未勝利       芝2000    10着   北村友
2015/06/14 阪神 3R 3歳未勝利       芝1600      9着   岩田
 
レプランシュ 
出走日         場所  レース名      距離    着順   騎手
2015/12/06 阪神 9R シクラメン賞   芝1800       1着   内田
2015/10/24 東京 9R アイビーS     芝1800       7着   内田
2015/08/15 新潟 5R 2歳新馬      芝1800       1着   内田
 
グルーヴィタイム 
出走日         場所  レース名      距離    着順   騎手
2015/10/04 阪神 5R 2歳新馬      芝1400       5着   柴山
 
ストライクイーグル 
出走日         場所  レース名       距離    着順   騎手
2015/11/28 京都 5R 2歳新馬       芝1600     11着   戸崎
 
インペリアルマーチ 
出走日         場所  レース名       距離    着順   騎手
2015/06/17 船橋 11R 京成盃-SⅢ     ダ1600       -着   矢野
2015/05/26 浦和 11R けやき賞     ダ1400       1着   本田
 
アダムスピーク 
出走日         場所  レース名       距離    着順   騎手
なし 
 
ジャイアントリープ 
出走日         場所  レース名         距離    着順   騎手
2015/08/09 小倉 11R 小倉記念-GⅢ    芝2000     17着   太宰
2015/07/18 中京 11R マレーシアC       芝2000       9着   北村友
2015/06/27 阪神 11R グリーンS     芝2400       9着   福永
2015/05/02 京都 10R 下鴨S          芝2000       3着   藤岡康
2015/04/11 中山 10R 湾岸S          芝2200       8着   藤岡康
2015/02/28 阪神 10R 御堂筋S       芝2400       4着   シュタルケ
 
スタートレイル 
出走日         場所  レース名         距離    着順   騎手
2015/04/09 名古屋 3R サラC10組      ダ1400       4着   岡部
2015/03/31 名古屋 7R サラC2組        ダ1400       3着   柿原
2015/02/24 名古屋 3R サラC22組      ダ800         1着   岡部
2015/02/11 名古屋 4R 加藤雄C16     ダ1400       5着   柿原
2015/01/03 名古屋 4R サラC12組      ダ1400       4着   柿原
 
グラツィオーソ 
出走日         場所  レース名             距離       着順   騎手
2015/08/22 小倉 7R 3歳未勝利         ダ1700     14着   大下
2015/06/28 阪神 4R 3歳未勝利         芝1600     15着   藤懸
2015/03/28 中京 2R 3歳未勝利         ダ1400     11着   藤懸

2015年12月24日 (木)

今週の近況

メリイークリスマース♪(o ̄∇ ̄)/

いやぁ、久々の更新です。
更新、更新とは思っていたんですが、ステ・・・ぼろ負け、アヴ・・・ぼろ負けのショックがなかなか抜けず・・・

しかも負け方がねぇ・・ねじ伏せにいって力尽きるのならともかく、まさかエイシンヒカリにまんまと逃げられるような展開とは・・・香港マイルの勝ち時計と比較しても、エイシンヒカリが楽勝ということは、多分内容的には毎日王冠以下の楽逃げなんだと思います。それをあの位置からではねぇ。しかも、すべてが後手後手・・戸崎ちゃんの経験不足と生真面目な性格がもろに出てしまいましたね。
そして追い打ちをかけるようなアヴのぼろ負け。
正直、何がショックって、パドック見て、勝てる気がゼロになったことでした。
久々にアヴに会えたのに、まわりに比べてひときわトモの貧相な馬が・・・と思ったらアヴでした。
雄大な馬格が売りだったアヴ。何をどうしたらこうもしぼんでしまうのか?
いくら出遅れたといっても走る姿もバランス悪くなってるし。
今週の近況を見ると去勢の話も出ているみたいだけど、果たしてそんな問題なのか?
そんなこといいながらもいよいよ今週で2015年の競馬最終週!!
しかも最終日にコメットさんが復活の出走!!
いつ以来だ?1年半?いやもっとかな?てかそのレース自体骨折明けでぼろ負けしたなぁ。
その後、屈腱炎になったっけ?
同じ日に勝ち上がったジャイアンも既に引退。キズナもエピもみんないないや。。。
なんか感慨深いなぁ

ちょっと風邪が長引いてるので行くかどうかまだ決めてないけど、出来たら会いにいきたいなと思います。



◆コメットシーカー◆
12/23  西村厩舎
23日は栗東坂路で追い切りました(54秒3-39秒7-26秒3-13秒1)。
「今朝は坂路で最終追い切りを行いました。先週までもしっかり乗り込んできていますし、脚元のことを考えてもあまり強い負荷ばかりかけてはいけませんから、手応えとしては馬なり程度です。それでも、坂路を上がって運動場に降りてくるまでには息も入っていましたし、調教で造れる限りの息遣いはできたと思います。動き自体はさすが血統馬と思わせるものがありますし、なんとか次につながるような内容を期待したいですね。有馬記念の裏開催で上位ジョッキーが確保できず、今回は兵庫の川原ジョッキーにお願いしました」(西村師)
27日の阪神競馬(3歳上500万下・芝2200m)に川原騎手で出走を予定しています。


◆ステファノス◆
12/22  NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「月曜日にこちらへ無事到着しており、今は馬体のチェックを行っているところです。脚元の問題はなさそうなのですが、競馬を使ったなりの疲れは見られますし、時期的なものもあってか毛ヅヤもあまり冴えません。これから3週間の着地検疫となりますが、この期間中にまずはしっかりとリフレッシュさせてあげたいと思います」(NFしがらき担当者)


◆グレナディアーズ◆
12/22  NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「先週の火曜日にこちらへ到着しており、ウォーキングマシンなどで軽く動かして馬体に大きな傷みがないことを確認してから乗り出しています。年明けの小倉開催が目標だと聞いていますから、そこへ向けていい状態で送り出すことができるようにまずはしっかりとリフレッシュさせながら進めていきたいですね。馬体重は510キロです」(NFしがらき担当者)


◆アヴニールマルシェ◆
12/23  NF天栄
23日にNF天栄へ放牧に出ました。
「体調自体はいいかなと思っていたのですが、競馬っぷりがなかなか良くならなくて歯がゆい限りです。申し訳ありません。まったくダメではないのですが、動きにちょっと重々しさがありますし、気持ちの面でも整えていかなければいけないという現状にあると思うんです。そのことから牧場の方と先生とで相談をされた結果、いったんお休みを挟んで、この機に去勢をして変化を求めてみないかという話があがっています。血統的に気持ちの面の課題が出やすい傾向もあるようですし、ここ最近は若い頃に比べると首のごつさが目立ってきて、走りもワンペースになりがちでした。それなので去勢によって軽さが出てきてくれたらいいかなとも思いますし、気持ちの面でもまとまりが出てきたらいいかもしれませんね。2歳や3歳の春のようないい感じになかなか戻せなくて申し訳ないのですが、これをキッカケにして何とか復調してきてほしいと願っています」(千島助手)


◆ベルディーヴァ◆
12/22  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も15-15から終いを14~13秒くらいまで伸ばして調整を行っています。引き続き、近々の移動を視野に入れて乗り込みを行っていますが、動きは力強くて見た目にも状態が上がってきているのがわかりますね。体調も良さそうですし、この調子で進めていきたいと思います。馬体重は492キロです」(NFしがらき担当者)


◆レプランシュ◆
12/22  NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「馬体には特に問題は見られなかったので、先週末から騎乗調教を開始しており、今のところは特に問題なく動かすことができています。ただ、目標のレースまでは少し時間がありますし、もうしばらくの間はリフレッシュ重視のメニューで進めていきたいと思います。馬体重は489キロです」(NFしがらき担当者)


◆グルーヴィタイム◆
12/22  NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「15-15程度のところをコンスタントに乗るようになっても、骨りゅうがぶり返すようなことはありません。この感じならそろそろ移動を考えてもいいでしょうし、西村師からも早ければ今週の検疫を確保できるようにしますと連絡を受けています。こちらもそのつもりで、いい状態で送り出せるようにしていきます。馬体重は431キロです」(NFしがらき担当者)


◆ストライクイーグル◆
12/23  高野厩舎
23日は栗東坂路で追い切りました(60秒1-42秒8-27秒2-12秒9)。
「今朝は坂路で15-15程度から終いだけサラッと伸ばすような感じの追い切りを行いました。動きに関してはだんだんと良くなってきていると思いますし、馬体も本当に良く見せてくれているように状態面の心配はありません。次走に関しては、何か変化をということで条件をガラッと替えて年明け初日のダート1200m戦を目標にしていきたいと思い、速い時計は今週末に出すつもりです。ブリンカーなど馬具の工夫も考えていましたが、だいぶ行きっぷりも良くなってきていますし、逆効果になってしまってもいけませんから今のところはこのままレースに臨む予定です」(高野師)

2016年1月5日の京都競馬(3歳未勝利・ダ1200m)に出走を予定しています。


◆ポトリザリスの14◆
12/24  NF空港
馬体重:471kg 
この中間から屋内坂路コースでの調整を開始しました。現在は週2日900m屋内坂路コースをハロン18秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。11月の空港移動となりましたが、イヤリング厩舎で馴致ができていたため、乗り出し後もスムーズに進めることができています。もうしばらくは基礎体力を養っていき、状態を見ながらハロンペースを上げていければと思います。今後も将来の飛躍へ向けて継続的に乗り込んでいければと考えています。

2015年12月13日 (日)

今週の出走馬

いよいよだ!

いよいよ、香港カップがやって来た!

もちろん主役はステファノスだ!ぼく的には(笑)


春のQEⅡで2着になった時から、多分秋の最大目標はここだと決めていた!勝手にだけど。

半馬身差で獲り逃がした天皇賞でさえ多分叩き台だ!知らんけど。

春の借りを返すんだ!
頑張れステファノス!
勝って来年は国内タイトル総なめだっ!
ヾ(≧д≦)b


ちなみにこの後グレナの記事も書いていたが、下書きのままアップするのを忘れてる間に負けてしまったので削除だ…


12/10  シャティン競馬場
9日はシャティン競馬場芝コースで追い切りました。
「出発日が延びるアクシデントはありましたが、現地に到着後は順調に乗り出せていると聞いています。春にも香港で競馬を経験しているのは大きいでしょうし、今度こそ最高の結果を出してもらいたいですね」(田代助手)

「金曜日に到着後、日曜には15−15を行って順調に調整できています。水曜日は、国際騎手招待レースで香港に来ていた戸崎騎手に乗ってもらって芝コースで追い切りましたが、ジョッキーも抑えるのに苦労していたほど、抜群の動きを見せていました。その後はパドックのスクーリングも済ませています。馬体の張り、コンディションともに天皇賞と同じかそれ以上と言えます。この後は、追い切りのダメージが残らないようしっかりとケアを行っていきます」(NF獣医師)

13日のシャティン競馬(香港C・芝2000m)に戸崎騎手で出走いたします。


12/9  音無厩舎

9日は栗東坂路で追い切りました(53秒8−39秒9−26秒4−13秒2)。

「今朝は坂路で併せて追い切りました。久々のレースですし、今週もある程度しっかりとやっておきました。遅い時間帯の追い切りだったので、終いは少し時計を要しましたが、かなり力強い脚捌きで動きは良かったですよ。この馬の場合、あとは気持ちの面がどうか。道中スムーズに進められれば力は出せる状態にあるので、いきなりでも好勝負を期待したいですね」(音無師)

12日の中山競馬(北総S・ダ1800m)に戸崎騎手で出走を予定しています。

2015年12月12日 (土)

先週の結果

今週のオレちゃん
月曜→宿直
火曜→忘年会
水曜→歯医者
木曜→整骨院
てなわけで、ずいぶん遅れてしまいましたが先週の結果です。

日曜の阪神9レース、シクラメン賞に出走したレプランシュは見事優勝でした!
ギリギリでしたけどね(笑)

関西馬でありながら3戦目にして初めて会えたレプランシュですが、馬体重はプラス10キロ。前走を見ていないので、それが成長分なのかどうかはわからないですが、見た目にはまだ余裕がありました。
どれくらいの余裕かというと、腹帯が気持ちキュッと食い込み気味になるくらい(笑)
それでいてトモの張りとかがかなりすごくて、これがあの瞬発力のエンジンなんだなぁって納得できました。


歩き自体は全体的に柔らかく踏み込みも深くて大きく見せて歩きます。でも何よりすごいなぁって思ったのは、その周回そのもの。
うーん、なんか表現が難しいんだけど、レプがパドックの外目をリズムよく歩いてる側で厩務員の方はレプの肩口あたりで長めに手綱をもっている…極端な話、もしそっと手を離してもそのまま周回できるんじゃないかと思えるくらい…こんな自然体な周回なかなか見ないですよ。

このまま精神面でいてくれていれば、今日は負けるわけ無い、楽勝やなとさえ思いました。


しかーし、レースはそうもいかず…
五分のスタートも、控えて中段後方からの競馬となりました。
途中、何度か口を割るように見えましたが、まぁその辺はまだまだ若駒ということでご愛敬です。

で、1000通過が近くなってきたので、時計を確認してみると1分…1…2…3…4…((((;゜Д゜)))ええ、1000通過まだなん…

嘘やろ…o(*≧д≦)o″なんじゃあこのペースわぁ


あまりにも遅すぎる時計と位置取りに、さすがにこれでは無理じゃん…と正直思いました。

直線に入り、レプも外から伸びて来るんだけど、当たり前のように内の先行馬たちも止まらない…そりゃそうですよね…あのペースでは。

レプも頑張って追いかけますが、追いつけそうで追いつけない…それでも頑張って頑張って追いかけて追いかけて、ようやくなんとか届いたところがゴールでした。


そして叩き出した上がり3ハロンはなんと驚異の33.1!!

めったに見ないですよ。
阪神でこの時計は。

新馬戦の新潟での32秒4もびっくりしましたが、それ以上の衝撃でした。

そう、衝撃。

お父さんのディープインパクトが、同じ時期の阪神開催でのデビュー戦で出した上がりが確か同じ33秒1のはず。

なんか世間的には全く評価されてないですが、僕にとって33秒1ってそれくらいの衝撃なんですよねぇ。

世間の評価と僕の衝撃のどちらが正解なのかは、今後のレプの活躍しだいですね。
楽しみだなぁ
((o(^∇^)o))


その今後ですが、レース直後は、

このまま在厩でまずは朝日杯に登録する。でもまぁ朝日杯はマイルなんでやめるかも。ならばホープフルかなぁ。

なんてことを言ってましたが、朝日杯に登録はないわ、放牧に出されるわで、どこか悪いんかなと心配しましたが、とりあえず元気そうではあります。


うーん、春が楽しみになってきた!
♪ヽ(´▽`)/


12/6  高野厩舎

6日の阪神競馬では五分のスタートから中団を追走。そのまま直線を向き、半ばで追い出されるとひと追いごとに伸び、ゴール直前できっちり前を交わして優勝。

「ありがとうございました。
スタートを上手に出てくれましたし、ハミがかりもデビューの頃よりずっと良くなっていましたから、スムーズに進めることができました。追って味があるタイプで、今日も着差以上に強い内容。現時点でこれといった課題もなく、今のまま徐々に成長していってくれれば楽しみです」(内田騎手)

「今日はありがとうございました。
お伝えしていたとおり、ジョッキーにも今度は馬のリズムを大切にして急かしたりしないようにという話をしていたのですが、やはりそれがいい方に出ましたね。出たなりでもある程度流れに乗れるようになってきたあたりは使いつつ良くなっている部分でしょうし、今後も馬のリズム重視で行きたいですね。朝日杯FSへの登録も頭をよぎりましたが、中1週の競馬になりますし、マイルの流れがどうかということもあるので、見送ることにしました。この後は馬の状態をよくチェックしてから考えていきます」(高野師)

前走はポジションを取りに行ったことでリズムが崩れてしまいましたが、その内容が今日のレースにつながったのか、今回はスタートから出たなりで流れに乗れました。この馬らしいしぶとい脚を発揮してキッチリ差し切り勝ち。来春に向けて夢が膨らむ大きな2勝目です。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


12/10  NFしがらき

9日にNFしがらきへ放牧に出ました。

「先週はありがとうございました。この馬のリズムを崩さす走らせたことが結果につながりましたね。ジョッキーも成長を感じ取ってくれていましたし、今後のことを考えても大きな2勝目でした。レース後ですが、終いだけの競馬でしたし、馬にはダメージもなさそうだったのですが、500万下を勝ったことでどの重賞を使うにしても除外の心配がほぼない状況です。そのため、無理に年内の競馬を目指す必要はないだろうと判断しました。次走についてはまずはNFしがらきでの状態をチェックしながら検討していきます」(高野師)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »