« 昨日の結果 | トップページ | 昨日の結果 »

2015年4月30日 (木)

今週の近況

ちわ!(◎´∀`)ノ

いよいよゴールデンウィークですね。
オレちゃんの予定。

2日土曜日 ジャイアンの応援に淀へ!
あとは特になし・・・・  il||li _| ̄|○ il||li

いやはや・・・・

さて本題。
上にも書いたとおり、今週はジャイアンが淀で走ります。
芝2000とちょっと条件は合わないですが、番組がないので仕方ない。
なんとかがんばってほしいところです。
で、問題のアヴニール。
先週のやる気あんのかすらわからんクラブコメントに苦情やら問い合わせやらが山ほど入ったんでしょうね。えらい言い訳がましいコメントとなっています。
調教も1週前にして時計的には15-15なんですが、ゴールを過ぎてもちゃんと動かしてるよ的なフォローも入れてきました。
で、ジョッキーはやっぱりキタムラくんですわ・・・
どうせダービーではサブちゃんとこの馬乗るんだから、ここで替えてほしかった。
もう勝ってもダービー行く気がないのか・・それとも、もはや勝ち負けするようなことはないのか・・・
どうせなら先々を見据えて前走あたりで替えといてほしかった。
いずれにせよ本番でテン乗りなんてありえへんで(`◇´*)

やれやれですわ・・・

最後に

ベルディーヴァがようやくしがらきまでやってきました!!
大けがした馬なんで、どんなもんかはわからないけど、走る馬だと見込まれての手術だったと思うので、デビューがちょっと楽しみですね。

今週はこんな感じです。

◆インペリアルマーチ◆
4/27  NF天栄
27日にNF早来を出発し、NF天栄へ向けて移動しました。タイミングを見て船橋競馬場へ帰厩する予定です。
「徐々に乗り込みも行えていましたので、本日NF天栄へ向けて出発しました。正直、まだ絞り切れたとは言えませんが、これ以上復帰が延びると能力試験を受けなければならなくなりますので、出川師とも相談した上で少し早めの移動が決まりました。肝心の喉は総合して相談した結果、手術は必要がないレベルと判断しましたが、いいリフレッシュ期間を過ごすことはできたと思います。本州はだいぶ暖かくなってきたようですので、馬体や喉のことを考えても調整がしやすいでしょうし、復活を目指して頑張ってもらいたいですね」(早来担当者)
4/29  船橋・出川厩舎
29日に船橋競馬場へ帰厩しました。
「本日、船橋競馬場へ無事帰厩しています。こちらもかなり暑くなってきて体も絞りやすい環境にあると思いますし、クラブとも相談させていただいた結果、能力試験を受けるのではなく、こちらへ戻して期限が切れる前にレースを使わせていただくということになりました。体を見てもいきなりからやれるとは言えませんが、徐々に動けるようになると思いますし、まず復帰戦へ向かって進めていきたいと思います。能力試験の期限が切れるのが6月13日になるのですが、それ以前にレースを使うとなると5月末の浦和開催しかありません。正直、この馬のスタートを考えるとコース形態的に合うとは言えませんが、それでも少しでもいい結果を出せるように懸命に取り組みたいと思います。今のところ、メンバーを見て同じ開催中に組まれるオープン競走かさきたま杯を検討していきます」(出川師)


◆コメットシーカー◆
4/28  NF空港
ウォーキングマシンとトレッドミルで軽めのキャンター調整を行っています。
「引き続き、この馬なりに順調に進めることができていると言えるでしょう。馬体重も536キロとほとんど変わらずに推移していますので、この調子で日々の運動に取り組んでいきたいところです」(空港担当者)


◆ジャイアントリープ◆
4/29  村山厩舎
29日は栗東坂路で追い切りました(58秒4-42秒4-27秒1-12秒8)。
「今朝は坂路で追い切りました。馬場が相当悪かったので全体時計は平凡ですが、終いはきっちりと12秒台で上がってくることができていますからね。動きとしては悪くなかったと思います。休み明けを一度使ったことで気負いの部分もマシになってくるでしょうし、状態についてはガラッと変わったということはありませんが、少なくとも前走からの上積みは見込むことができそうです。追い切った後も脚元はしっかりとケアを続けていますが、今のところは落ち着いていますからね。このクラスでも十分にやれる能力はあるはず。前走は外枠だった分、力みがちの追走になってしまいましたが、それでも大きくは負けていません。今回も乗り方ひとつで上位争いに加わってくれると思います」(村山師)

5月2日の京都競馬(下鴨S・芝2000m)に藤岡康騎手で出走を予定しています。


◆ステファノス◆
4/29  競馬学校
28日に競馬学校へ到着しました。
「香港でのレースは、負けたのは悔しかったものの、この馬の成長も感じた一戦でしたね。レース後は特に馬体に傷みはなく、輸送も無事クリアして昨日競馬学校に到着しました。このあとは入国検疫を経てNFしがらきで3週間の着地検疫に入りますので、その間に馬体をしっかりとケアして今後のプランを考えていくことになります」(藤原英師)


◆グレナディアーズ◆
4/30  音無厩舎
29日は軽めの調整を行いました。
30日は栗東坂路で追い切りました(52秒8-39秒4-26秒3-13秒7)。
「今朝は坂路で追い切りました。今週の坂路はちょっと走りづらい馬場状態ですし、開場してから時間も経っていたので少し終いはかかってしまったのですが、それでも全体は52秒台で上がってきていますからね。先週はまだピリッとしていない部分もあったのですが、この追い切りで状態はかなり変わってきそうです。とはいえ、レースまではまだ時間があるので焦らずしっかりと仕上げていきますよ。そして、戸崎が来週あたりに栗東へ来ると聞いているので、そのタイミングで一度跨ってもらうつもりです。他の馬を怖がって気にするところは相変わらずですが、それはもうこの馬の性格ですし、今日、明日ですぐに矯正できるものではありません。それが競馬に極力影響しないよう努めていきたいと思います」(音無師)

5月17日の東京競馬(BSイレブン賞・ダ1600m)に戸崎騎手で出走を予定しています。


◆アヴニールマルシェ◆
4/30  藤沢和厩舎
29日は軽めの調整を行いました。
30日は美浦南Wコースで追い切りました(56秒3-42秒7-14秒8)。
「求めるレベルが高い分まだ物足りないというようなニュアンスで先週お伝えさせていただきましたが、その後の様子は良くも悪くも変わりないというような印象ですね。極端にカイバの食いが落ちることもなければ体つきも変わりはありません。これにプラスしてもっと中から込み上げてくるようなエネルギーがついて来たらいいですね。この中間の調教は気持ちを溜めて、それをしっかりと表に出せるようなイメージでじっくりじっくり動かしてきています。水曜日は15-15前後のところで坂路を上がり、追い切りは今日北村ジョッキーに跨ってもらって行いました」(千島助手)

「今日の追い切りに跨らせていただきました。今日は3頭併せで前2頭をいちばん後ろから見ながら進み、直線で内より伸ばす形でした。ゴール板を過ぎてから2コーナー過ぎまでしっかりと動かしていますよ。内容は、ドンドン出していって速い時計を求めるような調教ではなく、リズムを重視して馬の走りたいという気持ちを引き出すようなイメージで乗ったのですが、身のこなしを含めフットワークは良かったですし、頭の位置もまずまずでした。多少はあるのでしょうけれど、耳を極端に絞るような素振りは見せていませんでしたし、雰囲気は悪くなかったように感じます。欲を言えば、求めるものが高い分、もっとパンと中から張ってくる迫力のようなものがあれば理想的と思うのですが、跨った感触が悪いということはありませんでした。今日の追い切り後の変化がどうかもありますが、少なくとも前走時からは上向いてきているなと感じられましたし、このままよりいい状態で来週の競馬へ向かえるようになればいいなと思っています」(北村宏騎手)

5月10日の東京競馬(NHKマイルC・芝1600m)に北村宏騎手で出走を予定しています。


◆ベルディーヴァ◆
4/28  NF天栄
ウォーキングマシンとトレッドミル調整を行っています。
「先週北海道からこちらへ移動してきました。当初の予定では朝に北海道から到着してその日の午後にはしがらきへ向けて移動する予定を組んでいたのですが、ちょっと疲れてしまったみたいで少し腹痛かなと思わせるような症状を見せていました。ただ、程度としてはごく軽めで、顕著な症状を見せていたというほどではありませんでした。おそらく慣れない長旅で元気が良すぎたか力んでしまって、その影響からか馬房に入ると一気に疲れてしまったんだと思います。しばらく馬房で寝っ転がっていました。ただ、時間をかけて様子を見てきたことで水やカイバの飲み食いもまったく問題ないですし、今は元気のいい姿を見せてくれていますよ。こちらでは乗ることはしていませんけれど、マシンやトレッドミルでの軽めのキャンターを行うくらいの調整は行えています。早ければ明日であったり近いうちにしがらきへ移動することになると思います」(天栄担当者)
4/30  NFしがらき
30日にNFしがらきへ移動しました。


◆グラツィオーソ◆
4/28  NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間も周回コースと坂路で順調に乗り込んでいます。正直、走り方などは大きく変わってきたという感じではないのですが、だいぶ力強さは出てきており、今朝は坂路で15-15に近いところを乗ってしっかりと動けていました。この後は移動に向けてコンスタントに15-15を乗れるようにしていきたいですね。馬体重は525キロです」(NFしがらき担当者)


◆レプランシュ◆
4/30  NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン14~17秒のキャンター1本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。気持ちが入りやすいので、テンションの上がり過ぎに注意は必要ですが、気性が悪いというほどではありません。馬体重も増えていい傾向にありますし、早めの移動を意識して進めていきたいと思います。


◆グルーヴィタイム◆
4/30  NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週2回900m屋内坂路コースをハロン15秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。ハロン15秒ペースでの乗り込みをスタートしましたが、問題なく対応してくれています。カイバも残さず食べてくれていますので、これがしっかり身になってくればより素晴らしい体へと変貌を遂げてくれることでしょう。


◆ストライクイーグル◆
4/30  NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒(うち週1回はハロン16秒)のキャンター1本の調整を行っています。坂路コースでの走りは日を追うごとに良化しており、常にハツラツとした見栄えのするキャンターを見せています。馬体は徐々に引き締まり、動きにもシャープさが出てきたようにここにきて一段と上昇気配が感じられます。今後も焦らず進めていくことで良さをどんどん引き出していきます。

« 昨日の結果 | トップページ | 昨日の結果 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の結果 | トップページ | 昨日の結果 »