« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月26日 (日)

ジャイアン結果

今日の京都10レース、英雄ディープインパクトカップに出走したジャイアン。

結果は…

ハイペースで逃げて、直線失速し…8着に敗北

まぁ、勝ち馬の時計2.22.8や菊花賞の時計3.01.0を見たらハイペースいうか、とんでもなく高速馬場なんでしょうね。全く気がつかんかったけど。

しかしまぁ、まさかの逃げでしたね。
過去、わざわざ最後方に下げてでも、前に壁をつくって競馬をしようとしていたジャイアンだけに、うながして逃げの手に出るとはびっくりでした。

結果、めでたく同厩舎のトウシンモンステラのラビットとなってしまいますたとさ。

┐(-。ー;)┌

そして、たった今終わった日本シリーズも阪神惜しくも敗北で1勝1敗。そしてタテジマファミリーも1勝1敗。

なにより菊花賞の結果を見る限り、やはり富士ステークスにまわって大正解!藤原師恐るべしと思いました。

○10/26(村山厩舎)
26日の京都競馬ではスタート後、内の各馬を見ながらジワッとハナへ。道中は後続を少し引き離し気味に逃げ、勝負どころで引き付けて直線へ向くも、失速し8着。

「そんなにスパッと切れるという馬ではありませんし、思い切ってハナへ行かせてみたのですが、そうしたらいつもよりもどこかダラーっとした走りになってしまって…。今日はこの馬の能力を出し切ることができずに申し訳ありませんでした。能力的にはこのクラスでも十分にやれますし、次は巻き返せるはずです」
(岩田騎手)

「うーん、スローペースで引っ掛かってレースをするよりはと思ってジョッキーも行かせたのでしょうが、それもまた競馬の一つでもありますし、そうやって残る場合もありますからね。ただ、今日は結果的にそれが敗因となってしまいました。展開さえ上手く噛み合えばもっとやれる馬なのは確かですし、次はこんなことはないと思います。今日は期待に応えられず申し訳ありません」
(村山師)

少頭数でジョッキーもスローペースの瞬発力勝負になるのを嫌い、思い切ってハナへ行かせましたが残念ながら結果は振るいませんでした。それでも直線半ばあたりまでは懸命に粘っていましたし、負けたとは言え、上位とは僅差の競馬です。次回は巻き返しを期待したいと思います。今後のことはまずトレセンに戻って馬体を確認した上で検討していきます。

2014年10月25日 (土)

今日から日本シリーズ!
まずは我らがタイガースが1勝!

実はタテジマ、第6、7戦のチケットを持っておりまつ。
6戦まで来るには、少なくとも2つは負けないと…でも本能的にタイガースを応援してしまう…なかなかの葛藤ですなこりゃ(笑)


さて、本日行われた富士ステークスに出走したステちゃん
結果は!

見事優勝!!
\(^-^)/

タテジマファミリーにとって、アダムスのラジニケ以来、久々の重賞制覇となりました。

道中スローな流れにもかかわらず、位置取りも後方だったし、なにより大外枠だったので、この展開大丈夫かいな?
と思いつつ、不安満点でレースを見ていましたが、直線に入り外からしぶとく伸びる伸びる!

あぁ、これは差しきれる!
と思った瞬間、テレビの前でコブシを高々と突き上げていました!

なんだかもしかして勝ち負けできそうなんじゃねと期待できそな菊花賞を蹴っ飛ばしての遠征だったので、ある意味会心の勝利ですね!

さて、これでマイルチャンピオンシップの優先権もゲットしたし…菊断念の鬱憤をはらすんだ!
と思いきやなんだか出走に前向きさを感じない微妙なコメント…

菊は長い…勝ちはしたもののマイルは短い的な…

まぁ、確かに実際そうかもしれないし、今無理することもないんだけど…それ以上にここに来て急激に同じ厩舎の大物トーセンラーの存在がめんどくさいことになってきたような気がするのはワシだけか…

とはいえ、ぶっちゃけ現時点でトーセンラーに勝てるとも思えないので、今はまだそれはそれで正解なのでしょう。

でも確実にレースのたびに強くなってきたステちゃん。
昔は切れる脚がないとか言われて負けてた馬が、スローな流れをまとめて差しきれるまでに成長しました。

まだまだ強くなるよ!


いつの日か、タテジマがまだ勝ったことのないG2やその先のG1を制覇してくれるんじゃないかと期待していますよ。


さて、明日は淀でジャイアンが出走します。この勢いに乗って勝って欲しいところですね♪


○10/25(藤原英厩舎)
25日の東京競馬では道中中団後方で脚を溜める。勝負どころでじわじわと前との差を詰め、直線では上がり3ハロン32秒台の鋭い伸びで見事優勝。

「調教に跨がって事前にこの馬の感触を確かめさせていただいていましたが、その時が悪いと言うことではないものの、今回競馬を走ったときの方が何かスムーズに感じましたね。マイルの流れも問題なく対応できていましたし、追い出したら終いまで長く脚を使ってくれましたからね。強い競馬をしてくれたと思いますが、この馬に関わる厩舎や牧場の方々がここまで大事にして来たことが結果につながったのでしょうし、これから先も楽しみですね。今日は本当にありがとうございます」
(戸崎騎手)

「久しぶりのマイルの戦いになるからそれに対応できるように調整はしてきたけど、キッチリと結果を出してくれて馬もジョッキーも満点だな。ジョッキーには追い切りにも跨がってもらっていたけれど、この馬の力を信じて乗ってくれたのも大きいね。さすがに菊の舞台だと距離が極端になるし、馬の適性、負担を考えその選択はしなかったけど、今回マイル戦を使ったとは言え、それは何より府中の広いコースでゆったりと運べると言う点があり、他の競馬場を同等に考えてはいません。もう少し時間が経って血統がより前に出てくることもあるだろうし、今日の結果からもマイルがもちろんダメとは言わないけれどここまで中距離でも対応できている馬。勝ってないから言い切ることはできないけど、前回強い3歳馬に迫る脚を考えても、まだいろんな可能性を秘めていると思います。だからこそ、その芽を摘むことは避けたい。何より3歳のこの時期ですからね。そう言うことからも、今日のレースで結果を出したからすぐにこことは決めずに、馬の様子をしっかりと見て、将来
を考えて必要と思えれば放牧に出すことも含めどうするか決めていきたいですね」
(藤原英師)

前走の末脚を見ても春からしっかりと力をつけてくれているのを感じることはできましたが、この馬のリズムを守って運びやすい府中のマイル戦でその末脚を遺憾なく発揮してくれました。今日の走りからもこの後がますます楽しみになりましたが、今後については馬の将来も考えながら視野を広く持って選択していきます。

2014年10月23日 (木)

昨日の結果

昨日の大井競馬で、華麗に第二の人生のスタートをきりたかったインペリですが、なんともさえない結果となりました。

うーん(-""-;)

いいころは、かかってかかって抑えるのに必死のぱっちがトレードマークだったのに…
休み明けだの、次は行きっぷりもかわるだの…そんなコメントを聞くようになるとはね…

確かに移籍初戦だし、またぞろ570キロ台に戻っていたし

でも、やっぱし、あの頃のインペリはもう見ることができないのかなぁ

とにかくこれからも元気に走ってほしいですね!!


○10/22(船橋・出川厩舎)
22日の大井競馬ではまずまずのスタートから先頭を奪いにいこうとするが、なかなか行ききることができず先団を見る位置取りに。勝負どころから徐々に促していくが、直線では余力なく11着。

「今日は先生から“とにかく行かすように"と言われていましたが、久々のぶんか、ゲートを出てからモサッとしてしまいました。そこから押して1コーナーへ向かいましたが、前のペースが落ちた時にポジションを下げなければならず、悪い方へ、悪い方へと行ってしまいました。この馬の良さを発揮することができず本当に申し訳ありませんでした。ただ、今日は休み明けということもあって馬体には余裕がありましたし、使ったことで中身も行きっぷりも変わってくると思います。負けはしましたが、やはり伝わる手応えからも能力を感じましたし、次は違うはずです」
(石崎駿騎手)

「移籍初戦でしたし、何とかいい結果を出したかったのですが最良のものとならず申し訳ありませんでした。正直、ハナを切らしてどんどん前に行かすつもりだったので、ああいう形になったのは想定外でした。そのあたりは休み明けの分もあったと思いますし、次は変わってくるはずです。今日は能力を出しきれなかった印象ですし、次走はしっかり結果も出せるように取り組んでいければと思います。悪い馬場を走った後ですし、厩舎に帰って脚元はしっかりチェックしておきます」
(出川師)

新たな活躍の場を求めて、南関東へ移籍。今回は期待のかかる移籍初戦でしたが、自分の競馬ができず力を出しきれたとは言えない結果になってしまいました。距離も多少長かった印象ですが、休み明けを使った次走は行きっぷりも変わるはずですし、更なる前進に期待したいと思います。今後はレース後の状態をよく見た上で次なる目標を定めていきます。

今週の近況

いよいよ今週は、クラシック最後の1冠菊花賞が行われますね!!

我らがステちゃんも意気揚々と…

と言いたいところでしたが、土曜日の富士ステークス(東京芝1600)に出走することになりました。
騎手は戸崎騎手です。

強くなってきた今なら、同世代なら最初から負ける気なんてダービー馬、皐月賞馬にでもあんまりしないステちゃんですが、ここは初の古馬との対戦。
いうても古馬は強いですからね。胸を借りるつもりで頑張ってほしいですね。


あと、菊花賞デーのディープインパクトカップにジャイアンが出走します。
鞍上も岩田騎手だし、淀の2400だし、前走よりも条件はかなり好転していると思うのでいいところを見せてもらいたいですね!


クラブコメント

◇アダムスピーク◇

○10/21(NF空港)
ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「この中間も同様のメニューが続きますが、いい意味で変わりなく進めることができています。一時に比べると馬体重が増えることもなく安定していますし、このまま時期を見て定期の検査を行うつもりです」
(空港担当者)

◇コメットシーカー◇

○10/21(NF空港)
ウォーキングマシンでの調整を行っています。
「引き続き、軽めの調整メニューではありますが継続的に運動をこなすことができています。いい意味で変わりありませんし、このまま騎乗運動の再開に向かっていければと思います。今後も脚元の状態を見ながら進めていきます。馬体重は530キロです」
(空港担当者)

◇ジャイアントリープ◇

○10/23(村山厩舎)
22日は栗東坂路で追い切りました(54秒1-39秒0-24秒9-12秒5)。
23日は軽めの調整を行いました。
「水曜日は坂路で併せて追い切りました。乗っていたのが体重の軽いうちの小崎だったとはいえ、昨日の重い馬場で終い12秒5ならよく動いています。ある程度レースを定めて放牧先でも調整してもらっていましたし、先週のひと追いでガラッと良くなってきた印象ですね。スパッと切れる脚はありませんが、そのあたりもよく分かっているジョッキーですし、信頼して任せたいですね」
(村山師)

26日の京都競馬(ディープインパクトC・芝2400m)に岩田騎手で出走いたします。

◇ステファノス◇

○10/22(藤原英厩舎)
22日は栗東坂路で追い切りました(54秒1-38秒3-24秒5-12秒2)。
「今朝は坂路で終い重点に時計を出しました。先週までコースでやってきていますし、輸送のある今週はサッと息を整える程度で十分でしょう。雨のため坂路の馬場がかなり重くなっているようだったので、朝一番、開場直後に追い切りましたが、反応良くラスト1ハロン12秒2ですから文句ありませんね。休み明けだった前走前と比べてだいぶ動きがしっかりしてきましたし、いい状態でレースに臨めそうですよ」
(田代助手)

25日の東京競馬(富士S・芝1600m)に戸崎騎手で出走を予定しています。

◇グレナディアーズ◇

○10/21(NFしがらき)
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。
「この中間から周回コース調整に加えて坂路での乗り込みを開始しました。次開催京都が目標とのことですからペースを上げて17-16ぐらいのところをコンスタントに乗って、帰厩までには15-15も取り入れていきます。状態に関しては気になるところはありません」
(NFしがらき担当者)

◇スタートレイル◇

○10/21(NFしがらき)
坂路でハロン16秒程度のキャンター調整を行っています。
「ソエは徐々に治まってきていますので、この中間からもう一段ペースを上げて坂路でハロン16秒での乗り込みを開始しました。脚元を気にする素振りもなく、これならレースに向けて進めていっても問題ないだろうと思います。そう遠くない段階で移動できるように調整していきます」
(NFしがらき担当者)

◇アヴニールマルシェ◇
○10/21(NF天栄)
トレッドミル調整と周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。
「今朝は北村ジョッキーが天栄に来場していたので、この馬の調教に跨ってもらいました。一緒に調教した馬に比べて楽な手応えで坂路を上がってきてくれましたし、順調に調整できていることを確認してもらえましたよ。もちろんこれまで同様に精神面に関しては注意していく必要があるでしょうし、それはトレセンでの調整でも同じことではありますが、ここまでは次の競馬へ向けて順調に進めることができていると思いますよ」
(天栄担当者)

◇ベルディーヴァ◇

○10/22(NF早来)
舎飼休養中です。
「運動を制限している分、体調管理はより気を遣うのですが、大きなトラブルや不安もなく来れていますよ。いましばらくは安静にしなければいけないでしょうが、長い目で接していきたいと思っています」
(早来担当者)

◇グラツィオーソ◇

○10/21(NF空港)
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行い、週3日は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンターを1本行っています。
「引き続き、十分な乗り込み量を確保して中身の構築に努めています。術後は順次メニューを引き上げて進めることができていますし、ここまでの調整過程は順調そのものです。馬体重は524キロです」
(空港担当者)

2014年10月22日 (水)

ちょこっと近況

(・д・ = ・д・)
キョロキョロ

祭でさぼっているのがばれたか!!

ほんとはまだまださぼっていたいんだけど、地方に移籍したインペリくんが、明日新たなデビューていうか、第二の人生のスタートですのでちょこっと更新をば。

てなわけで、明日の大井競馬、マイルグランプリっちうレースにインペリが出走しますよ。

とわいうものの、タテジマ、地方競馬は無縁なもんで、ぶっちゃけ、どんなレースなんかもメンバーもレベルもさっぱりわかりません。
ちなみにチャリでピュピューって行ける住之江競艇も行ったことありません


クラブコメント

○10/18(船橋・出川厩舎)
18日は船橋競馬場ダートコースで追い切りました(62秒8ー50秒0ー37秒4)。

「今日の最終追い切りは同じマイルグランプリに出走を予定している川島厩舎のトーセンアドミラルと併せ馬を行いました。後ろから追走していき、最後は僅かに遅れをとりました。ただ、正直こちらは休み明けですし、あちらはそれなりに使ってきているので、その差もあったと思います。移籍初戦で手探りな部分はありますがいい形で来れましたし、楽しみを持って競馬へ向かえそうです。かなりの強敵が揃っていますが、見どころある競馬をしてもらえればと思います」
(出川師)

「ここまで継続的に追い切りに騎乗させてもらっていましたが、今日は追いかける形で進めてみました。単走時よりも最後はスイッチが入りきらなかった印象で、自分のペースで行けないとそうした感じになってしまうのかもしれません。レース前に色々試すことができたのは良かったと思います。使って更に良くなりそうな手応えはありますがひとまず態勢は整いましたし、何とかいい結果に結びつけていきたいです。よろしくお願いします」
(石崎駿騎手)

22日の大井競馬(マイルグランプリ・ダ1600m)に石崎駿騎手で出走を予定しています。


○10/19(船橋・出川厩舎)

22日の大井競馬(マイルグランプリ・ダ1600m)に石崎駿騎手で出走いたします。

2014年10月 1日 (水)

1歳馬近況

先日タテジマファミリーに仲間入りをした1歳馬たちの更新もされていました。
まあ、一発目なんでどうこう言うよりも、こんな子たちですよっ。てお披露目更新です。
よろしくお願いします。

◆レディドーヴィルの13◆
9/30  NF空港
馬体重:443kg

NF空港へ移動するまでは順調に夜間放牧を行っていました。現在は騎乗馴致に備えて、鞍を付けてのウォーキングマシン運動をこなしています。イヤリング在厩時には夏の暑さにも負けず、キビキビとした動きで放牧地を走り回っていました。洗い場での練習も何ら問題なくこなすことができましたので、これから始まる初期の騎乗馴致もスムーズに進められるでしょう。
3809_2



◆ルミナスグルーヴの13◆
9/30  NF空港
馬体重:422kg

NF空港へ移動するまでは順調に夜間放牧を行っていました。現在は騎乗馴致に備えて、鞍を付けてのウォーキングマシン運動をこなしています。洗い場での馴致は順調に進み、これから徐々に騎乗馴致を開始して行こうと考えています。性格はとても大人しく、人にも従順でスタッフから愛されているだけに将来はファンからも愛される競走馬へと育ってもらいたいものです。
4309



◆ミスエアクラフトの13◆
9/30  NF早来
馬体重:465kg
現在はウォーキングマシンで1時間の運動と馬房内で鞍付け、騎乗馴致を行っています。1歳馬らしからぬメリハリが効いた馬体は迫力満点で、その筋肉質の体躯を活かした走りっぷりはダイナミックの一言です。父は気性面に強いところが見られましたが、本馬は今のところ手の掛からない優等生タイプで初期馴致をスムーズに進められています。体調面も安定していることから充実した日々を過ごすことができています。
6509


今週の近況

なんか久々な気がする今週の近況です。
ちなみに、今週は出走する子はいませんよ。

なので、あんまし書くこともないのですが、しいてあげれば、ステちゃんが菊を見送るようなコメント出ています。
まあ、デビュー当初から意識してマイルを使っていたように、まあ三千は長いですわね。
スローヨーイドンなら持つと思うけど、昔からやっぱし菊花賞本番はリアルシャダイの入った馬を狙ったり、ダンスインザダークを狙ったり、と結局血がものをいうような気がしますしね。
ただ、じゃあセントライトや神戸新聞杯1、2着といった現在の3歳トップクラスのライバルたちに三千の距離適性があるのかというと、そうでもないのでは?と思ってしまうし、菊花賞以外の何かG1と菊花賞を比べた場合、もしもステちゃんが勝つ確率が一番高そうなのはどれ?と聞かれたら、やはり菊花賞だと思いますしね。
そんなこんなで最終的にどう判断をしてくれるのか?というところです。

□□クラブコメント□□

◆インペリアルマーチ◆
9/30  船橋・出川厩舎

27日は船橋競馬場ダートコースで追い切りました。
(74秒5-55秒0-40秒5)
30日は軽めのキャンター調整を行っています。

「先週末に石崎駿を乗せて時計を出しています。単走で馬なりといった内容ですが、いい動きだったと思いますよ。馬体も大きいですし、やはり迫力がありますね。今後も目標のレースへ向けて乗り込んでいきたいと思います」(出川師)

◆アダムスピーク◆
10/1  NF空港

ウォーキングマシンでの運動を行っています。

「現状のマシン運動を継続する中では脚元の見た目は変わりなく推移していますが、中の状況がどう変化しているかはやはりタイミングを見て精密検査をする必要はあるでしょうし、トレッドミルなどもう一段階上げた運動を行ってどうなるかを見ていくことも必要かとは考えています。そのあたりは獣医師ともしっかりと相談しながら決めていきたいと思います。馬体重は523キロです」(空港担当者)

◆コメットシーカー◆
10/1  NF空港

ウォーキングマシンでの運動を行っています。

「引き続き、軽めの内容ではありますが変にストレスを溜めるようなところはなく、この馬なりに落ち着いて過ごすことができていますよ。カイバなども問題ありませんし、この調子で運動を継続していきたいと思います」(空港担当者)

◆ジャイアントリープ◆
9/30  NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「少し楽をさせてから乗り出していますが、特に気になるところはなく順調です。村山師とも移動時期を相談しながら進めていますが、おそらくそう遠くない段階で移動の話が出てきそうなので、そのつもりで動かしていきます。馬体重は530キロです」(NFしがらき担当者)

◆ステファノス◆
10/1  藤原英厩舎

1日は軽めの調整を行いました。

「この中間も軽く動かしながら馬の状態をしっかりとチェックしています。だいぶ荒れてきた新潟の馬場を走った後なのでダメージはあるだろうと覚悟していたのですが、思ったよりは反動なく、疲れた様子も見せていません。次走についてはきちんと皆さんに申し上げるまでもう少しお時間をいただいて検討したいと思っていますが、距離適性などを考えると菊花賞はパスするべきだろうと考えています」(藤原英師)

◆グレナディアーズ◆
9/30  NFしがらき

周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「馬体のチェックを行いましたが、問題がないのでこの中間から周回コースに入れて騎乗調教を開始しました。疲れを心配していましたが、そんなところもなくスムーズに騎乗調教に移行しています。長い休養にはならない予定ですし、緩めずに動かしていきます。馬体重は513キロです」(NFしがらき担当者)

◆スタートレイル◆
9/30  NFしがらき

軽めの調整を行っています。

「引き続き角馬場での騎乗調教とトレッドミルを併用しながら動かしています。だいぶ動かせるようになりましたが、ソエはまだ治まりきっていませんので、ケアを行いつつ良化を図っていきます。馬体重は532キロです」(NFしがらき担当者)

◆アヴニールマルシェ◆
10/1  NF天栄

トレッドミル調整と周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。

「若駒でもちろんまだ完成していない馬ではありますから精神面、肉体面の両面とも慎重に接していますが、大きな問題なく来れています。目標を考えるとしばらく時間はありますし、これからではありますが、今のところ言うことがないくらい順調です。乗り手も、この馬に乗った後に他の馬に乗ると悪くないのに思わず物足りなさを感じるくらい良いもの持っている馬ですから、大事にいきたいですね。馬体重は502キロです」(天栄担当者)

◆ベルディーヴァ◆
10/1  NF早来

舎飼休養中です。

「引き続き患部ならびにそれにともなう悪影響が出ないかを慎重に見ながら接してきていますが、変わりない様子を見せてくれています。しばらくの間は動きのない状況が続くことになるでしょうが、今は時間が何より大事な状況ですし、焦る気持ちをおさえて考えてあげられればと思っています」(早来担当者)

◆グラツィオーソ◆
10/1  NF空港

周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行い、週3日は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンターを1本行っています。

「段階を追ってペースアップを図っていますが、脚元に違和感が出てくることもなく順調の一言です。引き続き、体調面を見て負荷を高めていければ理想的です」(空港担当者)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »