« 北海道遠征記その3 | トップページ | 北海道遠征記 その5 »

2013年12月 5日 (木)

北海道遠征記その4

ホテルの朝食は、和洋両方ありのバイキング。

なぜかホテルのバイキングは洋が好きなタテジマ、パン、ベーコン、ソーセージ、スクランブルエッグ、サラダ、ヨーグルト、フルーツ、コーヒー、牛乳を選んでお腹いっぱい食べました

そして9時にホテルを出発

まず向かったのは!

なんと!

またまた社台スタリオンステーション(笑)

ノーザンホースパーク以外の行き先を特に決めていなかったので、車に乗り込んで行き先を協議している最中、車のラジオから現在工事中の札幌競馬場が一部本日オープンで、行くと先着でトートバッグがもらえるって情報が流れてきたので、そちらに行っても良かったけど、初日のスタリオンステーション見学は厩舎見学だったので、放牧地の馬も見てみたいということで、短い協議の結果再びスタリオンステーションに行くことになりました。

スタリオンステーションの一般見学用入り口に到着すると、道をはさんで反対側、たぶんノーザンファーム早来の放牧地にも、この時間は馬が放牧されてました。

こちらも眺めたかったんですが、一瞬に行ったやつらの、見てもどこのだれかわからん馬よりまずは種牡馬という身も蓋もないミーハー意見に押しきられ、とりあえずこちらは後回しにして、まずはスタリオンステーションへいきました。

そこでは、もちろん暴君ハーツクライはいるはずはなく(笑)
キンシャサノキセキ
ディープブリランテ
キャプテントゥーレ
ディープインパクト
シンボリクリスエス
が放牧されてました。
あっ、あとディープインパクト専属警備員のおっちゃんもいました(笑)
(なんか抜けてたらすいません!
あっ!抜けてるてワタスの髪のことじゃないよ!)

厩舎で間近に見るのもいいですが、放牧地で見る馬もやっぱりいいですね。

で、スーパースターのディープインパクトはというと…

昨日案内してくれたお姉さんのいうとおり、遠くのすみっこにいました(笑)

わかります?遠くのちっちゃーいの。わからんよね。とりあえずお姉さんの言ってたファンががっかりして帰るというのはわかりました。

昨日のような最後の追い込みがないかと期待し、しばらくディープをみているとスタスタとこちらに向かって歩き出しました。半分くらいまできた時に、一緒に来た友人がディープの動きに気付き、隣のクリスエスの見学台からバタバタと走ってきました。 それに気づいたのかたまたまなのかはわかりませんが、ディープは向きを変え、今度は最初にいたのと反対側の遠くのすみっこ目指してスタスタと歩いていってしまいました。

結果それが幸いして、ディープがそのすみっこで柵から頭を出していると、隣の放牧地にいたディープブリランテがスタスタとディープの方に近づいていき柵から頭を出しました。

お互いわかってるのかどうかは知りません…てか、多分わかってないと思いますが、ディープ親子の対面にちょっと感激しました。

で、スタリオンステーションの見学を終えて、先ほど放牧中の馬が見えたノーザンファームの方にいってみると…
あれ?うまがいない
?!(・◇・;) ?

よくよく見ると、これまた遠くのすみっこにみんなでかたまってしまってました。
┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

しまった…さっきはめちゃくちゃ近くにいたのに、素人の意見聞くんじゃなかった…先に見とくべきだったとちょっと後悔。

しばらく眺めていましたが、こちらに来る気配がないので、さらっとあきらめてノーザンホースパークに向かうことにしました。

ホースパークへの道中、牧場があって、馬が放牧されていたので、馬をびびらせないようにそっと車をとめて1枚

途中、牛の牧場もありました。和牛みたいな牛の子牛もみましたよ。
車をとめると、こちらを無視して草をはむ馬と違い、牛は全員こちらを向いて、なんなら威嚇してくる始末。
牛こえぇ((((;゜Д゜)))

そんなこんなでノーザンホースパークに到着したのはお昼前でした。
ホースパークは冬季営業ってことで残念ながら入場無料となっていました。キャロット特権ひとつ使い損ねたぜぃ(笑)

到着後丁度いい時間なので、まずはお昼ごはんにしました。

お昼はパーク内のレストランで、はやきた牛ハンバーグを1800円をたべました。

値段はちょっと高かったけどやっぱり美味しかったっす。

ただ、食べてから、ついさっき早来の近くで見た子連れの牛のことをちょっと思いだしました…はやきた牛…よもややつらの仲間では…
(-人-)合掌


昼食後は、いよいよ今回のツアーのメインイベント、トライアンフマーチとの再会です!

ノーザンホースパークのブログを読んで、トライアンフと会いたいから北海道ツアーを決めたみたいなもんですからね。

前日の牧場見学の際、案内してくれたお姉さんから、トライアンフは3号厩舎にいるよと教えてもらっていたので、レストランを出たあとは、ほかの施設にはめもくれず足早にトライアンフがいるという3号厩舎に向かいました。

厩舎に入り端から1頭1頭を確認…おっ!デルタブルース…違う…おっ!アロンダイト…違う…違う…違う…おっ!フォゲッタブル…

そして振り返ったとき、一瞬見えた流星を見逃しませんでした!

(。゜ω゜) ハッ!

いた!間違いない!

厩舎内なので興奮を抑えつつ、ゆっくりと流星が見えた馬房にいくと、そこにいたのはまさしくトライアンフマーチでした。

最終話に続く

« 北海道遠征記その3 | トップページ | 北海道遠征記 その5 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

(^人^)タテジマ隊長のお腹の中で成仏してくらはい!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道遠征記その3 | トップページ | 北海道遠征記 その5 »