« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月30日 (火)

今週の近況 10月その5

先週行われた天皇賞はエイシンフラッシュが優勝。
レース後、デムーロが馬を降り、片膝をついて両陛下に礼!あの姿は美しかったですね!!
まじ感動しました!

デムーロといえば、ドバイワールドカップでヴィクトワールを優勝に導き、大震災が起こったばかりのベコベコにへこんだ日本に、希望の光をもたらしてくれたのも、日本ために涙を流してくれたのも記憶に新しいところですよね。
いいねデムーロ!


で、レースの印象としては、3歳馬フェノーメノも頑張ったし、カレンブラックヒルも見せ場十分だったけど、強かったのはやっぱり最強世代と言われた5歳馬でした。
タテジマの本命、ルーラーくんはプラス18㌔で、やっぱり見た瞬間余裕残し、しかも出遅れ…それでも大外ぶんまわして3着に来るのはやっぱりルーラーくんは強いですね。

てか、上位馬みんな、ほんまに強いわぁ…久々にまじで強いわこいつらと思った秋天でした。

あと、いくら休み明けにしてマイナス体重、挙げ句大外枠と実力を発揮できなかったとはいえ、あのグローリーくんがしんがり負けをするとは、タテジマの中ではちょっとした事件でした。


てなわけで、秋天解雇に引き続き、今週のタテジマファミリーの近況ですが…

やっぱり今週も出走はありましぇん…

でもね、でもね、ついに帰厩がありそうです!

大好きなトライアンフが帰ってきますよ!
\(^o^)/

今までの傾向からは、トライアンフはびっしり調教するよりレースを使っていく傾向なので、11月中にも復帰戦があるかもね!

まさか、マイルチャンピオンシップはないでしょうが、番組が変わってなければ府中最終週にキャピタルSがあるはず!
3年前の勝ち馬は…そう!トライアンフですよ!

とにもかくにも大好きなトライアンフが帰ってくるのは楽しみだなぁ♪

そうそう、弟くんの方はまたまた588㌔と大台に近づいてきたようですよpig


クラブコメント

◆トライアンフマーチ◆

10/30 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「今週中の帰厩になりそうなので、最終調整というつもりでこの中間はしっかりと15−15強めのところを乗りました。
ビシッとやったことで馬も前向きさが出てきましたし、いい状態で移動できそうです。
馬体重は514キロです」
(NFしがらき担当者)

◆インペリアルマーチ◆

10/30 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「この中間も順調に乗り込んでいます。
周回コースで2000mほど併せることを基本に、週に2回は坂路で18−16ぐらいのペースで乗っています。
阪神開催のギャラクシーSがひとつの目標になりますので、こちらもそのつもりで進めていきます。
馬体重は588キロです」
(NFしがらき担当者)

◆フレールジャック◆

10/30 NFしがらき
■坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「この中間も順調に乗り込んでいます。
周回コースを乗らない分はトレッドミルでしっかり体を動かして、そのあと坂路に行くようにしています。
今のところ脚元も安定していますし、問題なく進めて行けそうです。
馬体重は456キロです」
(NFしがらき担当者)

◆アダムスピーク◆

10/30 NF空港
■ウォーキングマシン調整を行っています。

「前回のエコー検査からは一ヶ月は過ぎましたが、さすがに次の検査まではまだ日が浅いでしょうし、もうしばらくは間隔を空ける予定です。
脚元に関しては見た目や運動の様子からは悪くなっているようには見えませんし、少しずつでも回復してくれていることを期待したいですね」
(空港担当者)

◆プレレフア◆

10/30 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「この中間は角馬場を使ってハッキング程度の軽い調教を行っています。
体調がもうひとつだったこともあってカイバ喰いもあまり良くないので、もう少し時間をかけて良化を促していってあげたいですね。
馬体重は494キロです」
(NFしがらき担当者)

◆コメットシーカー◆

10/30 NF空港
■角馬場でのフラットワークと週3回は屋内坂路コースでハロン15〜17秒のキャンター2本を行っています。

「この中間からさらに負荷を強め、ハロン15秒近くまで出しています。
脚元を含め状態面に不安はありませんが、さすがにこれまでの経緯を考えても競馬までにはもっと乗って行く必要がありそうですね」
(空港担当者)

◆ジャイアントリープ◆

10/30 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「この中間も順調に乗り込んでいます。
環境に慣れたこともあってうるさいところは見せなくなっていますし、乗り手を煩わせるようなこともありません。ここまではいい雰囲気ですが、ゲート試験のこともありますから、しっかりとリセットしてあげたいと思っています。
馬体重は518キロです」
(NFしがらき担当者)


今週はこんな感じでした♪
( ´∀`)/~~

2012年10月28日 (日)

秋天を予想してみた

秋天、なかなかのメンバーが揃い難解なレースとなりました。

そんな中、ワタスの本命は…やはり

◎ルーラーシップ

大好きな天才ルーラーくんが、ようやく府中に参戦!
宝塚以来だし、器用さがなく、また気分屋的な感じでギアがトップに入らない場合が多々あり。ただ、まともに走れば確実に一番強い

…はずだっ!

(`・ω・´)

○フェノーメノ

ハナ差でダービーは逃したものの、ほぼダービー馬参戦みたいなもん。
古馬が休み明けが多いので3歳馬フェノーメノを対抗に。
府中も4戦3勝、唯一の敗けもハナ差のダービーのみ。


▲ダークシャドウ
去年とはローテを変えてきました。
今年未勝利なので▲におとしましたが、府中6戦5勝、唯一の敗けは去年の秋天2着のみ。

△ナカヤマナイト
オールカマーを勝っての参戦。雨が降ればさらにチャンスあり。

キャロ代表
トランスワープ
トゥザグローリー

悩み中
サダムパテック
オルフェー世代の皐月賞2着。同距離、同コースで見直してみるかな。

エイシンフラッシュ
ずっと買ってる馬だけど、基本スローヨーイドン専用。今回はそうはならない感じで…ただ相変わらず調教は圧巻だねぇ。

カレンブラックヒル
春に皐月賞、ダービーに見向きもせずに短距離路線…。でも無敗のまま1800まで克服。果たして…
こっち買うならジャスタウェイか…配当的にも…

以上の悩み中さんたち、△に入れるならまずはやっぱりサダムパテックかなぁ…◎○が人気なだけにね。
…あとジャスタウェイね…名前が好きだなぁ…

…ジャスタウェイ!…

馬券は◎から○▲△キャロへの馬単、3連複流しを買います。
それに◎○▲△までの馬連ボックスを押さえで。

もしかすると◎○から▲△キャロ悩み中への3連複買うかも。

あとキャロ代表の単複とキャロキャロ総流しの3連複も余興で(笑)

当たるといいなぁ。
( ̄¬ ̄)

2012年10月24日 (水)

今週の近況 10月その4

先週の菊花賞直前にディープブリランテが屈腱炎でリタイアし、ゴールドシップ1強になってしまいました。

しかしまぁこの世代、アダムスピーク、ワールドエース、トーセンホマレボシに続きダービー馬まで屈腱炎とはね。

ここまでことごとく、しかも全馬屈腱炎とは珍しい年となりました。
やっぱり、こうなると春の中山の激悪馬場、淀や府中の異常な高速馬場がまだまだ未完成の若駒に多大な負担を与えたのかなぁなんて勘ぐってしまいますよね。
最近はほんとにそんなアホなぁ思うほどの時計がでますもんね。

僕が競馬を始めた頃、オグリキャップが安田記念で出したレコード1分32秒4。今では条件馬でも出しやがる…

だからといって今の条件馬が、あの頃のオグリキャップより強いとは思えない…
いったいぜんたい、どないなっているのやら…

えっ(;゜∇゜)

なにをとりとめのないこと、うだうだと書いているのかって?

そうです。今週も出走馬はおろか、在厩馬すらおりませんよ。

書くことないのですよ!

この状態…いったいいつまで続くのやら…

てなわけでクラブコメントっす


◆トライアンフマーチ◆

10/23 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「この中間は15−15に近いところをコンスタントに乗っています。
だいぶ動きはしっかりしてきましたし、脚元も落ち着いた状態を保っています。
まだ馬体には余裕があるので、しっかりと量を乗って入厩に向けた体造りをしていきます」
(NFしがらき担当者)

◆インペリアルマーチ◆

10/23 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「先週後半から騎乗調教を開始しました。トウ骨については、馬自身特に気にしている様子はないので、目一杯走った疲れがちょうど抜けてきたと見ていいでしょう。
このまま緩めずに乗り込んでいきたいと思います」
(NFしがらき担当者)

◆フレールジャック◆

10/23 NFしがらき
■坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「先週気になった脚元については、今は熱感やムクミも取れて問題ありません。
グリップの利きすぎるタペタの周回コースだと脚元に負担がかかりそうなので、坂路中心に乗り込んでいますが、今のところ順調に動けています。
緩めず乗り込みつつ、引き続き脚元も慎重に見て行きます」
(NFしがらき担当者)

◆アダムスピーク◆

10/23 NF空港
■ウォーキングマシン調整を行っています。

「運動中だけでなく馬房での様子もいい意味で変わりありませんし、脚元もこの馬なりに安定して見せています。
今後もマシン運動を取り入れながら変化がないかしっかりと見ていきたいと思います」
(空港担当者)

◆プレレフア◆

10/23 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「動かし出してから、この馬らしい元気があまり見えないので、ウォーキングマシン中心の軽い運動に留めています。
少し楽をさせたことで使ってきての疲れが出てきたのでしょうし、今は無理せずに、本来の体調が戻るまでゆったりと動かしていくつもりです」
(NFしがらき担当者)

◆コメットシーカー◆

10/23 NF空港
■角馬場でのフラットワークと週1回は屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンターを1本、週2回は坂路を2本登坂しています。

「現状のペースはハロン16〜17秒のものですが、元々夏前にもこれくらいのペースは取り入れていましたし、問題なくこなしてくれていますよ。
速めの調教を継続的に取り入れていくことになるとこれまでにない負荷がかかる訳ですから、現状ではしっかりと下地を整えていきたいですね。
馬体重は508キロです」
(空港担当者)

◆ジャイアントリープ◆

10/23 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「先週に引き続き、周回コースと坂路でじっくりと乗り込んでいます。
ちょっと精神的にピリピリしたところがあって、気持ちを落ち着けるようにゆったりと走らせるように心がけています。
馬体に関しては気になるところもなく、キャンターの動きもいいですよ」
(NFしがらき担当者)

こんな感じっす
( ´∀`)/~~

2012年10月22日 (月)

w(°O°)w

今日の京都でデビューしたエピファネイア…びっくりしましたねぇ

一言…強えぇ

ちょっと最後1ハロン…強烈にキレてたね

出資者の方、うらやましいなぁ。

コメットくんの最大のライバルはこれかっ!
(`・ω・´)マケナイゾ

2012年10月17日 (水)

今週の近況 10月その3

ええっとΣ(T▽T;)

今週も出走はありませんよ…

ええ、在厩馬が1頭もいないですさかい…

本当なら菊花賞に意気揚々と乗り込むはずだったのになぁ…あぁ…なんてこったい…えらい違いやわ…

どうやら兄マーチもフレールもマイルチャンピオンシップ間に合いそうにない感じやしなぁ…

うーん、残念ですぅ
(;´д`)

唯一の希望は期待の星、コメットくんの調教ペースが上がってきていること。ただ、なんかペースの上がりかたがちょっと早いような気もしますが…牧場が行けると判断してるんでしょうからすこぶる順調だと信じたいですね♪

ではでは、クラブコメントです。


◆トライアンフマーチ◆

10/16 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「先週に引き続き、順調に乗り込んでいます。体調面の不安もなくいい雰囲気ですよ。
急激なペースアップはしませんが、坂路では終い15秒に近いぐらいまでは乗れていますし、脚元も安定しています。このままジワジワとペースを上げていきたいと思います」
(NFしがらき担当者)

◆インペリアルマーチ◆

10/16 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「こちらに到着後、馬体に異常がないことを確認してウォーキングマシンから体を動かしています。
トウ骨に痛みがあるとのことでしたので、明日から乗り出して見てその後の状態をよくチェックしていきます」
(NFしがらき担当者)

◆フレールジャック◆

10/16 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「この中間、少し右トモの球節回りがムクむ感じがあったので、念のため検査を行いました。腱や骨に異常はないので、おそらく疲れが出たものでしょう。
引き続きゆったりと乗り込みつつ、疲れを取ってあげたいと思います」
(NFしがらき担当者)

◆アダムスピーク◆

10/16 NF空港
■ウォーキングマシン調整を行っています。

「現状で脚元が大きく変わった印象はありませんが、歩様などを見ている限りでは悪くなっているようには感じませんよ。
次回のエコー検査までは今しばらく間を空ける予定ですし、今後も体調管理はしっかりと行いつつ、マシン運動を継続していきたいと思います」
(空港担当者)

◆プレレフア◆

10/16 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「こちらに到着後、馬体をチェックして異常がないことを確認しています。
コンスタントに使ってきましたが、大きな疲れはなさそうですね。
ただ、これから乗り出してガクッと来る場合もありますから、慎重に様子を見て地方移籍に備えていきます」
(NFしがらき担当者)

◆コメットシーカー◆

10/16 NF空港
■角馬場でのフラットワークと週1回は屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンターを1本、週2回は坂路を2本登坂しています。

「坂路での調教ペースは先週と変わりありませんが、週2日は坂路を2本登らせているように、さらに負荷がかかるメニューを取り入れています。
その後の状態も安定してますし、これくらいのペースに慣らしつつ速めの調教の開始につなげていきたいですね」
(空港担当者)

◆ジャイアントリープ◆

10/16 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「この中間も順調に乗り込んでいます。馬体に関しては問題なく疲れも抜けていますが、やや臆病なところは見せていますので、そのあたりは気をつけて調整していかなくてはいけませんね。
あまり急かすようなことはせず、じっくりと乗り込んでいきます」
(NFしがらき担当者)


┐(-。ー;)┌

2012年10月12日 (金)

今週の近況10月その2

今週の近況を手短に…

今週の出走はありまへん…

てか、在厩馬がいなくなりますた…

やれやれ┐(-。ー;)┌

クラブコメントどうぞ

◆トライアンフマーチ◆

10/9 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「先週お伝えした軽い腹痛はすでに治まって、その後も特に体調が崩れるようなことはありませんので、先週後半から騎乗調教を再開しています。
乗り出してからも問題はないですが、まだ本調子ではなかったのかもしれませんし、焦らず様子を見ながら徐々にペースを上げていきたいと思います」
(NFしがらき担当者)

◆インペリアルマーチ◆

10/10 NFしがらき
■「先週の競馬は、うまく先行していいペースで進められましたし、最後交わされてからもよく踏ん張っていました。
ただ、上がりに少しスクミの兆候を見せており、よく見てもらったところ両前脚のトウ骨に痛みがあることが分かりました。状態が良く、馬が目一杯力を出したということなのでしょう。
いずれにせよこのあとはひと息入れるつもりだったので、ここでしっかり休養を取って傷んだ部分のケアに努めてもらうつもりです」
(音無師)

10日にNFしがらきへ放牧に出ました。

◆フレールジャック◆

10/9 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「こちらに到着後、馬体のチェックを行って、大きな問題はないことを確認しています。
背腰の張りは少し感じますが、これはレースを使ったなりの疲れという感じで、ゆったり乗りながら解消されていくものでしょう。
精神面のケアは行いながらですが角馬場から軽く乗りだしていますので、このまま順調なら周回、コースを使った調教に移行していきます」
(NFしがらき担当者)

◆アダムスピーク◆

10/11 NF空港
■ウォーキングマシン調整を行っています。

「この中間もマシン運動のみですが、脚元の状態は見た目にだけでなく歩様も大きく変わりないですね。
カイバ喰いや精神面などは気になることはないですし、この調子で時間をかけてあげたいと思います」
(空港担当者)

◆プレレフア◆

10/11 NFしがらき
■「先週は格上挑戦させていただいたのに結果を出せず、本当に申し訳ありませんでした。
ただ、無理に動かず終いの脚を活かせばこのクラスでも十分通用することは分かりました。
本当にタフな馬で、レース後も特に疲れは見せていませんが、競馬が続いて気が張っていた部分もあるでしょうから、まずは放牧先でしっかりと馬体のチェックをしていただければと思います」
(松田博師)

10日にNFしがらきへ放牧に出ました。

◆コメットシーカー◆

10/11 NF空港
■角馬場でのフラットワークと週3回は屋内坂路コースでハロン16〜17秒のキャンターを行っています。

「坂路での調教を開始した後も状態は落ち着いていましたし、この中間は坂路での調教を週3回に増やしているだけでなく、ハロンペースも少し上げて乗っています。
体調は良好を維持していますから、この調子で乗って行ければ理想的ですね。
馬体重は508キロです」
(空港担当者)

◆ジャイアントリープ◆

10/9 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「先週後半から坂路中心に乗り出しています。馬体自体は問題なさそうですよ。
ゲートも通過だけはやっていますが、無理に出すことはせずに慣らしていくつもりで練習を取り入れていきます」
(NFしがらき担当者)


( ´∀`)/~~

2012年10月 8日 (月)

今日の結果

今日は東京メインレースでインペリくんが走りました!

結果は2着!

逃げて粘るというのはいつもの戦法ですが、今日は鬼門府中だけにどうなることやらとハラハラしながらみていましたが、勝ち馬には交わされたものの、驚異の粘りでなんとか2着を確保してくれました。

今日はいつもより、ポンとスタートを切れて、楽に先頭にたてたのが良かったかな?いつも先頭に立つまでにちょっと脚使うからね。

馬券もインペリの複勝とインペリから馬単表裏総流しとワイド総流しが当たりました!
なんとワイド2万馬券ですよ!
ワタスの競馬人生でワイドの最高払い戻しかもしれないな。

惜しむらくは3連複。
昨日の競馬コンシェルジュで古谷さんがインペリ、津田さんがガンジス本命だったのでガンジスは記憶にあって…実際買うときに、ガンジスとファリダットでダブルで総流しかけようか思ったんだけど、結局絞って、ファリダットだけと総流しをかけてしまった。

…すでに単複と馬単、ワイドと買ってたし、なにより昨日の毎日王冠で馬連買っときゃいいものを3連複買って、1着、2着、4着、5着ではずすという痛い目を見たから、あんまし3連複買いたくなかったのよね…

流れ的に仕方ないとはいえ、手の届く範囲の10万馬券だったなぁ…

…あぁ、もったいな…

でも、そのかわりといえばなんですが、京都大賞典の馬単、てきとーに買ったら当たってた(笑)

結構つくとは思ったけど、あないにつくとはね!

大賞典はオウケン、ギュスターヴ、ローキン以外に買いたい馬いなくて…でも、3頭じゃ寂しいなと思って…お楽しみでフォゲッタブル買おうかな思ったけど、さすがに言い過ぎやと思ってメイショウを買ったら来たって感じです。
しかし、一瞬フォゲッタブルが伸びてきたときは、まじて変な汗が出てきました(笑)

ちなみに土曜日のプレレのレースでも、こっそりプレレ以外の馬単を買ってちゃっかり当てているというのはここだけの話だ…

これで、先週のプレレとフレールのレースで自信満々で買って、あっさり旅立って行った諭吉っちゃん逹が仲間を連れて帰って来たぜぃ。


そうそう、いい忘れていましたが、この週末、淀に行った土曜日以外はずっと仕事で会社に出勤してましたが、何か?
♪〜(・ε・ )


クラブコメント
10/8 音無厩舎

■8日の東京競馬では好スタートから積極的に先手を奪いに行く。そのまま直線に向いて逃げ切りを狙うも、外から勢い良く上がって来た勝ち馬に交わされてしまい2着。

「スタートが一番の鍵でしたし気をつけていたのですが、しっかりと出てくれましたね。
道中もマイペースに行けたと思いますし、この馬の競馬はできているのですが、切れる脚がない分あれだけ外から勢い良く来られるときついですね。それでも3着馬が迫って来てからもうひと頑張りしてくれましたし、やはり力はある馬ですね。
少し右に張るようなところがあったので右回りだともっとしっくり来るかなという感じはしますが、コントロールはちゃんと利きましたし、今日のような展開ならこのコースもやれると思います」
(三浦騎手)

「いいスタートを切れましたし、直線もこの馬の走りはしてくれたと思います。
今までに何度か東京遠征をしていますが、その時と比べて鞍前後の落ち着きがあっていい状態に感じました。
結果こそもうひとつ上が良かったのですが、いつも以上に輸送が上手くいってなおかつこのコースで頑張ってくれたことは、今後のプラスになると思います」
(担当助手)

東京のこの条件はこれまで成績に波はありますが、今日は好スタートから終始気分良く運べ最後まで頑張ってくれました。
なかなか勝ち切れず歯痒い面はありますが、流れひとつで勝てるだけの力はあるはずです。
この後はレース後の状態を確認してからどうするかを決めていきます。

( ´∀`)/~~

2012年10月 7日 (日)

今日の結果

今日は淀にいってきました。

8レース、500万条件にプレレフアが出走しましたゆえ。

月曜日の敗戦から中4日での出走。しかも格上挑戦。
厳しいのはわかっていました。

でも、パドックで見ると…
やっぱり強そうに見えるんですよね。

同じような体重の馬たちと比較しても、ひとまわり小さく見える身のつまったいい馬体…中4日の厳しい連闘にもかかわらず、決して硬くないスナップの効いた歩様…これが走らんからシンボリクリスエスはわからない…

しかし今日はゲート内で、こりゃやばいんじゃないか?と思うくらいうるさかったな。いつもは横向いてるくらいなんだけど…

まぁここら辺りが前半行けない理由なのかな?

レースは終いにかけたレースで、結果は直線伸びてくるも5着。

結果論、スパッと切れないプレレにとって、逃げ馬が残る展開だからしょうがない。

1年くらいトレーニングをつんで力をつけたら500万で勝ち負けできるかもですが、現状はこんなもんでしょ。

でも、今でも勝ち負けはできんけど、ダートではまぁ堅実ではありますが…

とにもかくにも、未勝利馬のプレレをここ数ヶ月にわたり厩舎に置き続けて、最後の最後までなんとか勝たそうとしてくれたマツパク師には心から感謝です。

前にお世話になったカルソンくんの時も厩舎に置いてくれたなぁ…しかもとにかくクラシック出走を目指してくれたなぁ。

いい厩舎やね、マツパク師!

あと、このサプライズ連闘のおかげで、500万の力関係もみれたし、なにより最後のレースを見れなかったなぁ…という心のつかえもとれましたしね。

とりあえずこのあとは、当初の予定どおり、一旦立て直して地方に行くことになるでしょう。

中央に帰ってこれたら、出きらば関東に入って欲しいな。左回りの長い直線があっていそうなんで。

てなわけで、1から出直しだ!
頑張れプレレ!
\(*⌒0⌒)b♪


クラブコメント

10/6 松田博厩舎

■6日の京都競馬では五分のスタートも焦らずに後方をゆったりと追走。3コーナー過ぎから前の馬群に取り付き、直線は良く伸びたが5着まで。

「初めて乗せてもらったので何とも言えないところはあるのですが、一番後ろでハミも外れていましたからね。もう1、2列前で追走し、脚を溜められればまた違ったと思います。
終いは確実に脚を使うので、道中はジッとして直線に賭けるのはベストですが、もう少し行き脚がついてくれるといいですね。
とても乗りやすいし、このクラスでも十分やれますよ」
(小牧騎手)


「後方でももう少し前についていければ良かったんだけれど、そのあたりはジョッキーも初めてだったからね。
ただ、やっぱりこういうレースをするのが一番いい。
最後しっかり脚を使っているし、このクラスでも力のあるところは見せてくれたと思います。
今回は500万下に挑戦させていただきましたが、ここまでコンスタントに走ってきても硬さがないですし、地方に行ってもすぐに戻ってきてくれるでしょう。
ありがとうございました」
(松田博師)

連闘での格上挑戦と決して楽な条件ではありませんでしたが、このクラスに混じっても終いの脚は十分通用しましたし、意地を見せてくれたレースだったと思います。
ただ、5着には入りましたが、格下の立場では優先出走権は発生しませんので、次走の予定を立てにくいところもあります。
また連闘後のケア期間も必要であることが予想されますので、このあとは一度NFしがらきへ放牧に出し、馬体に疲れがないかなどしっかりチェックを行い地方移籍に備える方針を持っています。

( ´∀`)/~~

2012年10月 6日 (土)

今週の近況 10月その2

10月にはいりようやく涼しくなってきましたね!

てなわけで、いよいよ秋競馬も本番へ突入!って感じで、今週から競馬は淀と府中に舞台が移ります。しかも3日間開催!

そしてファミリーからは今週2頭が出走。

まずはインペリくん。月曜日の府中メインレースに出走です。
仁川では堅実に走るのに、同じダート1400でなぜこうも違うのかというくらい走らない鬼門府中での出走。
何をどうしたら好走できるのかさっぱりわかりませんが、とりあえず頑張ってもらいましょう(笑)


そして、もう1頭はなんともサプライズな出走!

この月曜日にラストチャンスをパリパリの1番人気でものにできず、地方で再出発することに決まった…いや、決まっていたプレレくん。

マツパク師の泣きの…いや、怒りの決断でなんと今週土曜日の500万条件に出走します!!

未勝利で勝てない馬が500万で勝てるのか?という素朴な疑問には目をつぶり、結果はどうあれ、いろんな意味で、すべてに納得がいく1戦になることでしょう。
ここは素直な気持ちで応援したいところです。

てか、中央開催に出れることを知らんかった(笑)ローカルしかだめだと思っていますた…

てか、新聞買ったら思いの外しるしがついていてビビりました…中には◎なんて無茶なしるしをうってる記者も(笑)

さぁ明日は予定を変更して淀に行こう!


クラブコメント

◆トライアンフマーチ◆
10/2  NFしがらき

■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「昨日、軽い腹痛があったので今朝は調教を控えました。今は治まっていますので、様子を見ながら騎乗調教を再開します。
状態自体は動かしながら徐々に良くなってきているところなので、焦らずに移動に向けての態勢を整えていきたいと思います」
(NFしがらき担当者)

◆インペリアルマーチ◆

10/4 音無厩舎
■3日は軽めの調整を行いました。4日は栗東CWコースで追い切りました。

「先週の金曜日にCWコースで終いを重点に時計を出しています。今朝はポリトラックコースで体を解すようにして、その後にCWコースに入れて強めに追い切りましたが、前走前の最終追い切りより時計、動きともに良かったですよ。
前走は最初は無理をせずに3コーナーから後ろを離す作戦でしたが、今回の東京でも前半に行けなかったとしても勝負どころでスムーズに動ければ粘りも違うはずです。
基本はいいスタートから好位にはつけたいものの、前走より動けるでしょうからいい走りを期待したいですね」
(音無師)

8日の東京競馬(ペルセウスS・ダ1400m)に三浦騎手で出走いたします。


◆フレールジャック◆

10/3 友道厩舎
■3日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は終始スムーズさに欠ける内容で、まったく力を出すことができませんでした。内枠から直線はごちゃついた感じで、馬も嫌気がさしてしまったようです。
当初はこのまま次走に向けて調整していく予定でしたが、レース後馬体に異常はないもののややテンションが高くなっていますから、ここは一度放牧に出して精神面のリフレッシュを図りたいと思います」
(友道師)

4日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

◆アダムスピーク◆

10/2  NF空港
■ウォーキングマシン調整を行っています。

「引き続きマシンにて最低限の運動は行うようにしています。
運動後の脚元の状態は問題ありませんし、馬房で変にうるさくなることはなく落ち着いて過ごせていると思います」
(空港担当者)

◆プレレフア◆

10/4 松田博厩舎
■3日、4日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は、本当に申し訳ありませんでした。
川田には無理に動くなと言ってあったんだけれど、最後の未勝利戦で回りが早めの競馬をするから、そのままジッとしているわけにも行かなかったのでしょう。
それは分かるんだけれど、一番急がせたらいけないところで動いてしまったからね。
同じ負けでも、納得のいかない内容でしたし、自分の競馬ができず不完全燃焼だった分、馬もまったく疲れておらずシャキシャキしています。
今週は3日間開催だし、未勝利戦が終わったばかりで500万下が頭数的にも手薄な時です。
レース後は地方に移籍して中央再登録を目指すという判断をクラブから伺っておりましたが、この馬のレースができないまま抹消というのは私も悔いが残るし、馬自身もそうでしょう。
決まったことを覆す形になって会員の皆さんには申し訳ないと思うのですが、クラブともよく相談させてもらって今週の500万下に使わせてもらうことにしました。鞍上も小牧に替えてこちらが考えている乗り方をしてもらいます」
(松田博師)

レース後の状態を獣医含め入念にチェックいたしましたが、連闘しても問題がないであろうとの判断でした。
いったんは地方へ転籍してからの再転入を発表させていただきましたが、500万条件に出走できる状態にあることから6日の京都競馬(3歳上500万下・ダ1900m)に小牧騎手で出走することを決定させていただきました。

ご出資いただいております会員のみなさまには何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

◆コメットシーカー◆

10/2  NF空港
■角馬場でのフラットワークと週2回は屋内坂路コースハロン17〜18秒のキャンターを行っています。

「先週までは乗り運動と言っても角馬場だけだったのですが、状態がいい意味で変わりなかったのでこの中間から坂路にも入れ始めています。
まだ週2本ですし様子を探りながらではありますが、今のところはどこかに反動が出ることはなく順調と言えますね」
(空港担当者)

◆ジャイアントリープ◆

10/2  NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「こちらに移動後、馬体をチェックして異常がないことを確認しています。
まだ騎乗調教は開始していませんが、洗い場に入るときの仕草などを見ると怖がりな面があるようです。
ゲートのことも考え、こちらでは体の疲れはもちろん、気持ちの面をしっかりリフレッシュさせていきたいですね」
(NFしがらき担当者)

( ´∀`)/~~

2012年10月 1日 (月)

無念の結果annoy

本日行われた阪神競馬。
プレレフアとフレールが出走しましたが、それぞれ4着と13着に終わりました。

仕事で競馬場には行けないので、ビデオを録画予約をしての出勤。
家に帰ってからの結果を楽しみにしていたのに、先輩が結果を先に言いやがった…多分勝ってたら何も言ってこなかったはず…
決して嫌な先輩じゃないんだけど、なんかちょいちょいこういう嫌がらせを面白がってやりよる。まぁええけど…
でも、一瞬本気でイラッとしたわい(笑)

てなわけで、結果がわかってたとはいえ、どんな内容で負けたのかちゃんとビデオ見てみました。

まずはプレレフア

プレレフアらしいといえばらしい負けパターン…
スタートで後手をふみ、二の脚がつかず後方からの競馬。向こう正面から徐々に押し上げるもここまで脚を使ってしまった分最後ひと押しがきかなかった…

確かに昨日の台風の影響で、脚抜きのいい馬場になって前が止まらないことが予想されたことと、あの人気からはた仕方ない作戦だったとは思いますが…

すっといい位置とれればねぇ。

負ければ引退…と思っていたので負けを知った瞬間泣きそうになり、かなりへこみましたが、その後更新されたクラブコメントでは引退ではなく、この後一旦地方に出て中央への再入厩を目指すことになりました。

ホッとしました。

とりあえず命がつながったプレレくん。また中央で会える日を楽しみに待っています♪


で、問題は13着のフレール…

こちらも1番人気での出走だったんですが…

もはや何も語る気になれない…

直線も進路がなかったようにも見えましたが、パトロールを見てみないとなんともいえませんが…簡単にいうと

道中終始ひっかかって、直線何もできずに負けました。

以上です。

あれじゃあ勝てんわ…

次は坂のない京都で逆襲希望っす!

クラブコメント

◆プレレフア◆

10/1 松田博厩舎
■1日の阪神競馬ではスタート後は後方につける。
道中は徐々に先団との差を詰めつついい手応えで直線へ向くが、最後は脚色が一杯になり4着。

「調教師からはギリギリまで我慢してほしいと言われていましたが、前半はむしろ進んでいかないくらいでした。また、近くにフラフラしていた馬がいたので先に行かせたのですが、その時点で先団と結構な差がありました。
前が楽をしていた上に今日の馬場を考えて無理のないようにじわじわ位置を上げ、直線の入り口の手応えは本当に良くて突き抜けられると思ったんです。
ただし、伸びてはいるものの前が止まりませんでした。
今日の展開や馬場条件の中で勝ちにいくために早めに動きましたが、勝てなかったのは事実ですし、申し訳ない気持ちでいっぱいです」
(川田騎手)

「今日の展開でなおかつ湿った馬場だし、ジョッキー心理もわからなくはないですけどね。
ただし、出すと最後がどうしても甘くなってしまうから、やはりもう少し溜められればよかった。
もちろん最後まで我慢したとしても結果がどう変わったかはなんとも言えないけど、最後のチャンスだからこそ自分の形での走りを見たかった気持ちもあります。
使ってきてる分さすがに大きな上積みはなかったけど、その中でも状態を維持できていたし、馬はタフなローションでも頑張ってくれました。
だからこそ余計に一番いい結果を出せずに馬にも会員の皆様にも申し訳なく思います」
(松田博師)

ダート戦に矛先を向けてからは常に掲示板に入っていましたし、ここ2戦は2着とあと一歩のところまで来ていました。
それだけに今回は断然の人気を背負っていましたし、ラストチャンスということを考えても負けられない一戦でしたが、展開や馬場もこの馬向きのものとはならずに勝ち切ることができませんでした。
今後につきましては、ここまでコンスタントに使って来ても大きな反動が出ていないことや、ダート戦では安定して走れていてこれからの良化も伺えそうなことを踏まえて協議を行った結果、状態面に問題がなければいったん地方競馬へ転出して中央再転入を目指すことになりました。
この後は一度放牧に出し、馬体チェックを行っていく予定です。

◆フレールジャック◆

10/1 友道厩舎
■1日の阪神競馬ではソロッというスタートになり、後方を追走する。
インコースでごちゃついたところもあったのか力んでしまい、直線では前が壁になって追えず13着。

「スタートの一歩目で遅れてしまいましたし、枠が枠だったこともあり終始内へ押し込まれる展開となってしまいました。
そう言ったタフな状況だったこともあり道中は力んでしまいましたし、流れに乗り切れませんでした。また、直線では前が壁になりまともな競馬ができませんでした。
今日はスムーズな走りをさせてあげられず大変申し訳ありません」
(川須騎手)

「休み明けを一度叩いて状態は上向いていたし、馬体は適度に余裕があっていい状態でした。
精神面もこの馬なりに落ち着いていましたし、あとはリズムよく走るだけと思っていたのですが…。
スタートで後手を踏んでしまったのは痛かったのですが、内枠でしかも人気を背負っていましたから、他馬からのプレッシャーも自ずときつくなってしまいますし、直線も結局最後まで前が開きませんでした。
今日はスムーズさを欠く内容となってしまいましたが、状態が良かっただけに余計に悔しいですし、いい競馬をさせてあげられず申し訳ありません。
ここを勝っていれば賞金的にまた違ったのですが、現状ではやはり他馬の動向次第のところが出て来てしまいます。
もちろん、この馬自身の状態次第ではありますが、入るようなら東京3週目の富士S、そうでないならその翌週の京都のカシオペアSあたりを考えようと思っています」
(友道師)

前走は久しぶりの一戦とは言えキッチリと結果を残してくれましたし、今回の期待も高いものがあったのですが、レース前半からリズムが悪く、最後までチグハグなレース内容となってしまいました。
今日の結果は非常に歯がゆいものですが、これがこの馬本来の力ではありませんし、次走ではスムーズな競馬から巻き返してほしいと思います。
この後はレース後の状態をチェックし問題がなければ、20日の東京競馬(富士S・芝1600m)や28日の京都競馬(カシオペアS・芝1800m)あたりを目標にして調整を進めていきます。


« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »