« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月25日 (水)

今週の近況 4月その4

はりきって今週の近況いってみよう!

と、言いたいところですが、残念ながら入厩してるおうまがおりまへん
(T-T)

強いていうならあれですな!インペリくんの帰厩が近いよ♪
あと、兄マーチくんの調教のペースが徐々に上がってきたよ♪

まぁこんな感じですわ
(´∀`)

ではではクラブコメントです。

◆トライアンフマーチ◆

4/24 NF早来
■週3回は周回コースでハロン18秒のキャンター調整を行い、週3回は坂路でハロン16秒のキャンター調整を行っています。

「順調ですね。ペースを上げ始めても疲れを見せることはありませんし、蹄の具合も問題ありません。
坂路調教を取り入れてからも安定していることからこの中間はさらに進めて16−16のキャンターを行っています。
引き続きこの調子で進めていって下地作りをしっかりしていきたいですね。馬体重は528キロです」
(早来担当者)

◆インペリアルマーチ◆

4/24 NFしがらき
■周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「先週末からは周回コースを3周ほどしっかりと乗ってから坂路で終い15秒ぐらいまで伸ばしています。
馬体に張りがあって状態はかなりいいですよ。今のところ来週中の帰厩を予定していますので、こちらもそこに向けてペースを上げていきます」
(NFしがらき担当者)

◆フレールジャック◆

4/24 NF空港
■ウォーキングマシンでの運動を行っています。

「脚元をはじめ状態面に変わりはありませんし、マシン運動を取り入れながら良化を促しています。
直近の馬体重は472キロと運動を制限している分馬体が緩んでいる状態ですが、言い方を変えればリラックスを促せているとも言えますし、その精神状態は回復にプラスになってくれるでしょう」
(空港担当者)

◆アダムスピーク◆

4/24 NF天栄
■「先週こちらへ到着後、体調面のチェックをしっかりと行ってきましたが、鼻出血の兆候もなく大きな問題はなさそうでした。
疲れが抜けるのを確認して、今朝NF天栄へ向けて出発しています」
(NFしがらき担当者)

24日にNF天栄へ移動し、その後NF空港へ移動する予定です。

◆プレレフア◆

4/24 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「先週末にこちらへ到着後、馬体をチェックしましたが、ややトモに疲れが出ているようなので慎重に様子を見ています。
大きな問題はなさそうですから、今週一杯ぐらいはウォーキングマシンで楽をさせてあげて、来週から乗り出せればと思っています」
(NFしがらき担当者)

( ´∀`)/~~

2012年4月21日 (土)

先週の結果と今週の近況

わお!今週は毎日更新してるぞ!
w(°O°)w

てなわけで、週末にしてようやく先週の結果クラブコメントまでたどりつけそうです。

先週の今ごろは風邪気味でしんどいながらも夢見心地の週末でしたが、先に皐月賞編の記事にも書いた通り、アダムスくんは皐月賞で鼻出血を発症、正式にダービー断念が発表されました。

夢からたたき起こされた気分です。
お馬はこれがあるから油断も隙もない…でも、だからこそ、クラシックに出走できたときの嬉しさは、そりゃもう尋常ではありません。

それになんか、今回の大敗に鼻出血という明確な理由があったことで、決して力負けしたわけではないことにホッとした方が気持ち的には大きいことも事実です。

ダービー断念は残念ですが、元々、皐月賞よりもダービー、ダービーよりも菊花賞だと思っていましたし、体調万全で秋を迎えるためにも、この休養がいい休養になってくれるといいですね♪


しかしタテジマ、もうええオッサンなんですが、こんなええオッサンになっても心の底からワクワクドキドキしたり、歓喜にわいたり、たまにへこんだりできる。
そんな趣味をもてるのはとても幸せなことだと思います。


それでは、先週の結果と、今週の近況、おまけに2歳馬近況とあわせて一気にクラブコメントいってみよう
( ´∀`)/~~


◆アダムスピーク◆

4/15  石坂厩舎
■15日の中山競馬では飛ばして逃げた2頭を前にやりやや離れた3番手を一頭で追走。直線では余力なく沈み18着。

「今回のレースは全てが悪い方に転んでしまいました。
2番枠に決まったとき本当にハッピーな気持ちになったのですが、まさか馬場がここまで悪くなるとは思いませんでした。
道中では手前を何回も変えていましたし、馬の後ろにつけることができず、ハミを噛んで怒ってグーンと進出してしまいました。
最後の直線も走りがチグハグでしたね。ペースもこの馬にとって合わなかったですし、本当に不運が重なりました。
実力はこんなものではないはずですし、条件が揃えば巻き返しは十分に可能なはずです。今日は本当に申し訳ありませんでした」
(ピンナ騎手)

「皐月賞の前に行われた芝レースの内容を見て内はあまりよくないと思っていました。
実際に芝の内側を確認しに行ったのですが、芝が剥げてダートみたいになっている場所もありました。
あまりデコボコした場所を長く走ると馬の気持ちが切れてしまうので、1コーナーまでにジワッと外に出して行ってもらいましたが、前に壁を作れずに掛かってしまってましたね。
今日の結果が能力ではないでしょうし、馬場が良くなれば巻き返せると思います」
(石坂師)

馬場のいい所を選びながら進めましたが結果的に脚の溜まらない展開となり、直線では気持ちが切れてしまいました。
これが能力とは思いたくありませんし、次走では巻き返してもらいたいものです。
今のところいったんNFしがらきへ放牧に出る予定です。


アダムスくんその2
4/18 石坂厩舎
■「皐月賞のレース直後はなんともなかったのですが、しばらくしてから鼻出血が認められました。
いくら馬場が悪かったとはいえあんな負け方をするわけがないと思っていたのですが、本来の能力を発揮できなかった理由がわかりました。
慎重に状態を見てきましたが、苦しい思いをした後ですし、ダービーへ向かうとなると中途半端な仕上げでは臨めませんので、思い切って長めの放牧に出すことにしました。
会員の皆さんには非常に申し訳ありませんが、まだ将来のある馬ですし、ここで無理をさせないことが必ず先につながると判断してのものですので、ご理解いただきたいと思います」
(石坂師)

19日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

◆プレレフア◆

4/14  松田博厩舎
■14日の阪神競馬では五分のスタートから押して2番手へ。スムーズな追走に見えたが、直線半ばでは手応えをなくしてしまい17着。

「前々で競馬をしてほしいとのことで、スタートから気合いをつけて行きました。
出ムチを入れてもハミを取らないし、なかなか自分から動こうとしてくれませんが、今日のような競馬をしたことで次走からはもう少し楽に前へ行けると思います。なんとかもうひとつギアを引き出したいですね」
(藤岡佑騎手)

「う〜ん。もうちょっとやれてもいいはずなんですけれどね。
現地から報告も受けましたけど、何かピリッとしないですね。
持久力を活かせる芝の2200mの条件は悪くないと思ったんだけど、最後はいいところがありませんでした。
ちょっと生ズルいようなところがあるからなのかもしれませんが、仕掛けられてからもう少しグッと来れるようになれば違うはずなんですけれどね。今日の競馬が今後に活きてほしいです。
このあとについては様子を見てから考えたいと思います」
(松田博師)

思い切って前で競馬をさせましたが、この馬らしい粘り強い脚を見せることなく最後は一杯になってしまいました。
ただ、今日のように前々で積極的なレースをしたことは今後に繋がるはずですから、次走改めて期待したいと思います。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


プレレその2

4/18 松田博厩舎
■18日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は中山競馬場にいたのでモニターで見ていたんだけれど、もう少ししぶとく脚を使えると思っていただけに案外でした。
次はダートを使ってみるつもりですが、いつ使えるか分からない状態で仕上げが中途半端になるのも良くないし、リフレッシュも兼ねて一度放牧に出したいと思います」
(松田博師)

21日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

◆トライアンフマーチ◆

4/17 NF早来
■週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター調整を行い、週3回は坂路でハロン17〜18秒のキャンター調整を行っています。

「先週は周回コースのみでじっくり動かす調整を行っていましたが、その後も脚元の状態が安定していましたので今週からは坂路も交えて動かしています。
右肩上がりに来ているのは嬉しい限りですね。ただ、ここで安心しないようにしてこれからも慎重に接していきます」
(早来担当者)

◆インペリアルマーチ◆

4/17 NFしがらき
■周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「乗り出してからの雰囲気も良く、特に問題はありません。これまでの放牧中の状態と比べても状態はいいと思いますよ。今のところ5月の頭に帰厩する予定です」
(NFしがらき担当者)

◆フレールジャック◆

4/17 NF空港
■ウォーキングマシンでの運動を行っています。

「左前球節のムクミが完全にスッキリしたとは言えませんが、こちらに移動した当初と比べれば良く見せていますし、マシン程度の運動を継続するには問題ありませんね。この調子で良化してくるのを待ちたいと思います」(空港担当者)

◆コメットシーカー◆

4/16  NF空港
馬体重:489kg
■現在は400m周回コースでスローキャンター1600mの調整を中心に、週3日は900m屋内坂路コースをハロン17秒で1本元気に駆け上がっています。
ここにきて馬体に芯が入ってきたようで、動きも一段としっかりとしたものへと変貌してきました。
また、この中間に背腰の張りも見られましたが今では気にならなくなっており、今後は徐々に調教負荷を強めていく予定です。

◆ジャイアントリープ◆

4/16  NF早来
馬体重:479kg
■現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本の調教を行っています。
課題でもあった精神面にはだいぶ成長が見られ、騎乗者としっかりコンタクトを取りながら調教を行うことができています。
速めの調教を課していく中で折り合い面、肉体面ともにいい成長が感じられますので、引き続き乗り進める中で更なるステップアップを図っていきます。

2012年4月19日 (木)

中山競馬遠征 写真館

中山競馬場でちょこちょこ写メとってきたので貼り付けておきます♪

皐月賞パドック入場直前


アダムスくん


アダムスくん返し馬

スタート直前のスタンド

馬場解放
馬場外側


芝はこんな感じ

馬場内側

芝ってか、砂?

係員に追いたてられながらも最後まで粘ったよ

またいつか来たいなぁ


( ´∀`)/~~

中山競馬遠征記③

皐月賞当日 皐月賞編

PSPをもらってウキウキしながら皐月賞の時間まで、馬券をチョロチョロ買いながら、カメラ片手に内馬場に行ってみたり、裏にまわってみたり、とにかく中山競馬場中を探検。

遠征競馬はこういったことも楽しみの1つです♪

お昼ご飯にはうどんを食べました。
実はとりあえず、めったに食べられない関東風のうどんを食べて、そのあとでまた何かと思ってたんですが、このうどんが400円ちょっとのわりに、麺の量がおそろしいくらいに多くて…
ほかに何も食べられずでした…

そんなこんなで楽しい時間は過ぎ、特別戦には芝のレースが数鞍組まれていたので馬場状態に注目しながら見ていたのですが…

前日の雨がたたり、おそろしいくらいの完全な外差し馬場。
逃げ馬が馬場の真ん中あたりを回ってくるのですが、それでも足りずとばかりにとにかく外差し。いや、大外差しの馬場!

1枠2番なんかひいちゃって今回は先行するよなんて言ってるアダムスくんに暗雲が漂いはじめていました。

それでも、まだまだ期待して、いよいよ皐月賞のパドックへ

すごい人だかりとなったパドックに登場した選ばれた18頭。

アダムスくんはというと…

どうもピンとこない…

調教Sランクがつくくらい絶好調だったはずなのに…

どうも歩様がよくみえない…爪の返しもよくみえない…

簡単に言うと、躍動感ってか、元気がない…

朝イチにアダムスくんの単複をはじめ馬単や三連単をしこたま買っていたタテジマ、ぶっちゃけ危機感を感じ思わずアダムスくん以外の馬券を追加したのでした。

だいたい、最後の最後は変な自信が出てきて単勝追加して痛い目にあうっちゅうのがタテジマの通常のパターンだけにこれは異例中の異例の選択なのです。

そんなこんなで本馬場入場。

G1の入場曲が流れる中登場したアダムスくん。この瞬間を味わいたいがために一口馬主をやっているのかと思うくらい感動する瞬間です♪

そしていよいよレース発走!

スタート直後、1番くんにぶつけられ挙げ句3番くんにもよられてしまいました。

『うわぁ…なにしてくれてんねん』

これでカッとなってしまうんじゃないかと嫌な予感がしましたが、まさに予感的中…

しかし、その横を暴走気味にぶっ飛ばしていくカドマツとゼロス…横を向いて走ってるブリランテがみえたので、まだましかな?と思いました。

ひたすら逃げる2頭から大きく離れてブリランテと並走するアダムスくん。まだまだ力みがとれていない…

『なんとかブリランテの後ろに入れてくれ』

祈るような気持ちで見ていましたが祈りは通じず…

前半1000mを59秒台という、この馬場を考えたらアホみたいなペースでぶっ飛ばして行く2頭

『うわっ前の馬はやっ…終わったな』

と思ったのもつかの間、なんとアダムスくんが、抑えが利かなくなったのか、抑えることを諦めたのか単独で前を追いかけはじめてしまいました…

『あららら…なにすんねん』

と思いましたが、こうなったら力を信じて応援するしかありません。

ところが、残り600を過ぎたあたりでアダムスくんが失速しはじめてしまいました。

( ̄□ ̄;)!!
『まさか…やってしまったのか!』

全身に緊張が走りました。
そこからはレースなんか見ていませんでした。ただひたすらアダムスくんの姿だけを追っかけていました。

カルカソンヌくんで味わってしまった悪夢がよみがえってきました。

他の馬たちがゴールしたあと、ポツンと離れてなんとかゴールにたどり着いたアダムスくん

ジョッキーが下馬するんじゃないかと、半ばパニック状態になりながらひたすら姿を追っかけていました。

でも、ジョッキーは下馬することなく普通に乗って帰ってきました。

『あれ、故障じゃなかった?』

ホッとした反面、だったらなんで?という疑問が頭の中を渦巻いていました。

色んな敗因を想像してみましたが、ここまで負ける理由が全く想像できませんでした。

その後もずっと釈然としないまま最終レースが終わり、馬場解放イベント参加したり、ジョッキーのイベントも見たりしてきましたが本来ならば楽しいはずのイベントもどこか放心状態のままでした。

抑えに追加で買った皐月賞の馬券、馬単と三連単が当たっていましたが、嬉しさなんて全くありませんでした。

帰り道の地下道、ターフィーショップの前を通りすぎる際、朝の最後の会話…

『きっと皐月賞も当たりますよ』『いやいや、もう、運を使い果たしたかも』

てなやりとりを思い出していたタテジマでした。

まぁ最後はへこみましたが、トータルでみると楽しい遠征でした。

いつかまた行きたいな♪

遠征記おわり

( ´∀`)/~~

追伸

今日更新されたクラブコメントから、アダムスくんの敗因がわかりました。

『鼻出血発症』

ならばあの大敗も納得ができます。息ができんっちゅうわけですからね。

しかし、鼻出血は出走停止のペナルティもついてきますし、もし、2度目、3度目となるとペナルティがどんどん長くなっていくっちゅう厄介なしろものです…

てなわけで、アダムスくんはダービーを断念しこのまま休養となるみたいです。

夢のダービー出走は、夢に終わってしまいました。

夢の続きは2歳馬たちに託し、アダムスくんは菊の大輪に向けてしっかりと休養してほしいですね。
(^O^)/

2012年4月17日 (火)

中山競馬遠征記②

皐月賞当日ターフィーショップ編

船橋法典に着き、長い地下道を通り、いざ決戦の舞台、中山競馬場へ。

1度経験しているだけに、前回ほど地下道の長さは感じませんでした。

内馬場への入り口のところにあるターフィーショップをのぞいてみると、トライアンフの皐月賞に来たときに、気がつけば売り切れていて、あぁ先に買ってたら良かったなぁと後悔した、皐月賞出走馬名入りボールペンが今回もあったので、とりあえずお土産用もあわせてアダムスくんのを5本、ついでにアーデントくんのも1本、そして、皐月賞マフラータオルを使う用と記念用にと2枚手に取りレジへ向かいました。

これがいきなり予想外の出来事を呼ぶことにっ
( ̄□ ̄;)!!

このマフラータオルにはスピードくじがついてるんですよね。

1枚目を開けると末等のD賞…
お馴染みのボールペンです♪

2枚目もどうせD賞だろうとバリッっと開けてみると…

えっ( ̄□ ̄;)!!

Aしょ…(@ ̄□ ̄@;)!!

A賞っっっっっっ!
\(゜ロ\)(/ロ゜)/

ってかっ!

予想外の出来事にあたふたしながら店員さんのところに行き

タテジマ
『エ、エ、エ、エ、A賞って書いてるんでつけど』

店員さん
『すごーーい!A賞でましたぁぁぁぁ!おめでとうございまぁすっ!』

そこらへんに響き渡る店員さんの声。あせるタテジマ。

ここに来てようやくA賞ってなんやったっけ?って全く賞品を見ていなかったことに気付きました。

店員さん
『A賞の賞品 PSPでーす♪ブルーとピンク、どちらにしますか?』

タテジマ
『ぶ、ぶ、ぶ、ブルーでおにゃがいします…』

店員さん
『ではA賞のPSPでーす♪でも、A賞出たの初めてみましたぁぁぁぁ!』

タテジマ
『ボクも初めて当てましたぁぁぁぁ!』

奥の方からも出てくる店員さん…ターフィーショップの前で、いちやく時の人となってしまったタテジマ…

ちょっくらこっぱずかしかったです♪
(*ノ▽ノ)

ちなみにタテジマ、ゲームはスーパーファミコンとかプレステの頃はちょこちょこ買ってしてましたけど、プレステ2になってからとんとしなくなって、今では携帯のうまいるくらいしかしないんですけどね♪

まぁ当たっちゃったものはありがたくいただいて帰りますよ♪

しかし、まぁ嬉しいハプニングでテンション一気にアップ!とってもハッピーな気分になりながら、PSPの入った袋をぶら下げターフィーショップを後にしました。

ターフィーショップの店員さんと最後に交わした言葉

店員さん
『今日は朝から幸先いいですね♪皐月賞もきっと当たりますよ♪』

タテジマ
『いやいや、もしかしたらこれで運を使い果たしたかもねぇ♪』

これが数時間後の結果をなにげに予言していようとはタテジマには知るすべもありませんでした…

皐月賞当日 皐月賞編につづく
( ´∀`)/~~

2012年4月16日 (月)

中山競馬遠征記①

皐月賞前日編

トライアンフの皐月賞以来、3年ぶり2度目となる中山競馬場への遠征。
前回と同じように船橋に宿を予約し準備は万全!

予定としては、まずプレレフアくんのレースを見に阪神へ。その足で新大阪にいき新幹線で東京→船橋へというプラン♪

のはずでしたが、金曜日の朝からどうも体調がおかしい…完全に風邪の症状が出てしまいました。

とりあえず朝には治っててくれと祈りながら就寝。
そして土曜日の朝起きてみたら…
やっぱりすっきりしない…てかしんどい…
熱を計ってみたら37度2分ありました…


(T-T)うわぁどうしよう…

なんてウジウジ考えてる間に10時半…

あかん阪神に行かなきゃ…と思い、家を出ましたが、駅に着くと目の前で電車が出発してしまい、約10分駅で待つことに…
電車を待つ間に、先に馬券だけ買っとこうとPATアプリを立ち上げてみると…

締め切り…12時9分…

あれ?レース…12時半じゃないの?

タテジマ、勝手にレースは12時半と思い込んでたのでした。

あわててナビタイムで仁川への到着時間を調べてみたら、どうやらギリギリ間に合わない…
いっそ中山グランドジャンプでも行くかと調べてみたら、こちらも間に合わない…

てなわけで、一旦帰って部屋でプレレフアくんのレースを見ることにしましたsweat01

プレレフアくん、出鞭をくれての先行策でしたが、舌がハミをこしてるような状態で…結果から言うと、昨日の記事にも書いたようにブービーの17着。

相変わらずパドックでの馬体はよくみせるんですがねぇ…なにをどうしたらっていう修正点がわからない…修正点がわかるとそこに次走への希望がでてくるるんですが…それがわからない…

これは困りましたねぇ…sad
なんかきっかけをつかんでくれることを祈ります…

てなわけで、ちょっとショックを受けながら、とりあえず少し寝て、船橋に向けて出発しました。


雨が降り、かなり寒くなってる東京に着き、相変わらず乗り換えの度にちょいちょい迷子気味になりながらもなんとか船橋まで到着し、まず探したのは、もちろん薬局!
咳としんどさはあったものの、これ以上熱が上がる気配がなかったので、薬を飲んで早く寝るぞと決め込んで、宿に向かいました。


真面目に寝る作戦が見事あたったのか、翌日起きたらしんどさはほとんどなく、体調復活!
お天気も復活!
食欲も復活!
で、宿泊のサービスでついていた朝食の食べ放題のパンをたらふく食べました。これがまた美味しかった♪

そして9時前に宿を出発

目的地中山競馬場のある船橋法典まで1回乗り換えるのですが、さすがに新聞を持つ人がいっぱいいたので、ここでは迷子にはなりませんでした♪

さぁ!いざ3年ぶりの中山競馬場だっ!


このときはまだ前日のプレレフアくんと同じようなレースを見るはめになろうとは夢にも思っていませんでした。

後編へ続く
( ´∀`)/~~

2012年4月15日 (日)

今週の結果

今から大阪に帰りますよ〜

あぁ疲れた( -。-) =3
楽しかったけどね

とりあえず詳しくは後程ということで、取り急ぎ結果だけ

プレレフア

ブービー
( ̄□ ̄;)!!

アダムスピーク

ビリ
(。´Д⊂)

以上です
ほなさいなら

2012年4月14日 (土)

あら!プレレフアくんが!

いよいよ皐月賞が目前にせまってきました!

船橋に宿も予約して準備ばんたん!

何時に行こうかな?グランドジャンプでもみよかな?

なんて思いながら競馬新聞を買ったら、なんと明日の阪神5レースにプレレフアくんが出てるやないですか!

慌ててクラブのホームページを確認したら、ダートは出走が難しそうだったから、芝2200に矛先を変えたみたい。

てっきり除外されてるとばかり思ってたから、完全に意表をつかれました。

まぁ同じ競馬場に行くなら、中山やなくて、やっぱり愛馬の姿を見に行かなきゃですよね。5レースだから阪神に行って、プレレフア見てから遠征出発でも時間的には全然問題はないんですけどね…

ただ、今朝からなんか風邪気味でちょっとしんどいのよねぇ。


とりあえず朝起きたときの気分次第ですが、もしかしたらプレレフアくんには悪いけど、とりあえずお宿直行で日曜日のために体力温存作戦をとるかもしれません
(-_-;)

あかん、はよ寝よ。
( ´∀`)/~~

2012年4月13日 (金)

皐月賞枠順きまりました!

皐月賞の枠順が決まりました!
内枠の偶数になればいいなぁと思ってたところに引いた枠番は

1枠2番!
\(*⌒0⌒)b♪

聞いた瞬間、思わずガッツポーズが出ましたよ♪

それに、昨日行われた調教ですが、お昼のうどん屋で見たスポーツ新聞では、なんとA評価のさらに上、S評価!
w(°O°)w

ありがたい話ですね。

ここまでは至極順調です。

あとは当日の天気ですが、前日土曜日に雨予報…どれくらい降るのか、日曜日本番までにどこまで回復してくれるかです。
なんとか乾いてくれぇ
(´Д`)


そして気になるのはJRAの皐月賞のCM。
アグネスタキオンがフューチャーされていますね。

ま、単純に考えるとタキオン子のグランデッツァくんを連想しますが、そこはひとひねり。

タキオンと全く同じローテで皐月賞に挑む馬がいるのですよ!
そう、アダムスくんのことですよ♪
暮れの阪神新馬を勝って、2戦目でラジニケを勝ったのはタキオン以来の快挙だったんですよ。
まぁ弥生賞では明暗が別れてしまいましたが…

普段はあんまりこういうことは気にしないけど、さすがに気になってくるくらい入れ込みはじめたタテジマでしたsweat01


皐月賞枠順
1-① モンストール(柴田善臣)
1-② アダムスピーク(N.ピンナ)
2-③ トリップ(田辺裕信)
2-④ メイショウカドマツ(藤岡康太)
3-⑤ アーデント(藤田伸二)
3-⑥ ディープブリランテ(岩田康誠)
4-⑦ ベールドインパクト(藤岡佑介)
4-⑧ サトノギャラント(横山典弘)
5-⑨ ワールドエース(福永祐一)
5-⑩ スノードン(北村友一)
6-⑪ マイネルロブスト(武豊)
6-⑫ フジマサエンペラー(田中勝春)
7-⑬ シルバーウエイブ(北村宏司)
7-⑭ ゴールドシップ(内田博幸)
7-⑮ コスモオオゾラ(柴田大知)
8-⑯ ゼロス(川田将雅)
8-⑰ ロジメジャー(安藤勝己)
8-⑱ グランデッツァ(M.デムーロ)

2012年4月11日 (水)

今週の近況 4月その2

今週は、競馬ブック購入からはじまり、わくわくドキドキの皐月賞ウィーンを満喫中のタテジマです。

アダムスくんは無事最終追いきりも終わり、あとは無事に本番を迎えるのみ!

追いきりは少しフワフワッとしていましたが、余裕の手応えで、時計も同じように坂路調教した強力なライバルたちにひけをとっていません♪

競馬ブックに掲載されていた写真だって毛づやピッカピカで、いかにも体調が良さそう♪

前走の弥生賞はなんだかちぐはぐなレースになり、勝負どころ勝負どころでボコボコにやられてしまった感があるだけに、なんとか巻き返しを期待したいところです♪

よくラジニケはうまく立ち回った勝利だといわれますが、とはいえ実際にグランデッツァくん、ゴールドシップくんという強力どころに勝っちゃってるのもまた事実。逆に言えば展開さえバチっと嵌まれば勝つチャンスもありっちゅう話ですよ♪

プレレーティングでも、ラジニケでもらった112はいまだメンバー中1位ですからね。

なんてことを言いながらも、ワールドエースくんもいるこっちゃし、キャロっ子アーデントくんも本格化っぽくなってきたし、他にも強そうなライバルがいっぱいだし、正直トライアンフくんの時のような妙な自信はわいてきまへん。


多分、トライアンフの時は、中山ならばもしかして、マジでもしかするかも!という気があったのに対して、アダムスくんは中山皐月賞より、府中ダービー、淀菊花賞のほうがなんだかあっていそうな気がしてるからかな?

逆に言えば、今回勝っちゃったら三冠も…
(´ψψ`)ププッ

なんて夢みたいな話はおいといて、それでも、あのときのトライアンフくんよりも人気もしそうだし、出走するからにはやはり期待はしていますよ♪


あとはお天気。関東に初遠征したトライアンフの皐月賞の時は、まさに絶好調のいい天気でした。あの日は楽しかったなぁ…まぁその反動のような大雨ダービーもありましたが…

せっかくの関東遠征。是非ともいい天気になってほしいですね。

あと、プレレフアくんも今週ダート戦にチャレンジ希望!

しかーし、タテジマの体は1つしかおまへん…
(T-T)

まぁ想定からは出走が厳しいかもっちゅうことなので…

クラブコメント

◆トライアンフマーチ◆

4/10 NF早来
■『周回コースでハロン20秒程度のキャンター1800mの調整を行っています。

「これまでは蹄の状態を考慮して乗り運動を控えていましたが、だいぶ状態は良くなってきましたので、この中間より少し乗ってみることになりました。
蹄が悪かったといっても裂蹄している箇所の外側を削って伸びてくるのを待っている状況だったわけですが、形も放牧当初よりは良くなっていましたし、試し乗り程度に動かしていけるだろうという判断です。
まだごく軽めのキャンター調教ですが、調教後、歩様に気になる部分を出すこともありませんから、問題なさそうならばこのまま少しずつ進めていけるでしょうね」
(早来担当者)』

◆インペリアルマーチ◆

4/10 NFしがらき
■『周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「以前より馬がしっかりしてきているのか、背腰の疲れもほとんどなくすぐに乗り出すことができました。
栗東Sを目標にすると聞いていますので、そのつもりで緩めずに乗り込んでいきたいと思っています」
(NFしがらき担当者)』

◆フレールジャック◆

4/10 NF空港
■『ウォーキングマシンでの運動を行っています。

「マシン中の歩様が大きく乱れるようなことはありませんが、負担のかかりやすい箇所だけにより慎重に進めています。
中途半端な状態で調整を進めていくと負担がかかった際に再度不安が出やすくなってしまいますから、現状では脚元の回復を第一していきたいですね。
馬体重は450キロです」
(空港担当者)』

◆アダムスピーク◆

4/11 石坂厩舎
■『11日は栗東坂路で追い切りました。
(53秒3−38秒7−エラー−12秒4)

「今朝もピンナ騎手に跨がってもらって追い切りました。
あまりやりすぎないようにと相手はそれほど攻め駆けする馬じゃなかったのですが、残り1ハロンぐらいで並ぶ間もなく抜き去りましたからね。
追ってからの反応も良くジョッキーも満足そうでした。この2、3週は追い切りを消化しながらも毎週少しずつ体が増えており、以前よりも全体的にしっかりしてきていることを感じます。
追い切り後も馬は元気いっぱいで、まずは最終関門突破という気分です。
レースまで気を引き締めて万全の状態にしていきたいですね」
(大井助手)

15日の中山競馬(皐月賞・芝2000m)にピンナ騎手で出走を予定しています。』

◆プレレフア

4/11 松田博厩舎
■『11日はCWコースで15−15程度の調教を行いました。

「この中間も特に変わりなく、順調に乗り込んでいます。
せっかく久々を一度使ったあとだし、前走はいかにも休み明けという反応だったから、できれば中1週で使いたいと思っているんだけど、想定からはちょっと厳しそう。
体を緩めないよう、今朝は単走で15−15程度は乗っておいたので、もしも入るようなら金曜にでもサッと終いを伸ばしておきます。
今度は追ってからもう少ししっかりと伸びてくれるだろうし、ダートでしぶとさが活きればと思っていますよ」
(松田博師)

14日もしくは15日の阪神競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に出走を予定しています。』


( ´∀`)/~~

2012年4月 5日 (木)

今週の近況 4月その1

桜の花も咲いてきました!
そして今週はいよいよ桜花賞。
フェブラリーや宮記念が始まってずいぶんたちますが、おっさんのタテジマにとっては、やはりG1開幕と言えば桜花賞!ってイメージが根強く残っています♪

なんか自然と気分がうきうきしてきますね♪

それに今年はアダムスくんが出走予定の皐月賞1週前ということもあり、うきうき気分が倍増です。
((o(^∇^)o))

やはりクラシックっていうのは格別というか、別格というか、夢というか。

なんせ同世代のサラブレッドの中で18頭しかゲートに入ることを許されないんですから。
もう出られるだけでも満足ですよ。

そのアダムスくん。1週前追いきりである今週の調教は、桜花賞の有力馬でもあるジェンティルドンナと併せて…いや、最後は併せられずにヨレヨレになってぶっちぎられていました。
…ですが、まぁジェンティルは調教駆けする子だし、アダムスは馬場も悪くて下を気にしてる感じだったし、それにまだ1週前ということで遅れてもムチも入れていないからこんなもんでしょ…と強がってみる(笑)

無事にゲートに入ることが何より大事なんです!


あと、プレレフアですが、次走はいよいよダートを使うみたいです。
もはや馬券検討の定説となったシンクリ産駒のダートがわりと言うやつですね♪
期待しましょう♪


ちゅうわけで、クラブコメントです


◆トライアンフマーチ◆

4/3 NF早来
■トレッドミル調整を行っています。

「蹄の状態は移動当初よりはいくらかいいでしょうが、本当に良くなったと言えるまでにはまだ来ていません。そのため、もう少しの間はトレッドミルで調整をしていいと思えるようになってから騎乗運動を考えていくことになるでしょう」
(早来担当者)

◆インペリアルマーチ◆

4/4 NFしがらき
■4日にNFしがらきへ放牧に出ました。

「先週の競馬は馬場の悪化が心配だったのですが、やはり泥んこ馬場で最後の粘りがききませんでした。それでもパッタリと止まっているわけではないし、あの馬場としては力は出せている内容だったと思います。
レース後、特にダメージはなく馬は元気ですが、次走まで中途半端に間隔が開いてしまうので、一度放牧に出して緩めずに乗ってもらいます。目標レースの2、3週前には戻したいと思っています」
(音無師)

5月13日の京都競馬(栗東S・ダ1400m)を目標に帰厩する予定です。

◆フレールジャック◆

4/3 NF空港
■ウォーキングマシンでの運動を行っています。

「この中間も軽めに動かしながら反応を見ています。
脚元の回復には一定の時間は必要になりますし、今後も軽めの運動を取り入れながら回復を促していきます」
(空港担当者)

◆アダムスピーク◆

4/4 石坂厩舎
■4日は栗東坂路で追い切りました。
(54秒5−40秒2−27秒2−14秒2)

「今朝は坂路で併せて追い切りました。
最後遅れてしまいましたが、相手は今週のGIに出走予定のジェンティルドンナ。仕上がり具合も違いますし、元々そう時計が出るタイプではないので、これだけやれれば十分でしょう。
跨がったピンナは馬場の悪さに驚いていて、2回ほどノメッたと言っていましたが、それで54秒5なら優秀。
1週前に併せて目一杯にやれたということを評価したいですね。とにかくここまでは順調ですよ」
(石坂師)

15日の中山競馬(皐月賞・芝2000m)にピンナ騎手で出走を予定しています。

◆プレレフア◆

4/4 松田博厩舎
4日は軽めの調整を行いました。
「先週の競馬は、追ってからの反応が鈍くて直線の伸びがもうひとつ。このあたりは休み明けということもあるだろうし、気持ちの面もちょっとポーッとしていたところがあったから、次はあまり間隔を開けずに使っていきたいと思っています。
さっそく今朝から乗り出していますが、馬体は問題ないし、疲れもまったくありませんよ。
体つきや乗り味なんかは芝向きだからこれまで芝にこだわって使ってきましたが、バテずにしぶとく脚を使うタイプだし、これまでの走りと変化をつけるためにも次は一度ダートを使ってみようと思っています」
(松田博師)


o(^∇^o)(o^∇^)o

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »