« 中山遠征記4 直前編 | トップページ | 中山遠征記6 レースの後編 »

2014年4月27日 (日)

中山遠征記5 レース編

やばい!のんびり書いてたら1週間が過ぎてしまった!
o(*>д<)o

てなわけで、つづき

いよいよ本馬場入場。

懐かしいG1入場曲に乗って各馬の登場。もちろんステファノスも!
でも、パドック最後の周回まで見ていたので、人の頭の間からしか見えませんでした。
それでも勢いよくG1の舞台を駆けていくステファノスの姿を見て感動しました。

ゴールを少し過ぎたあたりの見やすいところに移動しスタートを待ちました。


そして運命のスタート。

ステファノスは五分のスタートからやや後方集団で追走。
特に追走に苦労するわけでもなく、かかるわけでもなく。

理想では、もう2列くらい前の外のポジションが欲しかった。

毎日杯と同じような競馬が理想でした。
直線500mの阪神では最後甘くなりましたが、直線300ちょいの中山ではもつ!それで後ろからやられたら仕方ない。

と思っていたので、理想と現実はえらい違いました。

がより後でパトロールを見ると、なんかえらい窮屈なところに押し込まれていました。小回り苦手なステファノスがあぁも窮屈だとさぞや走りにくかったでしょうね。

レースは緩むことなく淡々と流れ、いよいよ最後の直線へ。

直線、はたして叫べるのか?なにも叫べないまま終わるのか?静かに眺めるだけなのか?

そんなことを思いながら、ドキドキしながらこちらに駆けてくる馬群を眺めていました。

(。゜ω゜) ハッ!

あれは!

あの外から伸びてきたキャロ馬は!

キタ━━━(゚∀゚)━━ッ

ステファノスだっ!

キタ━━━(゚∀゚)━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━(゚∀゚)━━!!!!
マジできた!

これは3着はあるぞ!

必死のパッチで叫んでいました!
喉から血が吹き出すか思うくらい必死で。

しかし、届かない…さらに最後の最後にさらに外からワンアンドオンリーが伸びてきました。

そしてゴール

何着や…5着?6着?

てか何が勝ったん?


ターフビジョンに映し出されるイスラボニータの姿を見て、初めてイスラボニータが勝ったんだと知りました。

で、2着誰?

ほんとステファノス以外は全く見ていませんでした。
ターフビジョンで映し出されるリプレイを見て、あぁ6着か…と思いましたが、写真判定の結果、ステファノスは5着でした。

5着…掲示板確保
でもこの結果は、馬券圏内に入れず夢の大勝をのがし、ダービーの切符も手に入らず…

悔しくて地団駄を踏まなければならないとこなんですが、15番人気という低評価を自らの力で覆したステファノス。その頑張りを目の前で見れた。悔しい気持ちもちょっとはありましたが、なんかとっても満足で清々しい気分でした。

ほんとよく頑張ってくれましたよ。
ステファノスはここに来てほんとぐんぐん力をつけています。前走あたりからパドックでの雰囲気も明らかに変わって来ましたし。

前との差もそんな言うほどは無い。この借りはいつかもっと力をつけたステファノスくん自身が返してくれると信じたい。いや、信じられると思いました。


こうして楽しい皐月賞は終わりました。

もうちょっとだけつづく

« 中山遠征記4 直前編 | トップページ | 中山遠征記6 レースの後編 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

(;一_一)2週目に突入中

よしたん


どうにかこうにかようやく終わりますた(笑)

今回は中山に行きたかったー。しょうもない試験監督の仕事入りやがって!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中山遠征記4 直前編 | トップページ | 中山遠征記6 レースの後編 »