« 今週の近況 7月その1 | トップページ | 今週の近況 7月その2 »

2012年7月 9日 (月)

コメットくんがえらいこっちゃ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

昨日、馬ともさんからいただいた『コメットくん心配ですね。無事回復しますように…』とのメッセージ…
いったいなんのこっちゃ、何が起きた!コメットくんまでもが馬房でころんだか!!まさか…

と震える手でクラブのHPをみてみると次のようなコメントが…


7/7 NF空港

■7日に疝痛の症状を見せたため開腹手術を行いました。

「今日の午後になってから疝痛の症状を見せたため開腹手術を行いました。
腸管の変位が見られたため、整復を行いましたが無事に終了しています。
同じような症例はこれまでもいましたが、術後の経過は概ね順調でした。
しばらくは乗り運動を行うことが出来ませんが、9月くらいには騎乗調教を再開出来ると思います」
(空港担当者)


(;o;)かっ、開腹手術ぅ!!

骨?筋?腱なんてことを想像していましたが、開腹手術という全く予想していなかったコメントにタテジマ思考停止してしまいました…

いったいどういうこと?
もう一度じっくりコメントを読み返しました。

疝痛で、いきなり開腹手術とはあわや大惨事の一歩手前だったんじゃ…

疝痛が原因で亡くなった名馬たちもたくさんいたはず…

逆に、そういう最悪のケースがまず頭をよぎったので『しばらくは乗り運動を行うことが出来ませんが、9月くらいには騎乗調教を再開出来ると思います』とのコメントになんかホッとした気持ちもありました。

とはいえ、実際に元気なコメントが出てくるまでは、タテジマの中ではまだまだ予断を許さない的な心境です。

元気になっても、競争能力に影響しないのかとかの心配も正直あります。

でも今回のような件はタテジマ初体験なので正直わかりません。ただの余計な心配なのかもしれません。
ここはクラブコメントを文字通り信じるしかないです。


コメットくんはタテジマの中では、同じディープ産駒のフレールくん、アダムスくん以上の期待をしている馬。この2頭だって相当なもんですよ。それだけにこの手術はかなりショックです…

でも、クラブコメントからは9月には乗り出せると…コメントどおりだと最小限の遅れにとどまってくれるかも…

1月末にデビューし、勝ち上がったのは3月、そこから一気に皐月賞2着となったトライアンフくんのような馬も実際に身近にいます。

もしも、コメットくんが本物ならば、この逆境を見事跳ね返し、クラシックへの道を切り開いてくれるでしょう!


頑張れ、コメットシーカー!
病気に負けないで!

« 今週の近況 7月その1 | トップページ | 今週の近況 7月その2 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

偉いこっちゃヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

よしさん

えらいこっちゃ
o(T△T=T△T)o

でもいまんとこ経過は順調なようです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の近況 7月その1 | トップページ | 今週の近況 7月その2 »