« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月23日 (木)

今週の近況 2月その4

こんばんはsmile

今週の近況ですが、またも脱落者が出てしまいました。

キャトルマンが兄マーチに続き裂蹄に…
今のところ様子見状態ぽいので、同じ裂蹄で長期休養を余儀なくされてる兄マーチに比べるとましっぽいのですが…年齢的にも長期休養を余儀なくされることになると…ヤバいことに
(;・∀・)

とにかく症状が軽いことを祈るばかりです。


そして、フレールくんまでもが種子骨部分の靱帯が少し傷んでいるとのことで、北海道に放牧に出されることになってしまいました。
まぁ、フレールくんに関しては、いずれにしても春は全休くらいの覚悟はしていたので、これもいい休養期間ととらえて、立て直してる間に馬体も成長してくれたらいいですねぇ。
精神的にもね(笑)


てなわけでクラブコメントです。

◆キャトルマン◆

2/21 NF天栄
■トレッドミル調整を行っています。

「これまでコンスタントに乗ってきましたが、時期的なところもあるのか以前から見られる蹄の不安が出ていて、左の内側を裂蹄して出血もしています。
しっかりケアをしていけば乗れなくはないのですが、負担がかかりすぎると落ち着きにくくなる部分でもあるので現在はトレッドミルで様子を見ています。
今のところ普段はトレッドミルにして、速いところだけしっかり乗るという形でメリハリをつけた調整をしていければと考えているところです」
(天栄担当者)

◆トライアンフマーチ◆

2/21 NF早来
■トレッドミル調整を行っています。

「蹄のこともありますので本格的な調教へ移行するにはまだだいぶかかるでしょうし、乗り手分の負担を軽減するように騎乗調教はまだ控えて、現在はトレッドミルで軽めのキャンターペースで動かすまでにとどめています。
この時期はどうしても蹄の発育に時間を要してしまいがちな環境ですから、慌てないことが何より大事になりますね」
(早来担当者)

◆インペリアルマーチ◆

2/23 音無厩舎
■22日は栗東坂路で追い切りました。
(54秒6−41秒3−28秒8−15秒1)

23日は軽めの調整を行いました。

「水曜日は坂路で馬なり程度にサラッと時計を出していますが、重くなった馬場を考えてもそれなりに動けていたと思いますし、状態は悪くないでしょう。
脚元の皮膚も悪化することはないですし、再来週のレースに向けて順調に進めていけると思います。
出馬状況は何とも言えない部分がありますが、来週のレースで除外権を取れるような場合は、特別登録だけさせてもらう可能性もあります」
(音無師)

3月10日の阪神競馬(ポラリスS・ダ1400m)にピンナ騎手で出走を予定しています。

◆フレールジャック◆

2/21 NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「この中間、左前脚の球節回りがムクんでいたので念のために検査を行ったところ、種子骨部分の靱帯が少し傷んでいることが分かりました。歩様に見せるわけではありませんが、先週お伝えした腰からトモにかけての疲れも気になっているので、ここは無理せず一度時間をかけて立て直した方が今後のためにもいいように思います。
友道調教師とも相談をしましたが、近々北海道に戻して2、3ヶ月ゆっくりさせることを検討しているところです」
(NFしがらき担当者)

◆アダムスピーク◆

2/22 石坂厩舎
■22日は栗東坂路で追い切りました。
(54秒3−40秒2−27秒6−14秒4)

「今朝は坂路で併せて追い切りました。
攻め駆けする相手を追走しながらだったので、終いは少し時計を要しましたが、今朝の重い馬場で4ハロン54秒3なら全体の時計は合格点と言えます。
1週前でビッシリと負荷をかけられたことは収穫ですし、来週は終い重点にやりたいですね。
先週末の雪で馬場が凍ったこともあって、トモ脚の繋の部分がちょっと皮膚荒れしているので、しっかりとケアをして調整を続けていきます」
(大井助手)

3月4日の中山競馬(弥生賞・芝2000m)にピンナ騎手で出走を予定しています。

◆プレレフア◆

2/21 NFしがらき
■坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「今週から坂路調教を開始しました。ソエの状態は安定していますし、歩様も問題ありません。馬体に張りがあっていい雰囲気ですから、引き続き脚元の状態を見ながら徐々にペースを上げて行ければと思っています」
(NFしがらき担当者)

2012年2月17日 (金)

今週の近況 2月その3

2月も半ばを過ぎて梅の便りもちらほら聞こえてくる今日この頃。春までもうちょいですねgood

てなわけで、今週のタテジマファミリーですが、残念ながら出走はありませんsweat01
でも弟くんが帰厩してくれました。
ただ、体重がついに大台まであと1歩の590オーバーとなってしまっているようで…
いったいどんな体型になっているのやら…

一応、3月10日のポラリスSを目指すとのことですが、あと数週間でいったい何キロ減量できることやら…

あぁワシも痩せよ…

クラブコメント

◆キャトルマン◆

2/14  NF天栄
■周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。

「慎重に見てきた目の状態ですが、今のところ変わりないですし、大丈夫そうですね。
他ではトモの疲れがまだ残る状態なので、ケアをしつつ徐々に乗り進めていますが、負担を考慮して現在は周回コースをメインとしています。
まだ本格的な調教へ移行するには時間が必要そうですから、すぐの競馬は難しいでしょうが、春の中山開催あたりに次走を考えられれば理想的でしょう。
体は前走時くらいの体重になってきています」
(天栄担当者)

◆トライアンフマーチ◆

2/14  NF早来
■トレッドミル調整を行っています。

「こちらへ戻ってきてから裂蹄部分を整えましたので、先週はマシン運動を行い、今週からトレッドミルでの調整へ移行しています。
今しばらくは蹄への負担を考慮しながらの調整になるので一気に乗り進めるところまではいかないでしょうから、下地づくりの意味合いも込めてトレッドミルでゆっくりなところから動かしていきます」
(早来担当者)

◆インペリアルマーチ◆

2/14  音無厩舎
■14日に栗東トレセンへ帰厩しました。

「状態が上がってきていることと、大型馬で仕上がりに少し時間が必要なことを考慮し、今朝の帰厩が決まりました。
今のところ3月10日のポラリスSを目指したいと音無調教師からは聞いています。
脚元の皮膚の荒れに関しては、完全に治っているわけではありませんが、腫れなどはなく、こちらで使用している軟膏をトレセンでも使ってもらうつもりですので大丈夫でしょう。
馬体重は591キロです」
(NFしがらき担当者)

インペリアルその2

2/16  音無厩舎
■15日は軽めの調整を行いました。
16日は栗東坂路で追い切りました。
(エラー−エラー−28秒4−14秒8)

「火曜日に帰厩して、木曜日は馬なり程度ですが15−15よりも強いぐらいの時計を出しました。
放牧先でも順調に乗り込めていましたし、脚元の皮膚の荒れも、手入れしてカバーできています。
今朝の荒れた馬場で楽に15−15以上の時計が出たように、これならすぐに速い調教も取り入れて行けそうですよ。
今のところ、阪神3週目を目標に進めていく予定です」
(音無師)

3月10日の阪神競馬(ポラリスS・ダ1400m)にピンナ騎手で出走を予定しています。

◆フレールジャック◆

2/14  NFしがらき
■軽めの調整を行っています。

「周回コースを中心に軽めの調整を行っています。
左回り調教の左手前で走るときに少しぎこちない感じがするので、ちょっとトモに疲れが出ているのかもしれません。
大きな問題はありませんが、ゆったりと乗って体を解していってあげたいと思います」
(NFしがらき担当者)

◆アダムスピーク◆

2/16  石坂厩舎
■15日は軽めの調整を行いました。
16日は栗東坂路で追い切りました。
(57秒4−42秒0−27秒8−13秒6)

「木曜日は坂路で併せて追い切りました。相手はうちの厩舎でもかなり走る馬ですが、最後までしっかり馬体を併せていい内容でした。
馬場がかなり重かったため、予定よりも時計自体は遅くなりましたが、終いの反応はすごく良かったですよ。
手綱を放したらどこまでも伸びていきそうですし、実際ゴール後もなかなか止まらなかったほど。
いつでも動ける、という状態です」
(古川助手)

3月4日の中山競馬(弥生賞・芝2000m)にピンナ騎手で出走を予定しています。

◆プレレフア◆
2/14  NFしがらき

■軽めの調整を行っています。

「この中間もトレッドミルを中心に速めのキャンターまで進めています。
ソエはまだ少し熱感がある部分もあるので、状態を見ながら騎乗調教に移行するタイミングを考えていきます。
馬体重は516キロです」
(NFしがらき担当者)

◆コメットシーカー◆

2/15  NF空港馬
体重:483kg
■現在は400m周回コースでスローキャンター1600mの調整を中心に、週2回は900m屋内坂路コースをハロン18秒で1本元気に駆け上がっています。
徐々に馬体のバランスは良くなっていますが、まだ良化途上であることは否めません。
しばらくは無理をせず現状のペースでしっかり乗り込みを重ねていきます。

◆ジャイアントリープ◆

2/15  NF早来馬
体重:475kg
■現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調教を行っています。
軽めの運動などは落ち着いてこなしてくれるのですが、屋内周回コースや屋内坂路コースで速めのところに行くと少しムキになって走ってしまう面が見られます。
今のうちにしっかりと騎乗者と折り合うことを教えて、オンとオフが使い分けられるように調整していきたいと思います。

今週はこんな感じでした♪
ヾ(=^▽^=)ノ

2012年2月11日 (土)

名前が決まったよ!

2歳馬たちの名前が決まりました!
ヾ(=^▽^=)ノ

ガヴィオラの10はコメットシーカー、ラフィントレイルの10はジャイアントリープに決まりました。

名前の由来は

コメットシーカー
『新彗星の発見を目的として造られた望遠鏡。父名より連想。』

ジャイアントリープ
『「偉大なる飛躍」の意。人類初の月面着陸を果たしたアームストロング船長の名言より引用。』

だそうです。


第一印象は、コメットシーカーは可愛らしい印象ですね。もうちょいワイルドな名前でも良かったかな。

ジャイアントリープはなかなかワイルドな名前ですね。ただ骨の髄までタイガースファンのタテジマにとっては、1文字違えば愛せないところだったsweat01あぶないあぶないsweat01

でも、どちらもなかなか良い名前をつけてもらえました!

コメットシーカー
ジャイアントリープ

どうぞよろしくお願いします♪


他のお馬を見ていたらなんか日本語馬名ブームが到来のようでして…

テンシンランマン
ルルドノヒトミ
ヨゾラニネガイヲ
モユルオモイ
カイカヨソウ

これまでの日本語馬名といえば、タテジマファミリーだったカテンゲッチ、そしてこれはナイスな名前だったオレニホレルナヨくらいしかいなかったのにね。

オレニホレルナヨが評判良かったからかな(笑)

ちょっとオダギリチックなりつつあるのかぁ(笑)
しかもあそこビミョーに勝負服の色目が似てるから遠目でみたらややこしいんですよね(笑)

うーん、テンシンランマンはゲッチの妹だし…遊びでちょっといったろかなぁ(笑)


ちなみに全馬の中でタテジマが一番気に入った名前は、タテジマのうまともさんの持ちうまでもあるディアマイベイビーでした。
ビーマイベイベー的な響きがいいですねぇ。

ビーマイベイベー♪ビーマイベイベー♪ビーマイベイベー♪ビーマイベイベー♪
ぅ愛してぇぃいるのすぁ狂おしいふぉどぉぅ♪

ヾ(=^▽^=)ノ

2012年2月10日 (金)

今週の近況 2月その2

今週は仕事で突然東京に呼び出されたりしてえらいこっちゃでしたsweat01
どうせなら月曜日に呼んでほしかったな。出張費でフレールの応援に行けたのにぃ(笑)

今週は弥生賞を目指すアダムスくん以外、全員放牧さんとなってしまいました。

てなわけで、クラブコメントです♪

◆キャトルマン◆

2/7 NF天栄
■『周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。

「先週こちらに帰ってきました。目の治療をある程度行ってもらった上で移動してきましたので、外傷自体はそれほど悪い状態にはなさそうです。眼のことなので白濁等があったら嫌だなと思っていたのですが、今のところは問題なさそうなのでさっそく乗り出しています。他の部分ではトモに若干の疲れを感じさせるので、動かしながらケアをしていき、良化を促した上で再度競馬へ向かっていけるようにしたいですね」(天栄担当者)』

◆トライアンフマーチ◆

2/7 NF早来
■『ウォーキングマシン調整を行っています。

「裂蹄した蹄の状態を見ていましたが、深いようなので、根っこからしっかり治してあげるためにも時間をかけることになりました。気になる部分もきれいに手入れできるように削蹄しましたので、まずは伸びてくるのを待つことになります。今の気候を考えると伸びるのにも時間を要することになるでしょうから、焦らずに接していかなければいけないと思っています」(早来担当者)』

◆インペリアルマーチ◆

2/7 NFしがらき
■『周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1回は15−15を行っています。

「先週の鼻出血はすぐに治ったので問題ありません。先週末からは15−15も取り入れて進めていますが、ペースを上げたことでグッと具合が上向いてきました。走っているのを見ても行きっぷりが良くなっているのが分かります。脚元の皮膚の荒れは完治していないので、そのあたりのケアを怠らず、引き続き良化を促していきます」(NFしがらき担当者)』

◆フレールジャック◆

2/8 NFしがらき
■『「レース当日の雰囲気は悪くなかったですし、道中の走りもまずまずだったのでもっとやれてもいいと思ったのですが、ご期待に沿うような結果を残せず申し訳ありません。レース後はどこかを極端に悪く見せることはないのですが、レースで気持ちの面が影響していた可能性もゼロとは言えませんし、一度放牧に出して状態を見てもらってリフレッシュさせたいと思います」(友道師)

8日にNFしがらきへ放牧に出ました。』

◆アダムスピーク◆

2/9 石坂厩舎
『8日は軽めの調整を行いました。9日は栗東坂路で追い切りました。
(56秒3−41秒0−27秒7−14秒0)

「木曜日、帰厩後に初めて時計を出しました。単走で完全な馬なりですが、大きなフットワークでさすがと思わせる動きでしたよ。帰厩後1週間ほどはカイバも遠慮しながら食べている感じでしたが、乗っていくにつれてしっかりたいらげるようになり、馬体重が減ることもありません。目標のレースから逆算してちょうどいい仕上がりに持って行けそうです」(石坂師)

3月4日の中山競馬(弥生賞・芝2000m)にピンナ騎手で出走を予定しています。』

◆プレレフア◆

2/7 NFしがらき
■『軽めの調整を行っています。

「コンスタントにレースを使ってきているので、もうしばらくはトレッドミルでしっかり体を解していきます。ソエはほぼ固まっているとはいえ、まだ治り切っているとは言えないので、そのあたりの状態も見ながら進めていくつもりです」(NFしがらき担当者)』

(⌒0⌒)/~~

2012年2月 6日 (月)

先週の結果

先週の東京新聞杯に出走したフレールくんは7着でしたsweat01

まさかこんな結果になるとは予想外…
逃げた菊花賞以外で初めて掲示板をはずしてしまいました。
悪くても3着はあると思ってたんだけどなぁ。


敗因はなんだろか?

初距離、初コース、初左回りにとまどったから…?
休み明けにもかかわらずマイナス体重だったから…?
向こう正面でガツンとひっかかったから…?
直線で狭いところを割って出ようとして他馬とぶつかったから…?
もともと坂が苦手っぽいから…?

それとも実力てきに…いやいや、これだけは思いたくないよぅ。


たしかに戦前の段階から馬体や動きがいいころに戻っていない的な記事やリポートが多かったのは確か…とりあえず3連勝した頃の馬体に戻して反撃してくれることを祈るしかないっす!

◆クラブコメント

2/5 友道厩舎

■5日の東京競馬では中団を進み、直線でこじ開けて差を詰めようとするが伸び切れず7着。

「向こう正面で寄られた分だけハミを噛んでしまいましたが、道中はそこだけ。マイルの流れはピッタリで噛んだところ以外は上手に走ってくれました。直線は狭かったのですが、前が開いてから普通に来てくれると思ったんだけど…。気を遣ったところがあったのか弾けてくれませんでした。大外を回すような競馬なら違ったのかもしれないけれど、あの流れで、しかもこのクラスの重賞レースでその乗り方はさすがに苦しくなりますからね。今回はテンション面を考えた調整をしていたようだし、その分だけ強い気持ちができれなかったのかもしれませんね。難しさがあるのかもしれないけれど、ビッシリ攻め込めるようになればこんなことはないはずです」(福永騎手)

「気持ちの面を考慮した調整をしてきましたが、430キロの馬体重に問題はなかったと思います。それにパドック、返し馬もふわっと走れていて上手く行っていたような気がしていたんですけれどね。このままでは良くないのは確かですし、賞金面を考えても現状のままでは大きいレースへ向かうことも困難になります。厳しい競馬のあとでもありますし、短期間でもリフレッシュさせてから次へ向かうようにしようと検討しているところです。そして、次走はより可能性を高めるためにもオープン特別も選択肢のひとつに入れて考えていくつもりです」(友道師)

前走後のケアをし、気持ちの高ぶりを考慮しながら調整をしてきた今回でしたが、この馬らしい弾けるような走りが見られませんでした。それがメンタル面が影響しているのかはハッキリとは言えませんが、立て直して巻き返してほしいものです。マイルの流れ自体は問題なく対応できていましたし、春の大きなレースへ向かうためにも何とか次走で賞金加算ができればと思います。

2012年2月 4日 (土)

奇跡だっ!

奇跡だっ!
今日は京都競馬場に行ってました。
で、途中で明日のフレールのレースの馬券を買ったんです。買ったのは馬連総流しとがんばれ馬券。

のはずでした。

家に帰って馬券を財布から出してみたら、がんばれ馬券はちゃんと買ってたのに、馬連総流しが今日の東京メインになってました…

『うわ…前日塗るのわすれてたのか…なんかおつりが変だと思ったよ』

がっかりしながら一応結果見てみたら…

なんと当たってた(爆)
(@゜▽゜@)

しかもなんと10番が10番人気で9000円もついてたお!

ラッキー!Ψ(`∀´#)

こんなことあるんやねぇ!
どうせなら今日の京都最終、10と11塗り間違えてたらよかったのにな(笑)

2012年2月 1日 (水)

今週の近況 2月その1

今週はいよいよフレールくんが始動、2年前の兄マーチ以来の東京新聞杯挑戦です!

登録メンバーを見渡すと、2度も先着を許しているサダムパテックくん、京都金杯1、2コンビのマイネルラクリマくん、ダノンシャークくんあたりの名前がありました。キャロっ子フラガラッハくんの切れ味も怖いですね。
(残念ながらフラガラッハくんは前脚打撲のために回避となってしまいました。次は阪急杯予定みたいですので活躍を期待しましょう!)
でも、フレールくんの場合はまず敵は相手より自分自身。ここんとこのフレールくんはどうも折り合いを欠いて自爆的なところもありましたが、今回はマイルに距離短縮することですし、さすが折り合ってもらわなきゃです。

力を発揮できさえすれば、いい結果も期待できるんじゃないかなと思います♪

兄マーチは2着でしたが、さてさてどんな結果がでるか週末が楽しみですね♪


ちゅーわけでクラブコメントです。

◆キャトルマン◆

2/1 斎藤厩舎
■『1日は軽めの調整を行いました。

「先週の競馬は悔しい結果となってしまいました。前走、前々走の内容がまずまずでしたし、今回の調整過程もそれほど悪くないなと思っていただけに追ってからしぶといキャトルマンの走りが見られなかったのは残念でしたね。レース後の様子を見ていたところ、レース中に飛んできた砂があたってできた創傷性角膜炎を起こしてしまいました。眼のことなので無理はできませんし、ここ数日は運動も控えて舎飼で安静にしながら治療を行っているところです。おそらく1週間は乗れなくなりますし、そうなるとレース後に描いていた最終週のダート2400m戦にはちょっと間に合わないでしょう。気候にもよるのですが、ノドの状態というか息遣いが良くなかったようなので、広いコースで王道の競馬をするより今は中山のようなコースのほうが馬にとってもいいのかもしれませんから、ひと息入れて回復具合を見ながら中山開催をメインに考えていこうかと思っているところです」(斎藤師)』

◆トライアンフマーチ◆
1/31 NF早来
■『ウォーキングマシン調整を行っています。

「蹄の調子がひと息ということで、慌てないでじっくりやっていったほうがいいだろうという判断の元、先週末にノーザンファームしがらきからこちらへ帰ってきました。まだ着いて間もないですし、マシン運動のみを行っていますが、裂蹄している馬ですから慎重に見ていくことになるのは確かでしょう」(早来担当者)』

◆インペリアルマーチ◆

1/31 NFしがらき
■『周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。

「今朝、外傷性の鼻出血があったのですが、治療して乗れる程度なのでそう心配はいらないと思います。皮膚の荒れもまだ完治していませんし、焦らずにじっくりと乗り込んでいくつもりです」(NFしがらき担当者)』

◆フレールジャック◆

2/1 友道厩舎
■『1日は栗東Pコースで追い切りました。

「先週末の日曜にも坂路でビシッとやっていますし、今週は輸送も控えているので、今朝は負担の少ないPコースで追い切りました。しっかりとやって80秒を切る時計で、終いも11秒7。切れのある動きで好調です。カイバをバリバリと食べてくれないことを心配していたのですが、馬体重は446キロとちょうどいい感じ。不安のないデキでレースに臨めます。この距離なら折り合いの心配も少ないでしょうし、調教では行きたがるところも見せないので、スムーズな競馬ができればチャンスだと思っています」(友道師)

5日の東京競馬(東京新聞杯・芝1600m)に福永騎手で出走を予定しています。』

◆アダムスピーク◆

1/31 NFしがらき
■『周回コースでハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1回は15−15を行っています。

「先週末から15−15を取り入れて調教を進めています。明日の帰厩が決まりましたので、今朝も坂路で15−15をしっかりとやりました。馬体は10キロほどプラスで戻せそうですし、大きな不安もなく調整できましたよ」(NFしがらき担当者)

2月1日に栗東トレセンへ帰厩しました。』

◆プレレフア◆

1/31 NFしがらき
■『軽めの調整を行っています。

「こちらに到着後馬体をチェックしましたが、ソエはほぼ固まっているようです。だいぶ使ってきているので、今週一杯ぐらいはウォーキングマシン中心に軽めの調整を行って、しっかりと心身ともにリフレッシュさせていきたいですね」(NFしがらき担当者)』

◆ガヴィオラの10◆

1/31 NF空港
■『この中間も順調に調教を積んでいます。現在は400m周回コースでスローキャンター3200mと900m屋内坂路コースをハロン18秒で1本元気に駆け上がっています。またトレッドミルも併用して進めています。まだ体全体を使った走りができておらず、硬さが残る現状です。しばらくは無理に調教ペースを上げるのではなく、じっくりと乗り込んでいくことで基礎的なことを教えこんでいきます。』

◆ラフィントレイルの10◆

1/31 NF早来
■『現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調教を行っています。背中に若干の硬さを感じることがありますが、動きは変わらず良く、いい走りを見せています。テンション面はこの馬にしては落ち着いてきていますが、もう少し落ち着いてくれたほうがいいでしょう。そのあたりをポイントに進めていきます。』

(⌒0⌒)/~~

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »