« 中山遠征記5 レース編 | トップページ | 先週の近況(笑) »

2014年4月29日 (火)

中山遠征記6 レースの後編

いよいよ最終回です(笑)


皐月賞の興奮が冷めやらぬまま、最終レース後は恒例の馬場解放に参加してきました。

しかも、今回の馬場解放は直線だけでなく、内回りコースを丸々1周歩けるというものでした。

コース丸々1周なんて昔淀を歩いて以来です。

たまたまいあわせたコース中央あたりがちょうど馬場解放イベントの入り口となり、かなり前の方に並べました。
馬場解放開始まではちょっと時間があったんですが、その間に続々と後ろに並ぶ並ぶ!
いったいどこまでならんでんねん!ってくらい並んでました。

今まで参加したあちこちの馬場解放の経験上、だいたい4コーナー近くから入場するので、もうちょっとしたらそちらに行こうと思ってたんですよね。
たまたま前に並べてラッキーでした!

いよいよ馬場解放が始まり、最前列にいた人たちがお約束どおりダッシュでターフを駆けていく。
それを列の後方に並んでいる人たちが『させぇ!させぇ!』と叫ぶ…というのが関西のお約束ですが、残念ながら駆けていく方向と違う方向に行列ができちゃってるからそんな盛り上らないのもまぁ仕方ないです。

馬場に入って直線をうろちょろした感想は

内側、もう土じゃん…

芝はほんのちょろしか残ってなくて、もうむき出しの土なんです。
もちろんダートではありません。あんなフカフカじゃなく、結構しっかり硬い。淀でダートも歩いたことありますが、まじかこれ!っちゅうくらい足をとられて歩きにくかったですから。それとは全然違い思いの外スタスタ歩ける。

だからみんな、あのゴールドシップがワープした時のように極端に内を避けるわけじゃない。
それでいて先週あたりから突然時計も出だしたわけで、やはり芝がある方が走りやすいのか、無くてもあんまり影響ないのか?それはぶっちゃけわかりませんでした。
とにかく思った以上に土丸出しでした。

そのあと、あぁここが外回りへの分岐かとか、あぁここが向こう正面かとか思いながら歩き回っていましたが、やはり一番の見どころといえば、バンケットでしょう♪

バンケットはスタンド側から見ても、内馬場まで行っても、その全貌がよくわからない。
ほんとテレビ以外では見えないですからね。これが楽しみで1周あるいているようなもんでして。

生で見たバンケット、とにかくすごいっす。
どうすごいか?

うーん、ギューンって降りてグィーンって上がるって感じですね(笑)

わからんて?(  ̄▽ ̄)

そうですね。バンケットを見たあとに、中山の直線を見ると、ほぼ平坦やなって思うくらいの上り下りでした。

バンケットに感激しながら、あちこちのんびり見まくっていたら係員のアナウンスが変わってきました。

馬場解放の時間は終了しておりまーす。立ち止まらないでくださーい。
(。゜ω゜) !

この時点でまだ向こう正面でした(笑)。

アナウンスが気になって後ろを振り返ってみれば、後ろにあんなにいた人たちがまばらになっていて、最後尾の係員の人たちが結構せまって来ていました。

まじで?なかなか急がすねぇ!

と思いながらも係員のアナウンスを無視し、まだまだのんびり見ていました。

だんだん迫りくる最後尾。

まぁ、馬場解放で最後になるのはタテジマ的にはよくあることですから、別段気にもせず歩いていたんですが、最後の直線に入ったあたりで脚を速めることに…

ここまでもっていた雨が、ついにショボショボと降りだしてしまいました。

てなわけで、最後の直線をスタスタと駆け上り(嘘。歩き上り)、中山の馬場をあとにしました。


馬場を出てからも、人もまばらになった競馬場内でもう少しゆっくりとも思いましたが、18時半で法典門を閉めるということだったので、そんなことされたらまたまた迷子になっちゃうよ!と思い、名残惜しいですが中山競馬場をあとにしました。

この時すでに、1日歩き回っていたのと、とどめの馬場解放で足がパンパン。だるさマックスになっていたのです。
そこにさらに追い込みをかける、帰りの地下道のムービングウォークがすべて停止しているっちゅう悲劇。
人の流れに着いていってたんですが、1つ1つ、
おっ!そっち行くの?
もしや動いてんの?
おっと!やっぱ止まってるやん?
歩きにくぅ…
くっそー騙された!
o(*>д<)o
の繰り返しだったので、精神的にもめっちゃしんどかったです。

駅に着いたら東京行きというのが出たばかりだったので、さぁ、どこで乗り換えかな?と思いながら船橋法典駅で、ナビタイムで調べてみると…

次で降りて東京メトロに乗り換え…

いやいや、それは無いわ…
と思い、とりあえず来た電車に乗りました。

次の駅で総武線に乗り換えるため降りようかなと思っていたら、車内アナウンスで、東京行きたい人はこのまま南船橋まで乗って京葉線に乗ってくれ!的なことを言ってたので、

南船橋?京葉線?はて?

と思いながらも信じるものは救われると思い、言う通りにしました。

ドキドキしながらも、ちゃんと南船橋で乗り換えてみると、ちゃんと東京行き快速が来ました!

ラッキー!ちゃんと行けた!(←当たり前ですが(笑))しかも座れる!と思いながら、車両に乗り込もうとしたとき、席をとろうと突っ込んできたおばちゃんに突き飛ばされそうになりました。

東京でも、こういう人やっぱりいるんや…油断してたぜ…


結局おばちゃんの隣に座ったんですが、おばちゃん、よほど疲れているのか結構すぐ寝やがって…しかもガックンガックンて前後左右に動きが激しい…

気になるなぁちくしょー
(`Δ´)

と思っていましたが、こちらも睡魔に襲われうとうと…

とある駅で、たくさんの人が乗り込んできた気配にふと目が覚めました。

最初は足元に目をやると…なんかやたら女性が多い…しかもみんな同じような派手なナイロン製の袋をいっぱい持っている…

( -_・)?ん…

(。゜ω゜) ハッ!ディズニー?

周りを見渡すと、まさにディズニー帰りの集団でいっぱいになってました。

おぉ、京葉線てそういう線だったのね!むかーし乗ったことある気がする!と思いながら、この弾丸ツアーでこれまで見てきた客層とのギャップに戸惑っていました(笑)

目の前で両手に袋いっぱい何かを買い込んでるギャルが、

今回、あんまり買えなかったぁ。あーん…

とか訳のわからないことを言ってたのがとても印象に残ってます。


そんなこんなで東京に着き、20時過ぎの新幹線で無事に大阪に帰りました。


今回の皐月賞弾丸ツアーもとても楽しかったです。

惜しくもダービーの切符を逃したステファノスくんのこの後の予定はまだ決まっていません。だからと言って放牧に出てるわけでもありません。

ダービーへの道はとても険しいと思いますし、とりあえず、このあとどういう選択をしようが、藤原師のことなんで、それが正解だと思います。

とにかく今はステファノスくんと厩舎関係者の皆さんに感謝です。

ありがとう!


終わり。


遅くなりましたがレース後コメント

4/20 藤原英厩舎

■20日の中山競馬では五分のスタートから終始、中団を追走。直線はいい脚を使って追い上げるが5着まで。

「イメージ通りの競馬ができたと思いますし、馬もそれに応えるように最後までよく頑張ってくれました。
勝ち馬が最高のレースをしたのは間違いありませんが、ステファノスもいい位置で運べましたし、力は出し切れたと思います。せめてあと一つ上の着順に来れていれば言うことありませんでしたので、それだけは心残りですね。将来に繋がる走りはしてくれましたし、今後に期待しています」
(後藤騎手)


「馬がどんどん良くなっているだけに人気こそありませんでしたが、いい勝負ができると思って送り出しました。
実際にジョッキーは上手く乗ってくれましたし、馬もしっかり走ってくれたと思います。それだけにこの5着は悔やまれるなぁ。あと一つ上ならダービーのチケットが手に入れられただけに…。
力があることははっきりしていますし、それだけに次をどうするかが本当に悩ましい…。本番には万全の状態で使わなければ意味がありませんし、間に挟むか等、周りの動向を窺いながら判断させていただければと思います」
(藤原英師)

チャンスを掴んで出走にこぎ着けた皐月賞。最高の結果とはなりませんでしたが、素晴らしい走りを披露してくれたと思います。あと一つ上の着順でダービーへの切符を取れていただけに悔しさは残りますが本当によく走ってくれました。
今後は状態を見た上で決めていきますが、この馬の更なる飛躍に期待したいと思います。

( ´∀`)/~~

« 中山遠征記5 レース編 | トップページ | 先週の近況(笑) »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

アップ数、まだまだあまちゃんやで!みかさんのfacebookアップ数恐ろしいよ。1年半facebookしてるワテのアップ数を遥かに超えはりました。
とりあえずお疲れ様でした。
後藤浩輝騎手、また岩田に殺られて(´・ω・)カワイソス
後藤浩輝騎手のfacebookページにはとりあえず治療専念する旨の内容が書いてました(*_*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中山遠征記5 レース編 | トップページ | 先週の近況(笑) »