« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

昨日の結果

昨日はドバイ凄かったですねぇ。

ドバイデューティーフリーはジャスタウェイが圧勝!天皇賞圧勝がだてじゃないってところを見せつけてくれました。

続くドバイシーマクラシックはジェンティルドンナが、これも直線の不利からすると圧勝と言っていいでしょう。さすがのJC連覇だけのことはあります。

まぁ、ヨーロッパと日本と芝が全然違うのは周知の事実ですが、今回のドバイはとりあえず日本馬が活躍できる馬場だったのでしょうね。だからここで勝ったからってヨーロッパで勝てるかというとこれまた簡単な話ではないですが、やはり期待しちゃいますよね。

このあとの日本馬の海外挑戦は、エピファネイアが香港にチャレンジする予定ですが、まぁ、馬力満点のエピなら勝ってくれるでしょう。
しかしいずれジャスタウェイとエピファネイアが激突することがあれば、福永くんはどちらに乗るんでしょうねぇ。興味津々です。
(  ̄▽ ̄)

てなわけで、1日遅れになりましたが、昨日のステファノスの結果です。

昨日の毎日杯に挑戦したステファノスですが、結果から先にいうと…勝ち馬からハナクビ差の非常に惜しい3着でした。
o(><;)(;><)oクヤシィ

まずはパドックの印象ですが、この子はデビューからずっと見てるんですが、もう初めて見るようなステファノスでした。
何が違うかというと、気合いの乗りかたがこれまでと全く違いました。

これまではどちらかというと落ち着いた雰囲気で周回する感じでしたが、今回はパドックに出てきた瞬間からえらい気合いが乗っていてビックリしました。
何度もブルルルルッっていったり、時折小走りはさんだり。
もちろん二人曳きだったんですが、もう引っ張りきりで、曳き手さんがステファノスをなんとかなだめようと必死な感じでした。なんなら3人目が欲しいくらいのもんで。
でも発汗してるとかじゃないし、変な方向に消耗する感じではなかったです。

6戦目にしてようやくディープ産駒らしさが出てきたといえばそれまでなんですが、そんな突然なるかなぁ…とりあえず装鞍所とかでなんかあったんかなぁとかいらんことを考えたりもしました。

そんなことを考えるくらい、これまでとは全然違うステファノスの姿に、これがいいのか悪いのかいったいどう判断してよいのかさっぱりわかりませんでした。

そしていよいよレース

大外枠に入ったステファノス。
ポンといいスタートをきったものの、ここ数戦と同じく徐々に中段後方へ。
ただ、なかなか行かない前走とは違い、どちらかというと終始抑えながらそれでもじわじわポジションをあげるような感じでした。
パドックで見た気合いのりがいいように出てるように思いました。

残り800あたりで後ろからラングレーが上がって来るのにあわせてステファノスも動きだし、そのまま押して押して直線入り口では先頭に並びかけ、そのまま早々と先頭におどりでました。

残り350mしかも急坂つき。あとはなんとか粘ってくれと祈るばかり。

と同時に頭の中では『皐月賞!皐月賞!』とテンションがマックスになっていました!

しかし、残り200辺りで内でじっとしていた2枠2番エイシンブルズアイに前に出られました。しかしそこからもう一度差をつめるも、今度はこれまた内でじっとしていた1枠1番マイネルフロストに差されてしまいました。

なんちゅうか、めちゃくちゃ悔しかったです。
頭真っ白になるくらい悔しかったです。

実力で及ばなかったというならまだしも、正直、土曜日の阪神はまだまだ内の芝がいい感じで、内を通った馬のほうが伸びるような傾向があったところを、案の定内内を追走し内からスルッと抜け出してきた馬にやられたもんだから。
賞金、馬券だけでなくクラシックへの権利までも内からすくわれたもんだから、まさに怒り心頭って感じでした(笑)

大外枠に入ってしまったステファノスは終始不利な外外をぶんまわさざるをえなかったわけで。しかも約700以上のロングスパートを仕掛けたわけで。
内の馬に距離得プラス伸び得まであれば、この展開では厳しいです。去年のキズナのように断然力上位ならそのまま勝ちきったかもですがね。

仕方の無いこととはいえ、皐月賞への切符が手に入る入らんが枠順によって有利不利になるのはなんとも…
着差が着差なだけに、ぶつけどころの無い怒り、悔しさ、落胆がひたすら渦巻いていました。

ただ、ふと…

ステファノスくんはなんか悪かった?いやいや何一つ悪いとこは無かった…てゆうか、めちゃくちゃ頑張ったよな…てかだんだん強くなってるよな…もうこの中では一番強いよな

ということを思い、頑張って走ったステファノス中心に考え方を切り替えたらちょっと気分が楽しくなりました。

あと、ネットとかを見ていたら騎乗云々とか、仕掛けどころ云々という声もありますが、確かにそうかもしれません。でもあくまでも上を目指す以上、今回みたいな横綱相撲でねじ伏せに行くというのもステファノスくんの力をはかる上で、これはこれで有りだったのではないかなと思っています。やらかしちゃったもんはもう戻らんですし。

まぁ、なんか一言文句いうなら、どないかして内外イーブンにしといてくれ!て文句を言いたい。そしたら勝ってただろうにと。
わざわざ朝日杯を阪神に持ってくるとかしたところで、こんなんやったら一緒やでと思います。

てなわけで、今年の皐月賞戦線は終了してしまいました。
今の中山の荒れ馬場を考えたらほんと出たかったんだけどなぁ。

でもまだダービーへの道が断たれたわけではありません。このあとも在厩で調整するようです。

頑張れステファノス!
ヾ(≧д≦)b
ワタスを府中に連れてって!

クラブコメント

3/29 藤原英厩舎
■29日の阪神競馬では道中中団外めの追走から早めに仕掛けて直線入り口で先頭に立つ。そのまま押し切るかと思われたが、内を伸びた馬に交わされ3着。

「道中は外枠のぶん、外々を回らされましたが、終始手応えも良く、いい感じでした。それだけにもう少し脚を溜めたかったのが本音ですが、思いのほか他馬の仕掛けが早くて、蓋をされかねないので早いとは思いつつもあのタイミングで仕掛けざるを得ませんでした。
それでも最後まで食い下がってくれたようにこのクラスでも十分太刀打ちできる力量の持ち主であることに間違いはありません」
(シュタルケ騎手)

「惜しい、実に惜しかった。
外から早めに来られたことで仕掛けがワンテンポ早くなってしまいました。あそこで待てる、脚を溜められる展開であれば、結果は違っていたでしょうし、本当に悔しいですね。
今は徐々に良化している最中。まだまだ良くなる余地が残る中にあっても早め先頭からあそこまで粘るのですからやはり能力は高い。
現状では本当の力をつけきっていない分、コーナー2つのゆったりした今日のようなコースがベターと思いますが、後々はもっとタイトな条件でも対応できるように持っていかくてはいけないと改めて思わされました。
今回で賞金を加算できれば良かったのですが、このあとは馬の様子を見つつ目標を定めていければと思います」
(藤原英師)

普通なら馬群に飲み込まれも不思議でないキツい展開の中で、ゴール寸前まで踏ん張ったあたりに、本馬の地力の高さ、そしてここ最近の目覚ましい良化が感じ取れました。
敗れはしましたが力は存分に示してくれましたし、今後がさらに楽しみになったことは間違いないでしょう。
このあとは馬の様子を見てからにはなりますが、在厩で目標を定めていくことを検討しています。

2014年3月27日 (木)

今週の近況

こんばんは!
今週は前置きなして近況いきます!

今週はステファノスが毎日杯に挑戦しますよ!
o(*≧д≦)o″

毎日杯は、昨年のコメットシーカーに続き2年連続2度目の挑戦となります。
昨年は新馬戦を強い勝ち方で勝ち上がり意気揚々と挑戦したコメットでしたが、あのダービー馬キズナにこてんぱんにやられてしまいました。
よほどショックだったのか、思えばあのレースからなんかコメットの歯車が狂いましたね(笑)

今回のステファノスはコメットと違い地味にコツコツと上がってきました。
それでも負かしてきた馬の中にはサトノルパンやゼウスバローズのような強い馬もいます。
で、今回のライバルはというと、POGでも人気していたラングレー、ラジニケ2着のアズマシャトル、白梅賞でステファノス達を完封したエイシンブルズアイ、新馬を圧勝したアドマイヤヤング、オープンで堅実に駆けてるマイネルフロストなどなどなかなか揃っています…でも去年のキズナのような飛び抜けた怪物はいません。
だからステファノスにもチャンス十分!
なような気がします(笑)。
特に力のいるような馬場コンディションならば期待値もアップ!
かもしれません(爆)。

去年のエピファネイアに続き今年もハープスターとトゥザワールドという堂々のクラシック主役を出してるキャロットクラブ。先週はバウンスシャッセも重賞を勝ち牝馬ながら皐月賞挑戦宣言!

でもどれもワタスの出資馬ではありません…(涙)
ほんとうらやましい限りですが、指をくわえてるばかりではなんなんで、ここはステファノスくんになんとかしてもらいたいところ。
前走でようやく500万を卒業した身ですから、そんな強気にはなれませんが、皐月賞が行われる中山はかなり馬場コンディションがわるいようなので、もしステファノスくんが出られれば一発があってもおかしくないような気もするので、なんとかここで賞金を加算して夢のクラシック皐月賞への切符を手にして欲しいですね。

がんばれステファノスくん!


ほかのファミリーたちはというと…

やはりというか…ジャイアントリープは放牧に出されるようです。
もはや栗東ていうよりしがらき所属馬やね。これ厩舎への預託金ているんかいなまじで…

今週はこんな感じです

土曜日が待ち遠しいですね。

ではまた( ´∀`)/~~

□□クラブコメント□□

◆インペリアルマーチ◆

3/25 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「先週こちらへ到着してから、今のところマシンで軽めに動かしながら馬体のチェックを行っています。レースの大きな疲れはないと聞いていますが、慎重を期してしっかりチェックしたいと思います。
まだ時間もあるので、馬の状態を見ながら進めていきます。
馬体重は591キロです」
(NFしがらき担当者)

◆アダムスピーク◆

3/25 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「マシンで軽い運動を取り入れながらゆったり過ごしています。
まずは疲れを取ることが先決ですので、ここは焦らずに馬本位で進めていきたいと思います。しっかりケアを行って体調が上向いてきた段階で騎乗運動を開始していく予定です。
馬体重は466キロです」
(NFしがらき担当者)

◆コメットシーカー◆

3/27 NF空港
■周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行い、週3日は屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンターを1本行っています。

「一段階負荷を高めていますが、変わらず乗り込むことができています。更に本数をこなしていくことで、より良い状態に持っていければと考えています。
馬体重は528キロです」
(空港担当者)

◆ジャイアントリープ◆

3/27 村山厩舎
■26日、27日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は敗れはしましたが、それほど差のない内容でしたし、昇級戦としては決して悪くないレースだったと思います。
レース後は曳き運動程度から軽く動かしていますが、今のところは馬体に異常はありません。ただ、これまでも短期放牧を挟みつつ競馬を使ってきた馬ですし、精神面のケアも考えて一度放牧に出して次走に備えることにします」
(村山師)

28日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

◆ステファノス◆

3/27 藤原英厩舎
■26日は栗東CWコースで追い切りました。
27日は軽めの調整を行いました。

「今週は鮫島良太を背にCWコースで追い切っています。
重い馬場も苦にせず併せた相手にしっかりと先着していますし、悪くない状態でレースに臨めそうですね。
先週シュタルケにも感触を確かめてもらっていますし、あとはレース直前までしっかりと体調を整えていきます」
(藤原英師)

29日の阪神競馬(毎日杯・芝1800m)にシュタルケ騎手で出走いたします。

◆グレナディアース◆

3/25 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「引き続き周回コースで軽めのキャンター調整を行い、週2回坂路で終い15秒ぐらいを乗り込んでいます。
ペースを上げて乗り込んでいますが、堪えるところも見せず順調にきています。まだ状態面は上がって来ると思いますし、この馬の良さを引き出せるようにしたいですね。
馬体重は499キロです」
(NFしがらき担当者)

◆スタートレイル◆

3/25 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「引き続き周回コースで軽めのキャンター調整を基本に行い、坂路でハロン17秒ぐらいのペースから週2回は終い15秒ぐらいを乗り込んでいます。
いい雰囲気になってきましたし、馬の感じも良さそうですよ。ペースアップでの疲れも見られないですし、このまま行ってもらいたいですね。
馬体重は540キロです」
(NFしがらき担当者)

2014年3月25日 (火)

先週の結果

遅くなりましたが先週の結果です。

先週は、日曜日10レースにジャイアントリープが出走しました。

パドックでみたジャイアンは、馬体をスッキリ見せバネのきいた素軽い歩様で歩いてしました。
ただ終始厩務員さんに甘える仕草を見せていました。
あと毛色のせいもあるんでしょうが、正直いうとやはりもう1枚肉付きが欲しいなと。このクラスの中距離馬達の中に入るとみんな結構ケツとかごついから。
しゃあないけどね。馬の個性だから。

レースは前半、なんか置いていかれ気味になったり、そうかと思えばかかりぎみになったりとちょっとちぐはぐな感じがしましたが、3、4角あたりではとってもいい感じに見えたんですけどね。

直線勝ち馬はビュンと伸びましたが、それ以外はなんか交わすでもなく交わされるでもなくそのままダラダラとなだれ込むような感じになって結局6着での入線となりました。
ま、勝ち馬以外は前残りですわ。

こういう流れになると直線ごぼう抜きできる脚を持っていないジャイアンにはきついよね。

でも、あの小倉以外で普通に掲示板を外したのは初めてだったから正直ちょっとショックですた。
とはいえ、6着といってもそんなに負けていないし昇級初戦としては合格なのかもですね。

この後はどこでしょうね。
中山2200は再来週だし、阪神最終週は1800だし、その後は確か淀で2400てあったはずだけどちょっと開くんですよね。

まぁ、言うてる間にクラス再編成とかあるんで、またまた使い分け地獄にはまるまえになんとか勝ち上がって未来を切り開いて欲しいところです。


クラブコメント

3/23 村山厩舎
■23日の阪神競馬では五分のスタートから中団馬群を追走。直線は馬場の真ん中をジリジリ伸びたが6着まで。

「返し馬ではいい雰囲気だったのですが、今日は前半ちょっと力んで走っていました。最後伸び切れなかったのはその分でしょう。
能力自体は十分通用しますが、あまりシュッと切れる脚がないので、もう少し力のいる馬場の方がいいかもしれません」
(岩田騎手)

前走の勝ちっぷりから、昇級戦でも期待されましたが、最後はジリジリした脚になってしまいました。
結果は残念でしたが、ジョッキーも十分通用すると話していましたし、今後の成長にも期待したいと思います。
このあとはトレセンに戻って馬体をよく確認してから検討します。

2014年3月21日 (金)

今週の近況

なんと!

電動アシスト自転車なんてものを買ってしまいました。

えっ(;・ω・)
なんでそんなもの買ったのか?

勢い!です。

実はタテジマ、マウンテンバイクは持ってるんですが、普通のチャリンコがなくて。
タテジマのマウンテンバイクはカゴもない…スタンドもない…鍵はどてかいチェーンを肩から斜めがけ…で地球ロックなんでとめるとこにも困る。

てなわけでママチャリを買おうと思ってたところにステファ、ジャイアン連勝での馬券で思いがけないお小遣いが転がりこんできたので負けてなくなる前に♪てなわけです。

ま、結局は勢いですわな(笑)

で、先々週注文して、昨日納車されました…

人生初電動自転車の印象ですが、

こぎだしたときの加速がとにかくスゲェ!後ろから背中をグイィと押されるような感覚です。
もうカルチャーショックですよ!

世の中のママやじじばばはあんなもん乗ってたんですねぇ!!まいったねこりゃ。
まだ、チャリンコ屋から自宅まで走っただけなんで、早く走り行きたいなぁ。

でも今回買ったママチャリ的なやつであんなんなら、カタログにあったマウンテンバイク的なやつはいったいどんな走りをするんやろか…
まぁ、法律でアシストは20キロちょいまでらしいから、速さって意味では期待できんやろけど、止まる状況の多い街中じゃ最強のツールなのかも知れんすね。
いつか欲しいなぁ。

てなわけで、前置きが長くなりますたが、今週の近況です。

今週は予定どおりジャイアンが出走します。
出走するのは、日曜日阪神10レース但馬ステークス(芝2000m)、騎手は前走と同じく岩田騎手です。

まぁ、今回は昇級初戦だし、当然これまでとは相手のレベルが違うのですが、どこまでやれるか期待です。
もしあっさり勝てるようなら、さらに上でも…
( ̄¬ ̄)

なんて夢を今のところもってますが、現実は果たしてどうなることやら…厳しいですが、頑張ってほしいですね。

あと、先週走ったインペリが除外権利がどうたらこうたらを理由に、また帰厩したばかりのアダムスが背腰がどうのこうのを理由に放牧にでてしまいました。

まずはインペリですが、

…まじで放牧か…て感じです。

どれくらいの放牧かな?
次の淀の番組を調べてないからわからないけど、どっちにしろ放牧にでてりゃ肝心の除外の権利もとれまへんで…

この分じゃ次の出走はいつになるこっちゃやら…
┐(-。ー;)┌

アダムスは、背腰がどうのこうのなんでそこそこ時間かかるかも知れないですね。次は秋かな?
まぁ、一番怖い脚元じゃないからまだ良かったです。
あのテンションなんで、これがいい休養になると思いたいです。

あと、愛馬たちのことではないですが、今年はいったいいつやねんヤキモキさせたキャンセル祭ですが、月末にあるみたいす。まぁ、産地馬体検査までにはなんかあるやろとは思ってましたけど。
去年よりずいぶん遅い日程ですが、去年、何回も何回もキャンセル募集があったから、今年はクラブも慎重になったんかな?

てな、感じの今週でした。
ではクラブコメントです。

◆インペリアルマーチ◆

3/20 NFしがらき
■18日にNFしがらきへ放牧に出ました。

「先週の競馬は、思ったよりも折り合って進められましたし、最後は苦しくなったもののこの馬らしさの一端は見せた内容でした。
なかなか思ったレースに使えずビッシリと仕上げられない分難しいところはありますが、まだ力の衰えは感じませんし、勝利を目指していきたいですね。

レース後は大きな疲れはありませんが、好条件のコーラルSとなると確実に除外権利を取れるレースがありません。取れるか取れないか分からない状況で中途半端な調教を続けるより放牧に出した方がいいと判断し、火曜日にNFしがらきへ移動させています」
(音無師)

◆アダムスピーク◆

3/19 石坂厩舎
■19日にNFしがらきへ放牧に出ました。

「今週の競馬も視野に入れて、先週末もコースでサッと乗っていたのですが、ここにきて背腰に疲れが出てしまいました。
落ち着いていていいと思っていたのですが、むしろおとなしすぎるというか、ちょっと体調自体も本物ではないように思います。
脚元はスッキリしているだけに残念ですが、ここで無理をしては他の部分にも影響が出かねませんし、放牧に出させていただくことにしました」
(石坂師)

◆コメットシーカー◆

3/19 NF空港
■周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行い、週3日は屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンターを1本行っています。

「この中間も変わらずハロン16秒台で乗り込むことができており、順調に進めることができています。
ピッチを少しずつ上げていくことで更なる良化を促していきたいと思います」
(空港担当者)

◆ジャイアントリープ◆

3/19 村山厩舎
■19日は栗東CWコースで追い切りました。

「今朝はCWコースで併せて追い切りました。
最後は半馬身ぐらい遅れましたが、時計は6ハロン82秒台といいですし、最後まできっちりと走れていましたよ。先週も楽な手応えとはいえ併せて気持ちも乗せてきましたし、今週はしっかりとやって十分な動きを見せてくれています。
前走後すぐからここを目標にしてきてここまでとても順調に来ていますから、昇級戦とはいえいきなりから好勝負を期待したいですね」
(村山師)

23日の阪神競馬(但馬S・芝2000m)に岩田騎手で出走いたします。

◆ステファノス◆

3/20 藤原英厩舎
■19日は軽めの調整を行いました。
20日は栗東CWコースで追い切りました。

「この中間も順調に乗り込んでおり、体調面の不安もなくいい雰囲気です。
今週は1週前になりますから、ジョッキーに乗ってもらってCWコースで併せてしっかりと感触をつかんでもらいました。
相手を2馬身ほど追走する形からラストは1馬身先着。馬なりのままでもスムーズに並びかけて、ジョッキーもうまく乗ってくれましたよ。
あとは来週しっかりとやればいい状態に仕上がるでしょう」
(藤原英師)

29日の阪神競馬(毎日杯・芝1800m)にシュタルケ騎手で出走を予定しています。

◆グレナディアーズ◆

3/18 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「この中間からは、周回コースで軽めのキャンター調整を行い、週2回坂路で終い15秒ぐらいまで脚を伸ばして乗り出しています。
精神面は心配なさそうですし、馬の状態もだいぶ良くなってきています。
このまま乗り込みを重ねてもっと良くなってもらいたいですね」
(NFしがらき担当者)

◆スタートレイル◆

3/18 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「この中間から馬の状態も良くなってきましたので、周回コースで軽めのキャンター調整を基本に行い、坂路でハロン17秒ぐらいのペースから週2回は終い15秒ぐらいまで脚を伸ばしての調教を開始しました。
だいぶ環境にも慣れてきたようで落ち着いてきていますし、体調の方は変わらず良好です。
これからはしっかり乗り込んで適宜負荷をかけたいと思います」
(NFしがらき担当者)

( ´∀`)/~~

2014年3月16日 (日)

今日の結果

うーん惜しかった!

今日の阪神メインレースに出走したインペリ。久しぶり見せ場十分でしたが、結果は惜しくも5着でした。

馬体重が発表されて「マイナス12キロ」と、いつ以来かの560キロ台での出走と知ったときは
キタ━━━(゚∀゚)━━ッ
ってそれだけでなんか嬉しく思いました(笑)。
昨日書いたとおり、外枠にも入ったし、だんだん条件が揃ってきた気がしました。
欲を言えば、パッサパサの良馬場が理想でしたが、週中の大雨の影響で重馬場…ま、こればっかりは仕方がありません。

パドックでみたインペリは、無駄肉がかなりなくなった感じはしました。でも年齢的なものもあるのでしょうが、なんとなく大人しいというかなんというか、黒王(笑)と呼んでいた頃の威圧感というか迫力みたいなもんが…
前の馬と間隔が開いていたから余計そう思ったのかもしれません。でも、終始パドックの外外を歩いていたので、あぁ、テンションが上がらないようにわざと前と間隔を開けてるんかな?となんとなく思いました。
それが確信できたのは、本場場入場の時です。
全馬が返し馬に入り終えるるまで、コース入り口直前で待機し、最後に1頭で入場し返し馬に入っていきましたから。

レースはというと、いいスタートを切ったものの、あんまり行き脚がつかずで、あれ?逃げられへんのか…まずいなっ…って思いましたが、ここで、いきなり外枠の恩恵が!
そのままおしておして進出し3番手を追走する形となりました。内枠でつつまれたらこうはいかないですからね。

道中は終始折り合って4角から直線入り口付近で馬なりで先頭にならびかけ、直線に入り先頭に踊りでました。

マイナス12キロって見たときに、単複追加購入し、最終的には単勝5000円、複勝8000円を持ってたので、
一瞬
20万コースキタ━━━(゚∀゚)━(。A。)━(゚∀゚)━(。A。)━(゚∀゚)━━━!!
って思いました。

が、世の中そんな甘くはなかったっす(笑)

残り200あたりで人気馬2頭に交わされてしまいました!
( ̄□ ̄;)!!

せめて3着を!
+.(人´Д`*).+゜.

という必死の叫びをむなしく、ゴール直前というまさに目の前で、無情にもまたまた交わされ5万コースも消えて、ただのぼろ負けになってしまいました。
il||li _| ̄|○ il||

結局3着からクビ差クビ差の5着でゴールイン。

てなこと書いてますが、実は、馬券的にはぼろ負けしたわりに悔しさってまるでなくって、なんか清々しい気持ちでした。
阪神1400、予定通りの出走、外枠、マイナス12キロって条件で、もしインペリが見せ場なくぼろ負けするようなら引退も覚悟やなぁ…っていう気持ちで見てたので、レース内容に安堵感もありました。
久しぶりに直線先頭、ゴールまで見せ場十分のインペリらしいいいレースをみれたからほんと嬉しかったです。

インペリは、ここんとこずうーーーーっと、ベストコンディションでのレースが出来ていなかったんですが、今回も休み明けだし脚元がどうのこうので決してベストではなかったはず。
外枠という恩恵はありましたが、それでも阪神1400という得意の条件で、予定通りのレースに使え、ベストな体重に近づいただけでこれだけの見せ場をつくれるんですから、順調に使えさえすればまだまだ勝ち負けできそうな感じがしました。
今日のレース内容だけからしても、あと何かしらがちょっとずつ好転していれば確実に3着はあったと思いますよ。

てな感じで今日はとても頑張ったインペリでした。

これからもがんばれインペリアル!
たのむぞインペリアル!

てか、ほんま頼んまっせ、音無せんせっ!

今日のレースの感じからして、今ならもしかして千八とかでもいけるかもしれませんね。うまなりでハナに立ってそのまま折り合うみたいな…無理かな?
あと一回千二も見てみたいですけどね。

とにかく仁川、淀限定で。無駄に府中に連れていくんだけは勘弁してください。

クラブコメント

3/15 音無厩舎
■15日の阪神競馬では五分のスタートからすんなりと好位につけて追走。4コーナーで動いて先頭に立つが、最後は後続に差されて5着。

「かかり気味に進んでいくタイプと聞いていましたが、今日は落ち着いていて折り合いもついていました。
4コーナーで後ろを離してほしいと言われていたので動いたのですが、手応えがとても良かったので、もうひと呼吸追い出しを待っても良かったかもしれません。
馬体はまだ持て余しているように思いましたし、順調に使えればすぐ勝ち負けになると感じました」
(幸騎手)

「自分から動きたいタイミングで動ける外枠が理想でしたし、もうひとつ動き切れないところはあったものの、この馬としては悪くない競馬をしてくれたと思います。
ある程度攻めて来ても脚元は安定していましたし、体も前回よりは絞れていましたからね。
この後はトレセンで状態を確認してからにはなりますが、狙いたい条件は除外権がないと使いにくい状況でもありますから、そのあたりを含めどうするか考えていきます」
(音無師)

最後は一杯になりましたが、抜群の手応えで4コーナーを回った時は勝ち負けを意識しました。
道中は折り合いもついてスムーズに進められましたし、まだまだやれると思わせてくれました。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

2014年3月14日 (金)

今週の近況

今週はインペリが出走します。
秋山騎手で出走予定だったんですが、手違い(←厩舎談)でダンサー幸となってしばいばした。

あのドッタンバッタン騎乗て、なんか逆効果にしか見えんのはワシだけか…

とにかく馬を壊さんで欲しいところです。

そんなインペリですが、8枠15番に入りました。
インペリは逃げ馬だから内枠がいいと思うでしょ。
甘いっ!

少しでも芝コースが長く、包まれるリスクの少ない外枠はインペリにとって願ったり叶ったりでやんす。

あとはしっかり逃げてくれて感じです!
理想の逃げでダメなら諦めもつくてなもんです。


あと、ジャイアンは前走に続き岩田騎手を鞍上に来週のレースに向かうことになりました。
同じドッタンバッタンでもこちらは確実に追える騎手です。

で、阪神最終日てやはりここだったんですね。
阪神開催は連発開催で、しかもたまたま最終日に芝準オープン戦があるからどっちかな?と思ってますた。

阪神2000は内回りだけど、まぁ小倉よりはずいぶん条件はよさげです。
ここ叩いたら次は淀の2400やね。多分。ただ毎年のことやけど、あの淀開催は時計が異常やからなぁ。

そしてステファノスは、毎日杯に向かうことになりました。
去年のコメットに続き2年連発の挑戦です。
さすがに去年のキズナみたいなバケモンは出てこんでしょうから。なんとか賞金を稼げたらなぁと思ってます。ただ、鞍上がシュタルケ…今んとこ全くいいイメージはないです。エイシンフラッシュで藤原厩舎とは縁のあるミルコの方が有り難かったんだけど…
まぁ、シュタルケも一流の騎手だから、日本の競馬に慣れてくれてることを期待します。


今週の目につくネタはこんな感じですね。

ではまた( ´∀`)/~~


クラブコメント

◆インペリアルマーチ◆

3/13 音無厩舎
■12日は栗東坂路で追い切りました。
(51秒8−39秒2−27秒2−14秒3)

13日は軽めの調整を行いました。

「水曜日は坂路でしっかりと追い切りました。
閉場近くの、馬が少ない時間帯にやりましたが、いつもどおり2ハロン目のラップがかなり速く、最後一杯になるという形。道中の行きっぷりはいい頃と変わらなく見えますし、活気があっていい雰囲気です。乗っている助手も、ガツッと来る手応えはこの馬本来のものだったと言っていました。
脚元も今のところは落ち着いていて、坂路だけとはいえしっかり遠慮なく攻めてきていい体つきですから、なんとかいい競馬を期待したいですね。
当初ジョッキーは秋山で調整していたのですが、手違いで乗れなくなってしまったので今回は幸で行かせていただきます」
(音無師)

15日の阪神競馬(ポラリスS・ダ1400m)に幸騎手で出走いたします。

◆アダムスピーク◆

3/12 石坂厩舎
■12日は栗東坂路で追い切りました。
(55秒5−41秒0−26秒6−13秒1)

「放牧先での乗り込みが思った以上に順調なので、先週帰厩させました。
前走はかなりカーッと力んでいましたし、そのあたりを心配していたのですが、今朝坂路でサッと時計を出した感じは落ち着きがあってリラックスして走れていました。
週末、コースで乗ってみてそれでも行きたがったりしないようなら、来週から競馬を考えていこうと思っています」
(石坂師)

◆コメットシーカー◆

3/11 NF空港
■周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行い、週3日は屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンターを1本行っています。

「理想的な過程で負荷を高めることができており、この中間からハロン16秒台の時計も計時できています。
調子がいいのは明らかですし、この後も状態を見て乗り進めていきたいと思います。
馬体重は526キロです」
(空港担当者)

◆ジャイアントリープ◆

3/13 村山厩舎
■12日は栗東CWコースで追い切りました。

13日は軽めの調整を行いました。

「来週の競馬を目標に、先週帰厩しました。
競馬の予定を早めに決めていましたし、放牧先でも緩めずに動かしてもらっていましたから、特に問題なく乗り出すことができていますよ。
水曜日にはCWコースで馬なり程度の時計を出していますが、前走からそれほど間を空けていない分いきなりからピリッと動けましたし、とてもいい雰囲気ですよ。
週末、来週とやればいい状態に仕上がると思います」
(村山師)

23日の阪神競馬(但馬S・芝2000m)に岩田騎手で出走を予定しています。

◆ステファノス◆

3/13 藤原英厩舎
■12日は軽めの調整を行いました。

13日は栗東坂路で追い切りました。
(54秒9−39秒9−26秒0−13秒2)

「毎日杯を目標に、先週木曜に帰厩しました。週末は軽く動かして、今朝福永騎手に手伝ってもらって坂路でサッと時計を出しています。
帰厩後初めての時計になるので馬なり程度でしたが、まずは上々の滑り出しですよ。
短期の放牧ですし大きく変わったところはありませんが、精神面ではいいリフレッシュができたように思います。
来週から本格的にピッチを上げて、毎日杯に向けてしっかりと仕上げていきます」
(田代助手)

29日の阪神競馬(毎日杯・芝1800m)にシュタルケ騎手で出走を予定しています。

◆グレナディアーズ◆

3/11 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「こちらに来てから状態面に問題はなさそうなので、周回コースで軽めのキャンター調整と坂路でハロン17秒ぐらいのペースで乗り出しました。
引き続き精神面のケアをしっかりと行いつつ、状態を見ながら進めていきます」
(NFしがらき担当者)

◆スタートレイル◆

3/11 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「この中間じっくり見てきましたが、馬の状態は問題ないので、周回コースで軽めのキャンター調整と坂路でハロン17秒ぐらいのペースで乗り出しました。
環境の変化に多少戸惑いはあるものの、体調自体は良好です。もうしばらくは慎重に対応して行きたいと思います」
(NFしがらき担当者)

2014年3月 8日 (土)

今週の近況

ハープスター強いね。

レースまだ見てないけど(笑)

ぶっちゃけ…

募集時は、ここまで強いとは思ってませんでしたっ!
o(*≧д≦)o″マイッタ!

ディープっ子だから候補で考えたことはあったけど、そこまでやったなぁ…

3着馬リラヴァティもキャロ。しかもアダムスの妹。
明日の弥生賞人気のトゥザワールドもキャロ。

エピを含めて、もうキャロ全開やねっ!

でも、全部非出資馬です
o(;>△<)O
もう見事に節穴ですわ…eye
(ノ>ω<)ゝハァ〜

ま応援します。

で、ワタスのお馬たちはというと。

当然、今週も出走はありません。

でも、アダムス、ステファノス、ジャイアンと続々帰厩しました。

みんなどこ出るんやろね。

ジャイアンはパターンなら来週か再来週出走なんだけど…

ステファは毎日杯あたりでしょ。

アダムスは…わからん

てな感じです。

てなわけで、手抜きがばれる前にクラブコメントどうぞ。

( ´∀`)/~~


◆インペリアルマーチ◆

3/6 音無厩舎
■5日は軽めの調整を行いました。
6日は栗東坂路で追い切りました。
(52秒6−39秒3−26秒9−14秒4)

「来週の競馬に向けて、今朝は坂路でビッシリと追い切りました。
閉場近い馬が少ない時間帯に、前半からしっかりと行かせましたが、この馬らしい行きっぷりは見せていたと思います。
かかるぐらいの勢いで進んで、最後は止まる感じなのはいつものことですし、むしろこれぐらい前傾ラップの方がいいタイプ。これで来週やればいい感じに仕上がると思います」
(東田助手)

15日の阪神競馬(ポラリスS・ダ1400m)に秋山騎手で出走を予定しています。

◆アダムスピーク◆

3/4 NFしがらき
■周回コースと坂路ハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「石坂師との話の中で移動を視野に入れるとのことでしたので、この中間は坂路でハロン15秒の時計も交えながら調整を行っています。
少しでもリラックスして、いい状態で厩舎へ送り出せるよう接していきます」
(NFしがらき担当者)

3/6 石坂厩舎
■6日に栗東トレセンへ帰厩しました。

◆コメットシーカー◆

3/4 NF空港
■周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行い、週3日は屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを1本行っています。

「この中間はハロン17秒ペースを中心に動かしています。
徐々に軌道に乗ってきましたし、このまま負荷をかけていって状態を上向かせていければと思います」
(空港担当者)

◆ジャイアントリープ◆

3/4 NFしがらき
■周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。

「レース後の様子を見てもそれ程ダメージは無かったようなので、今週から周回コースで軽めに動かしています。
まずは精神面のリラックスを図って、いつ移動の声が掛かっても対応できるように調整していきます」
(NFしがらき担当者)

3/6 村山厩舎
■6日に栗東トレセンへ帰厩しました。

◆ステファノス◆

3/4 NFしがらき
■周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。

「この中間から周回コースに入れて軽めで調整を開始しました。特にダメージはなさそうですし、疲れた感じもないようです。
もう近々移動ということになりそうなので、こちらでも対応できるよう準備していきたいと思います」
(NFしがらき担当者)

3/6 藤原英厩舎
■6日に栗東トレセンへ帰厩しました。

◆グレナディアーズ◆

3/4 NFしがらき
■周回コースで軽めの調整を行っています。

「先週の木曜日こちらに放牧へ出てきました。
現在は軽くマシンで動かしながら状態の確認を行っています。
放馬のこともありますので、精神面のケアと状態をしっかり見ながら進めていきます」
(NFしがらき担当者)

◆スタートレイル◆

3/4 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「先週こちらに到着後、マシンで軽めに動かしながら状態の確認を行っています。輸送熱もなさそうですし、馬はおおむね元気そうです。

環境の変化で精神的に不安のないよう、慎重に状態を見ながら進めていきます」
(NFしがらき担当者)

2014年3月 1日 (土)

2歳馬

ここんとこ残業続きで、毎日眠い眠い…

ん( -_・)?

何を突然ごちゃごちゃとですと?

ええ、近況1回すっ飛ばす言い訳おば…

まぁ、今週は出走もなかったし、変わったことといえば、スタートレイルがなぜか突然脱北してしがらきに移動してきたくらいでして。

てなわけで、2歳馬の近況と写真が更新されていたので、これで勘弁してください。

ウンウン、マルシェかなり雰囲気でてきた。

ただ、マルシェ、前向き発言がありますが、暴走王グレナの弟だけに適度な前向きであることを祈ります。
ほかの2頭も順調そう。

みんな頑張れ!

でわ( ´∀`)/~~

クラブコメント

◆アヴニールマルシェ◆
(ヴィートマルシェの12)

2/28 NF早来
■現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本の調教を行っています。
調教コースに出ると促さなくとも自ら走る意思を前面に出してくれるタイプで、その前向きさには好感が持てます。
今後もコンスタントに乗り込む中で持ち前の力強さあふれる走りに磨きをかけていきたいと思います。
125

◆ベルディーヴァ◆
(ハルーワソングの12)

2/28 NF早来
■現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本の調教を行っています。

馬体重が示す通り決して大きな馬ではありませんが、サンデー系らしい柔らか味がある、完歩の大きなキャンターを見せています。
半兄のマーティンボロが飛鳥ステークス(京都・芝1800m)を勝利して見事オープン入りを果たしたことで、本馬への期待もますます高まっています。
125_2

◆グラツィオーソ◆
(グレイトグレイスの12)
2/28 NF空港
■この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m屋内周回ダートコースでキャンターを2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17〜18秒のキャンターで2本登坂しています。
馬体面はだいぶ筋肉量も増えてきており、バランスの良い体に成長しています。毛ヅヤを見ても体調が良いのがわかりますので、今後も馬に合わせて更に調教メニューを進めていければと考えています。
125_3


« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »