« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月29日 (金)

今週の近況

今週はいよいよダービーですね。
今日枠順も発表になりました。しかしそこにはアヴニールの名前はありません。
皐月賞を見送った時にはまだ希望がありましたが、やはりショックです。
賞金的にも出れたし、能力的にも十分足りていたと思うのですが、何かが足りなかった。
それが何なのか・・探すのはもうやめます。全部想像と仮説でしかないし。
いつの日か、アヴニールの能力が全開にできるようになったとき、今回ダービーに駒を進めたライバルたちに借りを返したいものです。

気を取り直して今週の近況です。

まずは、5月26日の船橋競馬で行われたダート1400mのレースに出走したインペリですが、なんと優勝しましたヽ(´▽`)/
のどなりで休養明けだったし、その前の戦績から、もう無理だ。。もう引退させてあげてくれと思っていたのです。ところが、メンバーも楽だったのかもですが予想以上に楽勝していました。久しぶりにインペリらしい姿に感動しましたよ。もう十分です。これからもどうか無理をさせずに使っていってほしいところです。

次の話題はやっぱりステちゃん宝塚参戦表明でしょう。
鞍上は戸崎騎手です。
これまで1戦ごとに確実に強くなっていたステちゃん、ついについにここまできたかという感じですね。
もちろんゴールドシップ、エピファネイアといういまだかつてない超強力なのがいます。
そりゃゴールドシップがまともに走ればかなわないけど、まともに走るかどうかはゴールドシップのみぞ知るですし、エピも小回り阪神では府中ほどの破壊力は出ないはず。単騎逃げをされたら終わりですが、福永騎手がそれをできるかどうか。
この2頭以外ならば、勝てる自信はないけど、敵わないと思う馬はいないよ。
あと1カ月もあるんだけど、ぶっちゃけ今からかなりワクワクしています。

最後に、2歳馬レプランシュが脱北し、しがらき入りしました( ^ω^ )
デビュー予定はまだわからないけど、僕の希望はぎりぎり阪神の終わりか、次の中京開催
かな。パワーもありそうだし適性が合うかも。
POGの本を見てもチョロチョロ取り上げられているのもうれしいところです。


てなわけで、放牧に出た時はマジでひっくり返ったアヴニールショックをこの子たちに本気で救われたタテジマでした。
□クラブコメント□

◆インペリアルマーチ◆
5/26  船橋・出川厩舎
26日の浦和競馬ではまずまずのスタートを切って前めのポジションでレースを進める。勢いをつけて直線へ向かうと前で粘る2着馬をきっちり交わして優勝。
「内からのスタートでしたが、浦和の1400mでは出遅れが致命的になりますので、しっかり出すこととなるべく前のポジションを取ることだけに集中しました。今日はスタートもそうですが、行き脚もまずまず付いて、スムーズにいい位置を取れましたし、最後の直線もムチを一発も入れてませんので、完勝と言っていい内容でしょう。正直、一度レースを使ってからと思っていましたし、本当によく頑張ってくれましたね。次は更に変わってくるでしょうから、まだまだ楽しみな馬です。ありがとうございました」(本田騎手)
「帰厩時に比べてかなり馬体は絞れていましたが、それでも使ってから変わってくると思っていただけに、正直今日の走りには驚きましたね。また、行き脚がなかなかつかない馬なので、枠が決まった時点で少し嫌な感じはありましたが、それをモノともしない完勝劇でした。ありがとうございました。今日は一線級が揃っていたとは言えませんが、ここを使ったことで更に変わり身を見せてくれるでしょうし、これからが本当に楽しみです。正重に聞くと喉は鳴っていたとのことですが、走りには影響なさそうですし、また体調を整えて次へ向かいたいと思います。状態面に問題なければ当初の予定通り、6月の京成盃グランドマイラーズへ向かうつもりで調整していきます」(出川師)
約半年ぶりの復帰戦でしたが、結果は完勝と言える内容できっちり能力の高さを見せつけてくれました。体の大きな馬で、まだ良化途上だったことを考えても次は更に良くなるでしょうし、次走以降では待望の重賞制覇にも期待したいところです。今後は厩舎に戻っての状態面を見た上で、問題なければ6月17日の船橋競馬(京成盃グランドマイラーズ・ダ1600m)への出走を目標にしていきます。


◆コメットシーカー◆
5/26  NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週1日は屋内坂路コースでハロン18秒のキャンターを1本登坂しています。
「引き続き、順調に乗り込みをこなせていましたので、坂路コースでの調整をスタートしています。しっかりと対応できていますし、今後も脚元の状態を見ながらペースアップしていければと思います。馬体重は542キロです」(空港担当者)


◆ジャイアントリープ◆
5/26  NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「この中間もトレッドミルでしっかり動かしています。レースからしばらく経っても脚元は安定していますし、経過は良好ですね。次の阪神開催が目標だと聞いていますので、状態を見極めて騎乗調教を取り入れていきたいと思います。カイバ喰いも問題なく、今のところは特に気になるところはありませんよ。馬体重は532キロです」(NFしがらき担当者)


◆ステファノス◆
5/26  NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「今週の木曜に着地検疫が明けますが、藤原英昭調教師と帰国後ここまで馬の状態をしっかりとチェックしてきて、この後は宝塚記念を目指しましょうということになりました。鞍上は、この馬で重賞を勝っている戸崎騎手に依頼していると聞いています。今のところ週末の検疫で帰厩する予定です。この中間は角馬場でのフラットワークから坂路で普通キャンターまで進めていますが、問題なく順調に調整できていますよ。馬体重は497キロです」
(NFしがらき担当者)


◆グレナディアーズ◆
5/26  NFしがらき
周回コースで軽めの調整を行っています。
「先週こちらに移動後は軽く動かしながら馬体のチェックを行ってきましたが、特に疲れた様子も見せていないので、週明けから周回コースで乗り出しています。馬体に傷みはありませんが、精神面で難しいところがあるタイプなので、じっくり動かしながら心身のリフレッシュを図っていきます」(NFしがらき担当者)


◆アヴニールマルシェ◆
5/27  NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「先週まではウォーキングマシンを使った調整をメインに行っていましたが、最初に感じさせた内臓面の疲れもいくらかいいかなと思え、背腰の張りがやや強かったのも徐々に緩和されてきたように感じています。そのことから調整メニューを一つ進めてみて、トレッドミルと軽い乗り運動を取り入れ始めました。まだ乗る時と乗らない時を交互に設けるくらいで、初期段階の調教です。今回はあくまでも今後の調教の動きなど、馬の状態を第一に目標をここと決めないでやっていくように藤沢調教師とも話をしていますので、しばらくはお時間をいただければと思います」(天栄担当者)


◆ベルディーヴァ◆
5/27  高野厩舎
27日は栗東坂路で追い切りました(54秒4-39秒8-26秒0-13秒2)。
「今朝は坂路で追い切りました。先週に引き続き、馬なりで手綱は持ったままだったのですが、それでも軽やかな脚取りで、楽に坂路を上がってきてくれていますし、動きは問題ありませんでしたよ。追えばまだまだ時計は出そうな感じでしたね。帰厩からここまでは今のところ順調ですし、思っていた以上に仕上がりも早そうなのでこちらも驚いているのですが、時計を出して形だけ仕上がっても中身が伴わなければ意味がありませんから、来週あたりから少しずつペースを上げてしっかりと馬を造りつつ、どのあたりの番組を使うか検討していきたいと思います」(高野師)


◆グラツィオーソ◆
5/28  藤岡厩舎
27日は栗東坂路で追い切りました(56秒8-41秒3-26秒8-13秒4)。
28日は軽めの調整を行いました。
「先週の木曜日に無事帰厩しています。前走後、ちょっと疲れが出ていたのですが牧場でうまくリフレッシュできたようで、元気な姿で戻ってきてくれました。水曜日は坂路で併せて追い切っています。まだ馬体には緩さを感じますし、まずはここからしっかりと乗り込んでいきたいと思います。デビュー戦は既走馬相手ということもあってダートの1400mという条件を使いましたが、フットワークからは芝もこなせそうなので、それも考えながら復帰戦の番組を検討していくつもりです」(藤岡師)

「水曜日、追い切りに乗せていただきました。久々に跨りましたが、以前に比べるとだいぶしっかりしてきていますよ。体に余裕がある分まだ動きも重いですが、あまり動かない相手に併せたことであまり時計が出なかっただけで、手応えには余力がありましたし、やればもっとタイムは詰まってくると思います」(藤懸騎手)


◆レプランシュ◆
5/27  NFしがらき
26日にNFしがらきへ移動しました。
「火曜日に無事にこちらへ到着しました。北海道からの移動では天栄を経由したとは言え初めての長距離輸送になりましたから、より慎重に体調を確認しながら少しずつ運動を開始していくことになるでしょう」(NFしがらき担当者)

2015年5月14日 (木)

今週の近況

昨日ちょっとぼやかしていただいたアヴ以外の今週の近況です。

今週はアヴの兄グレナディアーズが日曜の東京12レースBSイレブン賞に出走します。
しかも今回初めてキタムラ騎手から解放・・いや乗り替わり、戸崎騎手が乗ってくれます。
鞍上強化この上ないって感じですね。
しかしまあ、インペリの時から思ってましたが、音無師は府中のダート好きですねえ。(笑)
どう考えても府中向いてないで!て思える成績だったのに何回連れて行かれたか。

ま、今回は放牧あけとはいえ、戸崎騎手なので、期待感いっぱいです。
弟アヴの無念をスカッと晴らしてほしいところですね。

そして、昨夏、デビュー目前で大きな骨折をし、長期休養を余儀なくされていた今は亡きフレールの妹ベルディーヴァがついに入厩しました。
デビューまでにはもうしばらくかかるでしょうが、怪我の程度からは即引退でもおかしくなかったところを、素質に期待されて再起を目指したくらいなので、楽しみに待つことにします。
あのフレールの妹が、ターフを駆けるところを見れるだけでもうれしいですね。
もしも、あの中京でデビューして勝つなんてことがあったら、おっちゃん涙出ますわ、まじで。。。

今週はこんな感じです。

ではまたヽ(´▽`)/
◆インペリアルマーチ◆
5/13  船橋・出川厩舎
9日は船橋競馬場ダートコースで追い切りました。
13日は軽めのキャンター調整を行っています。
「週末に4ハロンから54秒5の時計を出しています。本田正重が騎乗して単走で馬なりの内容です。この調子で徐々に体を絞り込んでいきながら競馬へ向かっていきたいと思いますし、状態面の向上にもしっかり努めていきます」(出川師)26日の浦和競馬(けやき賞・ダ1400m)に本田騎手で出走を予定しています。


◆コメットシーカー◆
5/13  NF空港
周回ダートコースで軽めのダク調整を行っています。
「この中間から周回ダートコースでの騎乗運動を再開しました。まだ軽めの内容ですし、少しずつ馴らしていきながら進めていければと考えていますが、ここまでは順調です。復帰へ向けて大きな一歩を踏み出せており、今後もしっかり対応していきたいと思います。馬体重は526キロです」(空港担当者)


◆ジャイアントリープ◆
5/12  NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「こちらに到着後は、運動程度で軽く動かしつつ状態のチェックを行ってきました。脚元に関しては大きな変化はなく、落ち着いた状態を保っていますので、今週からはトレッドミルでの調教も始めています。長い休みにはならない予定ですが、もうしばらくは軽めの調整でリフレッシュさせていくつもりです」(NFしがらき担当者)


◆ステファノス◆
5/12  NFしがらき
軽めの調整を行っています。
「こちらへ到着後、馬体のチェックを行いましたが、輸送による疲れや馬体の傷みは特になさそうですね。今はトレッドミルに入れて軽めの調整を行っているところなのですが、力強くしっかりと動くことができていますし、元気いっぱいで状態は悪くなさそうですよ。着地検疫は再来週までありますので、その間にしっかり状態の確認をしながら動かしていって、厩舎サイドとも話をしながらプランを決定することになるでしょう」(NFしがらき担当者)


◆グレナディアーズ◆
5/14  音無厩舎
13日は栗東坂路で追い切りました(52秒5-39秒0-26秒3-13秒8)。
14日は軽めの調整を行いました。
「水曜日は坂路でしっかりと追い切っています。前半のラップが速くなった分、ラスト1ハロンはやや時計がかかりましたが、いい負荷をかけることはできていますし、きっちりと攻め込んできてデキはいいですね。暖かい時期もいいようで、先週あたりはまだ余裕があるように見えた馬体もすっきりしてきました。気性面の幼さが一番の課題ですが、これまでのレースの時を振り返ると、長距離輸送があっても現地に着いて1泊した方が落ち着いていたように感じますし、久々でもテンションが上がらずにレースに臨んでほしいと思います」(橋本助手)
17日の東京競馬(BSイレブン賞・ダ1600m)に戸崎騎手で出走いたします。


◆ベルディーヴァ◆
5/14  高野厩舎
13日は栗東坂路で追い切りました(58秒5-42秒0-27秒0-13秒3)。
14日は軽めの調整を行いました。
「水曜日は坂路で馬なり程度の時計を出しています。まだ15-15から終いを伸ばす程度で、意識的に抑えた調教メニューです。脚元などは落ち着いていて問題ありませんが、調整は馬の状態を見ながらじっくりと進めます。素質的に初出走でもいきなりから勝負になると思っていますし、番組などは目標を決めず、馬が仕上がり次第考えていくつもりです」(高野師)


◆グラツィオーソ◆
5/12  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も、週に1、2回は15-14ぐらいのキャンターを取り入れてしっかりと負荷をかけるようにしています。ガラッと良くなってくるというところまでは行きませんが、このぐらいのペースなら十分な手応えで上がってこれるようになっていますし、徐々にはしっかりしてきていますから、このまま移動に向けてさらに状態を上げていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

終了~

スローのNHKマイルカップを正味2ハロンだけの競馬で4着に入り、やっぱり強いんだってところを見せてくれたアヴニール。

うまくいけばもしかしたら次は・・・・ダービー?

と思っていましたが、その夢は早くも終了しました。てか前の記事つくってから数時間なんですけど。なにこの急降下・・・

アヴニール、ダービーを待たずに放牧休養です。しかも

『(マイルカップの走りは)体調自体は問題なかったと思っているのですが、やはり気持ちの部分なのでしょう。デビュー前からダービーと言う気持ちも持っていましたが、現状の心身のバランスからここで無理をしないほうがよさそうですし申し訳ないですがお休みにさせてください。』

(゚Д゚)ハァ?
いやいやいや・・・
ちょとまてちょとまてカズオサーン!!(゚ロ゚屮)屮

皐月賞といい、この潔さなんなのかわからんが、疲れがとか体調がとかならまだしも。。。気持ちの問題て何?( ゚д゚)ポカーン

ていうか、コメントを読むと、どうも100%の力は出せた仕上げと騎乗だったのに、アヴニール自身の気持ちの問題で負けた。だからこれ以上精神的に無理をさせたくないのでダービー出ません

みたいな?そんな感じに見えますけど?(# ゚Д゚) ムッカー

ただ、新馬、新潟2歳、東スポ杯、共同通信杯、そしてマイルカップ
いずれも最後の直線、目いっぱいの怒涛の追い込みを見せてくれたアヴニール。
実際のところ、どこかで、競馬は苦しい、嫌なもんだって覚えてしまったのかも。
そうでなかったらいいんだけど。。
もしそうなら、長い目でみないと。。ちょっと厳しい。

ホントに一体どういう状況なのか、漠然としたコメントではなく、細かいちゃんとした情報がほしいところです。


あと、今回の休養はもう仕方がないと思いますが、復帰後はとにかく騎手を北村から替えてもらいたい。
もう相性悪いっていうか、手が合わないと思います。

正直、新潟2歳も東スポ杯も騎乗ひとつで勝っててもおかしくないわけで。
もし勝ってたら、全然違うだろうし。そう考えるとほんともういいよって思います。
出資者だけがリスク払って、厩舎や騎手は金はもらうけどリスクは一切しょいませんはプロとしてないでしょ。

しかしまあ、クラシックっていう夢を見るために頑張って175,000円も出し、2歳のうちに初めて北海道まで会いに行き、東京までデビュー戦を見に行ったたんだけどなぁ。それが、どこを故障したわけでもないのに、ここまで休み休み使われ、惜しいレースを逃し、出れた皐月賞を回避し、そしてまたダービーも早々と戦線離脱するとは夢にも思いませんでしたよ。

もう色んな意味で終了です。o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

■近況■
○5/13(NF天栄)

12日にNF天栄へ放牧に出ました。
「先週は何とかいい競馬をしていい結果を出したかったのですが、申し訳ありませんでした。久々のマイル、しかもG1になるので少しでも気持ちの面のフォローをして流れに適応できるようにとチークピーシーズも使ってトライしたのですが、ちょっと遅れて来てしまいましたね。よく伸びてきてはいるのですが、残念です。体調自体は問題なかったと思っているのですが、やはり気持ちの部分なのでしょう。デビュー前からダービーと言う気持ちも持っていましたが、現状の心身のバランスからここで無理をしないほうがよさそうですし、申し訳ないですがお休みにさせてください。天栄とも相談はしていきますが、良くなってきてから使ってあげたいという気持ちもあります。近いうちの競馬を考えるかどうかは今のところ未定で、天栄もしくは北海道での様子を見ながら競馬へ行ってみようかと思える時にまたチャレンジしたいですね」(藤沢和師)

東京にいってきたよ

先週の土日、NHKマイルカップに挑戦するアヴニールを応援しに、東京に遠征してきました。

相変わらず案内板を見ながらキョロキョロしまくりの誰から見ても絵にかいたような見事なおのぼりさん状態ではありますが、さすがに4回目ともなればもう迷子にはならないすよ。

ん(  -_・)?

ほんまかいな?ですと?

今回は新幹線で東京駅→山手線→上野公園界隈観光→山手線→新宿乗り換え→京王線→府中という行程。しかも前に泊まったことある宿だったので、なんかうまいこと行けました。

とはいえ、実は上野から府中への行き方が未知の領域だったんですが、上野へ行く電車の中で見たよしさんのメールのおかげであたふたせずに助かったのはここだけの話だ!
知られると何かたかられるからなっ!きっと!o(*≧д≦)o″

てなわけで、上野では東京国立博物館と国立科学なんちゃらいうとこを見てきました。
なんかすごいわ…広くて、綺麗で。
てか、とてもじゃないけどあの界隈を半日でまわりきるなんて無理無理!!もっと時間なきゃでした!

で。なぜそんな所にいったかというと…

なんとなくです(笑)

当日は天気予報見て雨だと思ったので、駅近で、傘いらない屋内で、面白そうなとこで、安くすみそうなとこで、考えたらなんかひらめいたんですよ。

東京国立博物館では、鳥獣戯画ちう有名な絵が展示中だったのですが、さすがに140分待ちでは見る気もしない…
てな訳で、一般公開してるものを眺めてきました。
やっぱり国宝級や重要文化財級の仏像て迫力ありますよ。素人目に見ても。ありがたやぁて思て眺めたおかげかな?翌日の馬券も結構当たったよ。(笑)はまるかも・・仏像。
でも刀とか茶碗とかはさすがにさっぱりわからねっす。まだ。

ほかで、ちょっと感動したのは源頼朝の鎧っちうのがありました。
頼朝ですよ。頼朝!ほんまやったらなんかすごくないっすか?

で、国立科学なんちゃらいうとこでは、色んな生き物の剥製がいっぱいありました。

ニホンオオカミとかちょっと感動でしたね。
で、すでに東京国立博物館とここの地下のアマゾン展でかなり歩き回って疲れてたので、通常展示はかなりさらっと流して見物して、さて帰り際。
すでに閉館3分前くらいのお土産屋で2階ハチ公が展示されてるてことを知り、残り時間ギリギリの中ダッシュで見に戻りました(笑)

おぉここがまさにリアルハチ公前やねなんて思てちょっと感動したですよ。

何が展示されてるって調べていった方がちゃんと見れるんだろうけど、何も予備知識無しにいって、うおぉこれは!て感動するのも楽しいですよ。

ちなみにタテジマ、過去の遠征、すべて当日までノープランです!( ̄^ ̄)

結局、雨は上野では降られなかったですが、府中に着くと降っていました。
正直、夜のうちならなんぼでも降れと思てましたが、あんまり長い時間は降らなかったみたいです。

そして、いよいよ決戦当日。宿に出ると、心地よい快晴。まさに絶好の競馬日和となっていました。

宿の近くの大国魂神社でお詣りをし、徒歩で東京競馬場まで行きました。

てなわけでマイルカップ当日。スタンドの席もばっちり確保し、1レースからのんびり馬券を楽しみました。
タテジマの馬券は、新聞で予想するというよりも、パドックで馬見て選ぶという感覚派なんですが、昨日の仏像のおかげか、神社のおかげか、なかなか馬見の調子もよく、天気はいいわ、モカソフトはうまいわ、まさに満喫していました。

で、いよいよ、マイルカップ。

パドックに現れたのは、当日プレゼンターをする女優さん・・いや、まあそれはおいといて、いよいよアヴニールの登場。
1枠1番なので先頭で現れるかと思いきや、入れ込むスルタンが先頭で入ってきて、続いてアヴニールが入ってきました。

チークピーシーズをつけてきたアヴニール。
ここまでの戦績、そして馬なり中心の調教過程から、たぶんペースに戸惑うだろうなとおもっていたので、その手できたかと思いました。

周回もパドックの外目外目をいい感じで歩いていましたし、わりと気合も乗っていたし、もちろん馬体はかなりいいし。
ただ、潜在的な馬体はいいんだけど毛づやがよろしくないいうか。その辺りから、やはり本調子ではないだろうなとも思いました。

あとはその潜在能力だけでどこまで足りるのか?という感じでしたし、それでも勝ちきるだけの潜在能力があるんじゃないかと勝ちをしんじていました。

そしていよいよレース本番。
スタートで少し出負けし、二の脚で後方へ(笑)まさに予想通りというかやっぱりね。て感じで。そりゃこれだけ休み休みだとレース勘とかないだろうし。

その後の道中も、レースに集中していたんで気付かないというか時計を見てなかったのですが、近くの人が『うーん、遅いね。スローだな』と言うのは聞こえていましたし、後で結果分析とかを見るとやっぱりかなりスローペースだったみたいで。
そんな中、動かしたくても動かない。いやあの位置では動くに動けないのか。後方のまま、4角を回り最後の直線へはいりました。
正直ここの位置取りで勝ちは諦めました。無理やもん普通なら。

残り400を過ぎてもまだ後方にいる姿を見たとき、もう伸びないのかなと悲しくなりました。

でも、残り350を過ぎてからアヴニールの快進撃が始まりました。

時すでにて感じで、さすがに勝ちまではないとは思いましたが、どこまで上がって行けるか!3までならギリあるかも!!と思いました。

一完歩、一完歩、馬群の中から前との差を詰めるアヴニール。久々に絶叫していました。
結果、3着だったら有難かったんですが、届かずに4着まで。
でもすごかったですよ最後は。
この臨戦過程、この調教、この体調、正味競馬は2ハロンだけ。それで、G1で4着にくるんだから、ちょっと感動しました。
負けて悔しかったですが、ちょっと世間から馬鹿にされ始めたアヴニールの底力をもう一度見せられてうれしかったです。

あとで、パトロールみたら、進路探すのにずいぶん苦労していたようで・・・
しかも伸びるスルタンの後ろに入ったはいいものの、そのスルタンが手前替えまくりでフラフラしてるもんだから、アヴニールも左へ右へちょっと影響があったと思います。

てなわけで、今回もアヴニールのおかげで楽しい遠征ができました。

さあひとたたきしたし、次は果たしてどこだろう!!とわくわくしながらも、明らかに本調子ではない状態で色んな不利にも負けず頑張ったアヴニールに怪我とか反動とかありませんようにと祈りながら、帰路についたタテジマでした。

■近況■

○5/10(藤沢和厩舎)
10日の東京競馬ではスタート後に勢いがつかずに後方から。道中はそのまま脚を溜めることに専念して、直線ではジリジリながらも確実に差を詰めて来るが4着まで。

「ゲートに関しては前走より出ていると思いますし、二の脚もまったくついていないと言うことはないのですが、チークをつけてマイル仕様にしていたことを考えるとその後の行きっぷりがもうひとつではありました。とは言え、これまでの調教の際も例え怒って促したとしても逆に耳を絞って走る気をなくしてしまうことがありましたし、調教では先を見据えながら気持ちを前に出してと言うよりは内に秘めるような仕上げをしていましたから、そのバランスも余計に難しかったと思います。今日は道中の走りや枠を考えてもさすがに外に出すのは厳しいと思えましたし、何よりもこの馬の特性として馬の間をついて来た方がやめずに走ってくれるので狙っていきました。正直展開が向いたとは言えない中で終いまで差を詰めているのですが、それでもやっぱり全力を出し切れていない感じです。レース後の息遣いが目一杯に走ったそれではなかったですからね。ここまで続けてチャンスをいただいてこの馬のポテンシャルの高さは知っていますし、それを考えると今日の走りも満足できるものではありません。もちろんそれを競馬で引き出すのがジョッキーの仕事ですから、応援いただいた皆様には大変申し訳ない気持ちです」(北村宏騎手)

「久しぶりのマイル戦になりましたし、ここのところの行きっぷりやまわりの馬を気にするところをカバーするためにチークビーシズを着用させてもらいました。ただし、なかなか難しいところもありましたね。それでも後ろから脚を使ってくれていることは悪くなかったですね。もちろん結果を出せなかったから申し訳ない限りですが、またこれからいい結果につなげられるようにしていきたいです。この後については馬の状態を見ながら相談していきます」(藤沢和師)

結果的にはもう少し前から運ぶことができていればと思える走りになってしまいましたが、決して流れが向いたとは言えない中で差を詰めて来たあたりは、やはり能力の高さと言えるでしょう。この後はトレセンで状態をしっかり見てから、次の競馬をどうするかいろいろと検討していきます。

2015年5月 7日 (木)

今週の近況

どうも連休ボケが抜けないオレちゃん。。なんだか明後日からはや週末という気がしない・・
しかーし、そこを無理くりテンションを高めていかないといけなくなりました!!
なぜか??
それはもちろんアヴニールマルシェがG1NHKマイルカップに出走が決まったからですよ!!
モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

なんだかここ最近の中間コメントのテンションの低さや調教の軽さで、

『どないすんねん!ちゃっちゃと決めたらんかい!!(`Д´)』

と、かなりやきもきさせてくれましたが、ついに出走がきまりました。

てな訳で、晴れてG1マイルカップに向かうことなりましたが、皐月賞には3頭送り込んだタテジマ厩舎にとってもマイルカップは初めて。
てか、だいたい、距離はマイルが限界というんでない限りはまずは皐月賞を目指すでしょうからね。ふつうは・・。
なので毎年マイルカップ自体、連休中の開催でもあるし、オレちゃん的に色んな意味で精神的にでがらし状態というかなんというか、そんなやる気のない状態の時に開催されるので、ほぼ毎年スルーしているG1でして・・

なので、冒頭に書いたとおり、今から無理くりテンションを高めていかないと!なんですよ。で、昨日あたりから、競馬ブック買ったり、遠征のための宿の空き状況を調べたりと急きょあたふたしてるわけですわ(;´Д`A ```

さて、肝心のアヴですが、新聞とか見ると、こっちが思ってる以上に調子よさげな記事が多いのですね。
しかし、今週のクラブコメントは、(以下まる写し)
「今回の調整は慎重にじっくりと進めてきました。何とか気持ちをいい形で引き出せるようにと取り組んできましたが、だいぶ前向きさを感じられるようになってきて、ようやくいいかなと思える手応えを得られるようになってきたかなと思います。
気持ちの面もフットワークを見ていても一時の苦しい時を脱してきているのかなという感じがあります。時計的には物足りないとも思えますが、馬が自分のリズムで走り、終いにグッと来ることができればと思っています。
まだ完調とまでは言えないかもしれませんが、限られた中で悪くないレベルには持って来ることができたかなという気もしていますし、何とか頑張ってほしいです。前回は直前で競馬場入りしましたが、今回は今のところ明日競馬場へ入って現地で最終調整をして本番の日を向かえる予定です」(千島助手)

てな感じなので、いまいち調子が来ていない様な気もするわけでして。
なので、新聞の記事ほんまかいな?という気がしますが、まあ、都合のいいことは信じておきましょう(笑)

てか、G1週のコメントが調教師ではなく助手というのが一番気になるところです。


気になると言えば、そんなアヴにつけられたブックの印ですが、◎ひとつ、○ひとつ・・後は△扱いです。共同通信杯では後に皐月賞1、2着馬と人気を分けあったアヴなのに、たった1回連はずしただけでこんなに評価が下がるとは・・・。ちょっとショックです。

しかーし、オレちゃん的には、どの馬にだったらかなわないとかいう気は全くしないんで。
てか、ドゥラメンテやリアルスティールより強いのがいるんならまいったねと思いますが、そんなのいないでしょ?ならば馬の能力は一番強いとおもってるんで。

ただ、東スポ杯以降のコメントや調教等を見ていると、アヴにはまだまだ精神的な幼さというか弱さというかあるように思います。
なので共同通信杯は5着だったもののドゥラメンテに続く上がりを繰り出していましたが、あれでもアヴの能力出せないままの走りでの結果なのかも知れないと。
となると、そこらへんがうまいこと行けば、皐月のドゥラメンテ並みの末がさく裂しても何らおかしくないと思います。

いやあ、G1かあ・・・

過去の最高成績は
トライアンフマーチ皐月賞2着
ステファノスQE2カップ2着

ついにタテジマファミリーが勝つときがきたのか!!!!
⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

それともやっぱ無理なんかあ!!!!!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

泣くか笑うか!!日曜が楽しみですね。


クラブコメント
◆コメットシーカー◆
5/7  NF空港
ウォーキングマシンとトレッドミルで軽めのキャンター調整を行っています。
「この中間も脚元の様子を見ながらメニューを行っていますが、いい意味で変化はありません。焦らず進めることで自ずと騎乗運動の再開時期も見えてくるはずですし、今後も復活を信じて取り組んでいければと思います」(空港担当者)


◆ジャイアントリープ◆
5/6  村山厩舎
6日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は負けてしまいましたが、速い上がり勝負の中で頑張って走ってくれましたし、やはりこのクラスでも十分勝負になるということがわかりました。レース後、馬体に大きな傷みこそありませんし、今のところは脚元もいい意味で変わりありません。ただ、競馬を使ったなりの疲れはありますし、脚元のことや馬場適性を考えてもこのまま京都で続けて使っていくよりは、一度リフレッシュさせてから阪神開催を目指した方がいいだろうということになりましたので、ここで少し放牧を挟ませていただきたいと思います」(村山師)
近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。
5/7  NFしがらき
7日にNFしがらきへ放牧に出ました。


◆ステファノス◆
5/7  NFしがらき
7日にNFしがらきへ到着しました。
「今朝、入国検疫が明けてこちらに移動してきました。ここから3週間、こちらで着地検疫を行います。まずは馬体のチェックを行い、問題ないようなら緩めないように動かしていく予定です」(NFしがらき担当者)


◆グレナディアーズ◆
5/6  音無厩舎
6日は栗東坂路で追い切りました(52秒8-38秒6-25秒5-13秒0)。
「ちょっと乗り難しいところのある馬だし、今日戸崎がこちらに来るということでコンタクトを取ってもらうことにしました。併せた相手も走る馬ですが、しっかりと体を並べていい追い切りができましたよ。1週前としてはいい負荷がかけられましたし、ジョッキーも完璧ではないながらもこの馬の特徴を掴んでくれたのではないでしょうか。来週もしっかりとやっていい状態に仕上げていこうと思います」(音無師)

「今朝、追い切りに乗せていただきました。休み明けということもあってまだちょっと太いかなという印象でしたが、その中でも最後までしっかり動いてこの時計ですし、これで変わってきてくれそうです。ちょっと怖がりな面があるとのことでしたが、併せ馬でもそんな感じはしたので、実戦では気をつけたいと思います」(戸崎騎手)

17日の東京競馬(BSイレブン賞・ダ1600m)に戸崎騎手で出走を予定しています。


◆アヴニールマルシェ◆
5/6  藤沢和厩舎
6日は美浦南Wコースで追い切りました(53秒1-39秒1-12秒9)。
「今回の調整は慎重にじっくりと進めてきました。何とか気持ちをいい形で引き出せるようにと取り組んできましたが、だいぶ前向きさを感じられるようになってきて、ようやくいいかなと思える手応えを得られるようになってきたかなと思います。気持ちの面もフットワークを見ていても一時の苦しい時を脱してきているのかなという感じがあります。時計的には物足りないとも思えますが、馬が自分のリズムで走り、終いにグッと来ることができればと思っています。まだ完調とまでは言えないかもしれませんが、限られた中で悪くないレベルには持って来ることができたかなという気もしていますし、何とか頑張ってほしいです。前回は直前で競馬場入りしましたが、今回は今のところ明日競馬場へ入って現地で最終調整をして本番の日を向かえる予定です」(千島助手)

「先週に続いて今週の追い切りにも跨らせていただきました。テーマは先週と同じで、いかに走りたいという気持ちをつくれるかということでした。前を見ながらじっくり追走して、直線は外へリードして並びかけていくような形での追い切りを課しました。道中は馬の呼吸もリズムも良くて、落ち着いて走れていましたよ。直線で軽く促すとスッと反応できていましたし、いい動きを見せてくれたように思えます。走りたいというエネルギーも溜まってきているかなと感じますし、先週より今週といい方向に来てくれているのではないかなとは思います。少なくても前走より下がっているということはないと思うので、あとはいかに競馬の日にその気持ちを発揮できるかでしょう。こんなはずではないと思う前走の内容でしたし、何とか巻き返してほしいです」(北村宏騎手)

10日の東京競馬(NHKマイルC・芝1600m)に北村宏騎手で出走を予定しています。
5/7  藤沢和厩舎
10日の東京競馬(NHKマイルC・芝1600m)に北村宏騎手で出走いたします。


◆ベルディーヴァ◆
5/7  高野厩舎
6日に栗東トレセンへ帰厩しました。7日は軽めの調整を行いました。
「NFしがらきに移動後も特に体調の不安などなく調整できていましたので、水曜日に帰厩させました。今朝からさっそく乗り出していますが、乗った助手によると『まだまだ』だそうです。さすがに休養が長くなりましたし、怪我からの復帰戦に向けての調整になりますから、慎重に乗り込みつつ馬体を仕上げていければと思います」(高野師)


◆グラツィオーソ◆
5/5  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「先週に引き続きしっかりと乗り込みを続けています。坂路では週に2回ほど15-15から終い14秒ぐらいまでのところを乗り、適度な負荷をかけるようにしていますが、その後も大きな反動はなく来ていますよ。ただ、まだ全体的な緩さは残っている状況ですし、もう少し15-15をしっかりと乗れるようにしていきたいですね」(NFしがらき担当者)
*地方馬インペリは5月7日現在更新なし

2015年5月 3日 (日)

昨日の結果

昨日の結果
昨日行われた京都10レースに出走したジャイアンですが、惜しくも3着でした。

久々に愛馬生観戦となったんですが、やっぱりいいもんですね。


前回見たときよりもちょっと白くなったジャイアン。パドックも落ち着いた気配で、馬体も雰囲気も決して上位人気馬に負けてないと思いました。

しかーし、問題は馬場。
先週までは時計は速いものの上がりはかかる競馬が多かったので、もしやジャイアンにもチャンスがと思っていましたが、なんだか上がりまで速くなって、超高速馬場に変わっていました。
なんなら雨が降ったほうがよしくらいのジャイアンなので、大丈夫かいな?と不安に思いました。

レースは、いいスタートから控えて中段追走。
一瞬かかるそぶりをみせたものの向こう正面ではピタリと折り合っていました。
でも、問題はペース。

ひとつ前の3歳500万特別の勝ち時計は1分45秒だったのですが、古馬準オープンのこのレースの1000通過が1分3秒くらいという激スロー…

無理だil||li _| ̄|○ il||

と思いました。

でも最後の直線をいい感じで回ってきたジャイアン。
もしかしたら勝つかも!

と思いましたが、前にいた勝ち馬とは脚色一緒で追いつけず、最後まで頑張りましたが、2着馬に差され、3着でゴールイン。


結局どスローよーいどんになって、レース上がりが33秒3か4(←忘れた(笑))だったから、ジャイアンもそれ以上の上がりを使ったんだけど…
それによーいどんは残り800からのよーいどんでして、元々一瞬の切れは出すものの、3ハロン続くタイプではないジャイアンなので、ましてや4ハロンの上がり勝負では今日はこれが精一杯の競馬だったと思います。いや、ほんとによく頑張ってくれたと思います。

あとは前に秋の高速馬場で走った後、ちょっと脚にダメージがあったので、それがないように祈りたいです。
なんとか梅雨時の阪神を使ってほしいですもんね。


で、余談ですが、昨日はトータルで6500円くらい負けで、あぁ被害大きくなくて良かった(笑)くらいで帰りかけてたんですよ。
で、帰り際、通りがかったターフィーショップの前でスピードくじつき天皇賞タオルが売られてたんですね。

なんかなにげなぁく買ってみよと思って、スピードくじを開いたら…

なんと…

A賞!!w(°O°)w

1万円分のクオカードが当たりました!
ラッキー!!

6500円負け+タオル代1000円で10000円ゲット!
12レース終了後に差し引き2500円の勝ちとなりました(笑)

実はタオルのA賞。アダムスの皐月賞でも当てたのでこれで2回目!
前回は使いもせんPSPだったので今回の方が嬉しいですぅ。
ρ( ^o^)b_♪♪

やったね( v^-゜)♪


クラブコメント

■近況■
○5/2(村山厩舎)
2日の京都競馬ではまずまずのスタートから道中は中団のインコースを追走する。手応え良く直線に向き、追い出してからもいい脚を使ってくれているが3着まで。

「2コーナーから向こう正面にかけてだけ、ちょっとハミを噛んで行きたがってしまいましたが、前走に比べればずいぶん我慢できていたと思います。手応えの割にスパッとは切れず、追い出してからジリジリした伸びになってしまいましたが、最後までしっかり脚を使ってくれています。決め手勝負でもこれだけやれるのですし、もう少し時計がかかる馬場なら、このしぶとさがもっと活きるはずです」(藤岡康騎手)

「前回は外で壁を作ることができませんでしたが、今日は内で折り合ってうまく運べていました。最後もあのまま内が空いて進路を取ることができればもう少し際どかったと思うのですが、それでもしっかりと伸びて頑張ってくれていますし、このクラスでも展開ひとつで十分に勝ち負けに加わることができると思います。この後はこれだけの馬場で走った後ですので、まずはしっかりと脚元をチェックしていきます」(村山師)

前回は外枠ということもあり、力みがちの追走になってしまっていたのですが、今日は内でしっかり折り合って進めることができていました。上位2頭は強かったですが、速い上がり勝負でも大きく負けているわけではありませんし、今後も展開が噛み合えば引き続きチャンスは十分でしょう。ただ、これだけ速い脚を使った後ですので、トレセンに戻ってまずはしっかりと脚元を確認してから検討していきます。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »