« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

今日の結果

今日の阪神競馬場は雨が降ったりやんだりのあいにくのお天気、馬場も芝が重、ダートが不良での競馬でした。
そんな中、5レース 芝1800未勝利戦にプレレフア、11レース コーラルS ダート1400にインペリアルマーチが出走しました。

結果はプレレフアが8着、インペリは2着でした。

プレレフアはマイナス12キロ。久々のわりにスカッと仕上がってるように見えました。

しかし、レースに行くと、前走からの不安的中…やはり前半の追走に苦労していました。
直線の攻防ではスパッと切れないけど、バテない。8着といっても1着とは0.8秒、2着とは0.4秒しか離されてはないんですけどね…

前半のロスがなければ、もっとやれても…
とはいえ、この前半のロスが毎回あるのならば、今後もなかなか厳しい…

まぁ今回は休養明けだし、次は距離延長でもしてもらって活路を見いだしてもらいたいところです。

一方、インペリくんは体重が10キロ増…またまた570キロ台になりました。

パドック見た瞬間、太っ…って思いましたが、よく見れば決して緩いわけではなく、パンパンって感じ。
去年の今頃、連勝していたときは、まだ超一流のダート馬たちと比較するとトモの薄さを感じましたが、今は明らかにひとまわり大きくなっています。
だから体重もこんなもんなのかもしれませんね…ただお腹まわりもひとまわり大きくなってるけどね(笑)

レースは、出負け気味のスタートから押して押してハナにたつ展開。
4角で、もう少し突き放したいところでしたが、ケイアイガーベラのレコードを塗り替えてしまうハイペースだったことを考えれば、これは仕方なしですね。

そんなペースでレースを引っ張って、5番くんに出し抜けはくらったけど、後続は封じたのだから強い競馬をしてくれたと思います。
たらればを言えば、スタートのロスがなかったら…パサパサの力のいるダートだったならば…もしかしたらですね。

まぁこれで、このクラス、この距離の上位安定勢力になった感じですね。

次走も期待大です♪

しかしまぁ今、ドバイを見ながら記事を書いているんですが、ドバイゴールドカップ、故障馬の為に途中で中止だなんて、あんなことあるんですねぇ。

このあとも続々と日本馬が出てきます。ヴィクトワールに続け!

がんばれ日本!
o(^∇^o)(o^∇^)o


クラブコメント

◆プレレフア◆

3/31 松田博厩舎
■31日の阪神競馬では五分のスタートから押して好位をうかがうも行き脚がつかず後方から。
馬群の後ろで折り合い、4コーナーでスムーズに外へ持ち出したが、追ってからジリジリした伸びになり8着。

「体が絞れたせいか返し馬のキャンターが良く、すんなり行ければチャンスと思っていました。
予想以上におっとりしていたのでゲート裏で気合いを付けておいたし、まずまずついていけた方だと思ったのですが、それでもあの位置。もう少し平均的なペースなら力を発揮できると思うのですが、跳びが大きく、一本調子でギアがスッと上がらないので、こういう競馬だと苦しくなってしまいます。
素直だし、すごくいい背中をしていて能力は感じるのに、持ち味を引き出せず申し訳ありません」
(藤岡佑騎手)

「もう少し行き脚がつけばいいんだろうけど、スムーズに外へ持ち出せたから、直線の伸びに期待したんだけど…。バテず伸びずという感じでもうひとつピリッとしなかった。
反応が鈍いのは休み明けということもあるし、こういう緩んだ馬場も良くないだろうから、使っての上積みに期待したいですね」
(松田博師)

追ってからの反応がもうひとつで、ジリジリした脚になりましたが、今日は休み明けでもありましたし、一度使えばまた変わってくるでしょう。
次走はこの馬のしぶとさを活かせるようなレースを期待したいところです。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから決定しますが、問題なければこのまま次走に向けて調整していく予定です。

◆インペリアルマーチ◆

3/31 音無厩舎
■31日の阪神競馬では一瞬立ち遅れたものの積極的に押して先頭へ。
後続を引きつけつつ直線を向いたが、直線半ばで勝ち馬に差されて2着。

「ゲート内でずっとゴソゴソしていて、スタートでやや立ち遅れ。先頭に立つまでに脚を使わされてしまいました。もうちょっとゲートをうまく出てくれれば全然違うだけに残念です。
ただ、こういう馬場はあまり得意ではないにもかかわらず、これだけ速い時計で最後までよく辛抱していますし、力のあるところは見せてくれたと思います」
(ピンナ騎手)

「馬体重は増えていたけれど、前走がかなり減っていたこともあって、張りが出たと見ていました。
ただ、結果的に心配していた雨で脚抜きの良くなった馬場が影響してしまった感じ。
本来なら4コーナーでもう少し後ろを離したいんだけれど、こういう馬場では他馬も前を狙ってきますからね。
レコード決着のレースを引っ張って2着に粘るのだから力があるのは間違いないし、次こそはという気持ちです。
しばらく適鞍がないので一度放牧に出しますが、栗東Sならハンデ上位で除外権利がなくても出走できるでしょうから、そこを狙って調整していきたいと思っています」
(音無師)

ゲート内で落ち着きがなくスタートダッシュで脚を使わされたことが響いた格好でしたが、厳しいペースでも2着に粘るあたりはやはり力があります。
乾いた馬場ならまた違ったでしょうが、能力は示せた内容でした。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから決定しますが、今のところ一度放牧に出して栗東Sを目標に調整していく予定です。
( ´∀`)/~~

2012年3月28日 (水)

今週の近況 4月その5

キャトルマンが引退して、デビュー前の2歳馬を除くと現役馬が5頭になったタテジマファミリー。
うち、2頭は北海道で休養中なので、実働3頭でふ…
その3頭の内、2頭が今週出走予定!

まずはプレレフア。ダートに挑戦かなと思ってたけど、土曜日の阪神芝1800での復帰となりました。
鞍上も藤岡兄との新コンビです。
放牧前のレースは、馬が全く進んで行かないようなレースぶりで、レース後は久々に頭を抱えて途方にくれたっけ…放牧で精神的にピリッとしてくれてたらいいな。
見た目からすると、もっとやれていいような気がするんだけどなぁ。


続いて同じ土曜日のコーラルSにインペリアルが出走予定です。
前走は馬体重こそ減っていたけど、見た目ユルく見えました。それでいてあわやの3着にくるのだから、叩いた今回は、メンバー次第ですが勝ち負けを期待したいところです。
ただ、今週の調教、ラストがえらい時計がかかっているのは気になるところではあります。

どちらも頑張って!
ヾ(=^▽^=)ノ


皐月賞をめざすアダムスはピンナ騎手を乗せて調教。
今のところ調整は順調な感じです。本番まであと2週間とちょっと。どうか無事にゲートへ!

今週はこんな感じ!


クラブコメント

◆トライアンフマーチ◆

3/27 NF早来
■トレッドミル調整を行っています。

「蹄の良化待ちの状況ですし、依然としてトレッドミルに入れて、ハロン24秒程度の軽めのキャンターペースで運動させているところです。
脚元の状態を見る限り悪化するようなことはありませんし、変わらずに調整できています。
今は時間をかけることが何より重要になるのでしょうし、今後も焦らず良化を待ちながら接していくつもりです。
馬体重は528キロです」
(早来担当者)

◆インペリアルマーチ◆

3/28 音無厩舎
■28日は栗東坂路で追い切りました。
(53秒7−40秒3−28秒0−15秒0)

「調教時計だけ見ると終いのラップがかかってしまいましたが、決してバテてしまって脚が上がった言う訳ではありません。
入りの時計はそれなりでしたし、中間も距離を乗ってト―タルの調教負荷は十分でしたから、目一杯に追い切る必要はありませんでしたからね。
前走からそれほど間隔があるわけでもありませんし、速くなりすぎるよりはむしろいいでしょう。
一度使って中身が良くなってくれていると感じますし、今度こそはの気持ち。
ひとつだけ気がかりなのは週末の天気。
湿った馬場もこなせなくはないのですが、やはり乾いてパワーのいる馬場の方がいいでしょうし、いい予報に変わってほしいですね」
(音無師)

31日の阪神競馬(コーラルS・ダ1400m)にピンナ騎手で出走を予定しています。

◆フレールジャック◆

3/27 NF空港
■ウォーキングマシンでの運動を行っています。

「脚元はいい意味で変わりなく推移していますね。
カイバ喰いをはじめ体調面の不安はありませんし、直近の馬体重は448キロと少しずつ増えて来てくれているのはいい傾向でしょう」
(空港担当者)

◆アダムスピーク◆

3/28 石坂厩舎
■28日は栗東坂路で追い切りました。
(54秒6−40秒2−26秒2−13秒0)

「今朝はピンナ騎手を乗せて坂路で追い切りました。
単走だけれど、併せ馬の後ろで我慢させる形。
ジョッキーは『すごいパワーで抑えるのに苦労した』と言っていたほどで、予定より時計は速くなったけれど、走る馬だなと再認識させられる内容でした。
先週時計を出してから馬がだいぶピリッとしてきて、徐々に競馬モードになっている感じがするし、状態は順調に上向いていますよ」
(石坂師)

4月15日の中山競馬(皐月賞・芝2000m)にピンナ騎手で出走を予定しています。

◆プレレフア◆

3/28 松田博厩舎
■28日は栗東CWコースで追い切りました。

「今朝はCWコースで3頭併せ。先週の追い切りは相手に並ぶところなく抜かれてしまったので、馬も走る気をなくした感じで終いがかかったけれど、今朝はジワッと併せて最後までしっかり脚を伸ばしました。
やはり体を並べる形になれば粘りが違うし、いい内容の追い切りができましたよ。
ソエもすっかり治まって状態はいいし、体つきもだいぶ良くなってきたから、今週から使っていくことにします。
休み明けいきなりからというタイプではないかもしれないけど、仕上がりは上々ですよ」
(松田博師)

31日の阪神競馬(3歳未勝利・芝1800m)に藤岡佑騎手で出走を予定しています。


( ´∀`)/~~

2012年3月26日 (月)

キャトルマン引退(><)

今日はキャンセル募集の結果発表。ホームページを開いたところ、MYHORSEコーナーの一番上にいるキャトルマンの横に『引退』の文字があるのが目に飛び込んできました…

この前から患っていた裂蹄が、運動によって悪化してしまったようです。

若い馬なら休養して治療するところでしょうが、キャトルマンはすでに7歳…だましだまし走らせてみて、悪化すれば引退だろうとは覚悟はしていました…

今回の帰厩にも、そういうにおいがプンプンしていましたから…予感もありましたし。

キャトルマンは、タテジマファミリー2世代目。でも1世代目は入会用に買った馬だったから、実質は1世代目みたいなもんです。

確か1次募集全滅して、1.5次でキャトルマンに出資したんですよね。

キャトルマンはズブイにもほどがあるってくらいズブズブな馬で、向こう正くらいから仕掛けていかないと勝負どころでエンジンがかからない。
向こう正から追って追ってムチが入ってみたいなシーンを何度みたことか(笑)


でもって、はや仕掛けにみえて、これが直線バテそうでバテない。普通ならズルズルっと沈んでいくパターンの様に見えたときでも、これがなかなか沈まない(笑)

これがキャトルマンのキャラクターっていうか、個性っていうか、独特の馬でした。

本当に面白い馬だったなぁ。

最初、関西の音無厩舎でお世話になっていたキャトルマンでしたが、惜しくも勝てず、1度タイムリミットで登録抹消されているんですよね。その後、地方に行き、2勝して再ファンド。その時、美浦の斎藤厩舎のお世話になることになり関東馬となっちゃいました。

そんなキャトルマン唯一の中央競馬の勝利は、忘れもしない。
あれはトライアンフの菊花賞の日でした。
関東馬になっちゃったキャトルマンが目の前で勝利をあげてくれて、めっちゃめちゃ嬉しかったなぁ。

去年はせっかく出走体勢が整っていたのに、大震災が発生!その影響をもろにくらってしまい、除外除外で、そのまま数週間走れずに調子落ちして放牧なんてこともありましたね。

そんなキャトルマンも引退です。

長い間、お疲れ様でした。
生涯成績
24戦1勝(笑)
2着3回
3着1回
4着4回
5着4回

うーん、半分以上掲示板ですね。頑張ってくれました。


クラブコメント

3/25 引退
■25日の調教後に左前脚に不安を発症してしまいました。

「装諦師と相談して裂蹄箇所の悪化を防ぐように対応した後に少しずつ負荷をかけることにしました。
しかし、今朝坂路で半マイル60秒くらいの軽めの時計を出しただけだったのですが、裂蹄箇所がより悪化してしまいました。
このくらいの負荷で耐えられないとなると競馬の前に追い切りも行うことができませんし、最悪の事態にもなりかねません。
これまで何とかいい走りをさせてあげたいと思いながらこれまでやってきましたが、ここ近走は息遣いも良くなく苦しい競馬も続いていました。
損傷している部分は蹄の伸び縮みするところなので、今の段階でも治るのに相当な時間を要してしまう可能性があり、馬のことを考えるとこれ以上酷使するのは可哀相にも思います。
途中からお預かりさせていただきましたが、肢勢の難しさがあっても大きな怪我をすることなく毎回タフな競馬で頑張ってくれました。
500万下クラスを勝った時も強かったですよね。
1000万下クラスも勝てそうだっただけに悔いは残りますが、功労馬です。
会員の皆様にはこのような形になってしまい大変申し訳ございませんが、キャトルマンには本当にありがとうという想いでいっぱいです」
(斎藤師)


乾燥しがちな時期に交突によってできた裂蹄でしたが、何とかケアをしながら調整し、先日美浦トレセンへ帰厩いたしました。
手探りではあったのですが、負担を最小限にしながら可能ならば競馬へ向かえればと考えていたものの、25日の調教後に裂蹄部分が悪化してしまい、すぐの出走はまず難しいという状態になってしまいました。
ここ近走では息遣いも悪く、ひと頃のようなパフォーマンスができにくくなっていましたし、蹄の回復にも長い時間を要してしまうことから、斎藤誠調教師と協議を行った結果、これ以上の現役続行は良くないと判断して中央競馬登録を抹消することになりました。
会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何とぞご理解賜りますようお願い申し上げます。
なお、本馬に出資されています会員の方へは、追って書面をもってご案内いたします。

追伸
キャンセル募集は当然のように×でしたsweat01

2012年3月25日 (日)

宮記念を予想してみた

今日の日経賞、ネコパーンチッcatを買っていたのに、バリアシオンを買ってなかったタテジマです♪
頼む、ルーラー!の叫び届かず…
馬単ボックスで買ってただけに惜しかったなぁ…


てなわけで今年の芝G1第1段、中京競馬場がリニューアルして初めての高松宮記念!

にゃんとか予想してみました♪

ヾ(=^▽^=)ノ
ご存知のとおり、リニューアルされ、直線が長くなり、坂もできタフなコースとなりました。
イメージ的には左回りの阪神コースなんではないかなと想像。

そして1200のスペシャリストよりも、1400やマイルまでもつ馬を狙ってみます。
あと、外の方が伸びるっぽい馬場ということを含めると…

もうだいたいバレてますね

ちぃと外枠すぎる気もしますが
◎は阪神カップ勝ち馬⑰サンカルロです♪

○は調教も迫力の⑫マジンプロスパー

▲⑯ジョーカプチーノ
△①ロードカナロア
△⑩カレンチャン
△⑮ダッシャーゴーゴー

穴で⑧ツルマルレオンと前残り⑨エーシンダックマンはヒモで押さえてみたいところです。

買い目は3連複フォーメーションかなぁ。
(@゚▽゚@)

2012年3月23日 (金)

今週の近況 4月その4

キャロットキャンセル祭が終了しました。

タテジマは

ヒカルちゃんで応募しました。

最初は1次で落ちたグレイトフィーヴァーに再チャレンジしようかとも思ってたんですが、皐月賞遠征も控えてることですし、万が一当たっちまった時のことを考えたら9万の出費は痛い((+_+))

値段を下げるなら牝馬にしよう。しばらく牝馬は持ってないし、
てなわけで、色々と思案した結果、1次でも結構後の方まで候補として考えていたヒカルアモーレを選びました。

このヒカルちゃんは、グレイトフィーヴァーと共通点も多くて、同じ厩舎。同じ芦毛。グレイトはスペシャル、ヒカルはネオと同じサンデー系。
なんちゅうても母のヒカルアモーレ自身がグレイトフィーヴァーの子供ですしね。

だからヒカルちゃんと、グレイトとは親戚いうやつですね。

まぁ、当たってもはずれてもどっちでもいいけど、せっかく考えて応募したんだから、やっぱり当たってほしいなぁ。

ちなみに今週もファミリーの出走はないよ
(@゚▽゚@)

てなわけでクラブコメントです♪

◆キャトルマン◆

3/21 斎藤厩舎
■周回コースと坂路でハロン17〜18秒のキャンター調整を行い、週1回は15−15を行っていました。

21日に美浦トレセンへ帰厩しました。

「今週帰厩することが決まりましたので、しっかり調整をしてきて送り出したつもりです。蹄に状態に関しては、正直に言うとパーフェクトではありません が、悪くならないように調教の強弱をつけつつ乗ってきました。
背腰に関してはそれほど悪くはありませんし、ギリギリまでこちらで調整をしてレースへ臨めるようにしてきたつもりなので、何とかいい競馬をしてほしいと思っています」
(天栄担当者)

3/22 斎藤厩舎
■22日は軽めの調整を行いました。

「水曜日に帰厩しました。
当初は中山の前開催の適鞍を考えて帰厩の段取りを組もうと考えていたのですが、蹄に不安が出てしまったため後開催の適鞍を目指すことになりました。
裂蹄箇所が100%ではないようなのですが、しばらくの間いいと思える番組がないこともありましたので、負担を極力軽減できるように牧場でギリギリまで乗ってもらってこのタイミングで戻し、最短で競馬へ向かう考えです。
今朝軽く乗りましたが、歩様等に不安を見せることはありませんでした。
このまま問題なく進めて追い切りも重ねていければ来週の2400m戦へ向かいます」
(斎藤師)

31日の中山競馬(4歳上1000万下・ダ2400m)に出走を予定しています。


◆トライアンフマーチ◆

3/21 NF早来
■トレッドミル調整を行っています。

「良くも悪くも状態は変わりありません。
蹄の状態がしっかりしてくるには時間をかけなければいけませんし、復帰戦後も不安なく強いトレーニングを課していけるようにするにためには、今はしっかり辛抱しなければいけないでしょう。
引き続きトレッドミルで軽めのペースで体を動かしていきます」
(早来担当者)


◆インペリアルマーチ◆

3/21 音無厩舎
■21日は軽めの調整を行いました。

「速い追い切りは週末からやっていくつもりで、今週は体を緩めないようにしっかりと乗り込んでいます。
前走でも思ったよりは体ができていましたが、やはり1回使ったことでだいぶ素軽さが出てきましたね。
追い切りは以前ほど動かなくなっているのですが、走り自体がキビキビして良化を感じますよ。
能力は重賞級ですし、ひと叩きした上積みも見込めますから、今回はすんなりと突破してほしいところですね」
(東田助手)

31日の阪神競馬(コーラルS・ダ1400m)にピンナ騎手で出走を予定しています。


3/22 音無厩舎
■25日の中山競馬(マーチS・ダ1800m)に出馬投票し非抽選除外となりました。
この後は31日の阪神競馬(コーラルS・ダ1400m)にピンナ騎手で出走を予定しています。


◆フレールジャック◆

3/22 NF空港
■ウォーキングマシンでの運動を行っています。

「先週同様にマシンで軽く動かす程度ですが、現状では脚元の傷めた箇所を極端に悪く見せるようなことはありませんね。
少しでも不安なところを見せればもち ろん無理はさせませんが、 問題がなければ現状程度の運動は続けながら経過を見ていきたいと思います」
(空港担当者)


◆アダムスピーク◆

3/21 石坂厩舎
■21日は軽めの調整を行いました。

「この中間も順調に乗り込んでいます。
この馬には普段の坂路調教は物足りないようで、心身ともにちょっと緩んでいる感じもするので、週末からは気合いを乗せていきたいと思っています。
体調はいいですし、ペースを上げていけばこの馬らしいピリッとしたところも出てくるでしょう。
鞍上に関してはお時間をいただいていろいろと検討しましたが、今回はピンナ騎手に依頼することにしました。
元々弥生賞でお願いしていた縁もありますし、やはりある程度いいポジションで勝負ができるジョッキーとなると限られてきます。
このところの騎乗ぶりを見ても、レースに関しては安心してお願いできるのではないでしょうか」
(石坂師)

4月15日の中山競馬(皐月賞・芝2000m)にピンナ騎手で出走を予定しています。


◆プレレフア◆

3/21 松田博厩舎
■21日は栗東CWコースで追い切りました。
「今朝はCWコースで追い切りました。
相手にはジョッキーが乗っていたこともあって思った以上に動いてしまい、直線半ばで離されて最後は走る気をなくしたような格好。
まだちょっと太めということもあるのですが、今朝はチグハグな併せ馬になってしまいました。
ただし、一杯にやれたので、これで変わってくるでしょう。
週末にも強めの追い切りをして、その動きを見てどのあたりを使うか考えていきます」
(松田博師)


今週はこんな感じ。
なんかキャトルマンにピンチなコメントが増えてきたような気が…
ガンバレ!キャトル!

\(*⌒0⌒)b♪

2012年3月15日 (木)

今週の近況 3月その3

今週はかなり寒い日が続きました。3月も半ばというのに、なかなか春にならないですね。
サクラも少し遅れぎみかな?

なんて、書き出しからはじめてみました。

というのも、今週はファミリーの出走がありませーん。
だからあんまし、書くことがないのよね。

クラブのホームページで、キャンセル募集の発表がされていましたが、今の持ち馬で、今年の出資予算いっぱいまで使っちゃってるので…まぁ祭ですから気楽に参加だけはしよかな思っています。

ディアデラ子あたりにキャンセル出てれば行ったんだけど…無いし…

候補は…

まぁ1次でハズレたスペ産駒の芦毛くん、1次で最優先選択で諦めたメジャー産駒の芦毛くん。お値段もお手頃なハットリ産駒くんあたりで考えたいと思います。


てなわけでクラブコメントです
(*^ー^)ノ

◆キャトルマン◆

3/14 NF天栄
■周回コースと坂路でハロン17〜18秒のキャンター調整を行い、週1回は15−15を行っています。

「来週くらいには入厩する予定にしていますので、周回コースと坂路でしっかりと乗り込んでいます。
裂蹄部分に関しては慎重にケアをしているので今のところ問題ありません。
年齢的なものも あり大きく変わることはありませんが、このまま順調に進めたいと思います」
(天栄担当者)

◆トライアンフマーチ◆

3/13 NF早来
■トレッドミル調整を行っています。

「引き続きトレッドミルでゆったりとしたペースの運動を課して体を動かしているところです。
蹄に関しては季節柄短期間でグンと変わりにくいですし、今は焦らず、負担がかかりすぎないように注意しながら接していくことが何より大切でしょう。
今後も慌てないで少しずつじわりじわりと動かしていきたいですね。
馬体重は528キロです」
(早来担当者)

◆インペリアルマーチ◆

3/14 音無厩舎
■14日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は、この馬の勝ちパターンのレース運びをしてくれたのですが、久々ということもあったのか、最後に差されてしまいました。
馬場がもう少し乾いていればまた違ったかもしれません。
馬体重はマイナスでしたが、休み明けの分の緩みはあったと思いますし、使った次はもっといいでしょう。
マーチSで除外権利が取れるようならそこで取って、そのあとはコーラルSに向かいます」
(音無師)

25日の中山競馬(マーチS・ダ1800m)に登録し、除外権利を確保できるようなら投票します。
そのあとは31日の阪神競馬(コーラルS・ダ1400m)にピンナ騎手で出走を予定しています。

◆フレールジャック◆

3/14 NF空港
■ウォーキングマシンでの運動を行っています。

「短い期間で大きな変化はありませんが、しばらくの間は軽めの運動にとどめて脚元の回復を最優先に進めていくことになります。
脚元以外のカイバ喰いや体調は問題ないようですから、この調子でジックリと対応していきたいと思います」
(空港担当者)

◆アダムスピーク◆

3/15 石坂厩舎
■14日、15日は軽めの調整を行いました。

「この中間も坂路で軽く乗り込んでいますが、ここまで時間が経っても特にダメージを感じることはありません。
馬体重はジリジリと回復しているところで、前走からプラス2キロぐらいまで戻ってきました。
精神的にも落ち着きがありますし、状態はいいですね。
今週一杯ぐらいはしっかりとリフレッシュさせて、本番に向けてピッチを上げていきます」
(石坂師)

4月15日の中山競馬(皐月賞・芝2000m)に出走を予定しています。

◆プレレフア◆

3/14 松田博厩舎
■14日は栗東CWコースで追い切りました。

「今朝はCWコースで併せて15−15強め程度。
長めからジワッとピッチを上げて、6ハロンは86秒台、ラストが13秒台と、帰厩後初時計としてはまずまず動けていました。
併せたこともあって、活気のある行きっぷりでしたよ。
休養の効果で馬は見栄えのする張りのある状態ですし、順調にペースを上げていけそうです。
番組については、もう少し追い切りの本数を重ねていってからよく考えたいと思います」
(松田博師)

◆コメットシーカー◆

3/15 NF空港
馬体重:485kg
■先月に引き続き、400m周回コースをスローキャンターで1600mと900m屋内坂路コースをハロン17〜18秒で1本、トレッドミルや角馬場を併用して進めています。
背が伸びて馬体のバランスが整ってきており、動きも良化してきています。
坂路の動き自体もしっかりと体を使えているようになってきているので、今後は登坂回数を増やしていく予定です。

◆ジャイアントリープ◆
3/15 NF早来
馬体重:472kg
■現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調教を行っています。
課題の精神面は乗り役がしっかりとコミュニケーションを取りながら折り合いを教えてきたことで徐々に良くなってきており、以前に比べるとだいぶ成長が見られます。
今後も無理を強いることはせず、余裕をもって調教に取り組むことで更なる良化を促していきます。


( ´∀`)/~~

2012年3月11日 (日)

昨日の結果

昨日はインペリくんの応援に、阪神競馬場にいってました。

昨日は、なんか競馬場にいるときから頭痛いし、寒いなぁ…調子悪いなぁと思ってたんです。
実際、気温もかなり寒かったんですよね
それでかな?と思いながらも、やっぱり、でも、ただ寒いいうよりはゾクゾクするって感じで…いわゆる悪寒いうやつ?

お家に帰って、念のために体温計で計ってみると…

37.5度…

やっぱり熱発ですやん…

てなわけで、1日寝てたわけです。
なんとか復活し、更新が今日になりましたとさ。


てなわけで、観戦記ですが、パドックでみたインペリくん、馬体重こそマイナス10キロとなっていましたが、なんか、かなりユルく見えました。
インペリくんはデブー…もとい、デビュー以来何回も見ていますが、今回が1番ユルく見えたように思いました。

でも、歩様だけは抜群に良く見えました。

歩様だけ見たら勝つんじゃないか思いましたが、いかんせん馬体ユルユル…しかもオープンは勝ったことないし、パッサパサの良馬場ならパワーでなんとかとも思いましたが、あいにくの前日の雨で、馬場は足抜きのいい重になっていたので、ハンデ戦でもあったし、トータルでみて、今日は厳しいなと思いました。


レースは五分のスタートでしたが、二の足が休み明けの影響か、ユルユルの影響か、なんかもっさりとした感じで、押して押して押してって感じでようやくスピードにのる感じに見えました。
外に1頭やたら速いのがいましたが、一旦スピードにのったインペリくんの敵ではありませんでした。

途中であっさりハナを奪い、そこからはインペリくんのペース。

4角まわって、さあどこまで粘れるかという展開でした。とにかく重馬場なので、キレる差し馬の襲撃が怖かった。

しかしインペリくんは思いの外粘る粘る。

もしかしたらこのまま最後まで押しきれるんじゃないか♪と思いましたが、そんなに世の中甘くはなかった。

ゴールちょい前で1頭、さらに直線でもう1頭に差され3着でゴールしました。

まぁ、よくある大型馬の休み明け。今日の出来や、いろんな条件からしたら上出来のレースではないでしょうか。

レースの後も、なんでやねーんというより、はいっ次、次って気分でした。

次は身も入って、使ったことで、もう1段粘りが増せば勝ち負けだっ!
ヾ(=^▽^=)ノ

がんばれ黒王くん!

クラブコメント
3/10 音無厩舎

■10日の阪神競馬では五分のスタートも積極的に押してハナを奪う。
4コーナーを回って後続を突き放すが、ゴール前で差されて3着。

「いいスピードを持っている馬ですし、前々でレースを運ぶつもりで積極的に行きました。
最後は差されてしまったけれど、直線もしっかり伸びていて、止まったという感じではありません。
ただ、休み明けの分まだ余裕はあったように思いますから、叩いた次はもっといいでしょう」
(ピンナ騎手)

「週中の追い切り前までは体に余裕があったのですが、その追い切りと輸送で上手く体を絞ることができましたし、休み明けとしては悪くない状態で臨めたと思います。
レースでは前半に速くなっても、やはり積極的に行く競馬がいいですね。
直線で最後は差されてしまいましたが、この馬なりに伸びてはいましたし、乾いた馬場でもう少しパワー勝負になっていたらまた違ったでしょう。
今日は中京競馬場に臨場していますのでまずは直接馬の状態を確認してからになりますが、 一度使ったことで中身がより出来てくるでしょうし、問題がなければ続戦する予定です」
(音無師)

マイナスの馬体重で仕上がっていましたが、久々でまだいくらか余裕がありましたし、最後はその分差されたという形になってしまいました。
しかし、積極的に逃げて自分のペースでレースを進められれば大崩れしないことを改めて証明しましたし、ひと叩きした次はさらに良くなるはずです。
このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから決定しますが、問題ないようなら次走に向けて在厩で調整していく予定です。

( ´∀`)/~~

2012年3月 9日 (金)

今週の近況 3月その2

先週の弥生賞は残念だったなぁ…

あれからパトロールみたけど、アダムスくん、もうかわいそうなくらいボロボロにやられてました…。

よくケガしなかったもんだ。

いろんな短評とかでも、今回は参考外と書かれていたし、本番での巻き返しに期待したいところです♪

気を取り直して、今週は弟マーチが土曜阪神のポラリスSに出走します♪
ピンナ騎手でね。

まぁ休養中には590キロを時期もあったので、何キロで出てくるのか楽しみなところもあります(笑)
大型馬のわりに休み明けでも走るタイプだとはいえ、さすがにちょっと厳しそうな…ましてや、オープンクラスだしね。
とりあえず仁川に見に行くか♪

それと、プレレフアくんが戻ってきました。
シンクリ産だし、ダートも視野に入ってくるのかな?
とりあえずは芝の長距離だろうな♪

ではでは( ´∀`)/~~


クラブコメント

◆キャトルマン◆
3/6 NF天栄

■トレッドミルか坂路でハロン17〜18秒のキャンター調整を行い、週1回は15−15を行っています。

「裂蹄部分は完全ではないものの、しっかりケアをしながら動かしているので今のところは後退することはありません。
今朝は速いところも乗りましたし、この調子で上手くケアをしながら帰厩、そして競馬へ向かっていけるように備えていければと思っています」
(天栄担当者)

◆トライアンフマーチ◆
3/7 NF早来

■トレッドミル調整を行っています。

「蹄への負担を考えなければいけませんが、焦らないように注意しつつ動かしています。
トレッドミルでハロン24秒ほどのスローなペースで走らせています。それでも体を使わせることでそれなりの運動効果を求めることができていますし、この調子で継続して動かしていきたいと思っていますよ」
(早来担当者)

◆インペリアルマーチ◆
3/7 音無厩舎

■7日は栗東坂路で追い切りました。
(55秒6−41秒3−28秒1−14秒7)

「坂路は相変わらず重たい馬場状態が続いていますので時計は目立ったものではありませんが、その分コースに入れて距離を乗るようにしていますし、動き自体は悪くないと思いますね。
前走から少し間隔が開いていますから馬体は幾分余裕があるかもしれませんが、脚元に皮膚炎が出たことを考えても、最近の馬場が悪い中でやり過ぎて負担がかかり過ぎてはいけませんし、競馬を使いつつ良化を促したいところもあります。
久しぶりの競馬にはなりますが、コース条件の相性は悪くないと思いますし、自分の形で進めていい走りを見せてほしいですね」
(音無師)

10日の阪神競馬(ポラリスS・ダ1400m)にピンナ騎手で出走いたします。

◆フレールジャック◆
3/6 NF空港

■ウォーキングマシンでの運動を行っています。

「靭帯を痛めてしまったとのことで先週こちらに帰ってきていますが、到着後の様子は落ち着いていますね。
今回の怪我は残念ではありますが、復帰後にこれまで以上の結果を出せるように、まずは時間をかけてしっかりと脚元の回復を促していきたいと思います」
(空港担当者)

◆アダムスピーク◆
3/7 石坂厩舎

■7日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は、ごちゃついたところに巻き込まれてしまって、まったく自分のレースができず、かわいそうな内容でした。
幸い、走っていない分ダメージはなく、特に疲れも感じません。
カイバをしっかり食べて馬体も順調に回復していますし、次はきっちり巻き返したいですね。
弥生賞がこの馬の力ではありませんし、本番ではいい走りを披露できるようにしっかりと調整していきます。
鞍上はについては調整を行っていますが、可能な限り信頼のおけるジョッキーにお願いしたいと考えていますので、今しばらくお時間をいただければと思います」
(石坂師)

4月15日の中山競馬(皐月賞・芝2000m)に出走を予定しています。

◆プレレフア◆
3/6 NFしがらき

■坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「この中間からは、坂路で終い1ハロン15秒ぐらいのところまでペースを上げています。
ソエはほぼ治まっている状態で、進めるのに問題はありません。
乗っているスタッフからも非常にいい走りをしていると報告を受けており、この放牧がいいリフレッシュになっているようですね。
引き続き状態を見ながら進めていきます」
(NFしがらき担当者)

3/8 松田博厩舎

□8日に栗東トレセンへ帰厩しました。


(^-^)/

2012年3月 4日 (日)

アダムスくん結果

今日の弥生賞。
1番人気を背負って出走したアダムスくんは残念ながら8着に負けてしまいました。
(>_<)

スタートが良く、そのまま行けば3番手くらいの絶好位でレースできそうだったのに、かかってしまいましたね。

新馬戦、ラジニケとこんなにかかることがなかっただけに、これは予想外の展開でした。

なんとか前に壁をつくろうとして、折り合いに四苦八苦してる間にポジションは悪くなるわ、さらにどスローになり余計ひっかかるわで…

その後も、なんか窮屈な競馬を強いられ、最後は伸びませんでした。


たらればを言わしてもらえば、あのまま折り合って前につけらていれば、また全然違った結果もあったかもですが…


まぁ、今日のところはキャリアの浅さがもろに出たって感じのレースでしたね。
だってまだ3戦目っすよ。

あと、あんな展開になってしまうと、今の中山では外の馬は手も脚も…いや、うまだけに前脚も後脚もでない。
それは先週の中山記念で、あのグローリーくんですらあんなことになっちゃうんですからね。


この後は賞金で皐月賞になるでしょうが、今日で化けの皮もはがれたということで、これからはプレッシャーなく観ることができます。

本番ではペースも速くなるでしょうし、また全く違う展開になるでしょうから、一発に期待したいところです♪

あと、テレビでパドックに映し出されたアダムスくんを見て、絶対勝つわ思うくらい馬体はうまっぷりが良かったような気がしました。負けたけどね(笑)

と、同時に、皐月賞よりダービー、菊花賞向きかなって感じに見えました。
今有力どころと言われている子たちが、わりと胴詰まり的な子だったり、気性にかなり難があったりするだけに、これまた距離延びての一発も期待したいところです♪

なんか皐月賞よりもダービーのほうが勝てそうな気がしてきたぞ!

…もちろん気のせいですね…わかってますよ…

てか、中山。始まったばかりの今で、すでにこんなにボロボロで皐月賞まで馬場もつのかこれ?そちらがまず心配だっ!


クラブコメント
3/4 石坂厩舎

■4日の中山競馬は馬群の中を追走。ゴチャゴチャしたまま直線に向くと思うように追えず8着。

「1コーナーまでは何頭か行きそうな感じがあったので控えたのですが、そこからペースが思ったよりも落ち着いてしまいました。
ハミを噛んでいたので馬の後ろで我慢をさせていたのですが、最後までこの馬のリズムで走らせてあげることができませんでした。
勝負どころでも外からずっと蓋をされていたし、直線でもスムーズに捌けませんでした。
いい馬に乗せていただいたのに、下手に乗ってしまい申し訳ございません。
馬場に関しては今日くらいならば問題はなかったですよ。
何度も体をぶつけられて厳しい競馬になってしまったけれど、この経験が大舞台で活きくれればと思います」
(内田騎手)


「初めての長距離輸送でしたが特に問題なくこなしてくれたと思います。
レースは全然力を出せずに終わってしまいましたね。
勝ちに行くのであれば1コーナーまでにもう少し前のポジションを取りに行くべきだったのだろうけど、これから皐月賞、ダービーを目指していくことを考えてジョッキーも大事に乗ってくれたんだと思います。
道中ぶつかったりしていたのでまずは馬のダメージがないかしっかりと見て、6週後の本番に向けてしっかり仕上げていきたいと思います」
(石坂師)


3連勝を目論んで臨んだレースでしたが消化不良のレースとなってしまいました。
本番ではもっと厳しい競馬になる可能性があることを考えると、トライアルのうちにいろいろな経験を出来たのは良かったでしょう。
結果は悔しいですが本番で巻き返してくれることを期待したいと思います。

2012年3月 2日 (金)

今週の近況 3月その1

いよいよ今週から待ちに待ったクラシックトライアルがはじまりますね。
\(^o^)/

皐月賞トライアル弥生賞には愛馬アダムスくんが挑戦します♪

アダムスくんは、暮れのラジニケをうっかり勝っちゃったもんだから、挑戦というよりはほんとは受けてたたなきゃな立場なんですよね。でも、初コース、初長距離輸送にくわえて休み明け。キャリアもまだ2戦。目標はあくまでも皐月賞てなことを考えたら強気にはなれません。ここを勝負がけでくる陣営もいるでしょうからね。

でもでも、人気をわけあうと思われたベストディールくんが回避し、アルフレードくん、ワールドエースくんなどなど評判馬が出ない今回はまだ負けてほしくないところです…


ジョッキーもピンナ騎手が騎乗停止となったために、急きょ内田騎手とのコンビとなりました。
うちぱく騎手といえば、トライアンフの悪夢の安田記念を思い出します。
あのペースで3角から動いて直線いつもの伸びが…とか言われてもとイラッときた記憶があります。挙げ句あの後痛恨の屈腱炎ですわ…
これもなんかの縁ですねぇ。
わざわざ栗東まで調教も乗りに来てくれたことですし、ここは、ひとつよろしくお願いしたいもんです。


しかしまぁ、もしここ勝てばえらいことになりますね…

暮れの阪神新馬→ラジニケ→弥生賞→そして無敗で皐月賞へ!
いやはや、まさに王道!

いつ化けの皮がはがれるのかとひやひやですが、いましばらく化けの皮をかぶっててもらいたいもんです。
ヾ(=^▽^=)ノ

クラブコメント

◆キャトルマン◆

2/28 NF天栄
■トレッドミルか坂路でハロン17〜18秒のキャンター調整を行っています。

「裂蹄部分はまだ良くなくて時によって出血が見られる状態です。そのため引き続きケアをしつつ体を動かすようにしています。乗らないときはトレッドミル、乗るときは坂路で乗るようにしていて、今朝は坂路2本を普通キャンターで登っています。
繊細な蹄の持ち主なので完治するまでにはなかなか行かないかもしれませんが、上手くケアしつつ調教を積んでいって競馬へ向かえるようにしていければと考えています」
(天栄担当者)

◆トライアンフマーチ◆

2/28 NF早来
■トレッドミル調整を行っています。

「馬体重は先日計測して526キロとやや増えていますが、楽をさせている分もあるから致し方ない面もあるでしょう。
引き続き蹄の回復具合を見つつも負担をかけすぎないように騎乗調教ではなくトレッドミルでの調整を続けています。
ペースはごく軽めの範囲内ですが、ハロン24秒ほどのペースで動かしているところです」
(早来担当者)

◆インペリアルマーチ◆

3/1 音無厩舎
■2月29日は軽めの調整を行いました。

1日は栗東坂路で追い切りました。
(56秒1−41秒3−28秒2−14秒9)

「今朝は坂路を単走で、しっかりと時計を出しました。
元々坂路ではあまり時計が出るタイプではない上に、このところのひどく荒れた馬場ですから、時計自体は気にする必要はないでしょう。
中間はポリトラックコースを2周乗ってしっかりと運動量を確保していますし、順調に仕上がってきていますよ。
湿ったウッドチップではなく、軽いポリトラックで調教することで脚元の皮膚炎も良くなってきました。
除外権利を取れればと思い仁川Sに登録させてもらいましたが、予想以上に登録頭数が少なかったので、投票は見送りました」
(音無師)

4日の阪神競馬(仁川S・ダ1800m)への投票は見送りました。
このあとは10日の阪神競馬(ポラリスS・ダ1400m)にピンナ騎手で出走を予定しています。

◆フレールジャック◆

2/28 NF天栄
■27日の夜にNF天栄へ移動しました。

「昨日の日中にしがらきを出発して27日の夜にこちらへ移動してきました。
残念ながら脚元に不安が出てしまったということでこのあとは北海道へ移動して現地で休養に入る予定です。
まだ日程は決まっていませんが、体調を見ながら近いうちに運ぶ段取りを取るつもりです」
(天栄担当者)


3/1 NF空港
■1日にNF空港へ移動しました。

◆アダムスピーク◆

2/29 石坂厩舎
■29日は栗東坂路で追い切りました。
(56秒5−41秒3−26秒9−13秒5)

「今朝は坂路で併せて追い切りました。
先週以上に馬場が悪く、終いはもっと時計がかかると思っていたのですが、ジョッキーが乗っていたこともあって予想以上にしっかりと伸びました。
内田騎手も『いい背中をしている』と言っていましたし、わざわざ栗東まで来てもらっておいて良かったと思います。
長距離輸送や当日の馬場状態などはどうすることもできませんし、克服しなくてはいけないことですが、厩舎での仕上げとしては言うことのない状態です」
(石坂師)

「騎乗が決まり石坂調教師から調教にも乗ってもらいたいと連絡をいただいたので、栗東まで来ました。
かなり力のいる馬場状態になった影響もあるのか、少しモタれるような面を見せていましたが、身のこなしが柔らかくて背中の感触がすごくいい馬ですね。
軽い走りをする馬なので本当は今日のような馬場はあまり良くないタイプだと思いますが、それでもしっかり走っていました。
休み明けですから少し余裕のある状態かもしれませんが、レースでどんな走りをしてくれるか楽しみですし、本番に向けてきちんと結果を出したいと思います」(内田騎手)

3月4日の中山競馬(弥生賞・芝2000m)に内田騎手で出走いたします。

◆プレレフア◆

2/28 NFしがらき
■坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「ソエの状態は、痛みや熱感はほとんどなくなり落ち着いた状態です。
この中間も併せ馬でしっかりと乗り込んでいますし、状態を見ながらペースアップに備えていきます」
(NFしがらき担当者)

◆コメットシーカー◆

2/29 NF空港
■この中間も順調に調教を積んでいます。
現在は400m周回コースをスローキャンターで1600mと900m屋内坂路コースをハロン17〜18秒で1本、トレッドミルや角馬場を併用して進めています。
現在も良化途上の馬体で今後も馬の成長に合わせながらじっくり進めていきます。
また気性面でもまだ幼い部分が残っているので、精神面の成長にも期待したいところです。
状態を確認した藤原英師も「順調に進んでいるようで今後が楽しみです」とコメントしてくれています。

◆ジャイアントリープ

2/29 NF早来
■現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調教を行っています。
落ち着いて走れるように調教を行ってきた甲斐あって、ここ最近は少しずつではありますが折り合いが付くようになってきました。
キャンターに行くと相変わらず良い走りを見せてくれるので、今後も精神面でリラックスさせることを教えていきます。


(⌒0⌒)/~~

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »