« 今週の近況 | トップページ | 今週の近況 »

2014年11月25日 (火)

先週の結果

ここんとこ事務所移転やら、個人的な引っ越し準備やらが重なり忙しいのを理由に、愛馬出走の近況更新までもさぼってしまった天罰か…

日曜の京都準メイン、月曜の東京メインにタテジマファミリー期待のマルシェブラザーズが出走したんですが…

兄グレナ、直線先頭に立つも最後に差されて3着…
弟アヴニール、直線なんとか馬群をさばき先頭に立つも、ゴール前差されて2着…

グレナは現地で応援していました。
入れ込みうんぬんという話もありますが、パドックでは、正直グレナにしては落ち着いてるくらいに見えましたが、レースに行くとやはりかかってしまってましたね。

好位を追走し、直線早々と先頭に立つもそのまま後続を突き放すことができないのを見たときには…
なんかやばいなこりゃ。お願いやから粘ってちょーだい!
と祈りましたが、その祈りは届かず…

1頭ならまだしも2頭に交わされ…1/2、クビ差の3着に…

勝ち馬が、なんと単勝3万の馬だったので、せめて2着に粘ってくれれば馬券だけでも当たりなのに…まぁそんなうまくはいきませんねぇ。

で、レース後、まず最初に思ったのは、折り合いを欠いての1900という距離はやはり長いんじゃないかということ。
下のクラスでは、能力の違いでごまかすことはできるけど、上になるとやはり馬の性格も含めた本質から外れた距離ではこういうことになるかなと。
かかるのをガッチリ押さえ込んで折り合うことができる超一流クラスの騎手が乗るならまだしも、今後もキタムラ騎手にこだわるならばごまかしは無理でしょう。


で、もっと悔しいのがアヴニール。
直線どん詰まりで、ようやく抜け出して、

あぁ勝ったと安心した瞬間の差されたからなぁ。まじで何がおこったのか一瞬わからんかったです。

それに、なにしろアヴニールが後ろからなにかに差されたのははじめてだったから、そのショックが大きくて…

確かに勝ったサトノクラウン、もしかするとG1級かもって噂はあったんで注目して見てたんだけど、テレビでパドック見る限りではアヴニールのほうが上だと思ったんだけどなぁ…

まぁ、いいわけするなら、アヴニールって初戦も2戦目ももたもたしながらジリジリ伸びてきて、最後にもう一段階ギアが上がってさらに伸びるって感じがあったので、あのレース内容では全力出しきれてないような感じがしました。


ただ、一瞬の切れ味という意味では勝ち馬のほうが上だと認めるしかないですね。
でも、ビデオ見てて気づいたんですが、大飛びでトップスピードにのるまで時間のかかるアヴニールに対して、サトノクラウンはピッチ走法的な走り。
だから東スポ杯のようなレースではあぁいう結果になるのも仕方がありません。

だからといって力負けと言うわけではありません。
もし、直線早々にアヴニールの進路が開いてのびのび走れれば、2馬身半差をつけてアヴニールが勝っていたはずだ(笑)

マイネルの岡田総帥がテレビよくいっていた、馬は個性の戦いとよくいっていましたが、そういいことなんすね。今回はアヴニールが個性を生かしきれなかったのに対しサトノが個性を十二分に発揮できたと。

まぁ、その個性を発揮さすのが騎手の仕事だとすると…
なに言いたいか、わかるよねキタムラさん…


結果はとても悔しいですが、最低限の賞金加算はできたので、来年春に向けてさらに力をつけてほしいところです。

クラブコメント

◆グレナディアーズ◆

○11/23(音無厩舎)
23日の京都競馬では五分のスタートから好位をキープし、道中は折り合いに専念。直線半ばで抜け出しを図るが最後は内から来られて3着。

「休み明けということもあって、今日はいつも以上にイレ込みが目立ちました。スタートからスッと行き脚はつきましたが、1コーナーの入りで内がかなりごちゃついたせいで、さらにカーッと行きたがってしまったんです。なんとかなだめつつ進めて、直線の追い比べに持ち込めただけになんとかしたかったのですが…。申し訳ありません。久々で昇級戦ということを考えれば、着実に力をつけていると感じますし、ひと叩きした次はもっとやれると思います」(北村友騎手)

「休み明けとしてはいい仕上がりで、今の時期も合うのか、夏場に比べるとかなりデキは良く感じていました。レースは、やや行きたがったところもあって最後は脚色が鈍った印象で、そうなるならば1800mの方が競馬はしやすいだろうと思います。勝ちたかったのはもちろんですが、休み明け、昇級戦ということを考えれば、悲観する必要はまったくありません。使って良くなると思いますし、このまま次走に向けて調整していくつもりです」(音無師)

かなりごちゃついて苦しくなったところもありましたが、そこで行かせてしまうと先に繋がりませんし、我慢させたことが今後活きてくるはずです。このあとは馬体に問題なければ在厩で調整していく予定です。

◆アヴニールマルシェ◆

○11/24(藤沢和厩舎)
24日の東京競馬ではスタートよく先行集団を見ながら進める。直線で窮屈になり進路を探して開けたところから伸びてきたが勝ち馬の勢いに屈して2着。

「ゲートで隣の馬がけっこう暴れていましたが、それでもこちらは冷静にしてしっかりと駐立できていましたし、悪くないスタートを切ってくれたと思います。淡々とした流れではあったもののきちんと折り合えていましたし、道中はリズム良く運べましたね。直線では狭くなっても馬が怯むことなく勇気を出して抜けて来てくれましたし、この馬なりに伸びているのですが、あれで差されてしまうのかと言うのが正直なところです。キッチリと結果を出したかったのですが、申し訳ありません」(北村宏騎手)

「中間の調整は本当に順調に来て、来年を楽しみにしていけるようなレースをしてほしいし、してくれるのではないかと思っていました。直線で窮屈になったのはありましたが、抜け出したところを差されてしまっては…。申し訳ありません。今日は認めざるを得ないかもしれませんがまだまだこれからです。また頑張ります」(藤沢和師)

来年の春に向けて最低でも賞金加算はしたかったですが、もちろん狙っていた結果はひとつでした。同じように直線で窮屈になったのですから勝ち馬のパフォーマンスを誉めるしかありませんが、アウ゛ニール自身これまでと異なった形から競馬ができたのは収穫だったでしょう。精神的にも大人びた馬ですし、まだまだこれからです。今後については未定ですが、来年主役をはれるようさらなる成長を見せてくれたらと思っています。

« 今週の近況 | トップページ | 今週の近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の近況 | トップページ | 今週の近況 »