« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

2歳馬近況

ダービーも終わり、今週から新馬戦がはじまりますね。

新馬戦が始まると言えば、POGも新たな戦いが始まります!

僕はJRAVANとネットケイバのPOGに参加していますが、前回は、直前登録作戦が大失敗し、登録し忘れが続出し散々な結果に終わりました。

特にJRAVANは出馬が確定する木曜で締め切られるから直前作戦は無理だわ!投票の段階じゃわからんしね…

なので、今年は初心に帰り、事前にすべて登録作戦でいきまーす!

もちろん、うちのファミリー3頭は登録するから残り7頭をボチボチ決めなきゃです。

てなわけで、入厩したステファノス以外の2歳馬の近況です♪

グレナは皮膚炎前の調教ペースに戻っていました。
もうちょいトモに迫力が欲しいなぁ。
スタートレイルもゆっくりですが、着実に成長している感じです♪

来年のダービーの大舞台に立つことのできる選ばれた18頭に入るのはどの馬だっ!

◆グレナディアーズ◆

5/31 NF早来
■現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。
調教のペースを緩めて少し楽をさせたことで皮膚炎の症状は落ち着き、疲労もだいぶ緩和されてきました。そのため、この中間から調教ペースを元に戻していますが元気良く坂路コースを登坂しています。
今後も様子を見ながら進めていきますが、負荷の掛け具合には注意しながら調整を行っていきます。
9

◆スタートレイル◆

5/31 NF早来
■現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。
ここまで慎重に接し、また休むことなく調教を継続してきたことにより身体の使い方がだいぶしっかりしてきました。
実際に坂路コースではずいぶんと動きに良化が見られるようになっており、いい成長を遂げていることがひしひしと伝わってきます。
今後も気持ちの面を尊重しつつ、丹念に乗り込むことで今以上にパワーアップを図っていきます。
9_2

今週の近況

今週の近況…トライアンフの名前がありません…寂しいよぅ…

でも、大事に至らなくて、生きて引退することができてまだ良かったのかも知れません…生きてさえいてくれれば、また大好きなトライアンフに会えるから。

そう思わざるを得ない出来事が今週ありました。
まず、昨日ジョワドヴィーヴルが調教中に骨折予後不良…そして今日、トライアンフと共に戦ってきたキャロっ子フィフスペトルが調教中に骨折予後不良となりました。

なんてこった…

フィフスとトライアンフは同い年。初めて一緒に走ったのは皐月賞。ブレイクランアウトと3頭でダービーも出ました。

そんな縁もあって、次第に応援するようになりました。応援馬券のおかげで2年前のマイルチャンピオンシップでは万馬券もゲットできました。

そして先週、安田記念を前にしてトライアンフが屈腱炎再発で無念の引退…トライアンフの分までフィフスに頑張って欲しいと思い応援馬券買うつもりでいたのに…まさかこんな結末が待っているとは…

ここにきてのこの結末…出資者の皆さんの気持ちを考えたら…なんて言っていいのかわからない…もし、トライアンフと結末が逆だったら…僕はどうなっていたか…容易に想像できるだけに、今は何もかける言葉が見つからないです…

結局お互いに京王杯SCが最後のレースとなってしましたね。
明暗が別れてしまったけど、最後に2頭が一緒に走った京王杯…ずっと忘れないと思います。


しかし、京王杯が行われたのが5月11日…翌12日に行われたヴィクトリアマイルに出走した馬ではフミノイマージンがレース中に故障し予後不良…サウンドオブハートも故障で競争能力喪失で引退…ジョワドヴィーヴルが昨日故障で予後不良…

その週のメイン2レースの中からこの短期間に5頭っすよ、5頭!
多くないかこれ?

もうちょっと広げれば、マイルカップのインパルスヒーローとオークスのクロフネミステリーも骨折で休養を余儀なくされました。

たまたまなんかこれ?

ねえねえ?JRAさん?

思い出して?去年のダービー。1、3、4着馬がその後どうなったか…他にもグランデッツァとアルフレードも…これ全員屈腱炎ですわ…ついでに東京走ってないけどアダムスも。

まじで、偶然かこれ?

ほんとにたまたまなんか?

ここ数年この時期の開催は淀も府中も異常に時計が速い気がするし…なんか…ちょっと無理あるんちゃうかなぁ?

ほんと、お願いですから、どうかお馬の脚に優しい馬場を作って下さいませ
m(__)m

クラブコメント

◆インペリアルマーチ◆

5/28 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「まだ脚元の腫れは完全に引いてはいないので、トレッドミルでの常歩を中心としてゆったりとしたトレーニングを続けています。
急激なペースアップは負担が大きくなりますので、じっくりと動かしながら良化を促していきます。
馬体重は591キロです」
(NFしがらき担当者)

◆フレールジャック◆

5/28 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「こちらに到着後、馬体に問題ないことを確認してから周回コースと坂路で普通キャンターを行っています。
福島開催あたりがひとつの目標になりそうなので、まずはじっくりと馬体を回復させていきたいと思います」
(NFしがらき担当者)

◆アダムスピーク◆

5/28 NF空港
■トレッドミルでハロン22秒のキャンターとウォーキングマシンでの運動を行っています。

「この中間もトレッドミルで可能な限り動かしています。
脚元に関しては引き続き念入りにチェックしながら進めていきますが、今のところ状態面は変わりありませんし、この調子で負荷をかけてさらに楽に動けるようにしていきたいですね。
馬体重は508キロです」
(空港担当者)

◆コメットシーカー◆

5/28 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「先週に引き続き順調に乗り込んでいます。
この中間は坂路で終い15秒ぐらいまで脚を伸ばすなど、少しずつペースを上げていますが、特に問題なく対応できていますよ。
まだ具体的な移動予定は決まっていませんが、これならそう遠くなくメドが立ちそうです。
馬体重は511キロです」
(NFしがらき担当者)

◆ジャイアントリープ◆

5/29 村山厩舎
■29日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は、ちょっともったいないレースになってしまいましたが、あの枠から好位のインで進めるのは難しいですし、枠に泣いた格好でした。
休み明け2戦使ったあとで、まずは馬の状態を確認してからと思っていましたが、今朝までの感じではまったくダメージはなさそうですし、イライラした素振りも見せていません。
今週一杯は慎重に見ていくつもりですが、これなら続けて使っていけそうです」
(村山師)

◆ステファノス◆

5/29 藤原英厩舎
■29日は軽めの調整を行いました。

「先週無事入厩し、今は乗り慣らしをしているところです。
今朝も坂路を軽く乗りましたが、雰囲気は良さそうですね。
ちょっとピリッとしたところはありますが、基本的に素直な性格で、問題なく進めていけそうですよ」
(田代助手)

今週はこんな感じでした。

亡くなった馬たち、どうか安らかに。
(-人-)

2013年5月27日 (月)

今週の結果

トライアンフの引退ショックから覚めやらぬまま、昨日はジャイアン出走、今日はダービーデー&馬場解放ということで、2日連発で淀に行ってきました。

まずは今日のダービーの感想から。

これまで、ジェラシーからどこか本気で応援出来なかったエピ。引退となったトライアンフと同じ角居厩舎、そして同じ皐月賞2着…キャロ代表として応援せねばと単勝を買いました。

直線、先頭に立ったエピ。
はじめてエピ相手に本気で叫んだ。
勝ったと思った。ちょっと震えた…

でも、次の瞬間外からえらい勢いできた馬がいた。

並ぶまもなく先頭に立った…

キズナだった。

今の馬場、このペースをあの位置からまとめて差しきってしまうとは…なんともすごい馬だっ。

エピも頑張った。強かった。
終始かかりまくっていたけど、制御不能というわけではなかった。
なんとか制御のきく範囲ならかかる子はかかるくらいの方が調子がいいと個人的には思っています。
妙に折り合いつくとろくなことがない…トライアンフの最後のレースとなった京王杯で不思議と折り合いがついたようにね。

だから戦前ソエ云々の話や馬体減の話もあったけど、あれだけかかってるなら逆に大事はないかと思いながらレースを見てました。

でもさすがのエピも最後の最後はやはり苦しかったのかも知れません。ゴール間際で手前を変えてしまったように見えました。

そこを、一気にズドンと来るキズナの破壊力が、今日のところは1枚上だったといいことでしょう。


ロゴタイプは直線やたら何度も手前を変えていましたね。わからないけどこちらはやはり距離なのかも知れませんね。

馬券は惜しくも1着、2着、4着…

競馬場ではわからなかったけど、家に帰ってビデオみたら、ゴール後のあの盛り上がりにやっぱり感動しました!

ダービーは馬券に負けても、勝った馬に心からおめでとうと言える数少ないレース。マーチの年のノリとロジ、去年のブリランテと岩田騎手の涙にも感動したけど、今年の豊とキズナもかっこよかったなぁ。

ちなみに、このダービーの1着、4着が京都新聞杯1、2着。

その京都新聞杯で3着だったジャイアンはというと…

土曜日の自己条件のレースで5着…

あんまりレース内容については詳しくは書きたくない…てか書けない。

正直、2コーナー回って向こう正面に入った時、負けを覚悟しました…

府中も前残り馬場ですが、今の淀はそれ以上に、先行して内で競馬をしなければどうしようもないことは先週の結果から見えていたことでした。

ゴール前で見てたんですが、せっかく五分にゲートをでたのだから勝ちにいくなら、強引にでも位置をとりにいくべきだと思いました。

それが1コーナーの入り…

で、2コーナー立ち上がって位置取りと前との差を見たときにジエンドと思ったわけです。

後はゴールまで淡々と予想通りの展開を眺めているだけでした。ほんとただ淡々と…

久々にまじでイラッときました。

確かに今は完全に外枠が不利。圧倒的に。でも何もしないで外が不利だから負けましたが何か?っていう感じのレースもなんかね…

無理して故障でもされたらえらいこっちゃですので、あんまり言いたくないんですけど…
せめてあと1列、あわよくば2列前に積極的に行けていれば。


実際に今日、馬場に入って思ったんだけど、内側は芝はちょっと削れてきてるんだけど、去年いった中山みたく、芝がなくなってもうダートやん的な状態ではなく、逆に外側は芝が長くてフワフワで…それが今の結果に影響してるのかな?
わからんけど。

ただ、今回はレースの前から負けていたのかも知れません。正直、パドックに出てきた時の形相にちょっとびびりました。

まわりの客も口々に
コワァ((((;゜Д゜)))
すごい気合いやで!といってちょっとひいていました。

元々、三白眼でちょっといかつい目してるんだけど、白眼が真っ赤に充血してほんとすごい目をしていました。

これまでこんなことは無かったんだけどなぁ…

あと今週はまじで暑かったとはいえ、なんかいきなりから発汗したような感じもなんか気になるところでした。

これが、パドックに出てきた1周目の感想です。

まぁ何が原因でそうなって、というより、それがホントにレースに影響があるのかないのかはわからないけど、個人的になんか気になるであることは確かだったので書き留めておきます。

クラブコメント

5/25 村山厩舎
■25日の京都競馬では五分のスタートからジワッと前をうかがうも、外枠からということもあって中団やや後方を追走。3コーナー手前から動いて直線はよく伸びたが5着。

「馬はとても良くなっていましたし、ゲートもうまく出てくれて、結果を出さなくてはいけないレースでした。申し訳ありません。
好位のインで進められればベストでしたが、あのスタートで内に入れるならかなり下げなくてはいけなくなりますし…。
3、4コーナーでは人気馬が外を上がっていきましたし、それについていく形になりました。
結果的にあそこをうまく捌くべきでした。枠が内ならまた全然違ったはずです」
(北村友騎手)

「外、外を回るのは避けるように指示を出したのですが、外枠からの競馬で、いい位置で内に入れるのは厳しくなってしまいました。
結果論ですが、思い切って出していっても良かったのかもしれません。
力を出しきれず消化不良のレースでしたが、今日は枠順がすべてでしたし、ロスのない競馬ができればこのようなことはないはずです。
できれば早めに2勝目を挙げておきたいところですが、まずは馬の状態をよくチェックしてから考えます」
(村山師)


内枠からロスなく前目で競馬をした馬が上位に来ていたように、外枠の馬には厳しいレースになってしまいました。
直線はよく差を詰めていますし、枠が違えば結果もまったく違ったはずですから、次走では改めて期待したいと思います。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

ジャイアン

馬場解放(4コーナー)

馬場解放(ダート)

馬場解放(ゴール板ちょっと裏から)

馬場解放(1コーナー)

2013年5月24日 (金)

今週の近況

今週の近況はクラブコメントのみで勘弁してください。

ちなみにジャイアンが走ります。がんばれ!

◆インペリアルマーチ◆

5/21 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「こちらに到着後、軽く動かしながら脚元のチェックを行っています。
まだ腫れは引き切っておらず、もう少し状態が落ち着いてからトレッドミルなどで体を動かしていくことになりそうです。
あまり体を大きくしすぎないように注意しながら進めていきます」
(NFしがらき担当者)

◆フレールジャック◆

5/22 NFしがらき
■22日にNFしがらきへ放牧に出ました。

「前走は特殊な流れになってしまいましたが、賞金を加算したかっただけに悔しいですし、申し訳ありません。
レース後は大きな反動と言うものはありませんが、レース当日に少しテンションが高かったですし体も減っていましたから、予定通り少し間を空けたいと思います。
どのあたりを次の目標にするかはもう少し様子を見てからになるでしょうが、あまり番組が豊富とは言えませんし、福島開催は選択肢のひとつになってくると思います」
(友道師)

◆アダムスピーク◆

5/21 NF空港
■トレッドミルでハロン22秒のキャンターとウォーキングマシンでの運動を行っています。

「トレッドミルでハロン22秒のキャンターを行っていますが、引き続き経過は順調ですね。
乗り運動の再開は今しばらくトレッドミルで脚元や馬体を慣らしてからになるでしょうし、しっかりと進めていきます」
(空港担当者)

◆コメットシーカー◆

5/21 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「この中間も順調に乗り込んでいます。
ここにきて状態はグッと上向いてきました。まだ具体的な移動予定は立っていませんが、いつでもペースアップしていける態勢ですし、復帰を見据えた調整を進めていく段階に入ってきました」
(NFしがらき担当者)

◆ジャイアントリープ◆

5/22 村山厩舎
■22日は栗東坂路で追い切りました。
(54秒9−39秒3−25秒9−13秒3)

「今朝は坂路で時計を出しましたが、ここまでコンスタントに使って来ていますし、目一杯ではなく感触を確かめるような内容です。それでいて終い1ハロンも13秒前半でしたし、悪くない動きでしたよ。

前走の内容から今回は負けられないくらいの気持ちですし、いい結果を出せるようしっかりと調整しておきます。
東京と京都両睨みでしたが、前走で上手く乗ってくれた北村友一を確保できましたので京都に向かいます」
(村山師)

25日の京都競馬(3歳500万下・芝2000m)に北村友騎手で出走を予定しています。


5/23 村山厩舎
■25日の京都競馬(3歳500万下・芝2000m)に北村友騎手で出走いたします。

◆ステファノス◆

5/21 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「周回コースで2000mほど軽く乗ってから、坂路を上がっていますが、やはり走らせるときれいな身のこなしが目立ちますね。
まだ体力はつききっていないので、無理をするとトモに疲れが出てしまいますから、そのあたりは気をつけて進めていきます」
(NFしがらき担当者)


5/23 藤原英厩舎
■23日に栗東トレセン・藤原英昭厩舎へ入厩しました。

トライアンフ引退(涙)

今週の近況を更新しようとしたらとんでもないものが目に入ってきました。

トライアンフマーチ 引退の文字…

一瞬理解できませんでした。

血の気がひく…いや、頭に血がのぼったが正解か…

恐る恐るクリックしました。

この頃にはだいたい悟っていました。

多分再発だ…と。

震えながらコメントを読み進めて行くと、やはり屈腱炎再発でした。

3年前の夏、安田記念を4着し、さあ秋にはマイル王だと意気込んでた矢先にトライアンフを襲った屈腱炎。

しかも20%損傷というかなりの重症。もう終わりでも仕方がなかった。

でも、関係者の方々は手術して復活の道を選んでくれました。

長い闘病生活を終え、見事復活したトライアンフ。

でも、あの頃は1戦1戦が怖かった…1戦1戦がラストランという気で見ていました。

でも、それまでと違い、昨年の朝日CC以来、金杯、東京新聞杯と順調に使われはじめたと思っていました。

レースでのかかる感じも戻っていました。

いつしか僕も不安を忘れはじめていました。

前走の京王杯SC、なぜだか道中折りあったトライアンフ。岩田騎手の直線耳を絞って云々とか、120%でなければどうのこうのとかのコメント。普通なら、なにぬかしとんねんこのサルが!ってイラッとくるはずが、いや、違うねん、なんかおかしいやん?って違和感を感じてました。
普通ならほっておいても走るトライアンフが、なんだか走ることを拒否しているような気がして…なにやら不安でした。


でも、正直、安田記念という存在がその不安を消していました。

そこにこのニュースでした。

一昨日の夜、ベッドで安田記念の登録状況を見ながら、やっぱり無理だなぁとか思いながら、トライアンフのデビュー戦から1つ1つのレースを思い出していました。

21戦全てのレース、着順、内容を覚えていました。
なんか予兆だったのかなぁ…

僕にとって、トライアンフは特別な存在でした。

どの出資馬も平等にということをいう人もいますが、やっぱり色んな思い出があって、それが思い入れに替わって。それは仕方がないと思います。

こうして記事を書いていても、トライアンフとの色んな思い出を次から次へと思い出して涙がにじんできます。

新馬戦のマンガのようなムッチムチの馬体&大暴走。
人生初の皐月賞&中山遠征。
皐月賞2着の大興奮&大感動。
人生初のダービー&府中遠征。
菊花賞のロデオに競馬場で1人爆笑。
マイルチャンピオンシップ事件。
絶望的な屈腱炎。
休養前とかわらぬ尻尾フリフリなパドックに涙がでた復帰戦。
人生初の中京遠征&マーチとの再会。

本当に楽しかった思い出が何をどう書いていいかわからないくらいいっぱいです。


いつかこういう日が来ることは頭ではわかっていました。
でも今回は正直不意をつかれました。


まだまだ見たかった。
安田記念は無理でもリベンジマイルチャンピオンシップに出てほしかった。

これだけの馬だからなんとか重賞の勲章をとって欲しがった。

もっともっと元気に走る姿を見たかった…もっともっと一緒に思い出をつくりたかった。

いや、もう1戦だけでもいい。最後にもう1度元気に走る姿を見たかった。

でも、それはもう叶わなくなりました。

あかん…ほんまに涙が出てきた…

てゆうか、なんか泣き言みたいなこと書いてますが、結構さっぱりしているんですよ。
後悔とかそんな気持ちは一切ないし。
あるのはほんと感謝の一言です。

これまでトライアンフをお世話してくれた関係者に感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、トライアンフ。
夢を、感動を、興奮を、そしてたくさんの楽しい思い出をありがとう!

トライアンフ!

大好きだっ!


願わくは、どこかで元気に第2の人生を生きる道があることを祈るばかりです。
いつか再会できる日が来ることを信じて。


クラブコメント

5/23 引退

「脚元のことも考慮して中間はプールを中心に調整してきたのですが、安田記念はギリギリ除外対象とはいえ、今週時計を出しておかなくてはなりませんし、追い切りに備えて火曜日に坂路で15−15程度のところを乗ったんです。

前走後、本格的な乗り出しはその日が最初だったので、こちらもかなり慎重にしていたのですが、翌日になって右前脚に腫れが出てしまい、触ると痛みがある状態になってしまいました。
一過性のものであることを祈ったのですが、今朝になっても腫れは引かず、診療所でエコー検査を行ったところ、屈腱炎であることが判明してしまいました。

以前発症した箇所でもありますし、NFしがらきでも厩舎でも、慎重に慎重を重ねてケアを行い、力を出せるように調整してきましたから大目標を前に再発というのは残念でなりませんが、レースで命にかかわるような故障につながらなかったことだけは良かったと思っています。

皐月賞2着を始めクラシックでの戦い、マイル路線に変更してからの健闘、屈腱炎からの復活と、この馬の思い出は尽きません。
厩舎のスタッフたちから最近は『おじいちゃん』と呼ばれて親しまれていた馬。厩舎からいなくなるのは寂しいですし、なんとか重賞をと思っていたのでその点は悔やまれますが、とにかくこの年齢までよくぞ頑張って走ってくれたと感謝の気持ちでいっぱいです」
(角居師)

脚元の不安と闘いながら、7歳までトップクラスで渡り合ってきたトライアンフマーチ。年齢を感じさせない元気いっぱいな姿と張りのある馬体は、いつ見ても驚かされました。
出走が厳しそうだったとはいえ、大目標を前にこのようなことになって残念でなりませんが、屈腱炎の再発となれば、これ以上の現役続行は厳しいと判断せざるを得ません。このような状況を踏まえ、角居勝彦調教師と協議の結果、近日中に競走馬登録を抹消することになりました。
会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

トライアンフマーチ栄光と暴走の蹄跡

出走日 場所 レース名 天候 コース  騎手 斤量 タイム (着差) 上り 体重
2009/1/25 京都 3歳新馬 曇良 芝1600 2着 武幸 56 01:38.5 -0.3 35.1 494

2009/2/7 京都 3歳未勝利 晴良 芝1600 4着 武幸 56 01:35.9 -0.4 35.7 490

2009/3/1 阪神 3歳未勝利 晴良 芝1600 1着 武幸 56 01:38.0 0 34.4 480

2009/3/21 阪神 若葉S 晴良 芝2000 2着 武幸 56 02:02.1 0 35.6 478


2009/4/19 中山 皐月賞-JpnⅠ 晴良 芝2000 2着 武幸 57 01:58.9 -0.2 34.4 474


2009/5/31 東京 東京優駿-JpnⅠ 曇不 芝2400 14着 武幸 57 02:37.5 -3.8 42.6 482


2009/9/27 阪神 神戸新聞杯-JpnⅡ 晴良 芝2400 10着 武幸 56 02:25.5 -1.3 34.9 470


2009/10/25 京都 菊花賞-JpnⅠ 晴良 芝3000 9着 武幸 57 03:04.7 -1.2 35.4 478


2009/11/28 東京 キャピタルS 晴良 芝1600 1着 スミヨン 55 01:32.7 -0.1 33.8 472


2010/1/30 東京 東京新聞杯-GⅢ 晴良 芝1600 2着 ルメール 55 01:32.3 -0.2 33.4 476


2010/2/28 阪神 阪急杯-GⅢ 曇良 芝1400 4着 デムーロ 56 01:21.8 -0.4 35.4 476


2010/4/4 中山 ダービー卿CT-GⅢ 曇良 芝1600 10着 岩田 57 01:35.1 -0.8 33.8 474


2010/4/17 阪神 マイラーズC-GⅡ 晴良 芝1600 2着 岩田 57 01:32.9 0 33.3 478


2010/6/6 東京 安田記念-GⅠ 晴良 芝1600 4着 内田 58 01:31.9 -0.2 35.3 476


2011/10/22 東京 富士S-GⅢ 曇不 芝1600 8着 後藤 56 01:35.6 -0.7 35.5 482


2011/11/12 東京 パラダイスS 曇良 芝1400 1着 川田 57.5 01:22.0 -0.1 32.7 472


2012/7/22 中京 中京記念-GⅢ 晴良 芝1600 3着 池添 58 01:35.4 -0.3 35.5 480


2012/12/8 阪神 朝日CC-GⅢ 晴良 芝1800 11着 四位 58 01:47.0 -0.4 36.2 484


2013/1/5 京都 京都金杯-GⅢ 晴良 芝1600 2着 岩田 58 01:33.9 -0.4 34.7 484


2013/2/3 東京 東京新聞杯-GⅢ 晴良 芝1600 3着 横山典 56 01:33.0 -0.1 33.4 478


2013/5/11 東京 京王杯SC-GⅡ 雨稍 芝1400 2着 岩田 56 01:20.7 -0.1 34.2 476


生涯成績
21戦3勝 2着7回 3着2回 4着3回 5着0回 着外6回

2013年5月20日 (月)

フレール結果

土曜日、東京メインレース、メイステークスに出走したフレールジャック。結果は4着…

競馬場…といっても、淀にいたので、ちゃんとパドック見れてないんですが、場内テレビで一瞬見た状態では、放牧明けにしてマイナス10キロ…なんか発汗も目立ちチャカチャカしている…
チャカチャカはいつものごとくなんで別にいいとしても、馬体大幅減と発汗はさすがに気になりました。

スタートは若干出遅れたものの、特に致命的ではなかったと思います。

レースは先行勢がバラバラとした縦長、中団から後ろがひとかたまりみたいな展開で、フレールは中団集団の先頭を走っていました。

しかし、これがいかんかった…

レースは1000通過57.7の流れなんですが、フレールの通過は2秒以上遅いほぼ1分でした…

この時は前がスタコラ流れていて、正直フレールにとっていい流れだと思いました。結果論ですが、後から思うともうちょい前にいないといかんかったんやね。

で、直線に入ってもなぜか前が止まらね…特にスローでもなかったのに止まらね…

結局前から2頭はバテましたが、バラバラとした流れの3番手以後が、差がつまっただけでそのまんま流れ込んだというなんともはやなレースとなりました。
なんかマイペースで大逃げうたれた…しかもバラバラに複数頭に…って感じかなぁ。

ウィリアムズ騎手のレース後コメントでは、たまぁにこんななんともいえん不思議なレースがあるらしい(笑)


有力どころだけみれば、ずいぶん前にいたムーンリットには届かなかったけど、後ろからきたマルセリーナとミルドリームには競りかった的な結果なんだけど…
でも、もし33秒台の上がりを使えていたらムーンリットは交わせただろうから…

結果だけみると、馬体減とパドックでの発汗と入れ込みがやっぱり響いたかなとも思える結果でして…

うーん(-_-;)3着ははずすこたぁないと思ってたんだけどなぁ。

道中も普通に折り合っていたのか、レース前にすでに消耗していたから折り合っていたように見えただけなのか正直よくわからなくなりました。

おかげでわずか1戦しただけですが、この後は放牧みたいっす…

しかもこのおかげで、前が止まらん馬場という刷り込みがされ、オークスも当初の予想を変更し、人気薄先行馬に手広く行き、当初予想だったら当たってたはずの馬券を、はずすわ、傷口広がるわ、馬単3万ついてるわ…みたいな最悪の結果に陥るはめに…

ただ、フロアクラフト頑張ってましたね…できればもうちょい頑張ってほしかったなぁ(笑)ワイド総流し買ってたから。
デニムなんちゃらは、あの位置取りはなんやろね…この馬場で、まさかのしんがり待機策とはね…しかしよくあそこまで来たもんだ。

てなわけで、ウハウハだった先週から一転、さんざんな結果に終わりますた…


クラブコメント

5/18 友道厩舎
■18日の東京競馬ではハイペースで縦長の展開の中団からになるも、直線に向いても前が止まらず4着まで。

「スタートで立ち遅れてしまったのですが、すぐに盛り返せましたし、悪くない位置につけることができたと思います。
前が引っ張る形だったこともあり変にハミを噛むことなく進められたのですが、思い返せばすこし体が伸びるような走り方になってしまい、脚を溜めきれなかったのかもしれません。
ただし、もっと後ろから行ったとしても結果的にあのペースで前目の馬にそのまま押し切られてしまいましたし、レース運びが難しかったのも否めません。
全体的に見れば前回よりも上手く走ってくれていると思いますが、結果を残せず申し訳ありません」
(三浦騎手)

「スタートこそゆっくりになったものの道中は極端に力むことはなかったですし、前が飛ばしているからいい位置なのかなと思っていたくらいです。それが結局前目の馬で決まってしまいました。
同じく今日走ったセンティナリーの時は緩いペースでいかにもの前残りだったのですが、それとは逆の流れで前が有利と難しいレースになってしまいましたし、最後もジリジリと言う脚でした。
もちろんいい結果を狙っていましたし、いいご報告をしたかったのですが申し訳ありません。
レースの中での折り合いは問題なかったと思うのですが、パドックでは少しチャカチャカしていましたし体が減っていましたから、この後は放牧を挟みたいと考えています」
(友道師)

直線で脚は使っていますが、ハイペースで流れていたにも関わらず先行有利と結果的には展開が向きませんでした。
馬群が散らばっての流れでしたし、気性面やフォームが崩れないようにするためにも前を積極的に追いかけるのは難しい面もありました。
結果を残せなかったことは残念ですが、レースではこの馬なりに我慢が利いていましたし、リズム良く運べればチャンスはあるはずですから、巻き返してほしいものです。
この後は放牧に出す公算が高くなりますが、放牧先での状態や番組を見ながら次を考えていきます。

2013年5月16日 (木)

今週の近況 5月その3

今週はいよいよオークスですね!
でも、さっっっぱりわからんわこれが…
3週連続G1ゲットにはかなりハードルが高そうです。
ま、そんな話はおいといて、今週はフレールジャックがメイSに挑戦します。

ただ、ムーンリットレイクが同斤量ででてくるし、なんか素っ裸みたいなのもいるし、強気にはなれませんが、なんとか勝って出たいレースにでられるようになりたいところです。

出たいレースに出られないとインペリのようになっちゃうよぅ(泣)

てなわけで、インペリくんはなんと脚部不安が出て放牧にでちゃいました(涙)

秋には順調に2戦2着2着休養→復帰直前に爪が…→休養→目標でないレースでとりあえず1戦→休養…うーん…つらいのぅ…
┐(-。ー;)┌

ほんま、頼むで音無師!

と思ってたら2歳馬グレナディアーズまで皮膚炎でペースダウン…
ま、音無師直接関係ないけど、音無師とこへ入厩するからね。
まぁ、まだまだ2歳はこれからなんで、この際いい休養になればと思います。

あとステファノスが無事にしがらき到着。輸送を無事クリアし、早速乗り運動を開始してるみたいです。
輸送減りしたり熱出したりする子もいるので、こんなんも1つの才能ではあります。

ジャイアントリープは来週、淀2000か府中2400のどちらかで出走予定です。
条件的には今週の方がとも思いましたが、重賞叩いて中1はきついもんね。想定内です。

いまいち想定外はコメットくん。まだペースアップしてきません。夏の復帰を目指してるみたいです。


今週はこんな感じでした
( ´∀`)/~~
ではまた来週!

クラブコメント
◆トライアンフマーチ◆

5/15 角居厩舎
■15日は軽めの調整を行いました。

「先週は、一瞬勝ったかと思ったのですが・・・。あと一歩がもどかしいですが、馬は本当によく頑張ってくれています。
レース後はさすがに脚元に張りが出ましたが、しっかりとケアをして今はだいぶ楽になっています。とにかく無事に戻ってきてくれましたし、次こそはという気持ちで頑張ります。
現状は賞金的にギリギリのようですが、なんとか安田記念に出走させたいですね」
(辻野助手)

◆インペリアルマーチ◆

5/15 音無厩舎
■「火曜日の朝、調教に出る時に右前脚に熱感があったため、現在調教を取りやめています。
大型馬ですし、ここまで調教を進めてきて少し脚元に疲れが出てしまったようで、このまま無理に進めていくと腱に大きなダメージが出てしまう可能性があるとのこと。
ひと叩きして次はベストの条件だったので、こちらとしても大きな期待を寄せていたところだったのですが、このようなことになって申し訳ありません。
一度放牧に出して、脚元のケアを行って立て直したいと思います」
(音無師)

16日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

5/16 NFしがらき
■16日にNFしがらきへ放牧に出ました。

◆フレールジャック◆

5/15 友道厩舎
■15日は栗東坂路で追い切りました。
(53秒5−39秒1−25秒8−13秒4)

「今朝は三浦騎手に乗ってもらって坂路で追い切りました。
先週コースで併せてビシッとやっていますし、今週は輸送もありますから、単走でサラッと感触を確かめてもらう程度。
仕掛けてから少しヨレてしまうのですが、それも最近はかなり修正できていますし、カイバ喰いが安定して馬体の雰囲気もいいですよ」
(大江助手)

「追い切りに乗せていただきました。
レースではカッとしやすいタイプですが、調教は落ち着いていてコントロールが利くし、全然雰囲気が違いますね。
ちょっと道中ハミを噛みそうになりましたが、問題のない程度ですし、とても乗りやすいというイメージでレースに臨めそうです」
(三浦騎手)

18日の東京競馬(メイS・芝1800m)に三浦騎手で出走を予定しています。

5/16 友道厩舎
■18日の東京競馬(メイS・芝1800m)に三浦騎手で出走いたします。

◆アダムスピーク◆

5/14 NF空港
■トレッドミルでハロン22秒のキャンターとウォーキングマシンでの運動を行っています。

「トレッドミルとは言え少しずつペースを上げてきても脚元は変わりありませんし、カイバ喰いなども変わらず良好です。
脚元の変化はもちろんですが、体調もしっかりと見ながら無理のないように進めていきたいですね」
(空港担当者)

◆コメットシーカー◆

5/14 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「じっくりと取り組んできて、順当に良化してきました。馬の雰囲気がいいですし、夏場の復帰を目指していける状態ですね。
まだ競馬に向けての調教は開始していませんが、この分ならすぐにでも対応できそうです」
(NFしがらき担当者)

◆ジャイアントリープ◆

5/16 村山厩舎
■15日は栗東坂路で追い切りました。
(56秒4−40秒5−26秒1−13秒1)

16日は軽めの調整を行いました。

「この中間も順調に乗り込んでおり、重賞を使った疲れはありませんね。
水曜日は坂路で馬なりでサラッと時計を出していますが、レースを使う前よりも状態は上がっているように感じます。
調教師が出張中ですので、まだレースは確定していませんが、来週京都の2000mか、東京の2400mになると思います。
素質の高い馬ですし、秋に向けてキッチリと勝ち上がっておきたいところですね」
(担当助手)

25日の京都競馬(3歳500万下・芝2000m)もしくは同日の東京競馬(3歳500万下・芝2400m)に出走を予定しています。

◆ステファノス◆

5/14 NFしがらき
■周回コースと坂路で軽めの調整を行っています。

「先週土曜日にこちらへ移動してきました。
輸送熱もなく、馬体に異常は見られませんので、今週からさっそく乗り出しています。
今日からは周回コースにも入れていますが、さすが、なかなか雰囲気のある馬ですね」
(NFしがらき担当者)

◆グレナディアーズ◆

5/15 NF早来
馬体重:514kg
■現在はトレッドミルでの運動を行っています。
早期の移動を視野に入れて調整を進めてきましたが、馬体に皮膚炎の症状が見られるようになりました。
オーバーワークにならないよう気をつけていましたが、前進気勢が強いこともあり少し疲れが溜まってしまったのかもしれません。
今後のことを考え、一旦ペースを緩めてまずは疲れを癒していきたいと思います。

◆スタートレイル◆

5/15 NF早来
馬体重:510kg
■現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。
この中間よりゲートの通り抜けや前扉を閉めて駐立させるといったゲート練習を開始しています。
半兄ジャイアントリープがゲート試験で時間がかかっていましたので本馬も慎重に進めていますが、今のところ悪さは見せずしっかりとこなしてくれています。
初めに悪い印象を与えてはいけませんので、ゲートに関しては今後もじっくり進めていく方針です。

2013年5月12日 (日)

今日の結果

今日の京王杯スプリングSに出走したトライアンフ。
結果は惜しくも2着でした。

いいスタートから、道中は速いペースで逃げる先頭集団から少し離れた中団の先頭でピタリと折り合い、直線は一旦先頭にたつも、最後にダイワマッジョーレにまたまた差されてしまいました。

勝ったダイワはテレビ越しに見てもすごい出来でしたよね。

一方、トライアンフはというと…
稍重発表ではあったものの、結構雨が降ったようで苦手の道悪となり…
調教も正直ラストの手応えがよろしくなくて…競馬新聞でも今回は割引が必要かもと評されてて…

結局ラストは調教と同じような感じになっちゃいましたね。

JRAVANに出てた岩田騎手のレース後コメントでは、直線耳を絞って行きたくないって感じだった。120%の力を出せないと1着にはなれない…的なクラブコメントより辛口なコメントでした。
まぁ確かにそんなんですがね…行きたくない〜って力抜いてりゃG2クラスは勝てんわね…

調子的には決して完調ではなかったんだと思うけど…でも、岩田騎手のコメントにあるような直線のことだけでなく、四位騎手が制御不能となったあの行きたがるマーチが不思議と道中普通に折り合ってたんですよね…

行きたがるマーチが行きたくないってなるなんて…久々や道悪の影響、もしくは岩田がキライ的な話ならいいんですが、まさかまた悪くなったんじゃなかろうかとやっぱり心配になってしまいます。
1度屈腱やってる子ですから…どうしても頭の片隅にね…あるのよ…

でもそんな行きたくない〜って状態でG2で2着にこれてるってすごいよねマーチ。親バカ的な話ですが、さすがの底力と思います。

賞金的に他馬の動向次第となりますが、うまく行けば次は安田記念!
どうか無事でいてほしいなぁ。

とりあえず今日のところは心配よりも嬉しさいっぱいのタテジマでした!!

クラブコメント

5/11 角居厩舎
■11日の東京競馬では道中中団からに。直線では内の馬との競り合いから一旦は先頭に立つも、最後は勝ち馬に外から交わされてしまい2着。

「スタートから直線入り口までの流れは悪くなかったですし、手応え的には直線で突き抜けてもおかしくないのですが、耳を背負ってなかなか抜け出そうとしてくれませんでした。ちょっとずる賢いと言うか、馬に寄っていって楽をしようとしますね。
それでも何とかしないといけないと思って内の馬は競り落としたのですが、外から勢い良く来られてしまいました。
力はある馬なんだけど、あとは気持ちひとつだと思います」
(岩田騎手)

「久々でも体はキチッとできていましたし、調教の動きも良かったので、期待して送り出しました。直線はいったん抜け出して勝ったと思ったのですが…。
馬は本当によく頑張ってくれています。脚元に弱さを抱えていますから、今後についてはまずは異常がないかどうかをよくチェックしてからになりますが、できれば安田記念に向かいたいですね。
現状、賞金的に微妙な立場のようですので、そのあたりのことも含めて馬体の確認を行ってから考えていきたいと思います」
(角居師)

直線で前の馬に並びかけてから気を使ってしまいましたし、終いまでしぶとく伸びたものの勝ち馬に差されてしまいました。
この後は安田記念に向かいたい考えはありますが、賞金の状況や脚元を見ながら改めて決めていきます。


(´-ω-`)うーん…
やっぱり脚元の話がでてくるよね…気のせいかいつも以上に…気のせいであってくれ…どうか無事で!

2013年5月 9日 (木)

今週の近況 5月その2

先週のジャイアンに続き、今週はトライアンフがG2に挑戦です!

賞金加算して3年ぶりの安田記念へ!といきたいところですが、安田記念の前哨戦。なかなかのメンバーが揃ってしまったsweat01

昔のトライアンフならG3よりG2、G2よりG1と、道中の流れが厳しくなればなるほど好走する気がしたもんだけど、さすがに半信半疑…

ブックの中間気配でも、今回は割引必要て書かれてるし、何より調教V見たけど、終いビュッとくる感じでは無かったし…。

あとは角居ちゃんの手腕と、トライアンフの底力になんとか期待しましょう♪

まぁとにかく無事に走ってくれたらよしっす。


次に、先週走ったジャイアンくん

続戦です\(^-^)/

来週か再来週の適鞍といえば、来週に京都芝2400m500万特別メルボルンTが、再来週には同じく京都芝2000mの500万条件と府中芝2400m東京優…ではなく500万条件があります。

何とか勝って欲しいところですね♪出来れば次の900万も…

次は、来週出走予定のフレール。
今週のCWで行われた調教は
95.1 - 78.5 - 62.9 - 49.4 - 36.7 - 11.8
ジェラルド(古500万)末強めの内0.4秒追走首先着
馬場の5分どころをまわったみたいですが、なかなかの好タイムですよね!!

最後にビッグニュースを1つ

2歳馬ステファノスが見事脱北しました!
\(^-^)/
無事にいけば6月の阪神デビューの可能性が巨大ですね!
出揃ったいろんなPOG本見てみたら、大小あるけど各誌ちゃんと写真載せてもらってるし、楽しみだなぁ〜

ちなみに青本に間違い発見!

ステファノスの写真!ステファノスじゃねえ!
ステファノスは四白じゃないよ。体型も違うよ!てかぜんぜん違う馬じゃん!

よく見るとサトノアラジンとなっているのがステファノスだっ!

毎月ホームページやら会報やらでステファノスの写真見てる僕らは、あれ?ちゃうやん!ってわかるけど、普通はわからんでこれしかし!

てか、他の馬はちゃんと合ってるんかなぁ?

てなわけで、今週はこんな感じでした。
ではまた( ´∀`)/~~

クラブコメント

◆トライアンフマーチ◆

5/8 角居厩舎
■8日は栗東坂路で追い切りました。
(52秒4−37秒8−25秒0−13秒0)

「本数を重ねるごとに動きが良くなってきていますし、馬体もムダなところが少なくなってきていますね。
先週コースで長めからしっかりやって仕上がってきているので、今朝の最終追い切りは坂路で行ったのですが、時計が出やすい時間帯だったとはいえ悪くない内容でしたし、週末のレースで力を出せる状態にあると思います。
ノーザンファームしがらきの獣医さんにも馬をチェックしてもらっていますが脚元は変わりなさそうですし、いい結果を出して次につなげたいですね」
(辻野助手)

11日の東京競馬(京王杯スプリングC・芝1400m)に岩田騎手で出走を予定しています。

5/9 角居厩舎
■11日の東京競馬(京王杯スプリングC・芝1400m)に岩田騎手で出走をいたします。

◆インペリアルマーチ◆

5/8 音無厩舎
■8日は軽めの調整を行いました。

「競馬からまだそれほど経っていませんから、今日は軽めの調整です。
おそらく週末から時計を詰めていくことになりますが、久しぶりを一度使って気配は上向いています。
状況を見て今週の競馬で権利を取って予定通り欅Sへ向かいますが、今回は1400m戦ですし状態面からも前走とは違った粘りを見せてくれると思います」
(音無師)

25日の東京競馬(欅S・ダ1400m)に三浦騎手で出走を予定しています。
5/9 音無厩舎
■11日の東京競馬(京王杯スプリングC・芝1400m)に投票しましたが、非抽選除外となりました。
この後は25日の東京競馬(欅S・ダ1400m)に三浦騎手で出走を予定しています。

◆フレールジャック◆

5/9 友道厩舎
■8日は軽めの調整を行いました。
9日は栗東CWコースで追い切りました。

「今朝はCWコースで併せて追い切りました。相手のジェラルドは攻め駆けするタイプですが、楽な手応えで追いかけて、直線内に入って並びかけた時の反応はさすがオープン馬という感じで抜群でした。
全体の時計も78秒台と速いのですが、それでいて終いも11秒台ですからね。
テンションが高くなりすぎることもありませんし、これで当週は終い重点にやれば十分でしょう。
道中しっかりと流れに乗って走れれば終いにいい脚を使ってくれますし、使いたいレースを使うためにもやはり賞金をキッチリと加算したいところです。
まだ調整中なのですが、三浦騎手が来週栗東に来られそうと言うことなので、その場合は跨ってもらって直前の感触を確かめてもらいます」
(友道師)

18日の東京競馬(メイS・芝1800m)に三浦騎手で出走を予定しています。

◆アダムスピーク◆

5/7 NF空港
■トレッドミルでハロン22〜24秒のキャンターとウォーキングマシンでの運動を行っています。

「この中間もトレッドミルでの調教ペースを速めていますが、状態はこの馬なりに安定していますね。
少しずつとは言え負荷をかけられるようになっているのはいい傾向ですし、現状のペースで問題がなければハロン22秒で継続的に動かして次に備えていくことになるでしょう」
(空港担当者)

◆コメットシーカー◆

5/7 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「ようやく、リフレッシュ完了という感じで、全体的に良化してきた印象です。
まだペースアップはしていませんが、そろそろ調教も次の段階に移っていっていいでしょう。
引き続き状態を見ながらジワッとピッチを上げていきます」
(NFしがらき担当者)

◆ジャイアントリープ◆

5/8 村山厩舎
■8日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬を何度か見直しましたが、やはりジョッキーは上手く乗ってくれました。
もちろん狙っていた結果を出せずに悔しさだけでなく、申し訳ない気持ちもありますが、まだ先のある馬ですし自分の競馬をしたのですから悲観的になることはありません。
レース後の状態は精神面は変わりないですし、カイバも普通に食べてくれていますから、今のところこのまま続戦する予定です。
来週、再来週といい番組が組まれていますから、状態やジョッキーの状況、相手関係を見ながら決めていくことになるでしょう」
(村山師)

◆ステファノス◆

5/9 NF天栄
■ここまで順調に調整が進んでいることから9日にNF空港を出発し、NF天栄に向けて移動しました。
タイミングを見てNFしがらきに移動する予定です。
今週はこんな感じです
( ´∀`)/~~

2013年5月 6日 (月)

偶然のうまとの出会い

今日は天気が良かったので、カメラ片手に長居公園内の植物園に行ってきました。

長居公園てご存知でっしゃろか?

有名な長居スタジアムとかある公園なのだ!
ちなみにここもその昔競馬場だったらしいよ。

家からチャリンコで行けるのです。

昨日競馬場に行ってたので、今日は競馬関係なくと思って植物園に行ったら、なんかこどもの日のイベントで、お子ちゃま乗馬体験コーナーとして特別にお馬が来ていたのでした。
まさか長居公園でお馬に会えるとは〜

お馬は元競走馬2頭とポニー1頭がいました。
元競走馬は20歳と15歳だそうです。

さすがに20歳の方は筋肉とかはかなり落ちてほっそりしていましたが、毛づやとかはかなり良くて、手入れが行き届いてる感じでした。

競馬と一口馬主という罪な趣味を持つタテジマ。
普段は馬頭観音様に手を合わすだけですが、大事にされながらこうして余生を送ってくれてる姿に無性に感動し、草をはむ姿をずっと眺めてしまいました。

( ´∀`)/~~

偶然のうまとの出会い

偶然のうまとの出会い

偶然のうまとの出会い

昨日の結果

昨日はジャイアンくんが京都新聞杯に挑戦!
てなわけで、淀に見に行ってきました。

出遅れ癖のあるジャイアンの為に、芝のレースが外から差し届くかどうかを見ていましたが、1月開催のように内の逃げ馬が圧倒的に有利!ということはないものの、普通に外回して直線一気では差し届かない、そんな馬場に感じました。
つまり4角で好位にとりついてないと厳しいと…

あと、京都新聞杯に出走する馬がパドックにあらわれる直前にサアッっと雨が降ってきました。
ジャイアンくんは絶対道悪巧いと思っているので、ヨッシャー!恵みの雨になれ!と思ったけど、祈りむなしく10分ほどでやみ、馬場になんも影響ない程度でした…トホホ

で、いよいよ本題ですが、パドックにジャイアンくんが出てきて、まず最初に気づいたこと。

メンコしてない…ノーズバンド(かかり癖のある馬にちょいちょいつけられてるバッテンの馬具ね)もしてない…

これを見たときに、この1ヶ月半の間に気性的に成長したんだなぁ〜って思いました。

デビュー戦とかは2人びきだった周回も騎乗周以外は1人でひかれ、バネのきいたスナップで、ほどよく気合いが乗った感じで歩いていました。

まぁ、ジャイアンくんて、ちょっと白眼が目立つ子なので、普通に歩いてても気合いがのって見えるんですけどね(笑)

で、レース…てか、その前に問題のゲートです。
今回は後入れ、しかも最後の方に入れたので安心して見てたんですが、なんかゲート内でじたばたする馬が多く、特に隣の13番くんがえらいじたばたしてるので、つられて暴れないかびびりました。
でもちょっとキョロキョロしただけで大丈夫でした。
ただ、もっさりしたスタートは相変わらず…でも二の脚ですっと上がれるのも相変わらず。
結局、中団後方、10番手くらいの位置で内に入れながら1コーナーに入って行きました。

レースは逃げる2頭が引っ張る形で1000通過が59秒ちょいの速いペース。実質は少し離れた3番手の8番くんの60秒くらいがほんとのレースのペースかな?

で、3角あたり、ここからどうするジャイアンくん。動かないと単に直線勝負じゃ厳しいぞ!と思ってたら内からいい手応えでスルスルと上がっていくじゃないですか!

そのまま4番手くらいで直線にはいり、最内から一気に抜け出しをはかるジャイアンくん!

ナイス騎乗!これもしや!もしや!

と一気にテンションはねあがりました!

ただ、内まわり合流地点では、もう内らちギリギリ!パトロールみたらちょっと危なかった!

残り300m、先頭に立つジャイアンくん!

必死の叫びが『差せぇ!差せぇ!』から『よっしゃ、そのまま!そのまま!粘れ!』に変わりました!

ゴールへの直線というだけでなく、ダービーへ続く直線なんで、そりゃテンションも最高潮ですよ!

残り200、まだ先頭!

残り100、8番くんが差し返してきた!

ヤバい、抜かされた!

2着なら賞金加算もある!
プラース馬単とかも当たる!

叫びが今度は『差し返せ!差し返せ!』にまた変わり必死のぱっちで叫んでいたら、なんかが一気に通りすぎて行きました。

ジャイアンくんばかり見ていたので、目には見えていなかったのですが、実況は聞こえていました。

どうやらキズナが一気に飛んできて突き抜けたようです。

てなわけで、結果は惜しくも3着でした。

うーん(-_-;)まじで惜しい…

よく考えたら短期放牧明けなのよねぇ…
最後の最後にそこらへんが響いたかなぁ。

ま、別格のキズナは置いといて、逃げた14番くんが4、5着争い、3番手の8番くんが2着という競馬を、中団後方からの競馬でキャリアまだ3戦、中7週の短期放牧明け初戦だし、ちょっと遅めの4月産まれだし、そのジャイアンくんが見せ場十分の3着!

ちなみに前走のジャイアンか2着した山桜賞で勝ったミエノワンダーが、京都新聞杯の直後に行われたプリンシパルSで、すたこら逃げるシルクっ子をギリギリとらえられず2着に負けましたが、最後はすごい脚でした。
確かに山桜賞ではミエノワンダーに負けたけど、あの時はコース取りや、中1中1での初長距離輸送など、まぁ言い訳は色々あって、別にジャイアンくんが力負けしたとは思ってなかったんで、ジャイアンくんもそれくらいの実力はあるってことですよ。

これでダービーへの道は閉ざされてしまったけれど、なんか負けた悔しさは無くて、よく頑張ってくれたと満足のいく結果でした。

今回もかなり成長を見せてくれましたが、この後も順調に成長してくれて、秋の淀の大舞台に向けて、着々と賞金を積んでいってほしいところです。

今の3歳の強いどころはみんな3000は長そうな気がするからなっ!チャーンス!
あとね、ジャイアン軸で3連複のクイックピックなんと当たってた!
これなんか普通に当てるより当たったときのテンション上がるんですけど(笑)

クラブコメント

5/4 村山厩舎

■4日の京都競馬ではまずまずのスタートから中団のインにつけてスムーズに追走。直線も思い切って内を突き、残り1ハロン過ぎで先頭に立ったが、最後に差されて3着。

「ゲートは隣の馬がちょっとうるさかったのですが、特に気にしていませんでしたし、思ったより上手に出てくれました。
そのあと二の脚もついてすんなり取りたいポジションを取れましたし、3、4コーナーもロスなく上がっていけて、直線は手応え十分。最後は差されてしまいましたが、かなりの素質を感じる馬です。
これまでのレースを見ていて、スパッと切れるというよりもしぶといタイプだと思っていたのですが、予想以上に反応が良かったですし、跨がった雰囲気もとてもいい感触でした。
せっかく乗せていただいたのに、勝ち切ることができず申し訳ありません。またお願いします」
(北村友騎手)

「上手く流れに乗せてほしいとジョッキーには話していたのですが、ゲートは問題なかったですし、道中もスムーズに運んで直線では一瞬オッと思える走りをしてくれました。
ダービーを目指していましたからいい結果とならずに非常に悔しいですし申し訳ありませんが、強い馬を相手に現状のこの馬の力は発揮してくれたと思います。
この後はレース後の状態次第で決めていきますが、目標を切り替えて改めて頑張っていきます」
(村山師)

課題のゲートは無難にこなし、道中も折り合って追走。
最後こそ力尽きた格好ですが、初めての重賞挑戦で能力は見せたレースだったと思います。
まだキャリアも浅いですし、この経験を糧に今後の飛躍を期待したいと思います。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

クイックピック(笑)

パドックのジャイアンくん

2013年5月 3日 (金)

2歳馬近況

POGの王道という本を買ってきました。

普段は赤やら青やらもうちょい出そろってから買ってるんですが、ステファノスくんが結構大きくと取り上げられていまして!

だいたいが、サトノアラジンっちゅうお馬とペアで取り上げられているんですが、牧場の期待も丹下氏の評価も高そうな感じです。

期待していいのか?いいのかこれ!

ちなみにサトノアラジンってまじ強そうなお馬っすこれ!

ちなみにグレナディアーズもちょっとだけですが取り上げられてました。

音無師への取材でマイラーかも。典型的なダート馬かも。的な話がのってました。まぁグレナはネオ×マーチっ子なんでネオ×マーチのインペリ的なイメージなんでしょうね。
こっちはもとよりそのつもりだしオッケーオッケー!

スタートレイルは…記事なし…

でもこれからこれから!

明日京都新聞杯に出る兄ちゃんジャイアンもまるで取り上げられてなかったぜぃ!

てなわけで、クラブコメントと写真だっ!

やっぱりステファノス、ちょっと雰囲気が出てきたね!

◆ステファノス◆

4/30  NF空港
■この中間も順調に調整を積んでいます。
現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン15〜17秒のキャンターで元気に駆け上がっており、そのうち1日は2本の調整メニューをこなしています。また残りの日は軽めのメニューをこなしています。

坂路コースでの動きは勿論、体調面でもここまで気になるところがないのは頼もしい限りです。この調子でメニューを消化することで移動を迎える日までしっかり調整していきたいと考えています。
Photo

◆グレナディアーズ◆

4/30  NF早来
■現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。

坂路コースでは元気の良さから手綱を抑えるのも一苦労といったところですが、周回コースにおいては徐々に乗り役との呼吸を合わせてリズムよくキャンターを行えるようになってきました。
馬体の方はしっかりと乗り込んできたことから、だいぶ態勢が整ってきた印象を受けますので、今後は早期の移動も視野に入れながら進めていく予定です。
Photo_2


◆スタートレイル◆
4/30  NF早来現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。

ハロン15秒台の速いペースにも音を上げることなく対応していますし、体がだいぶしっかりしてきた印象を受けます。
芦毛のため普段は分かりづらいのですが、毛ヅヤをピカピカに見せており、体調の良さが一目で窺える状態です。調子は間違いなく上昇傾向にありますので、この流れに乗って進めていきたいと思います。
Photo_3

今週の近況 5月その1

いよいよ明日、ジャイアントリープが京都新聞杯に挑戦です。

新聞見たら当然キズナにはグリグリ◎が並んでいるんですが、なんとジャイアンにも▲がついていますよ!単穴っすよ単穴!単の穴っすよ!

調教も直前気配もかなーりよさそうな感じです。

まぁコメシーがこてんぱんにやられたあのキズナが相手だけに、雨でも降れば自信もわんさか沸いてくる!ってなもんですが、残念ながらお天気もよくパンパンの良馬場っぽい(笑)
また、ゲートがあれなんで先行はできな子なんですけど、まぁ先週の競馬見てたら、差し有利でもないですが、この開催らしい前残り馬場じゃあないことが救いですね。

しかしまぁ、ゲート試験で四苦八苦してたあのジャイアンがG2挑戦とはね。
感慨深いです。

明日はちゃんと出てくれますように!

楽しみだなぁ〜
\(*⌒0⌒)b♪

ちなみにコメシーはもうダービーは無理っすよ!
( ´∀`)/~~

クラブコメント

◆トライアンフマーチ◆

5/1 角居厩舎
■1日は栗東CWコースで追い切りました。

「今朝はC.デムーロ騎手に乗ってもらってCWコースで追い切りました。年齢の割に元気が良すぎるとちょっと脅かしてしまったせいか、ジョッキーも用心してかなり後ろから追走する形になったのですが、その分いい負荷がかけられたと思いますよ。
脚元も変わらず落ち着いた状態を保っていますし、このひと追いで馬体も締まってくるでしょう。
あとは当週のひと追いでしっかりと仕上がると思いますし、いい状態で出走できるよう、しっかりと調整を進めていきます」
(辻野助手)

11日の東京競馬(京王杯SC・芝1400m)に岩田騎手で出走を予定しています。

◆インペリアルマーチ◆

5/1 音無厩舎
■1日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は直線最後に脚が上がった格好でしたが、この馬らしいレースはできましたし、内容としては悪くなかったと思います。
ここを使ってどれだけ上向いてくれるかがポイントでしたが、こんなふうに良くなってくれればいいなと思っていたとおり、見た目に馬体が締まってきました。
マイルを使ったことで息の持ちも良くなるでしょうし、次走が楽しみですね。
目標の欅Sに向けてはどこかで権利を取る必要がありますが、除外目的の投票にもジョッキーを確保しなくてはなりませんし、来週の都大路S、栗東S両方に登録させていただく予定です」
(音無師)

25日の東京競馬(欅S・ダ1400m)に出走を予定しています。

◆フレールジャック◆

5/2 友道厩舎
■1日は軽めの調整を行いました。
2日は栗東CWコースで追い切りました。

「レースまでまだ2週ありますし、今朝は15−15を馬なり程度でやっています。
前半は楽に折り合って終いの反応だけ見る形でしたが、自然に動いてラストは12秒台。心身ともにフレッシュな状態で、非常にいい動きでした。
今回、メイSは前走に引き続き三浦騎手にお願いしていますが、レースまでに栗東に来るタイミングが合えば調教にも乗りたいと言ってくれていますし、続けて乗ることで良さを引き出してもらえると思います。
うまく折り合えればいい競馬ができるでしょうし、テンションが上がらないように注意しながら進めていきます」
(大江助手)

18日の東京競馬(メイS・芝1800m)に三浦騎手で出走を予定しています。

◆アダムスピーク◆

4/30  NF空港
■トレッドミルでハロン24〜25秒のキャンターとウォーキングマシンでの運動を行っています。

「先週より少しだけトレッドミルでのペースを速めて動かしています。
負荷を強めても状態は変わりありませんし、この流れを大事にしながら進めていきます。
馬体重は512キロです」
(空港担当者)

◆コメットシーカー◆

4/30  NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「まだペースは上げていませんが、順調に乗り込むことができていますし、ペースアップの下地をじっくりと造っている段階です。
体調面などは問題なく、これから状態も上がっていってくれそうです。
馬体もだいぶふっくらしてきましたよ。
馬体重は496キロです」
(NFしがらき担当者)

◆ジャイアントリープ◆

5/1 村山厩舎
■1日は栗東坂路で追い切りました。
(56秒0−40秒6−26秒3−12秒9)

「鞍上に予定していたウィリアムズ騎手が海外のレースの影響で騎乗停止になってしまったので、今回は北村友一騎手にお願いすることになりました。
初騎乗になりますが、追い切りはあまりやりすぎるとテンションが変に上がってしまう可能性がありますし、ジョッキーは乗せずに厩舎スタッフが乗って終い重点。迫力のある動きでしたし、休み明けでもいい仕上がりで送り出せそうです。
このところは普段から落ち着いた様子ですし、直前にゲート練習をするのもかえって良くないと思い、このままで競馬に向かいます。
1勝馬だけにまだ出走は確定していませんが、出られればいい走りをしてくれるはずです」
(村山師)

4日の京都競馬(京都新聞杯・芝2200m)に北村友騎手で出走いたします。

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »