« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

中止てか順延ですか…

なんと台風接近のため、本日の阪神競馬は開催中止になってしまいました(中山は開催されます。)
阪神の代替競馬は明日に枠順そのまま開催されます。
ちなみにWIN5の発売は中止です。


今後も活躍が期待されるフレールはともかく、プレレフアは負けたら引退のレースなのに…明日じゃ見に行けないよ…
(´・ω・`)

愛馬の開催中止は、フェイジョアの馬インフル、キャトルマンの東日本大震災に続き3度目だ。

まぁ今回は開催中止というより順延って感じだから、感覚的にはちょっと違うかな…

うーん…応援に行くのを楽しみにしてただけに残念です…
(´-ω-`)

2012年9月29日 (土)

あら…当たってしまった!

昨日から始まったキャロットの1.5次募集。

参加資格は、1次募集で最優先落選した人のみ。

最優先ブルーメンブラッドを落選したタテジマには参加資格はありました。

一昨日くらいまでは華麗にスルーしようかと思ってたのですが、今週の近況を見ていて、

エース兄マーチも来年7歳プラス屈腱炎もちだし、アダムスくんは鼻血プラス屈腱炎もちだし、プレレも切羽詰まってるし、ジャイアントはゲート試験も受けれない状態だし、期待のコメットさんも手術歴ありだし…
なんてことを考えてたら…今年は3頭出しでもいいかなぁ…とりあえず祭だし参加だけでもしようかなぁなんて思うこともないわけではなく…
ただ、本命ココシュニックはとれたし、お仲間さんとご一緒のヴィートマルシェもとれたし、すでに2頭で予算は上限まで使ってるし、やはり積極的には考えてませんでした。

で、本日、東京に出張だったので、新幹線の中での暇つぶしに、携帯で1歳馬近況を順番に見てたのです。で、順番に見てて、ラフィントレイルの11のところまで来たんですよね。

このラフィントレイルは1次募集で最後まで出資候補に残してた子でして…それが1次で満口にならずにまだ残っていて、でももう残口90くらいになっていて…

そこで何を血迷ったのか、なんか魔がさしたのか…
『残90じゃあどうせ当たらんやろうから、参加するだけ参加しちゃおかな…そおれ、ポチっとな!』
と突然の思いつきで申込みボタンをおしてしまったのでした…
ほんと、まず当たるわけないやろ…くらいの軽い気持ちで…
うん、実際当たらない自信があった…

それが締め切り直前、今日のお昼前の出来事でした。

東京から帰ってきて、どうせ落選してるやろ思い込み、なんの期待も緊張感もなく気楽な感じでサイトを見てみたら…

なんと、当選!の文字が輝いちゃってるではありませんか!
(@ ̄□ ̄@;)!!

びっくらこくやら、ちょっと後悔するやら…

ちょっとの後悔は馬の問題ではなく単に予算だけの問題です。
そもそもが、お仲間がヴィートマルシェにいってなかったら、こちらを1次で申込みをしてた可能性もあったわけですから。

ま、しばらく無駄遣いを控えて、なんとか馬代を捻出することにします。
今日だって、週末台風接近が予想されたこともあり、東京に1泊せずに帰ってきて良かったぜ!元々1泊して、中山競馬場に遊びに行くつもりだったから、すでに数万円は浮いたな(笑)

てなわけで、言い訳がえらく長くなりましたが、今年はタテジマファミリーに新たに3頭の仲間が加わりました。

みんな元気にスクスク育って、強い競争馬になるんだぞ!

ではではクラブコメントとともに1頭づつ紹介です。

◆ココシュニックの11◆
9/26 NF空港
馬体重:459kg
■現在は騎乗馴致を終え、ロンギ場でフラットワークを開始しています。
母ココシュニックもパワフルな馬体でしたが、本馬もその仔らしく、初仔としてはしっかりとしたサイズに育ってきました。
コンパクトサイズが活躍している印象のある父の産駒ですが、ディープブリランテやリアルインパクトを始めとする大柄な産駒の活躍も目立ってきているだけに何ら気にする必要はないでしょう。
動き・馬体からは芝やダートを問わない圧倒的な脚力を見せつけてくれそうです。

Photo

◆ヴィートマルシェの11◆

9/26 NF早来
馬体重:500kg
■現在はトレッドミルでキャンター調整を行っています。
雄大な骨格は母父をイメージさせますが、無骨さ、重苦しさが感じられないあたりには父の血がそのあたりのバランスを絶妙に律しているのでしょう。
放牧地で見せる後脚を支点にした、しなやかな背中の屈伸や、大きなストライドは本馬の潜在能力を感じさせます。
頑健な馬体をしており今後も順調に調教を進めていけそうなのは頼もしい限りです。

Photo_2

◆ラフィントレイルの11◆

9/26 NF−Y遠浅
馬体重:464kg
■現在は夜間放牧を行っています。
放牧地を駆け回る姿はとても印象に残るもので、首を上手に、リズミカルに使って前へ前へと積極的に進む所作は、完歩の大きな、柔らか味溢れる歩様を実現しています。
馴致は洗い場で馬体を洗うところまで進めていますが、多少の物見を除いては順応性の高さを見せています。
この分なら今後始まる騎乗馴致へもスムーズに進めていくことができるでしょう。

ちなみにラフィントレイルの11はジャイアントリープの弟ですよん。
ちなみに父が違っていて兄はネオユニ、弟はマンカフェです。

Photo

2012年9月28日 (金)

今週の近況 9月その4

遅ればせながら、今週の近況です。

今週は日曜日に2頭が出走します。
まずは引退をかけたスーパー未勝利にプレレフアが出走します。
そしてメインレースのポートランドステークスにフレールジャックが出走します。

G1の裏になり、これまでコンビを組んだことがある騎手が中山に行ってしまうのでプレレは川田騎手、フレールは川須騎手との初コンビでの挑戦です。

引退がかかったラストチャンスのプレレはもちろんのこと、フレールにとっても大きいところに挑戦するためには賞金を加算しなければならないところなので、どちらの馬にとっても負けられない大事な一戦となりました。

ところがですよ…

なんと台風17号が接近しつつあります。
今のところの予想進路では競馬の開催はあるとは思いますが、もしかすると雨だの強風だの悪条件になることもあるかも知れません

なんとか愛馬たちの頑張りを信じるしかないですね。
ではではクラブコメントです。


◆トライアンフマーチ◆

9/25 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「今朝は坂路で終い15秒ぐらいまで脚を伸ばしました。
角居調教師も調教をご覧になりましたが、トモの良化にホッとしていました。
まだここと決めた目標があるわけではないのですが、この番組となったときに移動の態勢が整っているように、しっかりと乗り込んで体を造っていきます。
馬体重は503キロです」(NFしがらき担当者)

◆インペリアルマーチ◆

9/26 音無厩舎
■26日は軽めの調整を行いました。

「この中間も特に問題なく、順調に乗り込んでいますよ。大型馬の分、一度使った上積みは大きいので、今週の追い切りは無理をせず金曜か土曜にサッとやる予定。
普段の調教でしっかり負荷をかけ、馬体が緩まないように気をつけています。体調などは文句ありませんし、このまましっかり調整を進めて力を出せる仕上がりに持っていきます。
府中コースは大敗していることもあって相性が悪く見えますが、実際に勝ったこともあるわけですし、自信を持って臨みたいですね」
(音無師)

10月8日の東京競馬(ペルセウスS・ダ1400m)に出走を予定しています。

◆フレールジャック◆

9/26 友道厩舎
■26日は栗東坂路で追い切りました。
(53秒3−39秒2−25秒9−12秒9)

「今朝は川須騎手に跨がってもらって坂路で追い切りました。
先週コースで時計を出しているので、今朝はサッと終いだけで十分。ジョッキーに感触を掴んでもらえればそれでいいと思っていました。
遅い時間帯だったので時計はそれほど出ないだろうと見ていたのですが、4ハロン53秒台、ラストも12秒台でまとめてきましたからね。一度使って気配がグッと良くなっていますし、ここを勝って秋は大きいところを目指していきたいと思っていますよ」
(友道師)

30日の阪神競馬(ポートアイランドS・芝1600m)に川須騎手で出走いたします。

◆アダムスピーク◆

9/25 NF空港
■ウォーキングマシン調整を行っています。

「こちらに移動してきて体調に問題がなかったのでこの中間に脚元のエコー検査を行っています。
さすがに前回の検査から一ヶ月も経っていないので大きな変化はありませんが、今のところ状況が悪くなっているようなことはありませんでした。
しばらくはマシン運動で様子を見ていくことになりますが、数か月などある程度間隔を空けつつ再検査を行っていくことになると思います。
馬体重は500キロです」
(空港担当者)

◆プレレフア◆

9/26 松田博厩舎
■26日は栗東CWコースで追い切りました。

「今朝はCWコースで単走の追い切りを行いました。
直線はもっとビッシリやってもいいかなと思いましたが、使ってきている馬だし、先週もしっかりやっているので最終調整としてはまずは合格点をあげられます。ここまで使いつつ追い切りも手控えずにやれましたし、それでいて馬体が寂しくなるようなことはなくずいぶんたくましくなったと思いますよ。
ジョッキーにも、あまり急かして馬のリズムを崩すようなレースだけはしないように言ってあります。
とにかくこれがラストチャンスですから、レースまでしっかりと調整していきます」
(松田博師)

30日の阪神競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に川田騎手で出走を予定いたします。

◆コメットシーカー◆

9/25 NF空港
■角馬場でのフラットワークと週3回はトレッドミルでハロン24秒のキャンターを行っています。

「運動を継続してもカイバ喰いやボロの状態で特段気になることはないですし、脚元も問題ないですね。
引き続き負荷がかかり過ぎないようにジックリと負荷をかけていきたいと思います。
馬体重は510キロです」
(空港担当者)

◆ジャイアントリープ◆

9/27 村山厩舎
■26日、27日はゲート練習を行いました。

「今週中にゲート試験を受けることも考えていたのですが、水曜日の練習でゲートが開いた際に膠着してしまい、これまでから一歩後退という感じになってしまいました。
このまま試験に臨むのは危険ですし、引き続き納得して自分から反応して出てくれるまでしっかりと練習をしていきたいと思います」
(担当助手)


最後に1句

ジャイアント
ゲート試験も
ままならず
…┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

2012年9月24日 (月)

出資馬当落結果

出資馬当落結果
今日、キャロットの2012年度出資馬の抽選結果が発表されました。

タテジマが申し込んだのは
最優先
ブルーメンブラッドの11

一般
ココシュニックの11
ウ゛ィートマルシェの11

でした。

当初最優先はココシュニックの予定だったのを、中間発表を見て、色んなセコい考えが湧いてきて、申込みボタン押す直前に土壇場で急遽ココシュニックを一般にして最優先ブルーメンブラッドに変更したのでした。

その後、最終申込み状況ではココシュニックは最優先が無抽選当選で一般のみが抽選となり、ほんとこの10日間はドキドキやら反省やら…マジで落選する夢を見ましたよ(笑)

直前まで、ココシュニック最優先宣言をしていたので、インペリくんでご一緒のお仲間さんに競馬場で、ココシュニック出資おめでとうと言われ、いやいやいやと否定したり(笑)

そんなこんなでドキドキしながら抽選結果をホームページを見たら、最初に目に飛び込んできたのが、

上から
当選
落選
当選

という文字。

ちゃんと見ていなかったので、当然最優先が一番上に書いてると思い、一瞬ココシュニックが落ちたと思って、やっぱりねぇ…って感じでしたが、よく見たら募集番号順に並んでいて、落ちたのはブルーメンとわかりちょっとだけホッとしました(笑)

てなわけで結果は

ココシュニックとウ゛ィートマルシェが当選!
最優先で申し込んだブルーメンは落選でした。

ブルーメンは落ちてしまいましたが、当初の予定どおりのココシュニックとウ゛ィートマルシェと来年の募集時に前年度最優先落選という、ちょっとした優先権をゲットするという、ある意味作戦どおりの結果となりました。

ついでに1.5次募集の参加権も得ましたが、どうしよかなぁ…
予定の馬はゲットできたし、ちょっと考えます♪

とりあえずココシュニックとウ゛ィートマルシェが当たってホッとしました。
今日はゆっくり寝れそうだ(笑)
( ´∀`)/~~

2012年9月21日 (金)

今週の近況 9月この3

今週はアダムスくんが勝つはずだった神戸新聞杯ですね…
( ノД`)…
そのアダムスくんは今は北海道ですぅ…

てなわけで、今週の出走はありませんです。

はい、クラブコメントどうぞ…

えっ(;゜∇゜)
えらい手抜きやなって?

はい、手抜きですが何か?
(°O°)

あっ、そうそう、インペリくん、次走はまた府中1400っぽい…距離にこだわるのね…
┐(-。ー;)┌

◆トライアンフマーチ◆

9/18  NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「先週に引き続き、周回コースと坂路での乗り込みを進めています。まだ万全とは言えませんが一時に比べると歩様も良くなっていますし、必要な電気治療などを取り入れつつ、少しずつペースを上げた調教も行っていきます」
(NFしがらき担当者)

◆インペリアルマーチ◆

9/20  音無厩舎
■19日、20日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は、完全な勝ちパターンだと思ったんだけれど、最後やや脚が上がってしまいましたね。このあたりが休み明けというところなのでしょう。
府中コースは良績がないので不安と言えば不安なのですが、決して左回りが悪いというわけではないと思うんです。
タフなコースだけれど、途中からでもいい、自分のペースで先手を奪えれば強い形に持ち込めるのは分かっているので、うまくスタートが決まるかどうかがポイントになります。
そういう意味では、調子の上がっている今回、府中でどんな競馬ができるかは今後に向けても大きな一戦になると思っています」
(音無師)

10月8日の東京競馬(ペルセウスS・ダ1400m)を目標にしています。

◆フレールジャック◆

9/20  友道厩舎
■19日は軽めの調整を行いました。
20日は栗東CWコースで追い切りました。

「前走から日が経っても反動が出るようなことはないですし、来週の競馬に向けて今朝はCWコースを単走で追い切っていますが、間隔が詰まっているので終いを伸ばすようにサラッと負荷をかける内容です。
調教に跨ったスタッフからも一度使って息遣いや体の使い方が良くなったと聞いていますし、前回よりいい状態でレースに臨めるのではないでしょうか。
以前よりは大人になって競馬でイレ込むことが少なくなっていますが、それでもトレセンと競馬場を比べるとトレセンの方が力みがなくスムーズに走れているように感じますから、そのあたりが今後の競馬の中で出せるようになれば理想的かなと感じています。
今回は祐一が中山に行って乗れないので、来週は川須で向かう予定です」
(友道師)

30日の阪神競馬(ポートアイランドS・芝1600m)に川須騎手で出走を予定しています。

◆アダムスピーク◆

9/18  NF空港
■ウォーキングマシン調整を行っています。

「秋の復帰戦を楽しみにしていましたし、今回脚元の不安でこちらに戻ってきたことは非常に残念ではありますが、復帰を目指せる程度ですから何とかそれに向けて取り組んでいきたいと思います。
まだ移動してきて間もないですから、まずは体調の変動を見ながら改めて脚元の確認を行いつつ、今後の治療プランを決めていくことになるでしょう」
(空港担当者)

◆プレレフア◆

9/20  松田博厩舎
■19日は軽めの調整を行いました。
20日は栗東CWコースで追い切りました。

「今朝はCWコースで追い切りました。
結果的に併せ馬のような形になったけれど、相手を抜き去ってからも集中して走れていたし、引き続き好調はキープできています。カイバ喰いが良く馬体もふっくら見せていて元気いっぱい。
あと一歩のところまできているし、次は失敗できないからね。
みんな必死で勝ちに来るレースだし、早め早めに動きすぎて悪いペースに巻き込まれないよう、それだけ気をつけてもらおうと思っています」
(松田博師)

30日の阪神競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に川田騎手で出走を予定しています。

◆コメットシーカー◆

9/18  NF空港
■角馬場でのフラットワークと週3回はトレッドミルでハロン24秒のキャンターを行っています。

「この中間も角馬場での調教を取り入れていますが、体調を崩すようなことはなく問題なく進めることができていると思います。
馬場での乗り運動にはもうしばらく体を慣らしていくことになりますが、ここまではいい傾向にあると言えますね」
(空港担当者)

◆ジャイアントリープ◆

9/20  村山厩舎
■19日、20日はゲート練習を行いました。

「駐立に関しては完全に合格レベルとは言えないものの、週を追う毎に確実に良くなっていますし、試験に向けて前進できている手応えは掴めています。
時間をかけてゲートをやってきていることで心身に負担はかかっているでしょうが、一定の状態はキープできていますし、このままゲート試験、そして合格と行きたいところです」
(村山師)

今週はこんな感じ
( ´∀`)/~~

2012年9月16日 (日)

だんじりを見に行ってきた

今日は岸和田にだんじりを見に行ってきました。

毎年行ってますね。
今日は天気良くて良かった〜

ではではだんじり写真館どうぞ

堺町のだんじり

大工町、やりまわしスタートの直前の図

大手町やりまわし連続写真その1

その2

その3

その4

藤井町のだんじり

大北町、灯入れ曳航準備中

楽しかったぁ
( ´∀`)/

インペリくん結果

今日の阪神メインレース、エニフSに出走したインペリくんが出走しました。

午後からなんだか雲行きが怪しくなり、心配されたゲリラ雷雨もなんとか阪神競馬場には来ず、こちらも心配された馬体重も、マイナス2キロの564キロ。外目をいい感じで歩けていました。
馬場入りを最後にしたくらいですから、これもわざとかも知れませんが、前を歩く馬となんか間隔が開いているのが気になるっちゃあ気になるところでした。

発走前には競馬場から見える山沿いに虹が出て幸先いい感じがしました。
よく考えたらそこでゲリラ雨が降ってるっちゅう話ですからあんまり喜べませんね。

てなわけで、肝心のレースですが、スタートは出遅れはないですが、ちょいと二の脚がもっさりしたスタートとなり、ハナを奪うのに少しもたついてしまいました。
でも、ええ感じになるのに3ハロンほど使ってしまいました。ワールドワイドくんにちょっとついてこられたのも痛かった。
まぁオープンはまわりも速いですし、ライバルからするとインペリくんに楽はさせたくないでしょうらからね。

しかし、こんな感じで3ハロン使って残り4ハロンしかないっちゅうねん…

その後少しづつ差を開き、結局、後続に4馬身ほどの差をつけて最後の直線に入りました。

あとはゴールまでもってくれ!と祈るばかりでしたが、祈りもむなしくもはや定位置となった残り100mあたりで勝ち馬に交わされてしまいました。

でも、なんとか粘って2着は確保してくれました。

阪神1400は、まぁ堅実っちゃあ堅実なんです。
しかし毎回リプレイを見ているようで…

確かに今日のレースでも息の入るところがいまいちないんですよね。

スタートですっとハナに立てたら、どこか1ハロン脚をためることができるのに。後100mやからねぇ。

あと、もはや見慣れたからなのか564キロでも確かに太くは見えないんですが、せめて550キロ台になったら残り100mがもつかもしれない。
だって斤量1キロでも結構みんな気にしますからね。3連勝した頃は確か550台だったことを考えれば馬体重とはいえやはり全く関係無くはないでしょ…

なんとかあとワンパンチ、あとほんのちょっとの何かがほしいところです…

で、今後ですが、このあとはどこに行くのかな?苦手の府中1400にいくならば、1度淀の1200にチャレンジしてほしい気がしますが…
つ、次こそわ!
(`・ω・´)

クラブコメント

9/15 音無厩舎
■15日の阪神競馬では五分のスタートから番手につけて前を見ながらの競馬。
3コーナー手前から動いて先頭に立つと後続を突き放して直線を向くが、ゴール前で捕らえられ2着。

「返し馬から行きっぷりは良かったけど、かかっているわけじゃなかったし、今日は前半はゆったりと行って3コーナーから引き離す作戦。ちょっと誤算だったのは、勝負どころで3着馬に張られたことです。
もちろん向こうも相手はインペリアルマーチだと思っているだろうから仕方ないけれど、ちょっとスムーズさを欠きました。
それでも直線半ばまでは後ろを突き放しているのでなんとかしたかったのですが、久々の分抜けてからフワッとしたところもありました。
これを使って良くなると思うし、最後の粘りも違ってくるはずです」
(福永騎手)

「久々でも馬体は太め感なく仕上がっていたし、パドックの気配も上々でした。ただ、返し馬はちょっと気負ったのか、なかなか止まらなかったし、最後の粘りを欠いたのも休み明けのせいなのかもしれません。
この馬らしい競馬はできたけれど、大型馬だけに使ってからが良くなりそう。
上積みは大きいと思うので、次はなんとかしたいところです」
(音無師)

勝負どころから後ろを突き放したのは予定どおりでしたが、最後は休み明けの分か、わずかに差されてしまいました。
オープンクラスでも十分渡り合える力があるだけにもどかしいですが、使った上積みに期待したいと思います。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから決定しますが、問題なければ在厩のまま調整していく予定です。


2012年9月14日 (金)

今週の近況 9月その2

今年の1歳馬申込み、やはり全馬抽選となってしまいました(泣)

卑怯な作戦をとらなければ、ココシュニックだけでもあっさりとれたはずなのに…

反省してるのでにゃんとか当たってほしいところです。

当落の発表は24日。悶々とした10日間をおくることになりそうです。

てなわけで、今週の近況ですが、今週は土曜日阪神メインレースにインペリくんが出走。

前々走は府中でぼろ負け、前走は距離延長した函館でぼろ負け。
でも今回はいまだに崩れたことのない阪神ダート1400です。
春に負けた馬もいますが、その馬とは2キロ差があり、逆に有利。

先週のフレールくんに続き、頑張って勝利をおさめてほしいところです。

鞍上も先週フレールくんに勝利をもたらしてくれた福永くんです。ただ、インペリといまひとつ相性が悪いのが気になるところです…(笑)

気になるといえば、やはり馬体重。フレールは50キロほどのダイエットに成功?してましたが、一時期600キロ近くあった馬体重がどこまでダイエットができているのか。
インペリの場合はそのまま出てきそうな気もちょっとしますが…まさかね(笑)

その時はみんなで「和牛かっ!」って爆笑しましょう。

あとは天気かぁ…パサパサが理想なのに、最近脚抜きのいい馬場での出走が多かったからなぁ。今日も雨の予報だし、あまり降らないことを祈ります。

今週末3連休!月曜日も競馬があるよ!
岸和田だんじり祭も見にいかなきゃだし、忙しい週末になりそうだ。
ヽ(´▽`)/

クラブコメント

◆トライアンフマーチ◆

9/11 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「この中間からは坂路調教も取り入れて順調に乗り込んでいます。
今はリハビリ段階ですが、少しずついい方向に向かっているのは間違いありませんし、あまり甘やかさずしっかりと動かしていきます」
(NFしがらき担当者)

◆インペリアルマーチ◆

9/12 音無厩舎
■12日は栗東CWコースで追い切りました。

「今朝は坂路の馬場状態が悪かったし、最終追い切りで終いバタバタになるような内容は避けたかったので、CWコースで5ハロンからサラッと追い切りました。
時計は65秒台、ラスト1ハロン12秒6。終いまで辛抱してよく伸びていましたし、いい最終調整ができましたよ。
除外権利が取れずやきもきしましたが、蓋を開けてみれば予想以上に登録頭数が少なく、加減せずに調整できましたし、久々でも力の出せる仕上がりです」
(音無師)

9/13 音無厩舎
■15日の阪神競馬(エニフS・ダ1400m)に福永騎手で出走いたします。


◆フレールジャック◆

9/12 友道厩舎
12日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は久々で気持ちの面がどうかという心配はありましたが、好位から抜け出す横綱相撲を見せてくれました。着差はわずかですが、かなり収穫の多い内容だったと思っています。
レース後は今日まで曳き運動で様子を見ていますが、大きな疲れはなさそうですね。このまま問題がないようなら、4週目のポートアイランドSに向かう予定ですが、GⅠの裏開催と言うこともあり鞍上については調整中です」
(友道師)

30日の阪神競馬(ポートアイランドS・芝1600m)に出走を予定しています。

◆アダムスピーク◆

9/11 NF空港
■ウォーキングマシン調整を行っています。
「北海道への移動に備えていったんこちらへ移動してきたわけですが、体調は変わりありませんよ。
脚元への負担を最大限に考慮してゆっくりとしたペースでマシン運動を行っているところです。
おそらく今週中に移動となる予定ですので、それまでは今のような形で対応していきます」
(天栄担当者)

◆プレレフア◆

9/13 松田博厩舎
■12日は栗東CWコースで追い切りました。
13日は軽めの調整を行いました。

「今週はまだ時計を出すつもりはなかったんだけど、大きめ程度で15−15以上のタイムになってしまいました。それぐらい、今は調子がいいということでしょう。
レースについてはここまでコンスタントに使ってきているし、輸送もしてきているので、十分間隔を空けて最終週を予定しています。
GIの裏だけれど、川田が乗れるというし、しっかり調整してラストチャンスに臨みます」(松田博師)

30日の阪神競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に川田騎手で出走を予定しています。

◆コメットシーカー◆

9/11 NF空港
■角馬場でのフラットワークと週3回はトレッドミルでハロン24秒のキャンターを行っています。

「トレッドミルでのキャンターを開始したあとも体調は安定していましたし、この中間からは角馬場での乗り運動を開始しました。
現状で不安を見せることはありませんが、まだ試し乗りの意味合いもありますから引き続き慎重に進めていきます。
馬体重は510キロです」
(空港担当者)

◆ジャイアントリープ◆

9/12 村山厩舎
■12日はゲート練習を行いました。

「継続してゲート練習に乗せてもらっています。
当初は早めの合格に向けていきなり試験同様の練習をしていたので、馬も戸惑ったのでしょう。
今は時間をかけていくということで、駐立からじっくりやっています。
今日は手動扉での練習でしたが、ゲートが開いてちょっとビックリしたりキョロキョロしたりしていました。
ただ、こうしたひとつひとつ確認するような反応があるということは、覚えていく下地ができているということ。おそらくあと2週ぐらいで合格レベルに達するのではないでしょうか。
走りからは、試験さえ合格すればそう時間をかけずにデビューできそうですし、ここは焦らずに進めたいですね」
(藤岡佑騎手)

今週はこんな感じでした。
うーんジャイアン…相変わらずゲート練習か…ゲート開いてキョロキョロて…
(・д・ = ・д・)

なんかかわいい…
いやいや、そんなんいうてる場合やないで!

2012年9月12日 (水)

金本引退!

さっきブログ記事つくりながらニュースを見てたらアニキ金本が現役引退のニュースをしていました。

びっくりではありましたが、内心ボチボチだろうな…
あれほどの選手、ぼろぼろになるまでやらなくても…
と思ったりしていたのも事実です。

金本が我らがタイガースに入ってから、タイガースは2度優勝!
どちらも甲子園で胴上げを見ることが出来ました。

2度目の優勝の時は、ウイニングボールは金本へのレフトフライでしたね。

ここぞという時にバキッーッと打ってくれる金本。

骨折しながら試合に出続け、それでも打ってた金本。
連続フルイニング出場ぶっちぎり世界記録。永久にぬかれることはないでしょう。

金本が入ってからタイガースが明らかに変わりましたね。
いつも全力プレーで背中でタイガースを引っ張ってくれました。
まさにタイガースの功労者です。

引退発表した金本、今日の試合で、チャンスで代打。いい当たりでしたが、空気を読めないヤクルト外野手の超ファインプレーに捕られてしまいました…あほちゃうかあいつ…ほんま


とにもかくにも長い間お疲れ様でした。

鍛えたこのからだ
溢れる気迫
さあ、ここまでぶちこめ、ライトスタンドへ!
かっとばせ!金本!

ちなみにワタスのレプリカユニフォームは金本仕様です♪

今年の申込み!

本日キャロットの2012年度1歳馬募集が締め切られました。

タテジマの応募馬は!

なんと!

最優先!

ココシュニック!

ではなくw(°O°)w

ブルーメンブラット!です!

で、一般で
ココシュニックとヴィートマルシェ
に応募しました。

えっ(;゜∇゜)

言うてることちゃうやろ?いったい何が起こったのかって?

それはですね。締切1日前に迫った昨日の夜のこと、申込み中間発表を見たら、前年比54%でまだココシュニックの名前が出てきていないというところから始まりました。

最初は、だからどうしたという感じで、申込み画面に進み、最優先ココシュニックを入力してみたのはいいけど、一般がハルーワソング、ヴィートマルシェ、クルソラ、ラフィントレイルで悩みこれがなかなか決められない。
毎年3頭で応募して、1頭落選し、2頭に出資というのをずっと続けているタテジマとしては、なんとかここから2頭を選びだしたいところでした。

で、どれにしようかと悩んでいるとき、タテジマの馬ともさんが最優先でヴィートマルシェに申し込んだというお知らせがあったので、ならばタテジマも一般で申込みます♪という展開がありまして、一般ヴィートマルシェがあっさり決定。
ところが、ハルーワ、クルソラ、ラフィンから1頭選ぶのがさらに難しく…
ハルーワは一般ではかなり厳しい…でも可能性はゼロではない…クルソラはヴィートマルシェと同じネオ産駒…しかも抽選確実…ラフィントレイル…ぶっちゃけハルーワとクルソラの方が好き…いっそ2頭…いや全部…あほか!万が一当たったらお金どうすんねん!無理無理無理無理…

てな感じでした。

どうしようかな、どうしようかな、と思いながら一旦元に戻って、DVD見て、ネットでツアー情報見て、またログインして、最優先ココシュニックとヴィートマルシェを入力して、しばらく固まって、また元に戻ってを2、3回くらい繰返し…

なんか知らんけど、もう2頭でいいやん…という考えは全くわいてこず、取りつかれたように後1頭を考えていました。

その時ふと、もしかしたらココシュニック最優先じゃなくても一般でとれるんじゃね…
と思ってしまったと同時に、そういえばハルーワ買った時も余ってたっけ?ということを思いだして。

あの時は第1希望、第2希望って感じの募集で、タテジマは第1希望アヴェンチュラ、第2希望カテンゲッチ、そしてあえて第3希望をハルーワにして応募したんですよね。
で、結果はアヴェンチュラ見事玉砕しましたが、ゲッチとハルーワをゲットできました。

ならば今回も、もしや…その作戦でいけるのでは!!と甘ぁい考えが沸いてきて…

で、最初はハルーワを最優先にして…とも思ったんですが、ちょっとまてよと。

そういえば、土曜日の競馬場でお仲間さんが最優先でハルーワ行くかもと言ってたな…そんときタテジマは最優先はココシュニックかブルーメンと言ってたから、割り込んで万が一押し出してしまったら悪いなぁ…ハルーワ最優先は無いなぁと。
やっぱりココシュニック以外で最優先にいくなら、ブルーメンに行くべきやろと。

獲れたらめっけもん、落ちてもともと、しかも来年の募集では前年度最優先落選という優先権利取得のおまけ付き。一か八か勝負してみても面白いかな?的なよこしまな考えもふつふつとわいてきて。

というわけで、最終的に最優先ブルーメン、一般ココシュニック、ヴィートマルシェに決まったのでした。

なんやかんや言って、カタログが来てDVD見て第1印象でいいなぁと最初に思った3頭にすっぽりおさまったという感じでした。

ちなみに最終中間発表(前年比92%)では、
ブルーメン 952口
(うち母+優94口 母64口 優467口)
ヴィートマルシェ 397口
(うち母+優10口 母44口 優88口)
ココシュニック 397口
(うち優147口)
「母は母馬優先、優は最優先」
でした。

うーん(゜゜;)
思いの外、ココシュニック伸びてきました…なんとか400でおさまってくれと祈るばかりですが、後3口で400突破。抽選は確実でしょう…

最優先で行ってたら当確だったのになぁ…これで落選したら、よこしまな考えをもったタテジマへの天罰ですわ…

そういえば、今年の1月、3連発でおみくじ『凶』をひいたことをふと思い出したタテジマです…

なにとぞココシュニック当たりますように…

やれやれ…今日からゆっくり寝れるかと思えば、ドキドキの毎日だ…さっきうとうとしてたらココシュニック落ちる夢を見たよ(泣)
┐(-。ー;)┌


参考までに最後まで悩んだ他の子はというと
ハルーワソング 688口(うち優309口)
クルソラ 677口(うち優272口)
ラフィントレイル 258口(うち優63口)
でした。

ちなみに人気TOP10は

1位 バイラリーナ 1020口
2位 トールポピー 994口
3位 シーザリオ 958口
4位 ブルーメンブラット 952口
5位 ドルチェリモーネ 938口
6位 ポトリザリス 896口
7位 トゥザヴィクトリー 844口
8位 ヒストリックスター 831口
9位 フォーシンズ 805口
10位 シンハリーズ 786口
でした。
(間違えてたらすいません)

2012年9月11日 (火)

馬選び佳境!

いやはや毎年のことですが出資馬検討は悩みますね。
仕方がないですよね。高いお金だし、1発勝負だし、この数日間の結果で、この先何年も出資馬を応援したり、出資しなかった他馬の活躍を指をくわえて眺めたりしながら一喜一憂しなきゃいけないんですから。

そんなこんなで今日のテーマは今年の出資馬検討の紆余曲折です。

注!タテジマの馬選びは完全にタテジマの独断と偏見で選んでますので、そこら辺はよしなにお願いします(笑)

まずは第1次審査

まずはファミリーの兄弟たち(笑)
ハルーワソング
フォルテピアノ
シンハリーズ
ラフィントレイル

んで、カタログやらDVDやら直感やらなんやかんやを駆使し、選び出した馬

牡馬
ココシュニック
フォーシンズ
トキオタヒーチ
マンハッタン
ブルーメンブラット
ドルチェリモーネ
ヴィートマルシェ
クルソラ
タンザナイト
グレイトフィーバー
エンプレスティアラ
シャンスイ
ラヴァーズチェイス

牝馬
ヒストリックスター
ジンジャーパンチ
アドマイヤセラヴィ
リーサルヒート

このあたりが漠然と第1次候補となりました。

いい忘れてましたが、この時点で関東馬、25万円くん、ポピーっ子、シンクリ産駒は除外となっております。


続いて2次審査

31日に測尺が発表されたので毎年一応決めている

馬体重400キロ以下は無し
馬体重480キロ以上は無し
管囲19センチ以下は無し
母馬15歳以上は無し

の条件を1次審査を突破した子に当てはめてみました。

結果
トキオタヒーチ
マンハッタン
フォルテピアノ
ヴィートマルシェ
エンプレスティアラ
アドマイヤセラヴィ
が脱落。
ついでに、にたりよったりなのも脱落。
タンザナイト
リーサルヒート


てなわけで2次審査通過を通過した馬は
ハルーワソング
シンハリーズ
ラフィントレイル
ココシュニック
フォーシンズ
ブルーメンブラット
ドルチェリモーネ
クルソラ
グレイトフィーバー
シャンスイ
ラヴァーズチェイス
ヒストリックスター
ジンジャーパンチ
となりました。

これを独断と偏見で、ディープ産駒または母馬優先対象馬などなど多分最優先を使わなきゃ無理そうだチームと、そこをなんとか一般でお願いしますチームに分けてみました。

最優先チーム
ココシュニック
フォーシンズ
ヒストリックスター
ブルーメンブラット
ドルチェリモーネ
グレイトフィーバー
シャンスイ

なんとか一般でチーム
ハルーワソング
シンハリーズ
ラフィントレイル
クルソラ
ラヴァーズチェイス
ジンジャーパンチ

いよいよ3次審査
ここからがある意味本番。悩みも佳境に入ってきます。
毎日毎日来る日も来る日もDVDを見たおしました。
この間にアダムスくんが故障してしまったことも1つの判断材料となりました。
結果
最優先チーム
ココシュニック

なんとか一般でチーム
ハルーワソング
ラフィントレイル
クルソラ

で行こう!

決めたつもりでしたが、やはり今年も見ちゃいけないと思いつつも、やはり禁断のツアーに参加された方々のブログを見てしまって…

なるほどぉ…やっぱりブルーメンいいのかぁ…ココシュニックよりフォーシンズの方がいいのかも…ハルーワは人気になりそうかなぁ…シンハリーズはそんなにいいのかぁ…

なんて案の定ウジウジと悩みはじめ、あげくタテジマゆかりのマーチ血統のヴィートマルシェもやっぱり捨てがたいなぁなんてことも思いはじめ…

またまた悩みの無限ループに…


そして今日こそは申込みしようと決めて、とりあえずパソコンを立ち上げ、クラブのホームページを開いたのですが、なんと申込み状況の中間発表なんちゅうコーナーを発見…

おっ!っと思って見てみると前年比34%で、ブルーメン370口、フォーシンズ322口も申込みがあるのにココシュニックがまだでてきてない…有り難い思う以上に、ここまで差があるのかと不安におそわれる始末…
やっぱりみなさんダート馬と見てるのかなぁ。母父クロフネですからねぇ。

そして一般でなんとかひとつ…と思ってたハルーワは、やはり人気で262口、うち最優先129口。
単純に3倍したら最優先で387口!まぁ参加賞で名前だけは書くけどこれは無理…

後はクルソラが198口、うち最優先70口。こちらは確率2分の1くらいになりそう。
そして、ラフィントレイルとヴィートマルシェもまだ出ていない。

名前出てれば出てたでうわぁ思うし、出てなければ出てないで不安になるし…

うーん…難しぃ

最優先をここに来て変えるのは、気分的にも時間的にももはや無理なので、やはりココシュニックで行きます!
(`・ω・´)

それはそれとして、さて一般をどうするか…

とりあえずもう一日考えることにしますぅ。
(´-ω-`)

2012年9月 9日 (日)

フレール優勝!

昨日行われた阪神競馬11レース、西宮ステークス(1600万下、芝1800m)に出走したフレールくん、単勝1.8倍の期待に応え、堂々の優勝…いや、嘘です…なんとかアタマ差くらいしのぎきり優勝しました♪
\(^o^)/

大きな声では言えませんが、タテジマファミリー今季初勝利です。
( 〃▽〃)
あわや今季0勝の危機から脱出しました♪そう言えば、我らがタイガースも今日ナゴヤドームで勝ったみたいで、こちらも今季0勝の危機から脱出したみたい。
いやぁお互い良かったね。

しかしまぁ、今日は仁川に行ってたんですが、何がびびったかって、フレールの馬体重を見たときにはひっくり返りましたよ。

まさかまさかの432キロ。

7月初めには478キロ、末には482キロって発表されてましたから、成長もしてるだろうし、450前後での出走だと勝手に思いこんでましたから。

マイナス50キロは何処へてなもんでした。ほんとダイエットの方法を教えて欲しいもんだ。

新聞で調べたところ、432キロと言えば、菊のあとで馬体減での出走となった鳴尾記念と同じ。ちなみに休養直前の東京新聞杯が430キロ。輸送で減ったラジニケの時でさえ436キロでしたから…

すごいマイナス体重気分でした。そう言えば輸送で熱発もしてたしなぁ…なんてことを思いだし、膨らんでいた期待が一気にしぼんで、代わりに不安が一気に膨らんで来ました。

ただ、実際に出てきたフレールは、やたらスッキリ仕上がった的な感じではあるものの、決してガレているとかではなく、とにかく元気いっぱいで周回していました。
ええ、首を上げ下げチャカチャカと(笑)ただ、激しく消耗するような入れ込みでは無かったですよ。


レースはというと、幸い雨予報ははずれ、良馬場でのレースとなりました。
ゲートが開き、ポンとスタートをきってスッと2番手につけました。

予想よりもずいぶん前にいったので、このままひっかかるんでは?と思って見てましたが、鞍上が完全に力が抜けているという感じでは無かったですが、ちゃんと折り合いはついていました。
開幕週の速い馬場で1000m約1分のペース、そして位置取りなどを考えればよく成長したもんだと思います。

最後の直線に入り、フレールくんは追い出しをずっと我慢し持ったままで先頭に。

普通なら圧勝しそうな感じですが、なんか嫌な予感が…いい手応えで4角先頭…しかしいざ追い出すとさっぱり伸びないっていうのは、競馬を見てると良く見るシーンです。
申し訳ないけど、そちらがまず頭に浮かんだんですよね。すべては432キロショックの影響です。

直線も半ばにさしかかり、外から8番くんが追い込んできましたが、フレールくんも一生懸命粘ります。

そのままなんとか最後まで粘りきり、8番くんの追撃をアタマ差くらいしのぎきったところでゴールでした。

タテジマはゴール前で見ていたので、しのぎきったが見えていましたので勝利の歓喜に飛び上がったのですが、少し斜め後ろにいたお仲間さんは、ゴールの瞬間、残したか?差されたか?どっち?ほんとにしのぎきった?となってるくらいきわどい勝負でした。

生観戦では、なんとかギリギリしのいだイメージでしたが、でも、後でビデオをみたら、鞍上は一生懸命追ってはいましたが、鞭は最後の方に1発入っただけでしたから、そのあたりは僕らが見てるのとは違って、もしかするとまだ余裕があったのでしょうか?

まぁとにもかくにも勝ってくれて良かったです。
関係者のみなさん、応援してくれたみなさん、どうもありがとうございました。
m(._.)m

あと、悩み中の出資馬選びですが、レース前、自分の中でなんとなく『もし今日フレールが勝ったら今年の弟に出資する!』と決めていました。

まぁ勝ってしまったもんは仕方がないので、人気になりそうですが、一般で申し込もうと思っています(笑)
縁があれば当たるかもしれません。


ではでは、勝利のクラブコメントです。

9/8 友道厩舎
■8日の阪神競馬では五分のスタートからジワッと動いて2番手をキープ。
そのまま直線を向き、早めに先頭に立つと、そのまま後続を振り切って優勝。

「返し馬の気配が良くて、成長を感じましたね。
今日は開幕週の馬場で時計も速いので、最初から好位で運ぼうと思っていたんです。
折り合いが課題の馬だけれど、2番手で予想以上にうまく収まっていたし、力を見せた内容でした。
この馬本来のレース運びではないんだけど、今日の感じなら先々はこういう好位からの競馬もできそうですよ。
上のクラスの方が競馬はしやすいし、使ってもっと良くなるだろうから、これから楽しみです」
(福永騎手)

「今日は装鞍を競馬場の厩舎で行い、テンションが上がらないように気をつけてレースに臨みました。
パドックではお客さんの前を通る時だけバタバタしていたけれど、なんとか落ち着いて歩けていたし、返し馬の雰囲気も良かったですからね。
ジョッキーは開幕週の馬場を考えて前々で進めましたが、最後はよくしのいでくれました。
久々でも落とせない一戦と思っていただけにホッとしましたよ。
馬の状態を見ながらですが、ここを使ってさらに良くなるでしょうし、このまま厩舎に置いて調整していきたいと思います」
(友道師)

休み明けとはいえ降級戦でしたし、ここは勝たなくてはならないレースでしたが、見事断然の1番人気に応えて優勝してくれました。
ジョッキーも成長を感じていましたが、今日は好位からスムーズなレースができて収穫の多いものとなりました。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


\(^o^)/




2012年9月 6日 (木)

今週の近況 9月その1

今週からいよいよ秋競馬。阪神、中山開催がはじまります。

しかし、タテジマファミリーはというと、秋での飛躍を期待していたアダムスくんは屈腱炎で早々と戦線離脱し、トライアンフくんもなんだか脚元がすっきりしないし、ジャイアントくんはゲート練習にてこずる始末…

そんな中、ファミリーの期待を一身に背負い、フレールくんが開幕日の阪神メインレース西宮ステークス(芝1800m)に出走します。

芝千八は4戦3勝。雨も予想されてますが、500万下ですが、ドチャドチャの泥んこ馬場も体験…てか、圧勝済み。

予定されてる出走頭数もなんと8頭立て。準オープンの同じような条件なんてそんなにないのにね。やはりフレールから逃げたのか(笑)

なんて冗談はさておき、富士S以来の7ヶ月ぶりの実戦にも関わらず、競馬ブックを見ても◎がズラリと並んでいるし、力の違いを見せつけるはず…なんて書かれてるし、逆にえらいプレッシャー満点のレースとなってしまいましたsweat01

希望的には、ここをサクッと勝ってもらって、返す刀で重賞をさらっと勝ってもらってマイルチャンピオンシップに駒をすすめてくれるなんてことになればいあなぁ♪

てなわけで土曜日は阪神競馬場で応援だっ!

休養前430㌔だった馬体は一時期480㌔くらいまで増えていたました。
一体何キロででてくるのかな?変わってないのか成長しているのか?その辺りも興味深いですね。

ではでは今週の近況です。

クラブコメント

◆トライアンフマーチ◆

9/4 NFしがらき
■周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「先週後半から乗り出して様子を見てきましたが、劇的な良化はないもののじっくり乗り込んでいけば良くなっていきそうな手応えがあります。
今週から本格的に乗り出していますが、慎重に状態を見ながら進めていきたいと思います」
(NFしがらき担当者)

◆インペリアルマーチ◆

9/6 音無厩舎
■5日は軽めの調整を行いました。
6日は栗東坂路で追い切りました。
(51秒5−38秒9−26秒7−14秒1)

「今朝はPコースを軽く1周してから坂路で追い切りました。
先週がかなりハイペースで飛ばして行った内容だったので、今週はなるだけ抑えて行きたかったんですが、やはり前半からしっかりハミを取って、ラストの時計がかかってしまいました。
ただ、いつも脚が上がっているわけではなく、最後は無理をさせていないだけ。レースに行っては影響がないし、しっかりやれたことがプラスと捉えています。
できれば今週の重賞で除外権利を確保したかったのだけれど、1次登録の段階で賞金的に入ってしまうことが分かったので取り下げました。権利がない状態ですが、出走できればいい勝負はできるはずです」
(音無師)

15日の阪神競馬(エニフS・ダ1400m)に福永騎手で出走を予定しています。

◆フレールジャック◆

9/5 友道厩舎
5日は栗東CWコースで追い切りました。

「今朝はCWコースで、弟のマーティンボロと併せて追い切りました。
最後はクビほど遅れましたが、相手を追走して外を回ってのものですからね。ほぼ馬なりで、6ハロン84秒台、ラストも12秒3と時計的にも合格ですし、馬体に張りがあって活気のある動きもいいですよ。
脚元なども安定していて特に気になるところはありませんし、ここまでは順調そのものです。
あまり調教でバリバリやりすぎるとテンションが上がってしまうのが心配ですし、このぐらいの調整過程でレースに臨むのが一番良さそう。
久々になりますが、このクラスなら力の違いを見せてもらいたいところです」
(友道師)

9/6
■8日の阪神競馬(西宮S・芝1800m)に福永騎手で出走いたします。

◆アダムスピーク◆

9/4 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「こちらに到着後は患部の確認を行い、ウォーキングマシンで軽く体を動かしています。
遅くとも来週中には北海道へ移動し、現地で回復を促していくことになります」
(NFしがらき担当者)

◆プレレフア◆

9/5 松田博厩舎
■5日は軽めの調整を行いました。

「岩田には、無理してリズムを崩すようなことはしないように言ってあったんだけど、積極的に前へ行ったからヒヤヒヤしたよ。
今回はなんとしても勝ちたかったから、負けてしまったのは痛恨だけれど、あの位置でも2着にしっかり残すのだからジョッキーもよく乗ってくれた。
レース後は大きな疲れはなくきているし、しっかりと調整して最後のチャンスに賭けたいと思います」
(松田博師)

◆コメットシーカー◆

9/4 NF空港
■ウォーキングマシンでの運動とトレッドミルでハロン24秒のキャンターを行っています。

「マシン運動を継続してきても体調は変わりありませんでしたし、この中間からはトレッドミルでのキャンターも追加して動かしています。
今のところカイバ喰いやボロの状態なども安定しているようですし、この調子で少しずつ動かしていきたいですね」
(空港担当者)

◆ジャイアントリープ◆

9/6 村山厩舎
■5日、6日はゲート練習を行いました。

「水曜日、木曜日と藤岡佑介騎手に乗ってもらってゲート練習を行いました。
だんだんと馬も苦しくなってきているのか、ゲート内でのモタれが気になるようになってきています。
ジョッキーも少し時間がかかるかもしれないと言っていますし、あまり追い詰めず、じっくりと取り組んでいってあげたいですね。
発馬の反応は時間をかければ徐々に良くなりますから、まずは駐立をしっかり確認していきます」
(村山師)


今週はこんな感じです♪

あぁでもないこうでもないと悩んでいる1歳馬選びはまた週末あたりに書きます。
なんとか週末には決めてしまいたいところです。


2012年9月 2日 (日)

プレレ…2着…

うーん、プレレまた2着…
スタート後、後方追走も、2コーナーあたりから上がっていき、向こう正面から3コーナーでは好位集団の後ろにつけ、そのまま最後の直線へ。
直線向いた時は差しきれると思ったんだけど、2着…
勝ち馬はその好位集団にいた馬だから、結局最初の直線の位置取りで勝負あった感じ

むむむ…

くやしす
(>_<)

力は見せてくれたと思うんだけど…

これで残すはラスト1発のみ!

むむむ…

きびしす…
(ToT)

あぁどうしようかなぁ…一昨日のアダムス脱落もあるし1歳馬は3頭申し込むかな…

まぁ毎年申し込みは3頭やけどな…コンスタントに1頭落選してるだけで…

あっ、そうそう、トランスワープ重賞制覇、出資者の皆さんおめでとうございます。

タテジマもキャロっ子応援大作戦で、単複と馬連ゲットできました♪
出資の足しになるぜぃ!

クラブコメント
9/2松田博厩舎

■2日の新潟競馬ではまずまずのスタートから道中は中団を追走。
勝負どころで前を射程に捕えるものの、勝ち馬を交わすことはできず、2着。

「道中もすごくいい感じで進めることができましたし、4コーナーで前を射程内に入れてこれなら勝てると思いました。しかし、直線ではあと一歩が足りずに勝ち馬を交わすことはできませんでした。あと少し頑張ってほしかったのですが、残念です。
レースぶりは良くなってきていますし、馬はすごくいいだけに何とかしたかったです」(岩田騎手)

残念ながらあと一歩のところで勝利を手にすることはできませんでした。
ラストチャンスを掴むことはできましたので、次走に挑みたいと思います。


追記
来週のフレール復帰戦、登録が10頭しかないみたい♪
出走確定だっ♪

さてはみんな逃げたな(笑)
ヽ(´▽`)/

2012年9月 1日 (土)

なんちゅうこっちゃ…

今日は1歳馬の測尺発表。
ウキウキ気分でクラブのホームページを見ようとしたときのこと。
ふと見えたマイホースコーナーのアダムスピークの横の31日更新…

栗東にいる馬の、こんなイレギュラーな日の更新はろくなこっちゃない…

おそるおそるクリックしてみると、次のようなコメントが…

8/31 石坂厩舎
■31日、右前脚に腫れと熱感が認められたため、エコー検査を行ったところ、屈腱炎の症状が認められました。

「追い切り後は特に何もなかったのですが、木曜の昼から腫れが見られたため、今朝エコー検査を行ったところ、屈腱炎という診断が下りました。
痛みはなく歩様にも出ていないのですが、もちろんこのまま調教を重ねてレースに使うことはできません。
うちの厩舎では最近でも屈腱炎から復帰した後すでに2勝を挙げている馬がいますが、アダムスピークも治癒を待てば復帰できるレベルです。
時間はかかるかもしれませんが、会員の皆様もなんとかその時を待っていただきたいと思っております」
(石坂師)

9月1日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。


目が点になりました(・・;)

神戸新聞杯から菊花賞へ
楽しみでもあり夢でもあり
距離が延びることに対しての自信もあった。

それが一瞬にして崩れていきました。
(ToT)

そしてはたと思い出しました。

そういえばアダムスくんは繋が立ち気味で硬めで…新馬戦の時なんて、無事に帰ってきてくれ、故障だけはしませんようにと、かなりびびってたっけ…

期待が大きくなるにつれ、いつの間にか、すっかりわすれてしまっていました。
そして今日の更新。

驚きと落胆の一方で、あぁそうか、そうきたか…という気持ちでした。

トライアンフは幹細胞移植手術したけどアダムスもするのかな?それとも手術なしで治療するのかな?

でも自然治癒だと痛めた部分は元に戻らないって聞くし。
それとも自然治癒でいけるくらい症状が軽いのかな?

今の詳しい状態も今後の治療も、今のところ全くわからないけど、とりあえず復帰を目指すということで、ちょっとだけホッとしました。

ついこの前、キャロっ子ゴルトブリッツに不幸があったばかりだし、それを思うと元気に復帰を目指せるだけでも有難いことです。

あぁ、とわいえ、へこむわぁ…実際…
(ノд<。)゜。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »