« 今週の近況 | トップページ | 終了~ »

2015年5月14日 (木)

東京にいってきたよ

先週の土日、NHKマイルカップに挑戦するアヴニールを応援しに、東京に遠征してきました。

相変わらず案内板を見ながらキョロキョロしまくりの誰から見ても絵にかいたような見事なおのぼりさん状態ではありますが、さすがに4回目ともなればもう迷子にはならないすよ。

ん(  -_・)?

ほんまかいな?ですと?

今回は新幹線で東京駅→山手線→上野公園界隈観光→山手線→新宿乗り換え→京王線→府中という行程。しかも前に泊まったことある宿だったので、なんかうまいこと行けました。

とはいえ、実は上野から府中への行き方が未知の領域だったんですが、上野へ行く電車の中で見たよしさんのメールのおかげであたふたせずに助かったのはここだけの話だ!
知られると何かたかられるからなっ!きっと!o(*≧д≦)o″

てなわけで、上野では東京国立博物館と国立科学なんちゃらいうとこを見てきました。
なんかすごいわ…広くて、綺麗で。
てか、とてもじゃないけどあの界隈を半日でまわりきるなんて無理無理!!もっと時間なきゃでした!

で。なぜそんな所にいったかというと…

なんとなくです(笑)

当日は天気予報見て雨だと思ったので、駅近で、傘いらない屋内で、面白そうなとこで、安くすみそうなとこで、考えたらなんかひらめいたんですよ。

東京国立博物館では、鳥獣戯画ちう有名な絵が展示中だったのですが、さすがに140分待ちでは見る気もしない…
てな訳で、一般公開してるものを眺めてきました。
やっぱり国宝級や重要文化財級の仏像て迫力ありますよ。素人目に見ても。ありがたやぁて思て眺めたおかげかな?翌日の馬券も結構当たったよ。(笑)はまるかも・・仏像。
でも刀とか茶碗とかはさすがにさっぱりわからねっす。まだ。

ほかで、ちょっと感動したのは源頼朝の鎧っちうのがありました。
頼朝ですよ。頼朝!ほんまやったらなんかすごくないっすか?

で、国立科学なんちゃらいうとこでは、色んな生き物の剥製がいっぱいありました。

ニホンオオカミとかちょっと感動でしたね。
で、すでに東京国立博物館とここの地下のアマゾン展でかなり歩き回って疲れてたので、通常展示はかなりさらっと流して見物して、さて帰り際。
すでに閉館3分前くらいのお土産屋で2階ハチ公が展示されてるてことを知り、残り時間ギリギリの中ダッシュで見に戻りました(笑)

おぉここがまさにリアルハチ公前やねなんて思てちょっと感動したですよ。

何が展示されてるって調べていった方がちゃんと見れるんだろうけど、何も予備知識無しにいって、うおぉこれは!て感動するのも楽しいですよ。

ちなみにタテジマ、過去の遠征、すべて当日までノープランです!( ̄^ ̄)

結局、雨は上野では降られなかったですが、府中に着くと降っていました。
正直、夜のうちならなんぼでも降れと思てましたが、あんまり長い時間は降らなかったみたいです。

そして、いよいよ決戦当日。宿に出ると、心地よい快晴。まさに絶好の競馬日和となっていました。

宿の近くの大国魂神社でお詣りをし、徒歩で東京競馬場まで行きました。

てなわけでマイルカップ当日。スタンドの席もばっちり確保し、1レースからのんびり馬券を楽しみました。
タテジマの馬券は、新聞で予想するというよりも、パドックで馬見て選ぶという感覚派なんですが、昨日の仏像のおかげか、神社のおかげか、なかなか馬見の調子もよく、天気はいいわ、モカソフトはうまいわ、まさに満喫していました。

で、いよいよ、マイルカップ。

パドックに現れたのは、当日プレゼンターをする女優さん・・いや、まあそれはおいといて、いよいよアヴニールの登場。
1枠1番なので先頭で現れるかと思いきや、入れ込むスルタンが先頭で入ってきて、続いてアヴニールが入ってきました。

チークピーシーズをつけてきたアヴニール。
ここまでの戦績、そして馬なり中心の調教過程から、たぶんペースに戸惑うだろうなとおもっていたので、その手できたかと思いました。

周回もパドックの外目外目をいい感じで歩いていましたし、わりと気合も乗っていたし、もちろん馬体はかなりいいし。
ただ、潜在的な馬体はいいんだけど毛づやがよろしくないいうか。その辺りから、やはり本調子ではないだろうなとも思いました。

あとはその潜在能力だけでどこまで足りるのか?という感じでしたし、それでも勝ちきるだけの潜在能力があるんじゃないかと勝ちをしんじていました。

そしていよいよレース本番。
スタートで少し出負けし、二の脚で後方へ(笑)まさに予想通りというかやっぱりね。て感じで。そりゃこれだけ休み休みだとレース勘とかないだろうし。

その後の道中も、レースに集中していたんで気付かないというか時計を見てなかったのですが、近くの人が『うーん、遅いね。スローだな』と言うのは聞こえていましたし、後で結果分析とかを見るとやっぱりかなりスローペースだったみたいで。
そんな中、動かしたくても動かない。いやあの位置では動くに動けないのか。後方のまま、4角を回り最後の直線へはいりました。
正直ここの位置取りで勝ちは諦めました。無理やもん普通なら。

残り400を過ぎてもまだ後方にいる姿を見たとき、もう伸びないのかなと悲しくなりました。

でも、残り350を過ぎてからアヴニールの快進撃が始まりました。

時すでにて感じで、さすがに勝ちまではないとは思いましたが、どこまで上がって行けるか!3までならギリあるかも!!と思いました。

一完歩、一完歩、馬群の中から前との差を詰めるアヴニール。久々に絶叫していました。
結果、3着だったら有難かったんですが、届かずに4着まで。
でもすごかったですよ最後は。
この臨戦過程、この調教、この体調、正味競馬は2ハロンだけ。それで、G1で4着にくるんだから、ちょっと感動しました。
負けて悔しかったですが、ちょっと世間から馬鹿にされ始めたアヴニールの底力をもう一度見せられてうれしかったです。

あとで、パトロールみたら、進路探すのにずいぶん苦労していたようで・・・
しかも伸びるスルタンの後ろに入ったはいいものの、そのスルタンが手前替えまくりでフラフラしてるもんだから、アヴニールも左へ右へちょっと影響があったと思います。

てなわけで、今回もアヴニールのおかげで楽しい遠征ができました。

さあひとたたきしたし、次は果たしてどこだろう!!とわくわくしながらも、明らかに本調子ではない状態で色んな不利にも負けず頑張ったアヴニールに怪我とか反動とかありませんようにと祈りながら、帰路についたタテジマでした。

■近況■

○5/10(藤沢和厩舎)
10日の東京競馬ではスタート後に勢いがつかずに後方から。道中はそのまま脚を溜めることに専念して、直線ではジリジリながらも確実に差を詰めて来るが4着まで。

「ゲートに関しては前走より出ていると思いますし、二の脚もまったくついていないと言うことはないのですが、チークをつけてマイル仕様にしていたことを考えるとその後の行きっぷりがもうひとつではありました。とは言え、これまでの調教の際も例え怒って促したとしても逆に耳を絞って走る気をなくしてしまうことがありましたし、調教では先を見据えながら気持ちを前に出してと言うよりは内に秘めるような仕上げをしていましたから、そのバランスも余計に難しかったと思います。今日は道中の走りや枠を考えてもさすがに外に出すのは厳しいと思えましたし、何よりもこの馬の特性として馬の間をついて来た方がやめずに走ってくれるので狙っていきました。正直展開が向いたとは言えない中で終いまで差を詰めているのですが、それでもやっぱり全力を出し切れていない感じです。レース後の息遣いが目一杯に走ったそれではなかったですからね。ここまで続けてチャンスをいただいてこの馬のポテンシャルの高さは知っていますし、それを考えると今日の走りも満足できるものではありません。もちろんそれを競馬で引き出すのがジョッキーの仕事ですから、応援いただいた皆様には大変申し訳ない気持ちです」(北村宏騎手)

「久しぶりのマイル戦になりましたし、ここのところの行きっぷりやまわりの馬を気にするところをカバーするためにチークビーシズを着用させてもらいました。ただし、なかなか難しいところもありましたね。それでも後ろから脚を使ってくれていることは悪くなかったですね。もちろん結果を出せなかったから申し訳ない限りですが、またこれからいい結果につなげられるようにしていきたいです。この後については馬の状態を見ながら相談していきます」(藤沢和師)

結果的にはもう少し前から運ぶことができていればと思える走りになってしまいましたが、決して流れが向いたとは言えない中で差を詰めて来たあたりは、やはり能力の高さと言えるでしょう。この後はトレセンで状態をしっかり見てから、次の競馬をどうするかいろいろと検討していきます。

« 今週の近況 | トップページ | 終了~ »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

万馬券の情報で許したるわ(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の近況 | トップページ | 終了~ »