« 中山競馬遠征 写真館 | トップページ | 今週の近況 4月その4 »

2012年4月21日 (土)

先週の結果と今週の近況

わお!今週は毎日更新してるぞ!
w(°O°)w

てなわけで、週末にしてようやく先週の結果クラブコメントまでたどりつけそうです。

先週の今ごろは風邪気味でしんどいながらも夢見心地の週末でしたが、先に皐月賞編の記事にも書いた通り、アダムスくんは皐月賞で鼻出血を発症、正式にダービー断念が発表されました。

夢からたたき起こされた気分です。
お馬はこれがあるから油断も隙もない…でも、だからこそ、クラシックに出走できたときの嬉しさは、そりゃもう尋常ではありません。

それになんか、今回の大敗に鼻出血という明確な理由があったことで、決して力負けしたわけではないことにホッとした方が気持ち的には大きいことも事実です。

ダービー断念は残念ですが、元々、皐月賞よりもダービー、ダービーよりも菊花賞だと思っていましたし、体調万全で秋を迎えるためにも、この休養がいい休養になってくれるといいですね♪


しかしタテジマ、もうええオッサンなんですが、こんなええオッサンになっても心の底からワクワクドキドキしたり、歓喜にわいたり、たまにへこんだりできる。
そんな趣味をもてるのはとても幸せなことだと思います。


それでは、先週の結果と、今週の近況、おまけに2歳馬近況とあわせて一気にクラブコメントいってみよう
( ´∀`)/~~


◆アダムスピーク◆

4/15  石坂厩舎
■15日の中山競馬では飛ばして逃げた2頭を前にやりやや離れた3番手を一頭で追走。直線では余力なく沈み18着。

「今回のレースは全てが悪い方に転んでしまいました。
2番枠に決まったとき本当にハッピーな気持ちになったのですが、まさか馬場がここまで悪くなるとは思いませんでした。
道中では手前を何回も変えていましたし、馬の後ろにつけることができず、ハミを噛んで怒ってグーンと進出してしまいました。
最後の直線も走りがチグハグでしたね。ペースもこの馬にとって合わなかったですし、本当に不運が重なりました。
実力はこんなものではないはずですし、条件が揃えば巻き返しは十分に可能なはずです。今日は本当に申し訳ありませんでした」
(ピンナ騎手)

「皐月賞の前に行われた芝レースの内容を見て内はあまりよくないと思っていました。
実際に芝の内側を確認しに行ったのですが、芝が剥げてダートみたいになっている場所もありました。
あまりデコボコした場所を長く走ると馬の気持ちが切れてしまうので、1コーナーまでにジワッと外に出して行ってもらいましたが、前に壁を作れずに掛かってしまってましたね。
今日の結果が能力ではないでしょうし、馬場が良くなれば巻き返せると思います」
(石坂師)

馬場のいい所を選びながら進めましたが結果的に脚の溜まらない展開となり、直線では気持ちが切れてしまいました。
これが能力とは思いたくありませんし、次走では巻き返してもらいたいものです。
今のところいったんNFしがらきへ放牧に出る予定です。


アダムスくんその2
4/18 石坂厩舎
■「皐月賞のレース直後はなんともなかったのですが、しばらくしてから鼻出血が認められました。
いくら馬場が悪かったとはいえあんな負け方をするわけがないと思っていたのですが、本来の能力を発揮できなかった理由がわかりました。
慎重に状態を見てきましたが、苦しい思いをした後ですし、ダービーへ向かうとなると中途半端な仕上げでは臨めませんので、思い切って長めの放牧に出すことにしました。
会員の皆さんには非常に申し訳ありませんが、まだ将来のある馬ですし、ここで無理をさせないことが必ず先につながると判断してのものですので、ご理解いただきたいと思います」
(石坂師)

19日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

◆プレレフア◆

4/14  松田博厩舎
■14日の阪神競馬では五分のスタートから押して2番手へ。スムーズな追走に見えたが、直線半ばでは手応えをなくしてしまい17着。

「前々で競馬をしてほしいとのことで、スタートから気合いをつけて行きました。
出ムチを入れてもハミを取らないし、なかなか自分から動こうとしてくれませんが、今日のような競馬をしたことで次走からはもう少し楽に前へ行けると思います。なんとかもうひとつギアを引き出したいですね」
(藤岡佑騎手)

「う〜ん。もうちょっとやれてもいいはずなんですけれどね。
現地から報告も受けましたけど、何かピリッとしないですね。
持久力を活かせる芝の2200mの条件は悪くないと思ったんだけど、最後はいいところがありませんでした。
ちょっと生ズルいようなところがあるからなのかもしれませんが、仕掛けられてからもう少しグッと来れるようになれば違うはずなんですけれどね。今日の競馬が今後に活きてほしいです。
このあとについては様子を見てから考えたいと思います」
(松田博師)

思い切って前で競馬をさせましたが、この馬らしい粘り強い脚を見せることなく最後は一杯になってしまいました。
ただ、今日のように前々で積極的なレースをしたことは今後に繋がるはずですから、次走改めて期待したいと思います。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


プレレその2

4/18 松田博厩舎
■18日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は中山競馬場にいたのでモニターで見ていたんだけれど、もう少ししぶとく脚を使えると思っていただけに案外でした。
次はダートを使ってみるつもりですが、いつ使えるか分からない状態で仕上げが中途半端になるのも良くないし、リフレッシュも兼ねて一度放牧に出したいと思います」
(松田博師)

21日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

◆トライアンフマーチ◆

4/17 NF早来
■週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター調整を行い、週3回は坂路でハロン17〜18秒のキャンター調整を行っています。

「先週は周回コースのみでじっくり動かす調整を行っていましたが、その後も脚元の状態が安定していましたので今週からは坂路も交えて動かしています。
右肩上がりに来ているのは嬉しい限りですね。ただ、ここで安心しないようにしてこれからも慎重に接していきます」
(早来担当者)

◆インペリアルマーチ◆

4/17 NFしがらき
■周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「乗り出してからの雰囲気も良く、特に問題はありません。これまでの放牧中の状態と比べても状態はいいと思いますよ。今のところ5月の頭に帰厩する予定です」
(NFしがらき担当者)

◆フレールジャック◆

4/17 NF空港
■ウォーキングマシンでの運動を行っています。

「左前球節のムクミが完全にスッキリしたとは言えませんが、こちらに移動した当初と比べれば良く見せていますし、マシン程度の運動を継続するには問題ありませんね。この調子で良化してくるのを待ちたいと思います」(空港担当者)

◆コメットシーカー◆

4/16  NF空港
馬体重:489kg
■現在は400m周回コースでスローキャンター1600mの調整を中心に、週3日は900m屋内坂路コースをハロン17秒で1本元気に駆け上がっています。
ここにきて馬体に芯が入ってきたようで、動きも一段としっかりとしたものへと変貌してきました。
また、この中間に背腰の張りも見られましたが今では気にならなくなっており、今後は徐々に調教負荷を強めていく予定です。

◆ジャイアントリープ◆

4/16  NF早来
馬体重:479kg
■現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15〜16秒のキャンター1本の調教を行っています。
課題でもあった精神面にはだいぶ成長が見られ、騎乗者としっかりコンタクトを取りながら調教を行うことができています。
速めの調教を課していく中で折り合い面、肉体面ともにいい成長が感じられますので、引き続き乗り進める中で更なるステップアップを図っていきます。

« 中山競馬遠征 写真館 | トップページ | 今週の近況 4月その4 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。

ダービーは残念ですが、じっくりまた出直して、菊花賞へpunch

菊花賞出走なら一緒に観戦しましょう!その前に一度会いたいですな。来月淀へ行く予定ありますか?、

さすがにGWはぽん吉家族サービスだから無理ですが。

ぽんちゃん

淀にいく予定は…

◎今週の土日どっちか
◎インペリの出る日
◎馬場解放の日
○その他間の週の土日どっちか

てか、GW後半の来週以外は毎週かな(笑)
( ´∀`)/~~

毎週ですがな(笑)またぽん吉が行けそうな日があれば言います~。

ぽん様

(`◇´)ゞ
ブラジャー!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中山競馬遠征 写真館 | トップページ | 今週の近況 4月その4 »