« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月29日 (日)

コメット君転厩

突然の更新にビクビクしながら中身を見てみたら。

入厩にあわせて転厩のお知らせでした。

天下の藤原厩舎は馬房がいっぱいいっぱいだからね。
放置されるよりは転厩で新たな道が開けるほうがよいです。

厩舎は西村真幸厩舎となりました。
グルーヴィと同じ厩舎ですね。
よろしくお願いします。

ああ、替わりにアヴニールが藤原厩舎に転厩してくれたらなぁ・・無いか( ゚д゚)ポカーン

11/29  NFしがらき
「15-15程度の調教もかなり本数を重ねることができましたし、脚元も今のところは安定しています。できれば、いい状態をキープしているこのタイミングで入厩させたいということで、火曜日の移動が決まりました。転厩ということになりますが、こちらでの状態は西村師にもしっかりと伝えてありますし、いい形でレースに向けて調整していってもらえると思います」(NFしがらき担当者)

NFしがらき移動後は脚元の状態を慎重に見極めながら調整が続けられてきましたが、ここにきてピッチも上がり、脚元も安定しているということで、機を逃さず移動させたいという狙いもあり、このタイミングで有力馬を多数管理する藤原英昭厩舎から、栗東トレセン・西村真幸厩舎へ転厩することになりました。今のところ、12月1日の検疫を確保し、入厩する予定です。会員の皆様には何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

昨日の結果

昨日の結果

ストライクイーグル・・・11着・・・しかもタイムオーバーのおまけつき

芝1600m 1分43秒2 上がり3ハロン39.6 
鼻出血とか心房細動とかならわかるけど、なんもなしでこんなんあるんでしょうか・・・
もはやなにをどうとかを超越したレベルです。
この先どうなることやら・・・ぱっと見だけは強そうなんだけどなあ
(´・ω・`)ショボーン

そしてアヴニール・・・13着

去年の今頃はクラシック候補といわれてたのに・・・どうしてこうなった・・・もうわけがわからないよ・・・
( ´;ω;`)ブワッ

◆ストライクイーグル◆
11/28  高野厩舎
28日の京都競馬では五分のスタートから追っ付けつつの追走。3コーナー過ぎから手応えが苦しくなってしまい11着。

「スタートはうまく出てくれたのですが、そこから追走に手間取ってしまいました。まだ体が緩く、勝負どころからは手一杯という感じで、うまく体が使えていませんでした。背中の感じは悪くありませんし、もう少ししっかりしてくれば変わってきてくれるはずです」(戸崎騎手)

「かなりのんびりしていたので心配したのですが、装鞍してピリッとしてきていい気配でした。スタートもうまく出てくれましたが、道中は余裕のない追走で、勝負どころからは置かれてしまいました。まだ成長途上でもありますし、気性的にも幼いところがある馬なので、初めての実戦で気持ちが集中しなかったのかもしれません。タイムオーバーになってしまったため、一度放牧に出してしっかり乗り込んでもらおうと思います。今日は申し訳ありませんでした」(高野師)

熱発による頓挫はあったものの、しっかり乗り込んでのデビューでしたが、今日は残念な結果になってしまいました。ただ、大型馬ですし、調教でも子供っぽいところを見せていたように、使いつつ良くなる余地は十分ありそうです。この後タイムオーバーになってしまったこともあり、一度放牧に出すことも検討しています。


◆アヴニールマルシェ◆
11/28  藤沢和厩舎
28日の東京競馬ではまずまずのスタートから中団あたりで溜める競馬。直線では馬群の中に入れて伸ばそうとするが、思うような伸びは見られず13着。

「ゲートの中は相変わらずちょっと不安定で怪しい感じもあるのですが、何とか耐えてくれましたし、出に関してはまずまずでした。道中は気を抜かせないようにハミをかけてグッと向かって来てくれるようなイメージで乗るようにしていて、感じも良かったんです。これならと思えたましたし、敢えて気持ちを切らさないように間にも入って行って悪くない形になれたと思ったのですが…。それでも肝心なところでふわっとしてしまったんです。なかなか気持ちの面が思うようにいかないのか、力を発揮しきれず本当に悩ましく、悔しいです。申し訳ありません」(北村宏騎手)

「時間をかけてじっくりと乗り込んできましたし、状態、仕上がりは悪くなかったように思えました。このあたりで良い競馬を見せてくれないと、と思っていたんですけどね…。北村もよく考えながら乗ってくれているのですが、肝心なところで馬が気を抜いてしまっているようなんです。気合いが足りないのかなぁ…。頑張れともっと奮い立たせないといけないのですかね。う~ん、正直歯痒い…。ですが、力を出し切っているわけではないのでしょうし、こちら側が気持ちを切らさず何とか復調させてあげられるように接していきたいです」(藤沢和師)


今回馬の仕上がりは特に良かったように思いますし、ここは何とか復調してほしい、してくれるのではないかという期待を持って送り出しました。実際、鞍上もこの馬の気持ちを奮い立たせるようにハミのかけ方を工夫したり、敢えて馬群の中に入れて闘争心をかき立て、集中力も切れないようにするシチュエーションに持って行ってくれたのですが、それでもなお良さを発揮しきれずに終わってしまいました。こんなはずはないと思うだけに悔しさばかりが募るのですが、慌ててしまっても良いことはありません。長い目で何とか復調を図っていきたいと思いますし、中からこみ上げてくるものが出てくるのを待たなければいけないとも考えています。今後については現時点で未定で、馬の様子を見つつ検討していきます。

2015年11月27日 (金)

今週の近況

いよいよ今週で今年の淀、府中開催が最終日ですね。一年早いなあ。

その最終週を締めくくるように、明日2頭出走します。

まずは、2歳馬ストライクイーグルが京都5レース新馬戦芝1600mでデビューします。
途中、軽い熱発があって数週伸ばしのデビュー戦です。なんかギリギリまでジョッキーも決まってなかったし、予定通り今週出走するのかどうかわからない感じでしたが、無事戸崎騎手を確保しデビューとなりました。枠順は6枠7番。まあ少頭数なのでどこでもいいですが、できれば偶数枠がほしかったですね。
レプランシュも戸崎がいいな・・
ま、それは置いといて、新聞を見ても印はあんまりついてないですし、気楽に応援するとしますか。馬券はもちろん単複、馬連ワイド総流しだ(笑)

続いて、明日の府中11レース、キャピタルステークスでアヴニールマルシェが出走します。
こちらもなかなか騎手が発表されなかったのでちょっと期待はしてたんですが、やっぱり北村騎手となってしまいました。
同じ騎手、同じようなコースばかりで結果が出てない以上、ちょっとなんか変えてほしかったなぁ。
てか競馬ブックは休養をはさむと線が太くなるんですが、アヴニール、縦線が全部太いんですが・・・やれやれ・・・
枠は8枠16番に入ってしまいましたが、どうせスタート良くないだろうから、まあ理想と言えば理想の枠です。

新聞の評価も着々と下がってきてしまい、◎をつけてるのは一人だけ。
東スポ杯や共同通信杯では、サトノクラウンやドゥラメンテ相手に互角の評価だったんだけどなぁ。遠い昔のようだ・・・
伯父トライアンフが勝った舞台でなんとか輝きを取り戻してほしいものです。

てなわけで、明日は淀へ応援に行ってきます。

ん∑(=゚ω゚=;)
誰?ホントの目的は関西ラーメンダービーのおっぱいラーメンだろうっていってるのは・・・
・・いやだなぁ・・んなわけないじゃないですかぁι(´Д`υ)アセアセ

クラブコメント
◆コメットシーカー◆
11/25  NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「坂路調教を開始してからしばらく経ちますが、引き続き脚元の状態は落ち着いていますし、体調面の問題もありません。この中間もハロン15秒くらいのところを乗っていますが、しっかりと動くことができていましたよ。この調子ならばそろそろ移動を考えていってもいいかもしれませんね。馬体重は527キロです」(NFしがらき担当者)
◆ステファノス◆
11/26  藤原英厩舎
25日は軽めの調整を行いました。26日は栗東CWコースで追い切りました。
「今朝はCWコースで併せて追い切りました。5ハロンから併せていき、道中で相手の後方を追走から直線はスッと反応してくれていい伸びを見せてくれました。乗っていた鮫島良太も『動きは良かった』と言っていましたし、ここまではこれといった問題もなく本当に順調です。明日は軽い運動をしてから、予定どおり検疫厩舎に入る予定です」(藤原助手)

12月13日のシャティン競馬(香港C・芝2000m)に出走を予定しています
◆グレナディアーズ◆
11/26  音無厩舎
25日は軽めの調整を行いました。
26日は栗東坂路で追い切りました(54秒7-40秒1-26秒4-13秒5)。

「先週まではまだ脚慣らしという段階でしたから、今週から本格的に強めの負荷をかけていくつもりで、今朝は坂路で併せてある程度やっておきました。気性的にやや難しいところがあるので、気を抜かなせないように心がけているところですが、動きは悪くありませんよ。馬自身は元気いっぱいですし、このひと追いで状態も上がってくるでしょう。中山競馬場は初めてですが、もともと先行力があるタイプなので、コース相性も良さそう。今回は戸崎騎手に騎乗依頼をしています」(音無師)

12月12日の中山競馬(北総S・ダ1800m)に戸崎騎手で出走を予定しています。
◆アヴニールマルシェ◆
11/26  藤沢和厩舎
23日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒9-52秒7-39秒3-13秒1)。
25日は美浦坂路で15-15を行いました(62秒5-45秒9-29秒5-14秒0)。
26日は軽めの調整を行いました。

「今週の開催が目標にしていたレースになります。ただ、変則日程のなか土曜日のレースになりますのでしっかりと動かす追い切りは月曜日に行っていました。ウッドチップコースで長めから負荷をかけており、まずまずの動きを見せてくれていましたよ。今週ですが、全休日明けの水曜日に坂路へ入れてじっくり進めて終いをじわっと伸ばすくらいの調教を行ってます。そして今朝東京競馬場へ移動させています。早めに入ることで現地でも軽く乗れますし、今日はじっくり体を動かして体調を整えて、明日そして明後日とコンディションをつくってレースへ向かえればと思っています」(津曲助手)
28日の東京競馬(キャピタルS・芝1600m)に北村宏騎手で出走いたします。
◆ベルディーヴァ◆
11/25  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「ここまで普通キャンターくらいのペースで乗り込みを続けていましたが、この中間からは終い15秒程度のところも取り入れて調教を行っています。ペースアップしても堪えた様子もなくしっかりと走ることができていましたよ。体も少しずつ締まりが出てきていますし、この調子で進めていきたいと思います。馬体重は496キロです」(NFしがらき担当者)



◆レプランシュ◆
11/26  高野厩舎
25日は軽めの調整を行いました。
26日は栗東坂路で追い切りました(53秒3-38秒0-24秒8-12秒5)。
「今朝は坂路で併せて追い切りました。1000万下クラスの古馬を相手にまずまず動くことができていたと思いますし、状態についてもこの馬なりにグッと良くなってきていますね。帰厩後も順調にきていますし、予定どおり阪神開幕週の自己条件を目標に調整を続けていきたいと思います。前回はスタートからある程度出していくような指示をしたのですが、現状ではまだパンとしていないこの馬にとってそれが裏目に出たように思えますので、今度はあくまで馬のリズムを重視してレースを進めてもらおうと考えているところです」(高野師)

12月6日の阪神競馬(シクラメン賞・芝1800m)に内田騎手で出走を予定しています。
◆グルーヴィタイム◆
11/25  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「骨りゅうは引き続き落ち着いた状態を保っていますので、週明けからは坂路での調教も開始しています。火曜日は坂路で終い15秒ぐらいのところを乗りましたが、その後の反動もありません。少し楽をさせていた期間もありましたし、まだ乗り込み量自体は足りていませんから、しっかりと乗りながら再度移動時期を検討していきます。馬体重は439キロです」(NFしがらき担当者)
◆ストライクイーグル◆
11/26  高野厩舎
25日は栗東坂路で追い切りました(55秒1-40秒1-26秒1-12秒9)。
26日は軽めの調整を行いました。
「昨日、坂路で併せて追い切っています。同じデビュー前の2歳馬を相手にこちらが先行して馬体を併せていくという形だったのですが、正直なところまだそこまで目立つ動き、目立つ時計ではありませんでしたね。ただ、それでも最後までしっかりと追って決して悪い調教ではありませんでしたし、熱発で少し楽をさせた影響もやはり見られません。本質的には使ってから良くなっていくというタイプかもしれませんが、今週のデビュー戦を迎えるにあたってひとまず態勢は整ったと思います」(高野師)

28日の京都競馬(2歳新馬・芝1600m)に戸崎騎手で出走いたします。

2015年11月12日 (木)

今週の近況

早速、今週の近況です。

天皇賞で2着に頑張ったステちゃんに香港から正式に招待が来たようです。
観戦ツアー参加者募集のお知らせもありました。

で、肝心のステちゃんはというと、天皇賞激走の後も元気一杯のようで僕もひと安心。てなわけで、ステちゃんの次走は予定通り香港カップとなりそうです。
まぁ、さすがに香港までは応援に行けないっすよねぇ。

あと、毎年のことだけど、ヨーロッパの強いのも来るから春のQEⅡよりもメンバーが強くなる香港カップ。勝てる気なんてさらさらしないですが、はたしてどこまでやれるやら。

楽しみですねぇ。


あと、今週デビュー予定だったストライクイーグルですが、中間で熱発した為に来週から再来週にデビューがずれることになりました。

あと、アヴニールですが、

うーん(-""-;)…

厩舎コメント、何が言いたいのかわからん…


最後にグレナ…

なんか馬は絶好調っぽいのに帰厩の気配なし…すでに放牧から2ヶ月…なぜ放牧されてるのかなんだかよくわかりません。放置ですかねぇ。(´・ω・`)


今週はこんな感じでした。
( ´∀`)/~~

クラブコメント
◆コメットシーカー◆
11/10  NFしがらき

坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「トレッドミルでの調教を続けてきて、だいぶ体つきも締まってきましたし、先週後半から角馬場で騎乗調教を開始しました。乗り出してからも脚元は安定しているので、週明けからは坂路でのキャンターも始めています。引き続きトレッドミルとの併用になりますが、まずは乗り慣らしつつ脚元の状態をチェックしていきます」(NFしがらき担当者)

◆ステファノス◆
11/12  藤原英厩舎

11日は軽めの調整を行いました。
「先日、予備登録をさせていただいた香港競馬ですが、このたび招待状が届きましたので、JRAを通じて受諾させていただく予定です。天皇賞が終わって10日間ほど経ちましたが、脚元を含めて馬体にはダメージも見られず、疲れが出てくるようなこともありません。この中間も順調そのものですよ。水曜、木曜と坂路で普通キャンターを乗っていますが、いい身のこなしを見せていますよ」(藤原英師)

12月13日のシャティン競馬(香港C・芝2000m)に出走を予定しています。

◆グレナディアーズ◆
11/10  NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も週に2、3回は15−15を乗るようにしています。今朝は終い14秒まで伸ばしましたが、行きっぷりも良くハミをしっかりと取って走っていましたよ。馬体に関しては何も心配するところはありませんし、あとは移動に向けてさらに気合いを乗せていきたいところです」(NFしがらき担当者)

◆アヴニールマルシェ◆
11/12  藤沢和厩舎

11日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒0−53秒8−39秒7−12秒7)。
12日は軽めの調整を行いました。
「少しずつ調整のピッチを上げてきていますよ。今週は昨日水曜日にウッドチップコースでの追い切りを行いました。他の馬たちと併せましたが、前半は僕が跨ったアヴニールが先行していく形でした。体全身を使って気分よく走れていましたし、フットワークは終始よく、良い動きを見せてくれていたと思うんです。精神面もフレッシュさが感じられる状態で正直これという不安はないんです。強いて言えば動きすぎるということでしょうか…。これだけのバネで体全体を良く使って走っているわけですが、競馬ではさらにギアを上げて走ることを求められます。それがあるのだろうか…とつい思ってしまうくらいなので、そのあたりの変化が今後見たい部分と言えるかもしれませんね。除外権を獲っていければと思い今週の競馬に特別登録していましたが、ハンデ優先で入ってしまう可能性があったので投票は見送りました」(千島助手)

15日の東京競馬(オーロC・芝1400m)へ出馬投票は見送り、今のところ28日の東京競馬(キャピタルS・芝1600m)に出走を予定しています。

◆ベルディーヴァ◆
11/10  NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「周回コースは2000mほどの距離を軽めのキャンターで乗り、坂路ではハロン17秒という感じでじっくりと乗り込みを続けています。特にこれといった不安もなく来ていますし、いつでもペースアップ可能な状況ですが、オーバーワークにならないように気をつけて、焦らず成長を促していきたいと考えています」(NFしがらき担当者)

◆レプランシュ◆
11/10  NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「念のためしっかりと馬体チェックを行いましたが、休み明けを一度使った後で馬は自然と活気が出て良くなっている感じです。大きな反動もありませんので、先週後半からは普通キャンターを開始、今朝は終いを15秒ぐらいまで伸ばしています。いい間隔を取りながらレースを使って行くことで馬体に身が入ってくるだろうと高野師とも話をしているところで、そう遠くなく帰厩させるプランもありますので、そのつもりで緩めず動かしていきます」(NFしがらき担当者)

◆グルーヴィタイム◆
11/10  NFしがらき

軽めの調整を行っています。
「近々の移動も視野に入れていたところだったのですが、この中間、右前脚に骨りゅうが出てしまい、今は少し痛みもある状況です。出始めで馬も気にしているので、しばらくは運動程度に留めてケアを行い、落ち着いてから乗り出す予定です」(NFしがらき担当者)

◆ストライクイーグル◆

11/11  高野厩舎

11日は軽めの調整を行いました。
「早ければ今週からデビューを考えていくつもりでしたが、先週末に熱発してしまったため、楽をさせて様子を見ていました。治療を行って熱はすぐに下がりましたが、ちょっと元気もなくなっていたのでどうかと思ったんです。でも、血液検査の結果は炎症を示す数値にも異常がなく、昨日あたりからケロッとしてきました。このあたりは若さかもしれませんね。今朝は坂路で普通キャンターも消化できていますので、このままなら少し予定をずらせば問題なさそう。まだ具体的な番組は決めていませんが、来週か再来週か、この開催中には使って行けると思います」(高野師)

2015年11月 8日 (日)

天皇賞結果

遅ればせながら天皇賞観戦記です。

ほんとはちゃんと書きたかったんだけど、
月曜日→親しらず抜歯
火曜日→痛みで撃沈
水曜日→また歯医者
木曜日→内視鏡検査前日
金曜日→内視鏡検査→ポリープとられる

てな1週間でしてなかなか書く時間が…
あっ、ちなみに内視鏡は前々からの予定の検診で先々週の腫瘍マーカーとは関係ないっすよ。
ちょっと胃の組織をとられたのが心配ですが、結果は2週間後です。おそらく普通の胃炎だと思うけど念のためという医者の言葉を信じますよ。

さて、ご存じのとおり先週は天皇賞(秋)にステファノスが出走!てなわけで、府中に遠征してきました。
府中遠征はアヴニールのマイルカップ以来今年2回目♪てか、これまで何回かG1で関東に遠征しましたが、すべて春だったので秋のG1は初めてでした。


前日から府中入りして、天皇賞当日は8時40分くらいに競馬場に到着し、スタンドで座席を探したんですが…

…無い…全く

みんなめっちゃ早いっすね。天皇賞をなめてましたよ。

土曜日にも競馬場にいったんだけど、その時にえらい長い徹夜組だなぁとは思ってましたが、まさか8時半で席が全部ないとはね。

でも、1レースのファンファーレで歓声が上がったとき、あぁ秋天ってこんなに盛り上がるんだぁって納得できました。

前々から思ってましたが、絶対関東の人の方が関西より競馬が好きですよね。
さすが江戸っ子ですよ。


さて、天皇賞のパドックでみたステちゃん。
ステと会うのは3歳春以来、ずいぶん久しぶりの再会。その再会が天皇賞という古馬最高峰の場所なんて感無量でした。


パドックのステは毛艶もピカピカだし、さすが藤原師だなぁ…と思える仕上がりでした。ベストターンドアウト賞があれば、香港に続き、きっと受賞できたんだろうなぁ。

人気は11番人気(最終的には10番人気)でしたが、別に負ける気はしませんでしたよ。
まぁ勝てる自信も無いですけどね(笑)


で、パドックが終わり本場馬入場…と行きたいところですが、人の頭の隙間からちょろっと見えたくらいで。さして感想もありません。

そして、いよいよ発走!
ファンファーレからものすごい歓声です。このスタンドもうまいこと反響してるんだろうなぁ。大迫力だなぁ。なんてしょうもないことに感動してる間に次々とゲートイン。ステは14番で最後の方に入ったのでゲートでまたされることがなく良かったです。

そしてスタート!

いきなり押してすっと中段前目に押し上げ、さっと馬の隊列の中に入れて折り合う。
理想的なスタートだ!やってくれるぜ!戸崎!

そっから先、4角当たりまであんまり動きなく最終コーナーへ。
せいぜいうわっクラレントが逃げてる!
って思ったのと
1000通過時計を聞いて、遅っ!また前の競馬か!
って思ったくらい。

そして、いよいよ最後の直線へ

伸びるのか、ダメなのか…スローだしな…どうやろ?毎日王冠の二の舞か?

なんて思いながら半信半疑でみてましたが、手応え等々から徐々に快進撃が始まるのがなんとなくわかりました。

うおっ!伸びてくるわこれ!

行けぇ!ステぇっ!

オレちゃんの絶叫も始まりました。

1完歩1完歩、次々と前の馬をとらえていくステちゃん。

キタキタキタ〜っ!マジできたよ!

ステ〜っ!差せ差せ差せ〜っ!

オレちゃんの絶叫もエスカレート!

これは勝てる!って思ったけど、ふと視線を変えるとまだ内になんかいました。

差せやオリャー!ウリャー!

オレちゃんの絶叫もクライマックス!

勝てる!勝てる!勝てる!
その先頭の馬も追い詰めマジで勝てるって思ったけど、半馬身差まで迫ったところで無情にもゴールが…


あらららら…ここまでかぁ…
嬉しいような悔しいようなへんな感じでした。
なんちゅうか、大興奮の後の脱力感でいっぱいでした。

ちなみにここまで何が勝ったやら、何が3着やら全然わかってません。
それくらいステしかみてませんでした。

ようやくターフビジョンに写されるリプレイをみて勝ったのはラブリーデイ、3着がイスラボニータ、4着がショウナンパンドラというのがわかりました。

G1馬→ステ→G1馬→G1馬ですよ。


中京でみたデビュー戦敗戦
少しの足踏み…

早い上がりが無いだとダート向きだのと言われてましたっけ。調教師にすら…

運良く出れた皐月賞で見せた素質の片鱗。
その後も1戦ごとに確実に強くなってきたステちゃん。
ついにここまで登りつめてきましたよ。

皐月賞で完敗したイスラボニータに、セントライトで半分追い付き、道悪の中山記念をノーカウントとしてあげても、見事に差しきり完勝。

戦前はラブリーデイには不利がない限り敵わないと思ってましたが、結果内々を通ったラブリーデイに外外回して半馬身差だから、もはや射程圏といってもいいでしょ。

レース後解説で、アンビシャスが折り合ってたら2着があっただの、パンドラがコース取りしだいで2着があっただの言ってる記事を見ましたが、ステが…ってのは聞かないよね。
まぁ、自分たちの印に対する言い訳なんだろうけど、
後でパトロールを見て、ぶっちゃけアンビシャスに外に張り出されて下げるロスがなければステがラブリーデイを差しきってたんじゃない?と思うのはオレちゃんだけか?

トライアンフの皐月賞2着以来のGⅠ2着。また全然違った嬉しさがありますね。

天皇賞2着。

負けたけどなかなかの勲章です。

藤原厩舎の皆さん、関係者の皆さん、応援してくれた皆さん、どうも有難うございました。

次の予定は香港カップ。
QEⅡ2着、天皇賞2着の実績で多分選出されるでしょう。

楽しみですねぇ。

がんばれステちゃん!
目指せ最強馬!

○11/1(藤原英厩舎)
1日の東京競馬ではまずまずのスタートから道中中団を追走する。直線では外から懸命に脚を使って勝ち馬に迫ったが、半馬身届かず2着。
「状態は上がっていましたし、とにかく位置取りに気を付けて進めました。いい形で進められたと思っていたのですが、勝負どころで終始内から押し出されてしまいました。あそこが更にスムーズであれば違った結果も出ていたかもしれないだけに悔しいです。
どんどん力を付けてきているのがわかりますし、まだ良くなってきそうですね。一番いい結果を出せず本当に申し訳ありませんでした 」(戸崎騎手)

「枠に関しては我々はどうすることもできないんだけど、このトリッキーなコースでのG1だからこそオープンにして自分達の手で選びたいですよね。それによって今日よりも外になった可能性はあったし、もちろん今日の勝ち馬は強かったけど、やっぱり枠の影響は大きかったと思います。毎日王冠から結果を出すことができればベストとはいえ、戸崎とはとにかく天皇賞へ向けて、その時点からどういう競馬をすべきかしっかりと話して、あのような競馬をしてもらいました。その後は休養明けを叩いて狙い通りに上向いてくれましたし、中山記念あたりから秋の最大目標としていたここに、万全の仕上げで勝負に来ました。う~ん、それだけに勝てなくて本当に申し訳ない。春の香港で力のあるところは見せてくれたけど、当然、日本のトップレベルとだってやれる馬ですから、あとは結果で証明するだけだったのですが…。もちろん、ここで下を向いてはいけないし、これから先にこの悔しさを晴らしていきたいです。この後は先日予備登録させてもらった暮れの香港に行きたいと
考えていますが、まずは選出されるかどうか。そして例え選ばれたとしても、自信を持って送り出せる状態でないと行けませんから、レース後の状態をしっかりと見極めていきたいですね」(藤原英師)

直線では先に抜け出した春のグランプリホースに迫ってくれましたが、コース替わりで内馬場の伸びも悪くなく、そこを通った勝ち馬を交わし切ることはできませんでした。勝ち負けを意識できただけに悔しい限りですが、道中の流れが落ち着き、枠を活かして好位から運んだ相手により有利な状況でしたし、決して力負けではないでしょう。今後については香港競馬を目標のひとつにしていますが、あくまでのレース後の馬の状態を確認してから、この馬の将来を見据えた選択をしていきたいところです。


■近況■
○11/4(藤原英厩舎)
4日は軽めの調整を行いました。

「枠順が違えばまた結果も違っただろうという気持ちはありますが、それにしても馬はよく頑張ってくれました。ここを目標に状態も良くなっていましたし、力のあるところは示せた内容でした。レース後ですが、今のところは特に大きな反動は見せていません。すでに予備登録を終えている香港が目標になりますが、まずはもう少し時間をかけて脚元を含めてしっかりと馬体のチェックを行っていきます」(藤原英師)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »