« 今週の近況12月その3 | トップページ | 1歳馬の近況 »

2013年12月24日 (火)

昨日の結果

2013年の中央競馬も終わりましたね。

昨日負けたので
「倍返しだっ!(`・ω・´)」
とリベンジに今日もいそいそと仁川にいったんですが、返り討ちにあいますた。
o(;>△<)O


今日当たったのは9レースとメインレースと最終。

9レースとメインはどちらもキャロ馬がらみです。

とくにメインレースは万馬券だったので、それまでのボロ負けからやや負けくらいまで復活できました。

ありがとーリアルインパクトくん。
追っかけ続けて良かったぜぃ。

ただ、もう少し信心があれば3連複、少なくとも馬単はいけたなっ…それが心残りっすね。

まぁ欲張りはやめとこ。

リアルインパクトの出資者さん、おめでとうございます。


しかし昨日の有馬記念、オルフェーヴル見事でしたね。
復活した池添くんとのコンビも最高でした。

しかしまぁ強かった〜

オルフェーヴルが4角で上がってときは、阪神競馬場でも大盛り上がりでしたよ。

直線ぶっちぎったときはまさに拍手喝采でした。

多分オルフェーヴルを買った人も買わなかった人もみんなが笑顔だったと思います。

それがスーパースターホースなんですよね。

最終レース後、阪神競馬場でも引退式が中継されました。

もちろん残ってみましたよ。

なんかそのまままた走りだしそうな雰囲気でしたね(笑)

ディープの時はなんか涙出そうになったけど、今回はなんか笑顔で中継を見てました。

ちょっと暴れて馬服着せられなかったことなど、さすがオルフェーって感じでしたね。

タテジマがオルフェーを初めて見たのは、シンザン記念でした。
まだまた有名な馬ではなかったから全く注目していなかったんですが、パドック見て、あれ?この馬いい馬だなぁって思って軸にしたっけ。ただここまで強いとは全く思いませんでした。

こりゃすごいなぁ。って思ったのはダービー中継での返し馬の時でした。
自分でもへんな瞬間だなと思いますが、すごい道悪だったので、こんな馬場いけるのかとオルフェーのフットワークのみを見ていたから…その時にいやいやいやすごいバネやなと。

秋は、神戸新聞杯、三冠の菊花賞とフレールジャックと一緒に走ったので、目の前で化け物っぷりを見せつけられました。
とにかく4角での加速の次元が違いました。

そういえば、菊花賞でも勝ったあと池添くんを振り落としてましたよね(笑)

まぁこの他にもオルフェーの思いでは色々ありますが、まぁこれくらいにしておきます。

とにもかくにも
お疲れ様。オルフェー

いつかオルフェーの子供に出資したいです。

てなわけで、ながながと前置きをかいたのですが、もうお気づきですね。

ええ、ジャイアンもインペリも負けました。

ジャイアン3着、インペリ10着です。

まぁなんちゅうか…不完全燃焼ですわ…
┐(-。ー;)┌

今回乗ったキタムラくん、馬群で折り合いを教えたかった的なことを言ってましたが、それはわかるとしても…あのペースでの道中の位置取りもかなりイライラしたし、あげく、今の外伸びの阪神で内をついて、道中でジャイアンより前に位置していた馬に負けると…
そういえば、春も内しか伸びない淀で外外まわして負けてたよね。

こういうね。調子含めて力量的に不利なく立ち回ればおそらく勝てたと思われるレースをね、馬のせいではなくて、位置取りやコース取りのロスでおとされるとね。正直たまらんす。
o(*≧д≦)o″

インペリにいたっては話にならん…

ただ、インペリの場合はそれ以前の問題かもしれんけど…

返し馬もちゃんとできんようじゃねぇ…あそこまでテンション上がらんように上がらんようにして、逃げ粘ってなんぼの馬が逃げずに、内で窮屈に走らされて、あげく直線も内でなにもできない。

久しぶりにレース中一声も出ませんでした。

今まで馬券圏内を外したことの無かった阪神で、初めてボロ負けしました。

正直これで引退なのかなぁと思って見てました。

しかーし、レース後はまた放牧です。

引退ではなさそうだけど…体重増える→脚元に負担がかかる→メイチの調教できない→レース後すぐに放牧にだす→体重増える→の悪循環。
(´-ω-`)うーん…強いインペリはもう見れないのかも知れないね。

てな感じでタテジマファミリーの2013はしりすぼみに終了したのでした。


クラブコメント

◆インペリアルマーチ◆

12/22 音無厩舎
■22日の阪神競馬ではまずまずのスタートから無理せず中団の内でじっくり進める。
勝負どころでやや窮屈になりポジションを上げられないまま直線を向き、最後は脚を見せたものの10着。

「今日は返し馬から落ち着いていて、スタート後もスッと収まりがついていました。
一度使ってもっと行きっぷりが良くなっているだろうと思っていたのですが、折り合えるにこしたことはありませんし、道中はそのまま進めました。
ただ悔やまれるのが勝負どころでうまく捌けなかったことです。あそこでスムーズに進出できていればもっといい走りができていたはずです。
もう少し外目の枠からの競馬ならまた違ったでしょうし、今日はいいレースができず申し訳ありませんでした」
(北村友騎手)

「馬体の仕上がりは良く見えましたが、ビシビシと仕上げていない分まだ中身ができていないようで、本来の行きっぷりが見えませんでした。
トビの大きな馬なので、内枠だとスムーズにスピードに乗らないということもありますね。
包まれて苦しい形になりながら最後まで頑張ってくれましたし、またこれで良くなってくれるでしょう。
休み明けを2度使いましたし、脚元のこともあるので、ここでひと息入れてあげたいと思います」
(音無師)

今日は内枠が災いしてすんなりと先行できず苦しい競馬になってしまいました。
ただ、直線は脚があるところは見せましたし、使いつつの上昇に期待したいと思います。
このあとは馬体をチェックして一度放牧に出す予定です。

◆ジャイアントリープ◆

12/22 村山厩舎
■22日の阪神競馬ではまずまずのスタートから中団後方でじっくり構える。
勝負どころから徐々にポジションを上げて、直線は内目に進路を取るとしっかりと伸びて3着。

「今日は馬の後ろで我慢させる競馬をしようと思っていました。
久々に加え、前走1800mで出していっている分、やや行きたがるところはありましたが、道中はほぼ思ったとおりのレース運びができたと思います。
4コーナーあたりからかなりごちゃついていたこともあって内へ進路を取りましたが、脚は溜まっていたので外に持ち出せていればまた違ったかもしれません。
本質的にこのぐらいの距離はいいと思いますから、折り合いを覚えていけば先々が楽しみです」
(北村友騎手)

前走から放牧を挟み、距離を延ばしての一戦だけに、折り合いに気を使うところはありましたが、スムーズに進められて終いの伸びも上々でした。
上のクラスで戦っていくことを考えれば今日のような競馬を経験していくことは大切ですし、今後につながる内容だったと思います。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

« 今週の近況12月その3 | トップページ | 1歳馬の近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の近況12月その3 | トップページ | 1歳馬の近況 »