« 今週の近況 | トップページ | 今週の近況 »

2014年6月 3日 (火)

先週の結果

土曜日京都10レースにステファノス、東京12レースにアダムスピーク、日曜日京都8レースにコメットシーカーが出走しました。

結果は

ステファノス優勝!
o(*>д<)o

アダムス優勝!
o(*≧д≦)o″

コメット…15着…
( ̄ロ ̄;)

おかしいなぁ…3連勝するはずだったのにね…
なんとなくコメットが一番期待してたんだけどなぁ…

気を取り直して、1頭づつ簡単に

まずはステファノス。
パドックはもうなんの注文もありません。強いていえば、結構やる気まんまんに見えたここ2戦よりもおとなしめの周回でした。

その影響があったのかどうかはわかりませんが、レーススタート後、思いの外行きっぷりが悪く、えらい後方からの競馬となりました。

「つ、ついていけないの?マジかよ…よもやピオネロくんより後ろからとは…」

なんか勝手にピオネロくんは差し追い込み馬ってイメージ持ってたからね。
これまでステファノスが後方一気なんてしたことないし、あらまぁって感じでした。

ただ、途中のラップをみるとなかなかのハイペースだったので、こりゃ逃げてるやつらはしんどいな。とちょっと安心しました。

直線に入り、内から外に進路を変えたステファノス。
馬群の中にここしかないと思えるせまいスペースが空いたんですが、それを岩田がよんでいたのかどうかはわからないけど、すかさずそこに突っ込むステファノス。
かなりせまいとこなので、他の馬がほんのちょっと進路を変えたらすぐさま行き場がなくなってしまう。

しかし、そんなことをさせる間もなく一瞬にしてそこに入り込み瞬間的に突き抜けるステファノス!

前半の貯金のおかげかまさに見事な瞬発力でした。

以前、切れる脚がないとか言われてたのが嘘みたいな一瞬のキレでした。

勝ったな(-.-)y-~

と思いました。

鞍上も見事さに、さすが岩田と感服しました。

これで楽勝かと思ったんですが、そこからピオネロくんの逆襲が始まりました。

瞬発力で一瞬のうちに交わしさっていたピオネロくんだったんですが、いい脚を長く使うとはこのことか!と思わせる驚異の粘り。

一完歩ごとに差をつめられたんですが、なんとかピオネロくんの追撃をクビ差をしのぎきってステファノスが優勝しました。

ちょっと焦りましたが、まぁ、皐月賞5着はだてじゃないって感じです。

昨年の暮れ以来、なんだかんだとコンスタントに使いづめだったので、このあとは放牧に出て秋に備えるみたいです。

わからないけど、トライアル→菊となるのかな?
ここにきて成長著しいステファノスですから、秋になってさらに成長した姿をみたいですね。

続いてアダムス。
ぶっちゃけパドックとかはわかりません。なんせ場内テレビで一瞬みただけなんで。

レースはこちらは中段からのレースとなりましたが、隊列が前の集団と後ろの集団に分かれたような感じで、アダムスは後ろの集団の先頭を、ちょっと怪しい手応えで追走していました。

あらま…これいかんがな…

って思いましたよ。

ところが、4角手前でゴーサインを出されたアダムス、馬群の外を一気に上がって行って残り200当たりでもう先頭にたっていました。

ロングスパートの影響か、早めに抜け出してしまった影響か、こちらも一旦交わしさった相手に最後はつめよられましたがそのまま先頭でゴール。

あのラジニケ以来、2年5ヶ月ぶりの勝利となりました。

鼻出血、屈腱炎、数々の困難を乗り越えての復活。厩舎や牧場関係者さんにはほんと感謝です。

ここんとこ、ワールドエースやグランデッツァとアダムスとクラシック戦線を戦ったライバルも次々と復活勝利をあげてどちらも安田記念に参戦するようです。
いつかもう一度大きな舞台でライバルたちと戦いたいなぁ。

でも、トライアンフで経験してますから、やはりとにもかくにも脚元を大事にですね。

しかし、ターフビジョンに映し出されたスーパースローのゴール前のアダムスかっこよかったなあ。


さて、最後に問題のコメットシーカー。

クラブコメントにもありますが、やっぱりちょっとユルかったのかな?
それはワタスもうすうす感じていました。

パドックをちょうど順光の位置の最前列で見てたんですが、うまっぷりもいいし、毛づやもいいので遠目には一瞬出来上がっているように見えるんだけど、やっぱり本当に出来上がってる馬は皮膚に浮き出た血管までよくみえるんですよね。でもコメットにはそれが見えない。

でも、以前は華奢な馬体ってイメージだったのに、かなりバランスがとれたいい馬体になってたように思ったし、足りん部分は能力でなんとかしてくれると思ったんですが…

スタート前の輪乗りを見て、なんかテンション上がってるな…と思いましたが、その時も別に気にもしてませんでした。

しかし、ゲートで突然ガタガタしだしたのを見て、ヤバいな…て思ったら案の定超出遅れ。

てなわけで、ポツンと最後方からの競馬となってしまったわけですが、そこからがなんかひどかった。

なんちゅうか…うーん…鞍上がコメットを促してるのか抑えてるのかよくわからない…なんかギクシャクした感じに見えました。

結局そのままポツンと最後方のままレースは進みました。

こうなってしまったら一か八か3、4角インベタまわって直線最内をついて出遅れ分の距離を取り返すくらいのギャンブルをしてほしかったんですが…

終始外目を通り、直線向く時も大外に進路をとる始末…しかも各場内外にかなり広がってしまったので外も外、超大外。

結局そのまましんがりかと思いましたが最後の最後、ギリギリちょっとだけ交わして15着で入線しました。

期待が大きかっただけに、ぶっちゃけショックもかなりのものでした。

なんの見せ場もなく、なんの収穫もないレースでした。

うーん…敗因がわからない…クラブ的には敗因ははっきりしていて久々のせいとなっていますが、それにしても負けすぎやろと…なにしろクラス編成直前の一番層の薄い時ですからね。

精神的なもので、ゲートでパニックになって、走る気がなくなったくらいに思いたいところです。

あとはもう、もう一度輝きを取り戻してくれることを信じるしかないです。

□クラブコメント□

◆ステファノス◆

5/31  藤原英厩舎
31日の京都競馬ではややゆっくりめのスタートから後方をじっくり追走。3コーナー過ぎからジワッと動いて直線を向くと、しっかりした末脚を見せて優勝。

「前が飛ばす展開も良かったと思いますが、道中はスムーズに折り合っていましたし、いつでも動ける感じでした。勝負どころからジワッと動いて、直線はしっかりと伸びてくれましたね。相変わらずやや硬さは感じるのですが、それでいてこれだけのレースぶりですからね。やはり力がありますよ」(岩田騎手)

重賞のみならず皐月賞でも上位の力を見せながら、なかなか賞金を加算できなかったここまでの戦いでしたが、秋に向けて大きな1勝を挙げてくれました。このあとはトレセンに戻って馬体をよく確認してから検討します。



◆アダムスピーク◆

5/31  石坂厩舎
31日の東京競馬ではまずまずのスタートから道中は中団を追走。直線で先頭に立つと最後まで脚色は衰えず優勝。

「まずは勝つことができてホッとしました。ありがとうございました。
直線は少し抜けるのが早いかと思いましたが、やはり力は抜けていましたね。本当はもっとジッとしてジワジワ行っても勝てたと思いますが、包まれる危険性もありましたからね。馬が勝ち方をわかっていますし、本当によく走ってくれました。当然、上のクラスで戦える馬ですし、まだまだこれからも頑張ってくれると思います」(内田騎手)

「前走は道中に我慢して終いを伸ばすという競馬ができましたし、今回も折り合いさえつけばと考えていました。それでもやはりここは負けられないとも思っていましたから、まずはその通りになって良かったです。
この後はトレセンで改めて脚元など状態を見ながらにはなるでしょうが、今回は間隔を詰めて使って勝ちに来た競馬ですし、少し楽をさせることも考えていきたいですね。今日はありがとうございます。またご声援お願いします」(石坂師)

2歳時の重賞制覇以来、時間はかかりましたが見事な走りで復活の勝利を飾ってくれました。持っている力が違うのは明らかですし、しっかり実力を出してくれた結果でしょう。今後は状態を見た上で決めていきますが、再び大舞台に向かうためにもアダムスピークの更なる頑張りに期待したいと思います。

◆コメットシーカー◆

6/1(藤原英厩舎) 
1日の京都競馬ではスタートで立ち遅れて最後方を追走。勝負どころからも進出に手間取り、直線は伸び切れず15着。

「ゲートはあまり良くないと聞いていたのですが、待たされて我慢しきれなくなってしまって立ち遅れてしまいました。久々でかかる可能性もあるとのことだったので、出していくよりじっくり構えようと腹をくくって進めたのですが、3コーナー過ぎからやや手応えが怪しくなってしまって…。息遣いがもうひとつだったので、ちょっと太かったのかもしれません。いい馬に乗せていただいたのに申し訳ありません」(藤岡佑騎手)

「能力の高い馬ですし、久々でもいい競馬ができると思ってちょっと余裕を持たせた造りだったこともあって、息遣いが本物ではなかったようです。
今日はゲートで立ち遅れたこともありますが、さすがに久々がこたえた形です。使って良くなってくれるでしょうし、次はなんとかしたいですね」(藤原英師)

今日はゲートの立ち遅れも響きましたし、久々ということもあったでしょう。残念な結果でした
が、敗因ははっきりしていますし、次は巻き返してくれると思います。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

« 今週の近況 | トップページ | 今週の近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメット…封じてしまった(°д°)でもステファノスは素晴らしかったね!記念写真も撮れたし!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の近況 | トップページ | 今週の近況 »