« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月29日 (木)

今週の近況

今日キャロットの1歳馬募集のカタログが届きました!


((o(^∇^)o))

早くDVD見たいので近況はちゃっちゃと終わらすよ(笑)

今週は小倉でジャイアントリープが出走します♪

前走後のコメントでジャイアンは小倉が苦手!と言っていたキタムラくんから松山くんに騎手も変わります♪

台風の影響で多分道悪だろうし、上がりのかかる競馬になれば、普通に回ってくればなんとかなるんじゃないかと思っています。

勝って菊への滑り込みに望みをつなぎたいところです。

あとコメットシーカーも帰厩しましたよ!

今週はこんな感じっす!

じゃ( ´∀`)/~~

◆インペリアルマーチ◆

8/27 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「この中間もトレッドミルでの調教を進めています。
徐々にペースを上げてきていますし、騎乗調教をしていなくても馬体は張りがあっていい雰囲気です。脚元も引き続き落ち着いていますね。
ここまでは予定通り順調そのものですから、このまま復帰に向けてしっかりと進めていきます。
馬体重は590キロです」
(NFしがらき担当者)

◆アダムスピーク◆

8/27 NF空港
■屋内坂路コースで軽めのキャンターを中心に、日によってハロン15〜16秒のキャンター1〜2本を取り入れています。

「先週と比べて状態が大きく上向いたという感じはありませんが、ハロン15秒程度の調教をコンスタントに取り入れても堪える様子はありませんし、順調に進められていると言えるでしょう。
引き続き本数を重ねていって、より動きがしっかりとしてくるようにしたいですね」
(空港担当者)

◆コメットシーカー◆

8/27 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「この中間も順調に乗り込めており、坂路では終い15秒ぐらいまで脚を伸ばしています。じっくり進めてきて体調もいいですし、騎乗調教を増やしてきて動きはだいぶしっかりしてきましたね。
そう遠くない段階で帰厩ということになりそうですし、こちらもそのつもりで進めていきます。
馬体重は493キロです」
(NFしがらき担当者)

8/29 藤原英厩舎
■29日に栗東トレセンへ帰厩しました。

◆ジャイアントリープ◆

8/29 小倉競馬場
■28日は小倉ダートコースで追い切りました。
29日は軽めの調整を行いました。

「間隔が詰まっているので、水曜日はダートコースで終いだけサッと強めに追い切っています。
馬の少ない小倉コースでの調整とあってスムーズな走りができているとのことですし、久々を一度使って状態は上向いていますし、ひと叩きしたことでもう少し道中の追走も楽になるのではないでしょうか。
小回りコースでも乗り方ひとつでしょうし、1000万下では力は上だと思っていますから、ここはなんとかしてもらいたいところです」
(村山師)

31日の小倉競馬(玄海特別・芝2000m)に松山騎手で出走いたします。

◆ステファノス◆

8/27 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「この中間もじっくりと乗り込んでいます。
体調面はまだ良化の余地がありますが、暑さが落ち着いてきたので、ここからは楽になってくるでしょう。
蹄の状態も安定していますから、緩めずに動かしていきたいと思います。
馬体重は493キロです」
(NFしがらき担当者)

◆グレナディアーズ◆

8/27 NF早来
■現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。
もともと大柄な馬格の持ち主ですが、調教を継続してきたことにより必要な箇所にしっかり筋肉を纏い、張りのあるより雄大な馬体に成長してきました。
ハロン15秒のペースでも疲れを見せることなく登坂することができているように基礎体力も備わってきましたし、メンタルの面もだいぶ進歩が見られます。
この調子でさらなるレベルアップを目指していきます。

◆スタートレイル◆

8/27 NF早来
■現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本の調教を行っています。

背中に跨ると馬体にまだ緩さを感じるところがありますので、じっくり様子を見ながら調整を行っています。
兄ジャイアントリープや近親ギュスターヴクライも勝ち上がりは年明けだったようにじんわり力を付けていく血統ですし、日頃の調教の動きから兄と遜色ない能力を秘めていると感じていますので、ここは焦らず大事に進めていきたいと思います。

ε=ε=(/*~▽)/
さあDVD、DVD♪

2013年8月25日 (日)

今週の近況

今週の近況アップするの忘れてました
(´▽`;)ゞ

今週の出走はありませんよ。

てか、風邪ひいて喉に激痛が走ってました。お医者で薬いただいてなんとか押さえ込み成功って感じです。
┐(-。ー;)┌


◆インペリアルマーチ◆

8/20 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「先週に引き続き、トレッドミルでの調教をしっかりと行っています。

脚元は安定していますし、特に気になるところはなく順調に進めることができています。体調も安定していますし、予定どおりメニューを消化することができています。このまま騎乗調教に向けてしっかりと体を動かしていきます」
(NFしがらき担当者)

◆アダムスピーク◆

8/20 NF空港
■屋内坂路コースで軽めのキャンターを中心に、日によってハロン15〜16秒のキャンター1〜2本を取り入れています。

「この中間からは坂路で日によって2本登坂させるようにしていますが、状態は変わらず安定していますし、いいですね。
運動を制限していた期間を考えるとまだこれから本数は必要になるでしょうが、脚元は引き続き安定していますからこの調子で進めていきたいですね」
(空港担当者)

◆コメットシーカー◆

8/20 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「先週後半から騎乗調教をメインにして進めています。
まだバリバリとペースを上げているわけではありませんが、順調に負荷を強めることができていますし、馬体の雰囲気も悪くありません。厩舎サイドとも移動時期の相談をしながら進めていきます」
(NFしがらき担当者)

◆ジャイアントリープ◆

8/22 村山厩舎
■21日、22日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は残念でしたが、久々で馬体も増えていましたし、使ってから良くなりそうな状態ではあったので、これで次は変わってきてくれるはずです。
広いコースの方が力を発揮できるタイプではありますが、叩いたことでもう少しすんなり行き脚がつけば対応もできるでしょうし、中1週の競馬も視野に入れて小倉に滞在させています。
あくまでも馬の状態次第ですが、一応来週の特別登録はさせていただくつもりでいます」
(村山師)

31日の小倉競馬(玄海特別・芝2000m)への出走も視野に入れています。

◆ステファノス◆

8/20 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「蹄の状態は落ち着いていますし、大きな心配はいりませんが、引き続き慎重に乗り進めています。まだ暑さが厳しく、体調面はまだ本物とは言えませんが、カイバ喰いが悪いわけではありませんし、周回、坂路と軽く乗りながら良化を促しているところです」
(NFしがらき担当者)

2013年8月20日 (火)

昨日の結果とぼやき

昨日の小倉競馬、ジャイアンは4着に敗れました。
それについてちょっとぼやかして下さい。

いきなりですが、次の数字なんだかわかりますか?

①1.01.7-1.49.2
②58.6-1.47.7
③1.00.1-1.47.9
④1.00.9-1.49.4
⑤59.4-1.47.2

答えは今週の土日に小倉で行われた
①1800m牝馬限定2歳未勝利の1000m通過と勝ち時計
②2000m3歳未勝利の1000通過と1800通過ラップ
③1800m3歳未勝利の1000m通過と勝ち時計
④1800m2歳新馬戦の1000m通過と勝ち時計
⑤2000m500万特別の1000通過と1800通過ラップ

です。

で、我らがジャイアンの走った900万特別の1000通過と勝ち時計はというと

1.02.0-1.47.6、レースの上がりが33.8

どうよこれ。

このラップと勝ち時計と上がり!

1000の通過タイムがこの中で一番遅いやん…古馬900万特別が牝馬限定2歳未勝利よりも遅いって…500万特別より2.6秒も遅いって…あげく勝ち時計がその500万特別の1800通過ラップより遅い…こんなアホなペースないわ…
もう典型的なドスローよーいどんですよ!


でまたまたいきなりですが、次の数字を見てちょーだい。

34.2
35.4
35.5
35.3
35.3
35.4

お気づきでしょうが、ジャイアンのこれまでの上がり3ハロンです。

この35秒が並んだのを見る限り、おそらくキレる脚がないんです。上がり瞬発力勝負ではだめなんですよ。
ところがこれでたいがいいい勝負してるんですよ。
つまり消耗戦や力のいる重い馬場になってレースの上がりがかかるのがいいんですよ。

そのジャイアンの今回の上がり3ハロンは33.7!

頑張りましたよ。
ジャイアンなりにめっちゃ頑張ってますよ。
初の33秒台ですよ。

でもね。

何度もいうけどスローよーいどんではダメなんですよ。

しかもですよ。

勝ち馬とのタイム差を考えたら、今回のジャイアンのポジションからだとこのレースを差しきるには33.0でも同タイムだから、それより速い上がり、つまり32秒台を叩き出さなきゃ物理的に無理なんですよ。
しかも小回り直線短しの小倉でですよ。

キズナとかディープ産駒のG1級だったらできるかもだけど、残念ながら今のジャイアンには無理なんですよ。

負けるべくして負けたんですよ。
ドスローよーいどんの流れに付き合ったからですよ。

正直、800の標識通過したときほぼ50秒だったんで、すでにこの時点でこれは遅い!前がとまらないぞ!よーいどんになるぞ!これやばいぞっ!っておもいました。

早く動け!お願いだから動いて!ペースあげて!

ってテレビの前でイライラしながらみていたんだけどなかなか動かない。
3コーナーあたりで後続が押し上げてきたのを見てようやく動いたように見えましたよ。後手後手ですよ。

そこでレース後のクラブコメントなんですけどね。

8/18 村山厩舎
□18日の小倉競馬では五分のスタートから中団をスムーズに追走。直線は馬場の外目をよく伸びたが、前も止まらず4着。

「以前乗せていただいたときよりも、馬はずっと良くなっているように感じました。
いいスタートを切って、ポジションもベストだと思ったのですが、小回りの分、早めから動かざるを得ませんでしたし、エンジンをふかしながらコーナーを回るのでモタれがきつくなってしまいました。
広いコースなら直線からでもグッと動いてくれるだけに、今日は小回りが響いた形です。
結果を出さなくてはいけないのに、勝てずに申し訳ありませんでした」
(北村友騎手)

久々でも態勢は整っていましたが、今日はペースも遅く、早めに急かすような形が合わずに残念な結果になってしまいました。
ジョッキーも馬自身の成長は感じ取っていましたし、広いコースなら本領を発揮してくれるはずです。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


どう思いますこれ?
キタムラのコメント。

ポジションもベストだと思ったのですが、小回りの分、早めから動かざるを得ませんでしたですと!
エンジンをふかしながらコーナーを回るのでモタれがきつくなってしまいました。今日は小回りが響いた形ですだって!

アホかいな…

ペース考えたらどう考えてもポジション後ろすぎたし、早めにも動いてないよ。明らかにみんなもっと早めに動いてたよ。

なんてゆうか、今日は展開が向きませんでした…とかそんな感じのコメントがでるならまだしも、ペースのことには一切触れず、ジャイアンが小回りでモタれたからって、それでは負けをジャイアンのせいだとでも…それとも小倉を選んだ調教師のせいだと言いたいのでしょうか…

確かにジャイアンが小回り苦手だったとしても、今日は他にもっと大きな敗因あるやろって感じで正直イライラが最高潮になりました。

基本的にはあんまり騎乗とかに不満があってもごちゃごちゃ書かないようにしようとは思ってるんですが、2連発だしさすがにごちゃごちゃ書かしてもらいますよ!

2走前の淀。
内しか伸びない先行天国の馬場ってのがはなっからわかってました。
確かに外枠だったけど、五分のスタートから控えて中段後方まで下げて、終始外外回って負けやがって。
スタート五分だったんだから、ちょっと押してでもポジションとりに行けっちゅう話ですわ。
それをあえて控えて下げて外回して…あの日はそれじゃ絶対に勝てませんっちゅう話ですわ!

そして今回ですよ。
もうスローペースがわかった瞬間動いてくれっちゅう話ですわ。
それともコメント見た感じからしてペースがスローだって感覚がなかったんか?
タテジマですらテレビみながら先頭の馬がなんかゆったりと走ってるのを見て、これもしやペース遅くないか?って思いながら時計表示見たぞ。
たしかにあんな上がり33秒台の勝負になるとまでは思わなかったけど、ジャイアンのこれまでの上がりを知ってるだけにこのままではまずいと思ったぞ。

その場所は2コーナーから向こう正入り口あたりでだっ!

そうは思わなかったんだね。キタムラくんよ。

この2走、なんか消極的なレースで負けてるよね。
なにも馬に負担がかかるような進路を無理矢理変えたりするような無茶なレースをしてくれって言ってるんじゃない。
位置取りとかペースとかそんな基本っぽい話なんですよ。

ベストを尽くして後ろから差されたら文句は言わない。
でもね、馬が走る時は命懸けなんですよ。
脚はね、消耗品なんですよ。
走るからには常にリスクを背負ってるんですよ。
それをこの前、嫌というくらい再認識させられたばかりなんですよ。

だから勝てたかもしれないレースをこんな消極的なレースで負けた挙げ句、さらに余計な出走をしなければならないことで、馬にかけなくても済んだはずの負担をかけられるのはたまらんのですよ。

ほんとお願いしますわ。


てな感じでこのボヤキ大会を終了したいと思います。
(>_<)/~~

2013年8月18日 (日)

今日の出走

今日はジャイアントくんが小倉10レース、西部スポニチ賞に出走します

ファミリーの出走は、あのフレールの中京記念以来となります。

タテジマもここまでなんとなく、競馬を謹慎していましたが、1歳馬募集の価格も出ましたし、ぼちぼち競馬を再開しようか思います。

てなわけで、今日のジャイアンは昨日の新潟と両にらみだったんですが、距離は1800mになりますが少頭数が見込まれた今日の小倉での出走となりました。

ま、枠はまたまた大外となりましたが、9頭立てなんでなんの問題も無しでしょう。むしろ最後に入れるからいいと思います。

不安材料は鞍上のキタムラくん…京都新聞杯は良かったけど、それを台無しにしてあまりある2走前のようなしょうもない騎乗っぷりを見てしまってるんでね。
はたして今回はどんな競馬をしてくれるやらです。


ブックの見解では潜在能力は相当って書かれていました。もちろん完調に仕上がってるわけではないでしょうし、今回は昇級初戦だし、準オープンからの降級馬もいるけど、そこをなんとか勝って秋に向かいたいものです。

まぁとにかく無事に走りきって欲しいところです。


ちなみに今週はお盆で帰省してたので、ほかの近況の更新はお休みします。
( ´∀`)/~~

2013年8月 9日 (金)

今週の近況 8月その2

いやぁびびりました

今日の夕方、一斉に鳴り出す緊急地震速報。

先日の淡路島の地震以来です。

地震かっ!どこやっ!
o(T△T=T△T)o

そして携帯を見て絶句しました。

奈良でM7.8、震度7
((((;゜Д゜)))

携帯を持つ手が震えました。

よみがえる大震災の記憶

これはえらいことになった…

実家は大丈夫かな?

また死人がいっぱいでるな…

等々考えながら数秒経過…

「…なにもこないよ(@゚▽゚@)…」

ここは大阪…震源は奈良…おや(; ̄Д ̄)?

…さらに数秒経過…

「…ピクリとも揺れないよ(@゚▽゚@)…」

あれ?!(・◇・;) ?さては、誤報かっ!o(><;)(;><)oドッキリかっ!

実は大阪で誤報はおろか緊急地震速報が鳴ったのが先日の淡路島の地震が初めてなんです。

前にテレビで池上さんが東日本大震災以来誤報が多いってやってたのをたまたま見てたんで、すぐに誤報って気づくことができたんですよね。

でも誤報があるってことすら知らない人が大阪にはたくさんいるんです。
うちの会社もほぼ全員誤報があるって知りませんでした。

なので誤報と気づいた瞬間から

「おそらく誤報だからみんな落ち着いて!これ誤報だから!ちょいちょいあるらしいから!」

って言ってみんなを落ち着かそうとしてたんですけど、そのワタスの手はまだ震えてました。

そりゃびびるよ…震度7は…

誤報は誤報でも震度5とかならともかく震度7はないわっ…阪神大震災を体験してるだけにね。

しかしまぁほんと誤報で良かったですよ。
┐(-。ー;)┌ホッ

てなわけで今週の近況です

もう前置きなしでクラブコメントどうぞ

◆インペリアルマーチ◆

8/6 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「先週に引き続きトレッドミルでの調教を進めています。ここまでメニューどおりに調整してきて脚元も安定していますので、そろそろ騎乗調教の時期を考えていっても良さそうです。
暑い時期は無理をさせませんが、今のところは体調も問題ありません」
(NFしがらき担当者)

◆アダムスピーク◆

8/6 NF空港
■屋内坂路コースで軽めのキャンターを中心に、日によってはハロン15〜16秒のキャンターを取り入れています。

「先週は坂路で乗ってもハロン16秒くらいまででしたが、この中間は少しペースを速めてハロン15秒近くまで動かすようにしています。
少しずつ負荷を強められているのはいい証拠でしょうし、これからしっかりと本数を乗り重ねながらさらに動けるようにしていきたいですね」
(空港担当者)

◆コメットシーカー◆

8/6 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「先週に引き続き、軽いキャンターとトレッドミルでの調教を並行して行っています。
特に変わったところはなく、体調面も順調ですね。暑い時期は無理をせずゆったりと動かしていく予定ですし、今は体調を崩さないよう、いい汗をかいていきたいと思います」
(NFしがらき担当者)

◆ジャイアントリープ◆

8/8 村山厩舎
■7日は栗東坂路で追い切りました。
(56秒6−39秒9−26秒0−12秒9)

8日は軽めの調整を行いました。

「先週の追い切りはまだこの馬らしい走りができておらず、物足りない内容だったのですが、そのひと追いでピリッとしてきたようで、今週はだいぶ体を大きく使って走れるようになっていました。これなら1週延ばせば態勢は整うだろうということで、今のところ来週の競馬を予定しています。
小倉の1800mに特別登録はさせてもらうかもしれませんが、そこはやや距離不足のように思いますし、今のところ新潟の2200mが本線になります。
イライラしたところも見せていませんし、フレッシュな状態でレースに向かえると思います」
(担当助手)

17日の新潟競馬(阿賀野川特別・芝2200m)に出走を予定しています。

◆ステファノス◆

8/6 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「今週から周回コースと坂路での騎乗調教を開始しました。体調は安定していますし、特に疲れた様子も見せていませんが、暑い時期は無理をさせずじっくりと動かして秋に備えていきます」
(NFしがらき担当者)

2013年8月 4日 (日)

今週の近況 8月その1

近所で祭あったり花火あったりで近況アップすっかり忘れていました!
下書きは作ってたんだけどなぁ。

ちなみに今週のファミリー出走はありまへん。
唯一の在厩馬ジャイアンも来週出走だったみたいですが、調教の走りがいまいちっぽいので出走を伸ばすようです。まぁ無理くり出走さしてもなんもいいことないので、とにかく馬中心ですすめて欲しいですね。


てなわけで早速グラブコメントです

◆インペリアルマーチ◆

7/30 NFしがらき
□軽めの調整を行っています。

「この中間もトレッドミルでのメニューをこなしています。
脚元は引き続き落ち着いていますし、体調も良好ですね。秋以降の復帰が目標になってきますから、もうしばらくは無理をさせずに、予定どおりの調教メニューをしっかりとこなしていきます。
馬体重は574キロです」
(NFしがらき担当者)

◆アダムスピーク◆

7/31 NF空港
□屋内坂路コースで軽めのキャンターを中心に、日によってはハロン16秒のキャンターを取り入れています。

「この中間は坂路でハロン16秒くらいのところを乗っていますが脚元は変わらず安定していますね。
もちろん負担になり過ぎないように軽めのキャンターのみの日も設けていますし、今後も上手く緩急をつけつつ対応していきます。
馬体重は520キロです」
(空港担当者)

◆コメットシーカー◆
7/30 NFしがらき
□軽めの調整を行っています。

「この中間は、角馬場などの軽い乗り込みとトレッドミルを中心にして動かしています。
暑い時期でもありますし、本格的な騎乗調教まではもう少し様子を見ていきますが、今のところは疲れや馬体の傷みはありません。
引き続き慎重に状態を確認しながら進めていきます。
馬体重は494キロです」
(NFしがらき担当者)

◆ジャイアントリープ◆

7/31 村山厩舎
□31日は栗東坂路で追い切りました。
(53秒6−38秒7−25秒5−12秒9)

「来週の小倉に芝2000mの番組があるので、早ければそこを使うつもりで今朝追い切りを行いました。
私が自分で乗って感触を確かめたのですが、放牧明けということもあるのでしょうか、まだいい頃の走りにはないように思います。
自分からハミを取っていきませんし、フォームも小さくなっていてちょこちょこと走るような感じでした。
時計だけなら十分いいのですが、このまま使ってもレース後のダメージが心配ですし、1週か2週か、背中の推進力が本来のものに戻ってくるまで目標は延ばしたいと思います」
(村山師)

◆ステファノス◆

7/30 NFしがらき
□軽めの調整を行っています。

「こちらに到着後、軽く動かしながら馬体のチェックを行っています。
今のところは大きな疲れは見せていませんが、まだ体力のつききっていない2歳馬ですし、無理せずにじっくりと調整していきたいと思います」
(NFしがらき担当者)

◆グレナディアーズ◆

7/31 NF早来
□現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。
速い調教を継続していますが、カイバ喰いが落ちることなくきちんと食べてくれるので、鍛えたことがしっかり実となってその馬体に表れています。
逞しい肩や発達したトモなどいっそう凄みを増してきた印象を受けます。
角馬場での調教も取り入れて馬とのコンタクトを大事にしながら進めていますので、今後もさらなるレベルアップを目指していきます。

11

◆スタートレイル◆

7/31 NF早来
□現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。
ここ最近は速い時計をこなすだけではなく、馬の後ろに付けて我慢させたり、先頭で自分のリズムを守りながらキャンターを行えるようにするなど、いろいろなシチュエーションを想定した調整を行っています。
様々な経験を積ませることによりレースにおいてしっかり力を発揮できるようになりますので、この調子で心身ともに鍛えていきたいと思います。
11_2


« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »