« 今週の近況 | トップページ | 今週の近況 »

2014年5月26日 (月)

今日の結果

今日は京都5レースにグレナ、11レースにジャイアンが出走しました。

結果からいうと

グレナ、優勝!
(*´∇`*)

ジャイアン…6着
(´・ω・`)

でした。

まずはグレナから

まずはおわびから
グレナの登録レースをよく確認してなくて、7レースに同条件があって、そっちばかり思ってたので、前日に新聞見て
「あれ?いない?」
って思って焦りましたが、よくよく見ると出走は5レースでしたsweat01

で、本題

前走…いや、前走といえるのかどうかも怪しいあの暴走以来となるので、かなり色んなところに注目してみていました。

まずはパドック。
いやぁ…ぶっちゃけまともな周回じゃなかったですね。

馬体的には十分できてる感じでしたが、おつむのほうが…
常に暴走モードに入る寸前で…いつ立ち上がっても、尻っぱねしてもおかしくないような雰囲気。

これはまともにレースができるのか?
と不安になりました。
ちゃんと馬場に入れるのか?
ちゃんと返し馬できるのか?
ちゃんとゲートに入れるのか?
ちゃんとゲートをでれるのか?
ちゃんとコーナーを回れるのか?
てか、ちゃんとレースができるのか?

とにかくまたも暴走しないかどうかがずっと不安で不安で…パドックを見てさらに不安が増してしまいました。
それくらいのよろしくない周回でした。

本馬場入場の時もかなりイライラしているようでした。

「うわぁ…このあと制御きくのか?」

と思いながら返し馬を駆けていくグレナを眺めていました。

ところがです。

ゲート直前の輪乗りに戻ってきたグレナ…

「あれ?えらいまともじゃん?…これなら!」

って思い三連単を購入しようと思いましたが、時すでに遅しでPAT入力途中で締め切りまでに買うのは無理…てか、もはや締め切りっちゅうことに気付き購入をやめたのでした。
ま、輪乗りに見てやからね。遅いねん(笑)

皆さん、勝馬投票券のお買い求めはお早めに〜

さて、いよいよゲートイン
奇数番なので、ゲートに入ってからかなりまたされるのですが、これまた

「あれ?めっちゃ大人しくしてる?」

もちろん出遅れることもなくスタート。

初ダートに戸惑うような感じも見せずに、中段内らち沿いという馬群のど真ん中を追走するグレナ。
パッサパサ馬場特有の巻き上がる砂煙にも全く動じずでした。

そのまま道中を楽に追走。
4角から直線入り口に向かって抜群の手応えで上がっていくグレナ見て

「勝ったなこれ!」

と思いました。案の定、直線半ばで一気に突き放すとあとは楽勝でした。

ええ、まるで叫ぶところもないくらいの楽勝でした。
ダートは合うといわれてましたが、正直予想以上に強かったです。

時計も1分51秒台という優秀な時計でした。

まだまだ、気性面での不安は満載ですが、将来が楽しみです。

ちなみに馬券も単複と馬連的中でウハウハですた(笑)

三連単が間に合ってればさらにウハウハでしたが、まぁしゃあないですし、かえって運の反動が怖いので別にいいです(笑)


続いてジャイアン。

なんかグレナの勝ちレースでえらい尺をとってしまったのでさらっと…

パドックはプラス10キロでしたが、太い感じもなく身が入った感がありました。しいていえば、もうちょい踏み込みがあっても良かったんだけどなぁ。

レースは…

なんちゅうか…一言でいうとちぐはくな競馬でしたね。

大外枠だったとはいえ1周目の直線を駆けていく時に、そんな位置取りのままだと向こう正でかかるで!って思ってたんですが…
1、2コーナーでも外外回ってかなり距離損してるし…
案の定向こう正でかかってるし…
挙げ句、残り800あたりから持っていかれ加減に一気に上がっていくし…

例えるなら、プチステファノスの毎日杯的な…
ステファノスの時は、早めに外から動かれたんで仕方がないけど、今回は勝手に動いてしまったからなぁ…

挙げ句、距離損のない内の馬を差しきれないばかりか、内から次々と交わされ6着という結果でした。

それでも勝馬から2馬身そこらに頑張ってるし、1〜3着馬はジャイアンより1キロ斤量も軽かったし…

結果だけからすると、そんな悲観した内容じゃないんだけどね。それだけにレースの中身がね。明らかに格上馬がする競馬だから…なんかもったいないなぁ…というのと、少なくともここでは格上ではなかったかという現実と…

また900万から出直しだ。てか、またあの使い分け地獄にはまるのか…

やれやれ┐( ̄ヘ ̄)┌

ていう感じです。

ま、とにもかくにも今日はグレナが勝ってくれたのでよしです。

最後にオークス、バウンスシャッセに勝って欲しかった…ダメなら2着に来て欲しかった…馬券的に(笑)


クラブコメント

◆グレナディアーズ◆

5/25  音無厩舎
■25日の京都競馬では五分のスタートから中団を追走。3コーナー過ぎから徐々に進出して前を捉えられる位置につけ、直線半ばで先頭に立つと後続を突き放して優勝。

「初めてのダートの上に、前走があのような形でしたから、正直どんなレースになるかまったく予想がつきませんでした。でも、結果を見れば力が違いましたね。中団からロスなく進めて、うまく立ち回れたのも良かったと思います。
ただ、パドックや馬場入りではやはりかなりうるさいですし、精神面の幼さは感じますから、普段からゆったり乗るようにしていきたいですね。今日はありがとうございました」
(北村友騎手)

「前回の競馬が直前で競走除外になってしまいましたし、本当に今日は会員の皆さんにいい走りをお見せしなければと考えていただけに、ホッとしました。
ダートは元々悪くないと思っていましたが、強い勝ち方をしてくれましたし、これからの楽しみが広がりましたね。
今日は東京競馬場に臨場していたのでまずはトレセンで実馬を確認したいと思いますが、いい結果を出してくれたとはいえ気性面で怪しいところがありそうだったようなので、引き続き注意していきたいですね」
(音無師)

馬場入りの際に放馬して除外となった前走の悔しさを晴らすには十分すぎるほどの強い勝ちっぷり。タイムも優秀で、今後の活躍が本当に楽しみになりました。
ただ、引き続き精神面の幼さは目立ちますし、今後については馬の状態をよく確認してから検討します。


◆ジャイアントリープ◆

5/25  村山厩舎
■25日の京都競馬では五分のスタートから好位を追走。
スローペースだったこともあり、3コーナーからジワッと進出して直線を向くが、早めに動いた分最後は粘り切れず6着。

「ものすごいスローペースで、この馬の展開ではないなと感じていたのですが、3コーナー下りでもペースが上がらずに外を回らざるを得ない展開。
好位の馬たちがちょっとでも動いてくれればまた違ったのでしょうが、やはり勝った時のような脚は使えませんでした。
あのペースでもよく我慢はできていましたが、枠順がもう少し内ならまた違ったでしょうし、流れひとつだと思います。
いい時に乗せていただいたのに申し訳ありません」
(藤岡佑騎手)

今日は大外枠からの競馬で、内に入れるところがなく、スローペースで先に動かざるを得ない厳しい展開になってしまいました。
それでも差のないレースをしているあたり、力は見せたレースだったと思いますし、クラス再編成後に改めて強さを披露してもらいたいと思います。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

« 今週の近況 | トップページ | 今週の近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の近況 | トップページ | 今週の近況 »