« 中山遠征記6 レースの後編 | トップページ | 今週の近況 »

2014年4月29日 (火)

先週の近況(笑)

皐月賞遠征記がなかなか進まず近況アップものびのびになっていましたsweat01

次の近況が更新される前にとりあえずクラブコメントだけアップしときます!

ちなみに、コメットくんと2歳馬アヴニールマルシェが脱北するっちゅうビッグニュースもありましたよ。

クラブコメント

◆インペリアルマーチ◆

4/24 音無厩舎
■23日は軽めの調整を行いました。
24日は栗東坂路で追い切りました。
(55秒1−39秒6−26秒6−14秒0)

「栗東Sを目標に先週末に帰厩させました。
今朝は1本目でしたので感触を確かめるようにサッと動かしましたが、競馬まではもう少し時間がありますし、徐々にピッチを上げていきたいと思います。
前走は悪くない競馬はできたと思いますが、もちろんそれよりもいい結果を出せるようにしっかりと仕上げていきたいですね」
(音無師)

5月18日の京都競馬(栗東S・ダ1400m)を目標にしています。

◆アダムスピーク◆

4/23 石坂厩舎
■23日は栗東坂路で15−15程度の調教を行いました。

「先週はなんとか併せ馬をこなしたとはいえ、レースまでまだ時間があることを考えるとちょっと時計は速すぎた感がありますから、今朝はきっちりと抑え込んで15−15程度のところを乗りました。
併せ馬でもなんとか我慢できていましたし、前走などを見てもこうした調教は必要ですからね。
来週からは無理して抑え込まずに速めの時計を出していってもいいと思いますから、普段の調教で折り合いを重視したキャンターをしていきたいと思います」
(大井助手)

5月11日の京都競馬(4歳上1000万下・ダ1400m)もしくは同日の東京競馬(日吉特別・ダ1600m)に出走を予定しています。

◆コメットシーカー◆

4/22 NF空港
■周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行い、週3日は屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンターを2本、週1日はハロン14秒で登坂しています。

「ここまでしっかりと速めのペースで乗り込みを重ねてきましたし、本州移動に向けた態勢はほぼ整えられたと思います。
状態に問題がなければ今週中にもNFしがらきへ移動する予定です。
馬体重は520キロです」
(空港担当者)

4/24 NFしがらき
■24日にNFしがらきへ向けて移動しました。

◆ジャイアントリープ◆

4/22 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「この中間は坂路で普通キャンターをベースにして、今週からは終い15秒ぐらいのところも取り入れています。
心身ともにいい雰囲気になってきましたね。しっかりリフレッシュさせてから進めていきたいと考えていましたので、今後は適宜負荷を高めていければと思います」
(NFしがらき担当者)

◆ステファノス◆

4/23 藤原英厩舎
■23日は軽めの調整を行いました。

「せめてもうひとつ上の着順ならと考えてしまいますが、馬が頑張って走っての結果ですし、それを受け止めてまた次につなげて行くしかありませんね。
ダービーと言う思いはもちろんありますが、さすがにまだ競馬から日が浅いですし、もうしばらくはリフレッシュを促しつつどうするか考えさせてください」
(藤原英師)

◆グレナディアーズ◆

4/22 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「この中間から周回コースを基本に週2回坂路で終い16秒近くのキャンターまで脚を伸ばして調整を行っています。
一旦ペースを落としましたが思惑通りテンションも上がらず順調にきていますね。いい流れできていますので、このまましっかりと進めていきます」
(NFしがらき担当者)

◆スタートレイル◆

4/24 荒川厩舎
■23日はゲート試験を受けましたが不合格でした。
24日は軽めの調整を行いました。

「先週の金曜日に練習がてら試験を受けてみたのですが、まだ自分から出る感じがなくて不合格になってしまいました。
幸い駐立はいくら待たされても問題ないぐらいおとなしいので、この中間もしっかりと練習してきたのですが、残念ながら水曜日も不合格。何かのタイミングで急に馬っ気を出したりして、ちょっと気持ちが逸れるとまったくやる気がなくなってしまうような精神的に幼い面がありますね。
そのあたりに気をつけて、しっかりとゲートを出せるように進めていきます」
(佐藤助手)

◆アヴニールマルシェ◆

4/24 NF天栄
■ここまで順調に調整が進んでいることから24日にNF早来を出発し、NF天栄に向けて移動しました。
この後は体調を見ながらトレセン入厩に向けて態勢を整えていきます。

移動まではウォーキングマシンで1時間の運動後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っていました。

「時には坂路コースでハロン14秒台の時計も交えながら調整を行ってきましたがほぼ馬なりのまま登板しており、ここまで期待通りの成長を見せてくれています。
馬体をふっくら見せて状態は良好ですし、このタイミングで移動させることになりました。
素質の高さを感じさせる馬ですし、このまま順調にいってほしいですね」
(NF早来担当者)

« 中山遠征記6 レースの後編 | トップページ | 今週の近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

ワテも只今脱名して初福島でごわす。Good night.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中山遠征記6 レースの後編 | トップページ | 今週の近況 »