« 今週の近況 | トップページ | グラツィオーソお疲れ様 »

2015年8月17日 (月)

今週の結果

今週の結果です。

まず、本日の小倉2レースに出走したベルディーヴァですが、10着・・・しかも、全くいいところなくって感じでした。
騎手はロスなくいい感じで乗ってくれたと思うので、前走の結果もあわせて、多分距離が長かったんだろうと思います。
しかし、じゃあマイル以下に短縮して道中ついて行って最後切れるの?といえばその保障もなく・・・
出走回数が少ないので9月の未勝利のどこかに出られるとは思いますが、では一体どこに・・・色んな意味で難しいですね。
去年の夏、かなり大きな怪我をしたベルディーヴァ。ボルトを入れる手術をし、懸命に復帰を目指し、こうして元気な姿を見せてくれたんだけど、本来の持っていた競争能力は戻らなかったのかもしれない。
血統もいいし、兄弟も活躍しているし、もしも繁殖牝馬として牧場に行けるようなら、僕はこのまま引退でも構わないと思います。いや、それを一番望んでいるのかもしれない。
亡きフレールの妹のこの子が元気ならそれでいいですよまじで。


さて、もう一頭の出走馬レプランシュはというと


見事優勝してくれましたヽ(^o^)丿


昨日行われた新潟5レース新馬戦。レプランシュはゲートこそ五分に出たもののすぐに遅れはじめ、道中はなんか外へ逃げるようなおかしな仕草で最後方を追走となりました。しかもペースが新馬戦特有の超スロー。あげく4角で早々と気合い付けの鞭が入るという競馬。

ここまでの状況を見たら、だいたいの人が

『ああ、むりだ( ´・ω・`)』

と頭を抱えると思います。

それに、戦前の調教市のコメントも
『今は成長途上で実戦を使いつつかなという気はしていますが、能力は感じますし、次につながるレースを期待したいですね。』
という早々と敗北宣言みたいなコメントでしたから。4番人気だというのもうなづけます。

ところがですよ。( ; ゜Д゜)


残り400を過ぎたあたりから、末脚が炸裂しはじめました。

『これもしかしたら差しきれるかも!!』

と思いましたが、なにぶんドスローの分、内の馬たちも余力たっぷりだったはずで、とくに最後の1頭、逃げてたデムーロの4番君にはなかなか追いつけない。
アヴニールでこういうシーンからの惜敗は何度も見てきた光景なので、一瞬またなのか(`Д´)と思いましたが、残り100あたりで手前を替えてるとグイッともうひと伸びし、先頭でゴールしてくれました。

ほんと、惜敗するのと勝つのでは天と地ほどの差があるということを、アヴニールで嫌というほど経験しましたからね。

しかしまあ、逃げ馬が残る展開を大外ぶん回して直線で全馬ごぼう抜きとはなんちゅう競馬をしてくれんねんと思い、ふと見たレースの上がりが33.5・・・
じゃあ一体それを差し切ったレプランシュの上がりはいったいいくつなのか?

答えは、なんと32.4・・・

びっくりです∑(=゚ω゚=;)

しかも、レース後のコメントで、スタート後の行き脚がつかなかったのも、道中のおかしな行動も、ほかの馬を気にしてのことだったみたいで。。


つまり!!

良化途上のとりあえずの経験出走みたいなレースで、しかも道中他馬を気にしてレースになっていない状態で、能力のみで大外一気で勝ってしまったというわけですよ。

まあ、勝ち時計も遅いし、内容が内容だし、他馬のレベルもよくわからないですが、もしかするともしかするかもしれませんよこれ。

いやあ、来春が楽しみになってきたなあ
(*゚∀゚)=3 ムッハー!!


□クラブコメント□

◆レプランシュ◆

8/15  高野厩舎

15日の新潟競馬ではスタート後に行き脚がつかず後方からに。道中はそのままジックリと運び、直線では外からしっかりと伸びて見事優勝。

「返し馬でちょっとまわりの馬の様子を気にするところを見せていたのですが、ゲートの中でも他馬の動きにつられてソワソワ落ち着きがなく、体勢の悪いときにゲートを切られてしまいました。そんなスタートになってしまっただけでなく、出てからも外に逃げ気味だったのでとにかく落ち着かせるために下手に動かさずに後ろから腹を括って行きましたが、正直ペースが遅かったのでどうかとは思いました。それでも長い直線ですから最後まで諦めずに追ったのですが、いや〜、いい脚でしたね。柔らかくていい馬だなとは感じたものの、その分まだ緩いというか、芯が通っていない現状でもこれだけやれるのですから、たいした馬です。良くなるのはまだ先かなとは思いますが、これからの成長も本当に楽しみになりましたね。今日はありがとうございます」(内田騎手)

「トレセンでのゲート練習や試験ではすごくスムーズとまではいかなくてもそれなりに対応してくれていたのですが、初めての環境でなおかつ競馬の頭数ということもあったのか、まわりを気にしてしっかりと駐立できずに出がもうひとつになってしまいました。正直流れも流れだったので楽ではないなと見ていたのですが、ジョッキーは焦らずにしっかりと力を引き出してくれ、予想以上の切れ味を見せてくれましたね。レース直後の歩様は問題なく、まずは無事に初戦を走ってくれたのが一番ですが、なおかついい結果を出してくれて嬉しいですね。ご声援ありがとうございました。
強い勝ち方をしてくれましたからすぐにでも次を考えていきたいところですが、正直ゲートにしろ、道中の走りにしろ幼さがあって、粗削りであったのは否めませんし、馬体もまだこれからですから、現状ではあれもこれもと詰め込み過ぎないようにしていきたいですね。まずはトレセンで状態をチェックしてからになりますが、先々でより素晴らしいパフォーマンスをお見せできるようしっかりとやっていきますので、これからも応援よろしくお願いいたします」(高野師)

ゲートの出や前半の進みっぷりから厳しい戦いも考えられたほどですが、結果的には大外から鋭い伸びを見せて逃げた2着馬をきっちりと交わしてくれました。今日の走りからも今後が楽しみになったのは言うまでもありませんが、今後の成長も必要になりますから、あくまでも馬の状態を第一に次をどうするか決めていきます。

◆ベルディーヴァ◆
8/16  高野厩舎

16日の小倉競馬ではゆっくり目のスタートから促して中団を追走。道中モタつき気味ながら直線はジリジリ脚を使ったが10着。

「スタートが決まればもっと前で進めたかったのですが、もうひとつタイミングが良くなくて、中団からの競馬になりました。それでもスムーズに運べるポジションでしたし、ここなら悪くないと思いましたが、やはり初ダートで多少下を気にしていましたし、砂を被ってちょっと嫌がるようなところも見せていました。フットワーク自体はダートは問題ないので、続けて使えば慣れてくれると思います」(松若騎手)

初ダートで内枠でしたし、もう少し前に行ければ良かったのでしょうが、道中はややキックバックを気にしていたようで力を出しきれませんでした。走り自体はダートもこなせるとのことでしたし、なんとか残り少ないチャンスをものにしてもらいたいところです。この後は馬体を確認してから検討していきます。

« 今週の近況 | トップページ | グラツィオーソお疲れ様 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1090989/61201898

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の結果:

« 今週の近況 | トップページ | グラツィオーソお疲れ様 »