« 昨日の結果 | トップページ | 昨日の結果 »

2014年1月25日 (土)

今週の近況 1月③

いきなりですが、今週の近況です。

今週は明日の京都9レース、花見小路特別にアダムスピークが出走します。
しかも鞍上は福永騎手からルメール騎手に乗り替わりとなりました。

前走は1年9ヶ月ぶりの実戦でガツンとかかって残り100mあたりで力尽きたアダムスくんですが、ひと叩き効果と距離短縮でなんとか折り合って欲しいところです。

鞍上も新馬、ラジニケと連勝してくれたルメール騎手ということで、もはや言い訳のきかない背水の陣状態です(笑)
競馬ブックの本誌の見解に『現5歳トップレベルの実力』と書かれていますが、この見解に嘘偽りが無いことを祈ります。

あとは弥生賞でいじめられて植えつけられたトラウマが残っていなければ期待は満載なのですが、このレースには、うまともさんの出資馬ディアマイベイベーちゃんも出るので、これ以上のコメントはやめておきます(笑)

他の馬では、先週走ったグレナディアーズが予想どおり放牧にでました。

同じレースで走ったステファノスの方は、放牧に出ずに在厩のまま調整となりました。
藤原師のコメントからは、後手後手になってしまった前走もやはり意図があったような雰囲気ですし、まだまだ期待をしてくれてる雰囲気です。馬房も限られてる中で、『手元において様子見』というのが有難いですね。
ここは藤原流に任せてステファノスの成長をゆっくり見守るとしましょう!

今週はこんな感じです
(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪

■■クラブコメント■■

◇◇インペリアルマーチ◇◇

1/23 音無厩舎
□22日は軽めの調整を行いました。
23日は栗東坂路で追い切りました。
(55秒3−39秒5−25秒9−13秒5)

「追い切り日以外は角馬場でじっくり乗ったりプールに連れて行くこともしながら体を解すように心がけていますが、脚元の状態は平行線ですし、順調に進めることができていると思います。
今週は今朝時計を出しましたが、テンはジッと我慢して終いだけ少し伸ばす内容で、元々のイメージに近いものを行えましたね。
レースまでの期間を考えると来週くらいからある程度やっていきたいと思いますが、これまでもそうだったように全体の時計を早くしてテンからラップを刻もうとすると、馬自身がちょっと前半から飛ばし過ぎるようなところがあって終いがもうひとつと言うことがあります。今日のように前半からがっちりと固めていれば終いもしっかりと脚を使えますし、今後前半から負荷を強めていった際にどれだけ我慢が利いて終いに脚をつかえるかでしょう。
競馬までは本数を重ねつつよりいい状態にしていきたいですね」
(音無師)

2月8日の京都競馬(すばるS・ダ1400m)に出走を予定しています。

◇◇アダムスピーク◇◇

1/22 石坂厩舎
□22日は栗東坂路で追い切りました。
(52秒6−38秒8−25秒7−12秒9)

「一番注意しなければいけない脚元はしっかりとケアしながらではありますが、時間が経っても安定していますし、中間の調整も問題なく行えていますよ。
今朝の追い切りは一度競馬を使ってそれほど間隔が空いているわけではありませんからやり過ぎないように動かしています。
追い日以外に坂路で軽く動かしている際は行きすぎないように抑えると、トモ脚が前脚とくっつくんじゃないかというような元気が良すぎるくらいのフットワークですし、本当に力強くなってこちらは腕が痺れてしまうほどですからね。
久しぶりを使っての一戦ですので状態的にはより良くなっているでしょうし、あとは道中に前走ほど力まずに走ることができれば結果はついてきてくれると思います。
今回はルメール騎手で向かいますし、あとは彼に託したいと思います」
(大井助手)

25日の京都競馬(花見小路特別・芝1600m)にルメール騎手で出走を予定しています。

1/23 石坂厩舎
□25日の京都競馬(花見小路特別・芝1600m)にルメール騎手で出走いたします。

◇◇コメットシーカー◇◇
1/21 NF空港
□ウォーキングマシンでの運動とトレッドミルでハロン22秒のキャンターを行っています。

「この中間もトレッドミルとウォーキングマシンを併用しながら騎乗運動再開に向けての下地作りを行っています。
体調面は引き続きいい状態で推移していますし、継続して調教メニューを消化できている点は好印象です。
今後も復帰に向けて進めていきます」
(空港担当者)

◇◇ジャイアントリープ◇◇

1/21 NFしがらき
□周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。

「周回コースと坂路で軽めの調整を中心にしていますが、脚元を含め状態は安定していましたので週1回は坂路で15−14を取り入れています。
調教師からは今週や来週の検疫を見ながら帰厩を考えていきたいと聞いていますし、スムーズに対応できるようにしっかりと調整していきます」
(NFしがらき担当者)

◇◇ステファノス◇◇

1/22 藤原英厩舎
□22日は軽めの調整を行いました。

「阪神で勝った時は少し強引に進めてでも結果を出さなければいけないポイントでしたし、そのような競馬をしましたが、今回ももちろんいい結果を目指してではあったもののそこまで押していくことはしませんでした。
現状の走りを見るとちょっと母系が強く出てジリジリっと脚を使うところがあるのでもう少し違った位置取りや条件と言うことも考えるところがないわけではありませんが、やはり先々を考えると勝った時のような強引な競馬ばかり続けているわけにはいきません。
厩舎としてもどのレースにしろ勝つことが一番ではありますし、今回の結果はもちろん満足していないものの、まずは現状のこの馬の走りをして、無事に厩舎に帰ってくることが大事。その繰り返しがなければ成長も促せませんし、3歳のこの時期ということを考えても経験から得られるものが大きいですからね。
レース後の状態も脚元に異常はなさそうですし、まずは手元に置いて様子を見ていきます」
(藤原英師)

◇◇グレナディアーズ◇◇

1/22 NFしがらき
□22日にNFしがらきへ放牧に出ました。

「一度使って、なおかつ調教で動かしてきたこともあってか体は絞れて来ていましたし、その面は良かったのですが、レースに行ってその分気持ちが入り過ぎてしまったのかもしれませんね。
流れもスローでハミを噛むようなところが見られましたからね。それでももう少し格好はつけてほしかったところはありますが、今後使いつつさらに適性がハッキリしてくるでしょうし、まだ経験が浅い分これと断定せずに進めていきたいですね。
デビューから続けて使いましたし一度放牧に出して心身のリフレッシュを図りたいと思いますが、現状ではここと決めずにしがらきでの状態を見つつ次の競馬を考えていきたいですね」
(音無師)

◇◇スタートレイル◇◇

1/21 NF早来
□屋内周回コースでハロン20秒のキャンター調整を行い、週3回は坂路調教を取り入れています。

「少し前まではコースを主体にしてじっくり乗っていましたが、その後も変わりなさそうに見せていたので、この中間からまたひとつ進めています。
現在は坂路にも入り出しており、少しずつですが乗りの内容を濃くしていますよ。
馬体重が548キロと騎乗調教を進めた分いくらか絞れているものの、大柄なのは間違いありませんし、今後も気を付けながら動かしていかなければいけないと思っています」
(早来担当者)

« 昨日の結果 | トップページ | 昨日の結果 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の結果 | トップページ | 昨日の結果 »