« 奇跡だっ! | トップページ | 今週の近況 2月その2 »

2012年2月 6日 (月)

先週の結果

先週の東京新聞杯に出走したフレールくんは7着でしたsweat01

まさかこんな結果になるとは予想外…
逃げた菊花賞以外で初めて掲示板をはずしてしまいました。
悪くても3着はあると思ってたんだけどなぁ。


敗因はなんだろか?

初距離、初コース、初左回りにとまどったから…?
休み明けにもかかわらずマイナス体重だったから…?
向こう正面でガツンとひっかかったから…?
直線で狭いところを割って出ようとして他馬とぶつかったから…?
もともと坂が苦手っぽいから…?

それとも実力てきに…いやいや、これだけは思いたくないよぅ。


たしかに戦前の段階から馬体や動きがいいころに戻っていない的な記事やリポートが多かったのは確か…とりあえず3連勝した頃の馬体に戻して反撃してくれることを祈るしかないっす!

◆クラブコメント

2/5 友道厩舎

■5日の東京競馬では中団を進み、直線でこじ開けて差を詰めようとするが伸び切れず7着。

「向こう正面で寄られた分だけハミを噛んでしまいましたが、道中はそこだけ。マイルの流れはピッタリで噛んだところ以外は上手に走ってくれました。直線は狭かったのですが、前が開いてから普通に来てくれると思ったんだけど…。気を遣ったところがあったのか弾けてくれませんでした。大外を回すような競馬なら違ったのかもしれないけれど、あの流れで、しかもこのクラスの重賞レースでその乗り方はさすがに苦しくなりますからね。今回はテンション面を考えた調整をしていたようだし、その分だけ強い気持ちができれなかったのかもしれませんね。難しさがあるのかもしれないけれど、ビッシリ攻め込めるようになればこんなことはないはずです」(福永騎手)

「気持ちの面を考慮した調整をしてきましたが、430キロの馬体重に問題はなかったと思います。それにパドック、返し馬もふわっと走れていて上手く行っていたような気がしていたんですけれどね。このままでは良くないのは確かですし、賞金面を考えても現状のままでは大きいレースへ向かうことも困難になります。厳しい競馬のあとでもありますし、短期間でもリフレッシュさせてから次へ向かうようにしようと検討しているところです。そして、次走はより可能性を高めるためにもオープン特別も選択肢のひとつに入れて考えていくつもりです」(友道師)

前走後のケアをし、気持ちの高ぶりを考慮しながら調整をしてきた今回でしたが、この馬らしい弾けるような走りが見られませんでした。それがメンタル面が影響しているのかはハッキリとは言えませんが、立て直して巻き返してほしいものです。マイルの流れ自体は問題なく対応できていましたし、春の大きなレースへ向かうためにも何とか次走で賞金加算ができればと思います。

« 奇跡だっ! | トップページ | 今週の近況 2月その2 »

一口馬主」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 奇跡だっ! | トップページ | 今週の近況 2月その2 »