« 今週の近況 12月その1 | トップページ | 今週の近況 12月その2 »

2012年12月 9日 (日)

今週の結果

くっ、悔しい…

今日のJF、クロフネミステリーを買ってながら、人気どころの1番をはずしてしまうとは…

だってウォーエンブレムが芝のG1を勝つなんて…
そういえば、昨日も今日も軽い芝向きのキレるタイプの馬はきれいに封印されてたな…

そうかぁ…今頃気づいた…

てなわけで昨日は仁川にトライアンフ、フレール両馬の応援に行ってました。

結果はフレール、8着、トライアンフ11着(泣)
一瞬はワンツーも夢見たんですけどね。

パドック見た感じ、トライアンフはなかなかいい感じでパドックの外目を元気よく歩いていました。いつものように尻尾をフリフリ。

一方のフレールは、うーん、デビューしたての頃はもうちょっとピョンピョンといかにもバネがあるような歩様をしてたはずなんだが…ってな感じでした。

レースはフレールが2番手につけ、トライアンフが中段で…

て…やっぱり2頭いっぺんに見るのは無理だっ!

ぶっちゃけると、パドックからトライアンフ7割、フレール3割って感じでして…
やはり、これまでの道のりやいろんな思い入れからどうしてもトライアンフ中心になっちゃって…

ごめんよ、フレール。
ほんま申し訳ないっす…

そのトライアンフ、かかり気味のフレールが先頭をつついて作った1000m58秒なんぼというなかなかの速いペースを4角手前からぐおおっと上がって先頭捕まえにいっちゃって…

直線失速するのが目に見えるようでした

しかーし、そこはトライアンフの底力のなせる業というか…失速はしましたが、かなりの見せ場はつくってくれました。

フレールはやはりこういう展開では坂で止まってしまう。そもそもこの子は坂路走らんからね。
スローで脚をためれたのならまだしも、こういうなし崩しの展開では…でもこちらも見せ場はつくってくれました。

結果は8着と11着だったけど、勝ち馬からはコンマ3秒差でしたし、トライアンフなんか58キロだったし、あんな無茶苦茶な競馬だったし、どちらも結構かかってたし、そらショックはありますが、そう悲観するほどのもんではないです。
ただ、やっぱり賞金稼げないのは痛いなぁ。

両馬とも条件的に、次は年明け京都金杯かなぁ。フレールは中山のオープン特別も視野に入れてるみたい。

タテジマ的にはなんとか金杯で幸先よくワンツーフィニッシュといって欲しいところです。

昨日とおんなじ展開でも淀ならいけるぜぃ!

あと、トライアンフ。せめてコンマ5キロハンデ下げてくれ!


◆トライアンフマーチ◆

12/8 角居厩舎
■8日の阪神競馬ではまずまずのスタートから中団で折り合いに専念。3コーナーで進路ができると外目をかかるような手応えで上がったが、最後は伸びを欠いて11着。

「道中は中団で折り合っていたのですが、3コーナー過ぎて前が開くと、自分から動いていってしまって…。
調教ではうまく折り合いがついていたし、この距離でも大丈夫と思いましたが、マイルより長いところを走るのが久々でしたし、休み明けということもありましたから。
着順ほど差はありませんし、力があるのは間違いないのですが、ちょっと乗り難しい感じでした」
(四位騎手)

「暴れなければいけないところの前に暴れてしまって、最後は手応えがなくなってしまいましたね。
向こう正面でいったんはハミが抜けて落ち着いてくれたんだけど…。
それでも、このハンデでよく戦っていると思いますし、前に壁を作れる形ならば距離もこなせるとは思います。
着順ほど負けているわけではありませんし、休み明けということを考えれば上々でしょう。
脚元の状態をよく見てからになりますが、問題がなければ年明けの競馬を目指すつもりでいます」
(角居師)

今日は残念な結果でしたが、差はわずかでしたし、58キロを背負って久々のレースだったことを考えれば決して悲観する内容ではなかったと思います。
使ってさらに良くなるでしょうし、マイル戦ならもっと競馬もしやすいはずです。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

◆フレールジャック◆

12/8 友道厩舎
■8日の阪神競馬では五分のスタートからスッと前につけ、2、3番手を追走。そのまま4コーナーを回り、直線半ばではいったん先頭を伺うが、そこから後続に差されて8着。

「西宮Sを勝ったときのようなレースになりました。
相手が強い分、最後に差されてしまったけれど、かかるからと言って引っ張ると、どんどん位置が悪くなって前走のような競馬になってしまいます。
今日は道中団子状態になって厳しくなりましたが、それでも最後は差のないところに踏ん張っていますし、力はあります。
基本的に、逃げ馬の後ろにつけるような形がベストですから、1頭でもレースを引っ張る馬がいてくれれば違ったはずです」
(福永騎手)

「逃げている馬よりも前に行くことはないんだけど、その後ろで力んでしまっていましたね。
エネルギーを垂れ流してしまって最後の粘りに繋がりませんでした。
馬の後ろに入れれば距離もこなせなくはないと思いますが、もう1ハロンくらい短い方が競馬はし易いでしょうね。
年明けの金杯は賞金的に微妙かもしれないけど、翌週の中山にもマイル戦はあるので、いったん放牧に出してからその辺りを目指せるように戻したいと思います」
(友道師)

決して遅いペースではないものの、馬群が固まった状態で流れていたこともあり、やや行きたがるところを見せてしまいました。
それでも勝ち馬からは0秒3差に粘っていることを考えれば、決して力負けとは言えないでしょう。
このあとは短期放牧を挟み、ベストのマイル戦を視野に入れて調整していく予定です。

« 今週の近況 12月その1 | トップページ | 今週の近況 12月その2 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の近況 12月その1 | トップページ | 今週の近況 12月その2 »