« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月27日 (日)

ジャイアントリープ、デビュー

今日はジャイアントリープがデビュー!
てなわけで淀に行ってきました!


まずはパドック

馬体重は510キロ。
なかなか雄大な馬体をしていました。
気持ち余裕もあるような感じもしましたが、いわゆる大型馬の初戦的なゆるゆるな感じはなく、結構仕上がりが良く見えました。
芦毛じゃなく違う毛色ならもっと迫力感じたかもね。

ちゃんと回れるのかと心配していたパドック周回ですが、2人びきだったけど、そんなカリカリするような感じはなく、かといってのんびりって感じでもなく…
集中した周回という感じでもなかったですが、ま、普通に回ってくれていました(笑)

で、今日初めて気づいた…てか初めて生ジャイアントを見たから初めてで当然なんですが、この子の右目、白眼勝ちな、いわゆるサンパク眼いうやつ?
たまたまそう見えたんかなぁ…いやでも多分そうだ。
なかなかの迫力で睨みつけてくれましたよ(笑)

今日のジャイアントくん、黒めんこをして出てきたんですが…

芦毛の馬体に黒めんこ。

大好きだったカルソンくんを思い出し、どことなく重ねて見ていたタテジマでした。


入場も返し馬も問題なし。
そうこうしているうちにいよいよ発走時間。
問題のゲートです。

真っ先に入れられてしまったジャイアントくん。その後も係員の人が前にずっといたから要注意扱いになっていたのかな?

他馬のゲートを待つ間も大人しくしてたんですが、いよいよ大外の馬が入るって段階になってだんだんゲート内でじたばたしだして…

で、予想通りの出遅れ…いや、予想以上にちゃんと出たと言うべきか(笑)
ゲートで膠着したこともあっただけに、かなりの出遅れを覚悟していましたからね。

それでもゲートを出ればスピードの乗りも良く中段あたりまでグイグイと上がって行きました。

でも後でジョッキーのコメント見たらそこでジャイアントくん自らブレーキをかけてしまったみたいですね。

その後レースは新馬戦らしいスローの流れ。にもかかわらず向こう正面辺りで少し前と差が開くように見えたので、一瞬ついて行けないのかな?と目の前がクラクラしました。
でもよくよくジョッキーの動きを見ていると、そうではなく、逆に抑えてるというか、控えてるというかそんな感じに見えました。

それがわかり、おいおい何してんねん。控えてどないすんねん、行かさんかい。届かんぞ!と逆にイライラッとしましたが、後でジョッキーのコメント見たら他馬を気にしてフラフラしてたんですね。だから控えて下げて外に出そうとしてた訳ですか。

レースは最後の直線。午前中のレースで外らちにぶっ飛んでいったやんちゃ坊主がいたもんだからちょっと心配しましたが、ジャイアントくんは真っ直ぐ大外から差してくる。しかもえらい勢いで!

これは勝てる!差しきれるぞ!と思ったんだけど、ちょっとフラフラして…それでも伸びたんですが、悲しいかな内回り…あぁ直線が足りねぇっす!!

結局クビ、ハナ、クビ差で惜しくも4着に敗れました。

この時は後に出てくるジョッキーのコメントなんて知らないから、悔しさ満点。
あそこで控えていなければと…勝てたレースを落とした感じがして、ほんと悔しかった。

レース前はあれだけ不安だらけだったのに、ふたを開けたら想像以上に強いのでびっくりしましたよ。

ジャイアントくん自身の上がりはメンバー最速の34.2だったみたいです。しかも直線フワッと走るのをやめてしまった的なコメントつきで。

後で調べてみたら千二のパリパリの重賞シルクロードを除けばかなりの上がりみたいですね。

まぁ道中のペースが違うので単純に比較はできないですが、それでも初レースということを考えたら立派な時計だと思います。

てなわけで、ジャイアントくんの初レース。随所に初レースらしさ満載ながらも惜しい結果で終わりました。
この感じなら近いうちに勝ち上がれそうですね♪

精神的にしっかりしてくれば、秋には台風の目になってるかもよ(笑)

がんばれジャイアント!

クラブコメント

1/27 村山厩舎
■27日の京都競馬ではゆっくりしたスタートからジワッと出して中団の後ろを追走。直線は馬込みを避けて馬場の外目に持ち出し、いい伸びを見せたもののわずかに届かず4着。

「スタートが遅いのは想定内だったのですが、出していったら馬を気にしてブレーキをかけてしまいました。もう少し前のポジションが欲しかったので、そこは誤算でした。
道中も馬を気にしてフラフラしていましたし、馬群を捌く形は良くないと思い、直線は外目に出して追いました。
反応も良かったし、一瞬は突き抜けるかと思ったのですが、隣の馬に並んだらフワッとして止めてしまった感じです。このあたりは使いつつ慣れていってほしいですね。
思ったとおり能力は高い馬。距離もこのぐらいあった方がスタート後のリカバリーも無理なくできるのでいいと思います」
(酒井騎手)

「スタートはこの馬なりで極端に悪くはなかったものの、直線の脚を考えたら道中にもう一列前で運びたかったですね。もう少しでしたから余計に悔しいのですが、初戦の走りとしては決して悪くはなかったですし、次はと思わせる内容でした。
優先権利をとりましたので在厩で次を目指していきたいと思いますが、やはりレースを使っての心身の変化は見なければなりませんし、テンションの高揚などがある場合は権利にこだわらず放牧を挟ませていただくかもしれません」
(村山師)

課題のゲートは初戦としては無難にこなしてくれました。道中は終始他馬を気にする素振りをしていたため直線は大外に持ち出す形になりましたが、そこからの伸びは目立ちましたし、能力の高さを感じさせる内容でした。今後レース慣れをしてくれば楽しみです。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

( ´∀`)/~~

2013年1月25日 (金)

今週の近況 1月その4

こんばんは!タテジマです。
ヽ(´▽`)/

今週の日曜日、京都芝2000m新馬戦でジャイアントリープがデビューします。
\(^o^)/
鞍上は酒井騎手となりました。
遅ればせながらタテジマファミリー2010年産駒ようやく始動っす♪

しかしまぁ、長かったなぁ〜。
思い起こせば、ジャイアントくんが入厩したのは、去年の7月、夏真っ盛りのことでした。
北海道デビューかな?遅くとも秋口かとおもったっけ?あれから夏が終わり、秋が過ぎ、冬となり、年が明け…いつのまにやら半年経過…

この間ジャイアントくんは別に怪我や故障をしていたわけではありません。
単にゲート試験が受からなかったんです…あげくゲート練習でいっぱいいっぱいになってしまい途中放牧にも出される始末…

苦節6ヶ月…ようやく…ほんと、ようやくですが、この度ゲート試験が受かり、めでたくデビューとなりました。

余談ですが、コメットくんは今週あっさりとゲート試験受かりましたっ!

話をジャイアントくんに戻して、そりゃ、走るからにはジャイアントくんの勝利を信じて応援にいきますが、まぁゲート試験だけで、これだけかかった子ですから、とりあえず普通にパドックまわって、普通に馬場入りして、普通にゲートに入って、普通にスタートきって、普通に1周まわってきてくれることを祈るばかりです。

頼むからゲート再審査とかなるようなことだけはやめてね…

ちなみにジャイアントくんの今週の調教時計。
栗東CWでのものですが、87.2 - 70.0 - 54.3 - 39.6 - 12.7馬なり余力
です。

まぁ、デビュー前の最終追いきりが馬なり余力っちゅうのもどないなもんかとは思いますが、それはそれ。
前半ゆっくり入ってるとはいえ、馬なり余力でラスト12.7でまとめられるんだ。とちょっとびっくり。
ちょっと期待が湧くってもんです。

さらに今週から開催が変わり、京都はBコース使用となります。
先行天国の前開催で差し届かず負けてた馬たちがバンバン巻き返してくるっていうのがこれまでのパターン。
2000mという距離を含め、厩舎サイドも、おそらく出遅れるであろうと思われる(笑)ジャイアントくんに良い材料をそろえてくれました。
しかしまぁ新馬戦で期待より不安の方がかなり大きいってのも久しぶりだっ(笑)
とにかくひとつひとつ普通にこなしてくれ!結果は自然と後からついてくるっ!

あと、脚の打撲の切開手術をしたインペリくんですが、『競争能力に影響するような怪我ではない』っていう言葉に逆にドキッっとしました。
チューとウミだしたらちゃちゃっと治るやろって簡単に考えてしまっていたので競争能力どうのこうのという言葉は正直びびったなぁ。
っていうか、馬が脚を怪我するっていうことが、どういうことか。忘れてたことを思い出させてくれました。

早く元気になりますように。

では各馬のクラブコメントです。


◆トライアンフマーチ◆

1/23 角居厩舎
■23日は栗東坂路で追い切りました。
(57秒3−41秒9−27秒1−13秒7)

「今朝は坂路で強め程度の追い切りを行いました。
馬場が悪かったこともあって時計自体は平凡ですが、使ってきている馬ですし、今の状態をキープするようなイメージで調整できれば十分ですから、これで問題ないでしょう。
この中間も馬には活気がありすぎるぐらいで、普段の調教でも行きっぷり良く年齢を感じさせません。脚元についても、適宜電気治療などを行ってしっかりとケアしており、落ち着いた状態を保っています。来週の競馬に向けていい雰囲気で来ていますよ」
(辻野助手)

2月3日の東京競馬(東京新聞杯・芝1600m)に横山典騎手で出走を予定しています。

◆インペリアルマーチ◆

1/23 音無厩舎
■舎飼で様子を見ています。

「先週末、無事抜糸が終わって、切開した部分もだいぶくっついてきています。獣医からも、これなら近々動かしもいいと言われましたので、金曜日にNFしがらきへ放牧に出すことにしました。競走能力に影響があるような怪我ではないので、しっかりと治して戻ってきてもらいたいと思います」
(音無師)

25日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

◆フレールジャック◆

1/23 友道厩舎
■23日は軽めの調整を行いました。

「今朝は坂路を軽く乗って調整しています。
おそらく来週の東京新聞杯は除外になるだろうとの見通しですし、洛陽Sに焦点を定めた調整にしていますが、少し間も空くことで馬体も回復してくるでしょうから、むしろいい傾向だと思っています。
洛陽Sの日は3場開催で、京都だけ重賞がないということで、ジョッキーの確保が難しかったのですが、幸い三浦くんが乗りに来たいと言ってきたので、彼にお願いすることにしました」
(友道師)

2月3日の東京競馬(東京新聞杯・芝1600m)に出走を予定しています。
除外の場合は2月17日の京都競馬(洛陽S・芝1600m)に三浦騎手で向かう予定です。

◆アダムスピーク◆

1/22 NF空港
■ウォーキングマシン調整を行っています。

「調教メニューは変わりありませんが、脚元は問題なく黙々とマシン運動をこなしてくれています。
まだトレッドミルでの運動開始には至っていませんが、ここでジックリと時間をかけたことが後々につながってきますし、焦らず取り組んでいきたいですね」
(空港担当者)

◆プレレフア◆

1/22 NF天栄
■周回コースで軽めのキャンター調整を行い、坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター調整を行っています。

「この中間も乗り込みを重ねることができています。
状態面はいい意味で変わりありませんし、今後もトモを含めて良化を図った上で再入厩の段取りを組んでいければと考えています。出川師とも相談の上で日程詳細を固めていきます」
(天栄担当者)

◆コメットシーカー◆

1/24 藤原英厩舎
■23日はゲート練習を行いました。
24日はゲート試験を受け無事合格しました。

「ここまでゲート練習をやってきて特に気になるところがなくなったので、今朝試験を受けました。
寄り、駐立ともに問題なく、発馬の反応も水準、出てからはいいスピードを見せて文句なしの合格でした。
ここまである程度の時計も出しつつゲート練習を進めてきたので、デビューの態勢が整うまでそう時間はかからないとは思っています。ただ、まだトモに緩さを感じるし、昨年開腹手術をしているということもありますから、あまり焦らずにじっくりと詰めていきたいですね」
(藤原英師)

◆ジャイアントリープ◆

1/24 村山厩舎
■23日は栗東CWコースで追い切りました。
24日は軽めの調整を行いました。

「水曜日にCWコースで併せて追い切りました。
当初は、放牧前にゲート練習にもまたがってくれていた藤岡佑介騎手で調整をしていたのですが、今週は東京に行くことになっていて都合がつかず、今回酒井騎手にお願いすることにしましたので、昨日の追い切りに跨ってもらっています。
相手なりに合わせて追ってくれればいいと言ってありましたが、見た目にもいい手応えで動きは良かったですね。
この時期の3歳馬にしてはしっかりしていて、初戦から楽しみです」
(村山師)

「追い切りに乗せていただきました。ゲートでちょっと気難しいところがあると聞いていたので、馬場入りは用心しましたが、馬の後ろにつけて行けば問題ありませんでした。
追い切りは相手についていく感じでと言われていましたが、持ったまま相手をアオるぐらいの手応え。背中の使い方がとてもいいし、上背があってがっしりしているのに硬さがなく、とてもいい馬です。
追い出して隣の馬を気にしてモタれるところがあったので、ゲートとともにそのあたりも気をつけて乗りたいと思います」
(酒井騎手)

27日の京都競馬(3歳新馬・芝2000m)に酒井騎手で出走いたします。


今週はこんな感じでした
( ´∀`)/~~

2013年1月18日 (金)

今週の近況 1月その3

昨日は1月17日。
関西人タテジマにとっては、やはり忘れられない日です。

あれから18年たちましたかぁ…

あの地震の前は、大地震がくるなんてこれっぽっちも想像していませんでした。
あの日も神戸の街があんなことになってるなんて信じられませんでした。

あの日から、なんとなく心のどこかに大地震はくるものだと思うようになっていました。

しかし2年前の3月11日、それすらもはるかに超える大震災が東北を襲いました。

その東日本大震災と同程度の破壊力をもった大地震となる可能性を秘めている南海トラフを震源とする地震が近い将来来るかもと言われています。

東海、東南海、南海…

できればひとつづつバラバラに来てほしいが…

とにもかくにも僕たちが住んでいる日本は地震からは逃れられない。

いつかくる地震のために、心の準備といろんな備えを日頃からしておかなきゃです。

1月17日は追悼とともにそういうことを思い出させて再確認させてくれる日でもあります。

そして東北が1日もはやく復興しますように。

てなわけで近況ですが、ジャイアントリープのデビュー戦の予定が出ました!
来週の日曜日です。

とにかくちゃんとゲートに入ってちゃんと出てくれよっ!

もう1頭のコメットくんはもうちょいかかりそう。
デビューは3月かなぁ。

前から言ってますが、トライアンフくんが勝ち上がったのは3月の阪神だっ!

クラブコメント

◆トライアンフマーチ◆

1/17 角居厩舎
■16日、17日は軽めの調整を行いました。

「次の目標は少し先になりますし、この中間も馬体のケアを中心に進めています。
今朝はプール調整を取り入れていますが、脚元には負担をかけずに運動量は補うようにしていますし、普段の様子も変わりありませんよ。
引き続き状態と次走までの時間を考えながら徐々に動かしていきます」
(山田助手)

2月3日の東京競馬(東京新聞杯・芝1600m)に横山典騎手で出走を予定しています。

◆インペリアルマーチ◆

1/16 音無厩舎
■舎飼で様子を見ています。

「先週の手術後は舎飼で傷口の状態を見てきました。
まだ抜糸の日程は決まっていませんが、このまま順調なら今週中には抜糸できるでしょう。
動かすことができず馬もストレスが溜まるとは思いますが、体調なども安定していますし、馬はよく辛抱してくれていますよ」
(音無師)

◆フレールジャック◆

1/16 友道厩舎
■16日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は、敗れてしまったとはいえ久々にこの馬らしいレースができたように思います。
前日輸送で1泊できるのもいいのか、いつも2人曳きのパドックも今回は1人で曳けたほど落ち着いていました。
少しスタートで立ち遅れましたが、馬の後ろにつけられたことを考えると結果的にそれも良かったのかもしれませんね。
レース後は特に疲れもなく順調です。東京新聞杯を目標にしていますが、賞金的にちょっと難しいようにも思いますし、除外権利を取って洛陽Sというところまで頭に入れて調整していきます」
(大江助手)

2月3日の東京競馬(東京新聞杯・芝1600m)に出走を予定しています。除外の場合は2月17日の京都競馬(洛陽S・芝1600m)に向かう予定です。

◆アダムスピーク◆

1/15 NF空港
■ウォーキングマシン調整を行っています。

「体調が気候に左右されることはありませんし、脚元の状態を含め落ち着いて日々を過ごすことができています。
今後も状態をしっかりと確認しつつ、運動を取り入れていきます。馬体重は504キロです」
(空港担当者)

◆プレレフア◆

1/15 NF天栄
■周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によって坂路コースでハロン16〜17秒のキャンター調整を行っています。

「この中間から坂路コースでの調整を開始していますが、状態面はいい意味で変わりありません。
トモの状態についても悪くなっている感じはしませんし、この調子で乗り込みを重ねていきたいと思います。
ゆったりと構えていることはできませんし、こちらとしても早く競馬場に戻れるように取り組んでいきたいと考えています」
(天栄担当者)

◆コメットシーカー◆

1/17 藤原英厩舎
■16日は軽めの調整を行いました。
17日は栗東坂路で追い切りました。
(57秒2−41秒2−26秒5−13秒1)

「ゲートだけや追い切りだけを続けると負担が大きくなるでしょうし、少し前に疲れが見られたこともありますから、上手い具合に追い切りとゲート練習を織り混ぜながら進めています。
今朝は坂路で追い切りましたが、馬場が重たい中でも悪くない動きを見せてくれましたよ。
まだ体力が付ききっているわけではありませんしデビューまではより慎重に進めていきますが、ここまでの感触は悪くないですよ。
今後の状態次第ではありますが来週、再来週くらいにはゲート試験を視野に入れられるかもしれません。
競馬についてはまずゲートをクリアしてからですし、焦らずもう少し本数を重ねてからかなと考えています」
(藤原英師)

◆ジャイアントリープ◆

1/17 村山厩舎
■16日は軽めの調整を行いました。
17日は栗東CWコースで追い切りました。

「ゲートをクリアしてくれてからも馬体に疲れが出てくることはないですし、今朝は問題なく追い切ることができています。
ビッシリと時計を出しているわけではないのですが、併せた相手よりも余裕があり先着しましたし、馬なりでこれだけ動けば現状では十分でしょう。
ゲート試験を合格するまでに時間がかかったように気難しいところがありますし、あまり時間をかけすぎても却って馬が苦しくなってしまう恐れもありますから、来週から競馬を考えたいと思っています。
まだジョッキーは調整中ですが、事前に跨って感触を確かめてもらおうと思います」
(村山師)

27日の京都競馬(3歳新馬・芝2000m)に出走を予定しています。


( ´∀`)/~~

先週の結果

先週の結果、記事つくるだけつくってアップするのをすっかり忘れておりました
(;^_^A

しかし、先週は中山えらい雪でしたね。

翌日に順延ならまだしも来週に出馬投票ごとやり直しなんて…
びっちり仕上げて、輸送までして、そこで終了…はいまた来週paperなんて馬出す方としてはかなり厳しいっすよ。
フレールの出走が日曜日だったから良かったけど、もし月曜予定だったらと思うとぞっとします…

まぁ天気には勝てないのでこればかりは仕方ないっちゃあ仕方ないんだけど、3日間開催でなく、普通の日曜開催なら多分すんなりそのまま月曜に順延されてたはずだしねぇ…なんとかならんもんだったのかなぁ


てなわけで、日曜日に無事行われたフレールくんですが、惜しくも2着という結果でした。

一般的に外枠不利と言われる中山マイルで、しかも出遅れてだし、タテジマ的にはフレールは坂があんまり得意じゃないと思ってるので、この結果だから、よく頑張ってくれたと言えます。

しかし、フレールくんはかかりぐせのあるだけに、出遅れを取り戻すのに押して押して上げていってたから、一時はもうどないなることやら頭をかかえましたよ。でもこれがなぜか、かかるどころか、どっちかいうと行きっぷり悪いと感じるくらいでしたよね。

なんでやろ?

単にベリー騎手がうまいのか、馬体減の影響なのか、中山おにぎりコースのコーナーきつかったりする影響なのか…

それでも直線向いた時はなんとか勝てるかなと期待したんだけど、うまく立ち回ったミトラを交わすことができませんでした。
でも、ゴール過ぎてから意気揚々と先頭で走ってましたけどね(笑)

朝日CCは強烈な向かい風の中、ちっこい身体で先行して力尽きたけど、やっぱりためたら伸びてくれますね。

これで、トライアンフくんの金杯に続き2着ゲットという、タテジマファミリー2013はなかなか上々の滑り出しとなりました♪

クラブコメント

1/13 友道厩舎
■13日の中山競馬では道中中団の外につける。直線では先に抜け出した勝ち馬との差を詰めるも2着まで。

「スタートがゆっくりになってしまいましたので、出して位置を取りに行きました。
本馬場入場前の地下馬で頭を振ってチャカついていましたし、少し力みやすいところはありますが、かといってガッチリと抑えようとすると逆に反発しそうでしたから、道中は遊ばせるくらいのイメージで進めたらほどよくリラックスして走ってくれたと思います。
直線では坂で少し勢いがなくなったものの坂上からさらに伸びてくれています。
今日は外々を通った分勝ち馬には届きませんでしたが、力のある馬ですし勝たせたかったです。申し訳ありません」
(ベリー騎手)

「状態は良かったですし、この距離で見直せると思っていましたから、楽しみにしていたレースでした。
京都競馬場に臨場していたのでモニターでの観戦でしたが、今日はどちらかというと進んでいかないぐらいの感じに見えました。かかることを心配していたのでこれは意外でしたね。
ただ、終いの脚は見どころがありましたし、この馬らしさの一端は見せてくれたと思います。
このあとは馬体に問題ないようなら厩舎で調整し、東京新聞杯に登録しようと思っています」
(友道師)

スタートが思ったいたよりもゆっくりになってしまいましたし、枠の影響で外を通らざるを得ず決して楽な競馬ではありませんでしたが、直線ではしっかりと伸びてくれました。
勝ち切ることはできませんでしたが、スムーズ流れに乗れれば上位に来る力があることを改めて見せてくれましたし、次走ではもうひとつ上の着順を期待したいところです。
前日輸送が良かったのかいつもよりは落ち着いてレースに臨めましたが、体が減っていたことに変わりありませんので、しっかりケアをして次走へ向かっていきます。

( ´∀`)/~~

2013年1月11日 (金)

今週の近況 1月その2

あぁ風邪ひいた…3連休なのにもったいないなぁ…

熱とかはないんだけど、とにかく鼻づばりがひどぐでづらいでず…

てなわけで、ちゃちゃっとてを抜いて近況をば…

今週は中山でフレールくんが出走します♪
重賞制覇した舞台でタテジマファミリー2013初勝利を期待したいところです♪

あと、ジャイアントくんが、苦節数ヶ月、ようやくゲート試験を合格しましたよ♪
\(^o^)/

あと、金杯で2着になったトライアンフくんの次走が東京新聞杯となりました。
しかもノリちゃん志願の騎乗での重賞挑戦です。
頼むでノリちゃん!(^人^)

まぁ今週はこんな感じっす。

クラブコメント

◆トライアンフマーチ◆

1/9 角居厩舎
■9日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は、改めてこの馬の能力の高さを認識させられました。勝てなかったのは残念ですが、明け7歳とは思えない覇気のある走りで、トップハンデに恥じないレースをしてくれたと思います。
競馬のあとは、レベルの高いレースを走ったなりに、脚元なども少し疲れた感じはありますが、大きな問題はありません。
とにかく気持ちが前向きなので、レース後はかなりピリピリとしているものの、テンションが高いというよりは、走りたいという気持ちを前面に出している雰囲気ですね。使ってきているので状態は整える程度でいいでしょうし、このまま次走に向けてしっかりと調整していきます。
東京新聞杯の鞍上ですが、今日横山典さんサイドからぜひ乗せてもらいたいというオファーがあったので、彼に依頼するつもりです」
(角居師)

2月3日の東京競馬(東京新聞杯・芝1600m)に横山典騎手で出走を予定しています。

◆インペリアルマーチ◆

1/10 音無厩舎
■9日は右膝の手術を行いました。

「水曜日の午後、右膝に溜まったしょう液を抜く切開手術を行いました。1リットルぐらい溜まっていて驚きましたが、手術自体は簡単なもので心配はいりません。

現在は入院馬房で舎飼をして縫合部分がくっつくのを待っている状態です。
1週間から10日ほどは様子を見て、皮膚がしっかりついたら抜糸をして、傷口が安定したら放牧に出す予定です」
(音無師)

◆フレールジャック◆

1/10 友道厩舎
■9日は軽めの調整を行いました。
10日は栗東坂路で追い切りました。
(56秒8−41秒6−26秒6−12秒7)

「今朝は坂路でサッと時計を出しました。終い重点に反応を確かめる程度ですが、追い出してからの反応がよく、非常にいい動きでしたよ。
以前に比べて、特に精神面が安定していて、調子のブレが少なくなってきたように思います。
カイバもこの馬としてはしっかりと食べてくれていますし、馬房でもイライラしたような様子がまったくありません。力を出せる仕上がりですし、レースが楽しみです」
(大江助手)

13日の中山競馬(ニューイヤーS・芝1600m)にベリー騎手で出走いたします。

◆アダムスピーク◆

1/9 NF空港
■ウォーキングマシン調整を行っています。

「年末年始を挟んでも体調は変わりありませんし、もちろん脚元も問題なく運動を進めることができています。
今しばらく我慢の時期が続きますが、先々の復活のためにも時間をかけてあげたいと思います」
(空港担当者)

◆プレレフア◆

1/8  NF天栄
■周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。

「こちらには年末に移動してきており、さっそく乗り運動を開始しています。
まだ緩さを感じる部分もあるのでしばらくは状態を確認しつつですが、あまり悠長に構えていることもできませんので、できる限りのケアを行いながら移動に向けてしっかり乗り進めていきたいと思います」
(天栄担当者)

◆コメットシーカー◆

1/9 藤原英厩舎
■9日は軽めの調整を行いました。

「この中間、週末に少し疲れが出ましたが、1日調教を休んだだけで回復してくれました。その後は順調に乗り込めていますし、適宜ゲート練習も取り入れつつ進めています。
ゲートはあまり追いつめてやりたくないので、速い調教も取り入れながらやっていく予定。ここまで進めてもテンションが上がるようなことはありませんし、問題なく調教できていますよ」
(田代助手)

◆ジャイアントリープ◆

1/9 村山厩舎
■9日はゲート試験を受け、合格しました。

「先週でもほぼ合格ラインにあったぐらいなので、今週こそはという気持ちでしたが、なんとか合格することができました。
発馬のタイミングが少し遅いのですが、駐立はほぼ問題ありませんでしたし、とにかくホッとしましたよ。
ここまで詰めて練習もしてきたので、このあとの状態をよく見て今後のプランを検討していきます」
(村山師)


( ´∀`)/~~

2013年1月 6日 (日)

金杯結果

昨日はトライアンフの応援に京都競馬場に行ってきました。

G1デーか思うほど、とにかくすごい人でした。みんな好きものですなぁ…
( 〃▽〃)
寒さもこの時期の淀としてはかなりましで良かったです。


6レースくらいから見たのですが、今開催の芝はAコース使用のため、内に数頭分のグリーンベルトがあります。とにかくそこを走らないと話にならないので、外をまわす馬にはかなりのハンデです。

幸いトライアンフは内枠をひいていたので、あとはにゃんとか先行してほしいところ。それで負けたら仕方無し。とにかく後方から行って大外まわすのだけはやめてくれ!と思っちょりました。

いよいよ金杯となり、パドックにトライアンフが出てきました。

うーん、いつみてもかわいい(笑)
ムッチリしたケツも健在。

ただ、昨日のトライアンフは、入れ込みがあまりない反面、なんか首を横にふったり、物見したりが多かった。あと僕の勘違いかも知れませんが、いつもの伸びやかな歩様よりは、なんか硬いというか、少し歩様が小さく感じられました。
寒さのせいか、物見のせいか…はたまた気のせいかも知れませんけどね。


で、返し馬。
本場馬入場で、誘導馬の後ろをトコトコついていくトライアンフ。大型ビジョンを過ぎてもまだトコトコついていく。

ここまでは今日はおとなしいなぁと思ってたんですが、返し馬に移った次の瞬間、いきなりひっかかっていました(笑)

そしてレース。
絶好のスタートをきり、すっと好位置をとりました。
ここまでは理想どおりの展開。しかし、前に馬がいない…
スイッチが入りガッツリかかるトライアンフ。必死で抑える岩田くん。
前回は誰かさんがこのまま持っていかれたあげく難しい馬だといっていましたが、岩田騎手はなんとか抑え込んでくれていました。
しかも、岩田騎乗のレース後のコメントは、トライアンフのことを一切悪くいわず自分がまだまだだというコメントをしてくれました。

誰かさんとはえらい違いだっ!ずっと騎乗停止になっときなさい!

岩田騎乗にはずっとのってほしいなぁ…

話を戻して、

ようやくヤマニンがトライアンフの前に入ってくれ、これで落ち着くと思われましたが、そうは行かないのがトライアンフ。
その後もとにかく行きたくって行きたくって仕方がないトライアンフを岩田くんが必死で抑えてるの図のままレースは続きます。

道中はずっとこんな状態。でも、個人的にはそれほど悪い気はしなかったです。

『トライアンフだぁ…まさにトライアンフだぁ…あの暴れん坊が帰ってきたぁ!
思い出すのは新馬戦に菊花賞!あれらに比べりゃましなほうだ(笑)』

そう思って見てました。

快進撃を続けていた頃のトライアンフはまさに暴れん坊。何をするやらわからないから小柄な騎手は乗れないほど。
怪我をしてからはどうも大人しいトライアンフでしたが、以前の元気が戻って来たような気がして…

ホントならあれだけかかると、何してんねん!あかんわこりゃ!てなもんですが、嬉しくて懐かしくて、なんだかニヤニヤしてトライアンフの走りを眺めていました。


最後の直線を向き、勝利を信じて応援しますが、なかなか前をとらえらません。ここに来て道中ガッツリひっかかったのが響いてきた!と、やきもきしている間に、道中トライアンフの真後ろでうまく立ち回っていたダノンくんがシュシュシュと抜け出していきました。

なんとか2着を確保を!と思うものの5キロ差あるヤマニンをなかなかとらえられません。

『させさせさせさせ!!トライアンフこるぁあ!させこるぁあ!』

と久々に必死のぱっちで叫んでいました(笑)

念力が届いたわけではないでしょうが、トライアンフはなんとかゴール寸前ハナ差ヤマニンをとらえて2着を確保してくれました。

レース後、負けた悔しさは全くなく、2着を死守してくれた頑張りが本当に嬉しかったです。

馬券的には複勝と馬単が当たりました。

レースが終わったあと、あっそうそうもう1つ馬券があったわ!と、お正月の運だめし気分でトライアンフ軸で買ってたクイックピックを見てみると…

『ええっと①→③→⑧…①→③→⑧…①→③→⑧…

( ̄□ ̄;)!!

あるやないか①→③→⑧がっ!』

なんとクイックピックなる運まかせ馬券で3連単が当たっていたのでした!

いやぁ♪お正月におみくじ大吉でただけのことはあります♪

ありがとう神様!そしてありがとうトライアンフ!

思いがけないボーナスにテンションも上がりました!
ラッキーなお金で、帰りがけに前からほしかった競馬場に持っていくのに最適なポーターの斜めにかけるボディバッグを買って帰りました。
今度はこのカバンを札束でパンパンにして帰れるはずだ!
名付けてタテジマわらしべ長者計画発動だ!

てなわけで、新春一発目の競馬はとても楽しく終わりましたとさ!!

ただ、とんだハプニングもありました。

それは何かといいますと、
レース終了後パドックでジョッキーの挨拶があり、サイン入りゴーグルのプレゼントがあったのです。
で、川田が投げ入れたゴーグルがまさにタテジマの目の前に飛んで来ました。

ゴーグルが飛んで来たまでは良かったのですが、案の定タテジマを中心に周りの人もどっと飛んできて…もみくちゃにされた挙げ句、背後から頭にエルボーアタックをくらいました…くっそー誰やねんチキショー…

ゴーグルはタテジマの手に収まる寸前、ヒモを握った誰かにひょいと奪われていき、後には指先のゴーグルの感触と、頭の痛みと、腰の痛みだけが残ったとさ…

世の中の厳しさを知る日でもありましたよ…


クラブコメント

1/5 角居厩舎
■5日の京都競馬ではまずまずのスタートから好位につける。直線では勝ち馬に抜け出されてしまうも、最後までしっかり伸びて2着。

「内枠からの競馬だったので、最初から勝ちを狙っていたんです。押し切れなかったあたり自分もまだまだですね…。でも、こういうレースをしようと思ってそのとおりに進められましたし、馬も力のあるところは見せてくれました。
きっちりとレースを進められればまだまだやれます」
(岩田騎手)

「前走は道中に行きたがって最後に苦しくなってしまいましたが、今日は何とかなだめながら上手く運んでくれましたね。
勝ち馬からは少し離されてしまいましたが、かなりハンデを見込まれていましたし、きつい条件の中で頑張ってくれています。
マイルという条件もいいのでしょうが、馬場も今日のように乾いている方が合っていますね。
この後は状態をチェックしてからになりますが、やはり力のある馬ですし、勝利を目指してしっかりと調整を進めていきます」
(角居師)

勝利までは届きませんでしたが、これだけのハンデを課せられながら2着には食い込んでくれましたし、力のあるところを見せてくれました。
この後は状態を見ながら決めていきますが、母同様に重賞レースを先頭で駆け抜けてほしいものです。

パドックのトライアンフ

奇跡の馬券

2013年1月 4日 (金)

今週の近況 1月その1

いよいよ明日から2013年の競馬が始まりますね!

そして京都金杯にいきなり7歳となったトライアンフが参戦します。

ハンデは重賞未勝利にして重賞勝ち馬をおさえ、またまたトップハンデの58キロ!相変わらずハンデキャッパーに高く評価されているようで…かなわんわぁ…

まぁ、おかげでハンデ戦なら優先で出走可能なんですが…。
別定のレースでも単に賞金だけでなくレイティング上位も何頭か優先で出られるシステムを作って欲しいところです。

なんてことはおいといて、とにかくトライアンフが中3週で使えること自体が久々のこと。奇数ですが、内枠もゲットしました。

なんとか初重賞制覇と賞金加算をしてほしいところです。

馬券はトライアンフ単複と馬連総流しだ!
あと、うま友のダローネガくんもちょっと買っといてあげよう。


てなわけで、タテジマファミリー2013年の野望を発表します。
野望なんでちょっと目標高めにねっ♪

野望その1
みんな元気に1年走る。

のはずでしたが、インペリの打撲により、いきなりつまずいてしまいました。
力のいるこの時期の出走を楽しみにしてたのに…ショックやわ…軽傷であることを祈ります…


野望その2
重賞3勝

過去のファミリー重賞制覇は2勝。でも今年は重賞に届きそうな馬、金杯に出走のトライアンフ、そしてフレール、未知のコメットくん、そこにアダムスくんが秋には帰って来てくれるとして、これだけ抱えているだけになんとかクリアしたいところです。

野望その3
年間15勝

今年のファミリーラインアップは、トライアンフ、インペリ、フレール、アダムス、プレレ、コメット、ジャイアンそして2歳馬3頭…1頭あたり1.5勝…これもなんとかならんか…

野望その4
クラシック出走

これは未知の高額ディープ、コメットくんに期待!間に合え!
ジャイアンくんは…まずはゲート試験合格だなっ!

野望その5
年間黒字収支

みんなとにかく元気に1年間がんばってくれれば。
\(*⌒0⌒)b♪

てなところです。

いったいいくつの野望が叶うかな♪


クラブコメント

◆トライアンフマーチ◆

1/3 角居厩舎
■3日は栗東CWコースで追い切りました。

「年末の31日にもCWコースで時計を出していますが、とにかく元気いっぱいですね。
今朝はCWコースで3頭併せ。1度使ってそれほど間もありませんし、しっかり乗り込んでいるので5ハロン70秒程度ですが、乗っているスタッフが目一杯引っ張ってしんどかったと言っているほど、とにかく素晴らしい手応えです。
普段から年齢を感じさせない元気いっぱいの動きを見せていますし、今回は得意のマイル戦。楽しみですよ」
(清山助手)

5日の京都競馬(京都金杯・芝1600m)に岩田騎手で出走いたします。

◆インペリアルマーチ◆

1/3 音無厩舎
■舎飼で様子を見ています。

「年末の31日に軽い打撲をしてしまったため、骨には異常がないという診断を受けたうえで様子を見ながら動かしてきたのですが、今朝になっても腫れが引かず、改めて獣医に診てもらいました。
右前の膝部分の腫れなのですが、炎症部分にしょう液(体液)が溜まっており、動かせば引くものの、そのままにしていると袋状になって腫れが大きくなってしまうとのことです。
このまま乗り込むと近辺の毛細血管が切れてしまうとのことで、一度切開してしょう液を抜かなくてはなりません。来週手術の予定になりましたので、競馬の予定は白紙にさせていただきます。
状態が良く、レースを楽しみにしていたのですが、このようなことになってしまい本当に申し訳ありません」
(音無師)

12日の京都競馬(大和S・ダ1400m)は回避します。来週中にトレセンの診療所にて切開手術を行う予定です。

◆フレールジャック◆

1/3 友道厩舎
■3日は栗東坂路で追い切りました。
(56秒3−41秒4−27秒0−13秒9)

「予定通り短期の放牧から帰厩し、いい雰囲気で調整できています。京都金杯は除外が濃厚でしたので、来週のニューイヤーSに照準を合わせて、今朝は坂路で併せて追い切りました。
相変わらず馬場状態が良くない中、この馬としては時計も良かったですし、モタれるようなところも見せずに非常にいい動きでした。
短期でもリフレッシュできたのが良かったのか、落ち着きもありますし、このまま順調に調整していけそうですよ」
(友道師)

5日の京都競馬(京都金杯・芝1600m)は非抽選除外になりました。このあとは13日の中山競馬(ニューイヤーS・芝1600m)にベリー騎手で出走を予定しています。

◆コメットシーカー◆

1/3 藤原英厩舎
■3日はゲート練習を行いました。

「この中間も順調に乗り込んでいます。少しずつゲートにも慣らしているところですが、特に問題はありませんね。メンタルが強い馬で、何事にも動じるところがなく、本当に手がかかりませんよ。
身のこなしもきれいですし、品のある馬だなという印象を持っています」
(田代助手)

◆ジャイアントリープ◆

1/4 村山厩舎
■3日はゲート練習を行いました。4日はゲート試験を受けましたが、不合格でした。

「ここまで順調にゲート練習をこなしてきたので、今朝試験を受けたのですが、残念ながら不合格になってしまいました。
駐立があまり良くないようなら縛ることも考えましたが、休養前に比べるとだいぶ落ち着きが出ていますし、縛るほどではありません。
ただ、周囲に馬が多いとそれを見て後ろにモタれたり、ちょっと気にする仕草をしてしまうんですね。
あと一歩のところまできていますし、今は馬体に苦しいところもなく精神的に安定しているので、なるべく早く合格させたいと思います。先週、今週と自分で跨ってみましたが、背中の感じはこの時期の3歳馬としてはしっかりしていて古馬のような雰囲気を持っていますよ」
(村山師)

※北海道で療養中のアダムスと、地方に行ったプレレの今週の更新はありませんでした。

今週はこんな感じ♪

てかジャイアン…まさかゲート試験でこうも時間がかかるとは予定外だっ!
( ̄ ^  ̄ )こまったもんだ…

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

今年もタテジマファミリーともどもよろしくお願いいたします。

いい1年になりますように
( ´∀`)/~~

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »