« 今週の近況 2月その2 | トップページ | 今週の近況 »

2014年2月16日 (日)

今日の結果

昨日の大雪の影響で開催が心配された今日の京都競馬ですが、無事に開催され、9レースつばき賞にステファノス、続く10レース琵琶湖特別にジャイアントリープが出走しました。

結果は…

なんと!

2頭とも優勝!!

でした\(^-^)/

同日の連勝は、去年のジャイアン・コメット以来2度目ですが、あの時は京都5レース未勝利・東京5レース新馬戦だったので、同じ競馬場の連勝は初体験でした。
しかも同一騎手で特別を連勝というおまけ付きです。
いやぁ興奮しました。

てなわけで、まずはステファノスから。

つばき賞は、過去の勝ち馬にダノンシャークやサトノノブレスがいるなかなかの出世レースだけあって、ブリランテの弟ゼウスバローズなどライバルもわりとそろった感じ。

パドックでのステファノスは相変わらずいい仕上がり。時折小走りもみせながらのいい感じで気合いものった感じでした。

レースは、抜群のスタートでしたが、前走と同じく徐々に馬群後方に…。
あら?またそういう作戦なの?と思いきや、後のジョッキーコメントでは、単に道中フワフワして下がっていっただけみたいです。

とわいえ、これまでの感じからは直線勝負では分が悪い。しかもライバルのゼウスバローズやハピネスダンサーは上がりメンバー最速を出してきてるやつら。

これはいかん…ヤバイっす…

と思って見ていたんですが、直線外に出すとなんと豪快に差しきってしまいました!

フワフワして行きっぷりが悪かったのですが、これがうまい具合に脚がたまったみたいです。
開催が進み馬場が荒れはじめている上の昨日の雪と今日の雨でしたので、トビが大きめのステファノスにとって道悪はどうなのかな?と心配していましたが、それ以上にパワーで上回っていたって感じですね。

レース後レクチャーで聞いた話ですが、藤原調教師もいつかはダートを使いたいと言ってるようですが、とりあえずダービーまでは芝みたいです。

いうても皐月賞なんて毎年今の淀なんか比べ物にならない荒れ馬場だし、ダービーもよく雨降るし、何よりやっぱりクラシックは夢の舞台ですからね。

ズバリ賛成です!

続いてジャイアンのレース。

パドック…うーん、ステファノスのウィナーズサークル見ていたので、ちゃんと見てません。
( ̄∇ ̄*)ゞ

パッと見、緩んだ感じはなくいい感じ。あと相変わらず目が怖い…(笑)

前のレースでステファノスが勝っていたこともあって、その興奮が冷めやらぬままだったので、ジャイアンのことをなんだか気楽にというか、無欲にというか、はんと見守るような気持で眺めていた感覚を覚えています…
レースの一周目の直線を過ぎるあたりまではね…(笑)

そのレースはというと、ポンッと好スタートをきって、あわや先頭に立ちそうなところを少し控えて3番手で進める形となりました。

しかし…

一周目の直線を過ぎるあたりから道中かかりっぱなしというか力みっぱなしというか…これが最後の直線入り口付近まで続くもんだから…

戦前の新聞では、道中タメが利けば…って感じだったんだけどさすがにこれでは消耗が…と思ったんだけど。

直線に入ると、内から一瞬のキレでさっと先頭に立つではないですか!

でも、先程までずっとかかりっぱなしだったから、その影響でどこかで脚が止まるんじゃないかと思ったのと、やっぱり内の方が芝が荒れてるのと、さっきのレースでステファノスが外から差しきってるのとで、もう祈るような気持ちで必死で応援してました!

しかーし、最後までしっかり伸びて、憎きトウシンモンステラの追撃を振り切り、最後は結構余裕の完勝でした。

ジャイアンは一回小倉のひどい道悪で負けてるけど、個人的にはこういう馬場は得意な方じゃないかと思ってたんでステファノスほどの心配はしていませんでしたが、こんなに鮮やかに勝ってくれるとは!でした。

しかも、これまでジャイアンより優遇されてきた感のある、憎きトウシンモンステラを直接対決で撃破したこともちょっとスカッとした気分になりました。

あと、レース後の話の中で、岩田騎手の話として、
なんでこの馬まだこのクラスにいるの?もっと上のクラスにいなければおかしいよ。
的なこと言ってくれてたようですし、また、菊花賞の前にも、
あれ?あの馬菊花賞にいかないの?なんで?
的なことを言ってくれてたようでした。

ほんま、そっくりそのまま村山ちゃんに聞かせたいところですが、一流ジョッキーにそんなことを言ってもらえて、こちらもまたちょっとスカッとした気分になりました。

もしかしたら、このまま岩田騎手が乗り続けてくれるかな?そうなったらいいなぁ。

馬の適性にあったレース選択と、騎手選択はほんま大事っすね!

これで同厩舎のライバルから自力で頭1つ抜け出したジャイアン。扱いも格上げされたらいいなぁ。
そしてクラス再編成までにさらに抜け出しておきたいところです。

がんばれジャイアン!
ヾ(≧д≦)b

てな感じで、大興奮嬉しさ全開の2連勝でした。

ちなみに今日のステファノスのつばき賞優勝が、タテジマファミリー2014年の初勝利でもありました。\(^o^)/

◇クラブコメント◇

◆ステファノス◆

■2/15 藤原英厩舎
15日の京都競馬では五分のスタートも行き脚がつかず中団後方を追走。そのまま直線で外に持ち出すと、一完歩ずつ差を詰め、きっちりと差し切って優勝。

「調教に乗せてもらった感じやこれまでのレースから、スパッと切れるタイプではないと思っていたので、もう少し前で進めたかったんです。ところが、いいスタートにも関わらず道中はフワフワして予定より後ろの位置になってしまいました。その分力まず折り合って進められたのが良かったようで、直線はいい脚を使ってくれました。今日のような馬場も合っていたようです。ありがとうございました」
(岩田騎手)

「あまり切れる脚がないタイプだけに、荒れてきている上に雪で力のいる馬場になったのはこの馬にとって非常にプラスでしたね。それにしても終いはしっかりと伸びてくれましたし、能力的には上位ですから、勝ってくれてホッとしました。
徐々に成長してくれていますし、このあとも楽しみです。まずはレース後の状態をよくチェックしてから今後のプランを考えます」
(藤原英師)

荒れた馬場がプラスに出たとはいえ、終いの脚は素晴らしいものでしたし、競馬を経験しながら徐々に力をつけてきていることがよく分かる勝ちっぷりでした。まだ伸びしろがある馬ですし、これからがますます楽しみです。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


◆ジャイアントリープ◆

2/15 村山厩舎
■15日の京都競馬では五分のスタートからかかり気味に先行。そのまま直線を向き、内ラチ沿いにしっかり伸びて優勝。

「馬場がかなり荒れていたのですが、そんなのはまったく関係ありませんでした。すごいパワーで、むしろ今日のような馬場がプラスに出たようですね。
かなり行きたがっていたので、道中もう少しリラックスして走れればさらにいいでしょうし、上のクラスでも楽しみです」
(岩田騎手)

「ひとつ前のレースで岩田騎手がキャロットクラブの馬で勝っていたので、続いてくれるといいなと思っていましたが、その通りになってとてもうれしいです。
昨年、大事に使ってきて馬も成長してくれていますし、これからが楽しみですね。今日はありがとうございました」
(村山師)

道中はすごい行きっぷりでハラハラしましたが、ジョッキーがうまく導いてくれて、最後までしっかり伸びて強い勝ち方をしてくれました。これからが充実期でしょうし、さらなる活躍が楽しみです。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

記念の写真

« 今週の近況 2月その2 | トップページ | 今週の近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

クソ〜、二つとも単勝5,000円突っ込んどけば良かった( ̄∀ ̄)

くそ~(;一_一)先週

普段やらないパチスロ、パチンコやったら10万負けた

(´д⊂)


やはり競馬やね(笑)

ぽんちゃん

(´ψψ`)プッ

買ってたお

8000円づつ。

よしたん

じゅ…じうまん…

そのじうまんはワタスがステファ、ジャイアンをとおしていただきますた。

カネは天下の回りものっちうやつですね
(  ̄▽ ̄)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の近況 2月その2 | トップページ | 今週の近況 »