« 中山遠征記1 新大阪編 | トップページ | 中山遠征記3 迷子編 »

2014年4月23日 (水)

中山遠征記2 初日編

続き

小一時間爆睡をしたあと、因縁のビーフサンドを食べたんですが…松阪牛使用でかなりお高めの値段のわりに…???こんなもん?て感じでした。
やっぱり普通にお弁当にしとけば良かったなぁ…

そんなこんなで無事東京に到着し、いざ苦手な乗り換えに…目指すは総武線です。
しかーし出だしこそかなり戸惑ったもののキョロキョロキョロキョロとおのぼりさん丸出しで案内表示を見ながら人の流れについていったら、なんかすんなり総武線の駅に到着することができました。ラッキー!

船橋までの車中、扉の側に立ち、ぼんやり外を眺めていると…突然白と青にそびえ立つ巨大な物体が目に飛び込んで来ました!

す、す、す、スカイツリーやんけ!おおおおぉ!
でかぁ!超でかぁ!
ハルカスとは比べもんにならんなこりゃ!

もちろん人生初スカイツリーです。
スカイツリーを見るなんて頭の片隅にも無かったこともあり、まじでテンションが上がりました!

思わず写メ撮りたかったけど、周りを見渡しても当然みんな地元民だろうから…スカイツリーが見えてても、ツーン…てな感じで…ワタスだけがテンション上がっていたようで誰も見向きもしてね。

仕方なく写メは諦め、ワタスも上がったテンションを表情には出さずに、おのぼりさんとばれないように『はい、スカイツリーですが、何か?』てな感じを装いながらも人生初スカイツリーをチラチラ目に焼き付けておりました。

ほんとはあのデカさと綺麗さにかなーり感動してたのよ!

そうこうしてる間に船橋に到着。何気なく乗車券を自動改札に突っ込んだら、何故か吐き出されてきたんです…
はて?なんで?と思いながらもそのまま改札を出たのですが、後でよくよく考えたら、新幹線のチケットで乗れるのは区内まで…どう考えても船橋は区内じゃない…てか千葉…

もしやちょっとただ乗りしちゃったかも

乗車券が吐き出されてきたのは、運賃足りんから乗り越し精算してくれという意味だったのかも知れません。
でも自動改札もガチャンて閉まらなかったし、よくわからんですね。

まぁ、1万何千円て払ってるんやからええやろっ。
まけて!
(  ̄▽ ̄)


で、今回の宿泊先ホテルシローっちゅうビミョーなネーミング宿に向かったんですが、ここでやはりちょっと迷子になりますた…

曲がるべき道をいつのまにか通りすぎ…ぐるっと遠回りをするはめに…

あんな目印もない細い路地に入っていくなんて、そんなもんわかるかいな。

で、とどめにホテルシローの前を通過しかけ、振り返ってUターンして到着するっちゅう始末…

まぁ、新幹線の中でだいたいの場所を確認した以外、事前に何の予習もしてなかったワタスも悪いのですが、繁華街からもちょっと離れ、大通りから結構入った思った以上に薄暗ーい路地裏という場所にあるし、外見も建物内もかなり古い感じの地味ぃなホテルでして。

何か他のホテルが全く部屋が探せなかったのに、ここがポツンと空いていたのもちょっとわかる気がしました。

ただ、かなり部屋は広めだし、ソファーもあるし、バストイレも広いし、部屋に入った瞬間タバコ臭がしましたが、自分もどうせタバコを吸うのでかえって気がねなく吸えるし、ベッドも広くてかなり寝心地良かったし。

まぁ、好みの別れる感じがしますがタテジマ的には全く問題無しでした。
かえって快適なくらいで。

駅からホテルまでの道中には、食べるところも、ファーストフードも、コンビニも、なんなら百均からドンキホーテまでなんでもありました。

いつかまた中山遠征に来ることがあったら当然候補の1つになると思います。

ただ、今回は雨がショボショボ降っていたし、チェックインしたのがもう10時前でしたので、船橋ナイト探検ツアーはやめて翌日に備えて部屋で予想でもしながらゆったりくつろぐことにしました。

つづく

« 中山遠征記1 新大阪編 | トップページ | 中山遠征記3 迷子編 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

スカイツリーもハルカスも、生で見たことないよsweat01

キョロキョロ…キョロキョロ…

絶対写メまくりの私だよ。

ホテルシロー
いい感じやねsmile

みかさん

ハルカスにのぼったら京都まで見えるっちゅう噂やで!
スカイツリーはどこまでみえるんやろね!!

のぼりたいなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中山遠征記1 新大阪編 | トップページ | 中山遠征記3 迷子編 »