« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

今週の近況

いよいよ今週はダービーですね!
昨年6月の新馬戦から始まった1年間の闘いの集大成です。
残念ながら今年もこの夢舞台に愛馬を送り出すことは叶いませんでしたが、1競馬ファンとして京都競馬場からダービーを楽しみたいと思います。

今年は群雄割拠の大混戦と言われていますが、皐月賞の時も思ってたけど、決してレベルが低いんじゃなく、飛び抜けたのがいないけど、強いのがゴロゴロいるって感じですよね。
タテジマの注目は皐月賞馬イスラボニータ、キャロ代表トゥザワールド、ステファノスが手に入れかけた切符を凄い勢いでかっさらっていったワンアンドオンリーあたりかな。
あとはトーセン、ベルキャニオン、ワールドをおさえて…(  ̄▽ ̄)

さて、人気どころ勝つのか、はたまた牝馬にもってかれるのか、はたまた大波乱もあるのか、競馬の祭典を楽しみましょう。

そういえば、オークス2着のハープスターが落鉄していたみたいですね。
確かに写真を見ると左前の鉄がプランプランに…
まぁ、そもそも蹄鉄は速く走るためのものじゃなくて、蹄を保護するためのものだから、競争にどれほどの影響があったのかはハープスター本人でないとわからない…(笑)
ただ言えることは、レース後のコメントで落鉄のことには一切触れずにこれを敗因としなかったジョッキーや厩舎関係者はとっても潔いと思いますし、何より落鉄なんて微塵も感じさせない怒涛の追い込みを見せたハープスターの根性には頭が下がりますね。
心配された蹄もどうやら無事だったようで良かったですね。

てなわけで、今週の近況ですが、今週は3頭が出走。
まずは明日土曜日
京都10レース白百合Sにステファノス、東京最終レースにアダムスピーク
明後日日曜日、京都8レースにコメットシーカーが走ります。

ん( -_・)?

なんか気づきましたか?

そう!

デビュー前のアヴニールを除く、タテジマファミリーのディープ産駒がなんとそろい踏みです!

出資総額しめて50万なり(笑)

もちろん全馬に期待しているのですが、やっぱり注目は昨年秋の骨折以来休養していたコメットシーカーの復帰戦ですね。

先週の今週なんで鞍上的にちょっとハンデを背負っちゃった感が個人的にしないでもないですが、まさかジャイアンに続き800mスパートなんかせんでしょう(笑)

馬を間近に見れる淀のパドックで見るのも初めてなので楽しみです。
一回り成長してくれてたらいいな。

さて、明日はステファノスとアダムス。
どちらも前走内容から人気になると思いますが、なんとか人気にこたえて欲しいところです。

あと、先週暴走明けの1戦を圧勝で飾ったグレナですが、GCの先週の結果分析という番組でタイムランクA&番組注目馬という評価を受けていました。
そして、注目の次走ですが、中央3歳馬ダート路線のダービーともいうべきユニコーンSを目指すようです。
間違いなく1線級がそろってでてくるはずなので、そのメンツ相手にどこまで通用するのか期待半分不安半分でワクワクします。

そして、グレナの弟アヴニールマルシェのデビュー戦は15日の東京1800mとなりそうです。
POGでもそこそこ取り上げられているアヴニールなので、みんなの期待にこたえて来年のクラシックを夢見続けさせてくれるのか、いきなり化けの皮がはがされてしまうのか、かなりドキドキのデビュー戦です。

そして、今週一番のサプライズは…

なんと!

ジャイアン続戦です!

またお決まりの放牧かと思っていましたよ…いつ以来や…まじで…


今週はこんな感じです

クラブコメント

◆インペリアルマーチ◆

5/29  音無厩舎
■28日、29日は軽めの調整を行いました。

「今週の欅Sに特別登録させていただきましたが、やはり頭数が多く除外対象です。幸い、阪神にダート1400mの番組がありますので、今週は除外権利を確保し、天保山Sに向けて調整していくことにします。
中間も特に疲れは見せていませんし、脚元も安定しています。
今までは脚元のことを考えて坂路中心に追い切ってきましたが、在厩のまま調整できる次走は勝負の一戦ですし、コース追いも取り入れていこうと考えていますよ」
(音無師)

31日の東京競馬(欅S・ダ1400m)は非抽選除外になりました。このあとは6月21日の阪神競馬(天保山S・ダ1400m)に向かう予定です。

◆アダムスピーク◆

5/28  石坂厩舎
■28日は栗東坂路で追い切りました。
(52秒5−38秒0−25秒0−12秒5)

「今朝は坂路で終い重点に追い切りました。
朝一番で時計が出やすい馬場状態でしたが、4ハロンの時計もラスト1ハロンも優秀でした。道中も特に行きたがるようなことはなく、スムーズに折り合っていたとのことですし、状態に関しては文句ありませんね。カイバもよく食べていて体調も良好ですし、普段から落ち着きがあるのもいいと思います。
本来は芝向きなのかもしれませんが、前走の内容や持っている能力を考えれば、ここはなんとかしないといけないですね」
(大井助手)

31日の東京競馬(4歳上1000万下・ダ1600m)に内田騎手で出走を予定しています。

◆コメットシーカー◆

5/29  藤原英厩舎
■28日は栗東CWコースで追い切りました。
29日は軽めの調整を行いました。

「水曜日はジョッキーを乗せてCWコースで併せて追い切りました。
前半は楽に走らせて、直線しっかりと追ってラストは11秒台と、いい負荷をかけることができましたよ。
久々の分手応えは多少見劣りましたが、ここまで順調に良化してきてくれましたし、休み明けとしてはいい仕上がりで臨めそうです」
(藤原英師)

6月1日の阪神競馬(4歳上500万下・芝1800m)に藤岡佑騎手で出走いたします。

◆ジャイアントリープ◆

5/28  村山厩舎
■28日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は、流れが遅くこの馬には厳しい展開になってしまいました。大外を回ると少しモタれたりするので、できれば内を突くような競馬をしたいと思っていたのですが、大外枠からではさすがに苦しかったですね。
レース後は幸い大きなダメージはなさそうですし、今のところこのまま厩舎で調整していこうと考えています。
次はクラス再編成で1000万下に降級しますから、きっちりと勝ちに行きたいですね」
(村山師)

6月15日の阪神競馬(花のみち特別・芝2200m)に出走を予定しています。

◆ステファノス◆

5/29  藤原英厩舎
■28日は栗東CWコースで追い切りました。
29日は軽めの調整を行いました。

「水曜日はCWコースで併せて追い切りました。
相手を追いかける形から直線はほぼ併入。終始楽な手応えでとてもいい動きでした。
ここまで重賞でも上位の力を見せていますし、秋に向けてここはきっちりと結果を出しておきたいところ。前走後もじっくりと調整してきて状態はいいので期待しています」
(藤原英師)

31日の阪神競馬(白百合S・芝1800m)に岩田騎手で出走いたします。

◆グレナディアーズ◆

5/28  音無厩舎
■28日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は、放馬をして除外になった後でしたし、競馬場についてテンションが上がってしまわないか心配していました。
実際パドックや馬場入りではかなりカリカリしていたようですが、レースではそんなところを見せずうまく走ってくれましたね。
ダートは合うだろうと思っていましたが、それにしても強い競馬。時計も優秀ですし、これからが楽しみな内容でした。
レース後は特に傷んだところはなく、今のところ疲れも感じません。気性面を考えて輸送のない阪神で自己条件をとも考えたのですが、夏場は新潟のレパードSなども視野に入ってくるでしょうし、いずれ長距離輸送も経験しなくてはいけませんから、ここでユニコーンSへチャレンジしようということになりました」
(音無師)

6月22日の東京競馬(ユニコーンS・ダ1600m)を目標にしています。

◆スタートレイル◆

5/27  NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「オーバーペースにならないよう、中間は周回コースで軽めのキャンターを乗ってきて、今週から再度ピッチを上げ始めました。今朝は坂路で終い15秒ぐらいのところを乗っています。
負荷を強めても息が乱れていませんし、フィジカル面は問題ないのですが、正直まだ気持ちの面で幼すぎる感じがしています。
併せ馬も積極的に取り入れていますし、前向きに走れるようしっかりと取り組んでいきます。
馬体重は542キロです」
(NFしがらき担当者)

◆アヴニールマルシェ◆

5/28  藤沢和厩舎
■28日は美浦南芝コースで追い切りました。
(63秒8−49秒8−37秒6−12秒0)

「先週は緊張もあってかちょっと疲れが見られましたが、本当に軽度ですぐに落ち着いたのでじわじわと動かしてきました。
実際週末にかけて時計も出せていましたし、悪くないと思いますよ。
今週に入ってからも問題なさそうでしたから、今朝は本馬場を使ってサッと時計を出したんです。まだ序盤ということもありますから先輩の胸を借りて動かしましたが、頑張っていましたし悪くないでしょう。
この調子で進めていけるのならば東京2週目の1800mから考えていけると思いますよ」
(藤沢和師)

6月15日の東京競馬(2歳新馬・芝1800m)に北村宏騎手で出走を予定しています。

2014年5月26日 (月)

今日の結果

今日は京都5レースにグレナ、11レースにジャイアンが出走しました。

結果からいうと

グレナ、優勝!
(*´∇`*)

ジャイアン…6着
(´・ω・`)

でした。

まずはグレナから

まずはおわびから
グレナの登録レースをよく確認してなくて、7レースに同条件があって、そっちばかり思ってたので、前日に新聞見て
「あれ?いない?」
って思って焦りましたが、よくよく見ると出走は5レースでしたsweat01

で、本題

前走…いや、前走といえるのかどうかも怪しいあの暴走以来となるので、かなり色んなところに注目してみていました。

まずはパドック。
いやぁ…ぶっちゃけまともな周回じゃなかったですね。

馬体的には十分できてる感じでしたが、おつむのほうが…
常に暴走モードに入る寸前で…いつ立ち上がっても、尻っぱねしてもおかしくないような雰囲気。

これはまともにレースができるのか?
と不安になりました。
ちゃんと馬場に入れるのか?
ちゃんと返し馬できるのか?
ちゃんとゲートに入れるのか?
ちゃんとゲートをでれるのか?
ちゃんとコーナーを回れるのか?
てか、ちゃんとレースができるのか?

とにかくまたも暴走しないかどうかがずっと不安で不安で…パドックを見てさらに不安が増してしまいました。
それくらいのよろしくない周回でした。

本馬場入場の時もかなりイライラしているようでした。

「うわぁ…このあと制御きくのか?」

と思いながら返し馬を駆けていくグレナを眺めていました。

ところがです。

ゲート直前の輪乗りに戻ってきたグレナ…

「あれ?えらいまともじゃん?…これなら!」

って思い三連単を購入しようと思いましたが、時すでに遅しでPAT入力途中で締め切りまでに買うのは無理…てか、もはや締め切りっちゅうことに気付き購入をやめたのでした。
ま、輪乗りに見てやからね。遅いねん(笑)

皆さん、勝馬投票券のお買い求めはお早めに〜

さて、いよいよゲートイン
奇数番なので、ゲートに入ってからかなりまたされるのですが、これまた

「あれ?めっちゃ大人しくしてる?」

もちろん出遅れることもなくスタート。

初ダートに戸惑うような感じも見せずに、中段内らち沿いという馬群のど真ん中を追走するグレナ。
パッサパサ馬場特有の巻き上がる砂煙にも全く動じずでした。

そのまま道中を楽に追走。
4角から直線入り口に向かって抜群の手応えで上がっていくグレナ見て

「勝ったなこれ!」

と思いました。案の定、直線半ばで一気に突き放すとあとは楽勝でした。

ええ、まるで叫ぶところもないくらいの楽勝でした。
ダートは合うといわれてましたが、正直予想以上に強かったです。

時計も1分51秒台という優秀な時計でした。

まだまだ、気性面での不安は満載ですが、将来が楽しみです。

ちなみに馬券も単複と馬連的中でウハウハですた(笑)

三連単が間に合ってればさらにウハウハでしたが、まぁしゃあないですし、かえって運の反動が怖いので別にいいです(笑)


続いてジャイアン。

なんかグレナの勝ちレースでえらい尺をとってしまったのでさらっと…

パドックはプラス10キロでしたが、太い感じもなく身が入った感がありました。しいていえば、もうちょい踏み込みがあっても良かったんだけどなぁ。

レースは…

なんちゅうか…一言でいうとちぐはくな競馬でしたね。

大外枠だったとはいえ1周目の直線を駆けていく時に、そんな位置取りのままだと向こう正でかかるで!って思ってたんですが…
1、2コーナーでも外外回ってかなり距離損してるし…
案の定向こう正でかかってるし…
挙げ句、残り800あたりから持っていかれ加減に一気に上がっていくし…

例えるなら、プチステファノスの毎日杯的な…
ステファノスの時は、早めに外から動かれたんで仕方がないけど、今回は勝手に動いてしまったからなぁ…

挙げ句、距離損のない内の馬を差しきれないばかりか、内から次々と交わされ6着という結果でした。

それでも勝馬から2馬身そこらに頑張ってるし、1〜3着馬はジャイアンより1キロ斤量も軽かったし…

結果だけからすると、そんな悲観した内容じゃないんだけどね。それだけにレースの中身がね。明らかに格上馬がする競馬だから…なんかもったいないなぁ…というのと、少なくともここでは格上ではなかったかという現実と…

また900万から出直しだ。てか、またあの使い分け地獄にはまるのか…

やれやれ┐( ̄ヘ ̄)┌

ていう感じです。

ま、とにもかくにも今日はグレナが勝ってくれたのでよしです。

最後にオークス、バウンスシャッセに勝って欲しかった…ダメなら2着に来て欲しかった…馬券的に(笑)


クラブコメント

◆グレナディアーズ◆

5/25  音無厩舎
■25日の京都競馬では五分のスタートから中団を追走。3コーナー過ぎから徐々に進出して前を捉えられる位置につけ、直線半ばで先頭に立つと後続を突き放して優勝。

「初めてのダートの上に、前走があのような形でしたから、正直どんなレースになるかまったく予想がつきませんでした。でも、結果を見れば力が違いましたね。中団からロスなく進めて、うまく立ち回れたのも良かったと思います。
ただ、パドックや馬場入りではやはりかなりうるさいですし、精神面の幼さは感じますから、普段からゆったり乗るようにしていきたいですね。今日はありがとうございました」
(北村友騎手)

「前回の競馬が直前で競走除外になってしまいましたし、本当に今日は会員の皆さんにいい走りをお見せしなければと考えていただけに、ホッとしました。
ダートは元々悪くないと思っていましたが、強い勝ち方をしてくれましたし、これからの楽しみが広がりましたね。
今日は東京競馬場に臨場していたのでまずはトレセンで実馬を確認したいと思いますが、いい結果を出してくれたとはいえ気性面で怪しいところがありそうだったようなので、引き続き注意していきたいですね」
(音無師)

馬場入りの際に放馬して除外となった前走の悔しさを晴らすには十分すぎるほどの強い勝ちっぷり。タイムも優秀で、今後の活躍が本当に楽しみになりました。
ただ、引き続き精神面の幼さは目立ちますし、今後については馬の状態をよく確認してから検討します。


◆ジャイアントリープ◆

5/25  村山厩舎
■25日の京都競馬では五分のスタートから好位を追走。
スローペースだったこともあり、3コーナーからジワッと進出して直線を向くが、早めに動いた分最後は粘り切れず6着。

「ものすごいスローペースで、この馬の展開ではないなと感じていたのですが、3コーナー下りでもペースが上がらずに外を回らざるを得ない展開。
好位の馬たちがちょっとでも動いてくれればまた違ったのでしょうが、やはり勝った時のような脚は使えませんでした。
あのペースでもよく我慢はできていましたが、枠順がもう少し内ならまた違ったでしょうし、流れひとつだと思います。
いい時に乗せていただいたのに申し訳ありません」
(藤岡佑騎手)

今日は大外枠からの競馬で、内に入れるところがなく、スローペースで先に動かざるを得ない厳しい展開になってしまいました。
それでも差のないレースをしているあたり、力は見せたレースだったと思いますし、クラス再編成後に改めて強さを披露してもらいたいと思います。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

2014年5月24日 (土)

今週の近況

先週は久々の甲子園での試合観戦で阪神勝利にうかれている間にインペリがぼろ負けしたようで…
3日後くらいにビデオをみたんだけど、往年の行きっぷりが…あげく次の目標が苦手府中とは…いろんな意味で残念です…1400にこだわらずいちかばちか大きく条件を変えてみてほしいところです。

さて今週は、日曜日に淀でグレナデァーズとジャイアントリープが出走します。
グレナは、あの暴走いらいとなりますが、まずは普通に入場して普通にゲートに入って的な普通なことが目標ですね(笑)もはやなにが起こるやらわからんですからね。

一方、ジャイアンですが、今回は外回り2400というピッタリの条件…なんですが、おそらく早くからここ目標だったにもかかわらず、ギリギリまで騎手を確保できてなかったようで…今回は藤岡兄騎手になりました。しかもクラブコメントで調教師は内をつくような競馬をしたい的なことをもくろんでいたようですが、なんと大外枠に入りました…はい、ざんねーん!ジャイアンの実力を信じましょう!

あと、期待のアヴニールですが、すでにゲート試験も合格にデビューを待つばかりなんですが、中間ちょっと腹痛を起こしたようです。まぁ、大事にはならなかったようで良かったです。
まだまだ仲間のほとんどは北海道の育成にいる2歳馬ですからね。無理は禁物です。

そういえば、ワタスも昨日からえらいお腹の調子が悪いのよね…なんかいかんもん食べたかな…

てなわけで、今週はこんな感じですた♪

そうそう、今週はいよいよオークスですね!
注目はもちろんキャロ期待の星ハープスター。

このあと凱旋門賞というならば、23秒台、もしくは5馬身差以上での勝利を期待したいところです。
それが出来ないときは、世界の超1線級相手に2400はどうかなと…。

とにもかくにも注目の一戦ですね。
頑張れハープスター!

ではではクラブコメントです。

◆インペリアルマーチ◆

5/21  音無厩舎
■21日は軽めの調整を行いました。

「レース後にトレセンに戻って来てからも脚元は変わりないですし、できれば続けて使っていきたいと考えています。
先週使って今週の競馬、つまり連闘での除外権獲りができない状況なので難しい面はあるかもしれませんが、可能なら来週の東京にダート1400m戦が組まれていますから、そこへ向かいたいですね。
やはり難しいという状況なら権利を確保して阪神開催にスライドすることを考えています」
(音無師)

31日の東京競馬(欅S・ダ1400m)に出走を予定しています。

◆アダムスピーク◆

5/21  石坂厩舎
■21日は軽めの調整を行いました。

「この中間は軽く動かしながら状態を見ていましたが、特に疲れた様子もなく、普段から落ち着きがあっていい雰囲気です。
今週一杯は楽なペースでの調整を予定していますが、今朝なども非常にリラックスしたキャンターができていて、使いつつ状態が良くなってきているのが分かりますよ。
間隔もそれほど空いていませんし、週末ぐらいから少しずつペースを上げて、来週しっかりとやれば十分でしょう。次こそは、という気持ちですね」
(大井助手)

31日の東京競馬(4歳上1000万下・ダ1600m)に出走を予定しています。

◆コメットシーカー◆

5/22  藤原英厩舎
■21日は栗東CWコースで追い切りました。
22日は軽めの調整を行いました。

「水曜日はCWコースで追い切っていますが、重たい馬場の中、後ろから追いかけてこの馬なりにしっかりと動けていてと思いますし、悪くないと思いますね。
久しぶりにはなりますが、クラス再編成前の最後の競馬になりますから是非ともいい結果を出したいですし、そうなるようにしっかりと仕上げていきます」
(藤原英師)

6月1日の京都競馬(4歳上500万下・芝1800m)に出走を予定しています。

◆ジャイアントリープ◆

5/22  村山厩舎
■21日は軽めの調整を行いました。
22日は栗東CWコースで追い切りました。

「今朝はCWコースで強め程度の追い切りを行いました。元々やれば時計は出るタイプですが、余力がありながら6ハロン82秒台ですから文句ありませんね。体調もいいですし、休み明けでも問題はなさそうですよ。

あまり外を回るよりもインを突くような形の方が馬の集中も続くようなので、そういうレースをしてもらいたいと考えています」
(村山師)

25日の京都競馬(烏丸S・芝2400m)に藤岡佑騎手で出走いたします。

◆ステファノス◆

5/22  藤原英厩舎
■21日は軽めの調整を行いました。
22日は栗東CWコースで追い切りました。

「先週もお伝えしたようにダービーは入るか確実なものではなかったですし、ジョッキーも流動的になってしまう面があったので、岩田を確保している白百合S一本に狙いを絞らせていただきました。
今後3歳馬同士で戦えるのは今以上に限られてしまいますし、同じような考えからメンバーが集まる可能性はありますが、重賞で上位に来る力があるようにもちろんここでもいい走りをしてほしいですね。
ここまでの状態は問題ないですし、来週に向けてキッチリ態勢を整えていきます」
(藤原英師)

31日の京都競馬(白百合S・芝1800m)に岩田騎手で出走を予定しています。

◆グレナデァーズ◆

5/22  音無厩舎
■21日は栗東坂路で追い切りました。
(54秒1−39秒3−26秒0−13秒2)

22日は軽めの調整を行いました。

「時計だけ見ると抜群にいいとは言えないものですが、追い切ったのが2番目の組で馬場が荒れている時間帯でしたし、元々雨が降って重たくなっている状況でしたから、それを考えると悪くないものだと思いますよ。
前回のことがあるので精神面は特に気を付けてレースに臨みたいのですが、状況によっては2人曳きにしたり、リップチェーンを使ったりすることも考えていますから、あとは少しでも落ち着いてしっかりと競馬の中で走ってくれればと思います」
(音無師)

25日の京都競馬(3歳500万下・ダ1800m)に北村友騎手で出走いたします。

◆スタートレイル◆

5/20  NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン16秒程度のキャンター調整を行っています。

「この中間から坂路でのペースを上げてハロン16秒での乗り込みを開始しました。
周回コースで2周しっかり乗っていますし、坂路での動きもまずまずです。きっちり下地を造り、なんとか馬に集中力を持たせたいと思います」
(NFしがらき担当者)

◆アヴニールマルシェ◆

5/21  藤沢和厩舎
■先週末にゲート試験を受けて無事合格しました。

21日は軽めの調整を行いました。

「ゲートのほうですが、練習を始めた感じは悪くなかったものの、まだ日も浅かったので様子を見ながら進めていこうと考えていました。ただ、週末の雰囲気も悪くなく、練習がてら受けてみるのもいいかもしれないという話からさっそく受けてみることになったんです。
結果、これといった課題らしきものも見せることなく無事合格をもらえています。

それで週末から少し時計を出しているのでこの調子で進めていきたいと考えているのですが、週明けにちょっと疲れが出てお腹の調子がもうひとつだったため今朝は軽めの調整に留めました。
回復傾向にはありますが、体力がまだ備わりきれていない2歳馬ということを考えても慎重に見てあげられればと思っています。
順調に進められるのならばこのままデビューへ向かっていく方向で検討しています」
(大江原助手)

「先週うまくゲートをパスすることができたので少しずつ競馬へ向けて進めていこうとしています。
ただ、全休日明けの火曜日にちょっとだけ腹痛のような症状を見せたんです。それはきついものではもちろんなく、あくまでも前兆というレベルのもの。治療して様子を見て今朝も軽く乗ったくらいなので大きな問題はないのですが、まだ気持ちも体も完成していない馬ですし、お休み明けで緊張したのだと思います。
そういう状況なので今日は軽めにしたわけですが、このままいいほうへ向かってくれれば金曜日であったり週末あたりからピッチを上げていけると思っています。
順調ならば東京2週目以降くらいから考えたいですね」
(藤沢和師)

2014年5月16日 (金)

今週の近況

今週日曜日はひさしぶーりに甲子園に行ってきまーす。
まあ昨年のクライマックス以来なんだけど、何年か前にヘルニアで腰をいわして以来めっきり行かなくなって、最近は年に1回行くか行かないかくらいになってしまいました。
そんな腰に爆弾をかかえるワタスが何故今回行くことになったのかというと♪…ズバリ普通買えないような背もたれのあるシートのチケットをもらったからどぅえす!

しかし、昔はほんとよくいってたなあ…だいたい1カードに1試合目標で行ってたもんな…同一カード3連闘なんてのもあったし(笑)
ワタスが勝たせに行くくらいの気持ちだったもんなぁ。
おかげさまで2回胴上げ見てます。ちなみにハマと虚塵の優勝も(笑)

そんなことはおいといて、いよいよ春競馬も大詰めになってきて、タテジマファミリーも出走ラッシュになりそうです。

まずは今週、18日の日曜京都11R 栗東S(ダート1400m)にインペリが出走。
続いて来週、25日の日曜京都7R 500万下(ダート1800m)にグレナ、同じく京都11R 烏丸S(芝2400m)にジャイアン。
さらに続いて再来週31日の土曜京都10R 白百合S(芝1800m)にステファノス、東京12R 1000下(ダート1600m)にアダムス、そして6月1日の京都8R500万下(芝1800m)にコメット。
という、タテジマファミリー過去最高のまさに怒涛の出走ラッシュ予定です!てか、よく考えたら先週のアダムスからの連続出走かっ!

しかしまあ、ここに来て休んでいた馬たちが続々と帰ってきてくれましたね。
予定の放牧明け、お決まりの放牧明け、骨折休養明けに暴走明けまで色々ですね。

とにもかくにも、先週アダムスが東京で短期放牧明けを2着と好走してくれました。この流れを何とかインペリにつないでもらって、怒涛の連勝といきたいものですね(笑)

ただね…先週までの京都は、ものすごい砂煙の舞うような、巨漢馬インペリにおあつらえ向きのパッサパサ馬場でしたが、今週になって雨が多くて…ちょっと傾向が変わるおそれも…まあこのあたりがインペリらしいというか音無師らしいというか、まあ目標のレースに除外されずにでれただけでも良しとしなければですね。
あとはせっかく前走で絞れた体重がもとに戻っていないことを祈ります。

ん( -_・)?…日曜日は当然現地で応援するんだろう?ですと・・・

すまん…インペリ!
デーゲームなんで甲子園から応援します!

( ´∀`)/~~

□□クラブコメント□□

◆インペリアルマーチ◆

5/15  音無厩舎
■14日は栗東坂路で追い切りました。
(52秒0−39秒3−27秒3−14秒5)

15日は軽めの調整を行いました。

「水曜日は坂路でしっかりと追い切りました。
先週に引き続き、前半からこの馬らしい行きっぷりを見せて4ハロンは52秒0と上々のタイムでした。ラスト1ハロンがかかるのはいつものことですから、気にしないでください。
今は脚元が落ち着いているのでしっかりと攻めることができていますし、条件もいいのでなんとか結果を出したいですね」
(音無師)

18日の京都競馬(栗東S・ダ1400m)に幸騎手で出走いたします。

◆アダムスピーク◆

5/14  石坂厩舎
■14日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は、馬群で苦しいところかなと思いましたが、直線はよく伸びてくれました。初めてのダートがどうかと思ったのですが、能力でカバーしてくれましたね。
レース後は幸い脚元もスッキリしていて反動はほとんどないと言っていい状態です。
本来は芝でこその馬でしょうが、このクラスは早く卒業させたいですし、今のところ再度東京のダート1600mに向かう予定です」
(石坂師)

31日の東京競馬(4歳上1000万下・ダ1600m)に出走を予定しています。

◆コメットシーカー◆

5/15  藤原英厩舎
■14日は栗東CWコースで追い切りました。
15日は軽めの調整を行いました。

「先週の帰厩後、週末に坂路でサッと15−15程度のところを乗っていますが、特に気になるところはありませんでしたし、京都開催の最後を目標に進めていくことにしました。
水曜日はCWコースで追い切りましたが、いい動きでしたよ。久々ですがここまでは順調に進められていますし、ここを勝ってもクラス再編成でもう一度500万下を使えますからね。きっちりと仕上げていきます」
(藤原英師)

6月1日の京都競馬(4歳上500万下・芝1800m)に出走を予定しています。

◆ジャイアントリープ◆

5/14  村山厩舎
■14日は栗東坂路で追い切りました。
(57秒5−41秒9−27秒2−13秒6)

「来週の芝2400m戦を目標にして、先週末に帰厩させました。
この番組がちょうどいいと思って放牧先でも調整してもらっていましたし、いい状態で戻ってきてくれました。
以前と比べてちょっとピリピリしたところが出てきているなと感じますが、走る気になっていると考えればいい傾向かもしれません。
今朝は坂路でサッと馬なり程度のところをやっていますが、楽なペースながら動きはキビキビしていて良かったですよ。あとは来週ビシッとやって仕上げていきます」
(村山師)

25日の京都競馬(烏丸S・芝2400m)に出走を予定しています。

◆ステファノス◆

5/15  藤原英厩舎
■14日は軽めの調整を行いました。
15日は栗東坂路で追い切りました。
(57秒5−41秒4−26秒5−13秒3)

「先週お伝えしたとおり、白百合Sを目標にして今週からピッチを上げた調教を取り入れています。
まだ馬なり程度の調整ですが、順調に立ち上げていますし、来週、再来週とやっていけばいい状態に仕上がると思いますよ。
最終的には登録頭数などを見てから決めますが、白百合Sは岩田を抑えていますし、今のところはダービーの登録は見送るつもりでいます」
(藤原英師)

31日の京都競馬(白百合S・芝1800m)に岩田騎手で出走を予定しています。

◆グレナディアーズ◆

5/14  音無厩舎
■14日は栗東坂路で追い切りました。
(52秒5−38秒8−25秒6−13秒3)

「今朝は坂路で併せて追い切りました。
先週も帰厩後いきなりまずまず動けていましたし、今週は併せてビシッとやったので、また気合いも乗ってくると思いますよ。
これで来週もしっかりと追えばいい状態に仕上がってくれるでしょうし、あとは前走のようなことがないように、万全に気を配ってレースに臨みます」
(音無師)

25日の京都競馬(3歳500万下・ダ1800m)に北村友騎手で出走を予定しています。

◆スタートレイル◆

5/13  NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「調教師からこちらで乗り込んでほしいということで、到着後の翌日から乗り出しています。
今週からは周回コースを2周と坂路というように運動量をしっかり確保していますし、トレセンの追い切りに対応できる下地造りと馬に集中力を付けることを念頭に入れて進めていきたいと思います」
(NFしがらき担当者)

◆アヴニールマルシェ◆

5/15  藤沢和厩舎
■14日、15日はゲート練習中心のメニューを行いました。

「先週は馴染ませるような調教過程でしたが、この中間よりゲート練習も取り入れ始めました。
他の馬たちと一緒に練習を行っていて、水曜日の朝は柴山さんに手伝ってもらって練習したんです。
まだ最初ということで安定しない面もありますし、これからですが、不安があるわけではありません。様子を見ながら試験を考えていけるように進めていきたいと思います」
(千島助手)

◆ベルディーヴァ◆

5/15  NF早来
馬体重:454kg
■現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。
日によってはハロン14秒台までペースを上げることもあり、意欲的な調整を行っていますが、堪えることなく良い手応えで登坂することができています。
また、以前にも増して力強さが備わってきた印象を受けますので、今後もこの調子で前進させていければと考えています。
なお本馬は、6月18日に行われる第二回産地馬体検査を受検する予定です。

◆グラツィオーソ◆

5/15  NF空港
馬体重:514kg
■術後の経過は良好で、この中間から軽めの運動をスタートしています。
現在はウォーキングマシンでの運動を日々行っています。
こちらの思惑通りに調整メニューをこなすことができていますし、ここまで不安な点はありません。しばらくはこのまま軽めの運動に留める中で安定して動かすことができれば6月中にも騎乗運動を再開できる可能性は高いと見ています。


2014年5月12日 (月)

昨日の結果

昨日の東京12レースに出走したアダムスですが、結果は惜しくも2着!
o(*≧д≦)o″

テレビで見てたんですが、ぶっちゃけマイルカップの結果にのたうちまわっていたためにパドックはほとんど見てまへん(笑)

レースは芝スタートなのでグィーンって行ってまうかな?と思ってましたが、意図的にそっと出したのかどうかはわかりませんが、思ってたよりも後ろからの競馬でした。芝のレースでももっと二の脚速いイメージがあるだけに、個人的には結構意外でした。
あと、初ダートってこともあるので砂をあんまり被らないように外外まわすかな?と思ってましたが、これまたわりと後方の馬群のど真ん中ですすめていました。

復帰後の2走、抑えがきかず半ば暴走気味に行ってしまったので、どうなることやらと思ってましたが、
馬群で行き場もなかったことも良かったのか、素振りは見せていましたが、なんとか騎手がコントロールしてくれていました。

直線を向いても馬群の真っ只中。しかもなんか置いていかれるというか、伸びあぐねるような感じに見えたので、

やれやれあきまへんか…
┐(-。ー;)┌

と思いましたが、諦めるのはまだ早かった…てか、アダムスくんが諦めていなかったのか!

残り200ちょいあたりから一完歩づつ確実に伸びてくるアダムスくんの姿がありました。

キタ━━━(゚∀゚)━━ッ

がんばれヾ(≧д≦)b

さすがに部屋なんで叫ぶ訳にはいきませんが、それでも大興奮で応援していましたが、逃げた勝ち馬を3/4馬身差まで追い詰めたところがゴールでした。

うーん、惜しかったです!

それにしても、こんなに揉まれる競馬はあの忌まわしき弥生賞以来…それでも最後は伸びてくれました。
ここ2戦の無茶苦茶な競馬を見ていて、タテジマ的にはあの弥生賞と続く皐月賞で何か精神的にトラウマのようなものが出来てしまったんじゃないかとなんとなく勝手に心配していたんです。
だから、今回のような狭いわ砂飛んでくるわの競馬で最後伸びてきてくれたのは本当に嬉しかったです。


それに、今日の競馬なんて実質最後の300mだけの競馬だったし、力はやっぱりあるんですよね。
これでアダムスくんの中でなにかきっかけをつかんでくれたらなと思います。


そうはいうものの屈腱炎再発をびびりながらの調整を余儀なくされるアダムスくんなので、容易でないことではありますが、信頼できる石坂師の元で、もう一度輝きを取り戻して欲しいですねっ!!

頑張れアダムス!
ヾ(≧д≦)b

クラブコメント

5/11  石坂厩舎
■11日の東京競馬では道中は中団でジッと我慢し、直線では長くいい脚を使ったが2着まで。

「長期休養明け2戦はどうしても力みが目立って競馬にならなかったですし、とにかく折り合いには気を付けていました。
まわりに馬がいるとどうしても力が入っていましたし、勝負どころでペースが上がるなかでキックバックを気にしてモタモタしていましたが、最後に前が開いてからは脚を使ってくれました。
ハミを噛むと一気にスイッチが入りそうなちょっと怪しい雰囲気はありますが、それでも今日は我慢できていたと思いますし、こういう競馬を続けていきたいですね。
ダートの走りは悪くなかったですから次も狙うのはいいでしょうが、やはり条件云々以上に気持ちの面が大きなポイントになりそうですね」
(浜中騎手)

積極的に運んだ勝ち馬を捕えきるまでではありませんでしたが、最後までしぶとく脚を使ってくれましたし、道中に我慢を利かせてここ2戦の競馬と変化をつけられたのは何よりも収穫でした。
この後は脚元や精神面を見ながらになりますが、次は今日よりも上の着順を期待したいところです。

押しぃぃぃ

押しぃぃぃ
差してないのか!

届いてるんじゃないのか!
o(*≧д≦)o″

2014年5月 9日 (金)

今週の近況

いゃあ、1週間更新をサボってしまいました
(;A´▽`A

だってだって、ゴールデンウィークだったんだもん。

てなわけで、久々の近況更新です。

サボってたからでは無いですが、今週は色々出来事がありますよ!

早速、期待の2歳馬アヴニールマルシェから。
グレナディアーズの弟アヴニールが早くも入厩しました!

POG本でも、結構取り上げられていますし、やっぱり期待が高まりますね。
ステファノスが今週のトライアルと重賞を華麗にスルーしたのと同時に今年のダービーは終わったので、もう気分は来年のクラシックですよ(笑)
遠征費貯めとかなきゃ!です。


そのステファノスですが、日曜日に特別登録がなかった時点で、今後どうするんだろう?と思っていましたが、白百合Sを目標にするとのこと。
元々、毎日杯→皐月賞→トライアル→ダービーは厳しすぎる…と思っていたので、この選択は大賛成です。
個人的には皐月賞に出れたことで満足していますし、まだまだ成長途上のステファノスだけに無理する時期でもないし、ステファノスが万全で力を出せる選択のほうがいいよね。

ステファノスと同じ藤原厩舎で、去年の秋の骨折以来休養していたコメットシーカーも栗東へ帰ってきました!
どこに出るかはまだ決まってませんが、そこは信頼できる藤原厩舎なんで、いいようにしてくれるでしょう。

ついでにいうと、アヴニールの兄で、本場馬入場時の暴走以来休養していたグレナディアーズも厩舎に帰ってきました!こちらはなんといってもまずは自身との戦いなんで精神的な成長を祈るしかないです。

祈るしかないといえば、現在放牧中で、パターンとしては来週くらいにボチボチ帰厩するであろうジャイアントリープの弟スタートレイルなんですが…
これ、かなり危ない…

デビューにむけてゲート試験を合格したはいいけど、坂路で61秒2−44秒0−28秒1−14秒2の時計しか出せず放牧に出されてしまいました。
まぁ、この時計でも余力十分て感じではないとのことですが、この時計多分普通のサラブレッドなら普通に走れば出せる時計のはずなんですよね。
おそらくなんかが悪い…故障的なものでなければおそらく精神的なもの…この精神的なものっていうのはほんまかなわんわけで…ようするに走る気がないんですから…それを走る気がでるようにしなければ…タイムリミットまで残り4ヶ月くらい果たして間に合うのか…まさに祈るしかないです。

最後になりましたが、今週はアダムスピークが出走します!
出走は日曜日、東京です。騎手は浜中ジョッキー。なんと初のダートです。
復帰以来結果が出ていませんが、馬っぷりから言ってもこのクラスでは別格のアダムスくん。こちらも精神的なものが大きいんだろうと個人的には思っています。
初ダートがどうなるかがミソですが、こちらも信頼できる石坂厩舎ですから、もし負けたとしてもきっとなんかの収穫があるでしょう。
そう信じています。

今週はこんな感じでした。
( ´∀`)/~~

クラブコメント

◆インペリアルマーチ◆

5/8  音無厩舎
■7日は軽めの調整を行いました。
8日は栗東坂路で追い切りました。
(52秒1−39秒4−27秒2−14秒3)

「来週の競馬を予定しているので、今朝は坂路でビシッと追い切りました。
かなり遅い時間帯で、前半から行かせて52秒台ならこの馬なりに動けていたと言えるでしょう。ラスト1ハロンがかかるのはいつものことですしね。
前走はこの馬らしさの片りんは見せていましたし、今回も遠慮せずきっちりと仕上げていい競馬ができるようにしていきます」
(音無師)

18日の京都競馬(栗東S・ダ1400m)に幸騎手で出走を予定しています。

◆アダムスピーク◆

5/7  石坂厩舎
■7日は栗東坂路で追い切りました。(54秒0−39秒5−25秒6−12秒7)

「今朝は坂路で終い重点に追い切りました。
朝一番以外はかなり馬場が悪く時計が出にくい状態だったのですが、楽な手応えで終い1ハロン12秒7といい反応を見せてくれました。
今日は、道中からまったく力みがなく、帰厩後では一番いい走りでしたね。いい頃に近づいてきたなと感じました。
あとはダートが合うかどうかですが、それさえ対応してくれればいい走りをしてくれると思っています」
(荻野助手)

11日の東京競馬(日吉特別・ダ1600m)に浜中騎手で出走を予定しています。


◆コメットシーカー◆

5/7  藤原英厩舎
■7日に栗東トレセンへ帰厩しました。

「北海道からこちらに移動した後の体調も問題ないので、この中間はゆったりしたペースでじっくりと乗り込んでいました。
元々ワンクッションでの入厩を予定していましたし、気になるところもないことから、本日の移動となりました」
(NFしがらき担当者)


5/8  藤原英厩舎
■8日は軽めの調整を行いました。
「水曜日に無事帰厩しました。
今朝から軽く動かして様子を見ています。久々になりますし、慎重に立ち上げていくつもりですが、順調に進めていけるならば、クラス再編成前に使って行きたいですね」
(田代助手)

◆ジャイアントリープ◆

5/7  NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「この中間も順調に乗り込んでいます。坂路で週に2回ほど15−15に近いところを取り入れつついい状態をキープしていますし、馬に活気も出てきていますよ。
引き続き厩舎サイドと相談しながら進めていきます」
(NFしがらき担当者)

◆ステファノス◆

5/8  藤原英厩舎
■7日、8日は軽めの調整を行いました。

「この中間も軽く動かしながら状態を見ています。
特にダメージは見せていませんし、馬体も良く見せていますよ。
ダービーが目標ではありましたが、今後に向けて賞金を加算しておかなくてはいけないという気持ちもありますし、白百合Sを本線にして考えているところです。
いずれにせよまだ少し時間がありますし、馬の状態を第一に、しっかりと調整していきます」
(田代助手)


◆グレナディアーズ◆

5/7  音無厩舎
■6日に栗東トレセンへ帰厩しました。

「15−15に近いところをコンスタントに乗り込んで順調に良化していましたし、音無調教師とも相談をして検疫を確保してもらって、火曜日にトレセンへ送り出しました。
体調面の不安もなく、いい状態で戻せたと思います」
(NFしがらき担当者)


5/8  音無厩舎
■7日は軽めの調整を行いました。
8日は栗東坂路で追い切りました。
(53秒5−38秒9−25秒9−13秒3)

「火曜日に無事帰厩しています。放牧先ではやりすぎないように気をつけていたほどで、馬体はしっかりとできていますし、今朝さっそく坂路で馬なりの時計を出しました。
終始引っ張ったままこのタイムですから動きますよ。
前走は残念なことになってしまいましたから、このあとはテンションが上がらないように気をつけて調整していきます。
ここからあと2週やればちょうどいい仕上がりになるでしょう」
(音無師)

25日の京都競馬(3歳500万下・ダ1800m)に北村友騎手で出走を予定しています。


◆スタートレイル◆

5/7  荒川厩舎
■7日は栗東坂路で追い切りました。
(61秒2−44秒0−28秒1−14秒2)

「ゲート練習でもちょっと集中力に欠けるような面を見せていたのですが、試験合格後に本格的にペースを上げ始めてからもまだ前向きさが見えず、動き切れていません。
今朝は坂路で併せてみたのですが、隣に馬がいても集中せずにこの時計でも余力十分という感じではありません。
このままレースまで行くとなるとかなり本数が必要でしょうし、あまり速い調教ばかり重ねても今度は負担がかかり過ぎますから、一度放牧に出して乗り込んでもらうことにしました」
(荒川師)

8日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。


5/8  NFしがらき
■8日にNFしがらきへ放牧に出ました。


◆アヴニールマルシェ◆

5/8  藤沢和厩舎
■7日は美浦坂路で15−15を行いました。
8日は軽めの調整を行いました。

「大型連休前に北海道から天栄のほうへ移動してもらっていて先週末の検疫を確保して入厩させていただきました。
初めての環境と言うことからも慎重に様子を見ていましたが変にバタバタするようなこともなく、うまく対応してくれていますよ。
ただし、まだ気持ちも体も張りつめているところがあり慣れきれていないところは随所に見られますからいきなりゲート練習を行うのではなく乗りながら慣らしていますよ。
水曜日は終い13秒台くらいのところで大きめを乗りましたし、この調子でじっくり動かしていって徐々にゲート練習を取り入れていきたいと思います」
(津曲助手)

<

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »