« 今週の近況 4月その5 | トップページ | 今週の近況 4月その1 »

2012年3月31日 (土)

今日の結果

今日の阪神競馬場は雨が降ったりやんだりのあいにくのお天気、馬場も芝が重、ダートが不良での競馬でした。
そんな中、5レース 芝1800未勝利戦にプレレフア、11レース コーラルS ダート1400にインペリアルマーチが出走しました。

結果はプレレフアが8着、インペリは2着でした。

プレレフアはマイナス12キロ。久々のわりにスカッと仕上がってるように見えました。

しかし、レースに行くと、前走からの不安的中…やはり前半の追走に苦労していました。
直線の攻防ではスパッと切れないけど、バテない。8着といっても1着とは0.8秒、2着とは0.4秒しか離されてはないんですけどね…

前半のロスがなければ、もっとやれても…
とはいえ、この前半のロスが毎回あるのならば、今後もなかなか厳しい…

まぁ今回は休養明けだし、次は距離延長でもしてもらって活路を見いだしてもらいたいところです。

一方、インペリくんは体重が10キロ増…またまた570キロ台になりました。

パドック見た瞬間、太っ…って思いましたが、よく見れば決して緩いわけではなく、パンパンって感じ。
去年の今頃、連勝していたときは、まだ超一流のダート馬たちと比較するとトモの薄さを感じましたが、今は明らかにひとまわり大きくなっています。
だから体重もこんなもんなのかもしれませんね…ただお腹まわりもひとまわり大きくなってるけどね(笑)

レースは、出負け気味のスタートから押して押してハナにたつ展開。
4角で、もう少し突き放したいところでしたが、ケイアイガーベラのレコードを塗り替えてしまうハイペースだったことを考えれば、これは仕方なしですね。

そんなペースでレースを引っ張って、5番くんに出し抜けはくらったけど、後続は封じたのだから強い競馬をしてくれたと思います。
たらればを言えば、スタートのロスがなかったら…パサパサの力のいるダートだったならば…もしかしたらですね。

まぁこれで、このクラス、この距離の上位安定勢力になった感じですね。

次走も期待大です♪

しかしまぁ今、ドバイを見ながら記事を書いているんですが、ドバイゴールドカップ、故障馬の為に途中で中止だなんて、あんなことあるんですねぇ。

このあとも続々と日本馬が出てきます。ヴィクトワールに続け!

がんばれ日本!
o(^∇^o)(o^∇^)o


クラブコメント

◆プレレフア◆

3/31 松田博厩舎
■31日の阪神競馬では五分のスタートから押して好位をうかがうも行き脚がつかず後方から。
馬群の後ろで折り合い、4コーナーでスムーズに外へ持ち出したが、追ってからジリジリした伸びになり8着。

「体が絞れたせいか返し馬のキャンターが良く、すんなり行ければチャンスと思っていました。
予想以上におっとりしていたのでゲート裏で気合いを付けておいたし、まずまずついていけた方だと思ったのですが、それでもあの位置。もう少し平均的なペースなら力を発揮できると思うのですが、跳びが大きく、一本調子でギアがスッと上がらないので、こういう競馬だと苦しくなってしまいます。
素直だし、すごくいい背中をしていて能力は感じるのに、持ち味を引き出せず申し訳ありません」
(藤岡佑騎手)

「もう少し行き脚がつけばいいんだろうけど、スムーズに外へ持ち出せたから、直線の伸びに期待したんだけど…。バテず伸びずという感じでもうひとつピリッとしなかった。
反応が鈍いのは休み明けということもあるし、こういう緩んだ馬場も良くないだろうから、使っての上積みに期待したいですね」
(松田博師)

追ってからの反応がもうひとつで、ジリジリした脚になりましたが、今日は休み明けでもありましたし、一度使えばまた変わってくるでしょう。
次走はこの馬のしぶとさを活かせるようなレースを期待したいところです。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから決定しますが、問題なければこのまま次走に向けて調整していく予定です。

◆インペリアルマーチ◆

3/31 音無厩舎
■31日の阪神競馬では一瞬立ち遅れたものの積極的に押して先頭へ。
後続を引きつけつつ直線を向いたが、直線半ばで勝ち馬に差されて2着。

「ゲート内でずっとゴソゴソしていて、スタートでやや立ち遅れ。先頭に立つまでに脚を使わされてしまいました。もうちょっとゲートをうまく出てくれれば全然違うだけに残念です。
ただ、こういう馬場はあまり得意ではないにもかかわらず、これだけ速い時計で最後までよく辛抱していますし、力のあるところは見せてくれたと思います」
(ピンナ騎手)

「馬体重は増えていたけれど、前走がかなり減っていたこともあって、張りが出たと見ていました。
ただ、結果的に心配していた雨で脚抜きの良くなった馬場が影響してしまった感じ。
本来なら4コーナーでもう少し後ろを離したいんだけれど、こういう馬場では他馬も前を狙ってきますからね。
レコード決着のレースを引っ張って2着に粘るのだから力があるのは間違いないし、次こそはという気持ちです。
しばらく適鞍がないので一度放牧に出しますが、栗東Sならハンデ上位で除外権利がなくても出走できるでしょうから、そこを狙って調整していきたいと思っています」
(音無師)

ゲート内で落ち着きがなくスタートダッシュで脚を使わされたことが響いた格好でしたが、厳しいペースでも2着に粘るあたりはやはり力があります。
乾いた馬場ならまた違ったでしょうが、能力は示せた内容でした。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから決定しますが、今のところ一度放牧に出して栗東Sを目標に調整していく予定です。
( ´∀`)/~~

« 今週の近況 4月その5 | トップページ | 今週の近況 4月その1 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の近況 4月その5 | トップページ | 今週の近況 4月その1 »