« 馬選び佳境です | トップページ | 今週の近況 9月その2 »

2013年9月11日 (水)

応募しました

キャロットの1次募集、悩んだ末、今朝がたようやく申し込みました。

いやぁ土壇場で悩んだ悩んだ…

で、結局申し込んだのは

最優先
ヴィートマルシェの12

一般
ハルーワソングの12
グレイトグレイスの12
ミーⅡの12

です。

最後何を悩んでいたかというと、初めは最優先ヴィートマルシェだけは決めていたので、一般候補のプンティラ、リリサイド、グレイトグレイス、ミーの中からどれをはずそうかというのを考えていました。

で、この4頭を何回も何回も見直してるうちにだんだんどうでも良くなってきて、

もうめんどくさい…どうせならザリオ単騎にしちゃおうか?

って思ってからが長い戦いになったのです。

せっかくのバツイチ権利を持っているからには普通なら避けて通らなければならない馬にあえて行きたいという気持ちがあるので、最優先候補はどちらも母馬優先があり普通ならいけないヴィートマルシェかシーザリオのどちらかにしか行く気はありませんでした。

で色々考えた結果、最優先候補はマーチ一族×ディープという好き×好きというなんとも魅力的血統のヴィートマルシェってって決めました。
でも心のどこかで関東馬×藤沢ってのがしっくりきていませんでした。

なぜか?

正直嫌いなんすよ…藤沢が…

藤沢調教師はあんまり評判よろしくないのはネットでみていました。
たしかにあのゴルトブリッツをダートで走らせることなく未勝利で引退させるくらいの素晴らしい調教師ですからね。でも個人には被害があるわけではなく、単に昔から好きじゃないんですよ。
まぁ関西人タテジマの一方的な言いがかりみたいなもんなんですけどね。
例えるなら巨人が大キライ!生理的に無理!ってのと同じ感覚です。

で、ならばザリオ単騎で!って思ったんだけど、こちらも正直ひっかかる。
あと1センチ管囲があれば…もう少し繋が柔らかければ…ましてや未知のハービンジャー。
それでも20万くらいなら…。
それならば多分最初にいってましたよ、スパッと。でもやっぱりひっかかって一度はやめたんですよね。

50万や100万予算ある人ならともかく、タテジマ的には30万は一撃で予算オーバーなんですよね。
気づいたリスクに目をつぶって飛び込むには大きすぎる金額なんですよ30万は。
もし、なにかあればって考えたら怖くて。

以前、グローリーが募集された時も別格やなぁって思いながらも、募集当時から500キロを超える馬体重が怖くて行けなかった。
ほんとただそれだけでやめた。

結果、グローリー強い強い…走る走る…参ったねって感じでした。

今回も歴史は繰り返すってやつかもしれません。
正直グローリーほどのインパクトは個人的には感じることはできなかったとはいえ、いうても今回のザリオも相当馬体がいいのはわかっています。もうちょい脚が長いくらいの方がすきですが、でもいかにもザリオって感じの体型ですし。あのエピファネイアの活躍を見ればね。文句なし。

エピは、あれはクリスエス産駒ってことで、あの好馬体を3割引くらいの色眼鏡で見てたタテジマの完全敗北です。

でもね…今回のザリオはね…いいんだけどね…歩かすとね…硬いのよ…前の繋が…立ち気味なのよ…あら探しみたいなもんかも知れないけどね…気になるのよ…

タテジマ、過去に目をつぶって飛び込んだ馬がいました。アダムスピークです。
結果あのゴールドシップをおさえてラジニケを勝つも、結局は屈腱炎で休養を余儀なくされています。

なのでザリオのそれが納得できるかどうか何回も何回もDVDを見ました。ほんと何回も何回も。

そして見てしまうと迷ってしまうからあえて封印していたツアー情報や募集馬評価などネット情報を色々調べてみました。

悩みまくっている間に夜はふけ、午前2時をかるくまわっていました。

あかん…はよ寝な…起きられん…もうどうでもいいわ…初志貫徹作戦でいいわ…ってだんだん思ってきました。

初志貫徹作戦

それはまだ何も決まってない募集馬リストも来ていない頃、今年の活躍を期待していたトライアンフマーチ屈腱炎再発での引退、フレールジャックの安楽死というのを立て続けにくらってしまいました。
で、その頃なんとなくですが、もしマーチの近親のヴィートマルシェとフレールの下となるハルーワソングが募集されたら、これも何かの縁だから無条件でいこ♪って思ったのを思い出しました。


てなわけで、まずヴィートマルシェとハルーワソングへの出資を決めました。

あとは一般候補の4頭のうちからネット見ていて評価の高かったミーⅡ、と牡馬でトライアンフマーチと同じスペシャルウィーク産駒のグレイトグレイスを選びました。おもいの他あっさり。

少なくとも一般候補のうちミーⅡとハルーワソングは申込中間発表で名前出てきてたので、恐らく大抽選会だろうから落選覚悟の申し込みです。

最後に突然でてきたハルーワソングですが、ここまで候補にあげていなかったのは、母ハルーワソングが高齢なので無条件で候補からはずしていたからです。

そんな感じで今年の申し込み馬を決めました。
申し込みが終わった時にはすでに午前3時をまわっていたような気がします。

てなわけで、今年の1次申し込みは、
関東馬への申し込み
高齢母への申し込み
と自分ルールを2つも曲げる申し込みとなりました。
しかも最後は縁だの親戚だの兄弟だのって感じで決めてしまいました。

ま、たまにはこんな決め方もあっていいでしょう。

あとはホントに縁があれば当たるはずです。

ヴィートマルシェはバツイチ権利を持ってるから結構楽観視してるんですが、もし落ちたらショックだなぁ。
中間発表での人気は値段的な問題かマルシェ>ザリオだから、ザリオにしときゃ当たってたかも!て思うだろうなぁ。しかも走られた日にゃ(笑)

ま、そのときはそのとき。精神を守るためにしこたま単勝馬券を買って応援しますよ。


それに落ちたら来年に向けて最強バツ2権利を持つことになるからそれはそれでまぁええかなぁとも思います!

いいっすね。この前年度最優先落選優遇制度。落選のショックがかなり和らぎます。

ちなみに落ちたときの1.5次候補は、まだ残っていればですが、まさに一か八かの賭けレーヴディマンです。
10万くらいやったら1次でいってたねっ!

てなわけで土壇場でかなりバタバタしましたが、悩める日々がようやく終わりました。

さぁ今日は早く寝よぅ
ではまた( ´∀`)/~~

« 馬選び佳境です | トップページ | 今週の近況 9月その2 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 馬選び佳境です | トップページ | 今週の近況 9月その2 »