« フレール 追記 | トップページ | 今週の近況 8月その1 »

2013年7月26日 (金)

先週の結果と今週の近況

悲劇から1週間、また週末がやってきました。フレールがいなくなっても何事もなかったように競馬は続きます。

残酷なようだけどこれが現実。

選択肢は

①競馬をやめる
②前を向いてすすむ

あんまり選択肢になっていませんね…道は1つしか残されていません。

②前を向いて進むしかないでしょう!
フレールだって動かなくなった脚でもしっかり堂々と前を向いていましたからね。

てなわけで、まずは遅くなりましたが、ステファノスの結果。それと愛馬たちの今週の近況です。


先週土曜日の中京新馬戦でデビューしたステファノスの結果は4着でした。

パドックでみたステファノスは馬っぷりがやっぱり素晴らしかったです。
歩様が柔らかく、繋ぎのバネというかスナップというのがとても素晴らしいなぁって思いました。


ただ、まだ全ての面でちょっくらユルいと思いました。

4着ということで、色んな敗因を考えてみました。

敗因その1
コース取り
まず、先週の中京芝はスローで逃げ粘る以外は圧倒的に外差し有利…ていうか外しかこれない馬場。
で、ステファノスくんの位置取りはスローな流れで中段の内。
これではどうしようもないでしょう。
結果先着した3頭は、終始外をまわり、直線向いた時にステファノスよりも前(まぁレッドは横かな?)で、そして馬4頭分くらい外にいた馬たちでした。

敗因その2
馬場
さっき書いた通りあのバネとスナップは最終週の荒れた馬場もあわなかったのかも。
実際に見る前はパワー型かなと思っていましたが、デビュー前にいろんなメディアで、むしろ芝向きと言われてた意味が実際に見てわかりました。

敗因その3
相手が悪かった

勝ち馬のフェルメッツァはキャロで一口14万の高馬。しかもかなり良い仕上がり。なんといっても中京記念連覇のフラガラッハの弟くん。ならば兄に似て今の馬場がピッタリと考えてもおかしくない。
2着レッドアルヴィスもいい馬だし、それにこちらこそダート馬じゃない?って感じの馬。
3着マイネル…うーんちゃんと見てなかったからわからん…

でもま、結局はスローで先行有利プラス外伸び馬場という展開で、前にもいけず、外にも出せずで流れに乗れなかったっていうのが一番だと思います。

この見立てがあっているか、ただの負け惜しみの妄想かは、結果は秋のお楽しみということで。

クラブコメント

7/20  藤原英厩舎
□20日の中京競馬では五分のスタートからジワッと前を伺うも、無理をせず中団を追走。直線は馬場の真ん中をジワジワと伸びたが4着まで。

「調教ではだいぶしっかりと走れるようになっていましたが、まだ仕上がり途上ということがありましたし、それを考慮すれば能力の一端は見せたのではないでしょうか。
初めての実戦で道中はオドオドしているような感じでしたが、真面目に走ってくれますし、能力があるのは間違いありません。
これから体力がついてくれば本当に楽しみな馬だと思います」
(浜中騎手)

「今回は、まだ競馬を意識した仕上げはしていませんでしたし、まずはしっかりと走って、きちんと追い出しの合図に反応して、無事に上がってきていることを評価したいですね。
ジョッキーも能力はあると言っているし、直線もジリジリと伸びていますから、これから成長してくれば楽しみ。
ひと息入れて、秋からはキッチリ勝ちに行きます」
(藤原英師)

ビッシリと仕上げていない状態ではありましたが、直線は脚のあるところを見せてくれましたし、この経験は今後につながるはずです。
陣営も秋に向けての手応えをつかんだようですし、ひと息入れての成長が楽しみです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから決定しますが、今のところ放牧に出して成長を促す
予定です。


今週の近況クラブコメント

◆インペリアルマーチ◆

7/23 NFしがらき
□軽めの調整を行っています。

「先週に引き続き、トレッドミルでの調教を行っています。脚元についてはだいぶスッキリとしてきていますし、調教メニューも予定どおりにこなすことができています。
まだペースアップはしていませんが、これなら順調に騎乗調教に向けて進めていくことができそうです」
(NFしがらき担当者)

◆アダムスピーク◆

7/23 NF空港
□周回ダートコースで軽めのキャンターと日によっては屋内坂路でハロン16〜17秒のキャンターを取り入れています。

「少しずつ坂路で乗る日の調教ペースを上げていますが、脚元をはじめ状態面は変わりなく推移しています。
今後も脚元や体調次第になるでしょうが、ひとつひとつ状態をチェックしながら負荷がかかり過ぎないよう進めていきます」
(空港担当者)

◆コメットシーカー◆

7/23 NFしがらき
□軽めの調整を行っています。

「こちらに到着後、軽く動かしながら馬体のチェックを行っていますが、大きな問題はなさそうですね。
体調面も特に気になるところはありませんので、今週後半から乗り出したいと思います。
乗ってみてまた気になるところが出てくればしっかりとケアを行い、次走に向けた調整を進めていきます」
(NFしがらき担当者)

◆ジャイアントリープ◆

7/23 NFしがらき
□周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「移動を視野に進めてきましたが、明日の検疫が確保できたとのことで、帰厩が決まりました。
この中間も15−15に近いところをコンスタントに乗ることができていますし、いい状態で送り出すことができそうです。復帰が楽しみです」
(NFしがらき担当者)

24日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。

◆ステファノス◆

7/24 藤原英厩舎
□24日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は一番いい結果とはならず申し訳ございません。
もちろん競馬に向かうには問題ない状態ではありましたが、結果からも初めての競馬でまだ動き切れなかったところはありますね。
デビュー戦と言うことを考えて目一杯に造り上げていたわけではありませんが、さすがに調教だけを繰り返して進めるよりは競馬を使うことで得られるものが大きいでしょう。
この後は放牧を挟ませてもらう予定ですが、もう少し体力がついて来てくれればまた違うはずですし、次の競馬ではさらにいい内容、結果をお見せできるようにしたいですね」
(荻野助手)

近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

« フレール 追記 | トップページ | 今週の近況 8月その1 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フレール 追記 | トップページ | 今週の近況 8月その1 »