« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月27日 (木)

カタログ

カタログ
カタログ
キタ━━━(゜∀゜)━━ッ

楽しい日々の始まりだ!

2015年8月26日 (水)

グラツィオーソお疲れ様

いよいよ今年の1歳馬募集がはじまります!

今年は前年度最優先落選権を持っているので、馬選びにも力が入りますね♪

そんな中、お別れとなってしまった馬も…

先週の土曜日小倉7レースに出走したグラツィオーソ、負けたら内容によれば即終了という背水の陣だったのですが…

追走にもいっぱいいっぱいという感じで、見所なく敗北…やはり、そのまま引退となってしまいました。

未勝利馬の引退はこの時期の恒例のこととはいえ、地方転出なしでの引退は久々でした。
ただ、デビュー以来の内容からして、全く勝てるイメージがわかなかったので、こうなるだろうなぁとは覚悟していたので、珍しくショックはありません。

でも、グラツィオーソにとって第2の人生があるのかなぁ…ズバリ言ってしまえば、この先も生きることが出来るのかなぁ…それとも死…と考えるとやはりへこみます。

この世界に関わると直接であれ知らないところであれ必ず起こっている事だし、見てなければセーフ、見えたらアウトって問題でもありません。

言い方わるいですが、やはり、僕たちは生き物の命で遊んでいるという本質を知り、理解し、その上で目に見える馬たちを応援していきたいなと思います。


■近況■
○8/22(引退)
22日の小倉競馬では五分のスタートを切るもなかなか行き脚がつかずに後方から。3コーナーあたりで手応えが徐々に怪しくなり、直線も伸びは見られず14着。

「前についていこうと思ったのですが、促したところで走りがバラバラになってしまい、なかなか進んでいくことができませんでした。全体的にまだパンとしきれていませんし、脚捌きも少し硬い感じがしました。馬は最後まで頑張って走ってくれているのですが…。せっかく乗せていただいたのに、いい結果を出すことができず申し訳ありませんでした」(大下騎手)

「馬は頑張って走ってくれているんですけどね。ダートに戻して、もう少しやれないかと思ったのですが、残念ながら見どころのないまま終わってしまいました。歩様も硬く、まだパンとしきれていないのでしょう。ゴール入線後も、バランスを崩しそうになるほどでした。いい素質はありそうなだけに何とかしてあげたかったのですが、申し訳ありません」(藤岡師)

前走は芝での敗戦となりましたが、流れに乗って追走できていた初戦を見直し、条件をダートに戻しての出走となりました。ただ、スタートから行き脚がつかず、道中も追走するだけで手一杯になってしまい、体力的にきついのかフォームもバラバラで変わり身を見せることはできませんでした。これまでの戦績、そして今日のレース結果からこれ以上の上積みを見込むのは困難であると判断し、藤岡健一調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

2015年8月17日 (月)

今週の結果

今週の結果です。

まず、本日の小倉2レースに出走したベルディーヴァですが、10着・・・しかも、全くいいところなくって感じでした。
騎手はロスなくいい感じで乗ってくれたと思うので、前走の結果もあわせて、多分距離が長かったんだろうと思います。
しかし、じゃあマイル以下に短縮して道中ついて行って最後切れるの?といえばその保障もなく・・・
出走回数が少ないので9月の未勝利のどこかに出られるとは思いますが、では一体どこに・・・色んな意味で難しいですね。
去年の夏、かなり大きな怪我をしたベルディーヴァ。ボルトを入れる手術をし、懸命に復帰を目指し、こうして元気な姿を見せてくれたんだけど、本来の持っていた競争能力は戻らなかったのかもしれない。
血統もいいし、兄弟も活躍しているし、もしも繁殖牝馬として牧場に行けるようなら、僕はこのまま引退でも構わないと思います。いや、それを一番望んでいるのかもしれない。
亡きフレールの妹のこの子が元気ならそれでいいですよまじで。


さて、もう一頭の出走馬レプランシュはというと


見事優勝してくれましたヽ(^o^)丿


昨日行われた新潟5レース新馬戦。レプランシュはゲートこそ五分に出たもののすぐに遅れはじめ、道中はなんか外へ逃げるようなおかしな仕草で最後方を追走となりました。しかもペースが新馬戦特有の超スロー。あげく4角で早々と気合い付けの鞭が入るという競馬。

ここまでの状況を見たら、だいたいの人が

『ああ、むりだ( ´・ω・`)』

と頭を抱えると思います。

それに、戦前の調教市のコメントも
『今は成長途上で実戦を使いつつかなという気はしていますが、能力は感じますし、次につながるレースを期待したいですね。』
という早々と敗北宣言みたいなコメントでしたから。4番人気だというのもうなづけます。

ところがですよ。( ; ゜Д゜)


残り400を過ぎたあたりから、末脚が炸裂しはじめました。

『これもしかしたら差しきれるかも!!』

と思いましたが、なにぶんドスローの分、内の馬たちも余力たっぷりだったはずで、とくに最後の1頭、逃げてたデムーロの4番君にはなかなか追いつけない。
アヴニールでこういうシーンからの惜敗は何度も見てきた光景なので、一瞬またなのか(`Д´)と思いましたが、残り100あたりで手前を替えてるとグイッともうひと伸びし、先頭でゴールしてくれました。

ほんと、惜敗するのと勝つのでは天と地ほどの差があるということを、アヴニールで嫌というほど経験しましたからね。

しかしまあ、逃げ馬が残る展開を大外ぶん回して直線で全馬ごぼう抜きとはなんちゅう競馬をしてくれんねんと思い、ふと見たレースの上がりが33.5・・・
じゃあ一体それを差し切ったレプランシュの上がりはいったいいくつなのか?

答えは、なんと32.4・・・

びっくりです∑(=゚ω゚=;)

しかも、レース後のコメントで、スタート後の行き脚がつかなかったのも、道中のおかしな行動も、ほかの馬を気にしてのことだったみたいで。。


つまり!!

良化途上のとりあえずの経験出走みたいなレースで、しかも道中他馬を気にしてレースになっていない状態で、能力のみで大外一気で勝ってしまったというわけですよ。

まあ、勝ち時計も遅いし、内容が内容だし、他馬のレベルもよくわからないですが、もしかするともしかするかもしれませんよこれ。

いやあ、来春が楽しみになってきたなあ
(*゚∀゚)=3 ムッハー!!


□クラブコメント□

◆レプランシュ◆

8/15  高野厩舎

15日の新潟競馬ではスタート後に行き脚がつかず後方からに。道中はそのままジックリと運び、直線では外からしっかりと伸びて見事優勝。

「返し馬でちょっとまわりの馬の様子を気にするところを見せていたのですが、ゲートの中でも他馬の動きにつられてソワソワ落ち着きがなく、体勢の悪いときにゲートを切られてしまいました。そんなスタートになってしまっただけでなく、出てからも外に逃げ気味だったのでとにかく落ち着かせるために下手に動かさずに後ろから腹を括って行きましたが、正直ペースが遅かったのでどうかとは思いました。それでも長い直線ですから最後まで諦めずに追ったのですが、いや〜、いい脚でしたね。柔らかくていい馬だなとは感じたものの、その分まだ緩いというか、芯が通っていない現状でもこれだけやれるのですから、たいした馬です。良くなるのはまだ先かなとは思いますが、これからの成長も本当に楽しみになりましたね。今日はありがとうございます」(内田騎手)

「トレセンでのゲート練習や試験ではすごくスムーズとまではいかなくてもそれなりに対応してくれていたのですが、初めての環境でなおかつ競馬の頭数ということもあったのか、まわりを気にしてしっかりと駐立できずに出がもうひとつになってしまいました。正直流れも流れだったので楽ではないなと見ていたのですが、ジョッキーは焦らずにしっかりと力を引き出してくれ、予想以上の切れ味を見せてくれましたね。レース直後の歩様は問題なく、まずは無事に初戦を走ってくれたのが一番ですが、なおかついい結果を出してくれて嬉しいですね。ご声援ありがとうございました。
強い勝ち方をしてくれましたからすぐにでも次を考えていきたいところですが、正直ゲートにしろ、道中の走りにしろ幼さがあって、粗削りであったのは否めませんし、馬体もまだこれからですから、現状ではあれもこれもと詰め込み過ぎないようにしていきたいですね。まずはトレセンで状態をチェックしてからになりますが、先々でより素晴らしいパフォーマンスをお見せできるようしっかりとやっていきますので、これからも応援よろしくお願いいたします」(高野師)

ゲートの出や前半の進みっぷりから厳しい戦いも考えられたほどですが、結果的には大外から鋭い伸びを見せて逃げた2着馬をきっちりと交わしてくれました。今日の走りからも今後が楽しみになったのは言うまでもありませんが、今後の成長も必要になりますから、あくまでも馬の状態を第一に次をどうするか決めていきます。

◆ベルディーヴァ◆
8/16  高野厩舎

16日の小倉競馬ではゆっくり目のスタートから促して中団を追走。道中モタつき気味ながら直線はジリジリ脚を使ったが10着。

「スタートが決まればもっと前で進めたかったのですが、もうひとつタイミングが良くなくて、中団からの競馬になりました。それでもスムーズに運べるポジションでしたし、ここなら悪くないと思いましたが、やはり初ダートで多少下を気にしていましたし、砂を被ってちょっと嫌がるようなところも見せていました。フットワーク自体はダートは問題ないので、続けて使えば慣れてくれると思います」(松若騎手)

初ダートで内枠でしたし、もう少し前に行ければ良かったのでしょうが、道中はややキックバックを気にしていたようで力を出しきれませんでした。走り自体はダートもこなせるとのことでしたし、なんとか残り少ないチャンスをものにしてもらいたいところです。この後は馬体を確認してから検討していきます。

2015年8月14日 (金)

今週の近況

先週のジャイアンはひどい結果でしたね。。。
4角で脚がなくなってビリとは・・・レース内容を書く気になれません。
別にレースの内容には不満はありません。うまく乗ってくれたと思います。
不満は、これまでの調教過程、レースへの臨戦過程、レース選択などなど、、

ぶっちゃけ転厩を希望します。(* ̄0 ̄)ノ

気を取り直して今週の話。

明日の新潟芝1800でレプランシュがデビューします!!

ただ鞍上が内田騎手というのが微妙なところ・・・

内田は剛腕のイメージがあるけど、別に新馬戦なんてそんな追ってくれなくてもいいし。
なにより、恨みがあるというか・・・
トライアンフの負けた安田記念。。前週にダービーを勝ち浮かれていたのか、超ハイペースを道中でまくり気味に動き最後後方待機馬に差されるというあほみたいな騎乗・・・変に動かなければ勝てたと今でも思っています。。
しかもその後屈腱炎になってしまったし。。。ほかにもアダムスピークだって内田が乗って勝った直後に屈腱炎が再発したし。。。偶然だろうとは思いますが、イメージ的には最悪なんです。

長らく疎遠で存在すら忘れかけていたのにここにきて来るとはなって感じです。

(´-д-`)え・・じゃあキタ○ラとどっちがいいって・・・

福永がいいです。

まあそんな話はおいといて、今年の2歳馬デビュー第1号だし、ディープっ子だし、価格的に言って、ここにがんばってもらわないと。

新聞を見ると△評価くらいですが、やはり勝ちを期待したいですね。

そして今週はもう1頭、3歳馬ベルディーヴァが日曜小倉未勝利ダート1700に出走します。
初のダートとなりますが、とにかく何を言っても通常の未勝利戦はこれが最終となる悲壮感たっぷりの出走になるので何とかしてもらわねば困ります。
出走回数から9月のスーパー未勝利も出れるでしょうが、レベルが上がりますからね。
やはり牝馬限定のここでなんとかしたいところです。
調教も水準の時計で走ってるし適鞍さえ見つかればなんとかなるとは思いますが、まだ何が適鞍なんだか。。。前走は芝2000で完全に脚があがりましたしね。

さらにはもっと悲壮感漂い中のグラツィオーソも近々に出走を控えてるし、ドキドキの8、9月戦線です。

◆コメットシーカー◆
8/12  NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンターを2本登坂しています。
「引き続き、順調に日々のメニューをこなすことができています。この調子で更に負荷をかけていくことで、復帰を目指して取り組んでいければと考えています」(空港担当者)


◆ジャイアントリープ◆
8/13  NFしがらき
13日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「先週の競馬は、52キロとハンデも軽く、重賞でもどれだけやれるか期待を持って臨みました。道中もいい感じで運ぶことができていたと思ったのですが、ペースが速かったことも影響したのか、途中から急に手応えが怪しくなり、最後は失速してしまいました。格上挑戦とはいえ、まさかあそこまで負けるとは思っていませんでしたが、結果を見るとまだ中身が伴っていない部分もあったのかもしれません。脚元を含めて馬体に目立つような疲れは見えませんでしが、このような厳しいレースの後ですし、いったん放牧に出してリフレッシュさせてあげたいと思います」(鹿屋助手)


◆ステファノス◆
8/12  NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンターを2本登坂しています。
「この中間も順調に調整を重ねることができていますので、今のところ来週末にも函館競馬場への入厩を予定しています。毎日王冠を目標にしているということですし、何とか大きいタイトルを目指して秋も頑張ってもらいたいですね」(空港担当者)


◆グレナディアーズ◆
8/12  音無厩舎
12日は軽めの調整を行いました

「この中間も、馬は元気いっぱいです。余力のある勝ちっぷりでしたし、長距離輸送も特に堪えていませんね。やはり、暑い時期がいいタイプなのでしょう。次走まで中3週というのもちょうどいい間隔で調整がしやすく、先週一杯は楽をさせ、今週末から15-15を入れていくという感じで無理なくペースアップしていけそう。一度使って自然と活気も出てきていますし、あとは体調を整えつつ今の状態をキープするようなイメージで進めていければと思います」(橋本助手)

29日の小倉競馬(釜山S・ダ1700m)に北村友騎手で出走を予定しています。


◆アヴニールマルシェ◆
8/12  藤沢和厩舎
12日は美浦坂路で追い切りました(57秒3-40秒8-26秒5-13秒4)。
「先週は厩舎の助手さんが跨りましたが、今週は僕が跨らせていただきました。坂路でじっくり動かしたのですが、感触は悪くなく、トモの状態もそこまで気にならなかったですね。先週との正確な比較はつきませんが、先週の時点でもうひとつと感じさせたのは、おそらくトレセンに入ってからの乗り込みの量や馬場コンディションの差もあったのだと思いますよ。いずれにせよ、今日に関しては悪くなかったので、このままいい方向へ持っていければ理想的ですよね。また乗ることができたら、気を付けつつうまく導けるようにしていきたいですね」(北村宏騎手)

9月6日の新潟競馬(新潟記念・芝2000m)に北村宏騎手で出走を予定しています。


◆ベルディーヴァ◆
8/12  高野厩舎
12日は栗東坂路で追い切りました(53秒9-38秒9-25秒1-12秒6)。

「もともとは先週の出走を予定していましたし、中間は無理をせずゆったりとした調整を心がけてきました。今朝も、併せた相手が行く分だけ並んで走らせるという程度で、ほとんど馬なりの調整です。それでも終いは楽に12秒台をマークしているように、非常にいい反応を見せていますし、状態に関してはまったく不安はありません。フットワークを見る限りはダートもこなしてくれると思いますし、ここで何とかしないといけません。牝馬限定戦を本線に考えていますが、これ以上出走を延ばすのもプラスとは言えないでしょうから、ギリギリまで出走状況を見て除外が確実なようなら混合戦への出走も検討します」(高野師)

16日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1700m)に松若騎手で出走を予定しています。
8/13  高野厩舎
16日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1700m)に松若騎手で出走いたします。


◆グラツィオーソ◆
8/12  小倉競馬場
11日に小倉競馬場へ移動しました。12日は軽めの調整を行いました。

「先週栗東に帰厩し、順調に乗り込んできました。久々ですが放牧先でもしっかりと動かしてもらっていて、だいぶ芯が入ってきたなという印象ですよ。直前に小倉へ輸送するよりも早めに移動して向こうの環境に慣らし、滞在で競馬をさせた方が力を出せるだろうという調教師の指示で、火曜日に小倉へ移動しました。無事到着して、輸送熱などもないと報告を受けていますので、週末からある程度の時計を出して行く予定でいます。調教は向こうに滞在している大下騎手に乗ってもらって、ビシッと仕上げていきます」(助田助手)


◆レプランシュ◆
8/12  高野厩舎
12日は栗東坂路で追い切りました(54秒3-38秒9-25秒1-12秒5)。

「先週の追い切り後も気になるところはなく、順調に調整することができています。それではどの番組から使っていこうかということで検討したのですが、小回りの小倉で競馬をさせるよりは広い新潟の方がいいだろうということで、今週の芝1800mに内田騎手を確保してデビューさせることにしました。今朝は最終追い切りということで終いを強めに伸ばしましたが、水準以上の動きを見せてくれましたし、やるたびにしっかりとしてきたという印象です。ゲート試験合格直後などはラスト15秒でも一杯という手応えだったので、徐々に芯が入ってきているところなのでしょう。そういう意味でも、今は成長途上で実戦を使いつつかなという気はしていますが、能力は感じますし、次につながるレースを期待したいですね。馬体重は460キロ前後での出走になると思います」(高野師)

15日の新潟競馬(2歳新馬・芝1800m)に内田騎手で出走を予定しています。

8/13  高野厩舎
15日の新潟競馬(2歳新馬・芝1800m)に内田騎手で出走いたします。

2015年8月 8日 (土)

今週の近況

明日の競馬ですが、ジャイアンが小倉記念に出走!!京都新聞杯以来の重賞挑戦です。京都新聞杯では、あのキズナの3着でしたので、実は重賞いうてもそないにかまえるようなことではなく、むしろようやく出れたか!と感じよかれてなもんですが、いかんせんそれ以降の成績を見るとやはり家賃が高そうで…

枠順も決まり8枠16番に入りました。
これもまた…┐(´д`)┌

調べてみると実は小倉芝2000自体には別に外枠だから不利とかはなく小倉記念だけをみると逆に有利なくらいなのですが、ジャイアンが外に入っていいイメージが全くないので…

しかしまぁ、出るからにはなにかが起こるかも知れませんよねっ!

ちなみに鞍上は残念ながらキタムラ騎手ではありませんよ(*^▽^*)
あぁ残念だなぁo(^o^)o

あと今日重大なミスを犯してしまいました。

今日WINSなんばの近くを通ったので、ジャイアンのがんばれ馬券を買いました。
いや、買ったはずでした。
大外から2頭目だから17番を…

家に帰って買った馬券をよく見たら…
(・_・)エッ....?ゼンノルジェロ??何これ???なんで・・・

新聞をしばらく眺めてようやく気付きました!!(゚ロ゚屮)屮

そうなんです…実はフルゲートではなかったんです17頭立てなんです…ジャイアンは16番だったんです…それを18頭立てと思ってたもんだから。

まあまだ4000円すべてがパーになったわけではありません・・・

くればいいんですよ、ゼンノルジェロが!!圏内に・・・( ´・ω・`)

先週に人違いならぬ馬違い・・いや、ロジ違いで買った馬券が万馬券になるというラッキーなことがあったんですが、いきなり取り返されるオレちゃんでした。
┐(´д`)┌ヤレヤレ

あと、今週の未勝利戦に出走を予定していたベルディーヴァは非抽選除外となりました。

その他のうまたちの今後の予定ですが、2歳馬レプランシュのデビューが近そうです。まだ何処の何と具体的なものは出ていませんが、超早ければ、来週の競馬でデビューかもてな感じです。

今週はこんな感じです。

◆コメットシーカー◆
8/5  NF空港

周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンターを2本登坂しています。

「ハロン15秒ペースでの乗り込みを開始してしばらく経ちますが、量を重ねるごとに中身も詰まってきているように感じられます。引き続き、この調子で上積みを求めていければと思います。馬体重は534キロです」(空港担当者)



◆ジャイアントリープ◆
8/5  村山厩舎

5日は栗東CWコースで追い切りました。

「先週お伝えしたとおり、小倉記念に登録させていただきました。当初の想定よりも登録頭数は多かったのですが、ジャイアントリープ同様格上挑戦馬も何頭かいますし、ハンデも軽いので挑戦させていただこうと思います。もともと新潟の2200m戦あたりを視野に入れていたので、帰厩時期も1週間程度前倒しただけですし、牧場サイドも状態に関しては心配なところはないと言ってくれています。実際、脚元も落ち着いていて今朝はCWでしっかりと追い切れましたし、6ハロン80秒を切るぐらいの時計で非常にいい動きを見せてくれました。状態の良さとハンデ差でなんとかいい競馬をお見せしたいですね」(村山師)

9日の小倉競馬(小倉記念・芝2000m)に太宰騎手で出走を予定しています。

8/6  村山厩舎
9日の小倉競馬(小倉記念・芝2000m)に太宰騎手で出走いたします。



◆ステファノス◆
8/5  NF空港

周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン14〜16秒のキャンターを2本登坂しています。

「引き続き、速めのペースでバリバリ乗り込むことで肉体面の強化に努めています。移動当初から馬体重も大幅に増えてパワーアップが確認できますし、しっかり結果につなげたいところです。馬体重は514キロです」(空港担当者)



◆グレナディアーズ◆
8/5  音無厩舎

5日は軽めの調整を行いました。

「先週はありがとうございました。これまでの実績を考えればこのクラスでは力が上だったということでしょうが、気性的に難しいところもありますし、まずは勝ち切ってくれてホッとしました。レース後は栗東に戻して軽く動かしていますが、特に問題はありませんから、相性のいい小倉でもう一戦しましょう。今回は流れも向きましたし、クラスが上がって次が試金石ですね」(音無師)

29日の小倉競馬(釜山S・ダ1700m)に北村友騎手で出走を予定しています。

◆アヴニールマルシェ◆
8/6  藤沢和厩舎

5日は美浦坂路で14−14を行いました(61秒2−44秒5−28秒8−14秒4)。
6日は軽めの調整を行いました。

「先週末に美浦へ帰ってきていますが、今のところガクッと来たりすることはありません。様子を見ながら少しずつ動かし出していますが、目標は最短で新潟記念あたりを考えようかという話をしているところです。それで今週は序盤ということでじわっと動かす程度の調教でした。坂路に入って14−14くらいを無理なく動かしたのですが、跨った感触としてはややトモがかったるいなというものがありましたね。ただ、馬場などの影響もあるかもしれませんし、今後の変化もよく見ていきたいと思います。体調は特に注意しながら徐々にやっていきます」(津曲助手)

「今週の追い切りは助手の津曲くんが跨りましたが、天栄にいるときに跨らせてもらいました。その時の感触は良かったんですよ。デビュー当初の時に近いフォームで、頭を上げすぎない格好で走れていたのが好印象だったんです。いくらか自分でハミを取りに来る感じがありましたし、気持ちがいいほうに出てきているのかなとも思えました。昨日はちょっとかったるさがあったみたいなのですが、そのあたりが僕もどこかで乗せていただければ確認していきますし、何とか復調させられるようにやっていきたいと思います。よろしくお願いいたします」(北村宏騎手)

早ければ9月6日の新潟競馬(新潟記念・芝2000m)に出走を予定しています。



◆ベルディーヴァ◆
8/6  高野厩舎

「水曜日の想定を見たところ、今週の牝馬限定戦は出走できるかギリギリだったのですが、今朝の状況はさらに厳しく、ほぼ出走が無理ということでした。混合のダート1700mに回れば出走可能かもしれませんが、来週も牝馬限定戦はありますし、もう1週だけ待つことにしました。今週の状況のままであれば、おそらく大丈夫だろうという見通しです」(高野師)

8日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1700m)は非抽選除外になりました。
この後は16日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1700m)に出走を予定しています。




◆グラツィオーソ◆
8/4  NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「先週に引き続き、週に2回のペースで15−15を乗るようにしています。適宜終いはさらに伸ばす調教も取り入れて、いつ声がかかってもいいように態勢を整えているところです。まだ具体的な移動予定は決まっていませんが、今週、来週にも移動ということになるでしょうし、そのつもりで進めていきます」(NFしがらき担当者)



◆レプランシュ◆
8/5  高野厩舎

5日は栗東坂路で追い切りました(54秒8−39秒9−25秒4−12秒6)。

「先週追い切ったことで動きは変わってくるだろうと思っていましたが、その後週末にも坂路で15−14程度のところを乗って、予想以上に良くなっています。今朝は坂路で3歳未勝利馬と併せましたが、手応えも見劣りませんし、ラストも楽な手応えで12秒6です。それでもまだ息遣いなどは良化の余地がありますし、一度使ってからかなという感じもしていますが、状態が上がってきている時に実戦を経験させた方が次につながるでしょう。今のところは来週の競馬から考えていきたいと思います」(高野師)


◆グルーヴィタイム◆
7/31  NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週3回900m屋内坂路コースをハロン14〜15秒のキャンター1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。引き続き、順調に乗り込みをこなしていますが、まだ走りには奥がありそうな感触を得ていますので、じっくり取り組むようにしています。今のところ、8月中の本州移動を視野に入れて進めていく方針です。


◆ストライクイーグル◆
8/4  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「引き続き、周回コースと坂路で乗り込みを続けています。まだペース自体は変わりませんが、併せ馬を取り入れることによって馬には活気が出てきており、動きもだんだんと良くなってきていますね。ここまでは順調に進めることができていますし、今後も問題なくペースを上げていくことができそうです」(NFしがらき担当者)

2015年8月 3日 (月)

グレナ優勝!

昨日の小倉10レース、に出走したグレナディアーズですが、見事優勝しました!


タテジマファミリーにとって、今年はなかなかに苦難の年でして。今年はこれまで亡きインペリとスタートレイルの地方競馬での勝利しかなかったので、ここに来てようやく今年の中央競馬初勝利となりました。


レースはグレナは上のクラスでも勝てると思ってるので、降級した1000万下なら楽勝だ!とは思ってたんですが、なにぶん騎手が例のあの人だったので、そう強気にはなれずでした。

レースの内容は、いまいち二の脚がなく1コーナーまでに位置取りが悪くなってしまうという展開。

まぁ、結果ムチも使わずで勝ってくれたのだから、やはりグレナの実力はこのクラスじゃ1枚上だったんですが、正直昨日の乗り方じゃまわりも強くなる準オープンでは勝てない気がするよ…

まぁ、僕のうがった見方かも知れないですけどね。

これでまたしばらくお付き合いしますか…
亡きインペリでお世話になった厩舎ともども是非頑張っていただいて、参りました申し訳ございませんでした…と言わせてくださいませ。

■近況■
○8/2(音無厩舎)
2日の小倉競馬ではまずまずのスタートから出たなりで中団を追走。終始スムーズに進められて、直線は馬群を割ってしっかりと伸び優勝。

「ありがとうございました。前回小倉に来たときよりも落ち着きがありましたし、出たなりでほぼ行きたがるところもなく運べました。ちょっと窮屈なところはあったけれど、手応えが良かったし、自信をもって乗ることができました。1700mはレースがしやすいですね。ここでは力が違いましたし、期待どおりのレースをしてくれました」(北村友騎手)

「1コーナーまではちょっと行きたがっていたけれど、今日はある程度ペースが流れてくれたし、そのあたりを考えてジョッキーもよく辛抱してくれました。このクラスでは力が違うと思っていましたし、きっちりと勝ってくれてホッとしましたよ。ここが休み明けのレースでしたし、使っての上積みも期待できるでしょう。小倉の1700mという条件もいいので、このまま馬体に問題なければもう一度使いたいと思っています」(音無師)

休み明けのレースではありましたが、ここでは力が違うと言わんばかりの勝ちっぷりでした。道中しっかりと我慢できていた分、ラストの脚は際立ちましたし、今日のようなレースができれば上のクラスでも楽しみです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認し、問題なければ次走に向けて調整していく予定です。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »