« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月23日 (日)

グレナ逃走する

ついに事件が発生しました。

今日の7レースに登場したグレナディアーズなんですが、確かにパドックからなんかやらかす予兆はありました。
終始厩務員さんの方を向き、時折横歩きしたり、そのまま回転して後ろ向きになることも…とにかくずっと落ち着きがありませんでした。

こりゃ、レースいってかかるな…

と、思っいましたが予想が甘かったっす…

本場馬入場の音楽にのり、誘導馬に続いて、1番くんが入場しかかった時…その後ろから何やらどえらい勢いで走ってくる馬が植え込み越しに目に入りました。

なんやこれ!暴走しとるやないかい!危ないな…

と思ったんだけど、よくよくみたら見覚えのある勝負服…

なにぃぃぃ!グレナやないかいぃぃぃ!

暴走モードに入ったグレナは、騎手を振り落とし、らちに突っ込み、そのままらちを破壊しての本場馬入場!その際、必殺のスライディング!てか転倒。

スクッと起き上がったと思いきや、転倒で暴走モードはさらにエスカレートし、次の目標を芝コースの内らちに定め突進。

今度は破壊できずにらちに返り討ち。

2つ目のらち破壊にしくじった破壊王はそのまま芝コースを1コーナー方面に逃走。

途中どこに逃げていったのか見失うも、1800mのスタート地点のある引き込み線の方向に逃走している破壊王を再発見。

再び姿が見えなくなるも、他の馬の本場馬入場が終わり、ようやくターフビジョンが逃げる破壊王の姿をとらえてくれるようになりました。

引き込み線奥のポケットで次第に暴走モードも静まり、ついに傷害及び器物破損の容疑でタイーホされました。

馬体検査中といいながらも、馬装を整えるどころか、さっさと素っ裸にされていたので、あぁ除外だなと思いました。

てなわけで、今日のグレナディアーズはゲートに入ることすらできずにジエンドでした。

まぁ、こんなおちゃらけて書けるのも、軽い外傷程度ですんでるからでして。
ぶっちゃけ転倒したときはかなりビビりました。せっかく起き上がっても、もう一度内らちに突っ込んでいくし…転倒そして激突と同時に甦るフレールの時の記憶…まじで血の気がひきました。

だからそのあとスタコラ逃げていったときには、ちょっと安心できました。
とりあえず命に関わることにはならないなと。

しかしまぁ、あんな転倒しながらの入場シーンは、ながらく競馬してて初めて見ました。
それがまさか愛馬で起こるとは!です。
デビュー前はやたらと気性難と言われてましたが、デビューしてから特にそんな様子はなかったんだけど、ついにやらかしたかって感じです。

あと、逃走がはじまり、そのまま1周まわってくると思ったけど、そうではなくてポケットの方に逃げていったのも、ポケット奥の待機所でおとなしくなったのも、もしかしたら前走のことを覚えていたのかな?
てなると、今回の件でらちが怖いという意識がインプットされないことを祈ります。

とにもかくにも大事にいたらずに良かったです。

( ´∀`)/~~

クラブコメント

2/23 音無厩舎
■23日の京都競馬では馬場入りの際に放馬してしまい競走除外となりました。

「直前まで我慢できていたのですが、急にラチに突っ込んでいくように飛び跳ねて振り落とされてしまいました。
気をつけていたのですが、このようなことになってしまい申し訳ありません」
(菱田騎手)

「小倉に臨場していて放馬の瞬間は見ていないのですが、助手からの報告だとかなり突発的に飛んだようで、対処できなかったとのこと。
ラチをくぐろうとして軽い外傷もあるようなので、一度放牧に出させていただきます。大変申し訳ありませんでした」
(音無師)

今のところは軽い外傷程度とのことですが、トレセンでしっかりと馬体をチェックしてから放牧に出し、心身のケアをしていく予定です。

2014年2月22日 (土)

馬名決定!

2歳馬たちの馬名が決まりました!

◆ヴィートマルシェの12◆

アヴニールマルシェ
(Avenir Marcher)

「未来への行進」の意。素晴らしい未来、勝利を期待して。母名より連想。(仏語)


◆ハルーワソングの12◆

ベルディーヴァ
(Belle Diva)

「美しい歌姫」の意。母名より連想。(仏語)

◆グレイトグレイスの12◆

グラツィオーソ
(Grazioso)

「優雅に、気品を持って」の意を持つ音楽用語。母名より連想。(伊語)

3頭中2頭に「ヴ」がはいっちゃいましたが、みんなとってもいい名前になりました。
だいたい3頭いると1頭は…なかなかしっくり来ずに、はてさてどうしたもんか…てのが混じりそうなもんなんですが、今回はホントにみんないい名前です。

とくにとある理由でグラツィオーソはお気に入りです。

( -_・)?ん…何の理由か?
それはおいおい話しますよ(笑)

とにもかくにも
アヴニールマルシェ
ベルディーヴァ
マルツィアーレ
を今後ともよろしくお願いいたします。

他の馬で一番に気になった名前は

マイティースルーの12

マイティーハニー
Mighty Honey

なんだかキューティーハニーっぽい(笑)し、覚えやすいしなんかいい名前だなぁと思いました。


タテジマファミリーの兄弟たちは、

アダムスピークの弟くんはアダムスブリッジ(Adam’s Bridge)、ジャイアントリープとスタートレイルの下はブランダルジャン(Blanc d’Argent)となりました。

アダムスの弟がアダムスをかぶせてくるとわ!しかも馬名の由来に兄名より連想っちゅうのが入るとなると、もう応援しないわけにはいかないね(笑)

あと、みんな注目のシーザリオはクローディオ(Claudio)となりました。
なんかちょっと梅宮っぽい(笑)とにかく一口30万円の馬なので、皆さん名前覚えて応援してあげて下さい。

てな感じです。
( ´∀`)/~~

今週の近況

いよいよ2014年最初のG1ですね!!

タテジマの軸は…

タルマエ!

てなわけで、今週の近況ですが、明日の京都7レース、500万下ダート1800mにグレナディアーズが出走します。

新聞をみると、なんか人気どころが2頭、3頭いるようですね。

グレナの前走は、芝のスロー上がり34秒くらいのレースで直線完全にキレ負け…いや…そんな甘いもんやないすね…失速したか思うくらいだったから…なので、このダートがわりがいい方に出てほしい…いや、出てくれないと困ります。
鞍上は菱田くんになりました。まぁ、G1の裏開催ですからね。
菱田くんがタテジマファミリーの馬に乗るのは初めてですが、まぁ若手の中ではかなり有望株なので期待しましょう。


次に、ジャイアン。
やはりというか、なんというか…

…放牧です…

帰厩→翌週末出走→即放牧が完全に定着していますね…

確かに来週の御堂筋ステークス(阪神芝2400)にでると、中1週になるんだけど、その前に約2ヶ月くらいやすんでるからもしかしたらとは思ったんだけどなぁ…
やっぱり放牧か…

んで、これまた次の予定は「問題なければ、阪神開催の最後を目指して帰厩させたいですね」なんてのんきなことをいうとりますよ。┐(-。ー;)┌

次の阪神て2連続開催やで。

2ヶ月休んで、1走して、また2ヶ月間あけるつもりかい…
しかも番組を確認したらこれまた1800やし…

なんだかもう…て感じですぅ。

んで、弟のスタートレイルはというと…まだ脱北の気配がありません…
うーん( ̄ω ̄;)ピーンチ…

今週はこんな感じです。

◇◇クラブコメント◇◇

◆インペリアルマーチ◆

2/18 NFしがらき
■周回コースで軽めの調整を行っています。

「先週に引き続き周回コースでゆったりとしたペースで乗り込んでいます。馬体に傷みもなく問題ないようです。
以前よりもだいぶ落ち着いて調教に取り組めていますし、脚元も変わらず安定していますよ。
目指すレースに向けて緩めず動かしていきます。
馬体重は581キロです」
(NFしがらき担当者)

◆アダムスピーク◆

2/18 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「脚元は落ち着いており、坂路コースで乗り込みを継続しています。しかし、キャンターの力みは相変わらず感じられますので、まずはリラックスさせることを念頭に置いて、徐々に進めていければと思います。
馬体重は477キロです」
(NFしがらき担当者)

◆コメットシーカー◆

2/18 NF空港
■周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行い、週1日は屋内坂路コースでハロン18秒のキャンターを1本行っています。

「この中間から坂路コースでの調整をスタートしました。すでにハロン18秒台で登坂させていますが、問題はなさそうですよ。
本格的な乗り込みの第一歩を踏み出せましたので、今後も順次体調を見て乗り込んでいければと思います」
(空港担当者)

◆ジャイアントリープ◆

2/20 NFしがらき
■20日にNFしがらきへ放牧に出ました。

「先週はありがとうございました。
このクラスで足踏みする馬ではないだけに歯がゆい思いをしてきましたが、大事に使ってきたことで馬もだいぶしっかりしてきましたし、今年は飛躍の年にしたいですね。
レース後は特にダメージは見せていないのですが、荒れた馬場を走った後なので2400m戦を中1週で使うのはさすがに反動が怖いですし、短期で放牧に出して次走に備えることにしました。
問題なければ、阪神開催の最後を目指して帰厩させたいですね」
(村山師)

◆ステファノス◆

2/19 藤原英厩舎
■19日は軽めの調整を行いました。

「先週はありがとうございました。
開催後半で荒れてきた馬場は良さそうだと思っていましたが、さらに雪で力のいる状態になったのはこの馬にとってプラスでした。
もちろん、それだけではなく、道中スムーズに折り合って終いもしっかりしていましたし、使いつつの良化が見られるのはいい傾向です。
明日ぐらいから乗り出す予定ですが、乗った後の状態をよくチェックして、このあとのプランを検討していきたいと思います」
(藤原英師)

※ステファノスはしがらきに放牧にでました。乗った後の感じがいまいち良くなかったのかなぁ…
うーん(-""-;)わからん

◆グレナディアーズ◆

2/20 音無厩舎
■19日は栗東坂路で追い切りました。
(52秒0−39秒0−26秒5−13秒7)

20日は軽めの調整を行いました。

「水曜日は坂路でサッと時計を出しました。
先週かなりいいタイムを出しているので、今週は単走で脚色を確かめる程度。その分ラスト1ハロンは少し時計を要していますが、心配はいりませんよ。
馬体もできていますし、気合い乗りも上々。あとは、初めてのダートでどんな走りをしてくれるかですね」(東田助手)

23日の京都競馬(3歳500万下・ダ1800m)に菱田騎手で出走いたします。

◆スタートレイル◆

2/19 NF早来
■屋内周回コースでハロン20秒のキャンター調整を行い、週3回は坂路でハロン16秒のキャンター調整を取り入れています。

「馬体重は554キロと大型馬ですが、所々まだ弱さを持っている馬なので慎重に進めていかなければいけないと思っています。
これまでもなかなか思うようにいかなかったですし、じっくりと乗り込んでいますよ。
ジャイアントリープも勝ってくれましたし、時間をかけて良くなってきてくれるはずだし、辛抱強く接していきたいと思っています」
(早来担当者)

2014年2月16日 (日)

今日の結果

昨日の大雪の影響で開催が心配された今日の京都競馬ですが、無事に開催され、9レースつばき賞にステファノス、続く10レース琵琶湖特別にジャイアントリープが出走しました。

結果は…

なんと!

2頭とも優勝!!

でした\(^-^)/

同日の連勝は、去年のジャイアン・コメット以来2度目ですが、あの時は京都5レース未勝利・東京5レース新馬戦だったので、同じ競馬場の連勝は初体験でした。
しかも同一騎手で特別を連勝というおまけ付きです。
いやぁ興奮しました。

てなわけで、まずはステファノスから。

つばき賞は、過去の勝ち馬にダノンシャークやサトノノブレスがいるなかなかの出世レースだけあって、ブリランテの弟ゼウスバローズなどライバルもわりとそろった感じ。

パドックでのステファノスは相変わらずいい仕上がり。時折小走りもみせながらのいい感じで気合いものった感じでした。

レースは、抜群のスタートでしたが、前走と同じく徐々に馬群後方に…。
あら?またそういう作戦なの?と思いきや、後のジョッキーコメントでは、単に道中フワフワして下がっていっただけみたいです。

とわいえ、これまでの感じからは直線勝負では分が悪い。しかもライバルのゼウスバローズやハピネスダンサーは上がりメンバー最速を出してきてるやつら。

これはいかん…ヤバイっす…

と思って見ていたんですが、直線外に出すとなんと豪快に差しきってしまいました!

フワフワして行きっぷりが悪かったのですが、これがうまい具合に脚がたまったみたいです。
開催が進み馬場が荒れはじめている上の昨日の雪と今日の雨でしたので、トビが大きめのステファノスにとって道悪はどうなのかな?と心配していましたが、それ以上にパワーで上回っていたって感じですね。

レース後レクチャーで聞いた話ですが、藤原調教師もいつかはダートを使いたいと言ってるようですが、とりあえずダービーまでは芝みたいです。

いうても皐月賞なんて毎年今の淀なんか比べ物にならない荒れ馬場だし、ダービーもよく雨降るし、何よりやっぱりクラシックは夢の舞台ですからね。

ズバリ賛成です!

続いてジャイアンのレース。

パドック…うーん、ステファノスのウィナーズサークル見ていたので、ちゃんと見てません。
( ̄∇ ̄*)ゞ

パッと見、緩んだ感じはなくいい感じ。あと相変わらず目が怖い…(笑)

前のレースでステファノスが勝っていたこともあって、その興奮が冷めやらぬままだったので、ジャイアンのことをなんだか気楽にというか、無欲にというか、はんと見守るような気持で眺めていた感覚を覚えています…
レースの一周目の直線を過ぎるあたりまではね…(笑)

そのレースはというと、ポンッと好スタートをきって、あわや先頭に立ちそうなところを少し控えて3番手で進める形となりました。

しかし…

一周目の直線を過ぎるあたりから道中かかりっぱなしというか力みっぱなしというか…これが最後の直線入り口付近まで続くもんだから…

戦前の新聞では、道中タメが利けば…って感じだったんだけどさすがにこれでは消耗が…と思ったんだけど。

直線に入ると、内から一瞬のキレでさっと先頭に立つではないですか!

でも、先程までずっとかかりっぱなしだったから、その影響でどこかで脚が止まるんじゃないかと思ったのと、やっぱり内の方が芝が荒れてるのと、さっきのレースでステファノスが外から差しきってるのとで、もう祈るような気持ちで必死で応援してました!

しかーし、最後までしっかり伸びて、憎きトウシンモンステラの追撃を振り切り、最後は結構余裕の完勝でした。

ジャイアンは一回小倉のひどい道悪で負けてるけど、個人的にはこういう馬場は得意な方じゃないかと思ってたんでステファノスほどの心配はしていませんでしたが、こんなに鮮やかに勝ってくれるとは!でした。

しかも、これまでジャイアンより優遇されてきた感のある、憎きトウシンモンステラを直接対決で撃破したこともちょっとスカッとした気分になりました。

あと、レース後の話の中で、岩田騎手の話として、
なんでこの馬まだこのクラスにいるの?もっと上のクラスにいなければおかしいよ。
的なこと言ってくれてたようですし、また、菊花賞の前にも、
あれ?あの馬菊花賞にいかないの?なんで?
的なことを言ってくれてたようでした。

ほんま、そっくりそのまま村山ちゃんに聞かせたいところですが、一流ジョッキーにそんなことを言ってもらえて、こちらもまたちょっとスカッとした気分になりました。

もしかしたら、このまま岩田騎手が乗り続けてくれるかな?そうなったらいいなぁ。

馬の適性にあったレース選択と、騎手選択はほんま大事っすね!

これで同厩舎のライバルから自力で頭1つ抜け出したジャイアン。扱いも格上げされたらいいなぁ。
そしてクラス再編成までにさらに抜け出しておきたいところです。

がんばれジャイアン!
ヾ(≧д≦)b

てな感じで、大興奮嬉しさ全開の2連勝でした。

ちなみに今日のステファノスのつばき賞優勝が、タテジマファミリー2014年の初勝利でもありました。\(^o^)/

◇クラブコメント◇

◆ステファノス◆

■2/15 藤原英厩舎
15日の京都競馬では五分のスタートも行き脚がつかず中団後方を追走。そのまま直線で外に持ち出すと、一完歩ずつ差を詰め、きっちりと差し切って優勝。

「調教に乗せてもらった感じやこれまでのレースから、スパッと切れるタイプではないと思っていたので、もう少し前で進めたかったんです。ところが、いいスタートにも関わらず道中はフワフワして予定より後ろの位置になってしまいました。その分力まず折り合って進められたのが良かったようで、直線はいい脚を使ってくれました。今日のような馬場も合っていたようです。ありがとうございました」
(岩田騎手)

「あまり切れる脚がないタイプだけに、荒れてきている上に雪で力のいる馬場になったのはこの馬にとって非常にプラスでしたね。それにしても終いはしっかりと伸びてくれましたし、能力的には上位ですから、勝ってくれてホッとしました。
徐々に成長してくれていますし、このあとも楽しみです。まずはレース後の状態をよくチェックしてから今後のプランを考えます」
(藤原英師)

荒れた馬場がプラスに出たとはいえ、終いの脚は素晴らしいものでしたし、競馬を経験しながら徐々に力をつけてきていることがよく分かる勝ちっぷりでした。まだ伸びしろがある馬ですし、これからがますます楽しみです。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


◆ジャイアントリープ◆

2/15 村山厩舎
■15日の京都競馬では五分のスタートからかかり気味に先行。そのまま直線を向き、内ラチ沿いにしっかり伸びて優勝。

「馬場がかなり荒れていたのですが、そんなのはまったく関係ありませんでした。すごいパワーで、むしろ今日のような馬場がプラスに出たようですね。
かなり行きたがっていたので、道中もう少しリラックスして走れればさらにいいでしょうし、上のクラスでも楽しみです」
(岩田騎手)

「ひとつ前のレースで岩田騎手がキャロットクラブの馬で勝っていたので、続いてくれるといいなと思っていましたが、その通りになってとてもうれしいです。
昨年、大事に使ってきて馬も成長してくれていますし、これからが楽しみですね。今日はありがとうございました」
(村山師)

道中はすごい行きっぷりでハラハラしましたが、ジョッキーがうまく導いてくれて、最後までしっかり伸びて強い勝ち方をしてくれました。これからが充実期でしょうし、さらなる活躍が楽しみです。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

記念の写真

2014年2月15日 (土)

今週の近況 2月その2

今朝出勤途中に突然鼻血がでました…なかなかとまらなくてびびりました。
なんやろ?雪でテンション上がってたからかな?


てなわけで、早速近況です。

今週は、予定通りステファノスとジャイアンの2頭が出走!

と言いたいところですが、今日の積雪ではたして開催がどうなることやら…

ちなみに東京はすでに中止が決まり、火曜日に開催となっています。
土日月火と競馬があるのって珍しいですね。

てな状態ですから、あんまり力んで書いて中止だなんだってなったら嫌なんで、今日のところはさらっとクラブコメントにいくことにします♪

(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪

◆◆クラブコメント◆◆


◇インペリアルマーチ◇

2/12 NFしがらき
□周回コースで軽めの調整を行っています。

「先週金曜にこちらへ到着しました。
まずは周回コースを軽く乗りながら馬体のチェックをしていますが、今のところは問題なさそうですね。
予定のレースは決まっていますから、こちらでは緩めないようにしっかりと動かしていきたいと思います」
(NFしがらき担当者)

◇アダムスピーク◇

2/12 NFしがらき
□周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「先週後半から軽く乗り出していますが、今のところ脚元も落ち着いていますし、問題なく進められています。
ただ、まだ普段のキャンターから力みが感じられますし、もう少しリラックスして走れるよう、じっくりと取り組んでいきたいと思っています」
(NFしがらき担当者)

◇コメットシーカー◇

2/12 NF空港
□周回ダートコースでダクとハロン24〜25秒のキャンターを行っています。

「引き続き、周回ダートコースでの調整を問題なく消化できています。
継続的に乗り込むことで、徐々に体をしっかりしたものへと強化していきたいと考えていますので、じっくり調教を続けていければと思います。今後も少しずつ負荷を高めていきます。
馬体重は522キロです」
(空港担当者)

◇ジャイアントリープ◇

2/13 村山厩舎
□12日は栗東CWコースで追い切りました。
83.7 - 67.6 - 52.3 - 38.2 - 12.3
トウシンモンステラ(古1000万)一杯の内0.8秒先行同入一杯に追う(6)

13日は軽めの調整を行いました。

「水曜日はCWコースでしっかりと追い切りました。
先週の追い切りで動ける態勢は整っていたので、今週は長めから終い重点の予定でいましたが、そのとおりいい内容の追い切りができたと思います。
馬も成長してきてトモの緩さも徐々に解消されてきていますし、追い切りにもそのあたりが反映されていますね。
条件的にもぴったりですから、ここをスタートにして飛躍の1年にしていきたいと思います」
(村山師)

15日の京都競馬(琵琶湖特別・芝2400m)に岩田騎手で出走いたします。

◇ステファノス◇

2/13 藤原英厩舎
□12日は栗東CWコースで追い切りました。
84.7 - 68.0 - 52.6 - 38.4 - 12.2
アルキメデス(古オープン)馬なりの内0.6秒追走同入強めに追う(7)

13日は軽めの調整を行いました。

「水曜日はジョッキーを乗せてCWコースで併せて追い切りました。
まだシュッと切れる脚は使えないのですが、余力を残して終い1ハロン12秒2なら、力をつけてきている段階としてはまずまず合格点と言えるでしょう。
こういうタイプなので、荒れてきている京都の馬場も合いそうですし、外回りコースもプラス。体調面も変わらず順調に来ているので楽しみですよ」
(田代助手)
15日の京都競馬(つばき賞・芝1800m)に岩田騎手で出走いたします。

◇グレナディアーズ◇

2/13 音無厩舎
□12日は軽めの調整を行いました。
13日は栗東坂路で追い切りました。
(51秒6−38秒0−25秒2−12秒9)

「今朝は坂路で併せて追い切りました。
体重の軽いジョッキーが乗っていたこともありますが、こちらが思った以上に時計が出て驚きました。
乗った菱田によるとちょっと気合いが乗りすぎているところがあったそうなので、そこが課題でしょうか。今度はダートの1800mですが、スタートからずっと直線が続く芝の1600mより、コーナーが4つの方が息も入りやすいでしょうし、今朝の動きを見る限りは好勝負してくれると思いますよ」
(音無師)

23日の京都競馬(3歳500万下・ダ1800m)に菱田騎手で出走を予定しています。

◇スタートレイル◇

2/12 NF早来
□屋内周回コースでハロン20秒のキャンター調整を行い、週3回は坂路でハロン16秒のキャンター調整を取り入れています。

「乗り出してから少し経ちますが、ここまで段階を経て一歩ずつ進めるように調整を行ってきました。
坂路に入り出してからも一気にペースを上げるのではなく徐々に上げてきて、今週もまた一つ上げてハロン16秒のペースでの調教を取り入れていますよ。
ここまで不安がぶり返すことなく来れていますし、なんとかこのまま進めていきたいです」
(早来担当者)

2014年2月 8日 (土)

今週の近況2月その1

寒いねぇ!
ここ大阪も屋根にうっすら雪化粧。先週のポカポカの反動かっ。
てか、その雪の為東京開催は中止。淀は一応やるみたいだけど、さすがに客入らんやろね(笑)

まっ、関係ないけどね!
(`Δ´)

今週出走予定だったインペリくん、やはりというかなんというか…

……除外。

しかも、しばらく出るレースがないっちゅうて放牧…
あほか…

もう、何回目やねん…こんな感じで目標レースを除外されんの…

冬の淀なんてぴったりやと思いながら、はや何年…一度たりとも走ったことないしぃ…今日なんて凍結防止剤+湿り…絶妙のコンディションなのに…
┐(-。ー;)┌

さすがにぼやきたくもなりまっせ。
ついでにいうなら、府中は苦手だお!570キロを超えて好走したことはほとんどないお!
いい加減そろそろ気づいてちょーだいませ。

グレナディアーズの近況を見ても、来週と再来週を間違ったり…カレンダーの見方から勉強やなぁ…だから除外になるんとちゃうか(笑)

インペリくんがらみのぼやきはこれぐらいにして、次はジャイアンくん。

これまたいかにも予想どおりというかなんちゅうか、ここ数戦のパターンどおりに来週の出走にあわせて帰厩しました…


なんやねん!!
さんざん検疫がどうのこうのとかいうときながらめちゃくちゃ予定通りやんか…

こーれで、1戦してごちゃごちゃ理由つけて放牧に出した日にゃあ…
(`Δ´)

まぁ、これぐらいにしときまふ。
がんばれジャイアン!自力で道を切り開くのだっ!

今週はこんな感じ。

クラブコメント

◆インペリアルマーチ◆

2/6 音無厩舎
■5日は軽めの調整を行いました。
6日は栗東坂路で追い切りました(56秒1−39秒9−26秒7−14秒2)。

「除外権をひとつもっているのですが、登録段階で同じ条件の馬が多数いる状況でした。他の調教師とも話をしていたのですが、先週、今週と2週続けてダートの短いところがある中でこの混雑状況。決められた番組編成とはいえ、このような出走状況は本当に頭が痛いですね。
投票時点までは何があるかわからないので出走できる態勢を整えていましたが、状況に大きな変化はなく除外となってしまいました。
この後の番組を見てこの馬に合いそうな条件となると、先の阪神開催になります。ちょっと間隔が空いてしまいますし、このままトレセンに置いて調整していくよりは気持ちの面だけでなく脚元を考えても一旦しがらきで調整してもらうことにしました。
今回の除外で権利はふたつ持っているわけですし、さすがに次は問題なく向かえるはずですから、タイミングを見てトレセンに戻したいですね」
(音無師)

8日の京都競馬(すばるS・ダ1400m)に投票しましたが、非抽選除外となりました。
この後は7日にNFしがらきへ放牧に出し、3月15日の阪神競馬(ポラリスS・ダ1400m)を目標にしていく予定です。

◆アダムスピーク◆

2/4 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「先週こちらに戻って来てからはマシンで軽めに動かしながら状態の確認を行っています。
現状でどこかに大きな反動が出ていることはありませんが、ちょっと力みが目立つ状況です。
脚元など注意しなければいけないのは変わりありませんし、時間が経って疲れなどが目立ってくることもありますから、リラックスさせるようにじっくり慎重に進めていきたいですね」
(NFしがらき担当者)

◆コメットシーカー◆

2/4 NF空港
■周回ダートコースでダクとハロン24〜25秒のキャンターを行っています。

「この中間から騎乗運動を再開しました。
乗り運動を開始した後も変化なく進めることができていますし、ハロン24〜25秒台まで乗るようにしています。
今後もこの調子で状態面を見ながら負荷をかけていければと考えています」
(空港担当者)

◆ジャイアントリープ◆

2/6 村山厩舎
■5日は軽めの調整を行いました。
6日は栗東坂路で追い切りました(56秒8−41秒6−26秒6−13秒0)。

「先週末、無事帰厩しました。
来週、京都に芝2400m戦がありますので、そこを目標のひとつとしてNFしがらきでも乗り込んでもらっていましたから、緩んだ感じもなく乗り出すことができていますよ。
今朝は坂路でサッと馬なり程度の時計を出しましたが、非常にリラックスして走れていましたし、状態は良さそうですね。
これで、週末、来週と時計を出せばいい仕上がりでレースに臨めるでしょう」
(村山師)

15日の京都競馬(琵琶湖特別・芝2400m)に出走を予定しています。

◆ステファノス◆

2/5 藤原英厩舎
■5日は栗東ダートコースで追い切りました。

「競馬は来週を予定していますが、そこへ向けて順調に調整することができていますね。
今週の追い切りは馬場状態などを見ながらダートコースで岩田騎手を背に行いましたが動きは悪くなかったですし、その後の厩舎まわりの常歩も問題ありませんでしたよ。
様子を見ながら週末、来週と動かして態勢を整えていきます」
(荻野助手)

15日の京都競馬(つばき賞・芝1800m)に岩田騎手で出走を予定しています。

◆グレナディアーズ◆

2/6 音無厩舎
■5日は軽めの調整を行いました。
6日は栗東坂路で追い切りました(54秒8−40秒3−26秒1−13秒0)。

「帰厩から日が経っても状態は安定していますし、今朝の追い切りもスムーズに行えましたよ。
先週もお伝えしたように次の競馬はダートも視野に入れているのですが、番組を見ると来週に良さそうな条件がありますし、まずはそこから狙っていきたいと思います」
(音無師)

23日の京都競馬(3歳500万下・ダ1800m)に出走を予定しています。

◆スタートレイル◆

2/5 NF早来
■屋内周回コースでハロン20秒のキャンター調整を行い、週3回は坂路でハロン16〜17秒のキャンター調整を取り入れています。

「この中間も周回コースでの調教と坂路での調教も取り入れる日を設けたりとバランスを考えながら進めています。
馬体のコンディションは良い意味で変わりありませんし、この中間に調教をまたひとつ進めてみました。
ハロン16秒程度のペースで登坂し出しましたし、このあともこの順調さを維持していければ理想的と言えるでしょう。
馬体重は548キロです」
(早来担当者)

2014年2月 2日 (日)

2歳馬近況

2月になりました。

来週にはきさらぎ賞もあって、クラシック戦線もだんだん盛り上がってきますね。

キャロットからは去年のエピファネイアに続けとばかりに、今年もトゥザワールド、ハープスターというクラシック候補が誕生しました。
ハープスターについてはもはや誰も疑う余地無しですが、トゥザワールドも先週見たけど、太め残りでゆるかったから負けると思ったら、あれであっさり勝つんやもんね…強い。
いつかはこんな馬を持ちたいもんです。

いや、もう持っているかも!

そんな夢いっぱいの2歳馬たちの近況です。

□□クラブコメント□□

◇ヴィートマルシェの12◇

1/31 NF早来
■現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調教を行っています。
坂路コースで休まず乗り込みを継続してきたことで馬体は一段と逞しさを増してきました。常歩やキャンターではバネの利いたリズミカルな動きを披露しており、抜群の乗り味を感じることができます。
ここまで期待通りの成長を見せてくれていますので、この調子で進めていきます。
124

◇ハルーワソングの12◇

1/31 NF早来
■現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本の調教を行っています。
普段はおとなしいタイプですが調教では父の産駒らしく前向きなところを見せるようになってきましたが、これはいい傾向と捉えています。
厳冬期ですが柔らかみのある脚捌きで坂路を駆けており、調子の良さがひしひしと伝わってきます。
124_4

◇グレイトグレイスの12◇

1/31 NF空港
■この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m屋内周回ダートコースでキャンターを2周半の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17〜18秒のキャンターで2本登坂しています。
成長過程を見ながら徐々に負荷を高めていますが、問題なく対応してくれています。まだ動きに硬さは見られますが、この時期でもありますので致し方ない部分もあります。
今後もテンションや調教での動きを見ながら馬に合わせて進めて行く予定です。
124_3

(@゚▽゚@)
ほら、ヴィートマルシェなんか、かなり雰囲気あるでしょ。
今月には名前もつくし、楽しみだ!

(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »