« 日曜日の結果 | トップページ | 今週の近況 »

2015年10月 9日 (金)

今週の近況

いよいよ今週末となった毎日王冠にステちゃんが満を持して出走します。
いやぁ、1戦1戦、着々と強くなってきてここまで来ましたよ。

ライバルには、スピルバーグ、イスラボニータ、ダノンシャーク、リアルインパクトのG1馬をはじめ、安田2着のヴァンセンヌ、札幌記念勝ち馬ディサイファ、そしてエイシンヒカリに3歳馬アンビシャスなどなど、さすが秋天の前哨戦だけあってそうそうたる顔ぶれです。
かくいうステちゃんだって、QEⅡ2着という輝かしい戦績を引っさげての参戦、勝てる自信なんてないけど特にどいつにも戦前から負ける気はしないというのが正直なところです。

今回やはり心配な点は、府中の開幕馬場ということです。
実際去年の富士Sを勝ってるし、新潟で実施されたセントライトで好走してるんだから、軽い馬場でも走れるとは思いますが、やはり少々力のいる馬場のほうがむいていると思うし。
多分今回のメンバーの中でQEⅡで2着に来れる馬はステ以外といないとおもいますからね。
あと、ゆうても去年の富士Sからこちら、中山記念とQEⅡのみという、ほぼ1年で3戦しかしていないというところでの実戦感覚みたいななつ?こればっかりは厩舎の腕を信じるしかないです。春は、この秋に向けて宝塚をけっとばして休養に入ったんですし。
ほんま、こんな使われ方、藤原厩舎じゃなかったらキレるで(笑) 逆にこれでしゃあないかあと思ってしまっているところが藤原厩舎のすごいところですね。

とにもかくにも秋の天皇賞に向けて、一躍主役に躍り出るか!はたまた・・・
というなんとも楽しみな1戦となりそうです。


あと、土曜の京都牝馬限定500万下(ダート1400)にベルディーヴァが出走します。
鞍上は前走に引き続き福永騎手が手綱を取ってくれます。
まあ普通なら未勝利勝ったばかりで500万ってかなり厳しいとは思いますが、前走が牡馬混合のスーパー未勝利だったし、なんとかならないかなあと密かに期待をしています。


あと先週の競馬で5着に健闘したグルーヴィは放牧にでました。
せっかく優先権とれたのにぁ・・・
まぁまだ色んな意味で成長が必要だし、いい放牧になることを期待します。


今週はこんな感じです。
◆コメットシーカー◆
10/6  NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「この中間もトレッドミルでの調教を進めています。右前脚の状態は安定しているとはいえ、長い休養明けでこちらに着いて乗り込んできた疲れも抜けていませんから、負担がかからないように慎重に進めていこうと思っています」(NFしがらき担当者)


◆ステファノス◆
10/7  藤原英厩舎
7日は栗東CWコースで追い切りました。
「先週は金曜日にCWコースで終い重点に追い切って、その後も順調そのものです。今週は、今朝CWコースで併せ馬。相手を追いかける形から、最後直線で差すという指示でしたが、そのとおりしっかりとした伸びできっちり先着しましたよ。時計も、手元の計測で6ハロン82秒5、ラスト1ハロンは11秒9でした。久々ですしここはメンバーも揃っていますが、この馬としてはいい形で調整を続けられましたし、今日のひと追いで態勢は整ったと思いますよ」(荻野助手)

11日の東京競馬(毎日王冠・芝1800m)に戸崎騎手で出走を予定しています。
10/8  藤原英厩舎
11日の東京競馬(毎日王冠・芝1800m)に戸崎騎手で出走いたします。


◆グレナディアーズ◆
10/6  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「引き続き、週に3回ほど坂路に入れて、適宜併せ馬を取り入れるなど気持ちを入れるような調教に取り組んでいます。馬体自体にはまったく問題はありませんし、もう少し自分から行く気を見せるようになってくれれば、同じ調教でも中身の濃さが違ってきます。できるだけ前向きに走ってくれるように工夫して取り組んでいきます」(NFしがらき担当者)


◆アヴニールマルシェ◆

10/7  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。
「この中間も気を抜かずにじんわりと動かしてきていますが変わりなく乗ることができていますよ。これまではどちらかというとなかなか体が回復しづらい馬でしたけれど、今回は前走後のダメージが少なかったからか、または復調してきているからなのか、体の膨らみ方が比較的いいと思います。何とかこの感じで乗り込んでパワーアップを図っていって次走で巻き返せるようにしたいですね。馬体重は515キロです」(天栄担当者)


◆ベルディーヴァ◆
10/7  高野厩舎
7日は栗東坂路で追い切りました(54秒4-39秒4-25秒6-12秒7)。
「今朝は坂路で併せて追い切りました。目一杯というわけではなく、相手に合わせて少し強めにという感じだったのですが、最後までしっかりした脚取りでいい手応えのままゴールしてくれました。体つきも大きく見せてくれていますし、ここにきて中身が入ってどっしりとしてきた印象がありますね。引き続き、前走後からの反動もなく状態に関してはケチのつけようがありません。これならば昇級初戦でも楽しみは大きいのではないでしょうか」(高野師)

10日の京都競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)に福永騎手で出走を予定しています。
10/8  高野厩舎
10日の京都競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)に福永騎手で出走いたします。


◆レプランシュ◆
10/7  高野厩舎
7日は栗東坂路で追い切りました(54秒4-39秒0-25秒2-12秒6)。
「今朝は坂路で併せて追い切りました。ビッシリと追って最後は少し遅れてしまいましたが、動きとしては戻ってきてから実質1本目の時計ということを考えると『まずまず』といったところですね。ただ、デビュー前は調教の動きからもまだまだかなと感じていた部分もあったので、その頃と比べれば少しずつ馬は良くなってきていると思いますよ。レースまでは週末も入れるとあと4本追い切ることができますから、これからキッチリと態勢を整えていきたいですね」(高野師)

24日の東京競馬(アイビーS・芝1800m)に内田騎手で出走を予定しています。



◆グルーヴィタイム◆
10/7  NFしがらき
6日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「ここにきてどんどんと筋肉がついてきて、こちらが思っていたよりもだいぶプラスの馬体重での出走となりました。ただ、それでも極端に太かったというわけではありませんし、現状ではあともうひと絞りできれば理想かなという体つき。レースの前半は追走に苦労しましたが、直線でゴチャつきながらも最後はメンバー最速の上がりでよく追い込んできてくれましたね。気性的に幼く、遊び遊びでまだマジメに走っているような感じではありませんでしたが、それであの内容ならば初戦としては見どころはあったんじゃないかと思います。レース後、大きな馬体の傷みはありませんでしたが、ゲート練習からデビューまでずっと続けて調整をしてきたので、このタイミングで一度リフレッシュさせてあげたいと思い、昨日放牧に出させていただきました。牧場での状態と相談しながら復帰の時期を考えていきますが、あのレースぶりならば距離はもう少しあっても対応できそうですし、そのあたりも含めて検討していきます」(西村師)



◆ストライクイーグル◆
10/6  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も順調に乗り込んでいます。骨りゅうの影響で少しペースを落とした時期もありましたから、急激なペースアップはせずにじっくりと進めてきましたが、ここからは移動を視野に入れた調整を行っていけそうです。先週から週に2回程15-15を行っている状況ですが、このまま反動がなければさらに終いを伸ばすような調教も取り入れていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

« 日曜日の結果 | トップページ | 今週の近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

天皇賞出すのか?出れないのか?どうすんのか?いつわかんのかな?

負けやがって
(ヽ`д´)┌┛★)`з゜)

○| ̄|_=3ヾノ(-µ-)クッサ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日曜日の結果 | トップページ | 今週の近況 »