« フレール結果 | トップページ | 今週の近況 »

2013年5月24日 (金)

トライアンフ引退(涙)

今週の近況を更新しようとしたらとんでもないものが目に入ってきました。

トライアンフマーチ 引退の文字…

一瞬理解できませんでした。

血の気がひく…いや、頭に血がのぼったが正解か…

恐る恐るクリックしました。

この頃にはだいたい悟っていました。

多分再発だ…と。

震えながらコメントを読み進めて行くと、やはり屈腱炎再発でした。

3年前の夏、安田記念を4着し、さあ秋にはマイル王だと意気込んでた矢先にトライアンフを襲った屈腱炎。

しかも20%損傷というかなりの重症。もう終わりでも仕方がなかった。

でも、関係者の方々は手術して復活の道を選んでくれました。

長い闘病生活を終え、見事復活したトライアンフ。

でも、あの頃は1戦1戦が怖かった…1戦1戦がラストランという気で見ていました。

でも、それまでと違い、昨年の朝日CC以来、金杯、東京新聞杯と順調に使われはじめたと思っていました。

レースでのかかる感じも戻っていました。

いつしか僕も不安を忘れはじめていました。

前走の京王杯SC、なぜだか道中折りあったトライアンフ。岩田騎手の直線耳を絞って云々とか、120%でなければどうのこうのとかのコメント。普通なら、なにぬかしとんねんこのサルが!ってイラッとくるはずが、いや、違うねん、なんかおかしいやん?って違和感を感じてました。
普通ならほっておいても走るトライアンフが、なんだか走ることを拒否しているような気がして…なにやら不安でした。


でも、正直、安田記念という存在がその不安を消していました。

そこにこのニュースでした。

一昨日の夜、ベッドで安田記念の登録状況を見ながら、やっぱり無理だなぁとか思いながら、トライアンフのデビュー戦から1つ1つのレースを思い出していました。

21戦全てのレース、着順、内容を覚えていました。
なんか予兆だったのかなぁ…

僕にとって、トライアンフは特別な存在でした。

どの出資馬も平等にということをいう人もいますが、やっぱり色んな思い出があって、それが思い入れに替わって。それは仕方がないと思います。

こうして記事を書いていても、トライアンフとの色んな思い出を次から次へと思い出して涙がにじんできます。

新馬戦のマンガのようなムッチムチの馬体&大暴走。
人生初の皐月賞&中山遠征。
皐月賞2着の大興奮&大感動。
人生初のダービー&府中遠征。
菊花賞のロデオに競馬場で1人爆笑。
マイルチャンピオンシップ事件。
絶望的な屈腱炎。
休養前とかわらぬ尻尾フリフリなパドックに涙がでた復帰戦。
人生初の中京遠征&マーチとの再会。

本当に楽しかった思い出が何をどう書いていいかわからないくらいいっぱいです。


いつかこういう日が来ることは頭ではわかっていました。
でも今回は正直不意をつかれました。


まだまだ見たかった。
安田記念は無理でもリベンジマイルチャンピオンシップに出てほしかった。

これだけの馬だからなんとか重賞の勲章をとって欲しがった。

もっともっと元気に走る姿を見たかった…もっともっと一緒に思い出をつくりたかった。

いや、もう1戦だけでもいい。最後にもう1度元気に走る姿を見たかった。

でも、それはもう叶わなくなりました。

あかん…ほんまに涙が出てきた…

てゆうか、なんか泣き言みたいなこと書いてますが、結構さっぱりしているんですよ。
後悔とかそんな気持ちは一切ないし。
あるのはほんと感謝の一言です。

これまでトライアンフをお世話してくれた関係者に感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、トライアンフ。
夢を、感動を、興奮を、そしてたくさんの楽しい思い出をありがとう!

トライアンフ!

大好きだっ!


願わくは、どこかで元気に第2の人生を生きる道があることを祈るばかりです。
いつか再会できる日が来ることを信じて。


クラブコメント

5/23 引退

「脚元のことも考慮して中間はプールを中心に調整してきたのですが、安田記念はギリギリ除外対象とはいえ、今週時計を出しておかなくてはなりませんし、追い切りに備えて火曜日に坂路で15−15程度のところを乗ったんです。

前走後、本格的な乗り出しはその日が最初だったので、こちらもかなり慎重にしていたのですが、翌日になって右前脚に腫れが出てしまい、触ると痛みがある状態になってしまいました。
一過性のものであることを祈ったのですが、今朝になっても腫れは引かず、診療所でエコー検査を行ったところ、屈腱炎であることが判明してしまいました。

以前発症した箇所でもありますし、NFしがらきでも厩舎でも、慎重に慎重を重ねてケアを行い、力を出せるように調整してきましたから大目標を前に再発というのは残念でなりませんが、レースで命にかかわるような故障につながらなかったことだけは良かったと思っています。

皐月賞2着を始めクラシックでの戦い、マイル路線に変更してからの健闘、屈腱炎からの復活と、この馬の思い出は尽きません。
厩舎のスタッフたちから最近は『おじいちゃん』と呼ばれて親しまれていた馬。厩舎からいなくなるのは寂しいですし、なんとか重賞をと思っていたのでその点は悔やまれますが、とにかくこの年齢までよくぞ頑張って走ってくれたと感謝の気持ちでいっぱいです」
(角居師)

脚元の不安と闘いながら、7歳までトップクラスで渡り合ってきたトライアンフマーチ。年齢を感じさせない元気いっぱいな姿と張りのある馬体は、いつ見ても驚かされました。
出走が厳しそうだったとはいえ、大目標を前にこのようなことになって残念でなりませんが、屈腱炎の再発となれば、これ以上の現役続行は厳しいと判断せざるを得ません。このような状況を踏まえ、角居勝彦調教師と協議の結果、近日中に競走馬登録を抹消することになりました。
会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

トライアンフマーチ栄光と暴走の蹄跡

出走日 場所 レース名 天候 コース  騎手 斤量 タイム (着差) 上り 体重
2009/1/25 京都 3歳新馬 曇良 芝1600 2着 武幸 56 01:38.5 -0.3 35.1 494

2009/2/7 京都 3歳未勝利 晴良 芝1600 4着 武幸 56 01:35.9 -0.4 35.7 490

2009/3/1 阪神 3歳未勝利 晴良 芝1600 1着 武幸 56 01:38.0 0 34.4 480

2009/3/21 阪神 若葉S 晴良 芝2000 2着 武幸 56 02:02.1 0 35.6 478


2009/4/19 中山 皐月賞-JpnⅠ 晴良 芝2000 2着 武幸 57 01:58.9 -0.2 34.4 474


2009/5/31 東京 東京優駿-JpnⅠ 曇不 芝2400 14着 武幸 57 02:37.5 -3.8 42.6 482


2009/9/27 阪神 神戸新聞杯-JpnⅡ 晴良 芝2400 10着 武幸 56 02:25.5 -1.3 34.9 470


2009/10/25 京都 菊花賞-JpnⅠ 晴良 芝3000 9着 武幸 57 03:04.7 -1.2 35.4 478


2009/11/28 東京 キャピタルS 晴良 芝1600 1着 スミヨン 55 01:32.7 -0.1 33.8 472


2010/1/30 東京 東京新聞杯-GⅢ 晴良 芝1600 2着 ルメール 55 01:32.3 -0.2 33.4 476


2010/2/28 阪神 阪急杯-GⅢ 曇良 芝1400 4着 デムーロ 56 01:21.8 -0.4 35.4 476


2010/4/4 中山 ダービー卿CT-GⅢ 曇良 芝1600 10着 岩田 57 01:35.1 -0.8 33.8 474


2010/4/17 阪神 マイラーズC-GⅡ 晴良 芝1600 2着 岩田 57 01:32.9 0 33.3 478


2010/6/6 東京 安田記念-GⅠ 晴良 芝1600 4着 内田 58 01:31.9 -0.2 35.3 476


2011/10/22 東京 富士S-GⅢ 曇不 芝1600 8着 後藤 56 01:35.6 -0.7 35.5 482


2011/11/12 東京 パラダイスS 曇良 芝1400 1着 川田 57.5 01:22.0 -0.1 32.7 472


2012/7/22 中京 中京記念-GⅢ 晴良 芝1600 3着 池添 58 01:35.4 -0.3 35.5 480


2012/12/8 阪神 朝日CC-GⅢ 晴良 芝1800 11着 四位 58 01:47.0 -0.4 36.2 484


2013/1/5 京都 京都金杯-GⅢ 晴良 芝1600 2着 岩田 58 01:33.9 -0.4 34.7 484


2013/2/3 東京 東京新聞杯-GⅢ 晴良 芝1600 3着 横山典 56 01:33.0 -0.1 33.4 478


2013/5/11 東京 京王杯SC-GⅡ 雨稍 芝1400 2着 岩田 56 01:20.7 -0.1 34.2 476


生涯成績
21戦3勝 2着7回 3着2回 4着3回 5着0回 着外6回

« フレール結果 | トップページ | 今週の近況 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

突然の引退情報に驚きましたトライアンフマーチがタテジマさんの馬と知ったのはいつだったかな?それ以来陰ながら応援させてもらいました。
一番思い出深いのは、やはり初中京での中京記念。直線で外から差してくるトライアンフマーチを二人で応援したのが一年前。あれはなかなかの感動ものでしたよ。
ホントお疲れ様と言いたいです。余生をゆっくりと過ごさせてあげてほしいですね。
願わくは最後にもう一度会いたいですね。

ぽんちゃん

あの時はぽんちゃんがいるから泣きはしなかったけど、1人だったら泣いてたかもね。

あの日のひつまぶしはトライアンフのおごりです。

ネットの掲示板の書き込みでノーザンホースパークに行くという情報を見ました。

書き込みが本当ならひと安心なんですけどね。
confident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フレール結果 | トップページ | 今週の近況 »